レクサス lx 内装。 レクサスLXの内装は本格クロカンSUVに相応しい格式高さと機能性を備える

元デイーラーも羨ましい!【レクサスLX】ラグジュアリーを極めた人気のカラー・色紹介

レクサス lx 内装

「レクサスのLXを買おうと思ってるんだけど、内装はどんな感じ?」 「レクサスLXの内装を、メーカーサイトに載ってないような細かいところまで見たい!」 車を購入するとき、見た目や走行性能も大事ですが、内装がかっこいいかどうかも気になりますよね。 そこで、レクサス LXのすみずみまで写した内装写真を紹介します。 ハンドルやメーターまわりはもちろん、乗車口ドアやシートの質感といった細かいところまで、徹底的にお見せします。 なおこのレビューはレクサスのショールーム「レクサスミーツ」にて取材を行い執筆しました。 「レクサスミーツ」の詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。 グレードはLX570です。 運転席周り コックピットの全体の様子です。 内装色はサンフレアブラウン、オーナメントパネルはウォールナット(ダークブラウン)。 センターコンソールやダッシュボードの一部に、木目模様が入っています。 まずは運転席から見ていきましょう。 運転席から見えるコックピットの全体です。 エアコン吹き出し口の間に、アナログ時計がついています。 木目調部分のさわり心地がつるつるしていて気持ちいいです。 最高のハンドルだと思います。 ハンドル右側の、ステアリングスイッチです。 マルチインフォメーションディスプレイの表示内容や、レーンディパーチャーアラート(ウィンカーを出さずに車線をはみ出してしまいそうなときに鳴る警告)のON・OFFをこれで切り替えます。 レーダークルーズコントロール(先行車と適切な車間距離をたもってくれる機能)の希望車間距離の設定も、このスイッチで切り替えます。 ハンドル左側の、ステアリングスイッチです。 オーディオの音量変更や、ハンズフリーで電話をかけたり受けたりするのに、この左側のスイッチを使います。 ウィンカーレバーです。 ウィンカー点滅のほか、フォグライトの点灯・ヘッドライトの点灯・ハイビーム・ロービームの切り替えを行います。 オートモードにすると、対向車のヘッドライトを検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます。 ウィンカーレバーの手前についている銀色のものは、マニュアルモード時に使用する、ギアチェンジ用のパドルです。 ワイパーのコントロールスイッチです。 ウィンドーウォッシャー液による窓清掃も、このレバーで行います。 コントロールスイッチの手前についている銀色のものは、マニュアルモード時に使用する、ギアチェンジ用のパドルです。 ハンドルの後ろには、「パノラミックビューモニターメインスイッチ」と「バックソナースイッチ」がついています。 パノラミックビューモニターメインスイッチとは、「車のフロント・サイド・後方に取り付けられたカメラの映像を合成し、車を見下ろす視点の映像をディスプレイに表示して、駐車の補助をしてくれる機能」のON・OFFを切り替えるスイッチです。 バックソナースイッチとは、「後方に障害物がある場合に警告音を鳴らして知らせてくれる機能」のON・OFFを切り替えるスイッチです。 LXは車体が大きくて後方の状況が見にくいので、これらの機能は重宝します。 LXのメーターです。 右側がスピードメーター、左側がエンジンの回転数を表すタコメーターになっています。 2つのメーターの間にはマルチインフォメーションディスプレイがついていて、走行距離や実燃費を表示します。 メーターは針で表すアナログ式になっていて、車らしくてかっこいいです。 MEMO もしレクサスLXを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。 このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。 詳しく知りたい方は、下記の『』のページをご覧ください。 センターコンソールやスイッチ関連 標準装備のカーナビです。 3インチのワイドディスプレイで見やすくつくられています。 新車もしくは認定中古車で購入した場合はG-Linkというサービスも利用でき、エンジンをかけてボタンを押すだけで、最新の地図に更新できるんです。 G-Linkは新車なら登録から3年間、認定中古車なら購入から2年間無料で利用できます。 なお認定中古車については以下の記事で詳細を解説しているので、ご存知ない方はこちらもあわせてご参照ください。 カーナビの下の、エアコン吹き出し口です。 ナノイーが出ます。 エアコン吹き出し口の下の、オーディオ・エアコン操作パネルです。 設定温度の変更や、フロントガラス・リヤガラスのくもり止めのON・OFFを切り替えたり、内気循環モードと外気導入モードの切り替えも行います。 設定温度は、運転席側と助手席側で別々に設定可能です。 オーディオ・エアコン操作パネルから下に下がると、ドリンクホルダーとパーキングブレーキスイッチがついています。 ドリンクホルダーの手前には、カーナビの操作スイッチとシフトレバーがあります。 