から い もの が 食べ たい。 辛いものが無性に食べたいのはなぜ?身体に潜む意外な原因 | 女性の美学

辛いものが無性に食べたいのはなぜ?身体に潜む意外な原因 | 女性の美学

から い もの が 食べ たい

この記事の目次• 状態【1】ストレスを溜め込んでいる 辛いものが無性に食べたくなったとき、原因として最も身近に考えられるのは「ストレス」です。 ストレスが溜まってくると、身体のメカニズムにより、人は自然と辛いものを食べたくなるのです。 つらいストレスをごまかすために刺激を求める 虫刺されで痒いとき、刺されたところを指や爪で掻きますよね。 じつはこの「掻く」という行為は、「痒い」という不快な刺激をさらに強い刺激で打ち消そうとする行為なんです。 痛みや苦痛も同じです。 ストレスが溜まってくると、何か楽しいことをしたり、飲んで騒いだりして鬱憤を晴らそうとしますが、これも 「強い刺激で不快感を打ち消そう」という心の働きが関係しているんです。 この「強い刺激」として、手っ取り早いのが「辛味」。 味覚の中で最も強い刺激である辛味、その正体は「舌が感じる痛み」です。 脳科学などでは、ストレスによる心の痛みを舌の痛みで紛らわそうという働きから、辛いものが食べたくなるのだと言われています。 辛いものを食べると、その刺激でストレスが一時的にまぎれます。 これが癖になると、ストレスが溜まるたびに「無性に辛いものが食べたい」という状態になります。 自分は辛いものが好きだと思っている人の中にも、もしかしたらストレスが原因で辛味を求めているケースがあるかもしれません。 辛さがエスカレートする原因は2つの脳内物質 ところで、辛いものとして売られている食べ物って、 どんどん辛さがエスカレートしていると思いませんか?カレーや担々麺など、激辛商品がお店のウリになっている場合もありますよね。 辛いものが好きな人は、「より辛味が強く、刺激的なもの」を求めてエスカレートしていく傾向があります。 これにもちゃんと理由があるんです。 辛いものを食べると、脳は• アドレナリン• エンドルフィン という2つの物質を分泌します。 痛みを麻痺させるアドレナリン まず最初に分泌されるのが、 アドレナリン。 アドレナリンは興奮・覚醒を促す物質で、脳を興奮状態にする代わりに感覚を麻痺させ痛みを感じにくくさせる効果があります。 辛いものを食べたときの痛みを麻痺させるために、脳は興奮物質を分泌するのです。 ちなみにアドレナリンには、他にも• 集中力や運動能力をアップさせる• 心臓のポンプ機能をアップさせる• 肺機能をアップさせる• 血管を広げて血流を促進させる といった働きがあり、辛いものを食べると汗がたくさん出て元気になる感じがするのは、このためです。 ただし、アドレナリンによる興奮は筋肉を無理にヒートアップさせているような状態。 これが続くと身体に負担がかかります。 そこで脳は、興奮した身体のバランスを取り戻すために、 脳内麻薬「エンドルフィン」を分泌するのです。 恍惚感をもたらすエンドルフィン エンドルフィンには、鎮静作用があります。 筋肉の緊張を和らげ身体をリラックスさせるとともに、• 恍惚感• 多幸感• 苦痛を和らげる といった効果を脳に及ぼします。 一度恍惚感を感じた脳は、同じ恍惚感を求めて積極的に辛いものを食べようとします。 エンドルフィンによる恍惚感こそが、「辛いものが癖になる」原因です。 エンドルフィンの受容体は、分泌に比例して増えるのが特徴です。 受容体が増えるということは、 より多くのエンドルフィンを分泌しないと恍惚感が感じられなくなる、ということ。 同じ辛さのものを食べても、満足しない身体になっていく。 望む辛さがどんどんエスカレートしていくのは、この働きが原因なのですね。 状態【2】むくみで味覚が鈍くなっている 辛いものを食べたくなるときとして、一番身近なのは「ストレスが溜まっているとき」でした。 でも、他の原因も考えられます。 生理前になると辛いものが食べたくなる、という人はいませんか? 