樋上 いたる。 イラストレーター 【樋上いたる】 公式サイト

樋上いたるとは

樋上 いたる

人物 [編集 ]• ペンネームの由来はキャラクター名と樋上の友人の上司の名前から。 好物は焼肉。 いたる絵 [編集 ] 樋上いたるの描く特徴的な絵柄(極端に大きく描かれた目や顔の中心に集まった鼻と口など)は「いたる絵」と呼ばれる。 これは下手な絵だと批判されることもあるが、ライターの [ 要曖昧さ回避]は絶妙な表情の描き方が神業レベルなのだと評価している。 「人間の知性も感性も内面も、すべては工学的に記述可能である」とアートのあり方を批評した評論家であるは、なぜ多くのプレイヤーが「いたる絵」で表現された美少女キャラクターの絶妙な表情の変化からリアリティを感じられたのかを、美術史家のが提唱した「情念定型」という概念を応用して説明している。 経歴 [編集 ] 高校時代は漫画研究部に所属。 漫画家を志望し、専門学校に進学、在学中にPCゲーム『』に触れ、ゲーム業界に就職を希望する。 が、当然ながら科が違うため学校に求人広告は無く 、そのため自分で求人情報を探した結果、でとして採用される。 未経験だったため、の元で作業の仕方を教わることになる(当時の環境は16色のドット打ちだった模様)。 退社後、当時ビジュアルアーティストオフィスという社名だったに入社し、にてグラフィッカーとしてPCゲーム『たまご料理』に参加。 1年でビジュアルアーティストオフィス退社後、に入社して原画家に抜擢される。 にて原画を担当していたが、・・らと共に移籍する事をビジュアルアーツ社長の馬場隆博に相談し、了解を得る。 その後は、Key立ち上げのメンバーとなった。 には新ブランド・pekoeの『』でゲームの原画にも進出した。 12月から8月までの間、折戸・ちろと共にインターネットラジオ『』のパーソナリティを担当していた(番組中では「いたる」と名乗っている)。 にKey公式サイトより発表されたKeyの完全最新作『』では、企画原案も担当した。 2014年4月1日に自らのサイトでエイプリルフール企画として公開された格闘ゲームネタを元に、新プロジェクト『HOLY BREAKER! 』として2014年12月のコミックマーケットでビジュアルノベルとして発売。 に、ビジュアルアーツを退職しフリーになった事を発表した。 原画担当作品 [編集 ] メイファーソフト(ネクストン) [編集 ]• (ビジュアルアーツ) [編集 ]• (サブ) Tactics(ネクストン) [編集 ]• Key(ビジュアルアーツ) [編集 ]• (キャラクター原案は小毬、葉留佳、来ヶ谷、佳奈多)• pekoe(ビジュアルアーツ) [編集 ]• design office [編集 ]• HOLY BREAKER! -THE WITCH BETRAYED BLUE MOON WICCA. HOLY BREAKER! 2 -THE WISH IN THE NIGHT OF THE STAR TALERS. - MangaGamer [編集 ]• ~リトルリトル・リリック~ 恋するコロポックル まふぃん [編集 ]• エンターグラム [編集 ]• 幻想牢獄のカレイドスコープ その他 [編集 ] 雑誌「GAMERS NAVI」(ゲーマーズナビ)の読者プレゼントである『CLANNAD』の一ノ瀬ことみを書いたイラスト入りいたる直筆サイン色紙がに開始価格1円で出品され、531,000円で落札されたことがある。 声はKey公式サイトで公開されているインターネットラジオ『Keyらじ』で聞くことができる。 家電量販店でのDSP版販促商材に協力して販促品に人気が集まった。 『神のみぞ知るセカイ』のFlag. 12のエンドカードを担当した。 毎週「」を描いている。 「」にて、がを演奏時に、サプライズゲストとしてと共に登場し、ギター演奏を披露した。 脚注 [編集 ] 注釈 [編集 ]• 『コンプエース7月号増刊 Keyステーション』、角川書店、74頁• ・ [ 要曖昧さ回避]・更科修一郎・ 「どうか、幸せな記憶を。 」『批評の精神分析 東浩紀コレクションD』 、2007年、223-223頁。 ISBN 978-4062836296。 「新しい「風景」の誕生」『思想地図vol. 4 特集・想像力』 、2009年、121-127頁。 ISBN 978-4140093474。 『』2011年1月号、、2頁• 『ビジュアルスタイル』2011年2月号、ビジュアルアーツ、3頁• タイムズ 2016年9月20日. 2016年9月20日閲覧。 外部リンク [編集 ]• Visual Art's所属時代の• hinoueitaru -• - 樋上いたるインタビュー.

