江波 杏子 訃報。 江波杏子の若い頃の画像がハーフっぽい?結婚した夫や母親についても調査

江波杏子は萩原健一と結婚・離婚していた!子供は?訃報が流れたワケは?

江波 杏子 訃報

出典: 氏名:江波杏子 えなみ きょうこ 本名:野平香純 のひら かすみ 生年月日:1942年10月15日 出身地:東京都 所属:アルファエージェンシー 趣味:読書 江波さんは1942年生まれの現在74歳です。 趣味は読書で新聞など文字を読むことが好きなようですが、 あまりにも好き過ぎて寝る前は文字を読まないと寝られないそうです。 これって趣味というより 文字依存症ですよね。 またお酒が大好きでブランデーを一晩で一本空けた経験もあります。 これは相当強いですね。 お酒好きというより 酒豪ですよね。 なぜならばお母さんが女優だったからです。 お母さんの江波和子さんは1938年にデビューし1940年には引退しています。 わずか2年くらいの女優活動でしたが、 10本の映画に出演しています。 相当ハードなスケジュールを送っていたんですね。 ちなみにお母さんは江波さんが 5~6歳のころに 他界しています。 父から母が女優だったことを聞かされ、 亡き母が歩んだ女優という道に興味を持ったのでしょうね。 — saikan hiropart218 江波さんは現役高校生時代に1つ年齢を多くサバを読んで オーディションを受けに行きます。 そして映画会社である 大映に入社します。 ちなみに「江波杏子」という芸名は母と同じ苗字であることと 「杏っ子」という小説から取りました。 1960年に映画「明日から大人だ」でデビューし、 現在まで 100本以上の映画、ドラマ、舞台に出演しています。 実際に画像を見てみましょう。 この美貌ならハーフと言われるのもわかります。 ちなみに27歳ころのスリーサイズがB89、W57、H90という ルパン三世の峰不二子みたいなナイスボディーをしていました。 cocolog-nifty. html そのため女優以外にグラビアアイドルとしても活躍していたんですね。 しかし情報が見当たりません。 どうやら江波さんは 未婚のようです。 江波さんをネットで調べると 名優・萩原健一さんの名前が出てきます。 お互い芸能界で活躍しているスターだったので、 忙しさからすれ違いが生れたのでしょう。 こんな美人が結婚しないなんて、不思議ですよね。 76歳でした。 ご冥福をお祈りします。 — 毎日新聞 mainichi 長年、女優として活躍していた江波杏子さんが、10月27日に 肺気腫のためにお亡くなりになられました。 実は江波杏子さんは亡くなる 5日前まで働いていたようです。 10月26日に体調不良を訴えて都内の病院に緊急入院しましたが、その後体調は回復せずに息を引き取られました。 突然のことに所属事務所は 「現に10月22日(月)まで元気に仕事をしておりましたし、また11月以降から来年にかけての仕事もお引き受けすべく、意欲に満ちておりました。 yahoo. 3月には現役続行宣言をしていた どんな仕事でも加齢による体力低下などで 引退を考えると思います。 江波杏子さんも一時期引退を考えたようですが、 松坂桃李さん主演の映画「娼年」のオファーを受けて引退を撤回しました。 映画の完成披露イベントでは 「老女優としての暖簾をおろそうかなと思っているところに、この話をいただいてびっくりしました。 本人としては 「まだまだこれから」という気持ちだったのでしょう。 肺気腫とは? 江波杏子さんの病気であった肺気腫とは、どのような病気なのでしょうか? 調べてみたところ肺気腫とは、 肺の構造が壊れて空気が溜まってしまう状態のことを言います。 その原因のほとんどが 喫煙です。 たばこに含まれる成分により、肺の組織が壊されてしまうんですね。 これにより正常な呼吸が出来ず、濁った空気が体内に溜まってしまいます。 調べてみると、江波杏子さんは 愛煙家だったようです。 長年の愛煙により発症したのでしょう。 〇三浦大輔さん 映画・娼年の監督 歳を重ねられても変わらぬ美しさ、りりしい佇まい、全てを包み込むような優しい笑顔、僕の脳裏にずっと残り続けています。 ご冥福をお祈りするとともに、天国に召された江波さんに心からの感謝をお伝えしたいです。 nikkansports. html 〇佐野史郎 作品で共演 「 飲み明かしたことは 忘れられません。 楽しかった。 yahoo. mynavi. 絵になる女優さんでしたけど、中身は女優らしくなかった。 nikkansports. html? ツイッターでもショックの声 関係者だけでなく、江波杏子さんの演技に魅入られたファンも 悲しみのツイートをしています。 22日まで仕事をしており、来年以降も活動予定だったとのこと。 近年はドラマ『ごくせん』『カーネーション』『べっぴんさん』や、映画『娼年』などに出演。 — ORICON NEWS(オリコンニュース) oricon 江波杏子さんは母と同じ女優の道を歩み、 50年以上も演技の世界で生きてきた女優であることがわかりました。 未婚の理由はそれだけ女優として、ストイックに演技に集中していたからかもしれませんね。 これもお母さんの DNAでしょう。 そして10月26日に肺気腫により亡くなられました。 亡くなった後の関係者のメッセージを聞くと、多くの人から愛されていたことがわかります。 生涯女優を貫いた江波杏子さん。 「お疲れ様でした」と言葉をかけるとともに、ご冥福をお祈りいたします。

