鉄腕 ダッシュ カレー。 鉄腕ダッシュ:カレーライスのレシピ!ポークカレー2020&ワイルドポーク

鉄腕DASHで反響、潜水艦カレー 「機密だらけ」撮影、実現のワケ

鉄腕 ダッシュ カレー

日本テレビ系列の人気番組「ザ!鉄腕!DASH!! 」で、TOKIOが海上自衛隊の潜水艦に入った映像が、SNSで反響を呼びました。 国民食のカレーライスを掘り下げるコーナーで、「じゃあ名物の海上自衛隊では」という企画でしたが、「海の忍者」潜水艦の中の映像はそう見られません。 撮影が実現した舞台裏を探りました。 (withnews編集部・丹治翔、朝日新聞政治部・藤田直央) TOKIOの城島さん、長瀬さんが潜水艦「ずいりゅう」に。 「海の忍者」と呼ばれるほど、静かさが求められる潜水艦。 withnewsでも藤田直央記者が今年3月に「うずしお」に乗り込み、その様子をレポートしました。 城島茂さんと長瀬智也さんが、まず千葉県の館山航空基地のカレー作りを見学。 そこから海自の哨戒ヘリコプターSH60Kで神奈川県の横須賀基地へ飛び、泊まっていた「国家機密だらけの潜水艦」(番組HP)ずいりゅうの中へ。 テレビカメラとともにはしごを降りました。 潜水艦の性能に関わる部分は「国家機密」とモザイクがかけられた艦内を通り、城島さんと長瀬さんが案内された調理場では、シーフードカレーとポークカレーが作られていました。 潜水艦には、海中で位置がばれないよう「いかに音を出さないか」が求められます。 食材を切る包丁の使い方にも、隊員が細心の注意を払う環境で作られたカレー。 隠し味にコーヒーなど、こだわりが詰まった一皿を食べた2人は「美味しい!! 」と絶賛しました。 放送が始まると、ツイッターでは海自のカレーが話題に。 呉基地(広島県呉市)の各部隊の味を、呉市内の飲食店が再現している「呉海自カレー」のホームページはアクセスが集中し、一時閲覧できない状態になりました。 「ネットで検索をするとページが上位にあるので、アクセスが集中したのだと思います。 テレビの力はすごい」と担当者も影響の大きさを感じていました。 【お詫び】現在 さんの海自カレー放映効果の為ホームページのアクセスが集中し閲覧出来ない状態となっております。 ご迷惑をおかけしており申し訳ございません。 お詫びに の写真を添付させて頂きます。 11月18日(日)の にも是非ともお越し下さいませ。 — 呉海自カレー kurekaijicurry 海自も、ホームページ内にある「艦めし」のコーナーに「ずいりゅうのポークカレー」のレシピを早速アップ。 「鉄腕DASHでTOKIOが絶賛」と紹介しています。 放送後にアップされた「ずいりゅうのポークカレー」レシピ ひとひねりしようと「潜水艦」 このコラボぶりに注目し、海自のメディア対応を担当する防衛省の海上幕僚監部広報室に聞きました。 すると… 「海上自衛隊にとってPR効果が大きいと考えました」と、あっけらかんとした答えでした。 広報室によると、こんな経緯だったそうです。 番組側から「海自伝統のカレーの秘密に迫る! 」ということで協力要請があり、海自側は「鉄腕DASHは視聴率がよく、若い人も見ている」ということでOKしました。 ただ、「秘密」といっても海自のカレーネタは結構知られています。 カレー発祥の地インドがかつて英国の植民地で、その英国海軍を海自の前身の日本海軍がモデルにしたこと、金曜に食べるのは航海中に曜日感覚を忘れないためで、味は基地や船の厨房ごとに違うと言われていること… 7月に海上自衛隊の訓練を取材するため筆者(藤田)が乗った護衛艦「むらさめ」の食堂で昼に食べたカレー。 フルーチェがついて434円。 卓上はビニールのシートで多少揺れても大丈夫=房総半島南方海上 それにしても、自衛隊を取材する筆者(藤田)は「よく潜水艦の中でテレビカメラを回すことが許されたなあ」と思いました。 「海の忍者」潜水艦はまさに「機密だらけ」だからです。 いつどこにいるかの行動はもちろん、どんなことができるかの性能もです。 いつ出航してどこに向かうかや、海中でどれほど速く深く動けるかを隠すことで、敵をいつどこから攻撃されるのかと怯えさせ、牽制できます。 逆にそうした潜水艦の性能が敵にばれれば、哨戒機などで位置を絞り込まれて命取りになりかねません。 新造の の出発を取材に神戸港へ。 に 神戸造船所で引き渡されました。 横須賀でこの日新編の に配備されます。 — 藤田直央 naotakafujita 海上幕僚監部広報室に聞くと、もちろん他の艦船に比べて潜水艦の艦内撮影はハードルが高いのですが、秘密が保てると判断すれば応じることもあるそうです。 今回の場合、趣旨が「カレー」だったことがぐっとハードルを下げました。 撮影を認めたのは、食堂や調理場に加え、3段ベッドが所狭しと並ぶ寝室など、カレーを楽しみにする乗組員らの生活空間に限ったそうです。 それでもTOKIOを横須賀に迎えたのは「この夏」としか答えません。 「ずいりゅう」が何月何日に横須賀にいたかを言いたくないからです。 撮影協力した深い事情 広報室の説明はそこまででしたが、実は今回の海自の対応にはもう少し深い事情があります。 「鉄腕DASHは若い人も見ている」というのがカギです。 それは、隊員の募集につなげたいという思いです。 陸海空の自衛隊でも、「特にうちは厳しいから」というのが最近の海自幹部らの口癖です。 どういうことかというと、まず少子化です。 それに加え、特に景気が持ち直して民間企業に若者が流れがちという昨今の事情があります。 陸海空の各自衛隊は若者へのアピールに腐心する。 写真は2015年に札幌市で開かれた就職説明会。 海自艦艇の幕が掲げられたブースで、陸自(右奥)や空自(右手前)の自衛官が対応し、左奥には陸自車両が展示されている 出典: 朝日新聞 さらに陸海空で海自が特に悩ましいのは、最近忙しくなった現場に人が必要なのに、今どきの若者に避けられがちだという深刻なギャップです。 筆者(藤田)が3月の「研修」で横須賀基地を訪れた時、潜水艦隊約1900人の司令官から横須賀地方総監になった当時の道満誠一海将はこう語っていました。 「今年度から潜水艦が1年に1隻づつ増えていくので非常に厳しい。 若い人が自衛隊に応募してくれないのが一番の心配事です。 あれだけ話題になってやりがいもあると宣伝しているが、景気が良くなってほかのところが求人が良くなったもんですから。 しばらくは歯を食いしばって若い人を育てて、コアになる人たちは今いる数しかいないので、それを分散させて……」 自衛隊観閲式で展示された戦車をスマホで熱心に撮る若者たち。 もし自衛隊に入ったらスマホを我慢できるか…=10月、埼玉県朝霞市の陸自朝霞訓練場 陸自の隊員はほとんど地上にいます。 空自でも空を飛ぶのはパイロットなど一部で、その人たちも数時間もすれば地上に戻ってきます。 もちろん勤務中の私的な通信は困難ですが、基本的にスマホが通じやすい地上にいるわけです。 ところが海自で、特に世間の若者にイメージされやすい艦艇の乗組員は、海に出るのが数カ月にわたることもあります。 「電波が通じません」がほとんどですし、通じる場所であっても、艦全体で訓練や警戒監視といった任務にあたる以上、そこにいる乗組員の私的な通信は制限されます。 特に「海の忍者」の潜水艦は、音や電波を出せば居場所がばれかねないので、味方の基地や艦船との通信すら最小限なのです。 「敵陣で見つかったら終わり」という緊張感が艦内には満ちています。 「男の世界」どころじゃない このご時世、優秀な人材の確保に「男の世界」どころじゃないということで、空自では8月にF15に乗る女性初の戦闘機パイロットが誕生しました。 海自でも潜水艦乗組員の門戸を女性に開けないものかと探っています。

