コーヒー アンド バニラ 1 話。 コーヒー&バニラ最新62.5話ネタバレ!リングの刻印で頭がいっぱいなリサは…

コーヒー&バニラ11話(3巻)ネタバレ|無料で試し読みする方法

コーヒー アンド バニラ 1 話

9巻の見どころ 「バニラ&コーヒー」の主人公は大学生のリサ。 リサ様と呼ばれ、 高嶺の花的存在です。 通っている大学の中でもひと際目立つ存在で、男性には毎日のように言い寄られ、女性からも憧れの的となっていました。 けれど・・実際のリサは田舎から出てきたばかりの大学デビュー組。 お化粧もファッションも、一生懸命に勉強して、 実は健気で初心な性格なのです。 見かけによらず、 リサは恋愛も初心! 勝手に高値の花的存在に思われてしまったけれど、本当は男性に言い寄られるたび毎回タジタジ・・! 男性ともお付き合い経験なしの、可憐な主人公なのです。 そんな主人公リサがお付き合いをすることとなったのは、年上の完璧にかっこよい男性。 リサの彼氏はFUKAMIホールディングスの社長である深見さん。 彼はリサを 溺愛しています。 コーヒーアンドバニラ9巻のあらすじネタバレ 忙しい深見さんが、出張から帰ってきた夜、一緒にお風呂に入ろうと誘われますが、リサはなんだかんだ理由をつけて断ってしまうのです。 久しぶりに帰ってこれたのに・・なぜ?? 秘密 実はリサ、深見さんが出張でいない寂しさを紛らわすため、友達とスイーツ巡りしすぎて、太ってしまったらしいのです! (全然、いつも通り可愛いのですが 笑。 ) でも、本人は深見さんに買ってもらったスカートが入らなくなってしまったりしてショックを受けて、ダイエットして元に戻そうと頑張りはじめます。 運動したり食事制限したりと、深見さんに気が付かれないようにダイエットを始めるリサですが、そんなの・・深見さんにはバレバレです。 それでも、深見さんは健気に頑張ってるリサを思って気が付かないふりを続けます。 (なんだか・・このお似合いすぎるカップル、お互いからの愛され具合が羨ましすぎますよね!) ある夜「デートをしよう」と、深見さんが露天風呂付の旅館にリサを連れ出します。 「今夜は一緒に入ってくれる?」という深見さんに対して、リサは太った自分を気にしています。 深見さんは全然怒っている感じではないけれど、深見さんに触れようとしたリサに対して「さわらないで」と言います。 ショックを受けたリサ。 けれど、それと同時に 深見さんを避けて、彼を気づつけていた事を知ったのです。 はずかしくてもいい・・!! そうして、リサはダイエットしていたこと。 そして、深見さんはそんなことはずっと間から気が付いていた事を告白しあうのです。 (ラブラブすぎる~っ!) 子供時代の深見さん 街でショッピングデートをしていた2人。 年上の紳士的な深見さんに対してリサは、「子供の時から大人びていたんですか?」と質問をします。 「普通の学ラン着た、子供だったよ」と答える深見さん。 美男美女の2人は、相変わらず仲が良くて、幸せそうに歩いていました。 そんな会話をした後、学ランをきた学生たちとすれ違います。 学生たちの会話も聞こえるくらいの距離に近づいた時、学生の中の1人が「深見」と呼ばれていることに気が付きます。 リサは、「深見」という名前が気になって、何気なく学生の方をみると・・。 なんとそこには、 深見さんにそっくりな中学生がいたのです!! 目が離せなくなるリサ。 しかもその中学生は悠斗という名前で、深見さんのいとこだったのです。 (本当によく似た2人で、こんな会話の後に出会ったらびっくりしまうね!) リサと深見さんの家で一緒に食事をすることとなった悠斗。 深見さんと悠斗の2人を同時に見れるのは、二度おいしいみたいな感覚になり、リサは不思議な感覚になっていきます。 話をしていくうちに、悠斗はリサの可愛らしさに触れて、次第に意識しはじめます。 リサに触れていたいと思っていく悠斗に、なんだかうっとりしてしまうリサ。 そんな2人を見た深見さんは、悠斗に対してかまをかけて、リサには自分がいるのだという事を知らしめるのです。 悠斗を拒否しなかった事を問われたリサ。 実は、どうしても子供の頃の深見さんに思えて、 ドキドキしてしまっていたようです。 ちょっと、悠斗の登場で危うい雰囲気が漂う場面もありましたが、リサが深見さんを好きすぎる事が判明・・という、やっぱりラブラブな2人なのです。 アルコール 家で珍しくワインを飲む2人。 実はリサ、酔うと 相当可愛いのです! 甘えモード全開で、深見さんは他の人の前では酔っぱらわないように!という程です。 (これは、男性からしたらパーフェクトに可愛いですね。 ) (同性から見ても、嫌みがなく可愛くて、本当に羨ましいです!) サクラの咲く、お花見シーズン。 友達に誘われて参加したお花見ですが、帰り道に深見さんとも一緒に桜を見たかったと思いながら歩いていました。 見上げると、レストランの窓の向こうに女性と食事をしている深見さんを見つけます。 その夜、秘書と一緒に帰宅した深見さんは、いつもと違った様子。 実は、1日に3件も会食を詰め込んだ深見さんは、見た目には全然わかりませんが、珍しくお酒に酔った様です。 酔った深見さんは、色気が倍増! 普段の深見さんとは別の甘え方をしてくるので、リサも酔った深見さんを愛おしく思ったようです。 他の人の前で愛おしい姿を見せないで欲しいと、リサも深見さんに他の人の前では酔わないで欲しいとお願いをします。 とことんラブラブな2人。 これは、いい意味での裏切り! 色んな人に愛されているのが、色んな人をリサ自体が愛せる人だからだろうという人柄が出ているのです。 これが本物の可愛い人なんだろうと思えます。 なんだか、恋人である深見さんという存在も素敵ですが、コーヒー&バニラの魅力は、圧倒的な主人公の可愛らしさだと思います! 自分はリサには遠いし、なれる気もしないけど、漫画の世界くらいこういうキラキラした感じを素直に楽しみたいなぁ・・と 笑。 この2人は、ずっと仲良くいて欲しいですね。

