次亜塩素酸 転売。 次亜塩素酸@クリア公式通販

次亜塩素酸水でスプレーして除菌する時、物に付着した次亜塩素酸の殺菌...

次亜塩素酸 転売

一部商品価格・配送料改定のお知らせ お客様各位 日頃より弊社製品をご愛顧いただき、心よりお礼申し上げます。 この度、弊社では令和2年3月6日に送料変更、ならびに令和2年4月16日より、一部商品につきまして廃盤及び新製品の販売開始を実施させていただきます。 現在に至るまで、様々な業務効率化の実施によってコスト削減に努めてまいりましたが、 経済情勢の悪化と原材料費の高騰、流通コスト増などにより、企業努力のみでは 製品価格ならびに送料無料のサービスを維持するのは困難な事態となりました。 またボックス商品に関しましては、容器調達が容易にできない状況に陥り、新たに容量を変更して販売を開始する事といたしました。 尚、こちらに関しましても原材料費の高騰による価格設定をなっております。 何卒、事情をおくみ取りのうえ、ご理解、ご協力いただきますことをお願い申し上げます。 ・新商品 ハイパーC 18リットル 価格:9,980円 ・廃盤商品 ハイパーC 20リットル ・送料変更商品 すべてのハイパーCシリーズ 送料:600円(全国一律料金) お問い合わせ対応に関するお知らせ 現在、お問い合わせが大変集中しており、お問い合わせの対応に 2〜3営業日程お時間を頂いております。 何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。 商品をご注文いただく際に十分ご確認いただき、お間違えのないよう宜しくお願いいたします。 を参考に手続きをお願いいたします。 お問い合わせ頂く際には 商品ページ内「商品についての問合わせ」フォームよりお願いいたします。