シフトレバーはしっかりにぎり込める形をしていて操作しやすく、レザーのカバーが掛かっているところがデザイン的にもかっこいいです。 シフトレバーの手前には、• 「ECT2ndスイッチ」• 「センターデフロックスイッチ」• 「VSCオフスイッチ」• 「クロールコントロールスイッチ」• 「ターンアシストスイッチ」 の5つのスイッチがついています。 ECT2ndスイッチは、押すとギアが2ndの状態から発進するようになり、雪道や凍結路面で発進する際のスリップを防ぎます。 センターデフロックスイッチとは、フルタイム4WDの作動状態を切り替えるスイッチです。 駆動力を上げ、タイヤがぬかるみにハマってしまった場合に脱出するのに役立ちます。 VSCとは、車両の挙動を安定させるシステムのことで、オンにしているとカーブを曲がるときや右左折時にスムーズなステアリング操作をアシストしてくれます。 クロールコントロールスイッチとは、アクセルを踏まなくても低速度で自動走行させるスイッチです。 このスイッチを押すことで、悪路を走行する際にハンドル操作だけに集中できるようになります。 ターンアシストスイッチとは、「自動走行中にカーブに差し掛かったとき、後輪のブレーキ油圧を制御して小回りが利くようにしてくれる機能」のON・OFFスイッチです。 カーナビの操作スイッチです。 四角い大きな部分をスライドさせて画面上のカーソルを動かすんですが、プッシュすることで決定ボタンの役割も兼ねています。 実際に操作してみると、「決定を押したつもりがスライドしてしまってカーソルがズレる」ということが何回かあり、操作感はイマイチでした。 なお実際に試乗した感想をまとめた記事でも解説しているので、詳細が知りたい方はこちらもあわせてご参照ください。 カーナビ操作スイッチの横には、シートヒーターとシートクーラーのON・OFFスイッチがついています。 写真は助手席側ですが、運転席側にもこのスイッチがあります。 カーナビ操作スイッチから手前に下がると、左から、• ノーマルモード• カスタマイズモード• コンフォートモード• エコモード• スポーツモード• クロールコントロール機能の車速切り替えスイッチは、自動走行する際のスピードを、5段階で調節できるスイッチです。 3つのスイッチから手前に下がると、ヒジ掛けがついています。 ヒジ掛けを開けると、なかはクーラーボックスです。 前部座席のエアコンと連動した機能になっていて、クーラーボックスの電源をオンにすると、前部座席のエアコンもオンになります。 容量は、500mlのペットボトルを6本並べて入れられる程度です。 オーディオ・エアコン操作パネルの右上に、イグニッションスイッチ(スタートボタン)。 イグニッションスイッチの下には、左上から、• 「プリクラッシュセーフティシステムスイッチ」• 「パワードアオフスイッチ」• 「パワーバックドアスイッチ(バックドアの自動開閉スイッチ)」 がついています。 プリクラッシュセーフティシステムスイッチとは、「進路上にいる車両を検知し、衝突の危険性が高いときに警報や自動ブレーキが作動するシステム」の設定を切り替えるスイッチです。 パワードアオフスイッチとは、バックドアの自動開閉機能をオフにするスイッチで、これを押すとバックドアを手動で開け閉めすることになります。 パワーバックドアスイッチを押せば、バックドアが自動開閉します。 運転席の窓側の、エアコン吹き出し口です。 エアコン吹き出し口の下には、左から、• 「乗降モードスイッチ」• 「ヘッドアップディスプレイスイッチ」• 「ヘッドランプクリーナー」• 「オートマチックハイビームスイッチ」 の4つのスイッチがあります。 乗降モードスイッチとは、「エンジンを停止したときに自動的に車高が下がり、乗り降りしやすくする機能」のON・OFFを切り替えるスイッチです。 先ほどの「車高制御スイッチ」で車高がノーマルモードになっているときに作動します。 ヘッドアップディスプレイとは、フロントガラスに映像を投影することで、現在のスピードを表示したり、カーナビと連携して進行方向を表示したりする機能のことです。 ヘッドランプクリーナーとは、ヘッドランプにウォッシャー液を噴射して掃除するためのスイッチです。 オートマチックハイビームスイッチとは、対向車のライトを検知してハイビーム・ロービームを自動的に切り替えるスイッチで、先ほどのウィンカーレバーでオートモード(もしくはハイビーム)にした状態でオンにすれば機能します。 4つのスイッチの左横には、「インストルメントパネル照度スイッチ」と「オドメーター/トリップメーター表示切り替えスイッチ」がついています。 インストルメントパネル照度スイッチとは、メーター照明の明るさを調節するスイッチです。 オドメーター/トリップメーター表示切り替えスイッチとは、マルチインフォメーションディスプレイの表示内容を切り替えるスイッチで、「平均燃費」や「外気温」といったさまざまな内容に変更できます。 さらに下に下がると、RSCAオフスイッチがついています。 RSCAとは「ロールオーバー対応カーテンシールドエアバッグ」の略で、窓についているエアバッグのことです。 オフにすると、車両を大きく傾けて走行しても、窓側のエアバッグが作動しなくなります。 ブレーキペダルとアクセルペダルです。 