フィールドリサーチ 交換。 フィールドリサーチ

関西国際大学 グローバルスタディ

フィールドリサーチ 交換

グローバルイベント コミュニティ・デイ の時間内はから大量発生中のポケモンの捕獲を要求するタスクを受け取れる。 以下の日程で行われた。 タスク リワード候補 アドベンチャーウィーク:を2個かえす No. タスク リワード候補 ウォーターフェスティバル:タイプのポケモンを2匹捕まえる No. タスク リワード候補 ジョウトウィーク:タイプのポケモンを5匹捕まえる No. 117 No. 241 ジョウトウィーク:エクセレントスローを3回投げる No. 095 No. 123 ジョウトウィーク:で1回勝つ No. 137 ジョウトウィーク:かを3回進化させる No. 124 かを3匹進化させる No. タスク リワード候補 タイプのポケモンを10匹捕まえる No. タスク リワード候補 Let's Go: エクセレントスローを1回投げる No. 132 Let's Go: を2個かえす No. 299 ホウエンウィーク:を3匹進化させる No. タスク リワード候補 とポケモンを10回交換する No. は通常時と同じタスクだが模様が期間限定のハート型だった。 113 カーブボールのグレートスローを5回連続で投げる No. タスク リワード候補 ポケモン誕生の日:かを5匹捕まえる No. タスク リワード候補 タイプのポケモンを5匹捕まえる No. 067 かを3匹捕まえる No. 256 エクセレントスローを2回連続で投げる No. 387 タイプのポケモンを2匹進化させる No. 114 タイプのポケモンを5匹進化させる No. タスク リワード候補 タイプのポケモンを10匹捕まえる No. 193 タイプのポケモンを3匹進化させる No. タスク リワード候補 イースターイベント:を1個かえす No. 184 イースターイベント:を5個かえす No. タスク リワード候補 名探偵ピカチュウ:川の中を歩いていた、たねポケモンを捕まえる No. 059 名探偵ピカチュウ:、、を10匹捕まえる No. タスク リワード候補 で1回勝つ No. 408 アドベンチャーウィーク2019:訪れたことがない2個を回す No. 410 アドベンチャーウィーク2019:と歩いてを3個もらう No. タスク リワード候補 ドルトムント ドイツ GO Fest Global: カーブボールのグレートスローを2回連続で投げる No. タスク リワード候補 ウォーターフェスティバル:タイプのポケモンを5匹捕まえる No. 009 ウォーターフェスティバル:で2回勝つ No. 184 ウォーターフェスティバル:したっぱとのバトルで1回勝つ No. タスク リワード候補 世界観光の日:トレーナー1人とになる No. 299 世界観光の日:を25個贈る No. 622 ハロウィン:したっぱとのバトルで1回勝つ No. タスク リワード候補 こうかばつぐんウィーク:効果ばつぐんのスペシャルアタックを使って1回する No. タスク リワード候補 したっぱとのバトルで1回勝つ No. 451 No. タスク リワード候補 フレンド・フェスト:を捕まえる No. 051 No. 085 フレンド・フェスト:3人とになる No. 031 No. 034 フレンド・フェスト:とポケモンを1回交換する No. 030 No. タスク リワード候補 進化ウィーク:ポケモンを10匹させる No. タスク リワード候補 ホリデイスペシャル:タイプのポケモンを5匹捕まえる No. 594 Valentine's Day: したっぱとのバトルで3回勝つ No. 日本・韓国・イタリアでは延期 タスク リワード候補 したっぱとのバトルで1回勝つ No. 080 したっぱとのバトルで1回勝つ No. 618 をあげる No. タスク リワード候補 を1個かえす No. 184 を3個かえす No. タスク リワード候補 のを撮る No. タスク リワード候補 ポケモンを7匹捕まえる No. 012 のを3枚撮る No. 089 を3個あげる No. タスク リワード候補 タイプのポケモンを3匹捕まえる No. 156 タイプのポケモンを3匹捕まえる No. 164 を1個かえす No. 231 ポケモンをする No. タスク リワード候補 タイプのポケモンを1匹捕まえる No. 277 タイプのポケモンを3匹捕まえる No. 256 ポケモンを1匹させる No. 259 をあげる No. タスク リワード候補 ポケモンを2匹捕まえる No. 396 タマゴを1個かえす No. 410 ポケモンを3匹送る No. この節は書きかけです。 して下さる協力者を求めています。 タスク リワード候補 タイプのポケモンを10匹捕まえる No. タスク リワード候補 を1個かえす No. 616 No. 588 ポケモンを捕まえるときにきのみ3個を使う No. 187 と歩いて1個をもらう No. 396 No. 2018 タスク リワード候補 ポケモンを10匹捕まえる No. 222 2019 タスク リワード候補 ポケモンを10匹捕まえる No. 369 GDC Game Developer Conferenceの会場で受け取れた。 タスク リワード候補 巨大ポケモンの謎を解け!:で1回勝つ No. タスク リワード候補 ポケモンを10匹捕まえる No. 410 ナイススローを5回投げる No.

