ヴァンゆん uuum。 UUUMを脱退した人(Youtuber)一覧。理由はなぜ?吉本の企業提携?

UUUMに脱退が多いのはなぜ?理由や円満退社の真相を調査!退所メンバー一覧も

ヴァンゆん uuum

「木下ゆうかのゆるちゃん!」より チャンネル登録者数が500万人を超える大人気ユーチューバー「木下ゆうか」は今年2月、所属事務所のUUUMを退所してフリーで活動すると突如発表し、世間を驚かせた。 UUUMからは昨年以来、「ヴァンゆん」「すしらーめんりく」「関根理沙」「エミリン」など、大物といえるユーチューバーが続々と退所しているが、なかでも木下は国内トップクラスの人気を誇るだけに、衝撃は大きかった。 木下が7月10日に配信したツイキャスのなかで、過去のトラブルについて触れる一幕があった。 2017年頃、木下は国内トップユーチューバーの「はじめしゃちょー」と交際していたが、実ははじめが2股をかけて別の女性とも付き合っていたことが発覚して、大きな話題になった。  木下によると17年3月頃、はじめから別れを切り出された際、女の影には感じつつも、1カ月の冷却期間を置き、それでも別れたいとの意思が変わらなければ別れようと提案。 結局1カ月後に別れることになったが、その間にはじめは別の女性と付き合っていたという。 一部報道では、はじめは3股をかけていたとも報じられ、火消しに躍起になった。 これを受けてはじめは、「謝罪動画」を投稿。 だが、はじめは謝罪動画ができあがったら、公開する前に木下に見せると約束をしていたという。 それを反故にされたうえ、内容は木下の意に沿うものではなく、はじめが自身を擁護する発言ばかりだったため、はじめに抗議。 するとはじめは、UUUMから木下へ動画を送るてはずだったと釈明。 そこで木下はUUUMの取締役に確認したが、「何かの手違い」と答えただけで、納得のいく説明は得られなかったという。 一連の経緯を受けて木下は、UUUMが自分よりはじめを優先したことを「仕方ない」と語り、立場の違いを受け入れている様子を見せた。 UUUMの元従業員は、その裏側をこう明かす。 「はじめしゃちょーは日本で一番チャンネル登録者数の多いユーチューバーですし、UUUMの初期から所属している、もっとも貢献度の高いクリエイターです。 社長とも懇意にしているので、HIKAKINさんとはじめさんには、社員の誰も口出しできません。 今では木下さんも大人気ユーチューバーですが、3年前に木下さんよりはじめさんが優遇されていたのは、本人が言うように仕方がないところといえると思います」 はじめは、近年UUUMからの退所者が相次いでいることに対して、「いい事務所だと僕は思っています。 僕はですけどね」と語って事務所をフォローしているが、3股騒動で猛バッシングを浴びた際に、木下を切り捨ててでもはじめを守ろうとしたほど手厚い助けを受けたことを考えると、納得のいく発言だ。 (文=編集部).

