宝 焼酎。 宝酒造の焼酎が愛される理由|たのしいお酒.jp

宝ホールディングス株式会社

宝 焼酎

【スペック】 アルコール度数:25度 容器の種類: お気に入り登録 1• Amazon. Amazon. Amazon. jp (全1店舗) -位 -位 3. Amazon. ちゃがたパーク (全3店舗) 290位 -位 5. ちゃがたパーク (全3店舗) 290位 -位 1. リカー問屋マキノ (全4店舗) 87位 -位 4. アサヒビール Asahi (44)• 雲海酒造 (41)• 大口酒造 (11)• 指宿酒造 (11)• 櫻の郷酒造 (11)• オガタマ酒造 (10)• 老松酒造 (6)• 岩川醸造 (5)• 奄美大島開運酒造 (4)• 奄美大島酒造 (3)• 大分銘醸 (2)• 大山酒造 (2)• 壱岐の蔵酒造 (2)• 明石酒造 (2)• 大石酒造場 (1)• 霧島酒造 (38)• 小正醸造 (20)• キリンビール KIRIN (12)• 合同酒精 (11)• 研醸 (10)• 久米島の久米仙 (9)• 神楽酒造 (9)• 喜界島酒造 KIKAIJIMA SHUZO (8)• 黒木本店 (8)• 小鹿酒造 (7)• 久米仙酒造 (7)• 京屋酒造 (5)• 神酒造 (3)• 玄海酒造 (2)• 川越酒造場 (2)• 高良酒造 (1)• 甲斐商店 (1)• サントリー SUNTORY (28)• 薩摩酒造 (27)• 三和酒類 (24)• 白金酒造 (17)• 瑞泉酒造 (14)• サッポロビール SAPPORO (12)• さつま無双 (9)• 篠崎 (9)• JINRO 眞露 (8)• 請福酒造 (7)• 佐藤酒造 (6)• 佐多宗二商店 (6)• 白玉醸造 (4)• 繊月酒造 (3)• 寿海酒造 (1)• 宝酒造 (84)• 田苑酒造 (15)• 種子島酒造 (14)• 高千穂酒造 (14)• 高橋酒造 (13)• 田崎酒造 (12)• 大海酒造 (12)• 鳥飼酒造 (1)• 西酒造 (18)• 二階堂酒造 (13)• 長島研醸 (12)• 中村酒造場 (4)• 本坊酒造 (24)• 福徳長酒類 (14)• 比嘉酒造 (11)• 紅乙女酒造 (8)• 吹上焼酎 (5)• ヘリオス酒造 HELIOS (4)• 八海醸造 (3)• 東酒造 (2)• 萬世酒造 (1)• 光武酒造場 (19)• まさひろ酒造 (18)• 町田酒造 (10)• メルシャン Mercian (10)• 宮崎本店 (7)• 三岳酒造 (3)• 瑞穂酒造 (3)• 無手無冠 MUTEMUKA (2)• 森伊蔵酒造 (1)• 村尾酒造 (1)• 山元酒造 (19)• 弥生焼酎醸造所 (8)• 八重泉酒造 (7)• 八鹿酒造 (7)• 四ッ谷酒造 (5)• 六調子酒造 (6)• 若松酒造 (8).