次の

次亜塩素酸@クリア公式通販

次亜塩素酸 転売

企業倫理、工業倫理上の問題が 表面化している次亜塩素酸業界 前回、6月初めになって市中に急速に広がりだした次亜塩素酸製品について、それらが広がる背景と実態について概要をご紹介しました。 その中で、次亜塩素酸製品が販売、設置されている実態が、個人と集団にとって危険な状態であることを指摘し、それは基礎的な企業倫理と工業倫理に反するものではないかという指摘を行いました。 本邦ニセ科学批判者によってニセ科学問題として定番の話題として取りあげられる次亜塩素酸製品ですが、アブないChemist 化学者 としての視点では「優れた化学物質がもったいないな」という思いでした。 しかし、実際に店頭に大々的に並び、郵便局などで顧客用に設置されている実態をみると、一目で「これは遠からず大きな事故を起こすし、インシデントは既に激発しているのではないか。 」という危機意識を持つには十分な「酷い実態」が眼前に広がります。 このままでは次亜塩素酸の製品としての命脈が永遠に絶たれることにもなりかねませんので、とくに事業者の方は塩素酸愛好家のChemistの目に業界が行っていることがどう映っているかを自覚していただけると幸いです。 企業倫理、工業倫理上の問題としての具体例 今回は、経済産業省に委託を受けた独立行政法人製品評価技術基盤機構 NITE の公表した「『次亜塩素酸水』等の販売実態について(ファクトシート)」を使いながら筆者が身の回りで見た実態とあわせて企業倫理、工業倫理上の問題事例としてご紹介します。 本来は、店頭の商品を買い取って写真入りでご紹介することも考えたのですが、製造原価の詳細を知るものとして、あまりの値段の高さに目玉が飛び出し、肝が潰れて救急搬送されかねませんのでそれは断念しました。 商品には、製品の表示というものがあります。 この表示は、消費者への公式な情報開示であり、履歴書のようなものです。 消費者はこの表示を読むことでその製品の購買可能性を判断しますので、商品にとって最も重要なものと言えます。 それらの実態をみて行きましょう。 1 製法、成分などの表示 製法、成分などの表示は、最も重要なもので簡潔であっても正確に全ての情報が得られねばなりません。 次亜塩素酸の製法については、電気分解によるものと次亜塩素酸ナトリウムなどを酸で中和したものの二つに大きく分かれます。 僅かに他の製法もありますがここでは取りあげません。 「次亜塩素酸水」と名乗れるものは厚労省の告示に則れば塩水を電気分解したものに限られますが、驚いたことに筆者の身の回りで販売、使用されている「次亜塩素酸」「次亜塩素酸水」を名乗る製品でこの製法表記のある製品は殆ど存在しませんでした。 成分表示も悲惨で、「HClO」だけの表示、「次亜塩素酸」、「安定化次亜塩素酸 安定剤」、「安定型複合塩素」など、正確に全成分を記載したラベルは全くありませんでした。 驚いたことに濃度表示のない製品も多く、辛うじて100ppmとだけ表記した製品がみられました。 Chemistならば、有効塩素濃度が100ppmですので、この製品は次亜塩素酸ナトリウムを酸で中和したものだと分かりますが、普通は好事家をのぞき無理でしょう。 要はハイターの希釈液でお肌にとても悪いアルカリ性と解釈されてしまいますが、真相は分かりません。 これは論外です。 液性についての正確な表記は皆無で、水素イオン濃度 pH がどうであるか分かる製品はありませんでした。 これでは皮膚に安全か否かが分かりません。 基本的にアルカリ性のものは皮膚に付けてはいけません。 石鹸のように弱アルカリ性であっても皮膚に付着した場合は、すぐに水で洗い流すべきです。 とくに目や粘膜に付着した場合は、緊急に水で洗い流さねばなりません。 そういった安全上極めて重要なことが分からないのです。 次亜塩素酸は、不安定なために製造後時間がたつと分解してしまいます。 従って製造年月日が分からなければいつまで使えるかが分かりません。 ところが製造年月日を明記した商品は見当たりませんでした。 使用期限表記は当然殆どの製品に無く、あってもいつからいつまでかが分かりません。 まさに「お話にならない」そのものです。 NITEの発表したファクトシートにも筆者と全く同じことが報告されています。 そもそも「消毒薬」として販売されていない 市中の次亜塩素酸類 次に有効性、効能の表示です。 これは広告などから読み取れますし、製品にも簡単に記載してあります。 まず、有効性に付いての表示です。 実は、現在市中で販売されている次亜塩素酸製品(主成分を次亜塩素酸とするもの)は、基本として雑貨であって、消毒薬として販売されていません。 これは厚労省において薬機法の審査、承認を受けているものがないからです。 一部の製品では、独自の試験を行い、その結果をホームページなどに掲載しています。 