秘書 検定 3 級 過去 問。 秘書検定3級|過去問題を実際に解いてみよう!

秘書検定3級・2級 過去問まとめ

秘書 検定 3 級 過去 問

秘書検定2級の令和元年度の受験者数は72,917名。 そのうち、合格者は42,927名となり、この年の合格率は58. 近年の秘書検定2級の合格率を見ると、50%前後で推移しています。 つまり、2人に1人は合格するという計算となるため、秘書検定2級の難易度はそこまで高くはありません。 秘書検定3級は、同年の受験者数が37,959名に対し、合格者は24,642名でした。 これは、秘書検定2級と3級の試験がすべて筆記で、かつ9割がマークシート形式であるため正答しやすく、合格率が高いのだと考えられます。 すなわち、社会人として業務を行いながらも一発合格が目指せる資格なのです。 これは知識の理解度はもちろん、筆記試験の内容がすべて記述問題で面接試験もあることが理由です。 それに比べて、秘書検定2級と3級は筆記試験の記述問題が約1割と少なく、面接試験はありません。 秘書検定2級と秘書検定3級は、このように難易度が低いにもかかわらず、知名度は非常に高い資格です。 勉強時間がそれほど必要ない割には昇給や昇進に結びつく可能性があり、コスパの良い資格であるとも言えます。 秘書の業務を行うのであれば、1級の合格も視野に入れた方が良いですが、一般の社会人では秘書検定2級と3級の資格があれば充分スキルアップになります。 難易度が低いのにビジネスマナーやいざという時の判断力、機転が身に付いたりと、メリットが大きくコスパの良い秘書検定2級と3級に、ぜひチャレンジしてみましょう。 秘書検定2級と秘書検定3級は、難易度は違うものの勉強時間はあまり違いません。 それは、出題科目と問題数が同じだからです。 秘書検定2級と3級の勉強時間は、受験する方の社会人としての経験やどんな部署に配属されているかにもよりますが、どちらも平均して1ヵ月、30時間程度と言われています。 ただし、仕事や学校が忙しくて毎日机に向かう余裕がなく、1日に平均1時間の勉強時間を確保できないという方は、1ヵ月よりもっと長い期間がかかるかもしれません。 また、仕事の休日に1時間よりもっと多くの勉強時間を確保できる方なら、1ヵ月よりもっと短い勉強期間にできるでしょう。 自分に必要な勉強時間を考える上で確認しておきたいのは、以下の秘書検定の出題科目5つとその内容です。 【理論】(記述問題なし) 1. 必要とされる資質・・・秘書の業務における心掛け等 2. 職務知識・・・・・・・秘書の役割や機能等 3. 一般知識・・・・・・・企業の仕組みや機能、経済・法律用語等 【実技】(記述問題あり) 4. マナー・接遇・・・・・敬語や丁寧語の言葉遣い等 5. 技能・・・・・・・・・文書作成や書類整理、冠婚葬祭等の社会常識 理論の「一般知識」や実技の「マナー・接遇」、「技能」については、社会人になってから何年か経っていれば、ある程度の知識や経験があるでしょう。 理論の「必要とされる資質」や「職務知識」も、現在秘書として勤務していなくても、部下として上司の指示に従う中で身に付くこともありそうです。 配属部署でいうと、秘書課はもちろん、総務課のような会社全体の秘書的役割の部署に勤務している方のほうが、やや有利かもしれません。 秘書検定2級と3級における試験内容のレベルの違いは、2級が「一般的な秘書業務」について問われるのに対して、3級は「初歩的な秘書業務」について問われます。 この違いにより、3級より2級のほうが問題の内容が少し難しくなるということです。 とは言え、秘書検定2級と秘書検定3級は、秘書課や総務課以外の課に配属されている方にとっても、他のもっと専門的な資格に比べて勉強時間が少なくても合格できる資格です。 2級も3級も一発合格は十分に可能ですので、ぜひチャレンジしてみてください。 秘書検定2級と秘書検定3級に短期間で合格したい方は、効率的な勉強法で学ぶのがよいでしょう。 そのためには、まず各出題科目のポイントを知り、次に多くの問題に触れることが重要です。 特に、過去に出題された問題の類似問題を解き続けていけば、自ずと知識も深まります。 秘書検定2級と3級は、筆記試験のみで、選択問題(マークシート方式)と記述問題の2種類があります。 記述問題は、主に実技の「技能」の科目で出題されます。 問題数は年度にもよりますが、「技能」の10問中2問といった割合です。 秘書検定2級 3級の出題科目のポイント 各出題科目には、次のようなポイントがあります。 【理論】 1. 必要とされる資質 補佐役として上司の意向に沿い、守秘義務を守りながら臨機応変に対応する 2. 職務知識 上司の健康管理や服装のアドバイス、上司の仕事が円滑に進むように周辺業務を行う 3. 一般知識 企業の仕組みや経営全般についての知識と政治・経済・法律・金融等に関する用語 【実技】 4. マナー・接遇 上司への報告の順序、尊敬語や丁寧語の正しい使い方 5. 技能 作成文書の形式や、名刺や資料の保管の知識 記述問題は、祝儀袋の表書きや表をグラフにする、文書の定型文の穴埋め 等 いきなり過去問を解き始めるのではなく、出題科目のポイントを頭に入れてから解くほうが、何をポイントに問題を解けばよいかがわかって効率がよいでしょう。 秘書検定2級 3級を効率的な勉強法で攻略 上司の下で業務を行う秘書や部下の立場での正しい行動というのは、プライベートの立場での正しい行動とは違うことも多々あります。 社会人の方ならば、日々の業務の中でそれを実感していることでしょう。 実際にさまざまな場面で、こういうときはこう行動するという経験を積むのが一番ですが、それに代わるものとして過去問を解くという勉強法が、効率的な方法です。 また、年度にもよりますが、秘書検定2級と3級の問題数は、おおよそ次のようになっています。 【理論】 1. 必要とされる資質・・・5問 2. 職務知識・・・・・・・5問 3. 一般知識・・・・・・・5問 【実技】 4. マナー・接遇・・・・・12問 5. 技能・・・・・・・・・10問 各科目の配点は公表されていませんが、問題数は理論の3科目を合わせた数よりも、実技の2科目分のほうが多い傾向です。 勉強時間に余裕のない方は、実技の問題のほうに、より力を入れることで合格点に近づくでしょう。 さらに、実技の問題の中でも特に記述問題は、選択問題よりも配点が高めであると予想されます。 まったく書けずに0点ということのないよう、記述問題の過去問を多く解き、どんな解答を求められているのか理解することが効率的な勉強を進めるうえで大切です。

