フューリー 映画。 「フューリー」のネタバレ!あらすじや最後ラスト結末は?見所も!

フューリー

フューリー 映画

「フューリー」85点 (100点満点中) 監督:デヴィッド・エアー 出演:ブラッド・ピット シャイア・ラブーフ 戦場のリアリティの中で光るセンチメンタリズム 「フューリー」は軍経験者のデヴィッド・エアー監督が、博物館から本物の戦車を借りて撮影した戦場映画である。 戦闘映画といってもいい。 本物の戦車でタンクムービーをとるなんて、まさに中二の夢そのものだが、実現のみならず稀代の傑作に仕上げてしまうのだからハリウッド恐るべし。 1945年の欧州戦線。 連合軍の戦車乗り・通称ウォーダディー(ブラッド・ピット)は、フューリーと名付けた愛車のシャーマンM4中戦車を駆り、仲間たちと鉄壁のチームワークで生き残っていた。 ところがあるとき、戦死した仲間の補充に新兵(ローガン・ラーマン)をあてがわれ、危険な前線任務を命じられる。 敵の巨大戦車ティーガー戦ほか、とてつもない恐怖と興奮を与える戦闘シーンの連続である。 跳弾の表現や貫通力重視の対戦車弾の特性など、ディテールにこだわった(かつ分かりやすく観客に伝える)演出は画期的で、今後本作はタンクムービーの新たなる最高峰として映画史に君臨することになるだろう。 連合軍、ドイツ軍、どちらにも過剰に肩入れせず、かといって突き放しもしない。 戦場への愛着すら感じさせる不思議な戦争映画である。 新兵が初めて人を殺すところからはじまり、一人前の兵士に成長する話がメインではあるが、それが圧倒的な説得力を持つのは導き役のブラッド・ピットがえらい魅力を放っているから。 これぞ大スターのカリスマというやつで、彼のようなリーダーのもとで戦うならば、だれしも命を投げ出しこういう行動をとるだろうと思わせる。 平和な国に住む私たちは、ともすると戦争にいって人殺しをするなんてのは、よほどの強制力がなくては無理だろうと勘違いしてしまう。 本作はそんな平和ボケを修正するのに役立つだろう。 航空優勢もないまま、即死クラスの攻撃をいつくらうか、不十分な戦力で恐怖しながら進軍する過酷な戦場の物語。 こんな旅の中でも、監督は心温まる一瞬のドラマを配置する。 とくに最後のドイツ兵士の行動が心に残る。 これぞ戦場のセンチメンタリズムというわけだが、これが単なるご都合主義に見えないのはそのための布石を序盤から積み上げてきている点と、監督のやさしさのような視点が伝わってくるから。 一方、本作では英雄なんていう言葉は誰の耳にもむなしく響く。 ただただ順番がきたかのように唐突に死んでいく友軍の兵士たちや、このドイツ兵の行動によって、意図的にそう感じるように演出されている。 少女との食事や交流、教育的殺人など一見妙なエピソードの全ても綿密に計算された必然性というものを感じさせる。 すべてが伏線として結末につながるので、まったく混乱はしない。 見終わった後、戦争やそこでの人間の行動というものに、なにがしかの疑問を持つように作られている。 残酷ショットやシーンが多いものの、戦争・戦場の現実というものをあくまで映画という枠組みの中でリアリティをもって見せてくれる、これは傑作である。 子供が中学生くらいになったら、親が注意深く見守りながら、ぜひ見せてあげてほしい。 感動的なストーリーと見ごたえのある映像、血沸き肉躍るスリル。 エンターテイメント性の高い、見事な戦争映画である。

次の

映画 『FURY(フューリー)』について質問です。①FURY という意味は「激怒」など...

