緊張 型 頭痛 漢方。 頭痛には漢方薬の服用が効果的!?隠された真実

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛

緊張 型 頭痛 漢方

日本人の多くは慢性頭痛 日本人の多くはいわゆる頭痛持ちで、慢性頭痛に悩んでいるといわれ、なかでも片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛は三大慢性頭痛といわれています。 一般的に片頭痛は女性に多く、緊張型頭痛は男女関係なく起こります。 群発頭痛は男性に多いとされています。 頭痛のタイプと症状 それでは、頭痛のタイプや症状について見ていきましょう。 一次性頭痛(慢性頭痛)と二次性頭痛(症候性頭痛) 頭痛は大きく、一次性頭痛(慢性頭痛)と二次性頭痛(症候性頭痛)の2つに分類できます。 一次性頭痛は、慢性頭痛のことで、代表的なものに、「片頭痛」「緊張性頭痛」「群発頭痛」があります。 一方、二次性頭痛は、クモ膜下出血、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫、副鼻腔炎(蓄膿症)など、ほかの病気が原因で起こる頭痛です。 「片頭痛」「緊張性頭痛」「群発頭痛」とは 片頭痛…ズキンズキンという拍動性の痛みが、頭の片側(ときには両側)に起こります。 発生頻度は月に2~4回ほどで、痛みは数時間~3日間ほど続くといわれています。 また、吐き気を伴うこともあり、光をまぶしく感じたり、音にも敏感になったりします。 緊張性頭痛…首や肩が凝り、頭の中に重さや圧迫感を感じて、痛みは1日中続くといわれています。 ストレス頭痛ともいわれていて、精神的または身体的ストレスによって、筋肉が収縮して血行が悪化することで起こります。 群発頭痛…片目の奥がえぐられるような激痛が、毎日1~2時間、1~2カ月間続くこともあります。 痛いほうの目から涙が出たり、充血したり、鼻水が出ることがあります。 痛みは夜中や明け方に起きることが多いとされています。 頭痛薬の飲み過ぎはさらに頭痛を悪化させる? 片頭痛や緊張性頭痛に悩む人が、頭痛薬を長期間、頻回服用など乱用することによって慢性的に頭痛を起こすようになった状態を薬物乱用頭痛といいます。 詳しい原因はまだわかっていません。 頭痛薬の服用が慢性化して、月の半分以上も飲むようになると危険な状態ですから、早めに頭痛の専門医を受診しましょう。 漢方医学でみる頭痛の原因 頭痛は、何らかの原因によって(体の中のめぐりがじゃまされて)、上部(頭)への「気」や「血(けつ)」の流れが乱れてしまった状態です。 その原因が「冷え」である場合は、頭痛が生じるだけでなく、胃腸のはたらきも弱り、吐き気や嘔吐なども生じます。 漢方では、「気」を補い、胃腸を温め、はたらきを高めることで、滞った「気」をめぐらせ、頭痛を改善していきます。 また、頭痛と同時にはき気、肩こり、こわばりも治していきます。 頭痛に効果的な漢方薬 次に、頭痛に効果的な漢方薬をご紹介します。 ズキズキする頭痛、頭痛からくる吐き気でお悩みの方に.

