お腹 右上 痛い。 お腹がチクチク痛い原因と対処法。おへそ周りや右左の痛みは?

右上腹部の痛みの原因について解説!

お腹 右上 痛い

お腹が痛くなるようなものを食べた、クーラーで体を冷やし過ぎた、暴飲暴食をしたなど具体的に思い当たるような原因があればいいのですが、何もないというときは重篤な疾病にかかったのではと心配になります。 一般的な腹痛の症状というとお腹全体や下腹部などですが、右側の腹痛といったように場所が偏っていると特有な病気なのではとの疑いが沸いてきます。 本ページでは腹部の痛みでも、 特に右側の腹痛に絞って可能性のある病気をまとめました。 症状や原因と対処法をご紹介しますので、思い当たる異変でお困りのときにご参考になさってみてください。 右上の腹痛の症状・原因・対処法 腹部でも特にへそより右上に異変が生じたら、初めに疑われる疾病は胆管炎や胆嚢炎、胆石症などです。 激痛の発作のような症状が出た場合は胆石症の可能性が考えられ、患者さんによっては右側の肩や胸部、脇腹、背中などにも痛みが及びます。 腎盂腎炎は腎臓の組織の一つであり、腰背部~みぞおちにかけて鈍痛の症状があります。 胆嚢炎(たんのうえん)・胆管炎 胆嚢炎と胆管炎は、同時に発症することもあるという関連性のある病気です。 胆汁(たんじゅう)は肝臓で合成され、消化吸収をサポートする役目を果たしています。 肝臓でできた胆汁は胆嚢で蓄積されており、胆管は十二指腸・肝臓・胆嚢がつながっているところです。 胆管と胆嚢に炎症が発症する病気が、胆管炎と胆嚢炎になります。 病院で診察を受ける場合は消化器科、外科、内科で受診してください。 患者さんによっては、背中や肩にまで痛みの症状が達します。 腹部の右上を押すと痛い、触れる程度でも激痛が走る場合があります。 黄疸(おうだん)を発症するケースも考えられます。 90%近い胆嚢炎と胆管炎の患者さんには、胆石が確認されます。 胆管が胆石によって詰まりを起こすと、詰まった部位に腸内細菌などがうつり胆嚢炎や胆管炎にかかります。 胆石は必ずしもあるわけではなく、他の病気や手術後などの影響によって発症するケースもあります。 胆石が確認された患者さんには、症状が生じなくなってから摘出する手術をします。 炎症の症状が進行している患者さんは、胆嚢の摘出手術が実施されるケースも考えられます。 胆石症 胆嚢は、摂取した脂肪分が体内にスムーズに吸収されるようサポートする役割の胆汁(たんじゅう)を蓄積しておく場所です。 この胆嚢から胆汁を小腸や十二指腸へ運ぶ道の胆管に、石が生成されるのが胆石症です。 石がある部位が胆管ならその病気は胆管結石症、胆嚢なら胆嚢結石症ということになります。 嘔吐や痛みの症状が起こるのは、胆嚢から胆汁がでる際に胆石も動いて胆管で止まってしまったときです。 胆石が原因の発作が発症しやすいのは、脂肪分が豊富なメニューを食べたことによって胆嚢が収縮を起こし胆汁がでるときという傾向が見られます。 胆石症は上腹部に痛みの症状が生じる疾患で、 場合によっては背中~右上~右肩に至るまで痛くなります。 発熱や黄疸(おうだん)の症状が現れるケースもあり、この時期に細菌が胆管にうつると胆管炎や胆嚢炎にもかかる可能性があります。 特に多く発見されているのが、コレステロール石です。 コレステロールが度を超えて増加すると、全部が溶解されずに結石になります。 日本の食文化がどんどん欧米諸国の影響を受けるにつれて脂質が多くなったことにより、胆石症患者が増加している状況です。 今後に備えて治療を受けることもでき、それは患者さんの意思で決められます。 胆石発作の症状が出ているときは治療が必要で、初期段階の胆石が小さな状態でしたら胆石を溶解する薬が用いられる場合もありますが、多くのケースでは外科的に胆石摘出の治療が施されます。 2タイプの手術があり、多いのは腹腔鏡下手術(小さな穴を腹部にあけて内視鏡などを挿入して摘出する)で、もう一方は開腹手術です。 腎盂腎炎(じんうじんえん) 尿は腎臓で生成されるのですが、細菌に感染して炎症を起こすことが 腎盂腎炎です。 