勇者 スキルパネル。 【ドラクエ11S】主人公(勇者)のスキル(スキルパネル)と呪文特技【スイッチDQ11S】

主人公の呪文・スキルパネル

勇者 スキルパネル

おすすめスキル 序盤~終盤: バランス良く育てたいなら大盾を装備できる片手剣スキル、ゴリゴリのアタッカーに育てたいなら両手剣スキルを伸ばそう。 シナリオ終盤になるとキャラクター全員、気軽に スキルリセットで振り直しができるようになるので深く考える必要はありません。 その前提で、どちらかと言えば片手剣スキルを経由して剣神スキルの「 はやぶさ斬り」「 ギガスラッシュ」の習得を目指すのがオススメです。 パネル拡張後: 攻撃スキルは全体攻撃の「覇王斬」と単体攻撃の主力となる「はやぶさ斬り」or「 全身全霊斬り」があれば充分なので、きたる強敵との戦いに備えて「 ベホマズン」を習得させよう。 気になるであろう「 アルテマソード」はバイキルトをもらえない二番手の攻撃役なら悪くないが、必要なスキルポイントが多すぎるのがネック。 どちらかと言えば同じ属性でも「 ギガデイン」のほうがオススメ。 エンディング後: 主人公は他のキャラクターに先駆けて最強武器(片手剣)を手に入れて雷・闇属性以外の強力な全体攻撃がつかえるようになる。 「 ギガブレイク」を加えれば雷属性もカバーできる。 スキルポイントに余裕があれば「 二刀流・つるぎのまい」を習得させよう。 これは両手剣でもつかうことができる特技なので、イオ系「」とデイン系「」でつかいわけよう。 仲間も最強クラスの武器が装備できるようになると純粋な攻撃役としては物足りなくなるので、勇者の盾(毎ターンMP回復)を装備させて「ベホマズン」「ギガデイン」で勇者らしく戦うスタイルに変更するのも悪くありません。 📕閉じる• 特技使用時には二回攻撃特性は消えて武器攻撃力のみがダメージ計算につかわれる。 上位互換の「はやぶさの剣・改」も同様。 主人公• カミュ• シルビア• 2倍撃(攻撃力依存)の炎属性ダメージを与える。 MP:3• 二刀流• 主人公• カミュ• シルビア• 4回行動するまで効果持続。 MP:2• 主人公• カミュ• シルビア• 0倍撃(攻撃力依存)の武器属性ダメージを与える。 MP:2• 二刀流• 主人公• カミュ• シルビア• 0倍撃(攻撃力依存)の武器属性ダメージを与える。 メタル系に確定1ダメージを与える。 マヌーサの影響を受けない。 MP:2• 二刀流• 主人公• カミュ• シルビア• 0倍撃(攻撃力依存)の武器属性ダメージを与える。 MP:4• 二刀流• 主人公• カミュ• シルビア• 0倍撃(攻撃力依存)の武器属性ダメージが追加される。 特技使用時、二刀流の追撃では「二回攻撃・HP吸収・状態異常」などの武器特性が無効となる。 利き手ではないほうにも同系の片手武器を装備して攻撃できるようになる。 ただし、利き手ではないほうの攻撃力は「ちから」が 50%の状態で算出される。 主人公• カミュ• セーニャ• シルビア• 主人公• シルビア• 主人公• シルビア• 主人公• 主人公• カミュ• シルビア• グレイグ• 4回行動するまで効果持続。 MP:2• 主人公• 0倍撃(攻撃力依存)の武器属性ダメージを与える。 MP:4• 主人公• 75~2. 25倍撃(攻撃力依存)の武器属性ダメージを与える。 会心の一撃が出ない。 MP:8• 主人公• さらに 25%の確率で1回休み。 MP:10• 氷属性• 主人公• 9~3. 1倍撃(攻撃力依存)の武器属性ダメージを与える。 会心の一撃が出ない。 MP:16• 主人公• 主人公• 主人公• 0倍撃(攻撃力依存)の武器属性ダメージを与える。 会心の一撃が出やすい。 【片手剣専用】• MP:4• 二刀流• 主人公• カミュ• 【片手剣専用】• MP:16• 雷属性• 【片手剣専用】• MP:32• 雷属性• 【両手剣専用】• MP:16• 【両手剣専用】• MP:32• 敵1体なら 3. 0倍撃。 MP:8• 二刀流• MP:48• 二刀流• 0倍撃(攻撃力依存)の武器属性ダメージを与える。 主人公• MP8• MP22• MP48• MP:24• 経験値、ゴールド、アイテムは獲得できない。 2倍、みのまもり1. 2倍、会心率アップ)にする。 6~8回行動するまで効果持続。 2倍から 1. 4倍にアップ。 さらに「はやぶさ斬り」の会心率が最高に上がる。 主人公• カミュ• シルビア• マルティナ• 主人公• 主人公• ベロニカ• 主人公• 主人公• 主人公• 主人公• 主人公• 主人公• シルビア• ガードされることがある。 MP2• MP3• MP6• 攻撃しなければ1~4回行動するまで効果持続。 MP7• ガードされることがある。 MP8• MP12• 攻撃しなければ1~4回行動するまで効果持続。 MP16• ガードされることがある。 MP21• クエスト「」クリア後は 200~440に強化される。 勇者のつるぎ(真・改を含む)を装備している時のみ使用できる。 【以下同】• MP:16• 二刀流• MP:16• 二刀流• MP:16• 二刀流• MP:16• 二刀流• MP:16• 二刀流• MP:16• 二刀流• 光属性 主人公: Event.