次の

江波杏子さんの訃報に映画「娼年」三浦大輔監督悼む

江波 杏子 訃報

江波杏子は萩原健一と結婚・離婚していた!子供は?訃報が流れたワケは? 江波杏子が、稀代のプレイボーイ萩原健一を育てた! 萩原健一は、60年代後半、日本が熱狂的なGSブームに沸く中、タイガースの沢田研二と並んで人気のあった、テンプターズのメンバーでした。 萩原健一は「太陽にほえろ」、「傷だらけの天使」で俳優としてもブレイクした後は、個性派俳優の道を歩みますが、萩原健一ほど多くの女性関係やスキャンダルにまみれた俳優は他にいません。 トップモデルをはじめ、石田あゆみ、倍賞千恵子、石田えりなどの女優、また美人バイオリストの前橋汀子との結婚離婚、不倫やスキャンダルを繰り返す萩原健一は、よほどいい男だったのでしょう。 しかし、萩原健一が自ら暴露本を出すまで、彼の女性遍歴の最初の女性が、江波杏子であったことはあまり知られていません。 江波杏子は、萩原健一より8つも年上。 まだ二十歳そこそこの萩原健一を、こんなプレイボーイに育てたのは、魔性を秘めた女、江波杏子であったのかもしれません。 江波杏子は、この萩原健一との関係以外、表に出た恋愛やスキャンダルはほとんどなく、結婚もしていないので、子供もいません。 一度は、なんと江波杏子の訃報も出ましたが、これは江波杏子に面立ちが似た、先輩女優・馬淵春子が2012年10月に亡くなった時、間違えられたようです。 江波杏子は、その男性関係から生死に至るまで、謎多い魔性の女といえるでしょう。 江波杏子は、時代に早すぎたクールビューティ 江波杏子は、大映映画の女優としてデビュー。 極めて知的でエレガントな女性である江波杏子ですが、その日本人離れした、クールビューティな容姿が災いしてか、大映時代は、女賭博師昇り竜のお銀シリーズで人気を博し、強面のイメージが定着してしまいました。 映画業界が下火となり、テレビに活動の場を移しても、テレビ向きの小作りな顔の女優と比べると、顔のパーツひとつひとつが大きい江波杏子。 小さなテレビ画面にはそぐわない存在感が、かえって女優としての活躍の場を狭めたともいえそうです。 もし江波杏子が、桃井かおりや秋吉久美子など、ひと世代後の70年代に登場していたら……また映画界は変わっていたかもしれません。 江波杏子の若かりし頃が美しすぎる!おすすめドラマ、映画は? 江波杏子は、今や個性派女優から演技派女優へ 江波杏子のおすすめドラマといえば、近年では、今年6月、NHK時代劇「かぶき者慶次」ではないでしょうか。 江波杏子は、晩年の前田慶次を演じる藤竜也が全く頭の上がらない奥方役を、溌剌と演じていました。 また、2012年のNHK朝ドラ「カーネーション」で、ヒロインのライバルの老後を演じ、ドラマの終盤を盛り上げたのも江波杏子ですね。 歳を経るごとに、日本人離れした容姿より、その高い演技力が評されるようになった江波杏子。 日本の映画やテレビ業界が、江波杏子がもっと若いときに、都会的でおしゃれな恋愛映画などを撮っていれば、江波杏子の位置づけは大きく変わっていたでしょう。 彼女の若い頃の写真を一度ご覧ください。 優しい笑顔を見せているその写真は、まるでオードリー・ヘップバーンにそっくりな美しさなのです。 江波杏子の女賭博師シリーズ、決め台詞は「入ります」 江波杏子の代表作であり、おすすめ映画といえば、やはり大映の女賭博師シリーズです。 昇り龍の刺青を背負った江波杏子に対して、東映の富司(藤)純子の女博徒シリーズで、富司純子は、背中に緋牡丹の彫り物を入れていました。 この2シリーズは設定も違って、大映の女賭博師シリーズは、博打の名人との勝負に負けた江波杏子が、どん底からはい出し、腕を磨いてリベンジするというというストーリー展開で、江波杏子のクールビューティぶりが強調された現代劇でした。 江波杏子扮する「登り竜のお銀」が壺を振る掛け声、「入ります」は、当時、流行語にもなったそうです。 テレビ進出後しばらくは、「Gメン75」の女性捜査官の役や、逆に犯人や敵役、ドラマの鍵を握るミステリアスな役が多かったように思います。 江波杏子、香里奈4年ぶりの主演作「結婚式の前日」に出演 江波杏子は、この秋のドラマにも出演しています。 TBSの火曜ドラマ「結婚式の前日に」です。 主演は、4年ぶりのドラマ出演が注目されていた、モデル出身の香里奈です。 ストーリーは、鈴木亮平扮する、親の医院を引き継いだ医師と婚約中で、100日後に結婚式を控えていたOL役の香里奈が、突然体調不良を訴え、脳腫瘍であると診断されてからの日々をつづった、ヒューマンラブストーリー。 江波杏子は、香里奈の病気が発覚し、また香里奈の失踪していた母親が登場してからというもの、香里奈と鈴木亮平の結婚に猛反対する母親役。 自分の医院の運営に手を貸して来た国会議員の娘との結婚や、香里奈演じるひとみを置いて海外留学することを息子に勧める、主人公の敵役です。 ドラマとしては、江波杏子だけでなく、香里奈の失踪していた実母に原田美枝子、その父に遠藤憲一と、脇の俳優陣はとても充実している「結婚式の前日に」。 しかし、いかんせん、ヒロインである香里奈の起用自体が、なぜ香里奈なのかという違和感があって、視聴率も苦戦しているようです。 企画やストーリー、そしてヒロインがしっかりしないと、特に江波杏子のような演技派の脇役は、かえってドラマから浮いてしまいます。 思い切ったキャスティングをするのならいっそ、ドラマをかき回し、物語のキーとなる原田美枝子の役を、江波杏子にしたほうが面白かったとも考えられます。 残念ながら、デビューからこれまで、江波杏子の才能は十分生かされていません。 江波杏子をはじめ、加賀まりこや梶芽衣子など、往年の名女優には、もっと練られた脚本や役柄のキャスティングを与えてほしいものです。 <あせて読みたい!>.