前部座席のドア周り 運転席のドアトリムです。 運転席ドアトリムのアップ。 さらにアップ。 素材はセミアニリン本革(一部に合成皮革を使用した本革)で、さわり心地はやわらかいです。 運転席ドアの、インナーハンドル。 横の1・2・3・SETと書いてあるのは「マイコンプリセットドライビングポジションシステムスイッチ」で、事前に運転席の位置・ハンドルの位置・ドアミラーの角度を登録しておくと、このスイッチを押すだけで同じ位置に自動調節してくれます。 運転席ドアの、ドアロックスイッチとパワーウィンドウスイッチです。 運転席ドアのスピーカー。 助手席のドアトリムです。 助手席ドアの、インナーハンドルです。 助手席ドアの、パワーウィンドウスイッチ。 助手席ドアのスピーカー。 助手席ドア側から見たコックピット全体です。 写真の内装色はサンフレアブラウンですが、LXにはこのほかに、• アイボリー• ブラック• メローホワイト• ガーネット があり、えらんだ内装色によって、写真に写っている茶色い部分の色が変わります。 助手席から見たダッシュボードです。 茶色い木目調の部分のさわり心地は、つるつるしています。 見た目もつやがあって、高級感を感じます。 シートの質感とその他の内装 運転席ドア側から見た、前部座席の様子です。 ほかの内装色を選ぶと、茶色い部分の色が変わります。 助手席ドア側から見た、前部座席の様子です。 助手席シートのアップ。 さらにアップ。 表面はパーフォレーションレザー(穴あけ加工されたレザー)になっています。 すわり心地はやわらかめです。 前部座席のヘッドレスト。 前部座席の室内灯です。 左から、• 「リヤムーンルーフチルトアップ・ダウンスイッチ」• 「ヘルプネットスイッチパネル」• 「室内灯点灯スイッチ(ドアオープン時)」• 「侵入・傾斜センサーオフスイッチ」• 「リヤムーンルーフ開閉スイッチ」 がついています。 リヤムーンルーフチルトアップ・ダウンスイッチとは、リヤムーンルーフを上下に動かすスイッチです。 上方向を押すと数センチ開き、下方向を押せば閉まります。 ヘルプネットスイッチパネルとは、事故や急病といった緊急時に押すと、ヘルプネットセンターに電話がつながり、警察や消防に通報してもらえるスイッチです。 侵入・傾斜センサーとは、車上荒らしが侵入した際に超音波で検知して、アラームを鳴らす機能です。 傾斜センサーがついていることで、車の傾きの変化も検知して、けん引車で盗難されそうになってもアラームを鳴らします。 リヤムーンルーフ開閉スイッチとは、リヤムーンルーフを後方に動かして開けるスイッチです。 LXのルームミラー。 助手席のサンバイザー(日よけ)です。 ミラーのふたを開けると、ライトが点灯します。 運転席側のサンバイザーです。 こちらも、ミラーのふたを開けるとライトが点灯します。 MEMO もしLXを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。 このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。 詳しく知りたい方は、下記の『』のページをご覧ください。 レクサスLXの内装:後部座席(2列目) 後部座席に行ってみましょう。 こちらは後部座席のドアトリムです。 後部座席ドアの、インナーハンドルです。 後部座席ドアの、パワーウィンドウスイッチ。 後部座席ドアのスピーカー。 後部座席ドアには、さらにもう2つスピーカーがついています。 後部座席の窓には網戸がついています。 開閉は手動です。 後部ドア側から見た、後部座席の全体です。 後部座席には、オーディオの操作パネルが2つついています。 ラジオの選局やCDの選曲が、後部座席の乗客にも自由にできるようになっているんです。 大人数でのドライブが楽しくなる、高級車ならではの機能だと思います。 後部座席天井の、室内灯です。 「右側のみ点灯」・「左側のみ点灯」・「両方点灯」・「消灯」の4パターン使えます。 LXはハッチバック式なので、バックドアがこのように開きます。 バックドアは手動で開けるのではなく、運転席のパワーバックドアスイッチを押すか、スマートキー操作で自動的に開くんです。 閉めるときはバックドアの下端についているパワーバックドアスイッチを押すことで、自動的に閉じます。 LXは荷室と車内がつながっていて、サードシートをたためばサードシート部分も荷室として使えます。 写真はたたんだ状態です。 サードシートの折りたたみは手動ではなく、荷室内のスイッチを押すことで自動的に行われます。 写真に写っている、ライトの上にあるのがそのスイッチです。 なおレクサスLXについては以下の記事でも批評しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。 一見ゴツゴツした印象を受けますが、ドアトリムやシートをさわってみるとやわらかいので、運転する男性だけではなく、助手席・後部座席に乗る女性や子供もつかれてしまわない車内空間です。 オーディオ操作パネルが後部座席に2つついているところからも、「同乗者のことをよく考えてつくられてるんだな」という印象を受けました。 ほかのレクサスの内装については、以下の記事で紹介しているので、興味のある方はこちらもあわせてご参照ください。

