平成 何 年 まで あっ た。 今日は平成何年?

今平成何年?「今平成何年?」と何度も聞かないで

平成 何 年 まで あっ た

平成はいつからいつまで? 西暦で、 1989年1月8日(日)から2019年4月30日(火)の期間となります。 なお、2019年5月1日(水)から令和に変わりました。 平成は何年まで? 平成31年までです。 平成は何日間? 11,069日間です。 計算には、以下のサイトを参考とさせていただきました。 平成から令和を計算するにはマイナス30 平成表記の場合、 マイナス30にすると、令和になります。 具体例を挙げます。 平成32年の場合、令和2年となります。 平成33年の場合、令和3年となります。 平成34年の場合、令和4年となります。 運転免許証では、更新日が平成記載が多いかと思いますので、 参考にしてください。

次の

昭和64年はいつまであったのか。昭和64年生まれは存在するのか。昭和64年の貨幣には価値があるのか。

平成 何 年 まで あっ た

平成は何年まで?西暦なら何年から何年までになる? ではまず、平成は何年までかや西暦では何年から何年までが平成という時代かを、おさらいしておきましょう。 平成は31年4月30日まで! まず、平成は何年までにするかという事は、天皇陛下が皇太子に位を譲る、 譲位 じょうい の意向を受けて時期が議論されました。 その結果、最終的に日程が 平成31年4月30日に決定し、 平成は31年までという事になりました。 因みに、平成を何年までにするかを機論した際、 切りの良い平成30年12月31日までを平成とする案も、有力候補としてあったのだそうです。 その場合、2019年1月1日に新天皇が即位し、平成は30年までになる予定でしたが、諸々の事情により、4月30日の案が採用され、平成は31年までになった訳ですね。 平成は西暦でいうと1989年から2019年まで! さて、そんなわけで平成という時代は、天皇陛下の譲位により31年までになる訳ですが、 西暦でいうと何年から何年までが平成かも併せてご紹介しておきましょう。 まず、昭和天皇の崩御により、 平成は1989年1月7日にスタートました。 そして、平成31年は西暦では2019年なので、 平成という時代は1989年から2019年までということになりますね。 バブルが弾け、経済の不透明感が漂った平成は、阪神大震災や東日本大震災をはじめ、多くの災害に見舞われた時代でもありました。 一方、スマホやネットにIT技術が飛躍的に発達したおかげで、 日常生活が劇的に便利になった事も平成という時代の特筆すべきポイントですね。 スポンサードリンク 平成以前の近年の元号は何年まであった? ということで、 平成は何年までかの答えは31年までですが、平成以前の近代の元号はそれぞれ何年まであり、どんな時代だったのでしょうか。 昭和は何年まででどんな時代だったか 先ず、平成の前の元号の 昭和は何年までだったかですが、なんと 64年まであり、歴史上、最も長い元号なんです。 尚、昭和は西暦では、1926年12月25日に始まり、1989年1月7日までということになります。 昭和といえば、初期の軍国主義、太平洋戦争から昭和20年の終戦を経て、戦後の復興、高度経済成長からバブル景気へと向かった時代でもあります。 1989年1月7日に天皇崩御に伴い、平成になるまでの62年と14日間という長期間続いた昭和は、 実に波乱万丈な歴史がありました。 大正は何年まででどんな時代だったか 昭和の一つ前の元号の 大正は何年までだったかというと、昭和よりかなり短く 15年まででした。 西暦でいうと1912年7月30日から1926年12月25日までが大正時代で、期間的には短いものの、様々な大事件があった激動の時代でもあります。 大正時代は大正デモクラシーといわれるように、現代へとつながる 民主主義の基盤が形成されました。 また、大正時代は 女性の社会進出が飛躍的に進んだ時代でもあり、洋服を颯爽と着こなす女性たちはモガ モダンガール と呼ばれたのだそうです。 一方、大正時代には、日本は直接参戦しなかったものの、第一次世界大戦が勃発した他、米騒動、関東大震災などの劇的な出来事があった時代でもあります。 