冬 の ボーナス 払い いつから。 新卒1年目でボーナスはもらえる?支給時期と支給額について解説!

カードご利用代金のお支払い方法|クレジットカードの三井住友VISAカード

冬 の ボーナス 払い いつから

クレジットカードのボーナス払いとは、夏と冬のボーナス時期にカード代金を支払う方法のこと。 「今は手元にお金が無いけど、ボーナスが出るからそれをあてにして買ってしまおう」という方法だ。 もちろん支払いが先延ばしにされるだけなので、商品が届くのも支払いもボーナス時期……なんてことになるわけではなく、「商品はすぐに手に入るが、支払いはボーナス時期」とできるのが、ボーナス払いのうれしいところだ。 クレジットカードのボーナス払いを徹底解説: ボーナス払いの基本: ボーナス払いとは、ざっくり言うと、「今買って、ボーナス時期に支払いを行う」という支払方法。 でも、ボーナス時期っていつのこと? 引き落としはいつ行われるのだろうか? それは、クレジットカード会社によって異なるのだ。 しかも、引き落とし日があらかじめ決まっているクレジットカードもあれば、支払月を選択することができるクレジットカード会社もあるなど、一言にボーナス払いといっても一定ではないので、条件をよく確認することが必要だ。 ただ、そうはいっても原則はほぼ同じ。 夏のボーナス払いであれば、8月を中心とする夏のボーナスが出る時期、冬のボーナス払いなら12月を中心とする冬のボーナスが支給される時期だ。 例えば、楽天カードの場合を例に挙げると、以下のように設定されている(の情報より)。 ボーナス払いの設定例: 種別 利用可能期間 夏のボーナス一括払い 2月1日~6月末(支払月:6月、7月、8月) 冬のボーナス一括払い 8月1日~11月末(支払月:12月、1月) クレジットカード加盟店によってボーナス払いの取り扱いは異なる: クレジットカードのボーナス払いは、クレジットカードが使えるお店()ならどこでも使えるというわけではない。 そもそもボーナス払い自体を受け付けないという加盟店もあれば、ボーナス払いが使える時期を制限しているところもある。 例えば、5月までは夏のボーナス一括払いは使えるけど6月は使えないなどというケースだ。 加盟店それぞれの都合や判断で決めている: このような制限がある理由は単純で、クレジットカードを使われる側である加盟店にとって、ボーナス払いはあまり歓迎すべきものではないためだ。 クレジットカード会社に支払う手数料が高かったり、入金がかなり先になるなど、を使われた場合と比べてデメリットがある場合が多いので、なんだかんだと制限をつけて敬遠しているお店もあるのだ。 とはいえ、ボーナス払いが使えるようにしておけば、ボーナスをあてにした高額商品の購入促進にもつながるので、お店にとっては微妙なところ。 たとえデメリットが多くても、ボーナス払いを使ってもらった方がいい……と考える加盟店もあるわけだ。 例えば、家電量販店などではボーナス払いを積極的に打ち出しているお店も多い。 ボーナス払いには二種類の支払い方法が存在: ボーナス払いには、ボーナス一括払いとボーナス二回払いの二種類の支払方法がある。 ボーナス払いの種類 手数料 ボーナス払いの解説 ボーナス一括払い 無料 ボーナス一括払いは基本的に手数料が別途かかることはない。 通常の一括払い同様、気軽に使ってもらえる手段だと言える。 ボーナス二回払い 有料 ボーナス二回払いでは、基本的に別途手数料がかかる。 購入金額の半分に対して3%程度の手数料がかかる場合が多いようなので、実質購入金額の1. 5%分の手数料が必要だと考えておけば良いだろう。 なお、まれではあるが提携店などで利用すると手数料無料でボーナス二回払いが利用できることもある。 ボーナス二回払いは夏のボーナスと冬のボーナスを併用する、約1年かけて支払いをしていく方法だ。 基本的には、かなり高額なものを、お金に余裕がない時に購入する時の支払い方法だと言えるだろう。 手数料がかかることも頭に入れておきたいところ。 それでも、通常のやと比べると、手数料は圧倒的に安く済むので、ボーナス二回払いが使えるお店であれば、積極的に活用してみてもいいと思う。 ボーナス払いの注意点: 計画的に利用しよう: 支払いを先延ばしにするということは、その間ずっと借金をしているということ。 これは忘れないようにしてほしい。 最大半年以上も先になるために、ボーナス払いで買い物をしていたことをすっかり忘れていたなどということも、実際に起きている。 また、景気が悪化してボーナスカットになり、あわててお金をかき集めることにならないように、くれぐれも計画的に利用してほしい。 利用可能残高を圧迫することも……: また、ボーナス払いは別枠があるわけではなく、利用限度額の範囲内で利用できるもの。 ボーナス払いで高額な買い物をしてしまうと、その支払いを終えるまで利用可能額がほとんどなくなってしまう……ということもありうる。 この点は、意外と盲点になるので気を付けよう。 最後に、ボーナス払いは日本だけのやり方。 海外旅行で、ボーナス払いを使ってブランド品を買おう……と思っている人がいたら、それはできないので気を付けて欲しい。 この記事に関する参考リンク:•