次の

宝酒造の焼酎が愛される理由|たのしいお酒.jp

宝 焼酎

【スペック】 アルコール度数:25度 容器の種類: お気に入り登録 1• Amazon. Amazon. Amazon. jp (全1店舗) -位 -位 3. Amazon. ちゃがたパーク (全3店舗) 290位 -位 5. ちゃがたパーク (全3店舗) 290位 -位 1. リカー問屋マキノ (全4店舗) 87位 -位 4. アサヒビール Asahi (44)• 雲海酒造 (41)• 大口酒造 (11)• 指宿酒造 (11)• 櫻の郷酒造 (11)• オガタマ酒造 (10)• 老松酒造 (6)• 岩川醸造 (5)• 奄美大島開運酒造 (4)• 奄美大島酒造 (3)• 大分銘醸 (2)• 大山酒造 (2)• 壱岐の蔵酒造 (2)• 明石酒造 (2)• 大石酒造場 (1)• 霧島酒造 (38)• 小正醸造 (20)• キリンビール KIRIN (12)• 合同酒精 (11)• 研醸 (10)• 久米島の久米仙 (9)• 神楽酒造 (9)• 喜界島酒造 KIKAIJIMA SHUZO (8)• 黒木本店 (8)• 小鹿酒造 (7)• 久米仙酒造 (7)• 京屋酒造 (5)• 神酒造 (3)• 玄海酒造 (2)• 川越酒造場 (2)• 高良酒造 (1)• 甲斐商店 (1)• サントリー SUNTORY (28)• 薩摩酒造 (27)• 三和酒類 (24)• 白金酒造 (17)• 瑞泉酒造 (14)• サッポロビール SAPPORO (12)• さつま無双 (9)• 篠崎 (9)• JINRO 眞露 (8)• 請福酒造 (7)• 佐藤酒造 (6)• 佐多宗二商店 (6)• 白玉醸造 (4)• 繊月酒造 (3)• 寿海酒造 (1)• 宝酒造 (84)• 田苑酒造 (15)• 種子島酒造 (14)• 高千穂酒造 (14)• 高橋酒造 (13)• 田崎酒造 (12)• 大海酒造 (12)• 鳥飼酒造 (1)• 西酒造 (18)• 二階堂酒造 (13)• 長島研醸 (12)• 中村酒造場 (4)• 本坊酒造 (24)• 福徳長酒類 (14)• 比嘉酒造 (11)• 紅乙女酒造 (8)• 吹上焼酎 (5)• ヘリオス酒造 HELIOS (4)• 八海醸造 (3)• 東酒造 (2)• 萬世酒造 (1)• 光武酒造場 (19)• まさひろ酒造 (18)• 町田酒造 (10)• メルシャン Mercian (10)• 宮崎本店 (7)• 三岳酒造 (3)• 瑞穂酒造 (3)• 無手無冠 MUTEMUKA (2)• 森伊蔵酒造 (1)• 村尾酒造 (1)• 山元酒造 (19)• 弥生焼酎醸造所 (8)• 八重泉酒造 (7)• 八鹿酒造 (7)• 四ッ谷酒造 (5)• 六調子酒造 (6)• 若松酒造 (8).