次の

「ヴァンゆんチャンネル」はなぜ人気?好相性のトークに注目

ヴァンゆん uuum

を辞めて、大手芸能事務所の太田プロダクションに所属することを発表した、ヴァンゆん。 マルチタレントとして活躍の場を増やすのが移籍の目的だ(画像:ヴァンゆんチャンネル) 言わずと知れたトップの ヒカキン、 はじめしゃちょーなどが所属するUUUM。 YouTubeビジネスで圧倒的シェアを握る、そのYouTuberプロダクションに、実は異変が起きている。 所属YouTuberの離脱が止まらないのだ。 「UUUMを卒業させていただきます」 2月1日にUUUMからの離脱を発表した 木下ゆうか。 チャンネル登録者数が540万人を超える人気YouTuberだ。 2019年9月には人気上昇中の2人組 YouTuberの ヴァンゆん(登録者数200万人)がUUUMから大手芸能事務所の太田プロダクションへ移籍すると発表。 登録者数480万人の すしらーめん[りく]も辞めている。 その結果、UUUMの株価は暴落。 2019年2月に6870円の最高値をつけたが、今年3月13日に1682円の年初来最安値を更新した。 1000億円を超えていた時価総額は約380億円まで縮小している。 株価下落は直近の決算発表を受けたもので、相次ぐYouTuberの離脱が直接的な原因ではない。 しかし、YouTube業界を取材すると「次は、あのグループYouTuberがUUUMを辞めるよ」と、うわさが次々と耳に入ってくる。 UUUMからYouTuberが離れていった? はたして何が起こっているのか。 そこで今回は、「打倒UUUM」を目指す新興勢を中心に、YouTuberビジネスの最前線を追ってみた。 【2020年4月14日10時00分追記】UUUMに関する初出時の記述を削除いたします。 「毎月3000万円の広告収入があったら、600万円も抜かれるわけですよ。 お金に対してのリターンが見合っていない」 2019年10月、YouTubeチャンネルを運用する会社としてギルドを立ち上げた、高橋将一代表はそう断言する。 高橋代表は人気YouTuberの ヒカルのマネジャーを務めるほか、今年1月からは芸人の 宮迫博之のYouTubeチャンネルも運用している。 ギルドは複数社に分散していたマネジメントやチャンネル運営事業を集約したことで、すでに年商は50億円規模に達する。 主な収入源はマネジメント手数料よりも、企業とのタイアップ広告費だという。 UUUMを筆頭とする一般的なYouTuberプロダクションの場合、所属YouTuberとマネジメント契約を結び、手数料20%を徴収している。 トップYouTuberの場合、月収3000万〜8000万円を稼ぐ力があるので収入は膨大だ。 その対価として、企業とのタイアップ案件を営業担当者が獲得してくる以外に、撮影スタジオを貸したり、税務処理や賃貸契約といった雑務をサポートしている。 ヒカキンや フィッシャーズといったトップYouTuberのタイアップ費は2000万〜2500万円だが、それ以下のクラスとなると数十万〜数百万円と幅広い。 プロダクションとYouTuberで分配して受け取ることになるが、配分比率は会社や個人によってまちまちのようだ。 「視聴回数が減って、広告収入が落ちてきたYouTuberにとって、事務所の手数料20%は負担。 単発のタイアップ企画なら個人でも受注できるので、マネジメント契約というビジネスモデルは限界を迎えている。 海外にはほぼなくて日本くらい」(高橋代表)。 ギルドではマネジメント手数料を、税務処理など案件ごとに価格を決め、ガラス張りにしているという。 そのうえで「企業からタイアップとして500万円を受け取ったら、YouTuberと一緒に400万円を使い、品質の高い動画を制作するイメージ」(同)。 打ち合わせには、企業とギルド、YouTuberが一堂に顔を合わせ、企画を練り上げていく。 実際の撮影の手配や編集、ロケ場所やスタッフの手配は、ギルドが行う。 企業とYouTuber、互いに相反する思惑 これだと、再生回数が伸びれば広告収入も見込めるので、企業にとってもYouTuberにとっても万々歳。 逆にYouTuberから企画を相談されたら、予算を確保するため、企業にタイアップを売り込むことも多い。 社内には営業電話専門のスタッフが常駐しているほどだ。 初対面の企業には協賛を持ちかけるケースも多いが、「動画の反響に喜んで、次はタイアップしてくれるようになる」(同)。 