君が綺麗に泣くから。 君があまりにも綺麗に泣くから 僕は思わず横で笑ったよ

#TOX2 【TOX2】君があまりにも綺麗に泣くから

君が綺麗に泣くから

有心論です。 「有心論」(ゆうしんろん)は、RADWIMPSが2006年7月26日にリリースした、メジャー4枚目、通算7枚目のシングルである。 アルバムでもあり、アルバム名は「RADWIMPS4~おかずのごはん~」の5曲目に入っています。 ひたすら悩んで〆切ぎりぎり(ボーカルレコーディングの前日)に書き上げた曲。 五日前に彼女と別れたため、その時の心境がリアルに表現された歌詞である。 ボーカルの野田洋次郎はこの曲を聞くとその時期の自分を思い出してしまう為、アルバムを聴く時はこの曲を飛ばしてしまうこともある]。 当初は「らりるれ論」で発売する予定だった。 須藤カンジディレクターのPVは、2007年SPACE SHOWER Music Video AwardsでBEST ART DIRECTION VIDEOを受賞した。 「3分前の僕がまた顔を出す」という歌詞で3分ちょうど前に戻るといった非常に凝ったものとなっている。 タイトルは、有神論をもじったもの。 野田曰く「神様は信じられないけど、自分の心なら信じられる」とのことで、現在の曲名になったという。

