梅 シロップ。 発酵しにくい簡単な梅シロップ・梅ジュースの作り方

「梅シロップ」の失敗しない作り方と飽きずに飲み切れるアレンジレシピ

梅 シロップ

スポンサーリンク 梅シロップの梅の実はいつ取り出す? 梅シロップの作り方を調べると、完成したら梅の実を取り出すと書いてある物が多いです。 でも、レシピごとに記載されている取り出すタイミングが違います。 漬けてから1週間したら取り出すとか、1ヶ月後に取り出すとか色々です。 作り慣れていないと 一体いつ取り出したらいいんじゃい!と迷いますよね。 漬けてからどれくらいで取りだしたらいいのか、その悩みをここでスッキリさせたいと思います。 梅シロップの梅の実を取り出すタイミング 梅の実を取り出す時期は、実がしわしわになった時です。 これは漬け方や保存容器を置いている環境によって梅がしわしわになる時期が違いますので、梅シロップを見て確認してください。 梅の実がしわしわになったのは、梅から十分エキスが出てしぼんでいる状態。 もうこれ以上エキスが出てくる事はありません。 梅酒だと梅が瓶の底に沈んでいますが、梅シロップの場合は沈むまで待たずにしわしわになったら取り出してしまってOKです。 梅の実によってはしわしわにならない事もあります。 しわしわにならない実の多くは漬ける時に竹串などで穴をプツプツ開けていたり切り込みを入れた物です。 また、青梅ではなく黄色く熟してきている梅を使った場合もしわしわになりません。 こういう場合は見極めが難しいですよね。 とりあえずしわしわにならない梅の場合は、梅からエキスが出尽くす目安が2週間~1ヵ月ですので、1ヵ月したら取り出すといいでしょう。 梅を取り出す時はきれいに洗って完全に乾燥させた菜箸やトングを使って下さいね。 菜箸などについた菌が入ると大事な梅シロップが腐敗してしまう事がありますよ。 梅シロップに梅の実を入れっぱなしはダメ? 梅シロップの梅の実、取り出さずにシロップに入れっぱなしじゃダメなんでしょうか? 梅を取り出さないで入れっぱなしでもよさそうですよね。 でも、シロップの場合は取り出した方がいいのです。 その理由をご説明します。 なぜ梅シロップから梅の実を取りだすのか? 実は梅シロップは梅酒と違い、発酵してくることがあります。 発酵するとシロップに炭酸のような泡が発生したり、フタを開けた時にシュッとガスが抜けたりするようになります。 シロップの場合アルコールが入っていないので菌の働きを抑える事ができません。 梅自体の常在菌、酵母によって まずは梅の実から発酵し、そしてシロップ自体も発酵していきます。 ですので、 シロップの発酵を抑えるために梅は取り出しておいた方がいいのです。 また、 梅の実自体にカビが生えてくる事があります。 特に梅が表面に浮いている時が危険です。 気づいたら白い菌糸に覆われていた…という事もありますので、エキスが出た梅の実はシロップから出しましょう。 ちなみに シロップの糖度が高いほど菌の働きは抑えられます。 そして 梅を出してもシロップが発酵する可能性はありますので、不安であればこちらでご案内しているように加熱処理をしておく事をおすすめします。 スポンサーリンク 梅シロップの梅の実は食べられる? 梅シロップから取り出した梅の実、すでにエキスが出てしまいしわしわになっています。 役目を終えた梅の実ですが、捨ててしまうのは何だかもったいないですね。 食べられるのなら食べたいです。 でもこのしわしわの梅…食べられるのでしょうか? 梅シロップの梅は食べる? 梅シロップの梅の実、果肉があれば食べられますが、まずほとんどがこちらの画像のように種と皮だけになったスカスカでガッチガチに収縮してしまっています。 梅酒と違い梅シロップの場合、一見果肉が残っているように見えても皮と種だけになっていて、スカスカで使えない物が多いです。 上の画像の中で丸い梅の実も、一見果肉が残っているように見えますが実際はガスで膨らんでいるだけでスッカスカです。 これはもしかしたら使った砂糖の分量にもよるのかもしれませんが、筆者が梅:砂糖を1:1で作った物は梅の中身が全て吸い出されてシオシオのカチカチのスカスカで全く使えませんでした。 正直食べられたもんじゃないです。 不思議な事に梅酒の梅の実は食べられるんですよね。 梅シロップを作った後の実は本当に梅のカスになっているので、捨ててしまいましょう。 梅シロップの梅の毒は平気なのか? ここまで梅シロップの梅についてご案内してきましたが、聞いたことがありませんか? 青い梅には毒があると。 青酸カリに似た成分が青梅には含まれていると… スカスカになった梅の実なので食べてもおいしくないのですが、興味本位で食べてみたくなったりしませんか? もしくは運よく果肉が残っていた場合、それを食べようと思いますよね。 梅シロップや梅酒の梅のちょっと気になる梅の毒。 これは大丈夫なのでしょうか? 青梅には実際に青酸化合物の毒が含まれている訳ですが、 漬けた後の梅は食べても全然大丈夫です。 梅シロップを漬けた後の梅であれば問題なく食べられます。 梅の毒は梅が熟すと無くなります。 梅シロップは砂糖に漬けて強制的に梅を熟させるような感じです。 そして梅自体に含まれている青酸化合物の量もわずかです。 砂糖に漬けている間にそのわずかな毒は分解されて更に少なくなっています。 更にこの毒は単独で食べると食中毒を起こしますが、梅シロップや梅酒のように糖分やアルコールと一緒にする事で無毒化されます。 ちなみに「固い青梅」を一度に食べた時の致死量は大人の場合300個、子供だと100個位です。 毒と聞いて一瞬不安になりますが、食べ過ぎなければ子供が食べても平気ですよ! 最後に 梅シロップ完成後は、シロップが発酵しないように梅の実は取り出した方がいいのですね。 そして取り出すタイミングは梅からエキスが出てしわしわの状態になってからです。 漬けてから何日後というのはそれぞれですから、毎日梅シロップの瓶をゆする時に観察するといいですね。 出来上がったシロップにはクエン酸などの梅のありがたい栄養が溶け込んでいます。 大事に保存して飲みたいですね。 その他の梅しごとに関する疑問やトラブルに関してはこちらにまとめてあります。 ご覧ください。