次の

レクサスLX専門カスタムパーツカタログページです。|ラグジュアリーカーパーツ

レクサス lx 内装

次期型は「レクサスLX600」になる可能性がある 現行LX570のデビューからすでに12年。 姉妹車のランドクルーザーは発展途上国でも簡単に整備できるようにシンプルな設計なので、モデルライフが長くなる傾向にあります。 とはいえそろそろ全面刷新が必要な頃合い。 レクサスLX570も並行して次期型の開発を行っています。 次期型LXへのフルモデルチェンジ時期は2020年後半と予想。 また、ネーミングはレクサスLX600になる可能性が高いです。 トヨタが「LEXUS LX600」で商標登録を申請していることがわかったためです。 2019年の10月に届けが出されたということ、また、通常であれば出願してから登録までおよそ6か月くらいとのことです。 2019年の東京モーターショーでの発表はありませんでしたが、早ければ2020年4月に行われるニューヨーク国際オートショーで「レクサスLX600」としてお披露目の可能性もあります。 実際の発売は2020年秋か、ランドクルーザーより1年遅れて2021年夏と予想。 現行レクサスLX570の発表も2007年のニューヨーク国際オートショーだったので、LX600のアメリカでの発表へ期待が高まります! 新車購入を考えている方には、「新車の値引の方法」をおススメします。 オフロードでの踏破性はもちろんのこと、オンロード(舗装された一般の道路)での静粛性や乗り心地も飛躍的に向上することになるでしょう。 より滑らかで力強い走りを実現しています。 6L V8エンジン 1UR-FE 一方、次期型の国内仕様にはフラッグシップセダン「レクサスLS」に採用する、3. 5リッターV6エンジンを搭載すると予想。 ガソリン車は3. 5Lツインターボ、ハイブリッド車は3. 5Lエンジンにマルチステージハイブリッドシステムを組み合わせる可能性もあります。 海外仕様ではターボディーゼルの設定もあるかもしれません。 アメリカのフォードも2. 7Lのターボエンジンで300ps以上を実現していますから、可能性はゼロではないでしょう。 7Lから2. 5Lへのダウンサイジングとなれば、世界中が驚くかもしれませんね! トランスミッションは現行の8速オートマチックに変わり、10速オートマを組み合わせることになるでしょう。 大幅なダウンサイジングで、余裕のある動力性能を備えつつ、燃費も向上するでしょう。 現行車の燃費は6. LX570の外観はランクル譲りの本格派SUVらしいプロポーション。 そのうえで、メッキ素材をふんだんに使用したスピンドルグリルや薄型のヘッドライトを採用するなど、ラグジュアリー&スタイリッシュな雰囲気も備えています。 そういった経緯から、一部のユーザーから現行モデルのレクサスLXは、ランドクルーザー200との差別化が徹底されていないことによる、不満の声があがっています。 ランドクルーザー200もランドクルーザー300系として2020年にフルモデルチェンジが予想されています。 両車のデビュー時期は近いと予想されますが今回は現行モデルの反省点を活かし、今回の新型LXはレクサスならではの専用装備が搭載され、新型のランドクルーザーとは差別化が行われる事でしょう。 特にスピンドルグリルは車の顔ともいえるので、ランクルとどういった違いが出るのかは楽しみです。 次期レクサスLXではCピラーでその前後を分けるようなデザインにし、ランドクルーザーの横顔とも区別がつきやすくするかもしれません。 米国人はトヨタランクルよりレクサスLXが好みなんだろう。 