次の

ボーナス払い期間はいつから?夏のボーナス払い・冬のボーナスまとめ

冬 の ボーナス 払い いつから

クレジットカードにはボーナス一括払いがあります。 その昔はリボルビング払いがありませんでしたので(利用していたUCカードには分割払いも無かったような記憶があります~30年も前の話ですが笑)、1回払、2回払、分割払い、そしてボーナス一括払いの支払い方法というラインナップでした。 ボーナス一括払いは重宝される支払い方法に違いありませんでした。 ボーナスは夏と冬の年2回が一般的ですが、夏のボーナス払いは、いったいいつから利用することが出来るのでしょうか? 代表的なクレジットカードではこのようになっています。 【UC】 夏 12月11日から6月15日までが利用期間 翌8月5日に支払い 冬 7月11日から11月15日までが利用期間 翌1月5日に支払い 【JCB】 夏 12月16日から6月15日までが利用期間 翌8月10日に支払い 冬 7月16日から11月15日までが利用期間 翌1月10日に支払い 【三井住友VISAカード】 夏 12月16日から6月15日までが利用期間 翌8月に支払い 冬 7月16日から11月15日までが利用期間 翌1月に支払い 【セゾン】 夏 11月1日から5月31日までが利用期間 翌8月4日に支払い 冬 6月1日から10月31日までが利用期間 翌1月4日に支払い このようになっています。 セゾンカードだけ利用開始が2週間ほど前倒しとなっていますが、 どのカードもボーナス支給の半年前くらいからボーナス払いが利用できます。 ざっとみるとほぼ1年中ボーナス払いは使えるようにみえますね。 逆に使えない期間をまとめてみると 【UC】6月16日から7月10日 11月16日から12月10日 【JCB】6月16日から7月15日 11月16日から12月15日 【三井住友VISAカード】6月16日から7月15日 11月16日から12月15日 【セゾン】年中利用可能 となっています。 セゾンカードを除いては、 一般的な夏のボーナス支給日を迎える頃には、もう利用出来ないか、冬のボーナス払いとなることに注意が必要ですね。 ボーナスは今や憧れの存在に!? ところで、派遣で働いている知り合いが、正社員になることを希望しているのですが、その理由として「ボーナスがあること」を1番に挙げていました。 昔のような年功序列、終身雇用の時代にはボーナスが出るのが当たり前でしたが、近年は働き方の多様性と非正規雇用の一般化によってボーナスが無い人も多いのですよね。 知り合いには一日も早く正社員に登用されて、ショッピングの際に「ボーナス一括払いで」と言えるようになってもらいたいと思います。 正規雇用の問題について語られる機会が多くなりましたが、ボーナスは支払われるのが当たり前の時代から、今や憧れの時代に変化したのですね。 ボーナスは平均どのくらい貰えるの? 編集者がサラリーマンをしていた頃は、夏、冬それぞれ月給の2. 5ヶ月が支給されていました。 それが当たり前、つまり多くもなく少なくもないという感覚でした。 月給の2. 5ヶ月分なら知れてるなあ、というようなもの。 ところが現在のボーナスは大企業なら2. 5ヶ月分、中小企業なら1ヶ月分という統計をネットでみたのですが、ボーナスがたったの1ヶ月分!というのはなんともな感じです。 そもそもボーナスというのは何なのでしょうね。 本来は勤めている会社の業績によって上がったり下がったりするものであった方がつまらないサラリーマン(大変失礼ながら編集者個人的にはサラリーマンをしていた頃はそういう感覚でした)生活での刺激になるのではないかと思うのですが、、 実際のボーナスというのは年額支給に織り込み済みの予定調和であって、想定されている額が想定通りに出るというもの。 まあ業績悪化でボーナス減額とか、あるいは現物支給のような事態となるよりも、予定調和の方が良いのは間違いのないところでしょうが。。

次の

新入社員のボーナスはいつから?夏と冬の平均は?「なし」なのか?