生理と辛味、一見何の関係もないように思えますが、じつは大いに関係があります。 この場合、 辛いものが食べたくなる原因は「むくみ」です。 身体がむくむと舌もむくむ。 舌がむくむと…? 生理前には、女性ホルモンの働きで身体が水分を溜め込み、むくむ人が多いですよね。 身体がむくむと同時に舌もむくみます。 舌がむくむと味覚の働きが鈍ってしまい、味を感じづらくなるんです。 普段は薄味の料理で満足している人も、むくみで味覚が鈍くなると、いつもより味の濃いものを食べたくなります。 辛味は味覚の中で最も刺激が強いので、生理前のむくんでいる時期には辛いものを欲しがる人が出る、というわけです。 身体がむくみやすいのは生理前だけでなく、 水分を頻繁に摂取する夏場や、 汗をかきにくい冬場なども同様です。 欲求のままに辛いものを食べ続けてしまうと、かえって不調を引き起こすこともありますので、ご注意を! 状態【3】亜鉛不足などで味覚障害が起きている 辛いものが好きだから食べているのに、食べても食べても満足できない。 舌が麻痺したようでイマイチ味が感じられない……という場合は、さらに注意が必要です。 味を感じにくい• いつもと違う味に感じる• 何も口に入っていないのに変な味を感じる こうした症状が顕著に感じられる場合、むくんでいるのではなく 味覚に障害が起きていることも考えられます。 味覚障害は誰にでも起こりうる、想像以上に身近な問題です。 とくに近年、食を始めとする生活スタイルの変化により、味覚障害の罹患者は急増してます。 味覚障害が起きる原因で有名なのは「亜鉛不足」ですが、それだけではありません。 身体の病気や飲んでいる薬が関係していたり、心因性の病が潜んでいるケースもあります。 詳しくはこちらの記事もご覧ください。 味覚障害は、対処が遅れるほど治るのも遅くなります。 気をつけましょう。 辛いものが身体に及ぼす良い影響/悪い影響 辛いものが食べたいときは、• ストレスが溜まっている• むくみで味覚が鈍くなっている• 味覚障害が起きている など身体の状態を表しているケースがあることが分かりました。 どのケースでも、 「辛味=強い刺激」であることがポイントになるようですね。 そんな強い刺激である、辛味。 カプサイシンは、ダイエットに効くことで有名です。 辛いものは 全身の血行を促進し、筋肉の動きを活発にします。 辛いものを適量食べることにより、• 新陳代謝が活発になる• 食欲増進• 汗と一緒に老廃物や毒素を体外へ排出できる• 肌の調子が良くなる といった良い影響が期待できます。 筋肉の動きが活発になり、使うエネルギーも増えるため、ダイエットにも効果があるというわけです。 (2)便秘や胃痛の原因にも。 辛いものが身体に及ぼす悪影響 良い影響があるからといって、心の赴くままに食べ続けてしまっては逆効果に! 辛いものを過剰に食べ過ぎると、• 胃痛(胃酸過多)• 便秘・下痢• 心臓などの循環器系に負担がかかる• 炎症を悪化させる といった 悪影響も現れます。 ストレスが溜まっているときに、辛いものが食べたくなると書きました。 人間はストレスを感じると、胃酸が多く分泌されます。 辛いものにも 胃酸の分泌を促進させる効果があるため、 ただでさえ胃が荒れているところに胃酸増加の追い打ちをかけてしまうのです。 また、辛いものは体温を上げ、身体の発熱を促進します。 全身のどこかに炎症を抱えているとき、たとえば、• 喉の腫れ・痛み• 肌荒れ• 膝などの関節痛• 風邪 といった症状があるときは、 辛いものを食べることでその症状を悪化させてしまう可能性があります。 気をつけた方が良さそうです。 辛いものは適量を守って美味しく食べよう! 食べ過ぎると身体に悪影響も出る、辛いもの。 ストレスで辛いものを食べ過ぎてしまうという人は、何か他の方法でストレス発散できるよう工夫するのが良いかもしれません。 ともあれ、夏バテしがちな時期には辛いもので元気を出すのも醍醐味です。 自分にとって程よい量をキープしつつ、美味しく元気に楽しみましょう!.