次の

【悲報】絵師・樋上いたるさん、鍵新作のビジュアルを見てショックを受けてしまう

樋上 いたる

「いたる絵」の節について [ ] 「いたる絵」の節の一部記述が繰り返し除去されていますが(・・・)、要約欄やノートでの理由説明を伴っていないため除去する意図がわかりません。 問題の箇所を除去することが妥当だとお考えであればまずノートで理由を説明してくださるようお願いします。 -- 2011年7月21日 木 01:19 UTC 除去ではなく情報を追加した者です。 「出典不明・不必要な肩書きの追記のため差し戻し」とのことで一度に二つの情報が除去されてしまいました。 二箇所とも「出典不明」かつ「不必要な肩書き」と判断されたという認識でよろしいのでしょうか?-- 2011年10月14日 金 03:35 UTC 詳しく説明します。 1点目の「差の絶対値による表現技法を確立」について、出典が明示されていません。 2点目の「アートにおける創作行為の神秘性を否定した」について、本記事で出典が示されていないものの内部リンク先のの記事で出典が示されているので間接的にを満たしていると解釈することはできますが、前後の文脈を抜かして「神秘性を否定した」という部分だけを記述するのは説明的とは思えません。 かといってこの記事で黒瀬陽平の確立した表現技法についての出典をつけたり彼の芸術に対する信念についてもっと丁寧に説明すればいいというより、詳しいことはの記事に任せての記事では最低限の肩書きだけ抑えておけばいいんじゃないかということです。 -- 2011年10月15日 土 02:03 UTC ご回答ありがとうございました。 まず「評論家」の部分にかかる記述についてですが、論評を理解する上で論者のスタンスを知っておくことは重要です。 例えば論評の内容が評論家の思想と一貫したものなのか、あるいは例外的なものなのかで文脈はまったく異なってきます。 黒瀬陽平による「いたる絵」の評論を十分に知っている閲覧者にとっては自明のことであるかもしれませんが、Wikipedeliaの記事を読みに来る閲覧者の多くは違います。 論評の思想背景を抜かして記述することは誤った先入観を与える恐れがあります。 詳細説明はリンク先にあるため本項では要約した形での記述を提案したいと思いますので「前後の文脈を抜かして」という点について具体的にご指摘願います。 次に「美術家」の部分にかかる記述ですが、出典の記載が無かったことは当方の手落ちでありました。 黒瀬陽平の美術作品は彼の評論活動における基本姿勢と一貫したものであり、言説と不可分のものであるためこちらも重要な情報と認識しております。 こちらについては資料の精査および出典の記述のルールをよく確認した上で、別途提案させていただきます。 さんは 論評の内容が評論家の思想と一貫したものなのか、あるいは例外的なものなのかで文脈はまったく異なってきます 黒瀬陽平による「いたる絵」の評論を十分に知っている閲覧者にとっては自明のことであるかもしれませんが、Wikipedeliaの記事を読みに来る閲覧者の多くは違います と書かれていますが、黒瀬陽平やらいたる絵やらについての知識の無い人を読者として想定するWikipediaだからこそ、「神秘性を否定した」という前書きだけ単純にぽこっとつけてもそれが評論の内容と一貫しているものなのか例外的なものなのかを読者は判断のしようがありません。 そもそも現時点では「黒瀬陽平は『いたる絵』と『情念定型』を結び付けて論じている」という客観的事実が書かれているだけで具体的な評論内容自体は記述されていない状態なわけで、出典元の批評文に「差の絶対値による表現技法」「アートの神秘性を否定する黒瀬のスタンス」といったことと関連性のある論点が含まれているとお考えでしたら、(に抵触することなく)関連性が読者に伝わるような形でその部分を加筆した上で肩書きも追加するという手はあるかもしれませんが、現状のままで単純に肩書きに前書きをつけるだけでは読者にとって有益とは思えないです。 また、 論評の思想背景を抜かして記述することは誤った先入観を与える恐れがあります については、どちらかといえば(現状では本題とどう関係しているかわからない)「アートの神秘性を否定」というところだけをことさら強調するほうが読者に不要な先入観を与えるように思いますし、すでに述べたように具体的な評論内容自体が記述されていない現状では、読者が黒瀬の批評内容に関してなんらかの誤解をする余地は無いんじゃないでしょうか。 -- 2011年10月16日 日 03:21 UTC ご回答ありがとうございました。 少しお話が変わってきましたが、より問題点が明確になったということでひとまず話を進めさせていただきます。 思想の説明が不足しているのではなく、評論内容と黒瀬陽平の思想背景との一貫性が分かりにくいのではないかということを危惧されているのですね。 評論内で援用されている情念定型は、アートにおける視覚的な情動表現にフォーマットを見出す概念ですが、これは黒瀬陽平の「アートに神秘性などない。 人間の知性も感性も内面も、すべては工学的に記述可能である。 」という主張に沿うものです。 したがって、「いたる絵」に対する評論と彼の持論との間に一貫性があると判断しました。 黒瀬陽平やらいたる絵やらについての知識の無い人を読者として想定するWikipediaだからこそ、「神秘性を否定した」という前書きだけ単純にぽこっとつけてもそれが評論の内容と一貫しているものなのか例外的なものなのかを読者は判断のしようがありません。 この点は確かに改善の余地があると理解しました。 いきなり結論部分を引用するのではなく、後半部分の「人間の知性も感性も内面も、すべては工学的に記述可能である。 」とした方が関連性がわかりやすくなりますね。 -- 2011年10月18日 火 09:58 UTC (インデント戻し)思想背景については、前書きをつけるなら後半の「人間の知性も感性も内面も、すべては工学的に記述可能である」というところを書いたほうが関連性がわかりやすくなるということに同意します。 -- 2011年10月19日 水 02:30 UTC 黒瀬陽平の「美術家」という肩書きは評論との関係が認められないため削除しました。 -- 2011年10月25日 火 00:41 UTC.

