生命保険会社 評判。 ジブラルタ生命はやばい保険会社?特徴・評判・商品を詳しく解説!

ネオファースト生命の口コミ・評判 | みん評

生命保険会社 評判

保険営業の給与は保証有の出来高制が多い 保険営業の給与は、最低限の保証があるうえで出来高制が多いです。 基本給プラス、営業成績や売上などを加味した歩合やインセンティブ制度などです。 また、取った契約が継続していれば、継続率も合わせて給与に反映されていきます。 そのため、 成績を取ればとるほど給与はあがります。 ただし、継続率が給与に反映されるのは2年目あたりからが一般的です。 継続率が反映され始めて、契約も取れるようになる2~3年目あたりで給与が上がっていくため、3年目にいくまでに給与が低いと感じるでしょう。 ノルマがある会社がほとんど 生命保険会社は、ノルマを設定している会社がほとんどです。 ただ、 ノルマは「目標」な場合が多く、1件も取れていない…なんて状況でない限り、達成できないからと言ってペナルティはありません。 しかし、0件が続くと、給与が下がることもあるので注意しましょう。 雇用形態は「個人事業主」が多い 保険会社の雇用形態は、個人事業主が多いです。 個人事業主とは一人社長のようなもので、自営業をしているのと同じ扱いになります。 会社の名前を借りて個人で営業している、いわゆるフランチャイズ契約のイメージですね。 朝出勤して、営業先に向かい、終業まで働く…という点では普通のサラリーマンと変わりありません。 雇用形態だけが「正社員」ではなく、「個人事業主」という扱いになっているだけです。 ただ、口コミにもあったように、 個人事業主だから会社の経費としてではなく、個人の自腹で交通費などを支払う必要があります。 また、個人事業主なため書類や顧客管理なども自分でしないといけません。 確定申告をする必要もある 雇用形態が個人事業主なため、確定申告も自分でする必要があります。 この確定申告では、その年自腹で払った費用を、経費として申告可能です。 そのため、経費が多ければ多いほど、税金の控除も増えるので、払いすぎた税金が戻ってくる場合もあります。 サラリーマンは会社が年末調整をしてくれますが、保険会社の営業の場合は、自身の確定申告を忘れないようにしましょう。 3.保険会社に向いているのはこんな人 ここまでを踏まえて、保険会社に向いている人は次のような人です。 上記に当てはまる人は、保険会社に向いていますよ。 あなたはいくつ当てはまるか、チェックしてみてくださいね。 自分自身でお金を稼ぎたい人 保険会社は、自分自身でたくさんお金を稼ぎたい人に向いています。 口コミからも判明したように、保険会社は成果主義なので、 自分自身の力でお金を稼ごうと思えば、いくらでも稼げる仕組みだからです。 例えば、下記5つの保険会社の平均年収をみてみましょう。 あいおいニッセイ同和損害保険 平均651万円 かんぽ生命保険 平均645万円 明治安田生命保険 平均626万円 第一生命保険 平均616万円 住友生命保険 平均394万円 (参考:各社有価証券から) 一番低い住友生命保険でも、394万円あり、女性の平均年収である300万円という数字を大きく上回っています。 あわせて読みたい コミュニケーション能力が高い人 コミュニケーション能力が高い人も、保険会社に向いています。 保険の営業は、自ら初対面の人に話しかける機会がとても多いです。 お話いかがですか」など声をかけます。 時には、営業許可がまだおりていない会社に対し「ここで営業をさせてくれませんか」とお願いすることも。 退職者のお客様を引き継いだ時は、担当が変わった挨拶も行います。 このように、とにかく話しかけないと仕事が進まないので、人見知りの人や初対面に積極的になれない人には向きません。 反対に、人に話しかけることや、初対面の人でも話すことが好きな人は向いている職業です。 自己管理ができる人 保険会社に勤める場合は、自己管理能力も必要です。 なぜなら、保険会社は顧客情報や契約書などの重要な情報を、個人で持つことが多いからです。 複数のお客様がいる中、間違えずにお客様に提案書を渡したり、契約書を用意する必要があります。 自己管理が得意じゃないと、個人情報をなくしてしまったり、間違えて書類を渡しまったりする可能性も。 そのため、保険会社は自己管理ができる人が向いていると言えます。 向上心がある人 向上心がある人も、保険会社に向いています。 保険会社は、状況が変わりやすいです。 