男性よりも女性は尿道が狭い傾向があり、肛門と尿道口が近いことから菌が尿道に侵入しやすいので、腎盂腎炎の患者さんの比率は男性よりも女性の方が約30倍も多いといわれています。 細菌は腎臓の周りにあるリンパ腺からうつる、体の他の部位でうつった細菌が血管から腎臓に入る、細菌が尿道から逆流するなどの経路で侵入します。 これらの原因から、尿路結石がある方、前立腺肥大の方、妊娠中の方は気を付けてください。 抗がん剤やステロイド剤を利用していて免疫機能が弱まっている方、糖尿病などの細菌に対し免疫が少なくなっている方などは特に気を付けてください。 急性腎盂腎炎は安静に過ごし、患者さんの発症原因や症状に対応した抗菌薬や抗生物質で治療にあたります。 軽症でしたら、自宅で治療を進めていくことが可能です。 水分摂取を心掛け、1週~2週間ほども処方された薬を飲み続けていれば回復が見込めます。 重症の場合は患者さんによって入院治療が必要で、抗生剤や点滴で治療が進められていきます。 慢性腎盂腎炎も、抗生物質で治療を行います。 原因である病気を回復させることで、慢性腎盂腎炎も治っていきます。 右下の腹痛の症状・原因・対処法 腹部の右下辺りに激痛が発症する虫垂炎は、盲腸炎としても有名な病気です。 症状が出始めてから何時間かはみぞおちを中心に痛むのですが、徐々に右下へと移っていき、痛みも増幅していきます。 右下の腹痛は虫垂炎以外にも、鼠径ヘルニアや大腸憩室炎などの疾患で症状が現れます。 虫垂炎(ちゅうすいえん) 虫垂炎は 盲腸という呼ばれ方の方が浸透しているかもしれません。 盲腸という器官は小さな虫垂という臓器につながっており、盲腸自体ではなく、虫垂で炎症が起きた疾患のことをいいます。 患者さんは、10歳代~20歳代の方が中心です。 右下腹部に痛みの部位が移動してからは、虫垂炎という正しい診断が行われやすくなります。 初期段階にみぞおちが痛くなるのは、虫垂がふさがるためです。 腹痛から食欲減退、嘔吐、悪心などの症状も引き起こされます。 虫垂炎の疑いを感じたら、病院の消化器内科で診てもらい正しい治療を受けてください。 初期段階から何時間も経過して虫垂炎が進むと、押すと痛い圧痛(あっつう)の症状が右下腹部に起きるようになります。 詰まるものは、腫瘍や異物、硬くなった便の一部分などです。 通りが悪くなった虫垂が感染症にかかると、虫垂炎だと診断されます。 保存的治療は完治まで多少の時間が必要で、また再発することも考えられます。 メリットとして、外科的治療を受けた場合に可能性のある、手術後の傷口が痛いなどの合併症が生じることがありません。 外科的治療には合併症のリスクがあるものの、再発しないというメリットがあります。 鼠径ヘルニア(そけい) 鼠径ヘルニアは、脱腸とも呼ばれる疾患です。 脂肪や腸などお腹の中にある臓器が、鼠径部(足のつけ根付近)にある腹部の壁が弱い箇所から出て膨張する疾患です。 タバコをする方、出産後や多産、肥満などの方、頻繁に咳こんでいる方、前立腺肥大や便秘症の方、よく立ち仕事をする方、重たい荷物などをよく持ち上げる方などは要注意です。 治療をせずに放置するとだんだん大きく膨らみ、場合によっては腹痛の症状が現れます。 体内の脂肪や腸が飛び出したまま戻らない 陥頓(かんとん)の状態になります。 前立腺肥大やメタボリックシンドロームにつながる内臓脂肪型肥満も原因であることから、患者数は右肩のぼりに増えています。 対処法は手術のみとなり、メッシュのシートを鼠径部にある腹部の壁が弱い箇所へ埋め込むことで穴をふさぎヘルニアの治療を行います。 大腸憩室炎(だいちょうけいしつえん) 大腸憩室炎の憩室とは、大腸の壁が部分的に外へ出っ張る状態のことです。 なにかの原因によって 大腸に炎症が起きると、大腸憩室炎になります。 憩室そのものは大腸に限らず、大腸から食道の消化管のいろいろな部位に発症します。 初期症状は、状態が悪化したりかと思えば改善するということを繰り返す間欠(かんけつ)痛が多い傾向があります。 症状が進行すると、徐々に持続痛になっていきます。 右側の大腸憩室炎は日本で多く、右下の腹部の痛みを伴うことから急性虫垂炎と間違えられる可能性があります。 下っ腹の痛みが引かないようでしたら、大腸憩室炎を疑って病院で診てもらってください。 