足 の 疲れ ツボ。 足の疲れに良く効くツボ

足の疲れやむくみに…自宅でできる簡単フットマッサージ|疲れに効くコラム powered by リポビタン|大正製薬

足 の 疲れ ツボ

ちょうど手を、ぎゅっと握った時に中指があたる場所で、手の平の真ん中付近にある、ツボです。 手の平を、ぎゅっと握るだけで、ちょうど労宮のツボが刺激できます。 手を握っては、開く!ゆっくりと、この動作を繰り返すだけです^^ 早速、実に簡単過ぎる、この 労宮のツボ刺激で、肝機能をアップさせてあげましょう。 手首の真ん中よりも、少し小指側です。 手首の中心から、小指の方に向って、さわっていくと、少し凹んだ部分があるのですが、まさにこの凹んだ部分が、陽池のツボです。 中指で、ゆっくり回転させるように、3分くらいマッサージしましょう。 続いて反対側もです。 肝臓に効くだけでなく、字のごとく体を温め、冷えも取ってくれます。 肝臓に効くツボの中でも、 肝臓の調子は悪い時に、押すと痛みを感じるツボ?があります。 血を補うツボで、血に関連します。 肝臓が疲れていると、この大衝のツボを押すと、痛みを感じます。 太衝のツボは、左右の足の甲にあります。 足の親指と人差し指の間の、骨の部分です。 分かりやすく言うと、親指と人差し指の骨の間を、すべらせながらさわると、一番へこんだ部分があります。 これが太衝のツボです。 親指で押してみて下さい。 肝臓に不調があると、痛みを感じるツボでもあるので、肝臓チェックにもなります。 弱った肝機能を高めるために、親指で揉むように、両方のツボをマッサージしましょう。 この曲線のツボも、肝臓が弱っている人が、押すと痛みを感じるツボです。 3秒くらい、ゆっくり押してみましょう。 このように、ゆっくり押しては離す、の繰り返しです。 肝機能を高め、血行を良くし、むくみも取ってくれます。 慢性的な、肝炎の人にも効果的です。 肝臓に効くツボの中でも、簡単に出来そうなものです。 太衝(たいしょう )や 曲泉(きょくせん )のツボを押して痛いようであれば、肝臓が弱っている証拠です。 ツボをマッサージして、少しでも肝臓を元気にしてあげましょう^^ スポンサードリンク 関連記事.

次の

足の疲れに良く効くツボ

足 の 疲れ ツボ

《豆知識》 ・デフォルト・モード・ネットワーク DMN とは、内側前頭前野、後帯状皮質、楔前部、下頭頂小葉などから構成される脳回路で、意識的な活動をしていないときに働きます。 ボーとしているときでも、いろいろな雑念が「浮かんでは消え」を繰り返しています。 ・DMNのエネルギー消費量は、脳の全エネルギー消費の60~80%を占めており、脳のアイドリング中に浮かんでいる雑念こそが、脳疲労の最大要因の一つであると言われています。 ・雑念を抑えることで脳を休ませるというのが、マインドフルネス瞑想の基本メカニズムです。 ・「あのとき、ああしておけばよかった」というネガティブな思考の反復、いわゆる「反芻思考」も脳の疲労に直結します。 ・一方、DMNは過去の記憶の呼び出しや将来の展望を描いたりするのに重要な働きをしているとみられています。 豆知識の参考文献 ・久賀谷亮 2016 『世界のエリートがやっている 最高の休息法』ダイヤモンド社. ・池谷裕二監修 2015 『脳と心のしくみ』新星出版社. コツは四指を少し広げ、頭のくぼみを探り、頭皮に指の腹を押しつけ、前後に揺らします。 表面を揺らしますと髪が引っ張られますので注意してください。 脳活性化を狙います。 なお、督脈、頭頂部の膀胱経、胆経の個々のツボの位置については「」ページ を参照してください。 右図「風池」 僧帽筋腱 僧帽筋の起始部 と胸鎖乳突筋の間の陥凹部、後頭骨の骨際 体の正中線より指3本弱外側に位置します。 「風府」 外後頭隆起下方 指二本弱 の陥中) 「風池」と同じ高さになります。 「天柱」 盆のくぼの中央から指2本外側で僧帽筋腱の外縁陥凹部 左右の「風池」を結んだ線より少し下側に位置します。 「風池」を結んだ線には「上天柱」というツボがあり、「天柱」に劣らぬ効用があります。 首を後ろに倒し、首の重みを利用して右側は左手の 左側は右手の 中指で押さえた方が効きます。 「健脳」 風池より指幅1. 5本下 指幅1本下という説もありますが、本サイトでは1. 5本下とします。 ツボの名前通り健脳を狙います。 「百労」 脊柱の正中第七頸椎棘から指幅3本分上、外側指1. 5本 人によって第七頸椎棘から指幅4本分上が効く場合もあります。 聴息法です。 お勧めの瞑想法です。 気功法のひとつです。 呼吸を意識します。 目は閉じます。 椅子に座った状態でも結構です。 背筋を軽く伸ばし、背もたれから離します。 雑念が生じて当然です。

次の

肝臓に効くツボとは?簡単にできる!