一般的にYouTubeでは、テレビのような広告手法は通用しない。 その反面、YouTuberが自由奔放に新製品を扱うだけでは、薄い内容となって、企業側の満足度が下がりがちだ。 その隙間を企画力で埋めることをギルドは目指しており、「テレビ業界の電通、博報堂のような存在になりたい」と高橋代表は意気込む。 ティーン雑誌「ポップティーン」のモデルも務めるねお(18)は、自身の職業を「動画クリエイター兼モデル」と名乗る(動画:) 「マネジメントと企業への営業だけでは、事務所を辞めたくなるYouTuberの気持ちもわかる」 こう語るのは、YouTuber事務所VAZの森泰輝社長。 2015年の設立から、多くのYouTuberやインフルエンサーと新たなビジネスを立ち上げて成長してきたが、多くの離脱も経験した。 今、目指しているのは、「ネットのハイブリッドタレントを作ること」(森社長)。 ねお(18)のSNSの総フォロワー数は430万人を超える VAZに所属する ねおは、ティーン雑誌『ポップティーン』の専属モデルを務めるなど、若者から絶大な人気を誇る。 チャンネル登録81万人の中堅YouTuberだが、TikTokのフォロワー数190万人などを含めると、SNSの総フォロワー数は430万人を超えている。 テレビ番組やAbemaTVでも幅広く活躍する18歳だ。 「ねおを編集長とした、小さな編集部という体制を築いている。 具体的にはSNSやYouTube投稿の戦略や、企画の相談、データ分析をサポートしている。 ネットからテレビまで、複数メディアを横断した年間計画で進めている」(森社長)。 YouTubeの広告収入に頼らず、他に稼げるポイントを一緒に開拓しているという。 「個人プロデュースでは難しい領域を、チームで進めることで勝ちにいく。 ねおの成功事例が未来のプロダクションのあり方になるのでは」と森社長は語る。 実際にYouTuber専業で生きていくのは至難の業だ。 ボーダーラインは「チャンネル登録数10万人」と言われるが、平均再生単価0. 1〜0. 3円で月間25本の動画をアップすると、月収は25万〜75万円程度。 そこから撮影や編集にかかる必要経費を差し引くと生活はギリギリなのだ。 株式投資チャンネルを運営するZeppyの井村俊哉CEOは元芸人。 Zeppyは投資家に特化したYouTuberプロダクションとして、2019年6月に設立し、投資チャンネルを運営している。 チャンネル登録者数は7万人弱、動画の再生回数も1万〜18万回と波が大きい。 しかし井村俊哉CEOは「会社として単月黒字化している」と説明する。 株式=投資家向けなら、単価も上がりやすい 「Zeppyの場合、視聴者は30〜40代が多く、再生単価は0. 6〜0. 企業からのタイアップでIR(投資家向け広報)の動画制作も行っている」(井村CEO)。 株式投資という分野では視聴回数の大幅な伸びこそ期待できないが、購買力のある視聴者層が見込めるので再生単価が上がりやすい。 企業にとって個人投資家に対するPRの場となれば、タイアップの広告費も出しやすい。 今年1月にはテレビ東京から追加出資を受けたほか、投資家YouTuberの もふもふ不動産を引き受け先として第三者割当増資を実施した。 もふもふ不動産は登録者数15万人を超える人気チャンネルで、再生単価は2円に達したことがあるほどだ。 「いずれはファンドを作って、個人投資家に向けた投資商品を売っていきたい」(井村CEO)。 良質な視聴者を囲い込むことで、再生回数に頼らない新たなビジネスを見据えている。 実は今、YouTubeで進んでいるのが、こうした大人向けコンテンツの充実化だ。 25歳以上を対象にした動画ではターゲティング広告の単価が上がりやすい。 対照的に18歳以下はターゲティングできないようグーグルは決めており、若者を対象とした動画は再生単価が上がりづらくなっている。 これまでYouTubeは、ヒカキンやはじめしゃちょー、フィッシャーズの人気が象徴するように、10代の若者に支持されるチャンネルが存在感を放ってきた。 その構図は今も変わらないものの、芸能人を筆頭とするYouTuberの参入が増えたことで視聴者が分散し、再生回数や再生単価を従来通りに稼ぐことが難しくなってきている。 視聴者の「変調」を最も敏感に察知するのは、ほかならぬYouTuber本人だ。 その選択肢は全方位へと広がりつつある。 YouTube関連ビジネスの市場拡大は、まさにこれからなのだ。 外部サイト.