膀胱への刺激から引き起こされる排尿障害、便秘、食欲の低下、嘔気や嘔気、下痢などの症状があります。 患者さんによっては白血球が増えたり、熱が出るなどの症状が現れる患者さんもいます。 例えば、野菜をたっぷり食べることができずに食物繊維の摂取量が減ると、便の量まで減ってしまいます。 長官の運動に異変が生じ、腸管の運動が普段通りにいかずに腸管への圧が高まり憩室が発生しやすくなると考えられています。 病状が軽くて合併症を伴わないケースなら、抗菌薬の投与と、食事をせずに点滴で栄養補給をして腸管を休めることで保存的治療をします。 症状はメモを取っておこう 右側の腹痛、特に右上や右下といった具体的な部位が明らかになっている場合は、病気の特定がスムーズになるでしょう。 病院で医師に相談するときは、発症部位の他に鈍痛がする、ちくちく痛むなどの具体的な症状を伝えることが大切です。 異変が生じた部位が同じであっても、チクチクと刺すように痛いのか、鈍い痛みが続くのかによって病気も異なってきます。 また、虫垂炎のように症状が現れる部位が移動する病気もありますので、途中経過を医師に伝えることも病気の特定に役立つ大切なポイントです。 気になる異変があればメモしておき、忘れずに病院で伝えられるようにしておくことをおすすめします。

次の

胃・十二指腸の痛みや、違和感などを調べる【お腹の悩み解決ラボ】

お腹 右上 痛い

お腹の痛みがあるのは、男性、状態でともによくある症状です。 しかし「お腹がずっと痛い」「腹痛が続く」など、お腹の痛みが数日以上続く時は、さすがに不安になりますよね。 そんなに痛みがひどいわけではないけど、 チクチクした痛みが続いている。 お腹にシクシクした痛みがある。 ズーンとした重い痛みがある。 ズキズキして動けない程の痛みがある。 こんな時、何がお腹の痛みの原因なのか、わからない事も多いです。 お腹の痛み方はいろいろあるので、痛み方や場所、症状によって、何の病気なのか判断が難しい事もあります。 また、お腹の痛みは病気だけでなく、ストレスなどで痛む事もあるので、数日続いた痛みを放っておく事もあります。 しかし、最初は痛みが穏やかでも、急な痛みに変化する場合かあります。 痛みの度合いが変化するだけでなく、痛みの場所が変わる、移動することも。 他にも、最初は特に痛みだけだったけど、次第にお腹に張りが出てくる病気もあります。 そこで、今回はお腹の痛みが続く、腹痛が続く原因や病気を、左側や右側等の場所や症状別に、詳しく解説していきます。 また原因不明のお腹の痛みの場合、なぜ痛くなるのか、お腹の痛みが続いている、治らない時の市販薬等の対処法もご説明します。 *以下の記事に、 腹部の臓器の位置をイラスト図でご紹介しています。 また、お腹には、左右2つある臓器もあります。 卵管 なので、左側や右側、上下等、 痛む場所によって、お腹の痛み、腹痛が続く原因を特定していく事が大切です。 上記に記載のある場所を見て、痛みの原因かもしれない臓器を考えましょう。 さらに、現在の症状を見ることで、病気がわかる場合もあります。 また臓器ではありませんが、「 腹膜」と呼ばれる、 お腹の臓器(大腸、小腸、肝臓等)の表面を、全体に覆う薄い膜があります。 お腹の痛みや腹痛が続き、お腹の中の臓器に炎症が起こっている場合、腹膜も炎症を起こす事があります。 腹膜だけでなく、「 精巣」も下腹部痛が伴う事もあり、注意が必要です。 胃潰瘍• 慢性膵炎• 慢性胆嚢炎• 虫垂炎• 過敏性腸症候群• 慢性腸炎• 潰瘍性大腸炎• 大腸憩室炎• ズキズキした痛みや、キリキリした痛み、鈍痛を感じることもあります。 胃潰瘍は、みぞおち付近が痛むので、胃潰瘍だと思っていたら「 狭心症」・「 十二指腸潰瘍」ということもあります。 また、「 胃炎」も、上腹部付近やみぞおち付近の痛みが続く事が多いです。 また、左脇腹に痛みがでることもあります。 長期的にアルコールを飲む、男性に多いです。 繰り返し右上腹部に痛みがでます。 また、急性胆嚢炎と比較すると痛みが軽く、鈍痛を感じることがあります。 主に、 右下腹部に痛みがでることが多いです。 