足 の 疲れ ツボ

足の疲れを取るツボ圧しのコツ ツボはスジのコリや疲れを取るのに大変に重宝します。 背中のツボなどは自分では圧しにくいのですが、足のツボは自分でも無理なく圧すことができ、ツボを正確に圧せればその効果をはっきりと実感できるものです。 しかし、自分ではツボは探しずらいので、スジを圧していく、スジ沿いを圧していくようにすると上手くツボにヒットさせることができます。 ツボは点、スジは線として捕えやすいので、足の疲れに限らず気になる場所のスジを探って圧してみてください。 ツボの圧し方 上手くツボを圧すコツは、まず写真の解説を頼りにスジに親指を当てます。 そのスジを5,6秒持続圧。 持続圧とは圧しっぱなしということで、痛気持ちよさやツボ独特の気持ちよさを感じるくらいの深さまで圧してそれを5,6秒維持します。 (あまり長く圧しすぎるのはよくありません、気の流れにダメージを与えてしまうのですが、自分ではダメージを受けるほど圧せないので、長くても10秒以内にしてください) 同じ個所を、5,6回同じように圧してください。 治療家さん達へ、足の疲れを取るツボへの施術のコツ 自分でツボを圧す場合は気にしなくていいのですが、人にツボ療法を施すには多少の熟練の技が要ります。 細かいツボへの施術のことは、また今度書きますが、足の疲れ、足の症状といえど部分だけの処置ではいけません。 ツボは中心から末端にかけて圧していくのがデフォルト。 足の疲れなどの症状への施術でしたら、まず腰のツボ、股関節のツボ、そして今回ご紹介する4点のツボへの施術が望ましいのです。 部分だけ、末端だけに施術をするのは気の抜けがいまいちなんですね。 部分だけの気の流れを実っしてしまうことにもなりかねません。 (実とは気の過剰の状態のこと) 人にツボ療法を施す際には体の中心、大幹から手足などの末端のツボを圧していくようにしてください。 足の疲れを取るツボ厳選4点 はい、足の疲れを取るツボを4点、部位別・お悩み別にご紹介します。 まずは、足の裏の疲れを取るツボ• ふくらはぎの疲れをとるツボ• ふくらはぎのツボとセットに圧していただきたい、アキレス腱の疲れを取るツボ• 珍しいですが、すねの疲れや緊張を取るツボ 2,3はスジの初めと終わりですのでセットにして圧してください。 足裏の疲れを散るツボ まずはよくある足の裏の疲れを取るツボのご紹介です。 足の裏のど真ん中にスジがあり、このスジ沿いにはたくさんのツボがあります。 まずは、女の子座りをして足の裏を圧しやすい姿勢になってください。 狙うは足の裏のど真ん中。 少しくぼんでいるので、如何にもここがツボという場所があります。 写真のように親指を圧して持続圧を5,6回行ってください。 プロのツボの圧し方 実はスジやツボって圧す方向が大事なんです。 ただツボやスジをまっすぐに圧すんではなく、方向をつけて圧すと少しの力で何倍もの効果が出せます。 写真のように、下に圧してからつま先の方向に向かって圧すと少しの力でも気持ちよく圧せます。 2段階に圧すように、下に圧してからつま先に向かって圧す、これがコツ。 ふくらはぎの疲れを取るツボ ふくらはぎの疲れを取るツボでも2点セットに圧すように解説していますが、ここのツボと次のアキレス腱の疲れを取るツボは同じスジ沿いにあります。 ツボ圧し、コリを取るコツはスジの初めと終わりのツボをとるコト。 2点ともセットで圧してみてください。 順番は上から下が望ましいです。 写真のように指を当てツボを圧していきます。 ここのツボは浅いツボなので、少しの力でも大変強く響くことがあります。 響きとは気の流れが回復していく証ですが、気の滞りのある場所に響いたり、スジ沿いに響いたり、臨床では不思議なことに反対側の足や頭にも響くことがあります。 アキレス腱の疲れを取るツボ 先ほどのふくらはぎのツボとセットに圧していただきたいアキレス腱のツボですが、ここのツボはといい足の疲れだけではなく、不妊症や婦人病、内科の症状の処置にも使われるツボです。 ふくらはぎの内側、骨のきわって大事な経絡、腎経・肝経・脾経という陰の経絡が走行していて、3つの陰が交わるところだから三陰交という名前がついているのです。 お灸をする場所としても知られています。 足首をつかむようにして手を当てて、ツボに親指を当てると圧しやすい形になります。 すねの疲れを取るツボ 今回の足の疲れのツボの中で一番マニアックなすねの疲れのツボ。 スポーツマンにはよく起こりうるすねのスジの緊張やすねの痛みですが、日常生活ではあまりないですね。 足の指先で立ったり、指先を上げる動き、スノーボードやスキーなどでよく使うすねの筋肉ですが一回緊張してしまうと取れにくいのが特徴かな。 すねが筋肉痛になった人しか分からないかもしれませんが、他の部位の筋肉痛と違って、つ~んとする筋肉痛です、すねって。 で、ここのツボも比較的に自分で圧しやすいんですね。 ここは骨と骨の間にあるツボですので探しやすいかと思います。 ツボを骨の際に入れ込んでいくように膝の中心に向かって圧していくのがコツです。 足の疲れを取るストレッチ ツボのお供にストレッチをご紹介しておきます。 ツボ圧しと組み合わせて行っていただければ、究極のセルフケアになります。 足の症状別、お悩み別に記事をご紹介しますので、ご自身の体の状態にあった記事をご参考ください。 特に股関節が固かったり弱かったりすると、足首や膝に負担をかけて傷めてしまう原因にもなりかねません、股関節の柔軟性ってとても大事なのです。

次の