真矢 みき 宝塚 時代。 真矢ミキ

真矢ミキの宝塚時代!男役で人気を博す!同期には黒木瞳!?【真矢ミキの宝塚伝説】

真矢 みき 宝塚 時代

真矢ミキの宝塚時代での男役人気が凄かった話! 真矢ミキが宝塚にいた時代、 宝塚での人気は相当のものだった。 真矢ミキの持つカリスマ性や、自己 プロデュース力、スター性も相まって まさにトップスターと呼びにふさわしい 程の人気であった。 その証拠に、宝塚の100周年記念の 祭典で名だたるOGがいながらも、 司会に抜擢されたという事実が、 いかに宝塚時代の真矢ミキの人気が 凄かったかという事を物語って いるのではないだろうか? そんな宝塚時代の真矢ミキは 男役として大人気であった。 だが、宝塚時代の真矢ミキは いわゆる普通の男役では無く、 真矢ミキ流の男役を演じ、 それが人気に火を付けたのである。 どう言う事かというと、 それまでの宝塚での男役は 女性と同じようなメイクをし、 似たような短髪のかカツラを被る 様に決められていた。 いわゆる、宝塚での男役とは この様なものだから、それを徹底 しなさいというルールがあった。 したがって、その男役に個性は 無かったのだ。 また、宝塚には女子校育ちで 普通の男というのがどの様な 男なのかを知らない宝ジェンヌも 多く、何の疑問も持たずに 宝塚流の男役をこなしていた。 しかし、真矢ミキは共学育ちで 宝塚が定めている男の像と、 自分が今まで見てきた男の像との 間に大きな乖離があることに気づき、 違和感を感じたために、 真矢ミキは自己流の男役を 演じる事を決めたのだ。 よりリアルな男役として、 女性の様なメイクを施すの ではなくて、かなり薄めの メイクを施し男性らしさを演出。 一様に短髪と決めつけられていた 男役の髪型を、あえてロン毛の 髪型に変更。 そうして真矢ミキ流の男役を 作り上げ、それが人気を博し、 その影響力は現在に至るまで 続いている。 真矢ミキは宝塚の男役の スタンダードを変えて、 宝塚での表現のあり方を 根本から変えていったのだ。 この様に、真矢ミキは宝塚時代 革命とも言える様な変化を もたらした事から、 「ヅカの革命児」と呼ばれる 程になったのだ。 そんな真矢ミキのいた宝塚時代は 黄金時代と言って過言では無い 程なのだ。 スポンサード・リンク 真矢ミキの宝塚時代の同期は同じく大人気だった黒木瞳! 宝塚時代そんな様々な伝説を 残してきた真矢ミキだが、 なんとその同期には、今現在も 同じく芸能界で女優として活躍を している黒木瞳がいた。 そんな真矢ミキの同期の黒木瞳 についても見ていこう。 黒木瞳は宝塚に39人中3位という 好成績で入団をした。 一方の真矢ミキは39人中21位 という成績で入団をした。 この成績だけの印象で言えば、 黒木瞳は産まれながら才能に 満ち溢れた優等生タイプ。 一方の真矢ミキは、最初は才能が 開花をしていないが、その努力 等により徐々に力をつけていく 大器晩成型と言った所だろうか。 そんな真矢ミキと同期での宝塚 入団となった黒木瞳は、娘役と してトップスターになった。 そして、才能に満ち溢れた黒木瞳は 宝塚入団2年目にして、 早々に大地真央の相手役として トップスターに輝いたのだ。 真矢ミキが宝塚に入団してから 約14年後に正式にトップスターに なった事を考えれば、いかに同期の 黒木瞳のトップスター就任の早さが 凄かったのかがわかるだろう。 そんな宝塚で同期だった 真矢ミキと黒木瞳は今現在でも プライベートで一緒に舞台などを 観に行くなどして仲が良い様だ。

次の

真矢ミキが宝塚花組男役トップスター時代は革命児と呼ばれていた!

