崖っぷち妃として生き残る。 よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第21話】のネタバレ・感想!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る15話ネタバレ・感想!

崖っぷち妃として生き残る

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」のあらすじ ピッコマで色々な漫画を読んできましたが、ありそうでなかった設定ですね。 処刑されるところは「捨てられた皇妃」、結婚相手と別れようとするのは「冷血公爵の心変わり」、転生したのが悪役ってのは「悪女の定義」といったように、要素要素は他の漫画を彷彿とさせます。 本作は主人公の女性が、なぜかファンタジー小説の悪役カナリア・イースターになってしまうことから始まる。 カナリアは第一皇子の妃として迎えられるが、数々の悪行を繰り返した末、死刑となってしまうキャラクター。 主人公はどうにか首が跳ねられる事態を避け、皇子と平和に離婚することを目指して立ち上がる。 「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」15話ネタバレ・感想 狩猟大会に見学に来ていたカナリア。 来て早々、小説のヒロインであるグレイシーと出くわします。 相変わらず遠回しに嫌みを言ってくるグレイシーですが、グレイシーに付きまとう男の愚痴を言うグレイシーと意気投合。 身分が違えば仲良くなれたかもしれないと思うカナリア。 罰ゲームを受けることになったカナリア 狩猟大会の楽しみかた、他の令嬢とのゲームを楽しんでいたカナリアですが、ゲームに負けて罰ゲームを受けることとなってしまいます。 その罰ゲームというのは、狩猟場から花を摘んでくるというものでした。 付き人がついてこようとしますが、罰ゲームだからと、カナリアは一人でいこうとします。 しかし、いざ出発すると虫を踏んだり、木の根っこにつま付いて足をくじいたりと散々です。 こんなときにセザールがいてくれたらと、昔迷子になった自分を探し出してくれたことを思い出します。 グレイシーに助けられる?! 足をくじいてしまい座り込んでいたカナリアを見つけ出したのは、なんとグレイシーでした。 狩猟大会中にも関わらず、カナリアの叫び声を聞いて助けに来たとのことでした。 どうせ誰かが遭難でもしたんだろうと。 グレイシーは動けないカナリアをひょいっと持ち上げてお姫様だっこで馬にのせてしまいました。 いくらヒロインとは言え、自分とのスペックの違いをまざまざと見せつけられたカナリアは少し面食らってしまいます。 相変わらず口はきついグレイシーですが、カナリアは狩猟大会の邪魔をしてしまったと詫びます。 グレイシーの地雷を踏むカナリア カナリアはグレイシーに、何でもできてスペックの高いことから、グレイシーですが男ならば爵位も継げただろうと言われていると言うことを話しました。 しかし、グレイシーは女なんだから何も得られないと言います。 その言葉にカチンときたカナリアは、グレイシーは素晴らしい才能を持っているではないかと反論しますが、それがさらにグレイシーに火をつけてしまいます。 グレイシーはそれになんの意味があるのかと言い出します。 ここで、自分がグレイシーの地雷を踏んでしまったのだと気づくカナリア。 ネタバレ・感想まとめ 更新中です。

