絶対零度 未然犯罪潜入捜査 10話 感想。 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(2020年版)10話あらすじ・ネタバレ!9話の感想・評価評判や見逃し動画の無料視聴方法をチェック♪

絶対零度 未然犯罪潜入捜査 5話 感想・ネタバレ 裏の裏のそのまた裏で

絶対零度 未然犯罪潜入捜査 10話 感想

2020年1月スタートの冬ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』は、フジテレビ系で毎週月曜日の夜9時から放送中! 前作で平均視聴率10. 6%を獲得した人気ドラマシリーズ『絶対零度』が新シーズンとしてカムバックです。 防犯カメラ映像、メール、電話、SNSの通信履歴など、あらゆるビッグデータから犯罪を予測し未然に防ぐ「未然犯罪捜査班」、通称ミハン。 そのリーダーが、沢村一樹演じる井沢範人です。 ひょうひょうとしながらも熱い心を持っている彼は、刑事としての一選をこえてしまいそうな危険性から上層部に目を付けられています。 井沢(沢村一樹)は、香坂のタブレットに、テロに関するデータが残されていることを知る。 だが、山内(横山裕)や小田切(本田翼)らは、ミハンの法制化を願っていた香坂がテロに関わっていることなど信じられるはずもなかった。 実は香坂には弟がいたが、父親の凶行に巻き込まれていた。 その際、香坂の弟は奇跡的に一命をとりとめたものの、激しいバッシングに絶望し自殺していた。 弟への贖罪と、殺人者の娘という十字架を背負って生きてきた香坂がテロを起こすはずがない。 そこには、海外の紛争地帯を渡り歩いてきた元傭兵の里谷隆一(高岩成二)らテロ実行部隊と思われる男たちの情報があった。 一方、警視庁には、副総監の指揮の下、緊急特別捜査本部が設置される。 捜査員たちは、テロリストの潜伏先候補を徹底的に調べていた。 そんな中、井沢は、里谷が公安のトップしかその存在を知らない「マルトク」と呼ばれる協力者であったことを掴み、曽根崎(浜田学)のもとへと向かう……。 (引用:) 香坂さんと井沢さんのキスシーンがすごく切なくて美しかったです。 油断させるためだったかもしれないけど、お互いに愛があったように感じます。 香坂さんが死にそうな時に「大丈夫、大丈夫…」とそれしか言えなかったことがまた切なかった!気持ちが通じ合ってから、死ぬまでが早すぎて辛かったです。 ミハンメンバーの家族愛のようなものがすごく強く感じられた回でした。 また、平成ライダーのスーツアクターを務められた高岩さんがかっこ良かったです!顔出しされることは珍しいと思うので、貴重な回となりました。 次話でも出てほしいです。 あと、今回も安定して曽根崎がムカつきました 笑 早く井沢さんにボコってもらいたいです。 『絶対零度2020年版』の第10話はどうなる? 第10話のあらすじ 東京サミットを狙ったテロは未然に防がれた。 だがその最中、テロに関与していると思われた香坂(水野美紀)が射殺される。 銃声を聞いて駆けつけたSATは、拳銃を持って香坂の遺体の前に佇む井沢を拘束しようした。 井沢は、SATや駆けつけた山内(横山裕)を倒し、立ち去ろうとする。 取り調べを受けた曽根崎は、テロへの関与を完全に否定した。 一方、警視庁の上層部は、すべての責任を死亡した香坂に押し付け、ミハンも解体の危機に。 ミハンルームにガサ入れが入り、取り調べを受ける面々。 そんな矢先、小田切(本田翼)の交際相手・篠田(高杉真宙)が何者かに撃たれるという事件が起きる。 小田切は、篠田が自分を撮影した写真を見て、同じ人物が映り込んでいることに気づく。 それは今回のテロに関わっていたクラッカーの諏訪樹生(松尾諭)だった。 香坂の死を無駄にしないため、真犯人を捕まえるため、立ち上がるミハンチーム。 そんな中、香坂が殺されたことで、加賀美がようやく重たい口を開き始める。 それぞれに想いを抱えながら、真犯人を突き止めるためミハンチームが動き始める。 (引用:) 最初に出てきていた伏線シーンの回収が始まっているので、もう終わりに近づいているのかと寂しくなります。 次話では香坂さんの弟の正体がわかるのでは?と楽しみにしています。 個人的に弟はクラッカーの諏訪だと思っています。 加賀美さんに教えられてネット関係が得意になったのではと。 他の人の意見をのぞいてみると篠田説が結構あるので篠田だとしたら、小田切さんのトラウマをまた一つ増やしてしまうことにもなるので、かわいそうだからやめてほしいです!あとは香坂さんを撃った犯人。 は門田なのではと考えています。 ただし、門田は小物感がすごいので、曽根崎に命令されただけで、深く関わっていることはなさそうですが。 また、篠田が撃たれて血だらけになるシーンも出てくるようなので、誰にやられたのか、だとしたら理由は何なのかも楽しみです。 考察していくだけでも楽しいですが、早く真相を知りたいです。 『絶対零度2020年版』の見逃し配信を無料で見る方法色々。 それではさっそく、ドラマ『絶対零度2020年版』の動画視聴方法についてご紹介していきましょう! 『絶対零度2020年版』を見る場合、あなたが一番お得に見られる方法をご紹介していきますよ。 『絶対零度2020年版』はもちろんのこと、フジテレビの最新ドラマや、過去の名作、バラエティ作品までいつでもどこでも楽しむことができるまさにプレミアムなサービスなんですね。 しかもFODプレミアムは通常月額888円かかる有料サービスですが、 今なら無料お試しキャンペーンを実施中! Amazonアカウントでログインすれば、1ヶ月間無料でフルサービスを試すことできます。 Amazonアカウントは誰でも無料で作成することができますし、決済方法としてクレジットカードを登録しますが、 無料期間中に解約すれば料金がかかることは一切ありませんので安心です。 だからたとえば見逃してしまった『絶対零度2020年版』を視聴したらすぐに解約してしまえば、 完全に無料というわけ。 正規の配信サービスであるFODプレミアムで、完全無料で視聴できるならこれを利用しない手はないですよね! 『絶対零度2020年版』を観るならFODプレミアムで決まりです。 絶対零度の前作も視聴可能! 大人気シリーズである『絶対零度』には、2020年に放送される今作のほかに、2010年の『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜』、2011年の『絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜』、2018年の『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』の3作品があります。 FODプレミアムなら、過去の3作品も見ることが出来ちゃうんです! 前作を見ていなかった方や、見ていたけれど覚えていないという方もいらっしゃると思います。 加賀美さんの過去の秘密が気になります。