次の

梅シロップの作り方

梅 シロップ

よくある質問(FAQ) キズのある青梅で漬けても大丈夫ですか? 小さいキズ程度なら漬けても問題ありませんが、大きいキズのあるものや、傷んでいるものは取り除いてください。 大きいキズの場合は梅酒がにごることがあります。 アク抜きは必要ですか? 新鮮な南高梅を使う場合はアク抜きの必要はありませんが、青くて硬い青梅(品種:古城など)は、2~4時間程度アク抜きしてください。 長時間浸けると傷む原因になりますのでご注意ください。 完熟梅で梅シロップを作ることはできますか? 可能です。 皮がやわらかくなっていますので、つぶれないように取扱いに注意してください。 皮が破れて梅シロップが濁ることがあります。 基本的には青くて硬い梅で作る方が梅のエキスが出やすいといわれていますので、青梅で作ることをおすすめいたします。 しかし、香りが良いということで敢えて完熟梅を好んで作られる方もいます。 グラニュー糖や氷砂糖以外でも作ることはできますか? 可能です。 三温糖、和三盆糖、きび砂糖などで作る方も増えています。 梅シロップは砂糖次第で味わいが大きく変わりますので、自分に合った砂糖で作ってみてください。 青梅の保存方法を教えてほしい 青梅は鮮度が落ちやすいので、購入後は必ず冷蔵保管し、できる限り早めに漬けましょう。 (~3日)また青梅は冷凍保存が可能です。 使いきれなかった場合は冷凍しておきましょう。 漬ける際は凍ったまますぐに利用できます。 冷凍青梅で漬けても大丈夫ですか? 問題ありません。 解凍せずに凍った状態のまま漬けてください。 冷凍する前に梅をよく洗いヘタを取っておくと便利です。 取り出した梅の実は食べられますか? ジャムなどに利用可能です。 中の梅がしわしわにならない 基本的には問題ありません。 梅にも個体差があります。 梅からエキスが出たあとにシロップが梅の中に入ることがあります。 発酵してしまった場合の対処方法を教えてください 少量であればそのままでも問題ありませんが、発酵が多い場合はシロップのみ鍋で10分ほど弱火にかけながらアクを取ります。 漬けて数日の場合は瓶に戻します。 漬けて10日以上の場合はこれで完成としてください。 出来上がりの量を教えてほしい 梅1kg、砂糖1kgの場合は約800ml~1000mlの梅シロップが出来上がります。 梅ジュースの健康効果を教えてください 梅に含まれるクエン酸により、疲労回復効果や肥満防止効果、美容効果などがあるといわれています。 特に夏場は炭酸水(ソーダ)で割ることで疲労回復に相乗効果があります。

