たいしたものですね。 「大したものですね」

「大したものですね」

たいしたものですね

佐賀県のコラボサイト• 佐賀県が人気格闘漫画「グラップラー刃牙(ばき)」とコラボした県のPRサイトが、ツイッター上などで話題になっている。 なぜなら、漫画の主人公も含めメインキャラクターはどこにも出てこないからだ。 「日本有数のディープな県『佐賀県』にディープなヤツらが集結ッッ!」。 PRサイトのトップには、こんなタイトルが大きく躍っている。 2017年7月27日午前に、独立した特設サイトとして開設された。 巡査や「控室に刃牙を呼びに来た人」など ところがだ。 サイトをたどっても、どこにも主人公「範馬刃牙」や刃牙の父「範馬勇次郎」といったキャラは見当たらない。 サイトでは、佐賀県の魅力を8つ紹介しており、1つ目を紹介するのは、漫画の第38話に登場する片平恒夫巡査 34)だ。 漫画では、「やっぱりあなた達はワカってない」などといくつかのセリフを吐くだけの役になっている。 片平巡査は、佐賀には地味な魚しかいないという説に対し、このセリフをお返しし、エイリアンを彷彿とさせる有明海の珍魚「ワラスボ」を紹介する。 そして、「食べたら味もウマいっていうんだから......。 チョット憧れちゃいますね、男として」などとつぶやくのだ。 次の魅力を紹介するのは、第1話に登場する「控室に刃牙を呼びに来た人」という名前も付いていないキャラだ。 漫画では、炭酸抜きコーラを飲む刃牙を「たいしたものですね」と見抜くが、PRサイトでも、佐賀県産の日本酒について、「きわめて品質が高いらしく、全国から取り寄せて愛飲する人がいるくらい」と目利きぶりを発揮する。 そして、ロンドンのワイン大会日本酒部門で最優秀賞を獲った佐賀の大吟醸酒もあるという博識ぶりも披露してみせた。 「渋めなキャラを敢えて使って関心集めたい」 こんなマイナーキャラだらけのPRサイトを企画した理由について、佐賀県広報広聴課の東京オフィスは7月28日、Jタウンネットの取材にこう説明した。 「漫画とのコラボはよく使われる手法だと思いますが、渋めでディープなキャラを敢えて登場させることで、『何でここ使ってるんだ』と話題になると思いました。 『何だこれ?』と面白がってくれるのではないかということです。 おかげさまで、ツイッターなどでは、『佐賀は大好き』『行ってみたくなった』といった声が出ています」 PRサイトは、ユニークな企画で知られる「日本一ふざけた会社」こと、バーグハンバーグバーグが制作し、アイデアを出したのもここだそうだ。 佐賀県ではもともと、明治維新から150年の機会に、幕末維新期に逸材を輩出した佐賀藩をPRするラップ音楽を4人のアーティストに作ってもらい、それを広めるためにPRサイトを考えたという。 サイトでは、ラップ音楽についても、魅力の1つとして伝えている。 ラップを広めるためのサイトのため、続編などは考えていないとしている。

次の

炭酸抜きコーラ (たいしたものですね)とは【ピクシブ百科事典】

たいしたものですね

オイオイオイとは、死ぬわアイツ 「オイオイオイ」「書いてあるわ概要」 にて「」「範」「」とを変えながらも年以上連載を続ける、恵介作の格闘通称「」の第1部「」、その 1話「ヤツの名は!! 」に登場する。 系の全を決める大会、その決勝試合直前。 を自負する男達の集う最大の格闘団体「心会」その会員達をし決勝進出したの帯「範」。 そんなの控室での急速な補給をの当たりにした心会の帯の門下生()が発したである。 しかし、 「聞いてもないのにベラベラ喋る」「偽不明の知識」「2でやりとりがしている度」などの要素がウケたのか、やではかねてよりや変として使われていたが、ごろ [ ]から上で流行し急速にが普及した。 ディープなヤツらがの魅と銘打ち、ディープなにしか分からない8人のがの魅を紹介した。 その一人として、前述の全文にてと表記したが「控室にを呼びに来た人」と称され登場。 やはりの変でのの魅をってくれた。 「それに特大table枠の関連動画と関連静画これも即効性の記事装飾です」 「しかも関連商品もそえて販促バランスもいい」 「それにしても記事終端直前だというのにあれだけしか関連項目を貼れないのは超人的な編集力の低さというほかはない」• - 例のやりとりを含む1話が試し可•

次の

「オイオイオイ」「死ぬわアイツ」(グラップラー刃牙)

たいしたものですね

「大したものですね」も、人間関係の向上に活用できる褒め言葉です。 ちょっと古びた響きはありますが、まだまだ今の時代でも十分に使える言葉です。 「大したものですね」は、漢字で書くと「大したものですね」と書きます。 「大きく驚いています」という意味です。 大きく驚いたことなら、何でも使える便利な褒め言葉なのです。 こうした褒め言葉は、語尾を「ですね」や「だね」と変えて表現すると、年上年下の人にも十分使えます。 「大したものですね」年上の人に使う。 「大したものだね」年下の人に使う。 「すごいですね」年上の人に使う。 「すごいね」年下の人に使う。 「さすがですね」年上の人に使う。 「さすがだね」年下の人に使う。 褒め言葉の基本的なフレーズさえ覚えておけば、語尾の部分を変えるだけで、どんな人にでも使える表現に早変わりするのです。

次の