次の

絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜(2020) 11話(最終回) 感想|最後に出番もらえて良かったね、高杉くん。

絶対零度 未然犯罪潜入捜査 10話 感想

2020年1月スタートの冬ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』は、フジテレビ系で毎週月曜日の夜9時から放送中! 前作で平均視聴率10. 6%を獲得した人気ドラマシリーズ『絶対零度』が新シーズンとしてカムバックです。 防犯カメラ映像、メール、電話、SNSの通信履歴など、あらゆるビッグデータから犯罪を予測し未然に防ぐ「未然犯罪捜査班」、通称ミハン。 そのリーダーが、沢村一樹演じる井沢範人です。 ひょうひょうとしながらも熱い心を持っている彼は、刑事としての一選をこえてしまいそうな危険性から上層部に目を付けられています。 佳代は、失踪に見せかける方法について調べていたほか、スタンガンも購入していた。 そしてもうひとつ、佳代には気になる過去があった。 彼女は、10年前に起きた『大森山無差別殺傷事件』の被害者家族でもあったのだ。 井沢は、山内(横山裕)とともに佳代が在籍するNPO法人を手伝うスタッフとして潜入する。 一方、小田切(本田翼)と吉岡(森永悠希)は、駆け落ち同然で上京したカップルに扮し、佳代のシェアハウスを訪れていた。 ほどなく、佳代のシェアハウスで長い間暮らしていた保育士の佐藤奈々(木竜麻生)が、佳代と揉めて3ヵ月ほど前に部屋を出ていったことが明らかなる。 実は奈々は、無差別殺傷事件の犯人の妹だったことがわかる。 被害者家族と加害者家族という関係だった佳代と奈々。 井沢たちは不思議に思うが……。 (引用:) 犯罪の被害者と加害者の同居するという現実にはあり得ない状況を理想的に描いた斬新な内容は見事で、更に加害者の家族を滅多打ちにする外道な行動が蔓延する世の中の歪み間違った正義感を指摘したモノを入れていたのも素晴らしいと感じられよく考えられた物語でした。 井沢が刺々しい言葉を使いながら怪しんで調べていたミハンチームの統括責任者となったキャリア官僚の香坂だけに自身の何かを隠そうと腹黒い何かがあるのかと興味を引かれ見ていましたが、犯罪を起こした父親のような人物を出さないために未然に防ぐために法案化しようとしていたとわかり、井沢が未然に防ぎたい考えが同じ思いだと話していたものの、家族が殺害された被害者の家族である井沢はミハンシステムに犯罪傾向の高い人物と判定されていて冷静さが失われつつあるので、香坂とは違う感じを受けるので共通の考えと結びつけるは無理があった気がします。 被害者家族がミハンに引っ掛かり、ターゲットは被疑者家族かと思いきや、被疑者家族を食い物にしている男だった。 被害者家族も被疑者家族も事件の後、苦しめられることは同じだと言い、被疑者家族の女性を守ろうと奮闘していた被害者家族の女性の想いがとても切なかった。 香坂が被疑者家族だった事も分かり、井沢と同じ思いだった事が判明したことで結束力が強くなるかと思いきや、香坂が事件の後、慰霊碑に花束を持って行ったが、被害者遺族の嘆きを見て立ち去るところに加賀美が喪服でいたところが気になった。 加賀美は香坂が犯人の娘だった事を知っているのだろうか。 『絶対零度2020年版』の第5話はどうなる? 第5話のあらすじ 井沢(沢村一樹)たちの拠点となっているミハンルームに、代議士の児島祐三(信太昌之)や警視庁、法務省の上層部が視察にやってくる。 案内役の香坂(水野美紀)は、ミハンのこれまでの業績をアピールするとともに、現在、危険人物として、大学病院の医師・真田雄大(猪征大)を捜査中だと報告する。 真田は、サバイバルナイフを購入しているほか、ネットに匿名で、『スーパードクター』と呼ばれる同じ大学病院の外科医・益子博文(近江谷太朗)への恨みを書き込んでいた。 真田は、大学病院を追い出され、来月には離島に赴任するのだという。 病院に潜入捜査中の山内(横山裕)や小田切(本田翼)は、真田と益子をマークしていた。 