ループ7回目。 ループイフダン運用結果報告2020月01月 1週目(決済益:+1,059円)

ループ7回目の悪役令嬢 は、元敵国で自由気ままな花嫁…

ループ7回目

今回は、「速読VBA 単語」というタイトルにもかかわらず新しく覚える単語が1つもありませんので、最後まで無料で読むことのできる 無料公開のページといたします。 Program3-6とProgram3-7の中間に位置する 補講です。 前回Program3-6では配列の練習をしました。 そこで、今回は、少しずつ組み合わせる練習をします。 次に、「二重ループとIf文」「二重ループと1次元配列」の2つの組み合わせをそれぞれ練習します。 最後に、二重ループと1次元配列とIf文の3つを組み合わせる練習をします。 なお、このプログラムは 速読VBA単語Program3-6までの知識が必要となります。 すでに解説したことについてはその説明を省略しています。 練習問題(無料) 速読VBA単語Program3-6-2までを出題範囲とする練習問題を無料で公開しています。 1.For文の復習 まずは、For文がサクッと書けることが前提です。 速読VBA単語Program3-2に戻ってしっかり練習をしましょう。 次の図のようにセルA1:A12に1月から12月までの文字列をFor文で表示します。 Cells i,1 をCells [別の変数] ,1 とすることによって、For文の「i」とは関係なく行数をカウントすることができます。 ただし、その [別の変数]は勝手に増えることはありませんので、インクリメントをする必要があります。 そして、カウンターの変数を1つずつ足しながら2日~31日まで記述します。 これを12月31日まで繰り返しています。 このように、For文で同じ処理を何回も繰り返すことを「 ループ(Loop)」または ループ構造といいます。 このループの中で、31回繰り返している部分があります。 その部分だけFor文で記述すると次のようになります。 このようにループの中にループを入れることを「 二重(にじゅう) ループ」といい、それぞれのループを「 外側のループ」「 内側のループ」といいます。 3.ループを繰り返すために外側にループを付ける ところで、さきほどの例でB列(日付)のほうを先に考えたとします。 つまり、セルB1~B31に1日から31日までの文字列をFor文で表示します。 続けて2月1日~31日まで出力します。 rowcntは1ずつ増えていきます。 これを12月31日まで繰り返しています。 1月~12月まで同じ手順を12回繰り返していて、For文は全く同じ形です。 さきほどと同じコードになります。 なお、各月の日数は次の数式で求めることができます。 ちなみに2020年はうるう年なので、2月は29日まであり366行出力されます。 次のコードを読んでみましょう。 A~Eはそれぞれ何回表示されるでしょうか? Sub Tokyo Debug. Print "C" Next Debug. Print "D" Next Debug. ところで、受験数学では、2つのアルファベットに範囲があって、2つとも動くと訳が分からなくなるので、1つの文字を固定したほうが解きやすいという「 1文字固定法」と呼ばれる解法の鉄則があります。 二重ループを読むときは 外側のループを固定します。 Debug. Print "A" [ループ 1回目] Debug. Print "C" Next Debug. Print "D" [ 1回目終わり] Debug. Print "E" A、Bのあと、Cを4回繰り返して、D、Eとなります。 AB CCCCDEとなり、そのうち「BCCCCD」が固定した部分です。 その固定した部分を3回繰り返すので、A BCCCCD BCCCCD BCCCCD Eとなります。 Debug. Print "A" [ 1回目] Debug. Print "C" next Debug. Print "D" [ 2回目] Debug. Print "C" next Debug. Print "D" [ 3回目] Debug. Print "C" next Debug. Print "D" Debug. 1行目に1月1日と表示して、その後、行数のカウントをしながら31日まで表示します。 ちなみに、金額を入力するのが面倒なら次の数式を使ってください。 数式を使った場合は 値の貼り付けをして数式を消しておいてください。 繰り返す順序が決まっている場合は、先に繰り返すほうのループ(12個の合計を求める)を先に作ります。 プラスだけの合計とマイナスだけの合計を格納する変数を用意します。 このとき、列番号を 「2」に固定していることを意識しながらコードを記述します。 B列の合計が正しく計算できていることを確認しておきます。 列番号は2~5までとなります。 2行目だけの合計を求めます。 このときも行番号を 「2」に固定していることを意識しながら記述します。 ・セルA2:A49は、適当な文字列を入力しておきます。 連番である必要はありません。 ・セルB2:B49は、A、B、Kの3種類の文字列をランダムに入力しておきます。 次の図のようにセルA2:A49に入力されている文字列を、D, F, H, J, L列に転記してみましょう。 まずは、配列を用意します(速読VBA単語Program3-6参照)。 Sub akiba Dim akb 48 End Sub 次に、セルA2:A49の値を配列に代入します。 まずは、配列を用意します。 Sub akiba Dim akb 5 End Sub 次に、セルA1~A5の値を配列に代入します。 まずは、Subプロシージャと配列を2つ用意します。 Sub akiba Dim no 48 Dim group 48 End Sub そして、それぞれA列とB列のデータの2行目以降の48人分を配列に入れます。 2行目からデータを表示するのでスタートを「2」にします。 これでAグループの場合だけ転記をすることができます。 このような場合は、「"A"」「"K"」「"B"」を 配列にすればFor文が使えます。 このように繰り返す方向が縦横2方向で、しかも、縦横どちらを先に繰り返してもよい場合は、次のように二重ループの枠を作ってしまう方法があります。 通常は縦が i で、横が j です。 1行目とA列の値をそれぞれ配列に入れます。 これで20行100列となります。 このように繰り返しが終わることを「 ループを抜ける」といいます。 横を20列で止めたい場合は内側のループの最後にExit Forを入れます。 したがって、100行20列となります。 このように、内側のループにExit Forを入れると、内側のループは抜けますが、外側のループは抜けません。 20行20列にしたい場合は両方に入れる必要があります。 二重ループの練習問題を無料で公開しています。 わえなび速読VBA単語【邪道ExcelVBA基本講座】• 13本 VBAで使われる主要な単語を難易度順に覚え、ネイティブのVBAプログラマの書くコードと日本語訳を交互に聞き流す(読んだり入力したりする)だけで、自然にVBAの文法を習得することができます。 難しい文法の説明が一切無いので、最速で2次元配列と2重ループが習得できます。 なお、「単語」には、熟語や半角記号、構文も含みます。 正確な構文や文法を完全に無視しています。 したがって、通常のテキストとは説明の順番がまったく異なります。 その代わりに、イメージやニュアンスを説明することに重点を置いています。