次の

RADWIMPS 有心論 歌詞

君が綺麗に泣くから

君があまりにも綺麗に泣くから 思わず横で笑った成人組が未成年組のそばにいてあげる話。 ジュードは一人、ガイアスの元に訪れていた。 カン・バルク謁見の間で定期的に行われる源黒匣研究の途中経過や一般市民が参加自由の講義が開かれ、ジュードとバランで交互にきているのだが今回はジュードがそれを行う日だというのが理由である。 だが勘違いをしないで欲しい。 つい先ほどまではバランが行う予定だったのだ。 ジュードはもう休めと、これ以上は見てられないと言って無理矢理納得させていた。 理由は明白、オリジンの審判での親友と想い人の喪失による精神的問題である。 想い人はまた出逢える可能性があり、必ず出逢えると信じているためそれほど大きな心の悩みの種ではないし、逆にその人の存在をバネに研究にも精が出るといった感じにはできるのだが… 親友の喪失という悲しみは、そう簡単に癒えるものではない。 万が一にも、もう一度出逢う可能性などないのだから。 周りには悲しむ様子など一切見せまいと研究に没頭しているが明らかにジュードの心はほぼ修復不可能なぐらいボロボロでどうも見ていられない。 親友と出会う前も出会ってからも数時間に一度はきちんと休みを取っていたのに親友がいなくなってからは常にデスクに向かい眠ることもままならない状態でいたのだ。 バランは一度睡眠薬でも盛らそうかとも思ったが、やめた。 変に無理矢理眠らせるのはまだ成人していない彼の体にはあまり良くないだろうと判断したからだ。 だからせめて講義だけはと、思って休ませようとしていたのに… 「ジュードを連れてこい」 どこから情報を得たのか…いや王様だからなんなりと手に入るのか、それともジュードが仲間に言ってしまっていたのか、もうこの際そんなことどうでもいい。 王様ふざけるなと言いたい。 せっかく、せっかくの機会が…と歯軋りをして組んだ足が勝手に貧乏ゆすりをする。 すぐ見て取れるほどにイラついていた。 ガイアスに呼ばれてジュードが断るはずもなくさっさと身支度を済ませてじゃあ行ってきますだなんて君までふざけている。 本当に変な人たちばかりだと怒りを通り越し呆れて溜息。 もうどうとでもなれとバランが研究に戻ったのは冒頭部より少し前の話である。 講義が終わり、ガイアスの私室に呼ばれたジュードは心ここに在らずといった様子で私室へ伺った。 さっきまでの重量感のある服はクローゼットの中にかかっており今はカッターにネクタイが緩く結ばれている都いう、ガイアスにとってはとても珍しい格好をしていた。 ジュードはそんなガイアスにパチクリと瞬きを3度繰り返し空いた口が塞がらなかった。 決していつ誰が入ってくるかもわからないこの城の中でそのような格好をする人格でないことをジュードが一番わかっていたからだ。 座れと低い声で言われたので荷物をその場に置いてから指差されたソファに座る。 どういうことだとガイアスに視線を向けると、盛大に、それは盛大に溜息を吐かれた 「お前は、自分のキャパシティというものを理解しているものばかりだと思っていたが…大いに違ったようだな」 「…え」 「聞けジュード お前はまだ16の子供だ。 源黒匣の第一人者など、そんなこと今だけは二の次でいい。 何故なら、 お前はルドガーの親友だからだ。 」 悲しんではいけないと、思っていた。 悲しむ暇があるなら一刻でも早く源黒匣実用化に向けて研究をするべきだと。 それが親友と交わした最期の約束なのだから。 エルが泣いていないのだから。 あんなにも小さな子が泣くまいと精一杯がんばっているのだから。 自分はもう、大人なのだからと 「お前が無理をして感情を押し殺し体調を崩すことは、お前の思っていること以上に望んではいないだろう。 もちろん研究に没頭するなと言ってるわけではない。 一刻でも早く源黒匣を完成させてほしい…が、今のお前では何年も何年も時間がかかる上に源黒匣完成など夢のまた夢になるぞ。 ルドガーが命を賭して守ってくれたこの世界には、ミラが命を賭してつくった時間がある。 奴の死を嘆く暇ぐらいはあると思うがな」 「でも…ガイアスは、四象刃が死んだとき、泣かなかったじゃない」 「だが今のお前と同じくらいには悲しみ、頭がどうにかなるのではと思った」 「でもそれを表には出さなかった」 「表に出すことの何が悪い?」 空元気。 お前は大人びているなと、ずっと言われ続けてきた。 親があまり自分に興味がないから、自分でするしかなかったから、周りに比べて成長は早かった。 一年前の争いから医学者となり研究者になり、いろんな責任や全てを背負わされてきたこのたった16の子供の背はもう限界だったのだ。 しかし時の流れが彼に立ち止まることを許さなかった。 今、ガイアスにより無理矢理ではあるがようやく立ち止まることができて、振り返る。 ことの始まりは一年前、彼女と出会ったことで。 いろいろな人を、いろいろな形で失った。 彼女も、一度失った。 強くならなければといろいろな感情も我慢してきた。 でも、そういえばそうだ。 決してこの言葉に甘えるわけにはいかないし、甘えるつもりもないが、自分はまだ 「……っ」 自分が思っているほど、大人ではなかった 「…それでいい」 「ご、め…ごめ、ぼく、」 「謝る必要などない。 思う存分泣くがいい。 愚痴を零すがいい。 お前は今まで…」 少し頑張りすぎたのだ、と。 ルドガーが困ったように笑っていたことを覚えている。 ジュードがルドガーを親友だと思っていたように勿論ルドガーもジュードを親友だと思っていた。 ジュードとルドガーが行動をともにすることは他の仲間に比べ多かったし私用でもよく二人で列車に乗ったりエレンピオスを観光したりと本当に仲が良くその分ルドガーはジュードの内側をたくさん見たことから、自然と出た言葉なのだろう。 何故それを俺に言うと疑問に思ったが、聞けなかった。 ルドガーがあまりにも悲しそうな顔をしていたからか、それとも 「アーストは、誰がなに言ってもジュードの支えになってくれよ。 無理やり押し殺すしか心の抑えを知ることのできないまま育った、まだ子供なんだから」 決して小さくはないけれどと、ルドガーが言葉を続けたからか。 どちらにせよ、ルドガーの言っていたことは正しくそれを俺に任せたのはおそらく自分が何かしらの形で俺たちの前からいなくなることを予想していたからなのだろう。 全くもって不愉快である。 俺からすればルドガーもまだ若く、形ばかり成人しただけの子供だというのに。 皆にさよならも言わず空を飛ぶなど. [newpage] 「にゃぁーお」 「ん?あー!!!」 オリジンの審判からの帰り、レイアは一人マクスバードに残り彼と初めて出会った場所に訪れていた。 自分にとってここがすべての始まりなのだと、呆けていたら足元から猫の鳴き声 「ユリウス・ニャンスタンティン三世!!」 スリスリと足に擦り寄ってくるユリウスを抱き上げる。 そういえばと、 ルドガーと出会ったのはこの場所だが、大元の理由はこの子だった。 この子を捕まえようとしてて、そのときルドガーが、 「俺が捕まえてやるよ」 …あれ?ふと、当時のことを思い出そうとして疑問に思う。 声も、姿も、覚えているのに どうしよう、どうしようと頭を振る。 思い出せない。 なんで、どうして、 「レイア?おいレイア!!」 アルヴィンがレイアの姿に気付いたのは、つい先程である。 レイアや他の者と同じようにカナンの地から戻り途方に暮れていると、レイアがフラフラとおぼつかない足取りで歩いていくのが見えた。 ガイアスとローエンに視線をやればお前がいけと目で言われる。 二人は気付いている…というより、わかっていたのだろう。 少女のために自らの世界を壊したあの青年から自分らがそれぞれの子らを任せられてるように、アルヴィンがレイアを任せられていたことを。 まったく粋なことをする。 わかっていたなら、皆が生きる方法を探してほしかったものだ。 それができないことも承知で、彼の地に行く決意をしたのだろうが 首をボリボリと掻いて彼の言葉を思い出す。 「レイアは、いつもの元気で大丈夫だとかなんだとか言って平然とした態度するだろうけど…アルヴィンが一番わかってるだろ。 だから、」 レイアの我慢が切れたときは、アルヴィンがそばにいてやってくれよ。 俺には無理だろうから、アルヴィンにしかできないだろうから。 俺とは四つしか違わないけど、レイアは 「 なーんて、簡単に言ってくれるけどよ 」 生憎自分は一度、少し不可抗力ではあったがレイアを撃ったわけで、そのことは彼にも言ってたはずなのだが、それでも自分に言ってくるということは。 やれやれと溜息ついてレイアが歩いていったほうに向かう。 溜息なんてついて、首なんて掻いて、あいつらと目で会話なんてしてる暇、なかったんだ。 きっとルドガーが思ってた以上に、俺らが思ってた以上にもレイアの心はボロボロだった。 「レイア!何やってんだお前!」 こういうとき、ジュードの集中回避があったらよかったのにとか思ってしまうのは仕方が無い。 一足遅かったアルヴィンは舌打ちをし、上着とスカーフ、靴と脱ぎ捨てられるもの全て脱ぎ捨ててそのまま飛び込んだ。 ザバッと、海水を掻き分けレイアの体をぐっと掴み棒らしきものを握る。 鉄の感触がするため折れたりすることはまずないだろう。 服が水分を吸って非常に重たい上にレイアの分もある。 正直キツイ。 せめてレイアが自分からしがみついてくれれば両手で棒を持てるから今より楽なんだろうが、今のレイアには何を言ってもほぼ意味を為さないだろう。 さてどうしたものかと抱く手に力を入れるとぎゅう、と服を握ってきたのでレイアのほうに目をやる 「アルヴィン…あのね、私、最低だよ」 本当に、一番辛いのは、あの小さな女の子なのに、と 「どうして…どうして私、泣きたくないのに、でも、ルドガーの顔が思い出せないの…私、なんで…っ!」 くん、と顔を上向かせて自分と向き合ってくる彼女の女性らしく大きな瞳には涙が浮かび上がり鮮やかな翠がゆらゆらと揺れ、カタカタと震える体。 遠くで猫が心配そうに鳴いている。 全く心配するのなら助けて欲しいものなのだが…なんて、巫山戯てる余裕はなかった。 ああ、そうだなぁ…ルドガーの言ってた通りだよまったく。 一年前のあのときから感覚が麻痺していたのかもしれない。 あまりにも、近くなりすぎて、早く大人になりすぎて、今まで気づかなかったが 「 こいつまだ16なんだよなぁ 」 自分も16のとき中々の人生を送ったと思うが、この子たちと比べてはいけない。 一年前までは、なんら不変もなく普通に、幸せに暮らしていたのだ。 それが急に、驚くほどに早く脆く崩れ去ったのだ。 それからは立ち止まることも振り返ることもできずに苦しんで。 それでもなんとかもう一度と進んだのはそれしか赦されなかっただけであって.