虫垂炎は、急に腹痛を伴う印象がありますが、 チクチクした痛みから、ズキズキとした痛みに変わることもあります。 また、最初はお腹全体が痛かったのに、 時間がたつと右下腹部に痛みが移動していくこともあります。 下痢や便秘が数ヶ月以上続くことがあります。 発熱・吐き気・嘔吐の症状が見られることもあります。 腹痛だけでなく、 吐き気や嘔吐を伴うこともあります。 「 急性腸炎」と違い、あまり激しい痛みを感じることはありません。 微熱が続くこともあり、徐々に下痢がひどくなります。 炎症部分が、お腹の中側に風船のように膨らむのが「憩室」です。 細菌の増殖や便秘等で、便が詰まってしまう病気です。 下腹部痛以外に、下痢や発熱の症状がでることがあります。 重症の場合は、 血圧が下がる、黒い便(下血)や血便が見られます。 重症の便秘の場合、便とともに、 腸内ガスが充満する事で腹痛が起きます。 ちなみに、便秘というと「数日出ていないと便秘?」と考える人がいます。 しかし便秘の定義は、必ずしも、1日以上とは限りません。 お腹に感じる不快症状や吐き気・腹痛がなく、2~3日周期で定期的に排便があり、それが本人の排便ペースであれば問題ありません。 卵巣のう腫• 卵巣痛• 卵巣出血• 通常痛みはほとんどなく、腫瘍が大きくなると、 腹部の張りや痛みが出ることがあります。 また、卵巣がねじれる、卵巣が破裂すると、 下腹部に激しい痛みが起こります。 左右の下腹部に痛みを伴う事があります。 また排卵時に卵巣内が傷つき、少量の出血を伴う時に痛みが出る事もあります。 痛みは、 チクチクした痛みやピリピリする痛みが多いです。 主に右の卵巣で、出血が起こることが多いです。 出血した卵巣側に、 下腹部痛が現れます。 通常、少量出血の場合は自然に血が止まります。 しかし、出血が止まらない場合は、 お腹がぽっこりと出たり、血圧の低下、貧血の症状が現れます。 生理の期間、ずっと下腹部痛が続くことがあります。 *以下の記事に、 女性の腹痛の原因や病気を、詳しくご紹介しています。 精索がねじれると、 激しい痛みが現れます。 腹痛が続く腹腔内の病気:腹膜炎 「 腹膜」は、 横隔膜から下の内臓全体を包み込んでいる薄い膜です。 お腹の中の臓器の全てを、半透明フィルムで覆い、人間の内臓を守っている、大切な臓器の一部です。 「虫垂炎」や「急性胆嚢炎」などの合併症で、「 腹膜炎」を発症します。 お腹全体に強い張りが出て、身をよじるような、 激しい痛みが続きます。 血の気がなくなり、真っ青になることもあります。 他にも、 吐き気・おう吐・発熱などの症状や現れることがあります。 「腹膜炎」は、命に関わる病気です。 手を離した瞬間に、何とも言えない痛みがお腹全体に響くと「腹膜炎」の可能性があります。 胃がん• 肝臓がん• 大腸がん• 胃潰瘍と同じようなな、 鈍痛やキリキリした痛みが長期間続きます。 重症化すると、 真っ黒な便(タール便)がでるとことがあります。 しかし、進行していくと、 お腹の張りや、右上腹部に鈍痛が続くことがあります。 また、 下痢の症状がでることもあります。 主に、 血便、下痢、便秘の症状が見られることが多いです。 進行すると、 ズキズキする痛み、腹部のしこり、血尿がの症状が現れます。 原因不明の腹痛が続く時に考えられる事 病院に行って、検査を受けても、お腹の痛みの原因が分からないことがあります。 原因不明の場合は、以下の可能性も考えられます。 無理な運動• 筋肉痛• 呼吸が荒くなる• 無理なダイエット• バリウム検査後のアルコール摂取• 妊娠中の身体への負担• 糖尿病や心臓疾患の副症状• 食中毒の症状 マラソンやジョギング等の運動の後は、お腹の痛みを感じることがあります。 「 無理な運動」を続けると、 筋肉痛になり、腹痛が続くことがあります。 「 呼吸が荒くなる」と、 横隔膜の過剰活動によって、痛みがでることもあります。 また、女性に多いのが「 無理なダイエット」です。 人間は、食べ物を摂取しなくても便が作られます。 「 無理なダイエット」で、 便秘を引き起こすことがあります。 他にも、胃のバリウム検査後、バリウムを外に出すために、下剤を飲む必要があります。 