次の

コーヒー&バニラ【58話】最新話のネタバレ。宏斗さんと呼べず落ち込むリサ

コーヒー アンド バニラ 1 話

コヒバニは朱神宝先生の人気漫画でチーズに連載しています。 家に帰りますが、リサは不安になり離れられません。 淋しかったと泣くリサを慰める深見。 そして深見リサになりませんかとプロポーズをします。 とうとう深見とリサは夫婦になったのです。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 しかし、一つ大きな問題がありました。 未だに名前呼びが慣れないのです。 今日こそ宏斗さんと自然に呼ぼうと意気込みますが、つい深見さんと口にしてしまうリサ。 朝、寝ている深見を起こしにいきます。 まだまどろんでいる深見に「アナタ」と呼びかけるリサ。 深見は実は起きていて、リサってば古風なんだねと笑います。 深見はリサを引き寄せると頬にキスをしておはようリサと嬉しそうに言います。 そこでまた深見さんと呼んでしまうリサ。 ペナルティをつけようかと深見はからかいます。 バイトが終わると深見からランチの誘いがありました。 雪がリサを迎えに来ます。 「奥様」と呼ばれ、本当に結婚したんだなぁと実感するリサ。 落ち込むリサ リサが会社に着くと深見は社長令嬢と話しをしていました。 深見はおいでとリサを呼びます。 そして"妻"のリサですと紹介します。 主人がお世話になっていますと挨拶するリサ。 社長令嬢は仲が良いんですね、でも夫婦には見えない、深見ならもっとお似合いの相手がたくさんいるのに、リサは奥様っぽくないものと意地悪を言います。 つい深見さんはと口にしてしまうリサ。 奥さんなのに深見さんとは変だと言われてしまいます。 怒った深見は俺が愛せるのは世界中どこを探しても妻だけですからと言います。 不愉快なのでお引き取り下さいと睨む深見。 リサはダメだなぁと落ち込んでしまいます。 慰める深見 夜になってもリサは心ここにあらずで落ち込んでいました。 深見は仕事で疲れたから抱っこしていいかとリサを誘います。 向き合って抱き合うリサと深見。 深見はリサの頭を撫でて慰めてくれます。 夫婦なのに名字で呼んでしまうなんてダメだなぁと反省するリサ。 そんなリサにだったら呼び捨てにしてみる?と言います。 リサは深見を押し倒すと宏…斗と言います。 無理をしているリサにしょうがないなと深見はキスをします。 息があがり、とろんとしたリサは深見さんと口にします。 深見は言っていなかったけど、頭の中に俺しかいなくて自然に口から零れるリサの「深見さん」が一番好きと言います。 リサが一番幸せでいられる呼び方で俺は呼ばれたいと言ってくれる深見。 心に寄り添ってくれる深見を大好きと思うリサ。 ベッドの上で深見さん大好きですと言います。 もっと呼んでと言う深見。 とはいえ人前ではダメな時もあるだろうしと「宏斗」と呼ぶ練習はさせる深見なのでした。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