次の

夏といえば食べたい料理100選|定番のさっぱりからスタミナまで|きになるきにする

から い もの が 食べ たい

私は自分のぽっちゃりした体が大嫌いで、痩せるために極力食べないダイエットを行ったことがありました。 朝はところてん、昼はサラダ、夜はおかずを少しだけ、おやつはもちろんNG! そんな生活を1年続けたところ、1年で体重が約20kg減り、周りから「痩せすぎ」と言われるようになりました。 初めはその言葉が嬉しかったのですが、やがて「顔色が悪い」「覇気がない」と言われるようになりました。 実際、体調が優れず、すぐ疲れるなどの症状に悩まされるようになりました。 そこで初めて、体に良くないダイエット法をしていることに気がつき、どうにかしなければと思うようになりました。 食べないダイエットの危険性 食べないダイエットをしたところ、次のような体の不調を感じました。 絶対に真似してほしくないと思ったので、紹介します。 顔色が悪くなった• 生理周期が乱れた• 髪のツヤがなくなった• 肌にハリがなくなり、肌荒れが起こった• 爪が割れやすくなった• 風邪を引きやすくなった• 食事が苦痛になった 食べることができなくなる危険も 母親や友人に相談し、人並みには食べようと努力し始めたのですが、食べないダイエットを1年間続けていた私は、普通の食事を受け付けない体になってしまっていました。 まず、身体が拒否反応を起こしました。 出された食事の半分も食べていないのにお腹がいっぱいになり、食べる気力が湧かなくなったのです。 また、身体と同時に心も拒否反応を起こしました。 「食べたら太る」という思いが強迫観念のようになったのだと思います。 食べるだけダイエットに出会って食べられるようになった 私が出会った「食べるだけダイエット」は、管理栄養士で日本抗加齢医学会認定指導士の伊達友美さんが提唱しているダイエット法です。 「食欲に従って、食べたいものを食べる」ことで、次のようなメリットがあるそうです。 食事の適正量がわかるようになる• 燃えやすい身体になり、体つきがきれいになる• ストレスがなくなり、気持ちが満たされる• ダイエット情報に振り回されなくなる• いいサイクルが回り始め、恋愛や仕事がうまくいく 運気が良くなるのか、食事がストレスなくスムーズに摂れるようになると、恋愛や仕事などもうまくいくようになる、というのは不思議です。 「健康的に痩せたい」という思いはもちろんありましたが、「良いサイクルを感じたい」という思いもあり、「食べるだけダイエット」への興味と意欲が湧きました。 簡単に実践できる!食べるだけダイエットを紹介 食べるだけダイエットには、難しいルールはほとんどありません。 簡単なポイントが4つあるだけです。 