アイフォン8 容量。 「iPhone 8/8 Plus」のRAMとバッテリー容量が判明か

「iPhone 8/8 Plus」のRAMとバッテリー容量が判明か

アイフォン8 容量

7インチ、iPhone 8 Plusが5. 5インチ、iPhone Xが5. 8インチ。 それぞれの機種ごとにストレージの容量が異なる64GB・256GBの2タイプがあります。 つまりiPhoneにデータを保存できるスペースであり、容量の数字が大きければ大きいほどより多くのデータを保存できます。 一方で、 本体容量が大きくなると端末価格が高くなってしまうというデメリットもあります。 しかし、256GBといえば64GBの4倍の大きさ。 64GBモデルよりもさらに多くのデータを保存できることに 価格差以上の付加価値を感じるかがポイントになります。 iPhoneの場合、SDカードのような外部メモリーを使った本体容量の拡張ができないので、それぞれの iPhone購入時に64GBか256GBのいずれかを必ず選択しなければなりません。 iPhoneの性能は毎年のモデルチェンジのたびに進化し、写真や動画がどんどん高画質になっていることから、 撮影したデータが肥大化してしまうことも頭に入れておかなければなりません。 一番重要なのは、容量と価格のバランスを考えつつ ご自身の使い方にあった最適な容量を見つけることです。 iPhone64GBモデルと256GBモデル、2つの容量の違いを徹底解説! 64GBと256GBの違いを詳しく見ていきましょう 「64GB」「256GB」といわれても、ピンと来ない方が多いのではないでしょうか? 数字だけでなんとなく選んでしまって後から後悔することになっても、購入後に容量を変更できないのがiPhone購入時の悩ましいところ。 ここでは具体例を挙げて「64GB」「256GB」の違いを解説していきます。 iPhoneに保存できる各種データ量をチェック! 写真・動画・音楽など、どれくらいの量を保存できるのでしょうか? iPhoneで用意されている64GBと256GBの2種類の容量は、 本体に写真や動画を保存するための重要な要素です。 では、実際に64GBと256GBの容量では、保存できるデータの数がどれくらい違うのでしょうか。 データ種類 1本当たりの容量 64GBに入る容量 256GBに入る容量 写真 2. 6MB 約24,000枚 約98,000枚 動画 12. 8MB (約10秒の動画) 約830分 約3,300分 iTunesの音楽 9. 6MB (約4分44秒の曲) 約6,600曲 約26,000曲 iTunesの映画 5. 78GB (1080p HD) 約10本 約170本 アプリ 76MB (Instagram) 約840個 約3,300個 ゲームアプリ 146MB (Minecraft) 約430個 約1,700個 これらの値は筆者が使用しているiPhone Xにおける各データ量を参照しています。 音楽ファイルは再生時間や圧縮形式、写真・動画は撮影モードや動画の尺の長さなど、さまざまな条件の違いでファイルの大きさも異なってきますので、上記の値はあくまで目安として捉えてください。 実際には表のように特定の種類に偏ることなく、写真・動画・アプリ・音楽ファイルなどのさまざまなデータをiPhoneへ保存することになると思います。 例示した目安の理論値には到底及ばないかもしれませんが、ここで押さえておきたいのはあくまでも 各種データの容量の消費具合です。 写真ファイルは高画質であっても、そこまでデータ容量が大きくありません。 一方で、iPhoneで撮影したムービーやiTunesの映画のような動画ファイルは注意が必要です。 データサイズが大きいため、スマホの容量を占める割合も大きいことが表からも理解していただけると思います。 