けやき ウォーク お化け 屋敷。 STORY|「殺影禁止(サツエイキンシ)」けやきウォーク前橋・恐怖伝染系お化け屋敷

けやき前橋「お化け屋敷」イベント 飲食店のコラボメニューが怖い

けやき ウォーク お化け 屋敷

この街にはこんな都市伝説がある。 人気のなくなった夜のショッピングモールには近づいてはならない。 そこには仮面をつけた少女の化け物が出る。 その少女———リエは美しかった。 美しいがあまり、男たちの関心を集めた。 しかし、彼女はどんな男たちの誘いにも乗らず、 彼らの思慕の視線はいつしか反感のそれへと変わっていった。 そして、凶行が起こる。 無惨に顔を斬り付けられた少女に、男たちは捨て台詞を吐いた。 「ブスのくせに偉そうにしてるからだ」 暗いショッピングモールの片隅で、血まみれの顔を覆って少女は泣いた。 「・・・私がブスだから?」 それ以来、リエは笑顔をなくし仮面をつけて生活をするようになった。 人目を避け、暗闇に紛れる。 そして、暗闇からこの世を呪い続けた。 楽しそうに遊ぶ同じ年の女の子や男の子たち。 その顔にみな笑顔を浮かべていた。 「私は一生この醜い顔で生きていかなくてはいけない」 仮面の奥から覗く瞳に、笑顔で写真を撮り合い、はしゃぐ少女たちの姿が映る。 その笑顔はリエを狂わせた。 彼女は自分を追い詰め・・・自分で顔を焼き苦しみながら死んだ。 その頃から、ある噂がささやかれるようになった。 営業が終わる間際の人気のないショッピングモールに、得体の知れない顔出しパネルが現れるというのだ。 ある女子高生はこう語る。 そのパネルには、とてもスタイルがいい女性の写真が映っている。 一見するとモデルが立っているように見えるが、近寄るとただのパネルだとわかる。 顔の部分はくり抜いてあり、そこに顔を入れるとまるで自分が美しくなったような気分になれる。 それで写真を撮って遊んだそうだ。 ところが、写真に写った顔は醜く焼け爛れていた。 気味が悪くなりすぐに写真を消去した。 だが数日後、それは現実となった。 その女子高生の顔は、不幸な事故に遭い醜く焼け爛れてしまった。 そして、パニックに陥り失踪してしまったというのだ。 もちろん、そのような顔出しパネルは誰も用意していない。 一体何が起こったのか。 パネルの奥に真実があるのだろうか。 あなたには何があったのかを探ってほしい。 STORY.

次の

けやき前橋「お化け屋敷」イベント 飲食店のコラボメニューが怖い

けやき ウォーク お化け 屋敷

恐怖伝染系お化け屋敷 「けやきウォーク旧館」 〜ねぇ、あそぼうよ。 〜 【特設サイト】 【プロローグ】 〜 ねえ、あそぼうよ。 〜 みどりちゃんはとっても元気な女の子です。 今日も、友達みんなと遊びます。 「ぜったい、さいごまで見つからないから!」 みどりちゃんは意気込みました。 まずはかくれんぼです。 舞台はけやきウォーク旧館。 なんでもあるこの巨大なショッピングモールの中で遊ぶのがみどりちゃんは大好きでした。 あまり走り回ると大人に怒られるかもしれない。 それがまた面白いのです。 みどりちゃんはいつもより勇気を出してけやきウォーク旧館の奥へどんどん進んでいきました。 「ここ、どこだろう」 壊れたマネキンや埃が積もったダンボール。 その他にも、何かわからない大きな荷物が所狭しと積まれています。 みどりちゃんは隠れ場所をあちこち探し回っているうちに、廃棄物置き場の中へ迷い込んでしまいました。 「ここなら絶対見つからない」 完璧に隠れたみどりちゃんをみんなが必死に探しているところを想像すると嬉しくなりました。 そしてみどりちゃんの想像通り、誰もみどりちゃんを見つけることはできなかったのです。 友達はもちろんお店の人も、みどりちゃんのお父さんも、お母さんも、警察も…。 それから、従業員の間では、旧館に女の子の幽霊が出るという噂が立つようになりました。 噂が広まるとともに彼らの中にひとつのルールができあがりました。 人のいない場所で「あそぼう」という声が聞こえても、決して振り返ってはいけない、と。 みどりちゃんの遊びはまだ終わっていません。 もしどこかで声を掛けられても、どうか絶対に振り返らないでください。 必ず2名様以上でご参加ください。 会場のロッカーをご利用ください。

次の

お化け屋敷

けやき ウォーク お化け 屋敷

恐怖伝染系お化け屋敷 「けやきウォーク旧館」 〜ねぇ、あそぼうよ。 〜 【特設サイト】 【プロローグ】 〜 ねえ、あそぼうよ。 〜 みどりちゃんはとっても元気な女の子です。 今日も、友達みんなと遊びます。 「ぜったい、さいごまで見つからないから!」 みどりちゃんは意気込みました。 まずはかくれんぼです。 舞台はけやきウォーク旧館。 なんでもあるこの巨大なショッピングモールの中で遊ぶのがみどりちゃんは大好きでした。 あまり走り回ると大人に怒られるかもしれない。 それがまた面白いのです。 みどりちゃんはいつもより勇気を出してけやきウォーク旧館の奥へどんどん進んでいきました。 「ここ、どこだろう」 壊れたマネキンや埃が積もったダンボール。 その他にも、何かわからない大きな荷物が所狭しと積まれています。 みどりちゃんは隠れ場所をあちこち探し回っているうちに、廃棄物置き場の中へ迷い込んでしまいました。 「ここなら絶対見つからない」 完璧に隠れたみどりちゃんをみんなが必死に探しているところを想像すると嬉しくなりました。 そしてみどりちゃんの想像通り、誰もみどりちゃんを見つけることはできなかったのです。 友達はもちろんお店の人も、みどりちゃんのお父さんも、お母さんも、警察も…。 それから、従業員の間では、旧館に女の子の幽霊が出るという噂が立つようになりました。 噂が広まるとともに彼らの中にひとつのルールができあがりました。 人のいない場所で「あそぼう」という声が聞こえても、決して振り返ってはいけない、と。 みどりちゃんの遊びはまだ終わっていません。 もしどこかで声を掛けられても、どうか絶対に振り返らないでください。 必ず2名様以上でご参加ください。 会場のロッカーをご利用ください。

次の