次の

江波杏子 死去

江波 杏子 訃報

母親役から賭博師まで幅広い役柄を演じてきた女優・江波杏子さんが、先月27日に肺気腫のため亡くなっていたことがわかった。 76歳だった。 亡くなる5日前にも、ラジオドラマの収録に参加し、今後の出演作について、スタッフとミーティングも重ねていたという。 初主演作の映画が転機に 1959年、江波さんは女優だった母親の後を追う形で大映に入社。 その翌年、市川崑監督の映画『おとうと』で映画デビューを果たす。 日本人離れした顔立ちが印象的だった江波さんは、デビューから数年はヒロインを引き立てる悪女役が多かったという。 転機となったのは、1966年で初めての主演作となった映画『女の賭場』。 当初、主役を務めるはずだった女優が怪我をしたため、急きょ指名されたのが江波さんだった。 父親の敵をとるため、復讐に燃える女賭博師を好演し、注目を集めると、「女賭博師」がシリーズ化。 作品が17本作られるなど、大映の看板女優に成長した。 女優としてブレイクをすると、活動の場を歌手にも広げた。 さらに、昭和の文豪・三島由紀夫の写真集では、抜群のスタイルを生かして、モデルとして大胆なグラビアも披露している。 かなりの愛煙家だった プライベートではかなりの愛煙家だったという江波さんについてサンケイスポーツ・山内倫貴さんは「若いころから麻雀が非常にお好きで、麻雀をしながら仲間とたばこを吸う、愛煙家だったというような話は聞いています。 肺気腫を患ったのは60代ということで体のことを考えて禁煙なさったようです」と話した。 肺気腫とは、肺の組織が壊され、息切れや呼吸困難といった症状が出る病気。 主な原因は長期の喫煙と言われ、たばこをやめても元の状態には戻らないという。 アースクリニック池袋・根岸亮院長は「肺気腫は喫煙歴が長ければ長いほど発症しやすく、あとは加齢による肺機能の低下により症状が悪くなるという形だと思います」と話した。 恋愛による不幸や悲しみも芝居に生かす 亡くなる直前まで仕事をこなしていた江波さんは、近年では『大奥』や『ごくせん』、NHKの連続テレビ小説など数多くの映画やドラマに出演する名バイプレーヤーだった。 生涯独身を貫き、最期は弟に看取られて息を引き取ったという江波さんは、過去に出演した番組『ボクらの時代』(2013年10月27日放送)で自身の結婚観について語っていた。 江波さんは「パートナーはほしい!でも面倒くさいわね。 独身を貫く一方で恋愛については「好きになったり、別れるということは、そこに不幸があったり悲しみがあったりするわけでしょ。 業の深い職業だと思いますよ。 職業と言うなら。 そして、それを芝居に使用するわよね。 その時の感覚を。 そういうものなのよ、女優ってのは。 化け物よ、普通じゃないわ」と女優としての独特の価値観を披露した。 寂しいと思うと同時にこれってすごく至福と思う!こんな自由ってないじゃないですか」と表現した。 所属事務所によると江波さんの葬儀は先週金曜日に近親者のみで執り行われたという。 (「めざましテレビ」11月5日放送分より).

次の