それ自体は、筆者にとってはとても興味深く、楽しいものですが、あくまでTake note 書きとどめておく 程度の意味合いしかありません。 理由は、あくまで私的なものであって、公的に承認されたものでなく、そういった試験結果をいくら積み重ねても消毒薬としての効能や安全性は認められていないからです。 その上で雑貨として考えてもその試験方法が消毒薬の公的な検査規格に沿ったものであるかの判断ができません。 こういったことは直ちに改めねばなりません。 安全性や効能については、まず科学的、医学的合意が形成され、その上で担当省庁による承認を得て初めて製品として成り立ちます。 残念ながら筆者が探した限り、あくまで私的試みの読み物であっても有効性について根拠となり得るものはありませんでした。 次に安全性についての表記ですが、これはお話になりません。 「弱酸性」であるから安全と謳う製品がたいへんに多いのですが、弱酸性であることは安全性の根拠になりません。 次亜塩素酸ナトリウム(ハイター)で手荒れする原因の多くは、その強アルカリ性に由来します。 確かに、「次亜塩素酸水」は弱酸性なので手荒れしにくいと言う事実はあります。 しかし、例えば有効塩素濃度1ppmでpH6 弱酸性 程度に調整されている遊泳用プール 溶存する有効塩素の殆どは次亜塩素酸分子 であっても皮膚や目、粘膜に異常を来す人は現れます。 また、筆者の身の回りにもその場で電気分解により製造した次亜塩素酸水の愛用者はいますが、軽度であっても皮膚に異常を発生する事例はあります。 また次亜塩素酸水が食品添加物として認められていることを安全性の根拠にしている表記が多く見られますが、食品添加物としての次亜塩素酸水は、製品出荷時点で除去されていることが義務となっています。 食品の消毒という用途で次亜塩素酸ナトリウムや「次亜塩素酸水」は食品添加物として認められていますが、それらは食品としての最終製品の出荷段階で除去されていることが必須であって、消費者に接触することは認められていません。 従って消費者が直接接触する消毒薬(または相当品)としての安全性の根拠には全くなりません。 化学薬品の人体への安全性は、その検証のハードルが高く、たいへんに高いコストと時間を要します。 一方で安全性の実証のない化学薬品を人体や生き物に直接使うことはたいへんに危険です。 これが製品化のための最大の関門と言えますが、この関門を通過した次亜塩素酸製品を筆者は見たことがありません。 これらについてもNITEの見解は、筆者のそれとほぼ同じとなります。 NITE資料の模擬事例にみる 次亜塩素酸製品のラベルの酷さ ここでNITE発表のファクトシートに記載されている次亜塩素酸製品のラベルの、模擬事例を一つ引用して検討します。 この模擬事例一つとっても酷いものですが、実際にはもっと酷いものが幾らでもあります。 まず筆者の知る限り全ての消費者向け次亜塩素酸製品の全てが遮光性のない瓶に詰められて販売されています。 中には透明瓶もあります。 これはもう全く駄目で、製造出荷後、光化学反応によって分解が進んでいることを示します。 キッチンハイターなど次亜塩素酸ナトリウム製品は、遮光瓶に入っており、液面は外から見えません。 成分表示も全く駄目で、辛うじて次亜塩素酸が入っていることが分かればマシという程度で、中には成分表示だけでは中の液体の正体が分からないいものも多数あります。 液性については未表記、または弱酸性という表示がありますが、正確な水素イオン指数 pH が表示されている製品はを筆者は見つけられませんでした。 これは安全性と効果を判断する重要な情報であるのにです。 製品の使い方もなかなか凄く、空間除菌や、人体への使用、ペットへの使用まで書かれている製品があります。 これらは薬機法違反が疑われる他、根本的に問題があります。 ペットや人体への直接利用を謳うのであるならば、マウスや豚を用いた動物実験による安全性の証明を経ている必要があります。 使い道については、器具の消毒については、次亜塩素酸ナトリウムや次亜塩素酸水であるならば認められていますが、それらが生体や人体への利用が認められた事例を筆者は知りません。 そして器具であっても例えばマスクの場合は、消毒が十分にできるほどに塗布すれば、不織布マスクは液浸によって濾過性能を失いウイルス素通しの「殺人マスク」となりかねません。 布マスクの場合は、内部の消毒が十分にできていない雑菌繁殖マスク=「病気になるマスク」になる可能性があります。 禁忌事項の説明がある製品を殆ど見かけません。 塩素酸類は強酸(塩酸やクエン酸など、体内では胃液)や過酸化水素と混ぜると猛毒の塩素ガスを発生します。 「次亜塩素酸水」の場合は、有効塩素濃度が「10~80ppm」と低いので強酸と混合しても致命的なほどには塩素が発生しないという考え方があるようですが、どんなに微量であっても塩素は発生します。 