プロテイン 違い。 どう使い分ける?ホエイプロテインとソイプロテインの違いを比較してみた|筋トレブログ.com

【ホエイ・ソイ・カゼイン】プロテインの効果と違い・飲むタイミングについてわかりやすく解説

プロテイン 違い

しかし本来、HMBサプリとプロテインは競合するものではありません。 むしろ、とても親和性が高い関係があります。 HMBサプリの主成分であるHMBは、人間の体内では合成できない必須アミノ酸の一つ「ロイシン」の代謝産物です。 一方、プロテインの主成分は、タンパク質です。 タンパク質は、20種類のアミノ酸がペプチド結合した化合物なので、その中には当然、HMBを代謝するロイシンも含まれています。 食事で例えると、 定食がプロテイン、定食の中の味噌汁がロイシン、味噌汁の中の豆腐がHMB、というイメージです。 つまり、HMBサプリとプロテインは全く違う成分ではなく、一部が包含関係にあるといえます。 しかし、その役割は少し違います。 HMBサプリは、筋肉の合成を促進し、分解を抑制する効果に特化しているサプリです。 摂取することで、身体を筋肉搭載モードに切り替えることができます。 単位量当たりの筋肉の合成力はプロテインを上回っています。 一方、 プロテインは、広範囲のアミノ酸をカバーしているサプリです。 摂取することで、筋肉の合成に必要な栄養を、身体に網羅的に供給することができます。 筋肉作りを家作りで例えると、 プロテインは材料、HMBは現場監督のイメージに近いです。 プロテインだけでは、材料が豊富でも現場監督が不在のため、効率よく家が作れません。 反対に、HMBだけでは、的確な筋肉合成の指示があっても、材料がないため家は作れません。 飲むタイミングの違い HMBサプリとプロテインでは、おすすめの飲むタイミングが違います。 HMBには、トレーニング中の筋肉分解を抑制し、筋肉痛を大幅に軽減する効果があります。 そのため、おすすめの摂取タイミングはトレーニング前です。 アミノ酸より身体への吸収が早いため、 トレーニング約20分前に摂取するといいでしょう。 一方、プロテインの主な役割は、トレーニング後の栄養補給です。 そのため、 身体の吸収力が高まっているトレーニング後30分以内の摂取がおすすめです。 もちろん、トレーニング前のプロテイン、トレーニング後のHMBサプリにも効果があります。 しかし、メインの使い方は、HMBがトレーニング前、プロテインがトレーニング後、と覚えておきましょう。 HMBとプロテイン、どっちを飲むべきか 前述のとおり、HMBとプロテインは、似たような効果を持っているますが、役割が少し違います。 そのため、どっちを優先的に飲むべきかは、人によって変わります。 ,Ltd. 筋肉の合成促進効果が注目されがちなHMBサプリですが、実は筋肉の分解抑制効果も優れています。 特に威力を発揮するのが、 筋肉を落とさずに減量をしたい時です。 ダイエットは、摂取カロリーが消費カロリーを下回るようにコントロールし、脂肪を燃焼させる作業ですが、通常のカロリー制限では、脂肪だけでなく、筋肉も一緒に失ってしまいます。 HMBは、摂取することで、 筋肉よりも脂肪の分解を優先することができるため、筋肉の損失を食い止めることができます。 また、プロテインよりもカロリー自体が低いため、カロリーコントロールも容易です。 ,Ltd. 最も理想的なのは、やはりHMBサプリとプロテインを併用することです。 そのため、 お金に余裕がある場合は、なるべく併用した方がいいでしょう。 併用により、HMBサプリとプロテインの欠点を補いあい、効率よく筋肉をつけることができます。 HMBサプリとプロテインの、最もスタンダードな併用方法は次のとおりです。 国内産の高品質なHMBが、 業界トップクラスの2,000mg配合されています。 さらに、クレアチン、BCAA、グルタミンという筋肉の成長を促進する3大サポート成分、タンパク質の合成に関わるビタミンB2などが配合されおり、通常のトレーニーであれば、これ以外のサプリは不要です。 それでいて、HMB1mgあたりの値段が0. 1円を下回る、圧倒的なコスパの良さを誇ります。 HMBサプリは現在、数多くのメーカーが販売していますが、品質、価格、信頼性、全てにおいて群を抜いている、2018年現在、最もおすすめのHMBサプリです。 また現在、 効果を実感できない場合、90日間全額返金保証キャンペーンを実施中です。 詳細はキャンペーンサイトで確認できます。