明治は何年まででどんな時代だったか 日本が近代国家としての第一歩をスタートさせた明治時代が何年まであったかですが、 明治は45年まであった時代です。 明治時代は、西暦1868年1月25日から1912年7月30日まで約44年と6カ月余りの期間続いた時代で、明治天皇の即位により始まりました。 江戸時代の終焉始まった明治時代は、江戸が東京と改名されて天皇中心の国家体制が築かれ、長い鎖国の後、鹿鳴館に代表される 日本の西洋化が始まった時代でもありました。 また、明治時代には、新政府が進めた版籍奉還、廃藩置県などの改革により、 劇的に社会構造が変化するとともに、軍国化も急速に進みました。 1894年の日清戦争、1902年の日露戦争という外国との戦争も経験し、 近代日本は、様々な問題を抱えつつも、列強国の仲間入りを果たすことになった訳ですね。 スポンサードリンク 平成が何年までかが決まった経緯は? さて、平成と平成以前の各元号が何年までかはここまで説明したとおりですが、平成が終わり新しい元号に改まるに至る経緯もご紹介しておきましょう。 天皇の生前退位により元号が改まることに! 平成が31年4月30日で終わることになったのは、前述のとおり 天皇の生前退位に伴うものです。 現代の日本の法律では、 一世一元制というシステムが採用されていて、平成、昭和などの元号は 「皇位の継承があった場合に限り改める」と定められています。 つまり、 新しい天皇が即位すると元号も新しくなるというわけですね。 尚、平成は天皇が生前に退位して皇太子に位を譲ることで改元となりましたが、 明治、大正、昭和に関しては天皇の崩御に伴い皇位が継承されました。 因みに、生前退位は、平成以前では江戸時代後期の1817年、光格天皇が行われたのが最後で、今回、 約200年ぶりの出来事なのだそうですよ。 日程の決定は他の行事との兼ね合いの影響! さて、平成が何年までかを決定する際、退位と即位のタイミングで考慮されたのが他の行事との兼ね合いです。 先に触れた通り、当初、平成を何年までにするかについては、 平成30年12月31日に天皇退位、翌1月1日に新天皇即位が有力だったんです。 もしこの案が採用されていた場合、平成は30年までになる予定でした。 ですが、年末年始は皇室の行事が続くため、宮内庁が不適当として、 翌年の3月31日退位、4月1日即位が代替案として出されました。 ですがその後、3月に予算審議案、4月に統一地方選挙があることから、二転三転した結果、最終的に他の行事のない 2019年4月30日退位、5月1日即位に落ち着いたという経緯があります。 スポンサードリンク 平成が何年までかの決定に関連した休日とは? ところで、平成が終わることで、直接、私たちの生活に関連してくるのは、やはり天皇誕生日や即位関連の祝日ですよね。 ということで、平成が何年までかの決定に関連した2019年の祝日事情もご紹介しておきましょう。 2019年の天皇誕生日は国民の祝日ではない! 平成を何年までにするかについては、最終的に2019年4月30日に決定しましたが、 一年の途中で元号が変わり、新しい天皇が即位ことから天皇誕生日の扱いが気になるところですよね。 ところで、2019年5月1日即位の新天皇徳仁親王の誕生日は2月23日ですが、2019年は、まだ即位していないタイミングのため 祝日にはなりません。 また、平成の天皇誕生日であった12月23日も、 2019年はすでに退位以降の日程になるため、祝日にはならないとのことなんです。 ということで、2020年以降は2月23日が新しく天皇誕生日になるものの、 2019年は天皇誕生日が祝日にはならない年ということになりますね。 因みに、旧天皇誕生日は、 昭和天皇の誕生日の4月29日が昭和の日、明治天皇の誕生日の11月3日が文化の日としてそれぞれ祝日になっています。 ということで、平成の天皇誕生日の12月23日は祝日ではありませんが、世論や経済効果などの諸事情を鑑みつつ、祝日になる可能性もあるようですね。 2019年のGWは新天皇の即位で10連休に! ということで、天皇誕生日がなく、通常の国民の祝日が1日少なくなる2019年ですが、新天皇の即位の礼がある5月1日が祝日。 そして、現行の法律では 祝日に挟まれた平日は国民の休日にするという決まりがあるため、2019年のGWのカレンダーにこれを当てはめた場合、以下のようになります。