例えば、保険の商品の内容はすぐに変わるため、新商品を提案してどんどん販売しないといけません。 向上心がないと、新商品が出てきても勉強をする気になれず、適切な商品の提案ができなくなっていくのです。 また、保険の商品だけでなく、会社からの指示で資格取得の勉強を行うこともあります。 保険会社は勉強の機会が多くあるので、向上心をもって日々成長できる人に向いていますね。 4.保険会社へ転職するための方法:転職エージェントを使う 保険会社へ転職する場合は、転職エージェントを利用すると良いでしょう。 転職エージェントには、保険会社の求人が多く存在します。 エージェントを利用することで、面接対策のアドバイスなどももらえるので、初めての転職でも安心して活動ができますよ。 また、転職エージェントはとりあえず選ぶのではなく、 保険会社の評判を知るアドバイザーがいるエージェントを選ぶことが大切です。 ここでは、保険会社の転職におすすめのエージェントを3社紹介します。 私自身が、保険商品に助けられたことがあり、今度は私が、一人でも多くの生活のサポートができればと思い、保険会社に勤めたいと考えました。 その商品をお客様に提供できれば、誰かが亡くなってからのサポートだけではない、「少し困った」状況でも助けられると考え、御社を志望しました。 そこでは、商品がいかに相手にとって便利か、必要なものかニーズを伝えることで、お客様に理解された上で購入いただいておりました。 その経験を活かし、御社でも相手のニーズを聞き出し、それに応える保険商品を提案できる人材になりたいと思います。 転職エージェントのアドバイザーは、上記のような志望動機も一緒に考えてくれますよ。 コツ2.資格を取る 保険会社に転職するためには、資格を取っておくのもコツの一つです。 さまざまな資格がありますが、「FP(ファイナンシャルプランナー)3級」は、保険会社入社後に取得を指示されることが多いです。 そのため、 入社前に取っておくと「入社するために勉強した」というアピールも可能です。 保険会社に入ってからだと、忙しくて勉強する時間もない…ということもあり得るので、取っておくと楽ですよ。 また、入社後、保険販売に必要な資格テストを受けることになるので、FPなどの勉強をしておいた方がためになります。 コツ3.面接ではとにかく笑顔 最後のコツですが、 面接ではとにかく笑顔でいるようにしましょう! 保険会社では、コミュニケーション能力が高い人を積極的に採用する傾向があります。 また、営業の仕事はたくさんの人と関わるので、笑顔や清潔感もチェックされます。 初対面の人に話しかける機会が多い営業なので、面接でも笑顔を保てる人はそれだけで好印象です。 笑顔は、口角を少しあげるだけで作れます。 面接の前に練習して、本番で笑顔になれるようにしましょう。 まとめ 保険会社へ転職するのは、女性にとっておすすめのキャリアの道と言えるでしょう。 向いている人は次のような人です。

次の

楽天生命の評判ってどうなの!? リアルな口コミや満足度は?

生命保険会社 評判

ワーストランキング1位のかんぽ生命は、東京都千代田区に本社を置く 日本郵政グループの生命保険会社です。 2005年10月21日に公布された郵政民営化関連による郵政民政化法で規定されている生命保険法に従い、2006年9月1日に準備会社である株式会社かんぽを設立後、 2007年10月1日に株式会社かんぽ生命保険に移行しています。 旧日本郵政公社から生命保険事業を引き継いでいます。 かんぽ生命は、会社に寄せられた苦情件数が、2019年第3四半期の実績によると 282,866件となっており、 新契約関係の苦情が 86. かんぽ生命では、新契約時における苦情件数が高く、 加入時の説明が不十分であることが苦情としてお客様から多く寄せられています。 ワーストワンキング2位のアフラック生命は、 ガン保険や医療保険を主力商品としている生命保険会社です。 アメリカのアフラック・インコーポレッドが持株会社の子会社になります。 2018年4月2日から日本法人化して営業を開始されています。 アフラックの開業は、、1955年にエイモス家の3兄弟によってアメリカジョージア州コロンバスで創業しており、1958年に世界で初めて「がん保険」の販売を開始しています。 日本には1974年に「がん保険」に特化した保険として、販売を開始したのが始まりです。 アフラックの苦情件数は、2019年第3四半期の実績によると 63,948件となっており、 新契約関係が 28. 