フューリー 映画

「フューリー」85点 (100点満点中) 監督:デヴィッド・エアー 出演:ブラッド・ピット シャイア・ラブーフ 戦場のリアリティの中で光るセンチメンタリズム 「フューリー」は軍経験者のデヴィッド・エアー監督が、博物館から本物の戦車を借りて撮影した戦場映画である。 戦闘映画といってもいい。 本物の戦車でタンクムービーをとるなんて、まさに中二の夢そのものだが、実現のみならず稀代の傑作に仕上げてしまうのだからハリウッド恐るべし。 1945年の欧州戦線。 連合軍の戦車乗り・通称ウォーダディー(ブラッド・ピット)は、フューリーと名付けた愛車のシャーマンM4中戦車を駆り、仲間たちと鉄壁のチームワークで生き残っていた。 ところがあるとき、戦死した仲間の補充に新兵(ローガン・ラーマン)をあてがわれ、危険な前線任務を命じられる。 敵の巨大戦車ティーガー戦ほか、とてつもない恐怖と興奮を与える戦闘シーンの連続である。 跳弾の表現や貫通力重視の対戦車弾の特性など、ディテールにこだわった(かつ分かりやすく観客に伝える)演出は画期的で、今後本作はタンクムービーの新たなる最高峰として映画史に君臨することになるだろう。 連合軍、ドイツ軍、どちらにも過剰に肩入れせず、かといって突き放しもしない。 戦場への愛着すら感じさせる不思議な戦争映画である。 新兵が初めて人を殺すところからはじまり、一人前の兵士に成長する話がメインではあるが、それが圧倒的な説得力を持つのは導き役のブラッド・ピットがえらい魅力を放っているから。 これぞ大スターのカリスマというやつで、彼のようなリーダーのもとで戦うならば、だれしも命を投げ出しこういう行動をとるだろうと思わせる。 平和な国に住む私たちは、ともすると戦争にいって人殺しをするなんてのは、よほどの強制力がなくては無理だろうと勘違いしてしまう。 本作はそんな平和ボケを修正するのに役立つだろう。 航空優勢もないまま、即死クラスの攻撃をいつくらうか、不十分な戦力で恐怖しながら進軍する過酷な戦場の物語。 こんな旅の中でも、監督は心温まる一瞬のドラマを配置する。 とくに最後のドイツ兵士の行動が心に残る。 これぞ戦場のセンチメンタリズムというわけだが、これが単なるご都合主義に見えないのはそのための布石を序盤から積み上げてきている点と、監督のやさしさのような視点が伝わってくるから。 一方、本作では英雄なんていう言葉は誰の耳にもむなしく響く。 ただただ順番がきたかのように唐突に死んでいく友軍の兵士たちや、このドイツ兵の行動によって、意図的にそう感じるように演出されている。 少女との食事や交流、教育的殺人など一見妙なエピソードの全ても綿密に計算された必然性というものを感じさせる。 すべてが伏線として結末につながるので、まったく混乱はしない。 見終わった後、戦争やそこでの人間の行動というものに、なにがしかの疑問を持つように作られている。 残酷ショットやシーンが多いものの、戦争・戦場の現実というものをあくまで映画という枠組みの中でリアリティをもって見せてくれる、これは傑作である。 子供が中学生くらいになったら、親が注意深く見守りながら、ぜひ見せてあげてほしい。 感動的なストーリーと見ごたえのある映像、血沸き肉躍るスリル。 エンターテイメント性の高い、見事な戦争映画である。

次の

映画 『FURY(フューリー)』について質問です。①FURY という意味は「激怒」など...