コーヒー&バニラ コーヒーアンドバニラ 62話・63話 ネタバレ注意 画バレ注意

コーヒー アンド バニラ 1 話

コヒバニは朱神宝先生の人気漫画でチーズに連載しています。 それでもリサはもう一度好きになってもらえるよう健気に尽くします。 記憶を失くしてもリサに惹かれる深見。 出会った喫茶店で深見はついに記憶を取り戻しました。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 家に帰り、手を強く握るとおかえりなさいと深見に抱きつきます。 ただいまと言ってくれるだけで、素っ気ない深見はもういないのだとリサは安心します。 とりあえず着替えようかと深見が背を向けると思わず深見の袖を掴んでしまうリサ。 離れるとまた記憶のない深見に戻ってしまいそうで怖くなったのです。 そんなリサに深見は謝り、無理に笑おうとしなくていいと言います。 気を張っていただろうと気遣う深見にそんなことはないと答えるリサでしたが、涙があふれてしまいます。 さみしかったし、悲しかった、怖かったと泣くリサ。 そんな想いをさせてしまっていたのかと深見の表情は歪みます。 リサを担ぎ上げるとベッドまで運ぶ深見。 ごめん、耐えられない。 俺のすべてでなぐさめさせてほしいと告げます。 深見の願い 指先、唇、舌、そのすべてで愛されているかのような愛撫を受けるリサ。 丹念に舌で愛撫されたリサはいってしまいます。 それでも深見の手は止まりません。 すきと繰り返すリサにキスをする深見。 可愛いすぎて限界と深見はリサに侵入します。 深見の切羽詰まった顔に見惚れるリサ。 深見は記憶喪失だった間の記憶もなくしてはいませんでした。 リサに惹かれていたよ、俺は二度目の初恋をしていた、と告白する深見。 もう何度だって恋に落ちる運命なのかもと深見は言います。 一生、深見の隣にいますと答えるリサ。 じゃあお願い聞いてくれる?と深見はリサにあることを囁くのでした。 深見のプロポーズ 深見と手を繋ぎあるところに向かっていたリサは緊張していました。 深見さんはと言ってこらと叱られるリサ。 これからは宏斗と呼びなさいと深見は言います。 "深見リサになってくれませんか" それが深見の願いだったのです。 保証人にはなつと雪がなりました。 リサは記念日にもらった婚姻届を大切に持っていました。 深見にふさわしいかはまだ不安なリサ。 けれどそれなら俺の方がと深見は言います。 人の愛情は疑って育った深見。 しかし、それをリサが変えたのです。 ずっと傍にいてほしいから、俺と一緒に夫婦になろう、リサ、愛してる。 世界で一番、愛してるよ。 そう告げられたリサは泣き出してしまいます。 そして市役所で無事に婚姻届は受理されました。 記念写真を撮る二人。 今日から、ついに私、深見リサになりました 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の