益子の緊急オペが続く中、捜査一課の早川(マギー)は、重要参考人として真田に任意同行を求める。 視察中だった代議士たちの前でのミハンの失態。 曽根崎(浜田学)から圧力をかけられる中、真田の無実を証明すべくミハンが動く。 井沢や加賀美(柄本明)は、ミハンのデータがねつ造されているとにらみ、医療関係の情報を扱う情報機関を訪れる。 そこで井沢たちを待っていたのは、かつてミハンの統括責任者・東堂定春(伊藤淳史)だった……。 (引用:) 香坂がミハンの統括責任者になった理由が未然に犯罪を防げるミハンシステムの法制化だったのに見送られた悔しい思いから、ミハンシステムを利用できる省庁の幹部を集めて興味を持たせて法制化するために外堀を埋めていこうと画策を始めて、事件を扱うミハンチームの未然に犯罪防ぐ捜査状況を見せようとしていた所に、予想外の事件が勃発して現場が混乱し、井沢たち現場の捜査員が事態を鎮めようと目的外の起こった事件に対応している間に、ミハンシステムが選び出した犯罪傾向の高い容疑者が事件を起こしてしまい、香坂の画策が無駄になってしまう流れと、今回ミハンシステムが導き出した判定には無かった事件が起こった事に違和感が漂い、誰かが嘘の情報を流しているという疑心暗鬼に陥るミハンチームになり結束が危うくなってしまう物語を期待しています。 5話では前のミハン統括責任者だった藤堂が絡んでいる話なのがとても楽しみ。 かつては一緒に捜査していた仲間が敵のような存在になるかも知れないのが面白い。 出来れば藤堂はミハンの敵ではないと個人的には嬉しいと思う。 代議士達の視察中に起きた事件は未然犯罪防止法案に反発する上層部の策略なのだろうか。 山内や小田切が潜入捜査してマークしていたのに刺される事件が起きたのは誰が指示していたのだろうか。 法務省に戻った北見の存在も気になっている。 ミハンのシステムを危機に追い込む人物は5話で分かりのだろうか。 今シーズンの新キャスト全員怪しくなってきたと思う。 『絶対零度2020年版』の見逃し配信を無料で見る方法色々。 それではさっそく、ドラマ『絶対零度2020年版』の動画視聴方法についてご紹介していきましょう! 『絶対零度2020年版』を見る場合、あなたが一番お得に見られる方法をご紹介していきますよ。 『絶対零度2020年版』はもちろんのこと、フジテレビの最新ドラマや、過去の名作、バラエティ作品までいつでもどこでも楽しむことができるまさにプレミアムなサービスなんですね。 しかもFODプレミアムは通常月額888円かかる有料サービスですが、 今なら無料お試しキャンペーンを実施中! Amazonアカウントでログインすれば、1ヶ月間無料でフルサービスを試すことできます。 Amazonアカウントは誰でも無料で作成することができますし、決済方法としてクレジットカードを登録しますが、 無料期間中に解約すれば料金がかかることは一切ありませんので安心です。 だからたとえば見逃してしまった『絶対零度2020年版』を視聴したらすぐに解約してしまえば、 完全に無料というわけ。 正規の配信サービスであるFODプレミアムで、完全無料で視聴できるならこれを利用しない手はないですよね! 『絶対零度2020年版』を観るならFODプレミアムで決まりです。 絶対零度の前作も視聴可能! 大人気シリーズである『絶対零度』には、2020年に放送される今作のほかに、2010年の『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜』、2011年の『絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜』、2018年の『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』の3作品があります。 FODプレミアムなら、過去の3作品も見ることが出来ちゃうんです! 前作を見ていなかった方や、見ていたけれど覚えていないという方もいらっしゃると思います。

