自転車 イエロー カード。 自転車レッドカード、イエローカード(自転車警告指導カード)と赤切符との違い

自転車レッドカードには罰金などの罰則があるわけではない

自転車 イエロー カード

2015年6月1日より 3年以内に2回以上、「 14の危険行為」を行って検挙されるか、事故を起こした場合、講習を受けることが命じられるという、 自転車運転者講習制度が導入されました。 それに伴い、各地で警察による自転車の違反行為の取り締まりが行われています。 この記事では、自転車の危険行為をした場合に交付される2種類の書類について説明していきます。 ちなみに、14の危険行為については以下の記事を参考にしてください。 自転車に乗っていて違反をしてしまった場合に、警察からもらう書類によってその後の処理が大きく違ってきます。 その書類とは2種類あって、一つは「 自転車指導警告カード」(警告カード、警告票、イエローカード!? )といわれるもの、そのもう一つは「 交通切符」( 赤切符)です。 どちらであるかによって、大きく変わってきますので、それぞれについて少し詳しく説明していきますね。 Contents• 自転車指導警告カードとは? まずは警告カードといわれるものです。 一般的には警告票とかイエローカードとか言われているのかもしれませんが、正式には「 自転車指導警告カード」というものです。 自転車で違反行為をしていた場合に警察官などに発見され、警告を受けた際にもらうものです。 対象年齢は14歳以上になります。 手続きとしては、現場で警告を受け、どんな違反行為をしたのかチェックが入った警告カードを受け取り、その他特に何もなければ その場で終了という形になります。 ちなみに、この警告カードを受け取っただけでは、自転車運転者講習を受けなければならない3年以内に2回以上の違反という要件には カウントされません。 後ほど赤切符の所でも詳しく書きますが、 前科もつきません。 警察署に記録として残るだけです。 記録として残ることに何か不利益なことがあるかというと、ほぼ何もないといっていいと思われます。 今後違反をくり返したとか、何か罪を犯したといったような場合に参考にされるといった程度のことだと考えられます。 赤切符とは? 次に 赤切符(あかきっぷ)「 交通切符」といわれるものについてです。 上のほうに「 告知票・免許証保管証」と書かれた書類です。 地域によっては、自転車指導警告カードを交付する際に「自転車レッドカード」と書かれた赤いカードを交付されることがあるようですが、これはここでいう赤切符ではなく、自転車指導警告カードと同じ扱いになります。 検挙されて赤切符を交付された場合は、刑事手続きとなり、起訴されれば通常略式裁判という裁判にかけられ、被告人という立場になります。 赤切符になるのはどんな時? 一般的に自転車の違反行為で赤切符が交付されるのは、 悪質と判断された場合です。 あくまで個人の見解ですが、例えば以下のような行為は悪質と判断される可能性が高いのではないかと思います。 停止を求められているのに逃走しようとした• 違反行為をやめるように求められているのに無視した• 事情を聞かれているのに応じようとしなかった• 警告を聞き入れず反抗的な態度をとった• 誰が見てもきわめて危険な違反行為をしていた 違反をしてしまった場合は、素直に認め正直に話して反省するのがベストです。 Sponsored Links 前科・前歴はつくの? 赤切符を交付された後、略式起訴されて罰金刑などの刑罰が科されれば 前科がつきます (前科は法律用語ではありません。 前科を刑の言渡しを受けた事実という意味でとらえた場合です)。 赤切符が交付された場合は、交通警察官室や検察庁、裁判所の交通分室といったところに出頭を命じられますが、通常の刑事手続きよりも簡略化されたものになります。 簡略化されているとはいえ、警察官や検察官から 被疑者(ひぎしゃ)という立場で取調べを受けることになります。 ここで検察官が刑罰を科すかどうかを判断します。 略式起訴されれば、 被告人(ひこくにん)となり、ほとんどの場合罰金などの刑罰が科されることになります。 略式起訴されなければ、起訴猶予ということで終わります。 