なおざり 類語。 【おざなり】と【なおざり】の意味の違いと使い方の例文

なおざり(等閑)

なおざり 類語

Contents• 「おざなり」や「なおざり」はどちらも「いいかげん」なのです。 では どこがどう「いいかげん」なのかそれによって意味の違い、使い方の違いがでてきます。 では違いを語源からみていきたいと思います。 「おざなり」語源・漢字 「おざなり」の語源は、 「御座(敷)の形なり」を縮めたものです。 この言葉は、もともと江戸時代の後期 19世紀初め頃に 芸者などが客によって扱いを変えたり、 宴会の席であるお座敷での表面上の形ばかりの体裁を繕ったときに使われた始めた隠語です。 そういった語源からきている「おざなり」の意味は、 いいかげんに物事をすませることといった意味や その場だけの間に合わせといった意味になります。 ですので、 「おざなり」を漢字で書くと 「御座なり」「お座なり」になります。 「なおざり」語源・漢字 また、 「なおざり」の語源は、もう少し歴史の古い時代にさかのぼります。 「なおざり」という言葉は、 10世紀には使用例が見られます。 この「なおざり」の語源にはいくつかの説があります。 そのひとつは、 「なほ(直・猶)+ざり」というものです。 「なほ」は「そのまま 何もせず以前の状態を引き続いていること」、 「ざり」は、係助詞「そ」に動詞がついた「あり」の「ぞあり」 となります。 また、「ざり」を「去り」「避り」だとして、 「遠ざける」「 手を打たず避けてほっておく」という意味があります。 いくつかの諸説はありますが、 どちらにしても「なおざり」は 「 何もしないで距離を置いておく、 ほっておく」といった意味があります。 そもそもの意味の「 たいして気にもとめない」といった意味が転じて「本当に 気にしていない」「 おろそかにする」といった意味になって「いい加減にしておく」「 真剣でない」といったニュアンスがでています。 「なおざり」の漢字は、 「等閑」ですがこれは 同義語の漢語「とうかん」をあてたものです。 現代語として考えた場合、両方に共通している部分は、「いい加減な対応だ」ということでしたが、 「おざなり」「なおざり」違いの部分をわかりやすく整理すると、 「おざなり」意味は、 いい加減に物事をすること、その場のがれで誠意のないさま 「なおざり」意味は、 あまり注意を払わないさま、いい加減にするさま、おろそか です。 どちらも「いい加減」という意味ではあるが、 「おざなり」は、 「その場に合わせた対応、間に合わせのことをする」 といったニュアンスがあり、 「投げやりで 不十分に物事を行うこと。 」を表します。 「なおざり」は、 「そもそも物事を軽くみていたり、興味がそもそもないので なにもせずに放っておく。 」 といった違いがあります。 