次の

UUUM脱退一覧!YouTuberが辞めた理由や続出原因も調査!|ぶひチューバ―TV

ヴァンゆん uuum

ヴァンゆんチャンネル結成の経緯 ヴァンゆんチャンネルは、先に述べたようにUUUMとVAZという事務所の異なるヴァンビとゆん二人組のチャンネルです。 ヴァンビは現在はすでに 解散していますが元V系バンドLOGのボーカルで、ゆんは元アイドル(SKE48の「第5期オーディション」に仮合格した経験も)という経歴の二人が集まっていることでも異色の組み合わせ。 さらにYouTubeでも人気のコンテンツになっている カップル動画ではなく、あくまでもYouTubeを通じた関係性であることも特徴です。 ヴァンゆんチャンネルは今でこそ二人組というイメージが強いですが、元々ヴァンビとゆんは個人で動画を投稿していました。 ヴァンビはチャンネル名「ヴァンビだよバンビじゃないよ」で漫画に登場する料理を実際に作ってみる実写化シリーズを中心に人気を集め、「」で2017年4月より投稿を始めたゆんは、最新のコスメやメイク動画を投稿し活動していました。 個人のチャンネルで活動していく中で、2人が初のコラボ動画を投稿したのが2018年2月。 これ以降徐々に コラボの回数も増えていき、2018年7月にヴァンゆんとしてコンビを組むことを発表。 しかし、お互いのファンからはソロで活動をしてほしいという声も多数あったことから、コンビを組むにあたり改めて2人からの思いが2018年7月に公開された動画「ヴァンゆん賛否両論について、これが僕たちの本音です。 」内で綴られました。 そもそも、二人が出会ったのはYouTubeクリエイター同士の交流の場で、何度も交流を重ねていく中で二人は意気投合したのだそう。 ヴァンビがYouTube活動を始めたのが1年ほど早く知識もあったことから、YouTubeを始めて間もないゆんに対してアドバイスを施していたことも動画内で語られています。 しかし、事務所間の壁を超えてコンビを組むということはチャンネルで得た 収入等様々な問題も抱えることになるため、チャンネルを新規に開設して始動することはせず、ヴァンビの個人チャンネルである「ヴァンビだよバンビじゃないよ」から引き継ぐ形で「ヴァンゆんチャンネル」として活動することになりました。 そのため、ヴァンビの個人チャンネルは無くなってしまっているのですが、ゆんの個人チャンネルは現在も運用されています。 ゆんちゃんねるは男女問わず楽しめるとは思いますが、美容系が中心となっているので特に女性の方にはおすすめです。 ヴァンゆんチャンネルの魅力 ヴァンゆんチャンネルとして活動してからというもの、人気・再生回数共にうなぎのぼりでチャンネル登録者は130万人、最も再生されている動画では998万回を記録するなどわずか1年ほどで人気YouTuberへ成長しました。 わずかの期間で大人気YouTuberになったヴァンゆんチャンネルの魅力はどこにあるのでしょうか。 美男美女というビジュアル面はさることながら、特筆すべきは企画に対して常に全力であるということです。 大食いといった比較的ライトなものから、女性は躊躇してしまいそうなおならドッキリを仕掛けてみたり、鼻毛GOSSOでヤクルトを何本持てるのか挑戦してみたりと、お互いの信頼関係がなければ成り立たないような企画にも挑戦しています。 また男女の関係ではないことを逆手に取った企画は、視聴者の間でも本当は 付き合ってるのではないかと想像させる余地を残しつつ、エンタメとして昇華している点は面白いところではないでしょうか。 このように企画に全力だからこそこのチャンネル急成長があります。 7月10日生まれ( 年齢不明)。 端正な顔立ちとヘアスタイルから想像できるように元ヴィジュアル系バンドLOGのボーカルとして活動していた。 そのような経緯もあり、「Butter-fly」など数々の歌ってみた動画を投稿している。 ヴァンビという名前は中学生の頃から呼ばれていたあだ名だそう。 12月5日生まれの24歳。 愛知県を拠点とする「BSJプロジェクト」というアイドルグループに所属していたことやSKE48の「第5期オーディション」にも仮合格という経歴を持っている。 「ヴァンゆんちゃんねる」、「ゆんちゃんねる」としての活動の他にもアパレルブランド「Bearlly」をプロデュースするなどマルチな活動を見せている。 ファンネームはyumily。 ヴァンゆんチャンネルの人気動画を紹介 モニタリング企画 ヴァンゆんチャンネルの企画の中でも人気なのがこのモニタリング企画。 撮影部屋に置かれた女性用の下着に対して相方であるゆんがどのような反応をするのかという、カップルなら修羅場になってしまうであろうドッキリ動画となっています。 視聴者からは本当は付き合っているのではないかと噂されるなかで、下着の持ち主は誰なのかと問い詰める様子はまさにカップルのそれです。 ネタに走った動画のオチも完璧で見所は多数あります。 それ以上に企画のためであればひとりで女性下着を買いに行くヴァンビの行動力には脱帽ですね…。 歌ってみた ヴァンゆんによるHYの楽曲「366日」をメンヘラ歌詞に変えて歌っています。 歌詞変のセンスが抜群すぎて、出来上がったメンヘラ歌詞に思わず笑ってしまいます。 他にも恒例のシリーズとしてYUIの「CHE. RY」もありますので面白いと思ったらこちらもチェックしてみてください! コラボ動画 これまでにヒカルやおるたなChannel、はなおなど多数のコラボをしてきたヴァンゆんチャンネル。 2019年5月にはヴァンゆんチャンネルと スカイピースのコラボが実現しました。 初コラボとして行われた企画は紙に書かれたセリフを使って即興演劇が行われるのですが、初コラボにも関わらず相性は抜群。 これを機にどんどんヴァゆんでの活動がYouTube外でも増えていくようになっていければファンとしても嬉しいですよね。 昨年以降急成長を遂げてきたヴァンゆんチャンネルは今年に入っても勢いはとどまることを知りません。 ビジュアル、企画の面白さ、トークのすべてが揃った魅力的なチャンネルです。 これを機にヴァンゆんチャンネルを見てみてはいかがでしょうか。

次の