次の

イラストレーター 【樋上いたる】 公式サイト

樋上 いたる

樋上いたるがVAを退社した時のインタビュー。 明らかにAngel Beats! とNa-Gaの事を言ってる。 樋上:アニメというものに自分はすごい価値を持っているんですけど、自分が関わったのはゲーム原作があってのアニメ化なんですよ。 オリジナルアニメというのを今までやったことがないんです。 その後会社ではオリジナルアニメをやったんですけど、後から入ってきた原画の人が先にオリジナルでアニメデビューをしちゃったわけですよ。 それがすごく悔しくって……。 「私の夢を、あの人が先に叶えてしまった」と思って……。 でもそれは会社にいると、自分にはなかなか回ってこない仕事なんですよね。 目指しているのは、オリジナルで、アニメのためのキャラクターを作って、それが動くというのが自分にとってはすごい魅力的な仕事なんです。 それから、ホラーとかも作りたいんですよ。 とにかく後ろを振り返れないくらいの怖さのホラーを作りたいっていうのは前から言っていたんです。 演出とかにもばんばん口出して、すっごい怖いのを作ってみたい。 (笑)• 名前: 名無しさん 投稿日:2017-12-30 18:11:05 カテゴリー• 154• 296• 342• 311• 210• 356• 675• 337• 4725• 366• 599• 4226• 2145• 1734• 504• 400• 2885• 971• 1262• 1152• 1573• 4147• 8292• 310• 385• 360• 500• 373• 251• 644• 401• 140• 429• 308• 400• 548• 504• 481• 400• 542• 532• 182• 363• 439• 471• 310• 1399• 730• 1088• 3201• 1564• 658• 161• 482• 103• 274• 1486• 136• 688• 228• 699• 2157• 193• 4778• 304• 358 リンク TOP絵頂きました スポンサー.

次の