フューリー 映画

出演は、、、、、、、らである。 撮影は2013年9月から11月までにで本物の戦車を使って行われた。 ストーリー [ ] 1945年4月、がに最後の攻勢をかけようとしていた。 第2機甲師団第66機甲連隊に所属する、ドン・「ウォーダディー」・コリアーがを務める(撮影で使用されたのはM4A2E8)「フューリー」号には以下のクルーが乗り組んでいた。 砲手のボイド・「バイブル」・スワン、装填手のグレイディ・「クーンアス」・トラヴィス、のトリニ・「ゴルド」・ガルシア。 副操縦手はで死亡し、補充として新兵でタイピストを務めていたノーマン・エリソンが配属される。 ノーマンは戦車の中を見たことも無く、ましてや戦闘に参加したことも無かった。 でウォーダディーはに対して憎しみを抱いていることを顕わにする。 ノーマン以外のクルーはからの歴戦の猛者であった。 そのため、ウォーダディーとともに生き残ってきたクルーは、戦闘経験が無くドイツ兵を殺すのに怖じ気づくノーマンを過小評価する。 が縦列で中、ノーマンは木陰に敵らしき人影を見つけるが味方に警告せず、そのせいで()の攻撃によって先頭を走るパーカーの戦車が破壊され、乗員もろとも火だるまとなってしまう。 さらに、との戦闘の際にも、ノーマンは戦うことをためらってしまう。 ウォーダディーは怒り狂い、戦争の現実を「教育」するためにノーマンにのドイツ兵を射殺するよう強要する。 ノーマンはこれを拒否するが、ウォーダディーは力ずくで銃を持たせ、彼に捕虜を射殺させる。 小さな町の制圧を通じて、ノーマンとウォーダディーの絆は徐々に深まってゆく。 ウォーダディーとノーマンは民家に入り、ドイツ人女性のイルマとそのいとこ、エマに出会う。 ノーマンとエマはベッドをともにし、続いて4人で朝食を楽しもうとしたが、ほかのクルーが家に押し入り、エマの飲み物にタバコを投げ捨てたり、食事につばを吐くなど、嫌がらせを行う。 初めは黙って見ていたウォーダディーだったが、クルーらが開戦当初の苦い思い出を語りだしたことでウォーダディーは激昂し、緊張を引き起こす。 そこで伝令がやってきてウォーダディー達は任務に戻ろうとするが、そこにドイツ軍のが加えられる。 砲撃によってがイルマの家を直撃し、エマは死亡する。 後退するドイツ軍が防衛戦に参加しない市民を殺害してその遺体を見せしめにしたり、に近寄った市民を射殺し、自らの町を燃やす様子を見て、ノーマンは敵兵に対する憎悪を燃やし、そして、敵を容赦なく撃つようになってゆく。 ドイツ軍は交差点を通過して攻撃してくる可能性が高いことから、ウォーダディーの率いる戦車小隊はその交差点の保持を命じられる。 部隊は行軍途中、1両のと遭遇する。 戦闘の末、ティーガーIのに成功するものの、その過程で4両のうち3両が撃破され、フューリーのみが残る。 加えて車上が破損して使えなくなり、支援を要請することも不可能となった。 それでもフューリーは先に進み、田舎道の交差点に到着する。 交差点を監視できる丘の上へ移動しようとするが、を踏んで右のが切れ、走行不能となったフューリーは交差点上で立ち往生する。 ウォーダディーらは戦車を降りて修理を試みるが、前方の丘へに出たノーマンは敵の接近を察知。 約300名からなる武装SSは歌いながら行進し、戦意は十分であった。 クルーは戦車を放棄して森へ逃げることを主張するが、ウォーダディーはこれを拒否、1人で戦おうとする。 初めは気が進まなかったクルーであるが、最終的には攻撃を行うことを決意する。 戦車上にドイツ兵の死体を置き、さらに火を点け、フューリーが撃破された遺棄戦車であるかのように装ったウォーダディーたちは、車内で敵を待ち受ける間に、これまでの活躍を振り返り、ノーマンを一人前のクルーとして認める。 敵をギリギリまで引きつけたウォーダディーとクルーは、とすべての・を駆使して、圧倒的な数の差にも関わらず武装SS大隊に多数の損害を与える。 だが、立ち直った武装SS大隊は夜陰に乗じて激しく反撃し、フューリー側のが乏しくなる。 クーンアスはを貫いたの噴流を受け、ゴルドは車内へ取り落した作動済みの手榴弾に覆いかぶさり、バイブルはが放ったを頭部に受けてそれぞれ。 ウォーダディーも狙撃兵の銃撃によって、3発の銃弾を体に受ける。 車内に残されたウォーダディーとノーマンであるが、ウォーダディーはノーマンに戦車の下部脱出ハッチから逃げろと促す。 車体の下に出たノーマンは、のによってできた地面の穴に隠れ、ウォーダディーは戦車の中に放り込まれた手榴弾の爆発によって戦死する。 ノーマンは戦車の下をのぞき込んだ1人の若い武装SS兵士によって発見されるが、武装SS兵はノーマンをそのままにして先に進んでいった。 翌朝、ノーマンはフューリーの車内へ這い上がり、ウォーダディーの遺体にジャケットをかける。 そこに到着したアメリカ軍部隊が車内で息を潜めていたノーマンを発見し「お前はヒーローだ」と話しかけ、彼らの奮戦によってドイツ軍の攻勢が失敗に終わったことが暗示される。 唯一の生存者となったノーマンは衛生隊の移送車両によって後方に運ばれる。 一昼夜が過ぎた交差路一帯には燻ぶる炎と黒煙が立ち上り、周囲には無数に横たわるドイツ兵の遺体と破壊されたシャーマン戦車フューリーが路上に佇む。 