事務取扱不注意による苦情が多く、解約手続きのトラブルも多いようです。 ワーストランキング1位の第一フロンティア生命保険株式会社は、以前は第一生命保険と損害保険ジャパンの2社が株式を保有していました。 2014年3月に損害保険ジャパンが保有株式を第一生命保険に譲渡して、 第一生命保険の完全子会社になりました。 2006年12月に生命保険会社の準備会社として第一フロンティア生命保険会社を設立しています。 その後、2007年7月に生命保険業の免許を取得し、営業を開始しています。 2016年6月に保有契約件数が100万件を到達しています。 主力商品は貯蓄性の高い一時払いの商品で、定期支払金付積立利率変動型終身保険、定期支払金付積立利率変動型終身保険 通貨指定型 などの個人保険を多く取り扱っています。 ソルベンシーマージン比率は、2018年9月末に時点で 513. ワーストランキング2位の楽天生命保険株式会社は、楽天の傘下にあり 楽天インシュアランスホールディングスの完全子会社。 メットライフ生命保険やアクサ生命保険の社長を歴任した中川博迪が、1996年にエキスパートアライアンス株式会社を設立。 同社は、1999年に会員制のロードサービス事業を開始したときに、任意共済のサービスも開始しています。 2007年には90万件を達成して国内トップになりました。 2006年に任意共済が規制の範囲に入ったため、2007年10月に生命保険業の免許を申請しています。 その後、2012年9月20日に楽天の子会社となり、2013年3月27日に完全子会社となって4月1日に楽天生命保険と名称を変更しています。 ソルベンシーマージン比率は、2018年9月末の時点で 623. ワーストランキング1位の朝日生命保険相互会社は、旧古河財閥に属しており、みずほ銀行とのつながりも深く、 みずほフィナンシャルグループに近い生命保険会社として知られています。 朝日生命保険相互会社は、1888年に国内2番目の生命保険会社として設立しており、歴史のある生命保険会社です。 戦後は大手8社のうちの1社として一角を担ってきました。 2001年にミレアホールディングス(現:東京海上ホールディングス)との経営統合を発表されましたが、実際には白紙撤回となっています。 団体保険分野から事実上撤退しており、個人保険に注力するも経営そのものは縮小する事態となっています。 ワーストランキング2位のエヌエヌ生命保険株式会社は、NNグループが運営する生命保険会社です。 もともとは、1845年にオランダで設立された火災保険会社が起源となっています。 日本に進出したのは、1982年にシェル石油が代理店となったのが始まりまです。 その後、生命保険分野の日本法人は1986年に設立され、1997年に「アイエヌジー生命保険株式会社」という呼称で事業を開始しています。 2015年4月にNNグループの分離過程で「エヌエヌ生命保険株式会社」に呼称を変更し、事業を継続しています。 個人のお客様より事業者向けの生命保険を主力商品としており、中小企業との取引が多くあります。 2006年12月に生命保険業の準備会社として、第一フロンティア株式会社が設立され、2007年7月に生命保険業の許可を取得して、第一フロンティア生命保険株式会社に商号を変更しています。 2016年に2015年度の当期純損益が創業以来初めて黒字となり、2016年6月に保有契約件数が100万件に到達しました。 今回の記事では、生命保険会社のワーストランキングを紹介してきました。 詳しい内容は以下の通りになります。 評判・格付け・支払い余力によるワーストランキング• 入ってはいけない生命保険会社を見分ける方法• 「苦情受付」ワーストランキング• 「ソルベンシーマージン比率」ワーストランキング• 「信用格付け」ワーストランキング• 損害保険のワーストワンキング 生命保険に入るとき、セールスに来た人やテレビや新聞などの広告を見て生命保険会社を決めてしまうことがあります。 生命保険会社の格付けや苦情件数、評判、口コミなどを参考にして、入る生命保険会社を決めているという人は少ないでしょう。 しかし、信用格付けや評判、口コミなどは保険に加入するときに、重要なポイントになる場合があります。 信用格付けやソルベンシーマージン比率などは、生命保険会社で働いていると意識しますが、一般的にはあまり知られていません。 よりよい生命保険会社の商品に入れるように、少し意識してみるとよいでしょう。 生命保険会社選びの参考にしてみてください。