次の

秘書検定2級 3級の難易度・合格率

秘書 検定 3 級 過去 問

Web講座で効率的に学習するなら 講義映像を活用したWeb講座だから効率よく、たったの2ヶ月で必要なスキルが学習ができます。 共通している部分の多い秘書検定3級と2級の同時合格を目指すことも、試験のポイントを抑え、分りやすい、効率を重視したWeb講座だから短期間でOKです!! 一般的に他の資格にも言えることですが、4級、3級、2級と級が上がる場合、1級や準1級に比べると2級までは比較的簡単に取得できる資格が多いのです。 秘書検定の場合も同様で、2級の取得を目指すなら、独学でなく通信講座などでしっかり勉強しておけば合格できるため、どうせ取るなら2級をと考える人が多いのです。 しかも、秘書検定3級は基礎的なレベル、2級は一般的なレベルという位置づけになっているため、いきなり2級に挑戦してもしっかり準備しておけば合格できるのです。 秘書検定2級を取るなら独学か通信講座か 秘書検定2級までは、筆記試験のみなので独学で参考書や問題集に取り組めば大丈夫という人もいますし、実際に独学で合格した人も少なくありません。 ただし、多くの参考書や問題集の中から適切なものを選び、計画的に学習してく洞察力や忍耐力は必要でしょう。 独学に必要な書籍も1冊あたり1,500円から2,000円くらいするものが主流で、最低でも数冊を購入しなければならないため、 独学でも費用がゼロというわけにはいきません。 一方、秘書検定2級取得のための通信講座では、長年の実績と過去問の分析などから、受験に最適なテキストや問題集などを独自に用意し、学習の進め方についてもしっかりとカリキュラムが組まれているので安心です。 自分を律して学習するのが苦手な人は、通信講座を受講してカリキュラムに沿った学習をする方が確実に合格力が身に付くでしょう。 秘書検定試験スケジュール 令和2年度の秘書検定の試験スケジュールは次の通りです。 秘書検定試験は、 年に3回の試験が行われるので比較的試験対策が立てやすい試験ということができます。 概ね3ヶ月程度の学習期間を見越して通信講座を受講すれば秘書検定資格をゲットできるでしょう!! 第121回秘書検定試験 秘書検定3級試験 2020年6月14日 日 11:50 ~ 13:50 願書受付:2020年4月8日 水 ~5月13日 水 秘書検定2級試験 2020年6月14日 日 14:50 ~ 17:00 秘書検定準1級試験 2020年6月14日 日 11:50 ~ 14:10 秘書検定1級試験 2020年6月14日 日 14:50 ~ 17:20 第122回秘書検定試験 秘書検定3級試験 2020年11月15日 日 11:50 ~ 13:50 願書受付:2020年9月2日 水 ~10月14日 水 秘書検定2級試験 2020年11月15日 日 14:50 ~ 17:00 秘書検定準1級試験 2020年11月15日 日 11:50 ~ 14:10 秘書検定1級試験 2020年11月15日 日 14:50 ~ 17:20 第123回秘書検定試験 秘書検定3級試験 2021年2月7日 日 11:50 ~ 13:50 願書受付:2020年12月7日 月 ~2021年1月12日 火 秘書検定2級試験 2021年2月7日 日 14:50 ~ 17:00 秘書検定準1級試験 2021年2月7日 日 11:50 ~ 14:10 秘書検定1級試験 2021年2月7日 日 14:50 ~ 17:20 秘書検定2級を目指せるおすすめ通信講座 秘書検定の取得を考えているなら、2級を目指した学習をして、試験では3級と2級を併願受験するのが良いでしょう。 また、秘書のスキルを秘書業務にきっちり活かしたい人は、是非とも準1級を目指すべきです。 