罰金などが科されれば 前科はつきますが、起訴猶予になれば手続きはそこで終了し、 前科はつきません。 ただ、起訴猶予の場合は 前歴(こちらも法律用語ではありません。 一般的には逮捕されたとか、捜査対象になった事実という意味でとらえられます。 )というものがつきます。 前科がつくとどうなるの? 前科がついた場合、就職・転職活動、海外渡航などへの影響や、勤め先からの懲戒処分などが考えられます。 例えば履歴書には「賞罰」という欄がありますが、前科はそこへ記載する必要があります。 もっともプライバシーを理由に記載する必要はないとの見解がありますが、「なし」と記載すると事実と異なることを書いたことになります。 起訴猶予になった場合は記載する必要はないとされています。 ちなみに、他人が捜査機関や行政に前科・前歴を問い合わせても、それらの有無について回答が得られるということはありません。 海外渡航への影響については、渡航先の国によって違ってきますので、ビザの発給制度がどのようになっているのか確認したほうがよいです。 自動車・バイクのほうが罪が軽い!? 運転免許をお持ちの方はお分かりだと思いますが、自動車やバイクには交通反則通告制度というものがあり、軽微な違反はいわゆる 白切符や 青切符(交通反則告知書)というもので処理されます。 通常は 反則金といわれるものを納めればそれで終わります。 罰金と言う方も多いですが、正確には反則金は罰金ではなく、刑事手続きを経た処分ではないので 前科はつきません。 これらに関しては以下の記事で詳しく書いていますので、よろしければ、参考にしてください。 これに対し、自転車の違反には交通反則通告制度(青切符制度)のような制度はありません。 そのようなことから、自動車・バイクと比べて自転車のほうが厳しい処分になることが起こりえます。 例えば、自動車やバイクで信号無視をした場合は、通常青切符で減点2点と反則金という処理になりますが、自転車で信号無視をした場合、赤切符になることがあるということです。 自動車やバイクでは、比較的重い違反行為をしなければ赤切符にはならないのに、自転車では違反の軽重に関係なく赤切符になる可能性があります。 現在のところ、法律がそのようになっているので仕方がありません。 さいごに 自転車の違反行為といっても、重い処分を受けることがあるということがお分かりいただけたかと思います。 非常に稀なケースですが、自転車の危険行為が自動車の運転免許の停止処分につながることもあるようです。 このケースでは自転車を飲酒運転して死亡事故を起こしたというもので、東京都の公安委員会と警視庁が自動車の運転においても事故を起こす可能性があると判断して、その運転者の自動車の運転免許を180日間停止処分を行ったようです。 自転車は運転免許がいらないからといって、自動車などの運転免許の処分に全くつながらないというわけではないということですね。 自転車は気軽に乗れる反面、危険も伴う乗り物ですから、決して甘くみることなく、安全第一で乗りたいものですね。 <自転車関連の記事> 法令上、自転車は自動車などと比べて罰が不当に重いという部分が有利に働いて、ほとんどが見逃されるか、警察にめをつけられても不起訴になるのが現実。 そもそも自転車自体、バイクや自動車と比べて重大な加害事故をほとんど起こさない これは警察庁の統計のなかで第一当事者、第二当事者といったキーワードで調べればすぐにわかる ですから、このような記事にどこまで意味があるのか、という疑問さえ生まれます。 そしてそもそも交通刑務所懲役囚人のほぼ全員は自動車運転手です。 また、余談ですが自動車乗車中の年間死者数は1200人以上で自転車の約3倍も自動車車内で死者が出ており、1日に4人も自動車運転手らは死亡している計算になる。 更に、英国グラスゴー大学の大規模医学医学調査で、自転車によく乗る人は自動車依存者よりも遥かに長生きだというレポートも出ています。 車離れして自転車活用する人が増えているのもわかりますね。 基本的にクルマは負債ですし、クルマ不要な都市部への移住は負債を抱える必要もなくしますから。 そして都市部では自転車が便利。 なので免許取得率も低下し続けています。