次の

離職率8割?!生命保険会社を退職する人の理由4選

生命保険会社 評判

ソニー生命は怪しいって評判は本当?保険加入のメリット、デメリットを紹介! ソニー生命は名称の通りSONYグループの生命保険会社です。 損害保険を取り扱うソニー損保よりも歴史が古く、1979年にプルデンシャル生命との合弁会社でソニー・プルデンシャル生命として設立され、1991年に現社名に変更。 1996年よりソニーの100%子会社になった歴史を持ちます。 生命保険の特徴はカスタマイズ性が高いことで、ソニーの100%子会社になってから順調に加入者・保有契約高を高めてきましたが、実際の評判はどうなのでしょうか? 当サイトではソニー生命へ加入する価値と評判を調査して、以下の項目に分けてレポートをまとめました。 加入者がソニー生命を選んだ決め手と悪い口コミ• 商品ラインナップと保険会社としての特性• ソニー生命の強みと加入時の注意点• ソニー生命加入時におすすめの相談先情報 親会社の信頼性は理解していても生命保険のシェアが高くないため、一部で 怪しいと不安を感じている方も多いでしょう。 ソニー生命の特徴や実力について、悪い所も包み隠さずに徹底評価してきたので、ぜひ最後まで読んでみてください。 ソニー生命の評判や口コミを紹介!保険加入者の満足度は? ソニー生命の学資保険など、高い返戻率とプランの柔軟性に優れた保険も扱うソニー生命は、保険加入者からどのような評価を受けているのでしょうか? こちらでは、当サイト独自の調査で判明した実際のユーザーの声や評判、口コミを複数ご紹介していきます。 ソニー生命の良い評判や口コミ 「担当者の対応にとても満足しています。 メリットだけでなく、デメリットもきちんと説明してくれました。 」 30代・男性 「30代の時に学資保険に加入しました。 国内でも返戻率がかなり高い方なので加入してよかったと思っています。 」 40代・男性 「保険商品について他社と迷っていると営業の方に言ったら、他社との違いも話してくれましたし、説明も分かりやすかったです。 」 50代・女性 ソニー生命の加入者の良い評判・口コミを見ると、担当者が優秀できちんと保険の保障内容について解説してくれることや、商品の良さに対する満足度が高いことがわかりました。 ソニー生命の悪い評判や口コミ 「商品の満足度は高かったのですが、私には保険料が高いと感じてしまいました。 」 20代・女性 「営業マンの対応が悪い上に、知識面でも怪しい点が多かったので担当者を変更してもらいました。 変更したあとはそこまで気になりません。 」 30代・女性 「保障、保険料の観点から見ても担当者が提案した自分に合った保険とは言えなかった。 」 20代・男性 ソニー生命の加入者の悪評や口コミを見ると、保険料の高さや営業マンの対応が悪いという点に不満を抱く方も多いようです。 自分のニーズにあった保険を担当者が提案してくれないという問題から悪い口コミが出ているようです。 ただ、担当者の対応については良い口コミの部分でも触れましたが、高評価の場合も多いので悪評ばかりというわけではなさそうです。 ソニー生命の概要や特徴は?他社との違いや扱う保険商品を解説! 冒頭で紹介している通り、ソニー生命は元々アメリカのプルデンシャル生命との合弁会社として設立された経緯があり、プルデンシャル生命と同様に貯蓄性の高い生命保険を得意にしています。 ソニー生命が設立された当初は「ソニーを金融機関に」のキャッチコピーを掲げ、実際にその後はソニー損保、ソニー銀行など幅広い金融事業に参入しました。 通販型保険として人気を集めるソニー損保の影響で、安さを売りにした生命保険をイメージされる方もいますが、直販の営業マンや代理店を多数配備し、質の高い保険相談サービスを強みにしています。 営業マンの評判や保険商品の特徴、他社と比べた保険料の比較をご覧ください。 特徴:ソニー生命のライフプランナー 営業マン は親切?高圧的? ライフプランナーは親切で質が高い一方で、過酷なノルマや自社商品しか扱えない影響から、高圧的な押し売りをするなど一部で悪評もあるようです。 直販のライフプランナーはほぼ全員が異業種からの転職者で、前職は銀行をはじめとした金融機関や一流企業に勤務している方が多数活躍しています。 厳格な採用基準を用意し、C. キャリア・インフォメーション・プログラム という独自の研修プログラム、ファイナンシャルプランナーの育成強化を行っていることで、 優秀なスタッフが多いと評判です。 