アプリの場合、簡易なアプリであれば数MB程度で済むこともありますが、大抵のものは100MB程度、大きいものになると1GB級のサイズになるアプリも存在します。 上記を踏まえると、 動画関連ファイルやアプリを多く扱う人は容量の大きい256GBのiPhoneを選択した方がベストと考えられます。 反対に、 動画を撮影したり保存することがあまり無い人、最低限のアプリしか使わないという人であれば容量の小さい64GBでも十分だと思います。 クラウドストレージを活用する方法を解説 iCloudなどのクラウドストレージを使う方法もあるが有料 本体容量の小さいPhoneを利用する場合、 少ないストレージ容量を補うツールとして、DropboxやiCloud Driveなどの 月額制のクラウドストレージを活用する方法があります。 撮影した写真や動画をiPhone本体ではなくクラウドストレージに保存することにより、 本体容量の浪費を防ぐことができます。 ただし、クラウドストレージ上のファイルを閲覧するには、一度ダウンロードする必要があるので データ通信料が発生します。 クラウドストレージの活用を前提に容量の少ないiPhoneを選択すると、本体購入の初期費用は安く抑えられますが、そのぶんクラウドストレージの月額利用料やデータ送受信時のデータ通信料がかかってしまいます。 一方で、本体容量の大きいモデルを購入しておけば、余程のことが無い限りクラウドストレージを利用する必要がありません。 代わりに 本体購入代金は大きく膨れ上がるので、ここはトレードオフの部分になります。 本体容量の違いに加えて、クラウドストレージを活用する手段があることも容量選びのポイントとして押さえておきましょう。 容量の大きさによる価格の違いはもちろんですが、 契約する通信キャリアによっても販売価格が異なります。 2019年現在、キャリアで販売されているモデルはiPhone 8(64GB)のみになります。 iPhone XはApple Storeでの販売も終了しています。 各キャリアで購入する場合は、長期契約による毎月割引きや25ヶ月目に機種変更することを条件に端末代金が半額になる割り引きがあるため、実質負担額はAppleで購入する SIMフリー版よりも大幅に安くなります。 iPhoneの容量別に見るメリット・デメリット iPhoneの容量の違いに関する口コミを集めてみました iPhoneの本体容量は、iPhoneユーザーの 普段の使い勝手にも大きく影響してくる要素。 64GB・256GBモデルのそれぞれにメリット・デメリットがありますが、iPhoneの使い方も十人十色。 ユーザーごとに使用傾向も異なってくるので、 実際に使ってみないと選択した容量が最適だったか判断しにくい部分もあります。 ここでは、実際にiPhoneユーザーが感じているメリット・デメリットを容量別にまとめてみました。 ご自身の使い方に似た人の意見があれば、ぜひ参考にしてみてください。 64GBの容量を選ぶメリット・デメリット iPhone8にしようと思うけど、64GBか256GBかどっちが正解なんや。。。 今のiPhoneは、4年使ってストレージ30GB弱やぞ…。 64GBでいい気がする… — しょぺ DQshohey 長年スマホを使っている人は、現在ご自身が使っている端末のデータ容量を確認してみると検討しやすいです。 今のスマホの使い方で64GBの範疇に保存データが収まっているのであれば、無理に高価な256GBモデルを買う必要は無いかもしれません。 iPhoneさわさわしてるけど…64GBって容量大きすぎて助かってる。 このような使い方をしているのであれば、64GBでも十分そうです。 特に動画ファイルをたくさん保存すると、すぐに容量が埋まってしまいます。 写真・動画・アプリなど、保存するデータのサイズも年々大容量化しているので、大きな容量を買っておいたほうが安心といえます。 256GBの容量を選ぶメリット・デメリット iPhone8、64GBにするか256GBにするか迷ってきたな〜。 