この型のランクルは、たったの4回しか見たことない。 LXは毎日見る。 俺はランクルの方が好き。 — 案浦攻 KohAnnoura デジタルアウターミラーの搭載 量産車両であるレクサスESに世界で初めて搭載したデジタルアウターミラーを新型レクサスLXにも搭載すると予想します。 デジタルアウターミラーとは車両のフロントドアに設置された小型カメラでとらえた車両左右の映像を、車内のモニターに映し出してくれる装備です。 モニターが車内にあるので雨天時などでも視認性に影響がない• ウインカー、リバース機能と連動してい表示エリアを自動的に拡大してくれる• 運転者の目線移動を少なくすることで負担が軽くなる• 暗い場所では映像の明るさが自動的に調整される 肉眼でサイドミラーを確認するよりも圧倒的に安全性は向上します。 現行のインテリア 引用: 引用: 運転席周りは王道SUVらしい直線的なデザインを継承。 メーター類は高精細CGによる立体的なグラフィックにより、より視認性も見栄えも良くなるでしょう。 外気温や車内温度等に応じてエアコン、シートヒーター、ベンチレーションなどの機能を自動的に連動させる「レクサス・クライメイト・コンシェルジュ」が引き続き装備され、より快適さが向上するはず。 3列目シートは電動収納になる可能性も高いです。 新しいシャシー、エンジンの搭載で約100万円アップと予想します。 そもそも価格が高い車はリセールは落ちがちですしね。 大きい車でもレクサスLXやランクルはリセール良いですよ。 私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 詳しくはこちらで解説しています。 ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。 実際に私がセレナを最大値引き額 50万円 を勝ち取った方法を無料公開中。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 90 秒で愛車の最高額がわかる! [新登場]スマホで写真を撮るだけ?? 一瞬で高額査定!! 電話営業一切なしで一括査定より速い!! あのDMMから新サービス!! 一括査定よりも早く相場が知れる!• 面倒な電話も無し!• ササッとお車査定!• スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!.

次の

【レクサス新型LX】2021年「LX600」300系フルモデルチェンジ!最新情報、燃費、発売日や価格は?

レクサス lx 内装

そうね。 私も高級車の乗り心地を、味わいたいわ! レクサスLXの内装のまとめ• LXの価格は11,356,481円(税込み)• シートは2列か3列を選べる• コックピットは黒の中に、木目調のアクセントが映えて高級感がある• ドリンクホルダーや、飲み物を冷やすためのクールボックスが付いていて便利• 3列目のシートをラゲッジスペースにできる、スペースアップ機構が付いている• シート、ステッチ、ルーフ、トリムの4ヶ所は、内装カラーを変更可能• レクサス公式チャンネルの360度内装を確認できる動画を観て、購入検討もできる レクサスLXは値段が高くてなかなか手が出せない車ですね。 ですが、 内装は高級感があり、注文時に4か所自分好みのカラーを選ぶこともできます。 悩み抜いてカラーを決めたレクサスLXには、 間違いなく愛着が沸くでしょう。 是非試乗に行って、ご購入を検討されてみてはいかがでしょうか? 「車を乗り替えよう!」 と思った時に まず向かうのはディーラーや販売店へ向かうことが多いですね。

次の