国内の大手生命保険 第一生命、日本生命、住友生命など と比べ、男性社員の比率が高く、外資系生命保険会社の直販営業マンに近い品質になっています。 生命保険の営業マンは歩合制の給与形態になっていて、悪質な勧誘行為を見られるのはソニー生命に限ったことではありません。 ソニー生命のライフプランナーも歩合制の給与システムですが、月々の給料で支払われる歩合給 インセンティブ よりも、年4回支払われるボーナスによる還元が多いシステムになっています。 ズバ抜けて成績の良い月があっても他の月の成績が悪ければ年収が伸びず、1年を通じて安定した成果を上げないと稼げない仕組みです。 そのため、 安定した新規契約を獲得できないライフプランナーが、高圧的で強引な勧誘をすることがあるのでしょう。 ちなみに、他の生命保険会社では月単位の新規契約金額が高くなるほど歩合の割合が優遇されるケースもあり、優秀な営業マンほど好調な月に強引な押し売りをしているのでしょう。 ソニー生命のライフプランナーは安定した成績を残しているスタッフであれば、契約を急かさない親切な対応を期待できます。 気持ちに余裕がなくて高圧的な態度を取るライフプランナーに当たった場合は、その営業マンは年単位で成績が悪く、保険加入後に退職されるリスクが高いので、対応に不満があれば断ることをオススメします。 ソニー生命の保険商品一覧 ソニー生命で扱っている個人向けの保険商品を一覧にまとめました。 受取方法は年金方式と一括払いから選択可能 がん保険 がん保険(無配当) がんによる入院・手術・死亡・高度障害状態を一定期間保障 がん保険 終身がん保険(08)(無配当) がんによる入院・手術・死亡・高度障害状態を一生涯保障 がん保険 がん入院保険(無配当) 入院時の保障を手厚くして死亡保障もついている終身型がん保険 介護保険 5年ごと利差配当付終身介護保障保険 要介護2以上を保障。 5年毎に配当が支払われる 介護保険 終身介護保障保険(低解約返戻金型/無配当) 要介護2以上の認定で生涯にわたって年金が支払われる 学資保険 学資保険 一般的な学資保険。 直販のライフプランナーのみの取り扱い 個人年金保険 5年ごと利差配当付個人年金保険 契約者配当がある個人年金保険 個人年金保険・変額保険 変額個人年金保険(無配当) 特別勘定の運用結果で受け取れる年金額が変動する個人年金保険 ソニー生命は幅広い種類の保険で豊富な商品ラインアップを持っています。 各商品ごとにオーダーメイドできる高いカスタマイズ性を強みにしているため、各商品の特徴を理解している専門家へ相談しながら検討しましょう。 ソニー生命の特徴は、 将来の資産形成に備える貯蓄性の高い保険に、要介護状態や収入保障を組み合わせた保険商品の種類が多いことです。 変額保険や外貨建て保険は販売期間が短いため長期運用時の利回りや解約返戻率のデータが少なく、単純な死亡保障のみの生命保険を希望する方からの人気が低いです。 他の保険会社では扱っている所が少ない要介護状態や就業不能状態の保障も付けた変額保険・外貨建て保険が売れ筋商品になっているので、手厚い保障と将来に向けた資産形成を両立させたい方に向いています。 ソニー生命の保険料は高い?他の保険会社の保険料と比較 ソニー生命は保険料の安さではなく、幅広い保障を組み合わせるオーダーメイドプランによるカスタマイズ性を強みにしています。 しかし、自分に合った保障内容を組み合わせても保険料が高ければ加入する価値は低いですよね。 そこで、ソニー生命の保険料は他社に比べて高いのか検証するべく、メディケア生命のメディフィット リターンと保険料を比較してみました。 保険料の比較をしやすい医療保険に入院給付金日額 5,000円の条件で加入する際の シミュレーション結果をご覧ください。 ソニー生命 メディカル・ベネフィット リターン 健康還付給付金特則付総合医療保険 無解約返戻金型 18 無配当 被保険者 25歳 30歳 35歳 40歳 45歳 男性 3,355円 3,935円 4,610円 5,300円 5,940円 女性 3,760円 4,060円 4,340円 4,645円 5,030円 参照:• メディケア生命 メディフィットリターン 被保険者 25歳 30歳 35歳 40歳 45歳 男性 3,155円 3,680円 4,280円 4,895円 5,940円 女性 3,595円 3,890円 4,120円 4,420円 5,030円 参照:価格. comメディケア生命メディフィット リターン こちらの医療保険はリターン型なので、一概にソニー生命の方が高いとは言い切れませんが、全年齢でメディケア生命より割高な保険料になっています。 