十分な容量があると切羽詰まる感じもないので、精神的にも楽ですね。 曲を6212曲入れてもまだ184GB残ってるiPhone最高ですね…256GB買って良かった… — れあ ReAxxxReA 音楽をたくさん保存するユーザーでも、256GBのストレージは十分に大きいと感じる容量のようです。 これだけ空き容量があれば、今後長く使用していく上でも安心ですね。 多くのデータをiPhone本体に保存する人であれば、64GBでは絶対に足りなくなると思うので、少しでも大きい256GBモデルを選択するのはマストといえるでしょう。 普段のiPhoneの使い方による容量の選び方を解説 ユーザーごとにiPhoneの使い方もさまざま これまで64GB・256GBそれぞれの容量で保存できるデータの量や販売価格の差について解説してきましたが、参考になりましたでしょうか? それぞれの容量ごとにメリット・デメリットが存在するのはもちろんですが、最も重要なのは ユーザーがどのようにiPhoneを使っているかということ。 あまりデータ容量を使わないのであれば64GBモデルで十分ですし、たくさんのデータを保存するユーザーであれば256GBモデルの選択は必須事項です。 容量選びの最終判断材料として、 iPhoneの使い方による違いを把握しておきましょう。 既にiPhoneを使っている人は今の容量の使い方を確認しよう これから新たにiPhoneを購入しようとする際、現在もiPhoneを使っている人であれば、 今使用している端末のストレージ状態が大きな判断材料になると思います。 機種を変えたからといってiPhone自体の使い方は大きく変わらないと思います。 まずは、現在のストレージ状態をチェックしておきましょう。 ホーム画面から 「設定>一般>iPhoneストレージ」と進みます。 すると、iPhoneのストレージの使用状況がカラー別に表示されます。 iPhoneのストレージ使用状況 256GBモデルを使用している筆者の場合、使用済み領域が約108GB、空き容量が約147GBという状況です。 どう整理したとしても64GBでは不足してしまうので、256GBという容量に満足しています。 長年iPhoneを使用していて、現在使用している容量が 50GB未満で収まっているようであれば64GBモデルでも十分かと思います。 使用容量が60GB付近またはそれ以上なら、大きめの256GBモデルを選択して容量オーバのリスクを避けたほうが賢明です。 こんな人には「64GB」の容量がおすすめ 64GBがおすすめな人のポイントをまとめてみました 下記のような人には、64GBモデルがオススメです。 当然ながらデータを保存できる容量は256GBモデルに比べて少ないので、 iPhone本体にデータを保存するような使い方をあまりしない人には最適です。 こんな人には「256GB」の容量がおすすめ 256GBがおすすめな人のポイントをまとめてみました 下記のような人には、大容量の256GBモデルがオススメです。 まとめ:長く使うならiPhoneの容量は256GBモデルがオススメ! 写真・動画・音楽ファイルやアプリは、iPhoneの使用年数に応じてどんどんと増えていきます。 筆者の場合、家庭に小さな子どもが2人いるので、イベントや日常での子ども関連の写真や動画がたくさん保存されています。 子どもが成長する度に記録しているので、これらのデータはどんどんと増えてきている状態です。 思い出を高画質で楽しく振り返るためにも、256GBモデルを選択しておいて正解だったと感じています。 64GBモデルとは18,000円の価格差がありますが、この金額をカバーできるほどに大容量の恩恵を大きく受けているので大変満足しています。 これからも長く同じiPhoneを使っていきたいと考えている人には、 256GBモデルの選択がオススメです!.