次の

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第10話 ネタバレ感想~ミハンの人間はミハンシステムに検知されすぎ!

絶対零度 未然犯罪潜入捜査 10話 感想

えっと…前作の結末がどんなもんだったかって、覚えてないんですよね…実は(笑) 視聴前にキャストを知った時、某アイドルグループみたいに メンバーが半分くらい入れ替え制になっているのに驚き。 さんって結局どうなってたんだっけ?という疑問も持ったけど、 軽く検索してみてようやく「あ〜…」と思い出すという… 少しでも良いから振り返って欲しかったかなぁ。 さて、元祖主演の方の出番がなくなり、ある意味「"新生"」として 生まれ変わった本作。 悪くなかったです。 縦軸のエピソードも、井沢()が一線を越えてしまったのか?に絞った事で 見やすくなりましたし、アクションシーンで存分に楽しませつつ、 後半は井沢の過去も絡めて人間模様の重さで魅せる…というメリハリの付け方も良く、 この作りならば「」という名のブランドに囚われずに のびのびとやって行けるんじゃないかな?と期待させてくれた初回でした。 そして、本作の見所は何といっても、さん演じる"井沢範人"ですよねぇ… 前作もそうでしたが、この主人公見たさに見ているようなものなのです。 「殺そうとした事、殺せなかった事、どちらも後悔する」 「正解がないのなら、自分が正しいと思った道を、強い意志を持って進むしかない」 色々と良いなぁ…と思う部分はありましたが、特にこのシーンでの姿が印象的。 殺意と善意の境界線で揺れ動いている中に、ほんの苦しみが自分でも気づかない所で ゆらゆらと現れて来るような演技が堪らなかった。 しかし…状態が悪化しているのは気のせいですかね。 自宅に帰ってきたらはっきりと妻と子の残像が見えるんですよ?? もう「やめろーーー!! 」ってそばで言って止められるレベルじゃないでしょ。 まさか、年明けても「に行ってこい!」なんてツッコむ事になるとはねぇ… あとツッコミポイントと言えば、主題歌。

次の