次の

ループと螺旋

ループ7回目

たとえば、1000行書かなくてはいけないプログラムもうまくループを使えば 数行で書けたりします。 この回の概要 ・ループを使うとプログラムの部分を繰り返して実行できる。 ・ループするには Do 〜 Loopや For 〜 Next を使う。 ・For 〜 Next を使ってたくさんの円を描く方法 ・Exit For, Exit Doを使うとループを中止できる。 ・ Continue For, Continue Doを使うと次の周からループを続行できる。 さて、円を書くには Graphicsクラスの DrawEllipseメソッドを使うのでした。 たとえば、次のコードは 緑色の円を書きます。 CreateGraphics g. DrawEllipse Pens. それでは1000個の円を書くには1000回も DrawEllipseメソッドを使わなければならないのでしょうか?そんなことはありません。 これから1000個の円をたった 数行で描く方法を説明しましょう。 1.ループとは 冒頭にも書いたようにループとは「繰り返し(くりかえし)」のことです。 たとえば、次のプログラムはメッセージボックスを何回も繰り返して表示します。 このプログラムをとめるには開発環境で[デバッグ]メニューの[デバッグの停止]をクリックしてください。 Do MsgBox "Hello! この例では MsgBoxの1行しかかかれていませんが、ループの中には何行でもコードを書くことができます。 プログラムでループを終了させるには、ループの終了条件を書くか、自分でループを抜けるように命令します。 これについては後で説明します。 また For 〜 Next を使うと指定した回数だけ繰り返すようなループを作ることもできます。 For 〜 Nextを使った単純な例は次のようになります。 それで 0, 1, 2, 3, 4, 5の6回繰り返されます。 このときKの値はループが1周回るごとに自動的に1ずつ増加していきます。 VBで特に用意されているループ構文には次のものがあります。 キーワード 特徴 Do 〜 Loop 終了条件または継続条件が指定できる。 For 〜 Next 繰り返し数が指定できる。 For Each 〜 Next コレクション用の特別なループ。 While 〜 End While 継続条件が指定できる。 あまり使わない。 2 . ぴったりの円を描く それでは、 For 〜 Next を利用した具体的な例を見てみましょう。 まずはループを使わないで単純に円がぴったりとフォームに描かれるようにします。 円が描かれる場所は外接四角形の座標で指定しますから、円がフォームにぴったり描かれるようにするには円の外接四角形の大きさをフォーム と同じにすれば良いだけです。 フォームの描画領域の横の長さは Me. ClientSize. Width でわかります。 たての長さは Me. ClientSize. Height でわかります。 そこで、円をフォームにぴったりになる大きさで描くには次のようになります。 EventArgs Handles MyBase. ClientSize. ClientSize. Height - 1 g. DrawEllipse Pens. 実行してフォームをクリックすると円が描かれます。 3 .円を5個描く ぴったりとした円が描けたところで、今度は大きさを少しずつ変えて5個の円を描きます。 ループを使わないで書くと次のようになります。 EventArgs Handles MyBase. ClientSize. ClientSize. Height - 1 '背景を黒くする。 FillRectangle Brushes. Black, Me. ClientRectangle '5つの円を描く g. DrawEllipse Pens. Green, 0, 0, Yoko, Tate g. DrawEllipse Pens. DrawEllipse Pens. DrawEllipse Pens. DrawEllipse Pens. その場でフォームの大きさを変えてもまたクリックすればちゃんと真ん中に描かれるので気持ちいいです。 分かりやすいようにフォームの背景色が黒になるようにもしてみました。 この部分のコードには色をつけておきましたのでよく見てみてください。 具体的には外接四角形の位置を10ずつずらし、大きさを10ずつ小さくしているだけです。 数字上、大きさは20ずつ小さくなっているように見えるが、位置が10小さくなるのだから、 Yoko、Tateの値を20小さくしないと大きさが10小さくならない。 そこで、次のように繰り返し命令(くりかえしめいれい)で処理できるわけです。 5つの円を書くよい例。 EventArgs Handles MyBase. ClientSize. ClientSize. Height - 1 g. FillRectangle Brushes. Black, Me. DrawEllipse Pens. それではいよいよでてきた For Nextについて説明しましょう! For Next は「この間にあるコードを繰り返せ」という命令です。 この場合は間にあるのは DrawEllipseなのでこれが繰り返されます。 別にどんな文を間に入れてもかまわないし、2つ以上の文を入れてもよいです。 ただし、 Nextがないとエラーになります。 VBはこの命令でコードが何回繰り返したかを数えています。 それがこの例で言うと K です。 この例では K としましたが、別にXだろうが、Testだろうがなんても結構です。 このようにForループでループ数を制御するのに使う変数のことを「カウンタ変数」と呼びます。 通常は1回繰り返すごとに自動的にKの値は1増えます。 