次の

iPhone7/iPhone7 Plusどの容量を買うべき?32GB・128GB・256GBのうち、最適なストレージ容量を探す簡単テクニック3つ。

アイフォン8 容量

通常の通話や、LINEのトークでiPhoneを使う分には、ストレージの容量も心配する必要はありません。 ラインや電話により負荷がかかるのは「通信料」。 iPhoneのストレージには、LINEのアプリ自体の容量程度しかかからないのです。 また、日常的な軽いネットサーフィンを考えている人もストレージを心配する必要はありません。 Twitter、インスタグラムなどのSNSでの利用のみの方も問題ないです。 値段も256GBに比べてかなり安いため、少しでも安くiPhone8を買いたい人にもおすすめできます。 参考: ですので、以下のような使い方を考えている人は64GBを選ぶといいですよ。 ・友人と楽しくラインでトークできればいい ・家族と連絡がとれれば問題ない ・SNSでの利用がほとんど ・ネットサーフィン程度しか使わない ・ちょっとでも安くiPhone8を購入したい 自分のiPhoneの使い方を考え、上記に当てはまるようであれば64GBで問題ないはずです。 その際、iPhone上にはコンテンツを保存しない人は64GBがおすすめです。 iPhoneではiCloudをはじめとしたクラウドサービスを使うことができます。 オンライン上で自由にデータを保存でき、いつでもアクセスできる仕組みです。 クラウド上に音楽や動画を保存していれば、iPhone8のストレージに必要な容量が節約できます。 また、音楽や映画のストリーミングサービスを利用している方も同様です。 現在では「AWA」「LINE MUSIC」「Hulu」「Netflix」などさまざまな種類のものが展開されています。 スポンサードリンク これらの場合は、インターネットさえあればiPhone自体に保存することなく視聴することができるため、iPhone8の容量を気にする必要はありません。 動画をiPhoneで見る場合は、通信制限がかかる可能性大なので、ポケットWiFiを一台持っておくとかなり余裕を持って視聴することができます。 ストリーミングサービスを利用していてもコンテンツをダウンロードしてしまうとiPhone8の容量を使ってしまいますからね。 iPhone自体には音楽や動画をあまり保存せず、ストリーミングのみの利用が多い方は64GBのiPhone8がおすすめです。 特に学生や女性の場合は、友人や恋人との思いで作りのために、たくさん写真を撮りますよね。 そのような方は256GBがおすすめです。 動画はもちろん、写真もたくさん保存すればするほど、iPhone8の容量をくってしまいます。 データサイズの目安は、 iPhone8で撮影した写真が1枚あたり4MB、1000枚保存すると約4GB必要です。 4K動画を撮影した場合には1分間の映像で400MB、10分間の映像で4GB使用することになります。 iPhoneはカメラの性能が高くなればなるほど、データサイズも大きくなってしまいます。 関連: 画質が綺麗ということは、それだけたくさんの情報が詰まっているということです。 ですので、旧モデルのiPhoneを利用していた方は、余裕をもって容量を選ぶのも1つの手ですよ。 iPhoneは容量がいっぱいになっても途中から増やすことはできません。 外部ストレージが使えず、本体にSDカードを挿入する箇所もないんですね・・・。 ですから、写真や動画をたくさん撮影したい人や、いつでもiPhoneから撮影したものを閲覧したい人は、あらかじめ容量に余裕を持って256GBを選びましょう。 いつでも好きなときに好きなアーティストの音楽を聞きたい人も多いと思います。 そのような方も256GBのiPhone8の購入をおすすめします。 映画は画質が良ければ良いほど、データ量は多くなります。 1080pの高画質で映画を保存しようとすれば、 1作品で4GBを超えることも少なくありません 10本保存すれば、それだけで40GBの容量が必要です。 ですので、お気に入りの映画、動画を高画質で保存したい人は余裕をもって256GBを選ぶのをおすすめします。 また、音楽をたくさん保存したい人も同じです。 ストリーミングサービスを利用すると通信料もたくさんかかるため、iPhone8本体にいれて聞きたいという方もたくさんいます。 音楽1曲あたりのデータ量は約5MB~10MB。 数曲保存する程度ではまったく問題ありません。 ですが、何百曲、何千曲と保存したい人はそれだけの容量が必要です。 100曲で約1GB。 1000曲で約1000GBのデータ量となります。 ですので、音楽が好きな方や、いつでもお気に入りのアーティストの曲を聞けるようにしたい人は大容量の256GBを選ぶと安心です。 音楽や映画だけに限らず、高画質なゲームをたくさんインストールしたい人も256GBのほうをおすすめします。 アプリ1つで1GB以上のゲームもたくさんあります。 容量を気にせずゲームを楽しみたい人も、余裕をもって256GBのiPhone8を選びましょう。