次の

【ポケモンGO】イベント限定・7月のフィールドリサーチ一覧

フィールドリサーチ 交換

2014年4月 「自然誌次世代リーダーの育成事業」開始 本年度より,名古屋大学博物館・名古屋大学大学院環境学研究科が主体となって,総合力を有した国際人材を育成するための事業「自然誌次世代リーダーの育成事業」を5年間に渡って実施することになりました.本事業にはフィールドリサーチセンターも主体的に関わり,自然・環境・資源・歴史等を包括的に理解する「自然誌」の教育を日本とモンゴルにて行い(モンゴル科学技術大学,モンゴル国立大学,モンゴル健康科学大学との大学間協定も活用),アジアにおける環境や資源,生態移民など国境を越えた課題に対処できる知識と力をもった我が国の次世代リーダーを育成することを目的としています.今年度から2年間は,修士課程の学生を対象とした「研修サブプログラム」を実施し,日本・モンゴルの学生を対象に,日本での講義と共にモンゴルでの実地研修を行っていきます(モンゴルでの実地研修ではフィールドリサーチセンターが拠点).再来年度から3年間は更に,博士課程の学生を対象とした「交換留学サブプログラム」を実施します. 2014年3月2日〜12日 「モンゴル春季研修」 名古屋大学の博士課程教育リーディングプログラム「PhDプロフェッショナル登龍門」の「モンゴル春季研修」が,2013年3月の研修に続いて,2014年3月2日から12日にかけてモンゴル・ウランバートル市で行われました.「PhDプロフェッショナル登龍門」履修生のうち8名がこの研修に参加しました.またモンゴル側からはモンゴル科学技術大学とモンゴル国立大学の合計8名の学生もこの研修に一緒に参加しました.4日から7日にかけては,学生たちはウランバートル市内各所(80地点)から雪のサンプルを採取し,フィールドリサーチセンターの機器を活用して大気汚染の状況を分析しました.最終日(11日)には学生たちはウランバートルの大気汚染状況の分析結果を発表し,どのように大気汚染をコントロールするか,モンゴル政府や市民への可能な提案について議論しました. 開講式(3月3日) 分析サンプル準備(3月4日,5日) イオンクロマトグラフィー分析(3月6日,7日) SEM-EDS 分析(3月6日,7日) 報告会(3月11日) 2014年2月8日 「名古屋大学サイエンス&カルチャートーク in モンゴリア」 2月8日,モンゴル日本センター2階セミナー室で「名古屋大学サイエンス&カルチャートーク in モンゴリア」が開催されました.プログラム内のトークコーナーで,フィールドリサーチセンターの長谷川精特任助教が,「昔の気候・未来の気候:ゴビの恐竜の地層から何がわかる?」と題して,一般市民向けの講演をおこないました.モンゴルの様々な大学の学生,研究者,ウランバートル在住日本人など約50名が聴講しました.その他,トークの前には,名古屋大学の活動を紹介したり,子どものための科学入門コーナーを設けて科学入門キットに触れてもらったりしました. 長谷川特任助教によるトーク [左] 子どものための科学入門コーナー [右] 名古屋大学の活動紹介 2013年10月7日〜15日 リーディング大学院「PhD プロフェッショナル登龍門」入校式・研修 名古屋大学が2012年11月から開始した,博士課程教育リーディングプログラム(通称リーディング大学院)「PhD プロフェッショナル登龍門」の入校式・研修が,モンゴル・ウランバートル市で,10月7日から15日にかけて開催されました.