「おざなり」の意味のポイントは 「いい加減ではあるにせよ、何らかの対応をする」 といったなんだかの着手、行動をとっているかといった点 そして、 「なおざり」の意味のポイントは 「いい加減だし、何の対応もしない」 着手や行動もとっていないといった点 になります。 「おざなり」と「なおざり」の使い方・例文 スポンサードリンク では、「おざなり」「なおざり」使い方や例文をみていきます。 作業を おざなりにする• 作業を なおざりにする こういった使い方をしますね。 この意味は、さきほどからみてきたように 「おざなり」の場合は、 いい加減ではあってもひとまず作業をする、という意味です。 そして「なおざり」の場合は、 作業はほとんどしないという意味になります。 ですので、 「 おざなりな教育をする。 」 のように「いい加減な教育を施す」といった意味の使い方ができますが、 「なおざりな教育をする。 」 といった言い方は、 「そもそも何もしないという教育を施す」ということになってしまいますのでそのような 使い方はできません。 こういったことで意味の違いがしっかりわかれば 使い方もよくわかると思います。 」 「上司に相談に行ったが、おざなりなことを言うばかりで話にならない。 」 「正社員でないからとおざなりな報告で済まさない。 」 「たとえ窮状を訴えても役所はおざなりのことしか言わない。 」 「彼は遅刻しても理由もなおざりにしたままです。 」 「彼は謝罪もなおざりだ。 」 こんな感じでこれまでの意味の違いを考えていくつか文を考えてみてもいいですね。 「おざなり」と「なおざり」の類語 「おざなり」の類語は、 「場当たり」、「その場限り」、「一時凌ぎ」、「出たとこ勝負」 、「成り行きまかせ」、「急場凌ぎ」 「なおざり」の類語は、 「不履行」、「怠る」、「疎かにする」、「ぞんざいな」 、「不行使」、「ないがしろ」 それぞれそのような言葉があります。 ま と め 「おざなり」と「なおざり」意味の違いとは?や使い方例文と漢字・類語などをお伝えしました。 「おざなり」と「なおざり」の共通の意味は、どちらも「いい加減」という意味があるということです。 そして、 「おざなり」はいい加減だが何かしらの行動はしているということ 「なおざり」はいい加減であるし、そもそも何もしないということです。 今までなんとなく、使っていた「おざなり」と「なおざり」ですが、語源も違いました。 語源と「御座なり(おざなり)」「等閑(なおざり)」と漢字をセットで覚える方が意味の違いをわすれずに覚えられると思います。 共通の意味もあるので混同しやすいですが、意味の違いもしっかりわかったうえで使い分けれるようにしたいですね。 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の