デイヴィス軍曹 -• ビンカウスキ軍曹 - ()()• パーカー中尉 - ()• マイルス軍曹 - ()• ピーターソン軍曹 - ケヴィン・ヴァンス()• イルマ - ()• エマ - ()()• ドイツの伍長 - ()• フォスター - イアン・ギャレット• ヒルダ・マイヤー - ()• エディス - ステラ・ストッカー 製作 [ ] 世界で唯一駆動可能なティーガー戦車であるは、より貸し出された。 現代の戦争映画でが使われるのは初めてのことであり、131は2009年から2012年のあいだにランニングコンディションに唯一レストアされた 2013年2月13日、は ()が次のプロジェクトとしてが脚本を執筆し、監督する予定である『 Fury』を購入し、出資する予定であることを報じた。 4月3日、製作の開始が2013年9月に予定された。 2013年4月10日、がオークションでに勝利し、が北米配給権を獲得した。 キャスティング [ ] 2013年4月3日、ソニーはキャスティングを開始し、以前に2009年の第二次大戦映画『』に出演していたが主人公のウォーダディー役での交渉に入った。 4月23日、がキャストに加わった。 5月1日、がノーマン・エリソン役でキャストに加わった。 5月14日、『』は、が戦車の乗組員役での出演交渉が行われたと報じた。 5月17日、がクーンアス役で加わった。 8月26日、がマイルス役でキャストに加わった。 9月19日、が別ののデイヴィス軍曹役でキャスティングされた。 は10月7日にキャスティングされた。 このほかに、 ()、 ()、ケヴィン・ヴァンス、 ()がキャスティングされた。 本作では4人の俳優(、、、)が、と戦うを演じる。 撮影 [ ] 2013年9月、のでリハーサルが行われた。 9月3日、はイングランドの田舎でを駆動する準備をした。 9月30日、がで始まった。 は、 ()、 ()、 ()の住民に撮影中にや音が起こるという注意書を送った。 2013年10月15日、パートンでのリハーサル中にスタントマンの肩に誤ってが刺さった。 彼はの ()へ空路で救急搬送され、からは事故として処理された。 2013年11月、にエキストラがの制服を着た場面を撮影して論争を引き起こした。 エアーとソニーは事件について謝罪した。 撮影中には役作りのために歯を抜き、顔をナイフで切りつけ、さらにはシャワーも浴びなかったために、ほかのキャストやスタッフの不評を買った。 撮影は2013年11月15日にオックスフォードシャーで完了した。 音楽 [ ] 詳細は「」を参照 2013年11月19日、が映画音楽を作曲する契約を交わした。 オリジナルサウンドトラックアルバムは2014年10月14日により発売された。 吹き替えなど [ ] シーンにを使用した映画であることから、戦車繋がりでアニメ『』の西住みほ役で知られるがエマ役の吹き替えに起用された。 日本では劇場での配給をKADOKAWAが担当していたが、映像ソフトの販売は北米の配給元でもあるソニー・ピクチャーズが担当した。 本作以後も、ソニーは日本独自の事業展開として、KADOKAWAが関わる多くの新作映画や海外ドラマのソフト販売に関わっている。 公開 [ ] は当初公開日を2014年11月14日に設定していたが 、1ヶ月前倒しされ同年10月17日に公開された。 当時、ソニー・ピクチャーズが何者かによりハッキングされており、関連性が指摘されている。 実際、この直後に、この映画を含む少なくとも5作品が、有名映画女優のパスポートの写しといった機密情報のファイルと一緒にインターネット上で不正に出回った。 評価 [ ] 興行収入 [ ] 北アメリカ 北アメリカでは2014年10月17日に3,173劇場で封切られた。 木曜の深夜上映は2,489劇場で行われ、約120万ドルを売り上げた。 公開初日には約880万ドルを売り上げた。 初週末では約2,350万ドル、1劇場あたりで7,406ドルを売り上げた。 この初週末興行収入はデヴィッド・エアーの監督作としては『』(1,310万ドル)を超えて史上最高、脚本作としては『』(4,000万ドル)と『』(3,700万ドル)に次いで3位の成績である。 北アメリカ外 北アメリカ公開の翌週に15市場で1,975スクリーンで封切られ、初週末に約1,120万ドルを売り上げた。 では336スクリーンで220万ドルを売り上げて1位、では初週末に415スクリーンで210万ドルを売り上げて5位となった。 では初週末に680スクリーンで269万ポンドを売り上げ、2週目の『』(192万ポンド)を抑えて1位となった。 第2週末には44市場で1,460万ドルを売り上げ、累計は3,780万ドルに達した。 では初週末に41万ドル、では16万ドルを売り上げて1位となった。 日本 1月までに10億円を売り上げた。 受賞 [ ]• 作品賞トップ10• アンサンブル演技賞• 優秀外国映画賞 関連項目 [ ]• - コラボレーションとして、本作に登場したフューリー号が「M4A3E8 Fury」の名称でプレミアム戦車として登場している。 - 戦車と女子高生を題材としたアニメ作品、日本公開時において積極的なタイアップが組まれ、エマ役の日本語吹き替えに同作主人公役の渕上舞が起用された他、同作出演の中上育実がナレーションを行なうテレビCMの放映、本作イラスト入りの特典つき前売り券などの企画が行われた。 参考文献 [ ]• 2014年10月7日. 2014年10月8日閲覧。 2014年10月6日閲覧。 2015年2月15日閲覧。 2014年1月27日. 2014年1月27日閲覧。 deadline. com. 2013年12月29日閲覧。 