次の

自律神経失調症による頭痛の症状・対策

緊張 型 頭痛 漢方

緊張型頭痛は頭痛は、慢性型の頭痛の中で一番多い頭痛とされており、身体のストレスや無理な姿勢、緊張などが原因で起こると考えられています。 今回はこの、緊張型頭痛の症状から原因、予防法、対処法まで詳しく紹介していきますので、現在この頭痛でお悩みの方は是非参考にしてみて下さい。 緊張型頭痛の症状とは? 頭全体や後頭部、首筋に、同じような痛みが毎日起こったり、締めつけられるような痛みが30分~7日間続く症状が緊張型頭痛と言えます。 この緊張型頭痛は偏頭痛などと異なり、動くと痛みが軽減されたり、仕事や家事もなんとかできるくらいの痛み方なのが特徴です。 頭痛以外の症状としては、肩や首の強いこり、ふらつき、めまい、全身のだるさなどがあります。 頭痛の約7割の方が「緊張型頭痛」と言われており、老若男女問わず、どの年齢層でもみられ、「反復性緊張型頭痛」と言われるたまに起こるタイプから、「慢性緊張型頭痛」と言った毎日のように痛むタイプがあります。 主な症状をまとめると、• 締めつけられるような重い痛み• 一定の鈍い痛みが続く• 痛みを感じ始めると30分から7日間続く• 肩や首のこりなど別の症状を伴う• 長時間パソコンを使った後に痛む 偏頭痛の症状のみられる嘔吐などの症状はなく、ライフスタイルの改善で症状が緩和されたりします。 緊張型頭痛の原因とは? 緊張型頭痛を引き起こすメカニズムは、身体的・精神的なストレスが関係しているとされており、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。 筋肉が緊張状態になると血流が悪くなります。 そうなると、筋肉内に老廃物がたまり、神経が刺激されて発症する痛みです。 身体的ストレスによるもの 特に多いのが長時間のパソコンの使用、無理な姿勢での作業など頭から首にかけての筋肉が緊張し血流が悪くなったときに発症する痛みです。 この症状になりやすい方は、首筋の筋肉が弱い女性の方の多くみられ、頭部を支える筋力が足りず、無理な姿勢や長時間パソコンの使用などで負担がかかり頭痛を引き起こしやすい傾向があります。 精神的ストレスによるもの 精神的ストレスによる緊張型頭痛は、真面目な性格の方や几帳面な方が起こりやすい症状です。 身体に精神的なストレスが続くと、脳内の神経細胞が鈍り機能不全を引き起こします。 この状態になると頭痛としての痛みを感じるようになります。 緊張型頭痛の予防法 緊張型頭痛を予防するには、日常生活での「ストレス管理」がとても大切です。 身体的・精神的ストレスを上手に解消することが緊張型頭痛の予防策となります。 仕事などで長時間机に向かうような方は、休憩はしっかりとるようにし、軽いストレッチや運動などで気分転換することが大切です。 筋肉をほぐすことで血流の流れが良くなり、痛みを発生させにくくしてくれます。 また、お風呂にゆっくりとつかりながら首や肩のマッサージをするのも効果的です。 身体を温めながらマッサージすることで血の巡りを良くさせ緊張型頭痛が起こらないように予防することができます。 時間がある方は、ウォーキングなどの有酸素運動を取り入れるとより効果的です。 緊張型頭痛の対処法 緊張型頭痛には、アスピリンやイブプロフェン、アセトアミノフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を使うことが多いです。 これらは市販の頭痛薬や風邪薬などにも含まれる成分で、「反復性緊張型頭痛」には有効でも「慢性緊張型頭痛」に毎日服用するのは好ましくありません。 長期的に飲み続けることで薬物乱用頭痛などを引き起こすデメリットもあるのでできるだけ、薬に頼らずに身体のストレスを軽減させる方法をとり頭痛の改善ができたら理想的です。 しかし、対策がなかなか取れないときは漢方薬がおすすめです。 漢方なら健康的に体質改善も同時にできるので一石二鳥です。

次の

緊張型頭痛の治し方!即効で緩和・解消できる2つの自力対処法!