次の

ドラクエ11 マルティナのスキルパネル|習得できる呪文・特技一覧

勇者 スキルパネル

ロウのおすすめスキル振り分け 序盤は両手杖スキルを進めよう• 装備時MP吸収率+2%• しゅくふくの杖• 戦闘勝利時MP小回復• 装備時かいふく魔力+10• 復活の杖• 装備時かいふく魔力+30• そのため、 序盤から両手杖のスキルパネルは全て開放して損はありません。 常時さいだいMP+10• MPパサー• 常時かいふく魔量+5• 常時こうげき魔力+10• 常時さいだいMP+30• ゾーン効果アップ• マヒャデドス• いやしの雨• 常時こうげき魔力+5• 常時かいふくまりょく+10• 常時すばやさ+20• ゾーン突入率+5%• 常時すばやさ+20• 常時すばやさ+20• むげんのさとり• 「しんぴのさとり」や「むげんのさとり」と組み合わせると、耐性の無い敵には1,000以上のダメージを与えられます。 ツメは最後に育てるのがおすすめ• ウィングブロウ• 装備時身かわし率+2%• 装備時攻撃力+10• 装備時身かわし率+4%• 装備時身かわし率+4%• 装備時こうげき力+15• タイガークロー• ライガークラッシュ• 装備時かいしん率+2%• 装備時MP吸収率+4%• ゴールドフィンガー• 両手杖やさとりスキルを全て開放した後は、ツメスキルの「」や「」などのスキルを開放していきましょう。 ロウは攻撃呪文に回復呪文と多くのMPを使うため、 MPの上限増加やMP回復面を育てましょう。 強力な分、 消費MPが多いため先に基礎ステータスを上昇させるのがおすすめです。 先に両手杖やさとりスキルを修得して、スキルポイントに余裕が出てきてからツメスキルを開放していきましょう。 スイッチ版の最新情報• 攻略チャート 本編ストーリー• クリア後• ボスや寄り道の攻略• データベース• 掲示板• キャラクター 仲間のスキルパネル• お役立ち 人気のお役立ち情報• 裏技・小ネタ・その他• ドラクエ11の考察・予想記事•

次の

【ドラクエ11】序盤おすすめスキルパネル【ドラクエ11S】

勇者 スキルパネル

周囲の4マスを取ると取れるようになる。 ここでは両手剣スキルを選んで、敵を素早く倒してしまうコンセプトを紹介します。 序盤Lv25までのお勧めスキル 最初は片手剣か両手剣のどちらかに集中してスキルを上に取り進めていきましょう。 主人公は片手剣スキルを取る守備的なスキル振りと、両手剣スキルを取る攻撃的なスキル振りがあります。 両手剣スキルのみ集中的に振っていくと、Lv11で、Lv25でを取れます。 Lv25でのスキルパネルは以下のようになります。 守備重視なら盾も装備できる片手剣で、と。 二刀の心得で武器を2つ持ってをすれば、メタル系を倒しやすいでしょう。 中盤Lv40までのお勧めスキル 引き続き、片手剣か両手剣のどちらかに集中することが重要。 命の大樹のイベント後にはスキルの振り直しもできるので、思い切ってどんどんスキルを取りましょう。 以下は両手剣の例です。 ラスボス戦の前には、ちからや攻撃力が上がるパネルを集め、さらに攻撃力を上げましょう。 両手剣でのLv40でのスキル振り例は以下の通りです。 片手剣なら、盾を装備するなら、二刀流ならなど。 終盤Lv60までのお勧めのスキル 片手剣ならつるぎのまい、両手剣ならが強いです。 スキルパネル左下部で取れるギガデインは、装備品で攻撃魔力を上げればとてつもない威力となります。 スキルパネル右下部では裏ボス戦で役立つベホマズンを取ります。 また、攻撃力やHPなど各種ステータスが上がるパネルを取って行きます。 両手剣の場合のLv60でのスキル振り例は以下の通りです。 主人公 勇者 のステータス Lv HP MP 力 守 早さ 攻魔 回魔 器用 魅力 傾向 高め 普通 高め 高め 普通 普通 普通 低い 低い 1 22 0 8 6 6 5 3 5 4 15 98 50 40 18 48 44 45 29 35 31 255 117 99 42 99 93 93 57 70 40 337 154 135 56 124 129 131 76 101 50 425 195 173 72 149 169 176 98 140 61 519 244 216 93 180 214 223 121 180 70 574 295 254 122 219 247 249 140 198 80 633 353 298 156 264 283 277 161 216 99 750 460 380 220 350 350 330 200 250 ドラクエ11の主人公は勇者です。 歴代ドラクエシリーズ同様、ほとんどのステータスにおいて平均以上の能力を持っています。 但しドラクエ11には物理攻撃職が少ないので、主人公はメインアタッカーとしての立ち回りが重要となりそうです。

次の