次の

【梅仕事2020】梅シロップは、冷凍庫×ジップロックで気軽に作れます。

梅 シロップ

スポンサーリンク 梅シロップに氷砂糖を使う理由 梅シロップを作る時に使われるのが氷砂糖。 氷砂糖を使って作る事が多いですね。 ところで氷砂糖は大きな塊ですから溶けにくそうです。 早く砂糖の液に梅が漬かった方がよさそうなのに、なぜわざわざ溶けにくい氷砂糖を使うのでしょうか。 まず、その理由について確認してみましょう。 氷砂糖の成分はショ糖だけです。 砂糖の中で最も純度が高いものです。 この氷砂糖を使って梅シロップを作るとクセがないので梅の風味を十分楽しめるシロップになるという訳です。 この氷砂糖が溶けるスピードが梅のエキスがしみ出してくる速度とちょうど良く、梅から水分だけでなくクエン酸やポリフェノールなどの成分がよく出てくるようになります。 そのため梅のエキスを十分に感じる梅シロップに仕上がります。 溶けにくそうな氷砂糖ですが、実は表面積が大きいので溶けやすかったりします。 そして氷砂糖には自然結晶させて大きさがバラバラなロックタイプのものと機械で結晶化させる十六面体で大きさがほぼそろったクリスタルタイプのものがあります。 同じ氷砂糖でもロックタイプの方が溶けやすいですので、選べるようなら早く溶けるロックタイプを使うといいですよ。 梅シロップに使う砂糖の種類について 梅シロップ作りには氷砂糖のロックタイプを使うのが一番いいのですが、細かい粒になった普通の砂糖を使う事もあります。 砂糖にも色々な種類がありますが、どんな砂糖が使われているのでしょうか。 それぞれご紹介したいと思います。 グラニュー糖 氷砂糖以外の梅シロップに使う砂糖で一番おすすめなのはグラニュー糖です。 なぜならグラニュー糖は氷砂糖の素だからです。 氷砂糖はグラニュー糖を溶かした後に結晶化して作るのです。 グラニュー糖だと氷砂糖と同じようにクセがない甘さになります。 しかし!! 氷砂糖と同じ成分でもグラニュー糖で作ると砂糖が一気に溶けて梅のエキスが十分に出ず、氷砂糖に比べて梅の酸味などの風味が弱くなります。 上白糖 上白糖はいわゆる普通の砂糖。 こちらで作る人も多いです。 味はグラニュー糖で作った時とあまり変わらず。 ただ、氷砂糖やグラニュー糖がサラっとした甘さなのに比べて何となくこっくりした感じになります。 三温糖 三温糖もスーパーなどでよく売られていますね。 実はこの三温糖はグラニュー糖などを作るとき出た糖蜜を煮詰めてカラメル化させた砂糖です。 茶色いのできび砂糖のようにミネラル分が入っていると思われがちですが、入っていません。 砂糖をカラメルにした物ですので、シロップの色も茶色く味もコクがあるものになります。 黒糖 黒糖はサトウキビの絞り汁を濃縮して固めた砂糖です。 ミネラルやビタミンがたくさん含まれています。 黒糖で作るともちろん見た目は真っ黒になります、 そしてシロップの味もかなりクセがあるものになります。 梅シロップを黒砂糖だけで作ると、シロップの質感もドロドロになります。 そして他の砂糖を使うよりも砂糖の量がたくさん必要になります。 と、言うのは黒糖にはミネラル物質が多く含まれています。 そのため氷砂糖と同じ量でも黒砂糖に含まれている甘さの素・ショ糖の割合が少ないのです。 黒砂糖は甘さ控えめな砂糖ですので、グラニュー糖や氷砂糖で作る時と同じ甘さにするには白い砂糖より多い量の黒糖が必要になります。 ですので黒糖を使いたいのであれば、グラニュー糖などを混ぜる事をおすすめします。 割合は 黒糖:グラニュー糖など=3:7、もしくは1:1位にするといいですよ。 あと、 黒糖で作ると梅シロップが発酵しやすいです。 てんさい糖 この中で唯一サトウキビから作られていない砂糖です。 砂糖大根(てんさい)から作られ、きび砂糖のようにミネラル分が含まれています。 そのためこれを梅酒に使うと黒糖のような味に近くなります。 あと、 てんさい糖も発酵しやすいですよ。 スポンサーリンク 梅シロップを氷砂糖以外で作る時の注意点 氷砂糖以外の砂糖を使った時のシロップの特徴をご紹介しました。 砂糖に色が付いているものだと多少なりともシロップに梅とは違うクセが出ます。 今度はそれとは別に、氷砂糖と他の砂糖で作る時の違いもご紹介したいと思います。 そうなると砂糖が溶けにくくなります。 さらにその砂糖が底でカチカチに固まると溶けません。 砂糖が溶けないとシロップの糖度が低く、発酵やカビが発生しやすくなります。 そうならないように毎日シロップの瓶をゆすったり転がしたりして早く砂糖が溶けるようにしましょう。 細かい粒になったグラニュー糖や上白糖は梅の表面に砂糖がミチっと接触している事もあり、梅の水分が砂糖に吸い出されて砂糖がすぐに溶けていきます。 急に濃い砂糖の液に梅が浸かりますので、水分だけがどんどん梅から出て行ってしまいます。 そのためクエン酸などの梅の成分が梅に取り残される事になり、氷砂糖で作った梅シロップより酸味や梅の風味が弱くなりがちです。 また、それ以外にてんさい糖やきび砂糖、黒糖などミネラルたっぷりの物を使っても発酵しやくすなります。 これはミネラル分が有る事で梅の常在菌が活発に働くようになるからです。 また、発酵とは別にシロップの中に濁りが発生する事も多いです。 濁りはカビの場合もありますが、 ミネラル分がシロップを濁らせる事が原因です。 最後に 梅シロップ自体は氷砂糖以外の砂糖を使ってもできます。 でも、一番梅の風味を味わえて失敗が少ないのは氷砂糖です。 他の砂糖を使う時はそれぞれの特徴を把握した上で作るといいですね。 その他の梅しごとに関する疑問やトラブルに関してはこちらにまとめてあります。 ご覧ください。

次の