次の

歴代iPhoneのバッテリー容量を比較

アイフォン8 容量

7インチ、iPhone 8 Plusが5. 5インチ、iPhone Xが5. 8インチ。 それぞれの機種ごとにストレージの容量が異なる64GB・256GBの2タイプがあります。 つまりiPhoneにデータを保存できるスペースであり、容量の数字が大きければ大きいほどより多くのデータを保存できます。 一方で、 本体容量が大きくなると端末価格が高くなってしまうというデメリットもあります。 しかし、256GBといえば64GBの4倍の大きさ。 64GBモデルよりもさらに多くのデータを保存できることに 価格差以上の付加価値を感じるかがポイントになります。 iPhoneの場合、SDカードのような外部メモリーを使った本体容量の拡張ができないので、それぞれの iPhone購入時に64GBか256GBのいずれかを必ず選択しなければなりません。 iPhoneの性能は毎年のモデルチェンジのたびに進化し、写真や動画がどんどん高画質になっていることから、 撮影したデータが肥大化してしまうことも頭に入れておかなければなりません。 一番重要なのは、容量と価格のバランスを考えつつ ご自身の使い方にあった最適な容量を見つけることです。 iPhone64GBモデルと256GBモデル、2つの容量の違いを徹底解説! 64GBと256GBの違いを詳しく見ていきましょう 「64GB」「256GB」といわれても、ピンと来ない方が多いのではないでしょうか? 数字だけでなんとなく選んでしまって後から後悔することになっても、購入後に容量を変更できないのがiPhone購入時の悩ましいところ。 ここでは具体例を挙げて「64GB」「256GB」の違いを解説していきます。 iPhoneに保存できる各種データ量をチェック! 写真・動画・音楽など、どれくらいの量を保存できるのでしょうか? iPhoneで用意されている64GBと256GBの2種類の容量は、 本体に写真や動画を保存するための重要な要素です。 では、実際に64GBと256GBの容量では、保存できるデータの数がどれくらい違うのでしょうか。 データ種類 1本当たりの容量 64GBに入る容量 256GBに入る容量 写真 2. 6MB 約24,000枚 約98,000枚 動画 12. 8MB (約10秒の動画) 約830分 約3,300分 iTunesの音楽 9. 6MB (約4分44秒の曲) 約6,600曲 約26,000曲 iTunesの映画 5. 78GB (1080p HD) 約10本 約170本 アプリ 76MB (Instagram) 約840個 約3,300個 ゲームアプリ 146MB (Minecraft) 約430個 約1,700個 これらの値は筆者が使用しているiPhone Xにおける各データ量を参照しています。 音楽ファイルは再生時間や圧縮形式、写真・動画は撮影モードや動画の尺の長さなど、さまざまな条件の違いでファイルの大きさも異なってきますので、上記の値はあくまで目安として捉えてください。 実際には表のように特定の種類に偏ることなく、写真・動画・アプリ・音楽ファイルなどのさまざまなデータをiPhoneへ保存することになると思います。 例示した目安の理論値には到底及ばないかもしれませんが、ここで押さえておきたいのはあくまでも 各種データの容量の消費具合です。 写真ファイルは高画質であっても、そこまでデータ容量が大きくありません。 一方で、iPhoneで撮影したムービーやiTunesの映画のような動画ファイルは注意が必要です。 データサイズが大きいため、スマホの容量を占める割合も大きいことが表からも理解していただけると思います。 アプリの場合、簡易なアプリであれば数MB程度で済むこともありますが、大抵のものは100MB程度、大きいものになると1GB級のサイズになるアプリも存在します。 上記を踏まえると、 動画関連ファイルやアプリを多く扱う人は容量の大きい256GBのiPhoneを選択した方がベストと考えられます。 反対に、 動画を撮影したり保存することがあまり無い人、最低限のアプリしか使わないという人であれば容量の小さい64GBでも十分だと思います。 クラウドストレージを活用する方法を解説 iCloudなどのクラウドストレージを使う方法もあるが有料 本体容量の小さいPhoneを利用する場合、 少ないストレージ容量を補うツールとして、DropboxやiCloud Driveなどの 月額制のクラウドストレージを活用する方法があります。 撮影した写真や動画をiPhone本体ではなくクラウドストレージに保存することにより、 本体容量の浪費を防ぐことができます。 ただし、クラウドストレージ上のファイルを閲覧するには、一度ダウンロードする必要があるので データ通信料が発生します。 クラウドストレージの活用を前提に容量の少ないiPhoneを選択すると、本体購入の初期費用は安く抑えられますが、そのぶんクラウドストレージの月額利用料やデータ送受信時のデータ通信料がかかってしまいます。 一方で、本体容量の大きいモデルを購入しておけば、余程のことが無い限りクラウドストレージを利用する必要がありません。 代わりに 本体購入代金は大きく膨れ上がるので、ここはトレードオフの部分になります。 本体容量の違いに加えて、クラウドストレージを活用する手段があることも容量選びのポイントとして押さえておきましょう。 容量の大きさによる価格の違いはもちろんですが、 契約する通信キャリアによっても販売価格が異なります。 2019年現在、キャリアで販売されているモデルはiPhone 8(64GB)のみになります。 iPhone XはApple Storeでの販売も終了しています。 