現在流通している次亜塩素酸製品の多くは有効塩素濃度が100ppm以上ですので、キッチンハイターの希釈液(通常200ppm程度)と同程度の有効塩素濃度を持ちます。 次亜塩素酸製品である以上、この表記は必須です。 「混ぜるな危険」 筆者は、消費者が想定外の行動をとることから、次の表記を強く推奨します。 これはキッチンハイターなどの既存の次亜塩素酸ナトリウム製品も対象とします。 「飲むな、食べるな、混ぜるな死ぬぞ」 最後に空間除菌について言及します。 次亜塩素酸には、たいへんに強力な殺菌力があり、弱酸性であるために次亜塩素酸ナトリウムほどに金属などを強く侵さないことから、次亜塩素酸ミスト(霧)を噴霧することによる空間除菌や人体の除菌を主張する製品があります。 このような薬剤の噴霧による空間や人体の除菌は、200年足らずの近代的消毒法の歴史では数多く試みられ、実用化もなされてきましたが、すべて淘汰されて消え失せています。 そもそも現実の使用環境で空間除菌に効果は認められておらず、薬剤の人体、生体への害、耐性菌の発生などで空間除菌は「やってはいけないこと」とするのが医学的、科学的合意です。 無論、やってみたいという動機は理解できますので、とくに実地での安全性を中心に効果、耐性菌の発生可能性などについて全て実証できれば消毒の歴史に燦然と輝く実績を残すことができます。 その研究は、たいへんに大規模な国家事業となるでしょう。 なお、国の事故情報データーベースには最近の次亜塩素酸噴霧による事故報告が登録されています。 安全性の実証は、こういった事故情報をしらみつぶしに精査することを必須とします。 現在はインシデントで済んでいますが、無視していればとんでもない人身事故になりかねません。 目が痛く、腫れてきたのに、商品には健康被害の注意書きがない。 対応に問題あるのではないか。 販売してよいのか。 企業倫理、工業倫理の視点から抜本的見直しを 筆者は、化学物質としての次亜塩素酸はたいへんに優れたものと考えており、安価で生産性も良いことからその実用化への試みには好意的です。 しかし、であるからこそ慎重に手順に従った堅実な道のりを進むべきであると考えています。 今回、経産省が緊急に一般アルコールを解放するという判断をしない代わりなのか、次亜塩素酸水を中心に様々な代用消毒製品の評価をしましたが、中間報告ではありますが全くパッとしない結果で事業失敗と評するほかありません。 筆者は、「すいかソーダ」などのイカガワドリンクには、ついつい手が伸びてしまう好事家である。 企業倫理、工業倫理の視点から抜本的見直しを行った上で、一からやり直さねば再起はあり得ませんし、そのうち深刻な製品事故を起こして再起不能になりかねません。 既にインシデントは数多く報告され、公表されているのです。 次亜塩素酸は、物質としては見所がありますので、初心に返り、企業倫理、工業倫理を堅実に守った上での再起を祈念します。 徳島大学助手を経て高知工科大学助教、元コロラド大学コロラドスプリングス校客員教授。 勤務先大学との関係が著しく悪化し心身を痛めた後解雇。 1年半の沈黙の後著述家として再起。 本来の専門は、分子反応論、錯体化学、鉱物化学、ワイドギャップ半導体だが、原子力及び核、軍事については、独自に調査・取材を進めてきた。 関係政令を改正し、来週から、取得価格よりも高額で転売することを禁じる。 医薬品や医薬部外品のアルコール消毒製品のほか、アルコール濃度の高い酒類や除菌シートも対象とする。 違反者には、1年以下の懲役または100万円以下の罰金を科す。 加藤氏は禁止理由について「経済活動再開により、アルコール消毒製品に対する需要は一層増大することが見込まれる」と説明した 実際に、消毒効果の認められた製品は、 以下のようなラインナップになっている。 【手洗い、拭き取り掃除、トイレ掃除を想定した製品】 ・かんたんマイペット(原液) ・クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート 香りが残らないタイプ(絞り液) ・クイックルワイパー 立体吸着ウエットシートストロング(絞り液) ・クイックル Joan シート(絞り液) ・クイックル Joan 除菌スプレー(原液) ・食卓クイックルスプレー(原液) ・セイフキープ(絞り液) ・トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー ミントの香り(原液) ・ハンドスキッシュEX(原液) ・ビオレガー ド薬用泡ハンドソープ(原液) ・ビオレu薬用泡ハンドソープ 3倍希釈 ・ビオレガード薬用手指用消毒スプレー(原液) ・ビオレガード薬用ジェルハンドソープ (3倍希釈) ・ビオレu手指の消毒液(原液) ・リセッシュ除菌EX プロテクトガード(原液) 【衣類の洗濯等を想定した製品】 ・アタック高浸透リセットパワー(3.