冬 の ボーナス 払い いつから

みのりたです。 ボーナス(賞与)はまとまった額が支給される貴重な機会ですよね。 普段は一括払いで買えないような物も、クレジットカードのボーナス払いでドーンと買っちゃう!(買っちゃった!)と言う方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、支払いがボーナスまで引き延ばされ、かつ手数料もかからない、便利なクレジットカードのボーナス払いについて、いつからいつまでの買い物が夏/冬のボーナス払いになるのか、その期間や実際に引き落とされる日について、主要なカード別にまとめてご紹介したいと思います。 ご自身の使っているカードがありましたら、お支払い日を忘れたりしないよう、参考になさって下さい。 クレジットカードのボーナス払いとは クレジットカードのボーナス払いとは、その名の通り、買った物の代金をボーナス月にまとめて支払う方法です。 夏または冬のボーナスでそれぞれ取扱期間が異なっていて、例えば冬~春に利用すれば夏のボーナス払い扱いになりますし、夏~秋に利用すれば冬のボーナス払いになります。 具体的にいつからいつまでが夏/冬のボーナス払いの取扱い期間か、というのは、各カード会社によって異なります(記事後半で主要カードの一覧表をまとめています)。 ボーナス払いのメリットは、ボーナスという まとまったお金が入るタイミングまで 支払いを延ばせること、そして 手数料が無料ということです。 特に10万円以上するような大きな買い物をした際は、そのための資金を予め積み立てでもしない限り、庶民が翌月に一括払いするのはキビシイでしょう。 かと言って分割払いにすると手数料がかかってしまう…(リボ払いはある特殊なケースを除いて言語道断です)。 そんな時に、ボーナス払いは非常にありがたい存在だと思います。 8月10日? 6 or 7 or 8月27日? カード入会後3ヶ月経過後から申し込みが可能です。 後からボーナス払いに変更することはできる? ボーナス払いは非常に便利でありがたい支払い方法ですが、1度一括払いや分割払いで決済した物を、 後からボーナス払いにすることはできません。 ボーナス払いは、 初回の決済時にのみ選ぶことができる支払方法になります。 大きな買い物をした際は、ボーナス払いを利用するかどうか、慎重に判断して下さい。 ちなみに、ボーナス払いにしていた物を後から分割払いにすることもできないことが多いです。 唯一、後からリボ払いにすることはできますが、くっそ高い利子を取られますので、なるべくなら選ぶべきではありません。 支払いが遅れるとどうなるの? ボーナス払い自体に手数料はかかりませんが、いざ引き落とし日という時に残高不足で支払いが遅れてしまうと、当然延滞金(遅延損害金)が発生します。 カード会社によって延滞金の割合は違いますが、概ね14~15%程度取られてしまいます。 ボーナス払いは金額も大きいことが多いでしょうから、延滞金もまとまった金額になります。 更に信用情報にも傷がついてしまいますから、もしどうにも支払いが難しそうであれば、手数料を払ってリボ払いを利用するという手もあります。 ボーナス払いを繰り上げ返済することはできる? 具体的な手順はカード会社によってまちまちですが、基本的には 繰り上げ返済が可能です。 資金に余裕があれば、積極的に繰り上げ返済をしても良いと思います。 ただ、返済方法が自動引き落としではなく振込みになる等、支払い方法がいつもと異なる場合や、一部利用できないカード会社もあるようですので、ご希望の際はご利用のカード会社へ直接お問合せ下さい。 まとめ 夏/冬のボーナス払いの期間と具体的な引き落とし日について、主要カード別に一覧表にまとめてみました。 その結果、カード会社によって違いはあるものの、主に以下のような特徴があることが分かりました。 夏のボーナス払い:12月~6月の利用分が8月支払い日に引き落とされる• 冬のボーナス払い:7月~1月の利用分が1月支払い日に引き落とされる また、カード会社によっては支払い月が選べたり、ボーナス2回払いという支払い方法も取り扱うなど、「ボーナス払い」という括りの中でも、実に支払い方法が多様化してますね。 ボーナス払いは手数料無料ですし、上手に使うと大きな買い物の支払いがし易くなりますが、先延ばしになる分、ついうっかり(その買い物があったことを)忘れてしまいがちです。 万が一にも支払い遅延で延滞金…なんていう事態にならないよう、ご利用は計画的に検討下さい。

次の