hollywoodreporter. com. 2013年4月3日. 2013年8月29日閲覧。 variety. com. 2013年8月29日閲覧。 firstshowing. net. 2013年12月29日閲覧。 hollywoodreporter. com. 2013年12月30日閲覧。 thewrap. com. 2013年12月29日閲覧。 hollywoodreporter. com. 2013年12月30日閲覧。 deadline. com. 2013年9月19日. 2013年12月30日閲覧。 deadline. com. 2013年12月30日閲覧。 inserbia. info. 2013年10月5日. 2014年1月3日閲覧。 bbc. 2013年11月19日. 2013年11月19日閲覧。 2013年4月3日. 2013年8月29日閲覧。 McNary, Dave 2013年4月10日. variety. com. 2013年12月29日閲覧。 2014年9月16日. 2014年9月16日閲覧。 onlocationvacations. com. 2013年9月11日. 2013年9月12日閲覧。 express. 2013年9月5日. 2013年9月12日閲覧。 express. 2013年9月30日. 2013年10月1日閲覧。 movies. yahoo. com. 2013年9月30日. 2013年10月1日閲覧。 bbc. 2013年10月1日. 2013年10月1日閲覧。 theguardian. com. 2013年10月1日. 2013年10月1日閲覧。 bbc. 2013年10月15日. 2014年1月3日閲覧。 bbc. 2013年11月12日. 2013年11月12日閲覧。 dailymail. 2013年12月3日. 2014年10月19日閲覧。 filmmusicreporter. com. 2013年11月19日. 2014年8月31日閲覧。 Fleming Jr, Mike 2013年11月19日. deadline. com. 2013年12月30日閲覧。 filmmusicreporter. com. 2014年8月26日. 2014年8月31日閲覧。 インプレス• 2013年4月10日. 2013年8月29日閲覧。 deadline. com. 2014年8月12日. 2014年8月13日閲覧。 2019年11月1日閲覧。 Ray Subers 2014年10月16日. Box Office Mojo. 2014年10月19日閲覧。 Anita Busch 2014年10月17日. Deadline. com. 2014年10月18日閲覧。 Brent Lang 2014年10月17日. Variety. 2014年10月18日閲覧。 Anita Busch 2014年10月18日. Deadline. com. 2014年10月19日閲覧。 Scott Mendelson 2014年10月18日. Forbes. 2014年10月19日閲覧。 Pamela McClintock 2014年10月18日. The Hollywood Reporter. 2014年10月19日閲覧。 Brent Lang 2014年10月19日. Variety. 2014年10月19日閲覧。 Anita Busch 2014年10月19日. Deadline. com. 2014年10月19日閲覧。 Scott Mendelson 2014年10月19日. Forbes. 2014年10月19日閲覧。 Scott Mendelson 2014年10月26日. Forbes. 2014年10月27日閲覧。 Anita Busch 2014年10月26日. Deadline. com. 2014年10月27日閲覧。 Maane Khatchatourian 2014年10月26日. Variety. 2014年10月27日閲覧。 Pamela McClintock 2014年10月26日. The Hollywood Reporter. 2014年10月27日閲覧。 Nancy Tartaglione 2014年10月26日. Deadline. com. 2014年10月27日閲覧。 Pamela McClintock 2014年10月27日. The Hollywood Reporter. 2014年10月29日閲覧。 Alex Ritman 2014年10月29日. The Hollywood Reporter. 2014年10月31日閲覧。 BBC 2014年10月28日. 2014年10月31日閲覧。 Nancy Tartaglione 2014年11月2日. Deadline. com. 2014年11月3日閲覧。 2014年1月27日. 2014年1月27日閲覧。 2014年10月29日閲覧。 2014年10月22日閲覧。 com. 2014年12月3日. 2014年12月4日閲覧。 、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月18日閲覧。 フューリー公式サイト. 2014年10月9日. 2015年3月24日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語).

次の