秘書検定2級を目指す通信講座比較 先にも述べたように、秘書検定3級程度なら参考書や過去問の問題集を買い込んで、独学で勉強するということもできるでしょう。 しかし、2級取得を確実に目指すなら秘書検定用の通信講座を受講した方が、結果的に効率的で経済的であることが分ります。 目指せる資格、講座費用、学習期間などを見て、気になる講座の詳細資料を取り寄せて検討しましょう。 資料請求は無料です!! 講座名 秘書検定+ビジネスマナー講座 秘書検定3級・2級・準1級筆記試験対策Web 秘書検定 3級・2級・準1級 講座 取得資格 秘書検定2・3級 ビジネス実務マナー検定2・3級 秘書検定3級・2級・準1級 秘書検定3級・2級・準1級 スクール ヒューマンアカデミー通信講座『 たのまな』 日建学院/通信 生涯学習のユーキャン 学習期間 3ヶ月 2ヶ月 4ヶ月 費用 13,200円 27,500円 35,000円 テキスト 秘書検定テキスト、ビジネスマナーテキスト、秘書検定試験対策問題集、添削問題(秘書・マナー)、秘書検定模擬試験問題集 Web学習が主体、ポイントをまとめたサブテキスト メインテキスト、問題演習BOOK、準1級面接対策本、準1級面接対策DVD、過去問題集、最頻出ポイントチェック集、添削課題集、ガイドブック、添削関連書類一式 講座の特徴 ビジネス実務マナー検定と秘書検定を同時に目指せる人気講座 最新の出題傾向を分析し、合格ノウハウを盛り込んだ秘書検定試験対策Web講座 共有内容の多い秘書検定3級、2級、準1級の3階級の内容をまとめて一挙に学べる講座 資料請求 秘書検定とは 秘書というと社長室の横に座っている女性をイメージしてしまう人も多いと思いますが、社会人であれば誰もが持っておくべきスキルを持っているかを見るのが秘書検定です。 秘書検定に挑戦することで、電話対応、来客対応、文書やメールの書き方、スケジュール管理、一般社会常識やマナー、立ち振る舞い、臨機応変なその他の雑務処置など、社会人に不可欠なスキルを身に付けることができます。 また、秘書検定は、公益財団法人の実務技能検定協会が主催している公的資格なので、履歴書にばっちり明記してアピールできる資格なので、就活や転職にも大いに役立ちます。 試験範囲についても理論と実技の2分野からの出題で、理論では必要とされる資質、職務知識、一般知識などが問われ、実技ではマナー、接遇、技能などが問われ、問題の難易度に差はあるものの試験範囲は同じです。 審査基準を見てみると3級と2級の主な違いは次のようになっています。 2級と3級に必要とされる資質 秘書検定2級と3級に求められる資質について審査基準から見てみると、初歩的なスキルか一般的なスキルかで線引きされていて、技能面ではより高度な技能が2級には求められていることが分ります。

次の

秘書検定3級・2級 過去問まとめ

秘書 検定 3 級 過去 問

人気記事ランキング20• - 15,848 views• - 701,410 views• - 585,499 views• - 355,237 views• - 345,302 views• - 251,863 views• - 232,965 views• - 228,110 views• - 197,356 views• - 169,849 views• - 146,513 views• - 138,790 views• - 136,592 views• - 121,316 views• - 105,603 views• - 104,600 views• - 95,627 views• - 94,870 views• - 89,970 views• - 89,917 views• - 86,714 views.

次の