なお、医療保険に関してはソニー生命よりもソニー損保の商品が人気を集めているようです。 続いて、支払った保険料以上のリターンを期待できることで人気の変額保険の特別勘定別騰落率の最新実績を、ソニー生命と比較される方が多いアクサ生命のユニット・リンクと比較してみました。 ソニー生命変額保険 バリアブルライフ 特別勘定 騰落率 世界株式型 3. アクサ生命 ユニット・リンク 過去1年 特別勘定 騰落率 安定成長バランス型 9. 月々の保険料や特定の保険商品の返戻率・積立利率で見れば割高に感じることもありますが、安定した資産運用に強い保険会社だと評価できます。 ソニー生命で保険に加入するメリット・デメリットを解説 ソニー生命はお客様に最適なプラン提案を得意にしている生命保険会社です。 カスタマイズ性が高いだけではなく、学資保険の返戻率が高いなど様々なメリットがあります。 その一方で幅広い保障プランと組み合わせることができる外貨建て保険など、当初の予定よりも保険金額や満期返戻金が減額される恐れのある保険が多いので注意してください。 ソニー生命を検討する際に抑えておきたいメリット・デメリットをまとめました。 メリット1:一人一人に合ったオーダーメイドの保険設計が可能 ソニー生命は保険の商品ラインナップが豊富で、各保険商品ごとにカスタム性が高いです。 お客様1人1人に会ったオーダーメイドの保険設計が可能で、ライフプランナーや代理店のファイナンシャルプランナーなどへ相談することで、必要な保障を組み合わせた保険加入が可能になります。 特に貯蓄と保障の双方を組み合わせた生命保険は対応領域が広く、保障を組み合わせるだけではなく、終身型・定期型、外貨建て、変額保険など多彩な保険商品から目標積立利率に合ったプランを選定できます。 さらに、加入後もライフプランナーなどからライフステージごとのアフターフォローを受けられるので、環境の変化にも柔軟な対応を期待できます。 生命保険、医療保険、がん保険、介護保険など複数の保険を個別に加入している方は、ソニー生命で一つの契約にまとめることで大幅に保険料を安くできるかもしれませんよ。 少ない保険契約で幅広い保障をカバーできれば、将来的に生命保険の見直しをする際も保険料の試算や手続きがスムーズです。 メリット2:学資保険は返戻率100%超! ソニー生命の 主力商品である学資保険は返戻率が高いと評判です。 他の保険会社と比べた返戻率の違いをご覧ください。 5% ニッセイ 学資保険 107. 2% 明治安田生命 つみたて学資 104. 7% ソニー生命は2020年1月1日以降の契約より、長期化する低金利の影響を理由に返戻率を引き下げています。 なお、2019年12月31日以前の契約までは107. 2%でした。 参照: ソニー生命より高い返戻率を用意した保険会社も将来的に返戻率の引き下げをする可能性があります。 現在の長期化する低金利時代の中でも 返戻率105. 5%を確保している点は高く評価することができ、保険会社の運用力が高い証拠です。 終身保険や養老保険など積立型保険でも、ソニー生命は他の保険会社と同等以上の返戻率を期待できます。 デメリット1:外貨建て保険など為替リスクのある商品には事前の理解が必要 外貨建て保険や変額保険をはじめ、外貨や外国の株式や債券で運用する保険は、円建て保険よりも高い利回りを期待できる一方で為替リスクの影響を受けるので注意してください。 状況によっては外貨建てなら大きなプラスだけど、円に両替して保険金を受け取ると為替差損で損失を出してしまうケースがあります。 これはソニー生命に限った話ではなく外貨建て保険など為替リスクのある保険全般に言えることです。 外貨建て保険は月々の保険料を支払う積立型と契約時に一括払いする一時払い型でもリスクが変わってきます。 外貨建て保険の契約実績が豊富なライフプランナーやファイナンシャルプランナーに相談し、契約前に外貨建て保険の特性やリスクを理解した上で検討しましょう。 デメリット2:ライフプランナーの質の差がどうしてもある ソニー生命のライフプランナーに相談する場合は、紹介がある場合を除いて公式サイトから申込をして、エリアを担当しているライフプランナーを紹介してもらう流れです。 ライフプランナーはプロ集団として厳しい研修を受けていますが、幅広い業種からの転職者が中心になる特性から、どうしても質の差は存在します。 