研修では,「PhD プロフェッショナル登龍門」の第1期生である22名の履修生が,清水武則・駐モンゴル日本国特命全権大使を始めとする各界のリーダーによる講義を受講したり,バガノール炭鉱,第4火力発電所を見学したりして,資源国として経済成長を続けているモンゴルの実情に触れました.14日には履修生による報告会がおこなわれ,モンゴルの今後の持続的な発展のためにどのような産業が必要かを,4つの班に分かれて議論した結果を発表しました.なお,「PhD プロフェッショナル登龍門」入校式がおこなわれた10日には,名古屋大学教育学部附属高校・新モンゴル高校姉妹校協定調印式,名古屋大学モンゴル事務所設立準備室開室式も合同で行われ,モンゴルでの名古屋大学のさらなる活動展開に礎が築かれました. [左] 名古屋大学モンゴル合同行事(10月10日) 濱口・名古屋大学総長 挨拶, [右] 清水・駐モンゴル日本国特命全権大使 挨拶 「PhD プロフェッショナル登龍門」履修生代表 宣誓 [左] 名古屋大学教育学部附属高校・新モンゴル高校 姉妹校協定調印式, [右] 名古屋大学モンゴル事務所設立準備室 開室式 「PhD プロフェッショナル登龍門」研修 報告会(10月14日) 2013年10月9日 濱口道成・名古屋大学総長 フィールドリサーチセンター視察 モンゴル訪問中の濱口道成・名古屋大学総長が,10月9日,モンゴル科学技術大学のオチルバト学長を表敬訪問した後,同大学内に設置されている,フィールドリサーチセンターを視察しました.フィールドリサーチセンターの長谷川精・特任助教が,分析機器室等を案内して,センターの活動状況や設置されている分析機器について解説し,濱口総長は,名古屋大学のモンゴルにおける拠点のひとつであるフィールドリサーチセンターが順調に活動を続けていることを確認されました. 濱口・名古屋大学総長,オチルバト・モンゴル科学技術大学学長 表敬訪問 フィールドリサーチセンター視察 モンゴル科学技術大学 地質学・鉱物資源博物館 見学 2013年7月30日 名古屋大学教育学部附属高校生 フィールドリサーチセンター訪問 ウランバートルにある新モンゴル高校の生徒との間でテレビ会議システムを使った交流を続けてきた名古屋大学教育学部附属高等学校の生徒の有志9名が、7月25日から8月3日にかけてモンゴルを訪れ、7月30日にはフィールドリサーチセンターを訪問しました。 メンバーは束田和弘センター長補佐および長谷川精特任助教から、実際の分析の様子を見ながら、フィールドリサーチセンターの業務や分析機器についての説明を受けました。 その後、高校生たちは、モンゴル科学技術大学内にある地質学・鉱物資源博物館も訪問し、モンゴルで産出する様々な鉱物の展示を見学しました。 [左] フィールドリサーチセンター分析機器室での束田センター長補佐の説明、 [右] モンゴル科学技術大学地質学・鉱物資源博物館前で 2013年3月19日〜29日 リーディング大学院「PhD プロフェッショナル登龍門」モンゴル研修 名古屋大学が2012年11月から開始した、博士課程教育リーディングプログラム(通称リーディング大学院)「PhD プロフェッショナル登龍門」の試行研修が、3月19日から29日にかけて、モンゴルで実施されました。 名古屋大学の様々な大学院から修士、博士後期課程の学生14名が参加しました。 参加者は、モンゴル科学技術大学とモンゴル国立大学からの学生合わせて13名とともに、5つの班に分かれて、フィールドリサーチセンターを拠点としたフィールドワークおよび化学分析や、討論会、報告会などを行いました。 22日から25日にかけてのフィールドワークおよび化学分析では、モンゴルにおける大気汚染が環境に与える影響を調査するため、名古屋大学博物館、名古屋大学大学院環境学研究科およびモンゴル科学技術大学の教員の指導を受けて、ウランバートル市内各所の雪サンプルを採取し、そのサンプルをフィールドリサーチセンターの分析機器を用いて分析し、サンプル中の大気汚染物質について調べました。 