緊張 型 頭痛 漢方

誰しも1度は経験のある頭痛。 頭痛には片頭痛(偏頭痛)と緊張型頭痛の2つがあります。 この記事では各タイプの頭痛の原因と、痛みを和らげる対処法をご紹介します。 日本人のおよそ4人に1人が、原因となるほかの病気がないのに繰り返し起こる頭痛、いわゆる「頭痛もち」の症状であるといわれています。 頭痛タイプのセルフチェックとタイプ別の対処法を実践して、つらい頭痛を解消しましょう。 片頭痛? 緊張型頭痛? あなたの頭痛タイプと対処法 頭痛は、女性ホルモンの分泌量の変動が原因の1つとなるため女性に多い片頭痛と、パソコンやスマートフォンの使い過ぎが主な原因となる緊張型頭痛の2タイプに分けられます。 タイプによって対処法が異なるので、自分の頭痛はどちらのタイプかを見極め、適切なケアを行いましょう。 片頭痛タイプ 片頭痛の原因とセルフチェックリスト 片頭痛は、女性ホルモンの分泌量の変動が原因の1つとしてあげられ、月経前や排卵期の女性に多く見られます。 次の表で2つ以上チェックがついたら、片頭痛タイプです。 脳内物質のセロトニンが何らかのきっかけで増減するのに伴い、脳血管が収縮・拡張して起こる片頭痛タイプ。 周辺の神経が刺激されることで起こります。 また、睡眠不足、台風が近づくなど気圧や天気の変化、特定の食品の摂取(後述)が原因になることも。 片頭痛が起きたときの対処法 医師に片頭痛専用の鎮痛剤(トリプタン製剤)を処方してもらうのが確実です。 痛みは動くと悪化するので鎮痛剤を服用したあとも1~2時間は安静にしましょう。 また、こめかみを冷やすことも効果的です。 また、片頭痛の予防には漢方もおすすめです。 強い光や大きな音は脳を刺激し、片頭痛の悪化につながります。 片頭痛の発作中は、カーテンで日光を遮り照明も暗くしましょう。 物音でズキズキするときは耳栓を。 片頭痛を和らげる食べ物 片頭痛の予防には、トウガラシ、サンショウ、コショウなどの辛味の香辛料やフェンネル、カルダモン、シナモンなどのスパイスをとるといいでしょう。 東洋医学では、普段から胃腸が弱く冷え症の人は、外界の過剰な湿気(湿邪)によって頭痛、めまい、吐き気などが起きやすくなると考えられており、片頭痛にはこれらの胃腸を温める食べ物がよいとされます。 片頭痛タイプの人が避けたい食べ物 反対に、ポリフェノールは血管を拡張させる作用があるため、片頭痛タイプの人は控えたい成分。 ポリフェノールを多く含む赤ワインやチョコレートは控え目にしましょう。 そのほか、チーズやハム、うま味調味料を使った料理、ファストフードにも注意が必要です。 緊張型頭痛タイプ 緊張型頭痛の原因とセルフチェックリスト 筋肉のこわばりが原因となって頭痛が起こる緊張型頭痛は、老若男女を問わず多く見られます。 次の表で2つ以上チェックがついたら、緊張型頭痛タイプといえるでしょう。 長時間のデスクワーク、目の酷使、精神的ストレスが原因になりやすく、俗にパソコン頭痛・スマホ頭痛とも。 長時間同じ姿勢でいると首や肩周りの筋肉が緊張して筋肉内の血行が悪くなり、さらに筋肉がこわばって緊張型頭痛が起こりやすくなります。 緊張型頭痛が起きたときの対処法 頭痛が起きたときは、背筋を温めると効果的。 仕事や勉強で長時間座りっぱなしな人は、こまめに休憩をとって気分転換をはかりましょう。 また、心身のストレスを解消するためにゆっくりとお風呂に浸かったり、首や肩をマッサージするのもいいでしょう。 座り方を直して緊張型頭痛を予防 デスクワークの人に起こりがちな緊張型頭痛は、座り方を工夫するだけでも改善が見込めます。 パソコンを使っている人は、ディスプレイをやや見下ろす高さで座り、腕は机の上か肘かけに置いて固定するようにしましょう。 首や肩、背中への負担が軽減され、頭痛が和らぎます。 日々のストレッチで緊張型頭痛を予防 こわばった筋肉をほぐすストレッチも大切です。 こまめなストレッチで筋肉の緊張を和らげましょう。

次の