次の

宝酒造の焼酎が愛される理由|たのしいお酒.jp

宝 焼酎

出典:宝酒造サイト 宝酒造の歴史は江戸時代後期に清酒からスタート 宝酒造の創業は天保13年(1842年)。 江戸時代後期にまでさかのぼります。 本拠とする京都・伏見は、古来より国内有数の酒処として知られる土地。 宝酒造の創業者である四方(よも)家4代目卯之助は、この地で清酒180石の酒造株の譲渡を受け、酒造業を始めます。 その後、江戸時代の末期には焼酎やみりん、白酒の製造をスタート。 明治30年(1897年)には、今も多くの商品にロゴとして使われている「寶(宝の旧字体)」の商標を登録しました。 「宝焼酎」の歴史は「新式焼酎」との出会いから 宝酒造が焼酎分野で頭角を現し始めたのは、大正元年(1912年)のこと。 甲類焼酎の原型となった「新式焼酎」に着目し、その販売権を得て市場を席巻します。 大正5年(1916年)には自社生産を開始し、「寶焼酎(宝焼酎)」として大ヒットを記録します。 大正14年(1925年)に株式会社となった宝酒造(当時は寳酒造)は、全国に販路を拡大。 戦後も復興とともに焼酎需要が拡大し、昭和25年(1950年)には焼酎のトップブランドにまでのぼり詰めます。 宝焼酎「純」で人気を不動のものに 宝酒造の地位を不動のものとしたのが、昭和52年(1977年)に誕生し、無色透明なスクエアボトルで一世を風靡した宝焼酎「純」です。 アメリカで巻き起こった白色革命(ホワイト・レボリューション=ウォッカの消費量がバーボンを上回った現象)の波に乗った宝焼酎「純」(720ミリリットル)は、一升瓶で販売されていた焼酎の印象を打破。 さらにデヴィッド・ボウイといった海外タレントを起用した広告展開で、甲類焼酎のイメージを一新しました。 缶チューハイブームの火付け役となった「タカラcanチューハイ」 また、昭和59年(1984年)の登場した「タカラ can チューハイ」は、それまで焼酎になじみのなかった層をも巻き込み、缶チューハイという一大ジャンルを形成。 現在も続く缶チューハイブームを牽引しました。 加えて、焼酎分野における大きな強みが、宮崎県の焼酎蔵「黒壁蔵」に約2万樽、約85種類におよぶ樽貯蔵熟成酒を保有するとともに、これらをブレンドする熟練の技術により、時代が求める味わいを自在に造り出すことを可能としています。 樽貯蔵熟成酒を活かした多彩なラインナップ たとえば、人気の「タカラcanチューハイ<レモン>」は、11種の樽貯蔵熟成酒を贅沢にブレンドした缶チューハイです。 また、「寶 極上レモンサワー」や2019年春先に登場した「樽が香る焼酎ハイボール」は同じく樽貯蔵熟成酒を用いることで深い香りとコクのある味わいを実現しています。 このほかにも、季節や地域にあわせた個性あふれる商品を続々と発売し、飽きのこないブランド展開で飲み手のハートをつかみ続けています。 宝酒造の焼酎「宝焼酎」の100年愛される魅力 出典:宝酒造サイト 宝酒造の焼酎は幅広いラインナップ 宝酒造では芋焼酎「一刻者(いっこもん)」や麦焼酎「知心剣(しらしんけん)」、さらには芋、麦、米を原料とした本格焼酎「よかいち」シリーズなど、多彩な焼酎を提供しています。 なかでも、圧倒的な知名度を持つのが、100年以上の歴史を持つ甲類焼酎「宝焼酎」です。 「新式焼酎」の技術を導入し、自社製造を開始 「宝焼酎」の原型となるのは、愛媛県の日本酒精が製造した新式焼酎「日の本焼酎」でした。 宝酒造では、大正元年(1912年)からこの焼酎を「寶(たから)」の商標で販売していました。 その後、日本酒精が他社に買収されたのを機に、「日の本焼酎」を開発した技師を招聘し、自社製造を開始。 大正5年(1916年)に「寶焼酎」として発売を開始します。 クセのないライトな口当たりとまろやかな香りはたちまち注目の的となり、「ハイカラ焼酎」の異名で親しまれました。 「宝焼酎」は、連続式蒸溜によるピュアな味わいが魅力 現在の「宝焼酎」は、サトウキビ糖蜜を原料に仕込み、連続式蒸溜機で繰り返し蒸溜したピュアな焼酎に、樽貯蔵で熟成させた大麦・トウモロコシ原料の焼酎をブレンドすることで、すっきりしたまろやかな味わいを実現。 この飲みやすさこそが、「宝焼酎」が100年以上愛され続けてきた秘密なのでしょう。 宝酒造の焼酎のたのしみ方は広がり続ける 出典:宝酒造サイト 独自技術が育んだ「宝焼酎」の豊富なバリエーション 「宝焼酎」は、その長きにわたる歴史のなかで、宝酒造が培ってきた貯蔵&ブレンド技術を生かして、さまざまなバリエーションを生み出してきました。 スタンダードな「宝焼酎」は35度、25度、20度と複数のアルコール度数がラインナップ。 樽貯蔵熟成酒を3%用いた「極上〈宝焼酎〉」も人気です。 「宝焼酎」はコスパの高さも大きな魅力 宝酒造の甲類焼酎「宝焼酎」は、ロックでもストレートでも水割りでもお湯割りでも炭酸で割ってもカクテルベースにしても、どんな飲み方でもたのしめる上、コストパフォーマンスも満点。 毎日飲む人はもちろん、パーティーなどでも重宝しそうですよね。 宝酒造の焼酎は、味・種類・コスパの3拍子がそろった家飲み派の強い味方。 「宝焼酎」をはじめとした幅広いラインナップを、季節やシチュエーション、お好みに応じておたのしみください。 製造元:宝酒造株式会社• おすすめ情報• 関連情報.

次の