次の

ジュニアプロテインと普通のプロテインの違いを解説

プロテイン 違い

ザバス(ZAVAS)とは、チョコレートや牛乳などで皆さんもご存知の meiji(株式会社 明治) が展開するスポーツのための栄養ブランドです。 ザバスは、野球日本代表「侍ジャパン」をはじめラグビー日本代表やバレーボール日本代表、バスケットボール日本代表などの日本のトップアスリートたちや、Jリーグチームなど数多くのプロアスリートを栄養の面からサポートしています。 トップアスリートたちが契約し活用しているだけでなく、大手の企業が展開するプロテインということで、その品質や安全性は信頼できるといえます。 実際にザバスのプロテインは、スポーツショップや薬局のサプリメントコーナーへ行けばどこでも必ず売っているほど定番です。 ザバスのプロテインは日本のプロテインの先駆者ともいえるでしょう。 ホエイプロテインは他のタイプのプロテインと比べると、筋肉づくりに効果が高いという特徴があります。 その理由として、含まれる栄養素と吸収時間ということがポイントになります。 ホエイプロテインには他のプロテインに比べBCAAという成分が多く含まれています。 たんぱく質は全身の様々な組織で使われるのに対し、このBCAAは筋肉を作るために主に使われるため、筋肉をつけるのに効果が高いといわれています。 また、ホエイプロテインは吸収が早く、約2時間程度で体内に吸収され全身で使われます。 この特徴はトレーニング直後など、できるだけ早くたんぱく質を体内に補給する必要があるタイミングで大きな効果を発揮します。 そのため、アスリートはトレーニングが終わると同時にプロテインを摂取するのです。 ちなみに他のプロテインの種類の場合、吸収されるまでに約7時間程度かかるとされています。 吸収速度の違いは明らかですね。 ザバスのプロテインにはもう一つ、ソイプロテインがあります。 ソイプロテインは主にダイエット向け商品として販売されており、吸収速度が遅いという特徴があります。 トレーニング直後のような素早くたんぱく質を補給した方が効果が高いタイミングではソイプロテインは適していませんが、ゆっくり吸収することで効果が高まるタイミングがあります。 それが就寝前です。 睡眠中は成長ホルモンの分泌が多く、筋肉づくりに効果的な時間帯です。 しかし、寝ている時間は食事ができないため、体内のたんぱく質が枯渇しやすいのです。 就寝前にソイプロテインを摂取することでソイプロテインのゆっくりと吸収されるという特徴が効果を発揮し、就寝中もたんぱく質を補給することができるのです。 そのため、トレーニング直後はホエイプロテイン、就寝前はソイプロテインと摂取するプロテインの種類を変える上級者もいるのです。 ザバスプロテインのラインナップを公式サイトでチェックしてみると、「ATHLETE」「STYLE」「ENTRY」「JUNIOR」と4つの分類で分けられており、その中でも色々な分類がされています。 その大きな違いは、配合されているたんぱく質の種類と、たんぱく質含有率、その他に配合されている成分バランスです。 たんぱく質の種類とは、ホエイプロテインかソイプロテインかという違いです。 たんぱく質含有率は、1回の摂取量のうちどのくらいの量のたんぱく質が摂取できるかということです。 プロテインにはたんぱく質だけでなく、カラダづくりに効果的な栄養素がプラスされていることがほとんどです。 もちろんその区分けはあくまでも目安としてのものですので、アスリートではないからアスリート向けの商品は適していない、という訳ではありません。 というと、じゃあ一体どれを選べばいいの…と悩んでしまいますよね。 トップレベルのホエイプロテイン商品です。 たんぱく質含有率は97%と、数あるプロテイン商品の中でも最高レベルのプロテインといえます。 また、糖質がほとんど含まれていないため、体脂肪をつけたくない人にとって最高の商品です。 また、ザバス独自のスーパークリア製法で、ホエイプロテイン特有の匂いや味などを極力なくし、どんな飲み物、食べ物に混ぜても摂取することができるという優れたプロテインです。 たんぱく質以外に配合されている栄養素がないため、純粋にたんぱく質の摂取量を増やしたい!という上級者にオススメです。 たんぱく質含有率90%のハイレベルなプロテインです。 このプロテインの特徴は、たんぱく質の他に、パワーペプチドとグルタミンペプチドという2つのペプチドが配合されているという点です。 たんぱく質が体内へ吸収されるためには、たんぱく質を分解してアミノ酸の形にする必要があります。 ペプチドはその途中の段階で、アミノ酸が2つ以上結合されている状態のことをいいます。 ペプチドが配合されていることで、アミノ酸に分解するまでの時間が短縮されるため体内への吸収がより素早くなるのです。 トレーニング直後のタイミングはこの吸収スピードが効果を左右するポイントとなるので、このプロテインはトレーニング直後に最適なプロテインといえます。 また、11種類のビタミンと4種類のミネラルが配合されており、ハードな練習やトレーニングでもコンディションを良い状態に保つことができます。 練習後やトレーニング後のエネルギー補給に効果の高いプロテインです。 そのため、たんぱく質含有率は38%と低く、その代わりに糖質が多く含まれています。 その他に疲労回復効果の高いクエン酸や8種類のビタミン、カラダづくりに効果的な3種類のアミノ酸、パワーペプチド、亜鉛など、コンディションを整えるための栄養素をトータル的に摂取することができます。 カラダを素早く回復させるためには、練習やトレーニング直後の素早いエネルギー補給が欠かせません。 この商品はカラダづくりのためというよりは、ハードな練習や筋トレにより消耗したカラダをより早く回復させるためのプロテインといえるでしょう。 ただし、体脂肪をつけたくない人や体重制限のある競技を行っている人にとっては、糖質とカロリーが他のプロテインと比べ高いためオススメできません。 マラソンやトライアスロン、水泳長距離など、持久力が求められる競技選手向けに作られているプロテインです。 たんぱく質含有率65%と若干少なめなのは、このプロテインも長時間の練習によるカラダの疲労をリカバリーするための商品という位置づけだからではないでしょうか。 長時間運動する競技の場合、筋肉量が多すぎることで体重が重くなりパフォーマンスが低下してしまうことがあります。 その点を考慮し、たんぱく質含有量を少し少なめにし、その代わりに長時間の練習で枯渇したエネルギーを素早く補給できるためにマルトデキストリン(糖質)を配合しています。 練習で失われやすいビタミン・ミネラルも配合しているため、長時間運動し続ける人にとってオススメできるプロテインです。 大豆から作られるソイプロテインの商品です。 たんぱく質含有率は75%と平均的で、ホエイプロテイン同様ビタミンB群とビタミンCが配合されています。 このプロテインが女性にオススメな理由は、ソイプロテインに含まれるイソフラボンという栄養素です。 大豆にはイソフラボンという栄養素が含まれており、このイソフラボンは女性ホルモンの働きをサポートしてくれるのです。 女性ホルモンは年齢とともに分泌量が少なくなります。 その結果、肌荒れや髪質の変化、疲労感などの体調面での影響など、様々なカラダの不調をきたします。 また、ダイエット中など栄養素が不足していることでも女性ホルモンの働きが悪くなってしまいます。 イソフラボンを摂取することで、女性ホルモンの分泌を調整してカラダの調子を整えてくれるのです。 女性にとってカラダづくりだけでなく、体調管理や美容にも効果がある一石三鳥のプロテインです。