研修の最終日である28日には、それまでの研修成果の仕上げとして報告会が行われ、班ごとに、フィールドワークおよび化学分析の結果を踏まえて環境調査の結果やモンゴル政府への提言などを発表し、討論しました。 テレルジ付近での集合写真 [左] ガイダンス(20日)、 [右] 雪サンプル採取(22日、23日) [左] 雪サンプル試料処理(22日、23日)、 [右] SEM-EDS分析(24日、25日) 報告会(28日) 2013年3月12日〜14日 ホンゴル郡における有害物質中毒事件に関する環境調査(日本法センターとの共同調査) 3月12日から14日にかけて、名古屋大学日本法教育研究センター(以下、日本法センター)と共同で、ダルハンオール県ホンゴル郡における有害物質中毒事件に関する環境調査を実施しました。 調査は日本法センターの学生(5年生)を中心として行われ、日本法センターの教員(澤田宗佑特任講師,池森久美子特任講師)、フィールドリサーチセンターの長谷川精特任助教、モンゴル科学技術大学の教員・学生も参加しました。 この事件は、2007年にモンゴルのダルハンオール県ホンゴル郡で、違法な鉱業活動により水銀やシアン化ナトリウムといった有害物質が工場から排出され、周辺住民が健康・財産的被害を被ったものです。 3日間の調査では、住民へのアンケート調査や住民・関係者へのインタビューを行いました。 また現場周辺の土壌・植物サンプルの採取を行い、フィールドリサーチセンターにてSEM-EDS分析なども行いました。 これらの調査結果をもとに、3月21日に日本法センター主催で「ホンゴル郡事例において、今後、行政はどのような対応を採るべきか」をテーマとして、環境法講義、環境調査発表、討論会がおこなわれました。 リーディング大学院「PhD プロフェッショナル登龍門」モンゴル試行研修でウランバートルを訪れていた名古屋大学大学院生14名も、講義・発表を聞き、討論会に加わりました。 また、6月10日には「ホンゴル郡における有害物質中毒事件に関する環境調査報告」と題して、日本法センター5年生の卒業研究発表会が行われました。 ホンゴル郡での環境調査時の集合写真 2012年12月25日 「名古屋大学博物館報告・第28号」刊行 名古屋大学博物館が年1回発行している『名古屋大学博物館報告』に、モンゴルに関係する9編の論文が掲載されました。 半数は、フィールドリサーチセンターを拠点にしておこなわれたフィールド調査の成果をまとめたものです。 さらに、フィールドリサーチセンターが設置されているモンゴル科学技術大学地質石油工学部の教員からの投稿や、モンゴル科学技術大学地質学・鉱物資源博物館所蔵資料も展示された、名古屋大学博物館の特別展「大モンゴル展」についての記録・報告が掲載されました。 『名古屋大学博物館報告・第28号』 "Stratigraphy and geological structure of the Paleozoic system around Ulaanbaatar, Mongolia" Makoto TAKEUCHI et al. "Geological division of the rocks at southeast of Ulaanbaatar Gachuurt-Nalaikh , central Mongolia" Yuki NAKANE et al. "Description of sandstones in the Ulaanbaatar area, Mongolia" Toshiya SUZUKI et al. "Description of a NW trending brittle shear zone, Ulaanbaatar, Mongolia" Bakhat