「おざなり」の意味とは?「なおざり」との違いや語源・使い方・英語表現を解説

なおざり 類語

おざなりとなおざりの違い おざなりとなおざりの違いを分かりやすく言うと、 いい加減ではあるが何かに取り組んでいる状態か、いい加減で何もしていない状態かの違いです。 おざなりはいい加減ではあるけれど、何事か行動をしている状態のことで、なおざりはいい加減であり、なおかつなんの行動も起こしていない状態のことを言います。 一つ目のおざなりを使った分かりやすい例としては、「彼氏の態度がおざなりになってきた」「優越感丸出しでおざなりな態度がむかつく」「仕事のしすぎで私生活がおざなりになる」「あの選手はおざなりなプレーをしている」「入居時審査をおざなりにしてはならない」などがあります。 二つ目のなおざりを使った分かりやすい例としては、「心の問題がなおざりにされている」「忙しすぎて彼女をなおざりにしてしまった」「なおざりなレポートを提出したのがバレた」などがあります。 おざなりは、漢字で表記すると「お座なり」となり、「座る」という漢字が入ります。 行動はしているけれど、座ったまま、やる気なく行っている様子を想像するとわかりやすいです。 なおざりは、漢字で表記すると「等閑」となり、「閑」という漢字が入ります。 これは「閑静な住宅街」という言葉があるように、静かで人気のない様子を示す言葉です。 安静にしていて、なにも行動していない、暇である状態を想像するとわかりやすいです。 しかしながら現在では、おざなりという言葉の持つ「いい加減である」という意味と、なおざりという言葉の持つ「真剣ではない」「あっさりしている」という意味の境目が曖昧になり、混同して使われる傾向があります。 おざなりを英語にすると「perfunctory」となり、例えば「おざなりな返事」を英語にすると「a perfunctory reply」となります。 一方、なおざりを英語にすると「neglect」となり、例えば「なおざりにされた子供」を英語にすると「a neglected child」となります。 おざなりの意味 おざなりとは、 いい加減ではあるけれど、物事には取り組んでいる状態を意味しています。 また、自分で意識をしていい加減に物事を進める様子を指すこともあります。 怠惰で、怠けているような態度、やる気のない様子と言い換えることも出来るでしょう。 おざなりは、行動をしている状態であることから、動詞と一緒に使われる傾向のある言葉です。 「おざなりに挨拶をする」「おざなりに仕事をする」などの例文では、「挨拶」「仕事」という行動はしているけれど、やり方がいい加減な様子を示します。 おざなりの類語・類義語としては、いいかげんなことを意味する「適当」、投げやりであることを意味する「ぞんざい」、おおまかでいい加減であることを意味する「雑」などがあります。 なおざりの意味 なおざりとは、 いい加減であり、加えてなにも行動していない状態を意味しています。 また、無意識であり、上の空な様子を指すこともあります。 あっさりとしている、放っておいている、真剣ではない様子と言い換えることも出来るでしょう。 なおざりは、行動に移していない状態であることから、名詞と一緒に使われる傾向にあります。 「伝統をなおざりにする」「友人への連絡をなおざりにする」などの例文では、「伝統」や「友人」に対して、なにもしていない状態を示します。 なおざりの類語・類義語としては、適当にほおっておくことを意味する「閑却」(読み方:かんきゃく)、軽く考えることを意味する「軽視」、いい加減に怠けることを意味する「緩怠」(読み方:かんたい)、そのまま放っておくことを意味する「放置」などがあります。 おざなりの例文と使い方 5.曾祖父の代から続く伝統をおざなりに引継ぐ。 おざなりは、行動をしていない状態の場合は使えません。 「伝統をおざなりにする」などという風に使うことはできません。 この文脈では、伝統に対してなにもしていない状態、行動していない状態であると読み取れてしまうからです。 例文5のように「伝統をおざなりに引継ぐ」という風には使えます。 こちらの例文では、伝統を「引継ぐ」という行動をしています。 この言葉がよく使われる場面としては、あまり真剣ではないけれど、なにか行動をしている状態、不十分で不真面目な状態、怠惰である状態などを示す時などが挙げられます。 必要なことをいい加減に行っている状態の時に「おざなり」を使います。 あまり良い意味で使われる言葉でもないので、使う時は慎重に言葉を選ぶようにしましょう。 なおざりの例文と使い方 5.クレームを受けたが、対応をなおざりにする。 例文1の「なおざり」は、上の空で聞いていない様子であると考えるとわかりやすいです。 聞くという行為をしていない状態、聞き流している状態と言えます。 なおざりは、自発的な行動をしていない時に使う言葉です。 「なおざりに挨拶をする」「なおざりに修理をする」などという風には使いません。 挨拶も修理も、自発的に口や手を動かして行うものであるからです。 この言葉がよく使われる場面としては、いい加減である状態、やるべきことを放っておいている状態、深く考えず心にとめない状態などを示す時などが挙げられます。 必要なことをしていない状態の時に「なおざり」を使います。 おざなりと同じように、こちらもあまり良い意味で使われる言葉でもないので、使う時には慎重に考えて使うようにしましょう。