「1回繰り返すごとに自動的にKの値が1増える」というところだけちがくなって「 1回繰り返すごとに自動的にKの値が10増える」ということになります。 だから、5回しか繰り返されません。 これで5個の円が描かれる理由が分かりましたか? さらに、 このKを座標の指定に利用すれば座標もちょっとずつ変わっていくという見事さです! それが、 g. DrawEllipse Pens. リスト6の色が付いている部分をリスト5の色が付いている部分と比較してみてください。 さて、ここまで説明すれば円を1000個描く方法はすぐ分かるでしょうか? 4 .1000個の円を描く 1000個の円を書くにはさっきの5個の円を描くコードの繰り返し部分を1000回繰り返すようにすればよいのです。 Kは1回繰り返すと10ずつ増えるのだから、1000回繰り返させるにはKが9990にまでなるようにすればよい わけです。 ですから次のようにたった数字一つを直すだけで終わりです。 EventArgs Handles MyBase. ClientSize. ClientSize. Height - 1 g. FillRectangle Brushes. Black, Me. DrawEllipse Pens. それで反転した円と普通の円が無数に交差して不思議な文様になるわけです。 フォームのクライアント領域が丁度正方形の場合はこのような文様は出現しません。 さて、せっかくですからループと離れて少し遊んでみます。 プログラムの行数を短くして、円の色を少しずつ変えてみましょう。 本来プログラムは短く書くよりわかりやすく書いた方がかっこいいし、後々のため なのですが、そこはまぁこういうこともできるというサンプルだと思ってください。 まだ説明していない文法やキーワードも登場しています。 EventArgs Handles MyBase. CreateGraphics g. FillRectangle Brushes. Black, Me. DrawEllipse New Pen Color. 実行結果は次のようになります。 考えてみれば私はプログラムを始めたばかりの頃はこんな感じで模様を書いて遊んでいました。 小学校1年生の頃のことです。 そのときはループを理解できなかったので円の数だけプログラムを書いてました…。 Nextの行はただ「 Next」って書けばいいんですか?よく「 Next K」みたいにカウンタ変数を指定しているコードを見かけるんですけど、あれは何ですか? 博士: ふむふむ。 特に意味はないのじゃ。 Nextの行にカウンタ変数を書くこともできるが、書いても書かなくても意味は同じじゃ。 V太:えー、じゃあ面倒くさいから僕は書かないことにしますね。 B子:書いておいたほうが良いわよ〜。 ループがたくさんあって複雑になってくると Nextだけみても、どのループの終わりなのかわからなくなるじゃない。 それにプログラムミスを防ぐこともできるわ。 While 〜 End Whileは Do 〜 Loop の機能縮小版です。 まず使わないので説明しません。 また While End Whileは知らない人が多いので混乱を招きますから使わないようにしてください。 For Each 〜 Next は特殊なループ構文ですので今回は解説しません。 Do 〜 Loop の特徴は終了条件 または継続条件を指定できる点です。 For 〜 Next の場合は数値が指定した値になったときにループを終了するという単純な条件しか指定できませんでしたが、 Do 〜 Loopを使うと If文と同じくらい複雑な条件を指定できます。 たとえば、次の例では変数の値が100を越えるとループは終了します。 WriteLineは出力ウィンドウにに値を書き出す命令ですから、結果を確認するには 出力ウィンドウを見てみてください。 出力ウィンドウを表示するにはVBの[表示]メニューから[その他のウィンドウ] - [出力]をクリックします。 出力ウィンドウではさまざまな出力が表示できますので、この結果を確認するときは、下の画像のように「デバッグ」を選択してください。 この例で128が出力されないようにするには次のようにします。 ただし、前の例では出力されていなかった 1 が最初に出力されるようになります。 このように Do 〜 Loop 文の条件は Do または Loop とともに指定することができます。 ほとんどの人は Do のところで指定しているみたいですが、 Loopでも条件を指定できるということは時には重要な意味を持ってくる場合もあります。 たとえば、次の例では変数の値が100以下であればループを継続します。 AppendText " 15 TextBox1. 場合によって使い分けてください。 VB2005から導入されたループの続行は、現在の周を中止して、次の周からループを再開するという意味です。 具体的には次の表にある続行命令を使用します。 7 補足 最後に、説明し切れないループの性質が3つほどありましたので補足しておきます。 1.For ループのカウンタ変数 カウンタ変数はあらかじめ宣言しなくても、For文の中で宣言することができます。 次のようになります。 Forループの中で Doループを使ったりもできます。 もちろん同じ種類のループ同士をネストすることもできます。 3.その他の方法での繰り返し 繰り返し実行するには今回紹介した以外の方法もあります。 たとえば、一定時間ごとに繰り返したい場合は Do 〜 Loop や For 〜 Next よりも タイマーコントロールを使った処理の方が適しています。 また、自分で自分を呼び出す再帰処理によってループを作ることも可能で、この再帰処理が非常に有効に働く場面もあります。 それぞれの詳細はまたの機会に説明します。