次の

30年続いた「平成」とはどんな時代だったのか:日経ビジネス電子版

平成 何 年 まで あっ た

およそ30年間続いた「平成」とはどんな時代だったのか、ここで振り返ってみたい。 1989年に昭和天皇が崩御され、平成の時代が幕を開けた。 奇しくもこの89年という年は、世界的にも実に様々な出来事が起こり、大転換期にあったと言える。 同年6月4日に、中国では天安門事件が起こり、11月9日にはドイツでベルリンの壁が崩壊した。 ベルリンの壁崩壊を受けて、12月2日には米国のブッシュ大統領 とソ連のゴルバチョフ書記長によるマルタ会談が行われ、米ソ冷戦の終結を宣言した。 日本では不動産バブルがピークに達し、89年12月の日経平均株価は3万8957円を記録した。 この年、僕には非常に悔しい思いをした出来事があった。 当時、僕は「今の景気は泡のようなものだ。 近い将来、完全に落ち込むだろう」と考えていた。 日本の地価はうなぎ登りに上昇し、「日本を売れば、米国が買える」とまで言われていた時代だ。 こんなものは嘘っぱちではないか、と感じていたのだ。 「日本の震撼」というテーマで、文藝春秋で記事を書くことにした。 8カ所のシンクタンクを回り、この景気について専門家に尋ねた。 どのシンクタンクも、「今の状態は、『虚』の景気ではない。 『実』の景気だ」と主張した。 さらには、「今の状態を『虚』の景気だと言えば、あなたのジャーナリスト生命は危うくなりますよ」という言葉まで投げられた。 それでも疑念は消えなかったが、僕は、最後の最後で「虚の景気」だと言い切れずに、曖昧な記事を書いてしまった。 今でも残念に思う。 その2年後、実際にバブルが崩壊した。 100兆円規模の不良債権が発生し、日本は「失われた20年」に突入していったのである。 日本は長期低迷が続き、深刻なデフレに陥った。 デフレから脱却するために打ち出されたのが、安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」である。 平成は、グローバリズムから始まった 平成の時代を語る上で、もう一つの大きなキーワードは「グローバリズム」である。 80年代、米国のレーガン大統領と英国のサッチャー首相が、あらゆる規制を緩和する経済政策を打ち出した。 いわゆる、「レーガノミクス」「サッチャリズム」と呼ばれるものだ。 同じタイミングで掲載された小田嶋の記事に対する読者コメントは直ぐに掲載される。 評価するコメントもあれば批判するコメントもある。 一方の田原の記事に対する読者コメントは来週の月曜日にならないと掲載されない。 恐らく寄せられる読者コメントが非難囂々のコメントばかりで評価するコメントが極端に少ないのが原因だと思うが、それをそのまま掲載しなかったら何の為のマスコミなのか解らない。 取捨選択の権利が日経にあるのは認めるが、読者意識を握りつぶせると思う方がどうかしている。 某朝日新聞の様に捏造記事を書き連ねて世論操作を謀った挙句に読者離れを招いた新聞社もある。 貴紙が後々生き残っていたいのなら世論に耳を傾けて恣意的な運用は止めるべきだ。 現状では自殺行為に等しい。 結論を間違えていることは致命的ですけれども(笑) 田原さんがアンチグローバリズムの潮流を読み切れていなかった事実を勘案すると、「バブル崩壊を予測していた」という田原さんの弁も嘘くさく感じます。 読んでいたのではなくて、ただ単純に不安を煽っていたのでは? 「バラマキ」の定義や「日本の借金」の定義も恐らくできていないのでしょう。 「バラマキのようなリベラル的政策を続けてきたことで、日本の借金は1000兆円を超える規模にまで膨らんでしまった。 」と、経済の「け」の字も理解していない点からもそれが伺えます。 そして、日本に今一番必要なものは(田原さんがバラマキと呼ぶ)将来に向けた投資です。 グローバリズムを「善」と勘違いしているあたりも社会情勢を読む能力が衰えている証左でしょう。 マザーテレサの言葉です。 「わたしたち一人一人が、自分の玄関の前を掃除するだけで、全世界はきれいになるでしょう。 」 日本のアンチグローバリズムは表出化していませんが、それは、世界をきれいにするように叫ぶことよりも、自分の家の前の玄関をきれいにする方が余程世の中の為になると一人一人が理解しているからだと思います。 君子豹変すってやつです。 ドイツですが、9月末に選挙が終わったにも関わらず、未だに組閣が出来てません(現在は臨時政府状態)。 ちなみにSPDは移民賛成派なので、それにより更にAfDが伸長することになります。 メルケルの凋落ぶりは激しく、G7の実質的リーダーは安倍総理となりそうです。。。 昔の政治家は選挙にかかる金を自分で稼がなくてはならなかったから、そこで鍛えられて肝が座っている人が多かった。 特に派閥の長なんかは自分の分だけじゃなく、まわりの人の分まで金を稼いで、バラまいてたわけでしょう。 あれ、いい悪いは別にして、相当の実力と人望がなければできないわけですよ。 写真見ただけで、今の政治家と顔の迫力が違うじゃないですか。 この先平成が終わって、国連とかEUとかの国際協調の枠組みも崩れてくる乱世においては、多少ブラックでも、金稼ぐ実力がある政治家の方が、品行方正なサラリーマン政治家よりはるかに日本の役にたつと思います。 当時日本は日米貿易摩擦を背景に、アメリカから内需拡大のために金を使えと言われて600兆円以上使うことを宣言しましたよね。 その後村山元総理が700兆円以上に拡大すると宣言し、それが実施されて蓄積されたのが現代の負債になってるわけです。 これを分かっていないと政府がお金を使うこと自体が悪であるといった見方だけが助長されるように思います。 アメリカの圧力で発生したお金の使い道が、国のためという観点からではなく、各議員の選挙区のためという観点で無機的に投入されてしまったことをこそ伝えないと、いつまでたっても日経BPさんの読者は田原さんに不信感しか抱かないと思います。 「各国が再び協調するために、日本に何ができるのか」になるのか訳が分からない。 >>2018年は、「ポスト・グローバリズム」が一つの大きなテーマになるのではないかと思う。 「ポスト・グローバリズム」が日本主導によるグローバリズムに対する回帰ではしょうがないでしょ。 「ポスト」にならないから。 石破茂先生に期待しているのは田原先生ぐらいで、多くの一般人は「支持率低迷時期の一番苦しい時に自分が所属している自民党の総裁を思い切り後ろから殴りかかった裏切り者」と認識していると思いますよ。 何時でもいいので立憲民主党なのか民進党なのか希望の党なのかは分からないけど自民党から出て行って欲しいと思っているのが普通の国民だと思います。

次の