NURAMKHAAN et al. "Origin of the Early Mesozoic Bogd Uul granite pluton, Ulaanbaatar area, Mongolia" Khishigsuren SODNOM et al. 2012年11月1日 リーディング大学院「PhD プロフェッショナル登龍門」開始 名古屋大学が申請していた博士課程教育リーディングプログラム(通称リーディング大学院)、「PhD プロフェッショナル登龍門」が採択され、11月1日から開始しました。 本プログラムでは、1年次夏・プログラムへの参加当初に、フロンティア・アジア諸国の現実を体験してもらうことを目的として、約1 週間の現地研修を実施する予定です。 実地研修プログラムでは、名古屋大学博物館・大学院環境学研究科教員の指導を受け、名古屋大学フィールドリサーチセンターを拠点として、モンゴルにおける大気汚染が環境に与える影響を調査するためのフィールドワーク(主として雪氷の採集・分析)を行ないます。 また環境政策に関するワークショップに参加し、科学的分析の結果が政策決定へと反映されるプロセスや、環境をめぐる紛争の現状を学びます。 またモンゴル国立大学内に設置された名古屋大学日本法教育研究センターを訪問し、フロンティア・アジア諸国における教育の現状や、体制転換国に対する法整備支援の一環としての教育事業について学びます。 名古屋大学から15 名の学生を募り、モンゴル科学技術大学およびモンゴル国立大学の学生約10名と共に、上記の実地研修を行う予定です。 2012年7〜9月 フィールド調査 夏季に、名古屋大学博物館、大学院環境学研究科の教員を中心とした調査隊が、フィールドリサーチセンターを拠点にフィールド調査を行いました。 今回の協定は、経済産業省資源エネルギー庁からの支援を受け、政府・大学・産業界が連携して、人材育成をはじめとする新たな取り組みを介する為、本学とモンゴル科学技術大学、富山大学、株式会社ジオ・コミュニケーションズの4 者間で締結したものです。 16日、駐モンゴル日本国大使公邸を会場に行われた調印式には、城所卓雄モンゴル日本国特命全権大使、チュルテム・ウラン モンゴル国国会議員をはじめ、日本・モンゴル両国の政府・学術関係機関の関係者が出席し、濱口総長、遠藤俊郎富山大学長、ダムディンスレン モンゴル科学技術大学長、柳井修一(株)ジオ・コミュニケーションズ社長が協定書に署名しました。 協定書締結後には、機動的な調査を実施する上で大きな戦力となる四輪駆動車(ランドクルーザー)1 台の贈呈に関する覚書が、吉田英一名古屋大学博物館長とオユン・デムチグ モンゴル科学技術大学地質・石油工学部長との間で取り交わされました。 2010年4月1日 名古屋大学フィールドリサーチセンター分室開設 4月1日、モンゴル科学技術大学内に、名古屋大学フィールドリサーチセンターの分室として「岩石加工室」,「化学実験室」,「微小領域解析室」が開設されました.開設式典にはダムディンスレンモンゴル科学技術大学長、ナランツェツェグ副学長、ダワースレン副学長、バトバヤル副学長、束田准教授、その他関係各位が臨席しました.これらの分室には岩石の化学組成を測定する機械や、岩石記載用カメラを搭載した顕微鏡、岩石切断機、各種顕微鏡などが設置されており、6. 7倍から20000倍までの微小物質観察とそれらの化学組成分析が可能です。 また岩石加工用機器によって、ここでは非常に硬い岩石を極薄片に加工することも可能です。 開設には約915 万円の費用が投じられ、今後、様々の学部・分野の研究者に広く解放される予定です。 名古屋大学博物館束田准教授 左 ,モンゴル科学技術大学ダムディンスレン学長 右.