次の

鉄腕ダッシュカレー!潜水艦ずいりゅうカレーの作り方は?の8つの隠し味に通販もある?【自衛隊カレー】

鉄腕 ダッシュ カレー

コンテンツ• 市販ルーよりも溶けづらいから弱火で混ぜながら丁寧に溶かすべし。 隠し味を足すたびに味が変わっていって面白かったし実際美味しい。 が、多分自分はルー選びを間違えた。 市販のルーを使うなら安い奴の方が良いんじゃないだろうかコレ。 せっかくだからちょっと良いルーを選んだのはミスだったかもしれぬ。 玉ねぎの皮をむき冷凍する• トマトを湯むきして冷凍する• カレー粉の材料を全て合わせる• 冷凍トマトと冷凍玉ねぎをすりおろす• 4を見つめてペースト状にする• すりおろしにんにくと生姜をにつめてペースト状に• 5と6にすりおろしりんご、はちみつ、ローリエ ブイヨン(塩・水でとく)を入れる• 7にカレー粉を入れる• ラードにバターを溶かして小麦粉を入れる• 9に8を入れて混ぜ合わせる• スープストックをつくる (だしパックに人参、じゃがいも、玉ねぎの皮を入れて茹でる) (にんじん、じゃがいもも茹でる)• じゃがいも人参を取り出してじゃがいもを素揚げする• 2のフライパンでくし切りの玉ねぎを炒める• 豚バラ肉とロース肉を順に炒める• 豚肉を取り出して薄切り玉ねぎを炒める• 火を止めてスープストック・豚肉・ニンジン ジャガイモ・ローリエを入れて5分煮る• カレールーを入れて溶けたらくし切りの玉ねぎを入れる• すりおろしにんにく、バター、塩を入れる•

次の

【鉄腕DASH】「DASHカレー」遂に完成!レシピ完全公開!