次の

「おざなり」「なおざり」は意味がまったく違う!例文で意味を解説

なおざり 類語

おざなりとなおざりの違い おざなりとなおざりの違いを分かりやすく言うと、 いい加減ではあるが何かに取り組んでいる状態か、いい加減で何もしていない状態かの違いです。 おざなりはいい加減ではあるけれど、何事か行動をしている状態のことで、なおざりはいい加減であり、なおかつなんの行動も起こしていない状態のことを言います。 一つ目のおざなりを使った分かりやすい例としては、「彼氏の態度がおざなりになってきた」「優越感丸出しでおざなりな態度がむかつく」「仕事のしすぎで私生活がおざなりになる」「あの選手はおざなりなプレーをしている」「入居時審査をおざなりにしてはならない」などがあります。 二つ目のなおざりを使った分かりやすい例としては、「心の問題がなおざりにされている」「忙しすぎて彼女をなおざりにしてしまった」「なおざりなレポートを提出したのがバレた」などがあります。 おざなりは、漢字で表記すると「お座なり」となり、「座る」という漢字が入ります。 行動はしているけれど、座ったまま、やる気なく行っている様子を想像するとわかりやすいです。 なおざりは、漢字で表記すると「等閑」となり、「閑」という漢字が入ります。 これは「閑静な住宅街」という言葉があるように、静かで人気のない様子を示す言葉です。 安静にしていて、なにも行動していない、暇である状態を想像するとわかりやすいです。 しかしながら現在では、おざなりという言葉の持つ「いい加減である」という意味と、なおざりという言葉の持つ「真剣ではない」「あっさりしている」という意味の境目が曖昧になり、混同して使われる傾向があります。 おざなりを英語にすると「perfunctory」となり、例えば「おざなりな返事」を英語にすると「a perfunctory reply」となります。 一方、なおざりを英語にすると「neglect」となり、例えば「なおざりにされた子供」を英語にすると「a neglected child」となります。 おざなりの意味 おざなりとは、 いい加減ではあるけれど、物事には取り組んでいる状態を意味しています。 また、自分で意識をしていい加減に物事を進める様子を指すこともあります。 怠惰で、怠けているような態度、やる気のない様子と言い換えることも出来るでしょう。 おざなりは、行動をしている状態であることから、動詞と一緒に使われる傾向のある言葉です。 「おざなりに挨拶をする」「おざなりに仕事をする」などの例文では、「挨拶」「仕事」という行動はしているけれど、やり方がいい加減な様子を示します。 おざなりの類語・類義語としては、いいかげんなことを意味する「適当」、投げやりであることを意味する「ぞんざい」、おおまかでいい加減であることを意味する「雑」などがあります。 なおざりの意味 なおざりとは、 いい加減であり、加えてなにも行動していない状態を意味しています。 また、無意識であり、上の空な様子を指すこともあります。 あっさりとしている、放っておいている、真剣ではない様子と言い換えることも出来るでしょう。 なおざりは、行動に移していない状態であることから、名詞と一緒に使われる傾向にあります。 「伝統をなおざりにする」「友人への連絡をなおざりにする」などの例文では、「伝統」や「友人」に対して、なにもしていない状態を示します。 なおざりの類語・類義語としては、適当にほおっておくことを意味する「閑却」(読み方:かんきゃく)、軽く考えることを意味する「軽視」、いい加減に怠けることを意味する「緩怠」(読み方:かんたい)、そのまま放っておくことを意味する「放置」などがあります。 おざなりの例文と使い方 5.曾祖父の代から続く伝統をおざなりに引継ぐ。 おざなりは、行動をしていない状態の場合は使えません。 「伝統をおざなりにする」などという風に使うことはできません。 この文脈では、伝統に対してなにもしていない状態、行動していない状態であると読み取れてしまうからです。 例文5のように「伝統をおざなりに引継ぐ」という風には使えます。 こちらの例文では、伝統を「引継ぐ」という行動をしています。 この言葉がよく使われる場面としては、あまり真剣ではないけれど、なにか行動をしている状態、不十分で不真面目な状態、怠惰である状態などを示す時などが挙げられます。 必要なことをいい加減に行っている状態の時に「おざなり」を使います。 あまり良い意味で使われる言葉でもないので、使う時は慎重に言葉を選ぶようにしましょう。 なおざりの例文と使い方 5.クレームを受けたが、対応をなおざりにする。 例文1の「なおざり」は、上の空で聞いていない様子であると考えるとわかりやすいです。 聞くという行為をしていない状態、聞き流している状態と言えます。 なおざりは、自発的な行動をしていない時に使う言葉です。 「なおざりに挨拶をする」「なおざりに修理をする」などという風には使いません。 挨拶も修理も、自発的に口や手を動かして行うものであるからです。 この言葉がよく使われる場面としては、いい加減である状態、やるべきことを放っておいている状態、深く考えず心にとめない状態などを示す時などが挙げられます。 必要なことをしていない状態の時に「なおざり」を使います。 おざなりと同じように、こちらもあまり良い意味で使われる言葉でもないので、使う時には慎重に考えて使うようにしましょう。

次の