リンデロン vg 軟膏 効能。 リンデロンVG軟膏を唇に塗っても大丈夫なのでしょうか?

リンデロン

リンデロン vg 軟膏 効能

リンデロン-VG軟膏0. 薬物アレルギー 小児湿疹 薬疹 ケロイド、肥厚性瘢痕 多形滲出性紅斑 湿疹(皮膚炎) 痒疹、ストロフルス 接触皮膚炎(かぶれ) 尋常性乾癬 アトピー性皮膚炎 リンデロン-VG軟膏0. や、などを治療するお薬です。 炎症をおさえる ステロイド剤と、 細菌を殺す 抗生物質が配合されています。 皮膚のかゆみ、赤み、はれなどをおさえる働きがあります。 リンデロン-VG軟膏0. 外傷の二次感染• の結痂• の湿潤• の二次感染• の 糜爛• ・群の結痂• ・群の湿潤• ・群の二次感染• ・群の糜爛• 手術創の二次感染• の結痂• の湿潤• の二次感染• の糜爛• の結痂• の湿潤• の二次感染• の糜爛• 進行性指掌角皮症の結痂• 進行性指掌角皮症の湿潤• 進行性指掌角皮症の二次感染• 進行性指掌角皮症の糜爛• の二次感染 リンデロン-VG軟膏0. 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 魚鱗癬様皮膚変化、皮膚刺激感、過敏症、接触性皮膚炎、発疹、中心性漿液性網脈絡膜症、皮膚感染症、皮膚真菌症、皮膚カンジダ症、皮膚白癬、皮膚ウイルス感染症 起こる可能性のある重大な副作用 眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障 上記以外の副作用 ざ瘡様発疹、酒さ様皮膚炎、口囲皮膚炎、ほほに潮紅、口囲潮紅、丘疹、膿疱、毛細血管拡張、ステロイド皮膚、皮膚萎縮、紫斑、多毛、皮膚色素脱失、下垂体・副腎皮質系機能抑制、急性副腎皮質機能不全、腎障害、難聴 リンデロン-VG軟膏0. 1日1~数回、適量を塗布する• なお、症状により適宜増減する リンデロン-VG軟膏0. 以下の病気・症状がみられる方は、• ウイルス皮膚感染症• 過敏症• けじらみ• 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎• 第2度深在性以上の熱傷• 動物性皮膚疾患• スピロヘータ皮膚感染症• 真菌皮膚感染症• 耐性菌による皮膚感染• 第2度深在性以上の凍傷• 非感性菌による皮膚感染• 潰瘍<ベーチェット病は除く> 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 高齢者 65歳〜.

次の

リンデロンvg軟膏によるニキビへの効果と使い方!

リンデロン vg 軟膏 効能

リンデロン-V軟膏0. 薬物アレルギー 小児湿疹 薬疹 ケロイド、肥厚性瘢痕 多形滲出性紅斑 湿疹(皮膚炎) 痒疹、ストロフルス 接触皮膚炎(かぶれ) 尋常性乾癬 アトピー性皮膚炎 リンデロン-V軟膏0. や、などを治療するお薬です。 ステロイド剤の働きにより、皮膚の 炎症をおさえ、はれ、痛み、かゆみなどをやわらげる働きがあります。 リンデロン-V軟膏0. の紅皮症• 中耳根治手術の術創• 内耳開窓術の術創• 毛孔性紅色粃糠疹• 紅斑症• 紅皮症• 女子顔面黒皮症• 進行性指掌角皮症• 様苔癬• ダリエ遠心性環状 紅斑• 中毒疹• 放射線• 虫さされ• 鼓室形成手術の術創• ジューリング疱疹状 リンデロン-V軟膏0. 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 魚鱗癬様皮膚変化、紫斑、多毛、皮膚色素脱失、過敏症、皮膚刺激感、接触性皮膚炎、発疹、中心性漿液性網脈絡膜症、皮膚感染症、皮膚細菌感染症 起こる可能性のある重大な副作用 眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障 上記以外の副作用 伝染性膿痂疹、毛嚢炎、せつ、皮膚真菌症、皮膚カンジダ症、皮膚白癬、皮膚ウイルス感染症、ステロイドざ瘡、白色面皰、ステロイド酒さ、口囲皮膚炎、口囲紅斑、顔面全体紅斑、丘疹、毛細血管拡張、痂皮、鱗屑、ステロイド皮膚、皮膚萎縮、下垂体・副腎皮質系機能抑制、急性副腎皮質機能不全 リンデロン-V軟膏0. 通常、1日1~数回、適量を患部に塗布する• なお、症状により適宜増減する.

次の

リンデロンの種類と違い|虫刺されに使えるものは?

リンデロン vg 軟膏 効能

炎症を抑える合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)と抗菌作用のある抗生物質の配合剤で、皮膚のかゆみ、赤み、はれなどの症状を改善します。 通常、細菌感染をともなうか、そのおそれのある湿疹・皮膚炎や乾癬などの治療に用いられます。 真菌などの感染による炎症には原則用いられません。 また、治りが遅くなるおそれがあるので、皮膚潰瘍や重いやけど・凍傷には用いられません。 次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。 真菌などによる皮膚感染症、鼓膜の異常、皮膚潰瘍、やけど・凍傷がある。 妊娠または授乳中• 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。 用法・用量(この薬の使い方)• あなたの用法・用量は 医療担当者記入•

次の