鉄腕 ダッシュ カレー

鉄腕DASH特設HPのレシピ通りにカレーを作る カレールーは前日作りました。 うちは3~4食分では絶対に足りないので、レシピの2倍量で作りますが、公式サイトの記載に誤りがある可能性がある……。 (最後の方に分量の謎について書いていますので、まずは通して見てください) カレールーも2倍量で作っていますが、340gできるはずが、それよりちょっと多い。 トマトや玉ねぎを煮詰め足りなかった?それとももともとちょっと余るレシピ? 使用するルーの量が変わると塩分濃度も変わるわけで、どうするべきか悩む。 とりあえず340g計量して入れる(この謎は後述)。 これが公式レシピにおける材料A、切ったりむいたりする前です。 豚肉はバラが250gしかなかったので、肩ロースを多めに入れます。 どちらも北海道産! また、じゃがいもはなぜか男爵が見つからず、同じくほくほく系のキタアカリです。 そして材料B。 主に隠し味です。 ビールは「苦め」ということで、キリンラガーが最適らしい。 でも、ビールを飲む習慣がない我が家は一缶買うと確実に余してしまう。 ということで、お供え用の小缶(100円)があるサッポロ黒ラベルです。 いちごはケチって少量パックにしてしまった。 イカ塩辛は汁だけ使う。 できれば自分で作りたかったけど、今イカは旬じゃないし高いしで作れず、市販品を使います。 野菜と肉を指示通りカットしました。 豚バラは8mm、肩ロースは2. 5cmに切るとあるが、動画では肩ロースはもう少し薄い。 野菜の皮は分量の水で煮出す。 沸騰後10分。 これがカレーを作る出汁となる。 10分ほどゆでました。 じゃがいもがちょっと煮崩れてしまった。 キタアカリだからね……。 煮崩れ気味のじゃがいもを引き締めるように、油で揚げる。 レシピには180gの油 倍量なので360g で芋を揚げてから同じ鍋で玉ねぎを炒めると書かれていますが、まさかこれ全てカレーに入るわけないよな、と思い、適量の油で揚げてから、フライパンの油をいったん捨てて大さじ2くらい戻し、玉ねぎ(くし形)を炒めることにする。 別鍋で肉を焼きます。 バラから焼いて脂を出し、肩ロースを加える。 文章のレシピにはないが、塩こしょうはここで加えるらしい。 焼けたら肉をよけ、焼いた際に出た脂で玉ねぎスライスとおろしにんにくを炒める。 茶色くなるまでしっかり炒めるようです。 この鍋に具とローリエとスープストック(野菜くず出汁)を入れる。 ローリエ、レシピにないじゃないか。 2枚ほど加えることにする。 じゃがいも、すぐに煮崩れそうだな……。 5分煮て、火を止めて自作カレールー(適当なサイズに切りました)を溶かし、炒めた櫛型玉ねぎを入れて5分煮る。 ルーが、市販のもののようにきれいに溶けない。 しっかり溶かすためにこねくりまわしているうちにじゃがいも全滅。 ルーが溶けたら5分煮ておろしにんにくとバターと塩を入れて味を調える。 有塩バターなので、塩気を見ながら調節しました。 出来上がりがかなりしょっぱかったので、この塩は半分以下でもいいかもしれない。 そして最後に!!隠し味にビール(苦め)、いちごの汁、塩辛の汁を入れることで他に無い美味しさを出すようです。 塩辛は汁少なめのものを買っちゃったので、身も少し入ってしまった。 この時点でご飯と一緒に味見する。 まず、すっごいにんにく臭。 スパイスにも、カレールーの野菜にも、玉ねぎ炒めるときも、仕上げにもにんにくが結構入っているから当然ですね。 しかし、人と会う前に食べるべきではないくらいのにんにくです。 一日目のカレーとは思えないくらいドロドロしています。 じゃがいもが溶けてしまったせいもあると思いますが、しょっぱい。 これもしかしてルー多かったんじゃない?ってくらい味が濃い。 隠し味のビール、いちご、塩辛の味はちゃんとします。 確かにこれがカレーに深みを与えていることは間違いなさそう。 しかし、しょっぱいな。 公式サイトの分量の謎を日テレに電話質問してみる いくらTOKIOの皆さんが肉体労働者とはいえ、これはさすがにしょっぱいです。 心当たりは……実はある。 公式サイトのレシピですが、ルーもカレーライスも3~4人前と表記されています。 ですが、長瀬さんがカレーを作る動画では、「カレールー半量」と言っているのです。 つまり、公式のレシピはカレールーが6~8人前、カレーライスが3~4人前ということではないだろうか。 ここがどうも腑に落ちなくて、実は日テレに電話で質問したのです。 