次の

ループイフダン運用結果報告2020月01月 1週目(決済益:+1,059円)

ループ7回目

ループ7回目の悪役令嬢 は、元敵国で自由気ままな花嫁(人質)生活を満喫する あらすじ 「リーシェ・イルムガルド・ヴェルツナー! 僕は貴様との婚約を破棄する!!!」 「はい、分かりました」 「えっ」 公爵令嬢リーシェは、夜会の場をさっさと後にした。 実はリーシェにとって、この婚約破棄は7回目。 ここから新たな人生を歩み、薬師や男装騎士などの生き方を満喫したあと、20歳で命を落としてはこの婚約破棄シーンまで巻き戻っているのだ。 普通なら心が折れる所だが、リーシェのメンタルは強靭だった。 過去6度の人生、忙しくも充実していたけれど、今回くらいは長生きしたい。 出来ればのんびりゴロゴロ生活もしたい……! 7回目のやりなおしに至って、そんな斜め上の目標を掲げたリーシェ。 なのに今回の人生では、過去の人生で自分を殺した、軍国の皇太子に嫁ぐことになってしまう。 ……いいでしょう。 元敵国だろうとなんだろうと構いません。 7度目の人生、この城でごろごろを満喫してみせます!! ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁(人質)生活を満喫する 作者: 雨川.

次の