次の

海外フィールド・リサーチ

フィールドリサーチ 交換

グローバルイベント コミュニティ・デイ の時間内はから大量発生中のポケモンの捕獲を要求するタスクを受け取れる。 以下の日程で行われた。 タスク リワード候補 アドベンチャーウィーク:を2個かえす No. タスク リワード候補 ウォーターフェスティバル:タイプのポケモンを2匹捕まえる No. タスク リワード候補 ジョウトウィーク:タイプのポケモンを5匹捕まえる No. 117 No. 241 ジョウトウィーク:エクセレントスローを3回投げる No. 095 No. 123 ジョウトウィーク:で1回勝つ No. 137 ジョウトウィーク:かを3回進化させる No. 124 かを3匹進化させる No. タスク リワード候補 タイプのポケモンを10匹捕まえる No. タスク リワード候補 Let's Go: エクセレントスローを1回投げる No. 132 Let's Go: を2個かえす No. 299 ホウエンウィーク:を3匹進化させる No. タスク リワード候補 とポケモンを10回交換する No. は通常時と同じタスクだが模様が期間限定のハート型だった。 113 カーブボールのグレートスローを5回連続で投げる No. タスク リワード候補 ポケモン誕生の日:かを5匹捕まえる No. タスク リワード候補 タイプのポケモンを5匹捕まえる No. 067 かを3匹捕まえる No. 256 エクセレントスローを2回連続で投げる No. 387 タイプのポケモンを2匹進化させる No. 114 タイプのポケモンを5匹進化させる No. タスク リワード候補 タイプのポケモンを10匹捕まえる No. 193 タイプのポケモンを3匹進化させる No. タスク リワード候補 イースターイベント:を1個かえす No. 184 イースターイベント:を5個かえす No. タスク リワード候補 名探偵ピカチュウ:川の中を歩いていた、たねポケモンを捕まえる No. 059 名探偵ピカチュウ:、、を10匹捕まえる No. タスク リワード候補 で1回勝つ No. 408 アドベンチャーウィーク2019:訪れたことがない2個を回す No. 410 アドベンチャーウィーク2019:と歩いてを3個もらう No. タスク リワード候補 ドルトムント ドイツ GO Fest Global: カーブボールのグレートスローを2回連続で投げる No. タスク リワード候補 ウォーターフェスティバル:タイプのポケモンを5匹捕まえる No. 009 ウォーターフェスティバル:で2回勝つ No. 184 ウォーターフェスティバル:したっぱとのバトルで1回勝つ No. タスク リワード候補 世界観光の日:トレーナー1人とになる No. 299 世界観光の日:を25個贈る No. 622 ハロウィン:したっぱとのバトルで1回勝つ No. タスク リワード候補 こうかばつぐんウィーク:効果ばつぐんのスペシャルアタックを使って1回する No. タスク リワード候補 したっぱとのバトルで1回勝つ No. 451 No. タスク リワード候補 フレンド・フェスト:を捕まえる No. 051 No. 085 フレンド・フェスト:3人とになる No. 031 No. 034 フレンド・フェスト:とポケモンを1回交換する No. 030 No. タスク リワード候補 進化ウィーク:ポケモンを10匹させる No. タスク リワード候補 ホリデイスペシャル:タイプのポケモンを5匹捕まえる No. 594 Valentine's Day: したっぱとのバトルで3回勝つ No. 日本・韓国・イタリアでは延期 タスク リワード候補 したっぱとのバトルで1回勝つ No. 080 したっぱとのバトルで1回勝つ No. 618 をあげる No. タスク リワード候補 を1個かえす No. 184 を3個かえす No. タスク リワード候補 のを撮る No. タスク リワード候補 ポケモンを7匹捕まえる No. 012 のを3枚撮る No. 089 を3個あげる No. タスク リワード候補 タイプのポケモンを3匹捕まえる No. 156 タイプのポケモンを3匹捕まえる No. 164 を1個かえす No. 231 ポケモンをする No. タスク リワード候補 タイプのポケモンを1匹捕まえる No. 277 タイプのポケモンを3匹捕まえる No. 256 ポケモンを1匹させる No. 259 をあげる No. タスク リワード候補 ポケモンを2匹捕まえる No. 396 タマゴを1個かえす No. 410 ポケモンを3匹送る No. この節は書きかけです。 して下さる協力者を求めています。 タスク リワード候補 タイプのポケモンを10匹捕まえる No. タスク リワード候補 を1個かえす No. 616 No. 588 ポケモンを捕まえるときにきのみ3個を使う No. 187 と歩いて1個をもらう No. 396 No. 2018 タスク リワード候補 ポケモンを10匹捕まえる No. 222 2019 タスク リワード候補 ポケモンを10匹捕まえる No. 369 GDC Game Developer Conferenceの会場で受け取れた。 タスク リワード候補 巨大ポケモンの謎を解け!:で1回勝つ No. タスク リワード候補 ポケモンを10匹捕まえる No. 410 ナイススローを5回投げる No.

次の