次の

ファンタジー小説一覧

崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説・・42話ネタバレ 「よくあるファンタジー小説で崖っぷちで妃として生き残る」41話では、セザールとカナリアが久々の「寝室シェア(房事)」で離婚に関する真剣な話をしていました。 別れたくないセザールと、自分自身の気持に向き合ってから返答したいというカナリア。 セザールはそんなカナリアを待つ気持でいましたが・・・ カナリアからノアへの手紙を見つけてしまいます(オスカーが仕組んだ) 「私たち、しばらく合わないほうがいいわ」 その手紙の内容を読んだセザールは一気に疑心暗鬼になってしまいました! 誤解を解くべくカナリアはノアと共にセザールの部屋に乗り込み・・・!? よくあるファンタジー小説42~誤解を解くノア~ カナリアから全てを聞いたノアはセザールにズンズンと詰め寄り、こう切り出します! ノア「僕には可愛い花嫁がいるってこと知っているだろ!!」 勘違いされて怒っているノアを、カナリアは「落ち着いて」と声かけします。 そして、「ノアのリアクションを見て分かるでしょ?私たちの間には何も無いの。 」 ときわめて冷静に伝えますが、セザールは信用していないとでもいう風に顔を背け、無言のままです。 ノア「本当に僕とカナリアが一緒に寝たということを信じているの!?ありえない!!」 とまくし立てるノアですが、それを見ていたジャックスが耐え切れず会話に入ってきました。 よくあるファンタジー小説42~ジャッカス乱入~ ジャッカス 「そいつは嘘をついている!!」 と、ジャッカスが勘違いした、ノアとカナリアの会話の一部始終を話し始めました。 カナリアーもしかして!あの時の会話を聞いて勘違いしたんじゃ・・・ー よくあるファンタジー小説42~セザール誤解が解けた!~ カナリアは、12歳の頃ルームシェアをしたときのことを覚えている? と当時の事を話し始めました。 セザールは、ハッと衝撃を受けたような表情をして、その当時のことを思い出したようです。 勘違いしていたセザールは顔を真っ赤にさせて恥ずかしがります。 セザールは顔を真っ赤にさせながら、【あるお願い】をするのですが・・・!?

次の

ピッコマ漫画ライフ

崖っぷち妃として生き残る

「よくあるで崖っぷち妃として生き残る」52話のネタバレ 「よくあるで崖っぷち妃として生き残る」は、にて大人気独占配信中の韓国の恋愛ファンタ漫画です。 原作Nokki 作画AhBin 原題「양판소 주인공의 아내로 살아남기 」 毎週金曜日12時にで最新話が更新されています。 私、その小説の妃になってしまいました。 正しくは、主人公の手で殺される悪の脇役で、しかも金遣いの荒い悪妻! でも、子供の頃から尽くす妃を演じたら、首が跳ね飛ばされるのは避けられるかも? よし。 今から、私の目標は無事に離婚すること! だったはずなのに…ちょっとした誤解が大きな波紋を呼び、計画は大迷走。 は、イーサンとジャックスを皇室に送られた重要度の低い手紙等の書類が保管された場所へ案内した。 あまり重要ではないため、この倉庫は掃除が行き届かず埃っぽい。 は、この膨大な量の中からベオント家に関係するものを探し出すつもりである。 次ので、女性の継承の法案を通すため、、セザール、は忙しい日々を送っていた。 もベオント家対策のために動き始めたのだが、あまりの作業量にジャックスがダウン寸前。 「糖分をとることで乗り切りましょう。 」と言う。 イーサンはもりもり食べている。 まで残り2週間。 忙しくてに会えずじまいだったセザール。 皇宮内で彼女をみつけると思わず抱きしめた。 「10秒だけこのままで。 」 そう言ってセザールは彼女を抱きしめた後、元気になったのか笑顔で次の仕事先へ向かった。 そして時は経ち、当日になった。 の応接室にて、呼び出されたラヤとカイルが、気まずそうに彼女が現れるのを待っていた。 が現れ、「時間がないので本題から。 」と言い、ある手紙を取り出す。 そしてラヤによく見るよう促すのだった。 が始まり、セザールとは不安な様子での結果を待った。 はにて自分側の人員を当選させ、セザールはファーンハム家を支持していない貴族の説得に成功していた。 ベオント家の票さえ獲得できれば、法案は通せる。 しかし、ベオント伯爵が到着する前に、法案について順番が回ってきた。 その為セザールは立ち上がり、「順番を最後にしてほしい。 」と皇帝に頼んだ。 「議題の順番は事前に協議されていますから。 」と、司会者は困惑する。 しかし皇帝は許可した。 セザールに期待しているので、一度だけ手助けしようと考えたのだ。 その様子を見て、ほっとする。 「よくあるで崖っぷち妃として生き残る」53話のネタバレに続く hukusinoko.

次の