次の

RADWIMPS 有心論 歌詞

君が綺麗に泣くから

ページ移動 , ,... 猫ひろし伝説劇場1防衛要塞大破。 密壺防衛要塞大破。 LASTBATTLE 6月12日 19:29 ミルクちゃんjasdhkaのミルクちゃんjasdhkaと交戦。 ミルクちゃんjasdhka防衛要塞大破。 LASTBATTLE 6月12日 19:33 草壁跡地の草壁跡地と交戦。 草壁跡地防衛要塞大破。 LASTBATTLE 6月12日 19:50 未来の未来と交戦。 未来防衛要塞大破。 凹 DEATH 凹防衛要塞大破 大型集束ミサイルセット Lv. 8 久しぶりの要塞ゲットです・・・。 〜の亡国への道〜? 〜と交戦。 亡国への道〜? 〜防衛要塞大破 大型集束ミサイルセット Lv. 19 ・・・・・・・・ゲットです。 威婆羅氣防衛要塞大破。 LASTBATTLE 7月8日 16:23 参るの参ると交戦。 参る防衛要塞大破。 LASTBATTLE 7月8日 16:38 バスティーユ牢獄のバスティーユ牢獄と交戦。 バスティーユ牢獄防衛要塞大破。 ブラックパール号防衛要塞大破。 大型集束ミサイルセット Lv. 17 ・・・・・。 上のは確かに自分が書いたものです。 バーンシュタイン王国防衛要塞大破。 装備 大型集束ミサイルセット Lv. 8 ってなわけです。 装備 大型集束ミサイルセット Lv. 威婆羅氣防衛要塞大破。 LASTBATTLE 7月8日 16:23 参るの参ると交戦。 参る防衛要塞大破。 LASTBATTLE 7月8日 16:38 バスティーユ牢獄のバスティーユ牢獄と交戦。 バスティーユ牢獄防衛要塞大破。 大型集束ミサイルセット ID:トムロゥ 久しぶりにこんなに潰しました^^ 明らかに虚偽ですねw 藁 見苦しい真似はやめてもらいたいですね。 , , 15 Page 15 of 15 移動先: 新規投稿: 不可 返信: 可 自分の記事の編集: 不可 自分の記事の削除: 不可 投票への参加: 不可.

次の