次の

次亜塩素酸水でスプレーして除菌する時、物に付着した次亜塩素酸の殺菌...

次亜塩素酸 転売

2020年5月29日 NITE=製品評価技術基盤機構は新型コロナウイルスの消毒目的で利用が広がっている「次亜塩素酸水」について、現時点では有効性は確認されていないとする中間結果を公表しました。 NITEでは噴霧での使用は安全性について科学的な根拠が示されていないなどとして控えるよう呼びかけています。 NITEなどはアルコール消毒液に代わる新型コロナウイルスの消毒方法の検証を進めていて、29日「次亜塩素酸水」についての中間結果を公表しました。 その結果、一部にウイルスの感染力が弱まったとみられるデータもありましたが、十分な効果がみられないデータもあるなどばらつきが大きく有効性は確認できなかったということです。 今後、塩素濃度を高くした場合などについて検証を続けるということです。 NITEは「加湿器などで噴霧することやスプレーボトルなどで手や指、皮膚に使用することは安全性についての科学的な根拠が示されておらず控えてほしい」と呼びかけています。 出典:NHK NEWSWEB 先日テレビをみていると、アルコール消毒液が品薄状態となり、その代わりとしてハイター等の塩素系漂白剤を希釈し、食器・手すり・ドアノブなど身近な 「物」の殺菌消毒に有効との報道を目にしました。 漂白剤を希釈した液は「次亜塩素酸ナトリウム液」と呼ばれています。 新型コロナウィルス対策として、厚生労働省や経済産業省も推奨するものです。 同省発行のには、0. 05%以上の次亜塩素酸ナトリウム液の作り方と注意事項が記載されています。 今回、NITE=製品評価技術基盤機構が公表したのは、「次亜塩素酸水」で全くの別物です。 「次亜塩素酸水」は、塩化ナトリウム水溶液を電気分解等で得られるもので、消毒を目的で利用が広がっています。 生成には専用装置が必要で、一般の家庭では「次亜塩素酸ナトリウム液」のように、現状では簡単に作ることはできません。 次亜塩素酸水は、食品を殺菌する食品添加物であることから、人体への安全性をうたった商品が出回っており、その安全性の根拠が曖昧なものでした。 今回、その点をNITEが公表したのでしょう。 名前が似ており、混同しないよう注意が必要です。 当ブログへようこそ! 転職経験がなく、長年勤めた会社を辞める決断は、人生の岐路と思われます。 澱んだ水の中で生きる魚のように、悩まれている方もいることでしょう。 アーリーリタイアは澱んだ水からの脱却方法の一つです。 当ブログのメインコンテンツは「アーリーリタイア」です。 アーリーリタイアをお考えの方に、ご参考となれば幸いです。 アーリーリタイアには、生涯資金などお金の問題が付き纏います。 FPを学ぶことで、長期的な資金計画を自らシュミレーションすることができます。 アーリーリタイアを問わず、FP資格の取得を検討している方にも、FPとはどんな資格で、日々の生活にどう活かせるか等を書き綴っています。 また、社会的な問題についても自身の考えを綴っています。 報道では事実のみが伝えられ、その背景や経緯等が省かれる場合や記者の思い等が伝えきれないケースがあります。 ネット上の記事は、一定期間で削除されるものが多く、過去の経緯が見えなくなることもあります。 新聞を切り抜く「スクラップ」のように、当ブログ内に保存しています。 こちらも是非ともご活用下さい。

次の