次の

自転車レッドカード、イエローカード(自転車警告指導カード)と赤切符との違い

自転車 イエロー カード

自転車の信号無視や逆走、無灯火などの交通違反は「さっさと厳しく取り締まれば良いのに」と思うほど酷いというのが現状です。 当然ながら自転車のマナーの悪さに対しては批判の声も高まっていますし、交通違反の取り締まりも行われているようです。 自転車の信号無視による死亡事故増加を受け、大阪府警は25、26両日の午前8~10時、府内全65署管内で信号無視の緊急取り締まりを実施。 男女87人に、 刑事処分の対象となる可能性もある「赤切符」を交付した。 府警によると、昨年の府内の自転車事故による死者は34人。 このうち信号無視が原因だったのは5人で、全国最多だった。 今年は今月26日時点で、信号無視による自転車事故の死亡者は6人に上り、府警が警戒を強めている。 参照: というようなニュースも時々出るようになりました。 実感として警察は見せしめ的なキャンペーンの時くらいしかまともに取り締まらない印象ですが、こうしてニュースになることで少しでも交通ルールを守ろうという意識が自転車乗りにも根付けば良いのにと思います。 さて、上記の記事の抜粋で気になるのは赤文字部分の 刑事処分の対象となる可能性のある「赤キップ」を交付したという点です。 自転車で赤キップと言われてもピンと来ない人も多いと思います。 僕自身もピンと来なかったので 自転車と赤キップについて調べてみました。 Contents• 自転車の交通違反で貰う赤切符(赤キップ)とは? 赤切符とは 赤切符とは交通違反で交付される違反切符の種類の一つで、 用紙の色が赤いことから赤切符と呼ばれています。 自動車やオードバイなどの場合で考えると、信号無視などの交通違反で通常交付されるのは青い用紙の青切符です。 もう少し詳しく書くならば、赤切符は 交通反則通告制度が適用されない交通事件のうち、略式手続き(罰金のこと)で処理される事件に使用されるものということになります。 交通反則通告制度とは 交通違反も犯罪なので、罰金刑などが適用される場合は刑事裁判や家庭裁判所で審判を受けなくてはいけないという前提があります。 しかし、交通違反の場合は件数がその他の犯罪などと比べると圧倒的に多く、全てを裁判所で処理していると、捌ききれなくなってしまうということで「罰金を払えば刑事裁判や家庭裁判所の審判を受けないでも良いですよ」という簡易的な流れをつくるための制度が 交通反則通告制度です。 交通反則通告制度が適用される違反に関しては、赤切符と区別するために交通反則告知書(青切符)が交付されるようになっています。 飲酒運転や酒気帯び運転などの重大な違反の場合は、そんな簡単な流れで済ませるわけにはいかないので、交通反則通告制度の適用外となり、刑事裁判や家庭裁判所で審判での審判が必要な赤切符が交付されることになります。 また 裁判で有罪となった場合は前科が付く可能性もあります。 (執行猶予の場合は前科がつかない) 赤切符を交付されると、罰金を郵便局などで支払って終了の青切符とは違い、かなり面倒な手続きを行う必要があります。 自動車と自転車の違い 自動車と自転車との大きな違いは、自動車の場合は信号無視は青切符が交付されますが、自転車が信号無視で捕まった場合は、一回目はイエローカード(自転車指導警告カード)で、二回目に赤切符が交付されることになります。 なぜ自動車が青切符なのに自転車が赤切符になってしまうのかの理由は免許の有無の違いです。 自転車の場合は免許制ではないので、制度が整っていない関係上、交通反則通告制度が適用されない交通事件として処理されるため赤切符になってしまうというわけです。 なので実態は別として、法律上の話で言えば、自転車の場合は軽微な交通ルール違反で前科持ちになってしまう可能性があるぼで自動車以上に交通ルールはしっかりと守った方が良いということになります。 自転車指導警告カード 警察官から交通違反についての警告を受けた際に渡されるカードで、通称イエローカードと呼ばれている。 違反行為に対して警告を意味するものなので、イエローカードだけでは自転車運転者講習を受ける必要はありません。 罰則や自転車運転者講習の悪質な違反 自転車運転者講習制度とは 自転車運転者講習制度とは自転車の運転に関し一定の違反行為 危険行為 を3年以内に2回以上行った者に対し、都道府県公安委員会が講習の受講を命ずるもの 自転車の交通違反で罰則や 自転車運転講習の対象となる14の危険行為は下記の通り。 しかしながら、実際はどうかと言えば、まともに取り締まりが行われているわけではありません。 警察官が交差点で交通誘導をしていたとしても違反をスルーしたりすることも珍しくありません。 なので自転車のマナーは良くなったなぁと実感することはほとんどなく、逆走や傘差し運転、信号無視など自転車の交通違反を見ない日が無いという非常に残念な状況です。 取り締まりをされないから守らないではあまりに残念ですし、 自転車の死亡事故で最も多いのは信号無視が原因だったりっするので、自分の身を守るためにも、また、他人に怪我をさせないためにも、しっかりと交通ルールを守って自転車に乗って欲しいものだと思います。 以上、自転車の交通ルール違反による赤切符と前科について調べたことのまとめでした。