食べるだけダイエットのポイント• 脂肪を燃やし、代謝を促進する栄養をプラスする• 生まれた土地の、原形に近い食材を摂る• 食べたい時に、食べたいものを食べる• 食べすぎたら次の食事で調整して、帳尻を合わせる 人は食べたいものをしっかり食べると、身体に良い食べ物が代謝や排泄の力によって、悪い食べ物を体外に押し出すようにできているそうです。 以前、ダイエットにNGだと思っていた赤身のお肉は、消化に必要なエネルギーが脂肪を燃焼し、痩せる効果があるようです。 しかし、1年もの間、極力食べないダイエットをしていた私は、「自分が心から食べたいもの」が一体何なのか、全くわからなくなっていて困りました。 食べたいものを見つけるには? 「どうしても食べたい!」と思える食べ物が分からなかった私は、伊達由美さんのダイエット本「食べたいものを食べてやせる」を読み始めました。 その本の中に、食べたいものを食べるヒントが掲載されていました。 カロリーは気にしないと決める• 本当に食べたいものでお腹を満たす• 「自分の限界」を知る• 食べたい時に食べる• 主食はご飯でストレス知らず• 良い油だけは意識的にとる• 味・色・香りを心で感じて 初めは半信半疑だったのですが、実際にこの方法を試してみると、今までの自分が嘘みたいに、どんどん食べたいものが浮かぶようになりました。 「食べる=太る」の強迫観念から抜け出せたのだと思います。 やがて私は、食べたいものを思う存分食べられるようになりました。 食べたいものを食べてやせる ちょうど良い体重や体型がキープできるようになったこと以外に、嬉しい変化があったのでまとめてみました。 顔色が良くなって、健康的に見られるようになった• 生理周期が整ってきた• 肌荒れや髪のパサつきが改善された• 食べることを楽しむことができるようになった 極力食べないダイエットをしているときは、毎日のように「体調悪いの?」と聞かれていたのですが、食べるだけダイエットを始めてからは「今日も元気だね!」と言われるようになりました。 顔色が良くなり、生き生きとして見られることが増えて、嬉しかったです。 そして何よりも嬉しかったのが、「食を楽しむことができるようになった」ことでした。 笑顔で様々な人と食事をすることが、こんなにも楽しいものだとは思ってもいなくて、こんな自分に変われたことに心から感謝しました。 食べてきれいに痩せるのが1番良い! 私は「極力食べないダイエット」と「食べるだけダイエット」という、両極端のダイエット法を経験し、「食べる喜びを感じながら、ストレスなく痩せる」ほうが良いと気づきました。 食べない方が体重は減りましたが、きれいに痩せたわけではありませんでした。 しかも、食べたいものを食べたい分だけ食べる、という無理のない方法なので、リバウンドの心配もなく、さらに健康面でも安心できます。 心身ともに健康的で、自分に自信を持てる「食べるだけダイエット」を、健康維持のために続けていきたいと思います。