真矢 みき 宝塚 時代

第51回宝塚記念表彰式 (2015年6月28日) 本名 西島 美季(にしじま みき) 別名義 真矢 みき(旧芸名) 生年月日 1964-01-31 (56歳) 出生地 身長 166 血液型 職業 ジャンル ・・ 活動期間 - 活動内容 :入団、配属 :花組トップスター就任 :宝塚歌劇団退団。 その後女優として、テレビなどで活動 :バレエダンサーのと結婚 :「真矢ミキ」へ改名。 へ移籍 配偶者 (2008年 - ) 事務所 主な作品 舞台 『』 『』 『』 テレビドラマ 『』 『』 『』 映画 『』 備考 真矢 ミキ(まや みき、 - )は、の。 元トップスター。 旧芸名・ 真矢 みき(読み同じ)。 本名、西島 美季(にしじま みき)、旧姓、佐藤(さとう)。 所属事務所は。 生まれ、育ち。 来歴・人物 4歳まで広島市で育ち、父親の転勤により各地を転々、中学校卒業まで8回転居した。 中学校の三年間が大阪府豊中市育ち。 「を習いたい」と中学時代からに通う。 への憧れから卒業後、にに入学。 、として宝塚歌劇団に入団。 入団時の成績は21番。 同期には女優の(元娘役スター、で死亡)、( - まで月組トップ娘役)、( - まで月組トップスター)、( - まで星組トップ娘役)、演劇、、講師の、がいる。 初舞台当初から注目を集め、歴代花組トップスターに勝るも劣らぬ個性派スターとしての道を歩み、特に1992年からにかけては2番手ながらトップであるとほぼ同等な扱いを受け、芝居・ショーともに活躍。 安寿との 男役同士のコンビは当時呼び物となった。 1995年、安寿の退団により『』で花組トップスターに就任。 相手役には。 純名の退団後は千ほさち(現・)を相手役に迎えた。 長髪のヘアスタイルやナチュラルな舞台メイク、独特の着こなしや、退団直前にプロデュースによるでのソロコンサートの開催、撮影による写真集の出版など、宝塚に新しい風を積極的に吹きこみ ヅカの革命児とまで言われた。 、『SPEAKEASY』東京公演千秋楽をもち宝塚歌劇団を退団。 楽屋入りからサヨナラ公演。 ファンに別れを告げる宝塚最後の一日が収録されたドキュメントVHS 「ザ・ラストデイ」が出されている。 宝塚退団後に鳴り物入りで芸能界入りしたが、38歳のときに事務所から。 どん底を経験する。 知人からリクルートスーツを借り、自ら『踊る大捜査線』のオーディションを受けた。 そして、2003年、このオーディションを這い上がり、念願の芸能界復活を果たした。 身長166cm。 特技は歌、、、バトン、作詞。 趣味は旅行、絵。 での成績は同期39人中で37位だった。 そのため、インタビューなどで自らのことを「劣等生」と語っている。 にでバレエダンサーのと結婚することを発表した。 また、同年に入籍していたことが明らかになり 、、で挙式。 2009年には第20回を受賞。 には第28回2011協議会選出部門を受賞。 3月1日付で、からに事務所を移籍するとともに芸名表記を変更。 2016年、『ドラマティック古事記〜神々の愛の物語〜』で夫の西島と初共演を果たす。 2017年8月29日、「」合格 エピソード• 人生観は『「一瞬の閃き」が時には大切』(「閃き」は漢字)・・「出来る限りのことをしたら、あとは力を抜いて何かが閃くのを待つ」• 中学校時代は将来の夢として「短大を出て、お嫁に行きたい」と書く。 母親が宝塚ファンである影響から音楽学校を受験。 小さい頃からバレエや歌を習っていないため、入学後第1回試験では39人中37番だったが、新人公演では主役になる。 好感度上位ランクイン歴• 、の研究所が実施した調査で「一緒にお酒を飲みたい上司の理想像」(女性上司部門)のベスト10に黒木とともに選ばれた。 2008年・2009年には同調査の女性上司部門で、黒木とともにベスト5入り。 が実施した「新入社員から見た上司の理想像」の調査においては第3位、は第2位、は第1位、2010年は第2位(黒木も第5位)にそれぞれランクイン。 が実施した調査で2009年に第1位、2010年には第2位(黒木もベスト10入り)・2013年は第3位。 付属総合研究所が取引先新入社員対象の「新入社員研修会」参加者に対して実施した調査で2年連続総合ベスト10入り(2009年は第8位、2010年は第7位)。 が2012年に取引先新入社員対象の「新入社員研修会」参加者に対して実施した調査で第2位。 2008年にが女性を対象に行った「女性上司の理想像」調査で、黒木とともにベスト5入り。 2009年1月にが実施した「女性が選ぶカッコイイ女性有名人」という調査で第1位に選ばれている。 2009年4月にオリコンが実施した「母親になって欲しい女優」という調査では第2位。 2014年にオリコンが有職者を対象に実施した「理想の上司トップ10」という調査で、女性部門第3位。 宝塚歌劇団時代の主な舞台 花組時代• 『アンドロジェニー』ガルボ・マニア• 5月『散る花よ、風の囁きを聞け』:想太郎(公演)• 8月 - 9月『グッバイ・ペパーミントナイト!』:ルイス・カーナビー・ジュニア(バウホール公演)• 『ザ・レビュースコープ』:プリンセス・パイナップル• 2月『ベルベット・カラー』:ヌフ(バウホール公演)• 3月 - 5月『』:ジョー(大劇場公演)• タカラヅカ』(大劇場公演) 『春ふたたび』:与五。 