次の

【学生も要注意】自転車イエローカードとは?赤切符との違いや前科・罰金についても

自転車 イエロー カード

前にも一回自転車レッドカードをもらったことがあるんですがその時はちょうどポケモンGOが流行り始めた頃です。 自転車を運転しながらスマホを見て運転していたところたまに車が通る感じの路地でいきなり呼び止められて 「スマホ見ながらの運転は禁止なのでカード渡しておきますね」 と注意をされました。 前回はレッドカードの意味とかしっかり調べなかったんですが今回実際どういう位置付けのものなのか等を調べてみたので記事にしておきます。 Contents• 今回受けた指導内容 自転車レッドカード 前回運転しながらのスマホで自転車レッドカードを貰った場所とほぼ同じ場所で再度レッドカードをもらってしまいました。 そして今回は何でレッドカードを貰ったかと言うと・・・一時停止違反。 場所としては車がすれ違うときはちょっと減速しないといけないかなというくらいの道幅で止まれ表示のある十字路というところです。 もちろん常に車が来るか来ないかは確認して渡っていて車の確認のために少しゆっくりにはなっていたんですが足をついて一時停止まではしてませんでした。 裏側に色々と書いてありますね。 自転車だからといって細かいルールを気にせず走っているとレッドカード、イエローカード、悪くすると赤切符を切られる可能性があるのでご注意ください。 ちなみにレッドカードには埼玉県警のマスコットキャラクターとなっているポッポ君が表示されています。 埼玉の県民の鳥「シラコバト」がモチーフになっているとのことです。 全然関係ないですがせっかく調べたのでw 自転車レッドカード、イエローカードと赤切符との違い スポンサーリンク 自転車レッドカード、イエローカード 自転車警告指導カード とは そもそもレッドカードとはどんなものなのかと言うとその場で警察官かるはら言われた言葉としては 「レッドカード自体では貰ったから罰金になるとか前科がつくようなものではありません。 特に住所とかまで聞かないので今後は注意していただければと思います。 」 とのことでした。 呼び止められた時に伝えたのは自分の名字だけでそれ以外のやり取りとしては多分呼び止めたついでにということで自転車の防犯登録番号をメモしていました。 実際の所要時間は2分程度 レッドカードということで言葉としては重いイメージですが特に罰則はなく安全運転の推進のための活動というイメージかなと。 その後ネットで調べてみると自転車警告指導カードとして自転車レッドカードやイエローカードが同じ位置付けのものとしてあるようで埼玉県では「自転車レッドカード」という名称で使用されているとのことでした。 他県のものを調べるとイエローカードとして黄色いカードや紙が出てきたので県によって使われるものは違うようです。 自転車の場合、3年間に2回赤切符の交付を受ける等で講習を受ける必要が出てくるとのことです。 どういった場合に赤切符が渡されるかというと 1.信号無視 2.通行禁止違反 3.歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反) 4.通行区分違反 5.路側帯通行時の歩行者の通行妨害 6.遮断機が降りた踏切への立ち入り 7.交差点安全進行義務違反など 8.交差点優先車妨害など 9.環状交差点での安全進行義務違反など 10.指定場所一時不停止違反など 11.歩道通行時の通行方法違反 12.制動装置(ブレーキ)不良自転車運転 13. 酒酔い運転 14. 安全運転義務違反 に当てはまる場合とのことです。 同じ違反でもレッドカードとなる場合が今は多そうですが世間の情勢に合わせて変わっていきそうですね。 最近は自転車の事故の増加を受けて自転車保険が出来たり雨の日も傘ではなくかっぱで通う人が増えたりと自転車に対する意識も変わってきたのかなと思います。 そんな世間の流れも受けて自転車に対する注意喚起を含めて自転車の取り締まりが増えているので皆さんも事故には気をつけて安全運転で走りましょう まとめ 自転車レッドカードは注意換気のためのカードで特に即罰金等とはならず自転車の赤切符の場合には累積すると罰金や講習が課されるというものになります。 自転車だから取り締まりが少ないという時代では無くなってきたので自分が事故を起こしたり巻き込まれたりしないよう気をつけて自転車運転をしないとダメですね。 ちなみに自動車保険の特約で自転車保険を契約すると一年間1000円の追加だけで家族全員分の保証が付くのでおすすめです。

次の