次の

海外から帰国して最初にみんなが食べたい「日本食」1位は●●!

から い もの が 食べ たい

私は自分のぽっちゃりした体が大嫌いで、痩せるために極力食べないダイエットを行ったことがありました。 朝はところてん、昼はサラダ、夜はおかずを少しだけ、おやつはもちろんNG! そんな生活を1年続けたところ、1年で体重が約20kg減り、周りから「痩せすぎ」と言われるようになりました。 初めはその言葉が嬉しかったのですが、やがて「顔色が悪い」「覇気がない」と言われるようになりました。 実際、体調が優れず、すぐ疲れるなどの症状に悩まされるようになりました。 そこで初めて、体に良くないダイエット法をしていることに気がつき、どうにかしなければと思うようになりました。 食べないダイエットの危険性 食べないダイエットをしたところ、次のような体の不調を感じました。 絶対に真似してほしくないと思ったので、紹介します。 顔色が悪くなった• 生理周期が乱れた• 髪のツヤがなくなった• 肌にハリがなくなり、肌荒れが起こった• 爪が割れやすくなった• 風邪を引きやすくなった• 食事が苦痛になった 食べることができなくなる危険も 母親や友人に相談し、人並みには食べようと努力し始めたのですが、食べないダイエットを1年間続けていた私は、普通の食事を受け付けない体になってしまっていました。 まず、身体が拒否反応を起こしました。 出された食事の半分も食べていないのにお腹がいっぱいになり、食べる気力が湧かなくなったのです。 また、身体と同時に心も拒否反応を起こしました。 「食べたら太る」という思いが強迫観念のようになったのだと思います。 食べるだけダイエットに出会って食べられるようになった 私が出会った「食べるだけダイエット」は、管理栄養士で日本抗加齢医学会認定指導士の伊達友美さんが提唱しているダイエット法です。 「食欲に従って、食べたいものを食べる」ことで、次のようなメリットがあるそうです。 食事の適正量がわかるようになる• 燃えやすい身体になり、体つきがきれいになる• ストレスがなくなり、気持ちが満たされる• ダイエット情報に振り回されなくなる• いいサイクルが回り始め、恋愛や仕事がうまくいく 運気が良くなるのか、食事がストレスなくスムーズに摂れるようになると、恋愛や仕事などもうまくいくようになる、というのは不思議です。 「健康的に痩せたい」という思いはもちろんありましたが、「良いサイクルを感じたい」という思いもあり、「食べるだけダイエット」への興味と意欲が湧きました。 簡単に実践できる!食べるだけダイエットを紹介 食べるだけダイエットには、難しいルールはほとんどありません。 簡単なポイントが4つあるだけです。 食べるだけダイエットのポイント• 脂肪を燃やし、代謝を促進する栄養をプラスする• 生まれた土地の、原形に近い食材を摂る• 食べたい時に、食べたいものを食べる• 食べすぎたら次の食事で調整して、帳尻を合わせる 人は食べたいものをしっかり食べると、身体に良い食べ物が代謝や排泄の力によって、悪い食べ物を体外に押し出すようにできているそうです。 以前、ダイエットにNGだと思っていた赤身のお肉は、消化に必要なエネルギーが脂肪を燃焼し、痩せる効果があるようです。 しかし、1年もの間、極力食べないダイエットをしていた私は、「自分が心から食べたいもの」が一体何なのか、全くわからなくなっていて困りました。 食べたいものを見つけるには? 「どうしても食べたい!」と思える食べ物が分からなかった私は、伊達由美さんのダイエット本「食べたいものを食べてやせる」を読み始めました。 その本の中に、食べたいものを食べるヒントが掲載されていました。 カロリーは気にしないと決める• 本当に食べたいものでお腹を満たす• 「自分の限界」を知る• 食べたい時に食べる• 主食はご飯でストレス知らず• 良い油だけは意識的にとる• 味・色・香りを心で感じて 初めは半信半疑だったのですが、実際にこの方法を試してみると、今までの自分が嘘みたいに、どんどん食べたいものが浮かぶようになりました。 「食べる=太る」の強迫観念から抜け出せたのだと思います。 やがて私は、食べたいものを思う存分食べられるようになりました。 食べたいものを食べてやせる ちょうど良い体重や体型がキープできるようになったこと以外に、嬉しい変化があったのでまとめてみました。 顔色が良くなって、健康的に見られるようになった• 生理周期が整ってきた• 肌荒れや髪のパサつきが改善された• 食べることを楽しむことができるようになった 極力食べないダイエットをしているときは、毎日のように「体調悪いの?」と聞かれていたのですが、食べるだけダイエットを始めてからは「今日も元気だね!」と言われるようになりました。 顔色が良くなり、生き生きとして見られることが増えて、嬉しかったです。 そして何よりも嬉しかったのが、「食を楽しむことができるようになった」ことでした。 笑顔で様々な人と食事をすることが、こんなにも楽しいものだとは思ってもいなくて、こんな自分に変われたことに心から感謝しました。 食べてきれいに痩せるのが1番良い! 私は「極力食べないダイエット」と「食べるだけダイエット」という、両極端のダイエット法を経験し、「食べる喜びを感じながら、ストレスなく痩せる」ほうが良いと気づきました。 食べない方が体重は減りましたが、きれいに痩せたわけではありませんでした。 しかも、食べたいものを食べたい分だけ食べる、という無理のない方法なので、リバウンドの心配もなく、さらに健康面でも安心できます。 心身ともに健康的で、自分に自信を持てる「食べるだけダイエット」を、健康維持のために続けていきたいと思います。

次の