こうした担当営業マンの優劣はどこの保険会社にもあることで、採用基準が緩い生保レディ中心の保険会社に比べれば高い品質を確保していて評判が良いです。 フィーリングが合わないだけでなく、強引な売り込みや親身な提案をしてもらえないライフプランナーに当たることも考えられるので、やり取りが不快・厳しいと感じたら、担当者変更か相談を断るように申し出てください。 ソニー生命の保険商品に興味がある場合は、ライフプランナーではなく代理店に相談して加入手続きや説明を聞き直すことができます。 保険検討時はソニー生命のライフプランナー以外にも相談するのがおすすめ ソニー生命は直販営業マンのライフプランナーだけではなく、全国の代理店を通じて相談・加入することができます。 保険検討時は、ライフプランナーだけの話を聞いて決めるのではなく、他の生命保険も扱う代理店や営業マンにも相談することがおすすめです。 複数の保険会社を比較するメリットとおすすめの相談先情報を紹介いたします。 保険を検討する際は複数の保険会社と商品を比較しよう 生命保険を検討する際は複数の保険会社と商品を比較するようにしてください。 ソニー生命はオーダーメイド型なので自分に合った保障プランの選定ができますが、条件によっては他社の生命保険よりも保険料が割高になる恐れがあります。 また、生命保険は基本保障と保険料だけではなく、特約や保険金の支払い基準など細かい部分も考慮して検討しないといけません。 インターネット見積などを確認して複数の保険会社を比較するだけではなく、各保険会社の商品特性を知り尽くした保険のプロから話を聞き比べてみるとよいでしょう。 複数の生命保険を比較検討する方法はソニー生命のライフプランナーと他社の直販営業マンから個別に相談を受ける方法のほか、複数の生命保険を扱う代理店から各保険会社との違いや見積比較をしてもらう方法があります。 無料保険相談サービスは多数ありますが、当サイトのおすすめは「ほけんROOM相談室」です。 他の保険相談サービスとどのような違いがあるのか比較してみました。 ほけんROOM相談室 ソニー生命 ライフプランナー 店舗型保険ショップ 訪問型保険相談サービスA社 取り扱い保険会社 複数社 ソニー生命のみ 複数社 複数社 相談場所 指定場所への訪問 主に訪問対応 主に店舗来店による窓口相談 指定場所へ訪問 対応スタッフ FP 保険会社の社員 営業マン FPもしくは保険募集人 FPもしくは保険募集人 ほけんROOM相談室の大きな特徴は、全国対応で相談スタッフは全員、ベテランのファイナンシャルプランナー。 もちろん強引な勧誘はありませんし、特定の保険会社に誘導することなくお客様にとって最適な保険プランを適切にアドバイスしてくれます。 電話やWEBで相談を進めても訪問相談を断ることもできるので、無料保険相談サービス選びで迷っている方はほけんROOM相談室を検討してみてください。 まとめ:ソニー生命の評判や口コミ、評判の解説 ここまでソニー生命のライフプランナーや商品の評判と加入する際のメリット・デメリットを幅広く紹介してきました。 ソニー生命を検討する上で重要なポイントをまとめると• 加入者の口コミ情報をしっかり確認• ソニー生命の歴史と商品一覧で見えた得意分野• ソニー生命が他社より強い所と加入前の確認事項• ライフプランナーのみの相談では決めるのは危険 以上の4点です。 ソニー生命はオーダーメイド型で保障と保険加入期間、積立方式の組み合わせが豊富です。 また、主力商品の学資保険では高い返戻率を確保していて、変額保険や外貨建て保険は安定した運用実績を持つなど、貯蓄性の高い保険商品を得意にしています。 魅力的な強みは多数ありますが、保険のプラン選定が複雑な仕組みになっているので、保険のプロから納得いくまで話を聞いて検討しましょう。 ソニー生命は外資系生命保険と同様に優秀な直販営業マンを多数取り揃えているので、生命保険の加入方法や特徴を詳しく聞きたい方から評判が良いです。 一方で、毎月ノルマを達成できていないスタッフに当たると高圧的な態度で質の低いサービスを提供されることがあるので注意しましょう。 こうした担当者の当たりハズレや直販営業マンならではの強引な勧誘は他の保険会社にも共通していることなので、ソニー損保だけのデメリットではありません。 他社にはできない保障の組み合わせも可能なので、ライフプランナーやファイナンシャルプランナーがいる代理店を通じて話を聞いてみてください。

次の