『フォーエバー! タカラヅカ』:ビューティーズA• 2月 - 3月『硬派・坂本竜馬!』:(バウホール初主演)• 『ジタン・デ・ジタン』:ルダリ• 10月 - 11月『』:ジェローデル(星組公演特別出演)(大劇場公演)• 2月『ロマノフの宝石』:アンジェロ()• 3月 - 5月『』:(役代わり:ヨーゼフII世)(大劇場公演)• 5月 - 6月『美しき野獣』:ボーイM、クィーンビー(バウホール公演)• 』(大劇場公演) 『春の風を君に…』:竜童• 『ジャンクション24』:レッド・キラーS• 1月『ドニエプルの赤い罌粟』:アレクサンドル(バウホール主演)• 『スパルタカス』:サビヌス• 『ジャンクション24』:レッド、ルダリ• 『ファンシー・タッチ』:ジャック、マヤチェロ• 10月『アップル・ツリー 〜三つの愛の物語〜』:アダム、バーバラ、エラ、パッショネラ(バウホール主演)• 『火の鳥』:ジュラシックハンター• 6月『』:レット・バトラー(雪組特別出演)(大劇場公演)• 『火の鳥』:火の鳥• 『ハイパー・ステージ!』:レーサーS• 『メガ・ヴィジョン』:シャドウS、白鳥 花組トップ時代• 6月 - 8月『』:J.ピエルポント・フィンチ(大劇場公演)• 12月 - 1997年1月『Ryoma 〜硬派・坂本竜馬!II〜』:(公演)• 4月 - 5月『風と共に去りぬ』:レット・バトラー(全国ツアー)• 8月 - 9月『ザッツ・レビュー』:春風泰平(大劇場公演)• 10月『ブルー・スワン』:アレックス(バウホール公演)• 8月 - 10月公演を最後に退団 ディナーショー、コンサート• 「ディナーショー」(1989年、、とで)• 「Nice GUY! 」(1996年)• 「MIKI in BUDOKAN」(1998年7月、) 宝塚歌劇団退団後の出演 テレビドラマ• (1999年4月 - 6月、) - 葉山麗花 役• (2000年7月 - 9月、フジテレビ) - 葛井昭子 役• (2000年10月 - 12月、) - 中沢理恵 役• (2001年、)• (2002年7月 - 9月、) - 寺岡麗子 役• (2002年、TBS)• (2003年4月 - 6月、テレビ朝日) - 西根絹代 役• (2003年7月 - 9月、フジテレビ) - 松野しずえ 役• (2003年9月 - 2004年3月) - 岩瀬かおる 役• (2005年10月 - 2006年4月) - 神崎木綿子 役• 運命が見える手(2003年11月15日、テレビ朝日)• (2004年4月 - 7月、NHK) - おきん 役• (2004年7月 - 9月、TBS) - 川口夏樹 役• 輝く湖にて(2004年11月13日、NHK)• 仕置き代理人 鏡俊介の痛快事件簿(2005年6月17日、フジテレビ)• (2006年4月 - 6月、フジテレビ) - 三神たまき 役• アテンションプリーズスペシャル「ハワイホノルル編」(2007年1月13日)• アテンションプリーズスペシャル〜オーストラリア・シドニー編〜(2008年4月3日)• (2006年10月28日、フジテレビ) - 沖田仁美警視正 役• (2006年11月7日、日本テレビ) - 霞夕子 役• ドラマスペシャル 女検事・霞夕子SP「豪華客船殺人クルージング」(2007年10月2日)• (2007年1月 - 3月、フジテレビ) - 川村亮子 役• 火曜ドラマゴールド「」(2007年3月27日、日本テレビ) - 役• (2007年6月 - 8月、フジテレビ) - 椎葉文子 役• (2007年7月4日、日本テレビ) - 宅間佐和子 役• (2007年11月24日、フジテレビ) - おたえ 役• 土曜プレミアム しゃばけシリーズ第2弾「うそうそ」(2008年11月29日)• (2007年10月 - 12月、フジテレビ) - 城ノ内桜子 役• (2008年3月17・18日、日本テレビ) - 谷村さと 役• (2008年4月 - 6月、フジテレビ) - 若林ふじ子 役• (2008年7月 - 9月、フジテレビ) - 千葉さくら 役• シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜・童顔刑事! 