「動画ではカレールー半量と言っていますが、レシピの文面では全量入れることになっています。 どちらが正しいのですか」と。 お返事は「出来上がったルーを170g計量して入れて下さい」とのことでした。 そのお返事を頂いたので、(もともと全ての分量を2倍で作っていたから)レシピの2倍量である340gのカレールーを入れたのですが……。 これでこんなにしょっぱく、とろみも強いということは、やっぱりルーの量は半量入れるべきだったのでは……。 マジかよ、みんなで作ろうという企画なら、もっとちゃんとレシピを作ってほしいものです。 味はとても濃いものの、スパイスのバランスやうま味がしっかりしているので、これから水を足してちょうどいい味加減にします。 合計カップ2杯くらい水を足すことになりましたが、これくらい薄めるとすごく美味しいカレーになった。 煮込み直すとにんにく臭も和らぎます。 これが正しい味なのだと思う。 そう考えると、DASHカレー、美味しいなぁ。 ブルーチーズとキムチはどこで使うか 先週までの放送では、ここで完成となっていました。 が、今日の放送分でブルーチーズとキムチもどこかで使うと先週予告されていましたが、どこで使うのだろう。 とりあえず用意だけして、レシピ通りにカレーを作り、ご飯を炊いておきました。 ここからは放送を見てから、最後の仕上げをしたカレーを食べてみたうえでその感想を追記したいと思います。 追記:ブルーチーズとキムチを混ぜて食べてみた! 29日の放送を見ました。 これらはヒングの代わりになるものとして入れるそうです!うちヒングあるからこれを入れてもいいということだろうか。 いやいや、キムチもブルーチーズもあるから使おう。 これらは一緒に入れるのではなくて、別々に作って食べ比べるのです……。 ちょっと面倒だけど、二鍋に分けて作る必要があるか。 ブルーチーズは3~4人前に10g刻んで混ぜるとのこと! キムチは3~4人前に汁だけを小さじ2杯混ぜる! ブルーチーズの方、もうキッチンから離れてても乳製品の香りがぷんぷんする。 たった10gなのにすごいパンチだ。 キムチはあっさり系のスーパーキムチだからか、それとも隣のブルーチーズカレーが強烈だからか、あまりキムチ感を感じません。 番組と同じように、あいがけして食べます。 ご飯足りるかな……。 キムチの方から食べます。 なぜならキムチの方が味が繊細そうだったから。 こちらを先に食べると、キムチが入っていることはわかります。 が、もともとにんにくが強いカレーなので、これが入っているために劇的に美味しくなるとまでは思わなかった。 カレーの邪魔はしていません。 だから、もっと量を増やすとか、しっかり漬かった酸っぱいキムチの汁ならまた印象は変わったはず。 続きましてブルーチーズ入り。 これが……。 すごく複雑な香りで、うまく言えないんですが「いい!」んですよ。 香りだけで深みがグンと出る。 味は、乳製品のまろやか風味の中に青カビのピリッとした香りと味が入ってきて、すごく美味しくなっている。 これは確かに、初めて食べる味だわ。 ブルーチーズがこんなにカレーに合うとは思わなかった。 私の感想としては、ブルーチーズ入りがダントツで美味しかったです。 キムチはカレーと混ぜるより添え物にした方が合うかもしれない。 そしてついでに。 自作の福神漬けまでは作れなかったが、レモンと合わせるっていうのをやってみたくて、途中からすりおろしたレモンの皮をふりかけてみる。 汁は酸味が強くなりそうだと思ったので使いません。 新宿産……ではなくて愛媛産です。 お、これ美味しいです。 サッパリする。 特にブルーチーズ入りの方に合う。 チーズとレモンですからね、そりゃ好相性だ。 そして、ブルーチーズが無くても、カレーそのものにレモンが合うんだと思う。 南インドのレモンライスはカレー(というかスパイス料理)と一緒に食べるもんね。 これからDASHカレーを作る方、レモン入り福神漬けが用意できないなら、すりおろしたレモンの皮をかけて食べてみてくださいね。 絶対美味しいですよ。 ということで俺たちのDASHカレーは完結したことになります。 しかし、福神漬けを自作するとか、ご飯にこめ油を入れて炊くとか、当日放送することが多い! 前もって言ってくれればなるべく近づけたのに~。 さすがに皿までは作りませんが。 うーん、今回は頑張った!今日はここまで。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の