次の

【ホエイ・ソイ・カゼイン】プロテインの効果と違い・飲むタイミングについてわかりやすく解説

プロテイン 違い

さらに、ペプチドはアミノ酸に分解されてから吸収されます。 つまり、 プロテインもアミノ酸も体内に吸収される時はアミノ酸として吸収されるわけです。 ここだけの説明ですと、どうせアミノ酸として吸収されるのであれば、プロテインよりもアミノ酸がいいのでは!?と思ってしまうかもしれませんが、それぞれに長所・短所があります。 プロテインはバランス。 アミノ酸は特化型と考えるとわかりやすい まず最初に理解しておいてもらいたいのは、アミノ酸には20の種類があり、それぞれのアミノ酸が果たす役割は違うということです。 牛乳や大豆を原料につくるプロテインは良質なタンパク質を多く含んでおり、このタンパク質は体内で20種類のアミノ酸に分解され、それぞれの用途で体に働きかけてくれます。 一方で、アミノ酸サプリは、そのサプリに含まれている 特定のアミノ酸が持つ効用に特化して使うということです。 例えば、BCAA(必須アミノ酸のロイシン、イソロイシン、バリン)と呼ばれる3種類のアミノ酸に特化したサプリメントが多く売られていますが、これはBCAAの効用に特化したサプリメントと言えます。 つまり、バランスよくアミノ酸を取りたい場合はプロテインを、アミノ酸の種類に精通しており用途が決まっているのであればアミノ酸サプリを選択するのがいいと言えます。 BCAAについて詳細を知りたいという人は以下を参考にしてください。 吸収速度が大きく異なる! プロテインとアミノ酸の最大の違いと言えるのが吸収速度です。 一方でアミノ酸は約30分程度と吸収までの時間が短いです。 吸収時間が短いということは運動中などの素早く栄養補給をしたいときに向いています。 吸収速度に関しては分子の大きさが影響しており、 「タンパク質>>ペプチド>>アミノ酸」の順に大きく、小さいほど(アミノ酸ほど)吸収されやすいです。 ただし、近年の研究ではアミノ酸よりもペプチドの方が吸収されやすいという結果も出ており、現状はっきりしていない状態になっています。 プロテインとアミノ酸サプリの使いわけ では、プロテインとアミノ酸サプリはどのように使い分ければいいのでしょうか? 基本的にプロテインよりもアミノ酸サプリの方が価格が高価ですので、普段のトレーニング後や就寝前、食事のバランスを取るための栄養補助食品としてはプロテインの方が向いています。 一方、トレーニング前や試合中などのここぞというタイミングのときにアミノ酸サプリを活用しましょう。 どちらかだけを使うのではなく、状況に応じてプロテインとアミノ酸サプリの両方を使えるとなお良いでしょう。

次の