史上最大の危機(2009年5月9日)• シバトラ〜さらば、童顔刑事 スペシャル〜(2010年5月22日)• (2008年9月14日、) - 立花英子 役• (2008年10月 - 12月、テレビ朝日) - 園部有希 役• (2008年12月6日、テレビ朝日)- (38歳以降)役• 「白衣の天使は見た・外科病棟殺人カルテ」(2008年12月12日、フジテレビ) - 高原千草 役• 開局50周年記念ドラマ 生誕100年特別企画(2009年1月24日、テレビ朝日) - 田中純子 役• (2009年4 - 6月、日本テレビ) - 冴島涼子 役• (2009年7月 - 9月、フジテレビ) - 上矢真希子 役• (2009年10月 - 12月、TBS) - 田島淑恵 役• (2010年1月11日、TBS) - 和辻淑枝 役• (2010年7月 - 9月、日本テレビ) - 峰岸佳織 役• 金曜プレステージ「」(2010年12月10日、フジテレビ) - 主演・朝吹里矢子 役• (2011年1月 - 3月、テレビ朝日) - 田中純子 役• (2011年3月27日、) - 筒井美紗子 役• (2011年7月 - 9月、テレビ朝日) - 簑島佐和子 役• ヒューマンドラマ「」(2012年3月28日、・TBS) - 田辺礼子 役• (2012年10月 - 12月、テレビ朝日) - 主演・橘珠子 役• 「女医・早乙女美砂『ガラスの階段』」(2013年2月4日、TBS) - 主演・早乙女美砂 役• (2013年4月 - 6月、フジテレビ) - 霧澤和泉 役• (2013年8月 - 9月、TBS) - 古屋暁子 役• (2014年7 - 9月、テレビ朝日) - 印田恭子 役• (2015年1月 - 2月、NHK) - 主演・竹内美晴 役• (2015年10月 - 12月、TBS) - 和泉沙耶 役• 下町ロケット2(2018年10月 - 12月)• スペシャルドラマ「」(2015年12月22日、フジテレビ・関西テレビ) - 黒蜥蜴 役• 月曜ゴールデン「」(2016年2月15日、TBS) - 主演・西加音子 役• (2017年7月20日 - 9月14日、テレビ朝日) - 岩村叡子 役• (2017年10月7日 - 11月25日、東海テレビ・フジテレビ系) - 主演・九十九さくら 役• さくらの親子丼2(2018年12月 - 2019年1月)• (2018年1月 - 3月、テレビ朝日) - ナレーション• (2019年4月15日 - 6月3日、テレビ東京) - ナオミ・トミナガ 役• (2020年7月16日 - 、フジテレビ) - 販田聡子 役 映画• Last Dance-離婚式(2001年、監督)• (2003年) - 沖田仁美 役• (2003年) - アンナ 役• (2004年) - 森沢今日子 役• (2005年) - 沖田仁美 役• (2007年) - こまつ 役• (2007年) - 藤堂玲子 役• (2008年) - 城ノ内桜子 役• (2009年) - ケイト・ウィルソン(吹替) 役• (2010年) - オンディーヌ(声の出演) 役• (2012年) - モーガン(声の出演) 役• (2012年) - 広田新子 役• (2012年) - 沖田仁美 役• (2013年) - あやめ(声の出演) 役• (2019年7月5日公開) - 無礼図(ブレイズ) 役 舞台• (1999年)• ダンス・アクト・シリーズvol. 2「スターダストin 上海」(2002年)• 涙の温度(2003年)• CABARET(2004年)• 真矢みきディナーショー(2004年)• (2006年)• (2008年)• 一座・熱海五郎一座合同公演「こんにちは赤ちゃん」(2011年)• (2014年) - 役• スーパー神話音楽劇『ドラマティック古事記〜神々の愛の物語〜』(2016年) - イザナミ 役 オリジナルビデオ• (2011年5月2日発売) - 筒井美紗子 役 吹き替え• 第6話(2016年) - 役 音楽番組• (2007年5月・2010年11月23日、NHK総合) - 司会 ドキュメンタリー番組• TBS開局60周年記念番組『"人間とは何か…!? "わたしと地球の38億年物語〜アース・コード〜』(2011年6月4日、TBS) - ナビゲーター• ドキュメンタリー同期生「亡き友を胸に〜宝塚歌劇団67期生〜」(2012年12月28日、NHK) バラエティー・教養番組• (2003年、テレビ東京) - 司会• (2007年10月 - 2008年3月) - 母 役• (2008年4月 - 2009年3月、日本テレビ系)• (2010年4月3日 - 2010年6月5日、、) - 司会• (2011年8月20日・21日、日本テレビ系) - サポーター• ポストのある日本の風景(2013年4月4日 - 2015年3月30日、BS日テレ) - ナレーター• (2013年5月3日 - 9月13日、フジテレビ系) - メインMC• (2015年3月30日 - 2019年9月27日、TBS系) - 司会 CM• (2代目女王役、「私の華道」メインキャラクター)• (2005年 - )• 「アクテージSN錠」(2007年 - )• 「茶のしずく石鹸」(2008年8月 - 2010年7月)• 「バニラ」(2008年12月 - ) - 声の出演• 「ピュオーラ・ナノブライト」(2009年2月 - )「セグレタ」(2009年9月 - )• 「ディアナチュラ」(2009年5月 - )• シャルレドレッセ(2009年 - ) - イメージキャラクター• 「麺づくり」(2009年8月3日 - )• 「昔ながらの中華そば」(2009年8月20日 - )• 「バニラ」(2009年8月5日 - )• (キシリクリスタル、2009年10月16日 - )• 「きもの着付教室」(2010年12月 - )• 若者総合相談・若ナビ(2011年1月 - ) - イメージキャラクター• 「植物性乳酸菌・ラブレ」(2011年3月 - )• 「トラピックス」(2012年 - )• 「」(2016年)• 「ヤマサ鮮度生活」(2017年4月12日 - ) - と共演 ラジオ• 文化放送「ヒーリング・パーク」パーソナリティ(2000年 - 2001年、文化放送) ナレーション• ポストのある日本の風景(2013年4月 - 、) 書籍• 生き方名言新書4 真矢みき 願えばかなう! (、2008年4月3日発売、) 写真集• 真矢みき写真集(宝塚歌劇団、1997年8月発売、) CD• 「赤と黒のキャバレー」(2004年10月6日 ヤマハミュージックコミュニケーションズ)自身が作詞した曲を含む全11曲 (YCCW-10008)• ジュエリープロデュース:ジュエリーブランド「XIV TOKYO」より「ラ・ブリエシリーズ」(外部リンク: ) 受賞歴• 2008年、第6回 40代部門• 2009年、第20回 40代部門• 2011年、第28回 協議会選出部門受賞• 2011年、第2回2011 WOMAN OF THE YEAR• 2013年、第7回アンチエイジング大賞2013• 2016年、・協会特別賞 脚注 []• 『新訂現代日本女性人名録』、2001年、1097頁、(2015年4月2日時点の)、、• 、2008年7月1日21面、(2014年9月6日時点の)• (2009年4月16日時点の) 2009年1月21日 スポニチ閲覧• 2015年3月7日. 2015年3月13日閲覧。 エンタステージ. 2016年5月20日. 2016年5月24日閲覧。 読売新聞2012年11月9日夕刊3面「言葉のアルバム 「全力尽くして あとは運」• [ ]• (オリコン、2014年3月21日)• 2015年9月17日. 2015年9月22日閲覧。 ORICON STYLE 2015年11月20日. 2015年11月20日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年8月18日. 2017年8月18日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex 芸能. 2020年4月7日. 2020年4月8日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年4月16日. 2019年4月20日閲覧。 Smartザテレビジョン. 2016年4月19日. 2016年4月20日閲覧。 ヤマサ醤油株式会社・ニュースリリース. 2017年4月12日. 2017年4月14日閲覧。 - 、2011年11月2日。 (2013年11月30日時点の) - 、2013年11月14日。 ORICON STYLE. 2016年10月31日. 2016年10月31日閲覧。 外部リンク• - 所属事務所ページ• - (2013年9月16日アーカイブ分)• - (2019年11月1日アーカイブ分)• - (1927年退団) ・・ 初代(1933年退団) ・・ (1939年退団) ・・ (1943年退団) ・・ (1989年退団) ・・ (1972年退団) ・・ (1951年退団) ・・ (1964年専科へ異動、退団) ・・ (退団) ・・ (退団) ・・ (退団) - ,&(1974年2月2日? '-'は先代次代関係あり。 (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1994年月組、宝塚・東京・全国)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• (2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) スカーレットI• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1994年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) スカーレットII• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) アシュレ• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) メラニー• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• (1988年雪組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1994年雪組、宝塚・宝塚)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• (2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) 宝塚・東京公演は本公演のみ(新人公演は載せていない).