各キャリアで購入する場合は、長期契約による毎月割引きや25ヶ月目に機種変更することを条件に端末代金が半額になる割り引きがあるため、実質負担額はAppleで購入する SIMフリー版よりも大幅に安くなります。 iPhoneの容量別に見るメリット・デメリット iPhoneの容量の違いに関する口コミを集めてみました iPhoneの本体容量は、iPhoneユーザーの 普段の使い勝手にも大きく影響してくる要素。 64GB・256GBモデルのそれぞれにメリット・デメリットがありますが、iPhoneの使い方も十人十色。 ユーザーごとに使用傾向も異なってくるので、 実際に使ってみないと選択した容量が最適だったか判断しにくい部分もあります。 ここでは、実際にiPhoneユーザーが感じているメリット・デメリットを容量別にまとめてみました。 ご自身の使い方に似た人の意見があれば、ぜひ参考にしてみてください。 64GBの容量を選ぶメリット・デメリット iPhone8にしようと思うけど、64GBか256GBかどっちが正解なんや。。。 今のiPhoneは、4年使ってストレージ30GB弱やぞ…。 64GBでいい気がする… — しょぺ DQshohey 長年スマホを使っている人は、現在ご自身が使っている端末のデータ容量を確認してみると検討しやすいです。 今のスマホの使い方で64GBの範疇に保存データが収まっているのであれば、無理に高価な256GBモデルを買う必要は無いかもしれません。 iPhoneさわさわしてるけど…64GBって容量大きすぎて助かってる。 このような使い方をしているのであれば、64GBでも十分そうです。 特に動画ファイルをたくさん保存すると、すぐに容量が埋まってしまいます。 写真・動画・アプリなど、保存するデータのサイズも年々大容量化しているので、大きな容量を買っておいたほうが安心といえます。 256GBの容量を選ぶメリット・デメリット iPhone8、64GBにするか256GBにするか迷ってきたな〜。 十分な容量があると切羽詰まる感じもないので、精神的にも楽ですね。 曲を6212曲入れてもまだ184GB残ってるiPhone最高ですね…256GB買って良かった… — れあ ReAxxxReA 音楽をたくさん保存するユーザーでも、256GBのストレージは十分に大きいと感じる容量のようです。 これだけ空き容量があれば、今後長く使用していく上でも安心ですね。 多くのデータをiPhone本体に保存する人であれば、64GBでは絶対に足りなくなると思うので、少しでも大きい256GBモデルを選択するのはマストといえるでしょう。 普段のiPhoneの使い方による容量の選び方を解説 ユーザーごとにiPhoneの使い方もさまざま これまで64GB・256GBそれぞれの容量で保存できるデータの量や販売価格の差について解説してきましたが、参考になりましたでしょうか? それぞれの容量ごとにメリット・デメリットが存在するのはもちろんですが、最も重要なのは ユーザーがどのようにiPhoneを使っているかということ。 あまりデータ容量を使わないのであれば64GBモデルで十分ですし、たくさんのデータを保存するユーザーであれば256GBモデルの選択は必須事項です。 容量選びの最終判断材料として、 iPhoneの使い方による違いを把握しておきましょう。 既にiPhoneを使っている人は今の容量の使い方を確認しよう これから新たにiPhoneを購入しようとする際、現在もiPhoneを使っている人であれば、 今使用している端末のストレージ状態が大きな判断材料になると思います。 機種を変えたからといってiPhone自体の使い方は大きく変わらないと思います。 まずは、現在のストレージ状態をチェックしておきましょう。 ホーム画面から 「設定>一般>iPhoneストレージ」と進みます。 すると、iPhoneのストレージの使用状況がカラー別に表示されます。 iPhoneのストレージ使用状況 256GBモデルを使用している筆者の場合、使用済み領域が約108GB、空き容量が約147GBという状況です。 どう整理したとしても64GBでは不足してしまうので、256GBという容量に満足しています。 長年iPhoneを使用していて、現在使用している容量が 50GB未満で収まっているようであれば64GBモデルでも十分かと思います。 使用容量が60GB付近またはそれ以上なら、大きめの256GBモデルを選択して容量オーバのリスクを避けたほうが賢明です。 こんな人には「64GB」の容量がおすすめ 64GBがおすすめな人のポイントをまとめてみました 下記のような人には、64GBモデルがオススメです。 当然ながらデータを保存できる容量は256GBモデルに比べて少ないので、 iPhone本体にデータを保存するような使い方をあまりしない人には最適です。 こんな人には「256GB」の容量がおすすめ 256GBがおすすめな人のポイントをまとめてみました 下記のような人には、大容量の256GBモデルがオススメです。 まとめ:長く使うならiPhoneの容量は256GBモデルがオススメ! 写真・動画・音楽ファイルやアプリは、iPhoneの使用年数に応じてどんどんと増えていきます。 筆者の場合、家庭に小さな子どもが2人いるので、イベントや日常での子ども関連の写真や動画がたくさん保存されています。 子どもが成長する度に記録しているので、これらのデータはどんどんと増えてきている状態です。 思い出を高画質で楽しく振り返るためにも、256GBモデルを選択しておいて正解だったと感じています。 64GBモデルとは18,000円の価格差がありますが、この金額をカバーできるほどに大容量の恩恵を大きく受けているので大変満足しています。 これからも長く同じiPhoneを使っていきたいと考えている人には、 256GBモデルの選択がオススメです!.

次の