次の

真矢ミキが結婚した旦那は?カップや美脚画像!年齢や宝塚時代の秘話

真矢 みき 宝塚 時代

この写真集で 現役でありながらスカート姿の写真も披露していました。 宝塚の男役の場合はプライベートであっても女性らしい姿はNGと言われているので、それを破って撮影ですから、なかなかの革命児っぷりですね! また、宝塚音楽学校の成績が同期39人中で37位にもかかわらずトップスターになったことも革命児伝説の始まりだったのでは?インタビューの際は自分で「劣等生」と話していたそうです。 「宝塚の男役は長い歴史のなかの様式美があって私が入った頃は今より自由度も少なく、男役とはこういうものです、と歌舞伎の形(かた)のような男役像を日々学び習得していた毎日でした。 引用:NEWSポストセブン このように感じていた真矢ミキは自身が共学出身ということもあって、リアルな男子について試行錯誤して自分らしい男役を作り上げました。 やはり守破離というようにまずは型を知りつくして破るということができるのでしょうね。 結果、ファンに認められて 「ヅカの革命児」の伝説になったのでしょう! 真矢ミキの宝塚時代の同期や相手役はどんな人? 真矢ミキは宝塚歌劇団67期生ですが同期には黒木瞳、涼風真世などがいます。 ちなみに真矢ミキは中学卒業後、黒木瞳と涼風真世は高校卒業後に宝塚へ入学したので真矢ミキが3歳年下です。 黒木瞳は月組トップ娘役でした。 涼風真世は月組トップスターでした。 有名な相手役は1995年の「エデンの東」の純名 里沙ですね^^ 今日は花組デー? 映画「エデンの東」の次はミケランジェロ エデンの東はミキちゃん(アノ真矢みきさん)とジュンナ(アノ純名里沙さん)のお披露目公演だったんですよ。 宝塚を退団後は所属した事務所から戦力外通告もされ、それでも負けずに「踊る大捜査線」のオーディションを受け見事に復活! その後は女優だけではなく、朝の情報番組TBS[ビビッド」でMCとしても大活躍! これからも色々な方面での素敵な姿に期待しましょう^^.

次の