もし、バリウム検査後、当日にアルコール摂取すると、 バリウムを腸内で固めてしまい腹痛がでることもあります。 最悪の場合、「 腸閉塞」や「 腸捻転」を引き起こす場合があります。 また、女性であれば、「 妊娠中」に腹痛が続くことがあります。 胎児の成長と共に、母体の下腹部の負担が大きくなります。 すると、母体の 足の付け根の痛みや、右脇腹の張りと痛み、両脇腹がつるような痛みが続くことがあります。 他にも、心因性で腹痛が続くこともあります。 *腹痛が続き、何科の病院に行けば良いかわからない場合は、以下の記事を参考にしてください。 下痢の場合もありますし、便秘で痛みが治まらない事もあります。 そんな時におすすめなのが「 お腹を温める事」です。 お腹が冷えると、お腹の痛みが続くことがあります。 夏は、暑い外からエアコンがきく冷たい部屋の中に入ると、お腹が痛くなることがあります。 冬は、逆に外にでるとお腹が痛くなったり、冷たい椅子に座ってお腹が痛くなることもあります。 お風呂に入る• ひざ掛け等をお腹にかける• 腹巻きをする• 使い捨てカイロを貼る• 温かい食事をとる(生姜入り) 「 お風呂」に入れば、体全体を温める事ができるので、非常にオススメです。 しかし、すぐにお風呂に入る事ができない場合は、「 ひざ掛け」などで、下半身やお腹を温めるのが良いです。 また「 カイロ」をお腹だけでなく、背中に貼ると、お腹を温める事ができます。 食事でおすすめなのが、「 生姜入りのスープ」。 生姜は、体を内から温める効果があるので、お腹の痛い時や生理痛時におすすめです。 しかし、 「虫垂炎」や激しい痛みの場合は、温めると逆効果になる事もあります。 既に、炎症しているときは、 温めるとさらに痛くなるので、注意しましょう。 また、お腹を温めるだけでなく、「 市販薬」などの薬を飲むのも効果的です。 お腹の痛みや腹痛が続く時に、効果的な市販薬をご紹介します。 お腹の痛みが続く時の市販薬 お腹の痛みが続く時、何の薬を飲めが良いか分からない事も多いです。 頭痛薬であれば、「イブ」や「バファリン」等の鎮痛薬のイメージが強いです。 しかし、お腹の痛みだと「胃腸薬」「整腸剤」「鎮痛剤」と、いろいろな種類があります。 お腹の痛みだけでなく、 症状別に効果的な市販薬をご紹介します。 お腹の痛みと下痢 お腹の痛みだけでなく、下痢が続いている場合、下痢止めを飲む人もいます。 しかし、まずは下痢止めではなく「 整腸剤」を飲みましょう。 下痢が続いている場合、体のウイルス等の菌を、体の外に排出している可能性もあります。 まずは 整腸剤を飲んでみて、様子をみるのが良いです。 市販薬の整腸剤では、• 新ビオフェルミンS錠• ザ・ガードコーワ整腸錠• ミヤリサン錠 等がおすすめです。 もし整腸剤を飲んでも下痢が続く場合や、どうしても下痢を止めたい場合は「 下痢止め」を飲む。 その後、なるべく早めに病院に行きましょう。 お腹の痛みと便秘 お腹の痛みが続き、便秘が原因の場合は「 便秘薬」です。 しかし便秘薬は効果が強すぎる、下痢が続くこともあるので、何度も使うのはよくありません。 便秘薬といえば「コーラック」ですが、コーラックは腹痛になりやすく、一気に下痢になることがあります。 そこでオススメなのが「 タケダ漢方便秘薬」。 タケダ漢方便秘薬は、 腹痛が少なく、自然な感じででるので良いです。 お腹の痛みと胸焼け(胃痛) 上腹部の痛みがあり、胸焼けや吐き気がある場合は、胃が原因の可能性があります。 まずは、「 胃腸薬」を飲んでみましょう。 しかし胃腸薬といっても、効果別に様々な胃腸薬が市販されています。 胃痛の症状別に、おすすめの胃腸薬がこちら。 胸焼けが強い「 太田胃散」• 食後の胃もたれが強い「 新セルベール」• 上腹部等の胃痛が強い「 スクラート胃腸薬」 他にも「 第一三共胃腸薬」も良いです。 胃腸薬は、食後の痛みなのか、空腹時の痛みなのかで、市販薬を選ぶのもオススメです。 しかし、あまりにも種類が多いので、 わからない時は薬剤師さんに相談しましょう。 お腹の痛みと生理 生理前後でお腹の痛みがある場合は、鎮痛剤が効果的です。 効果が強すぎないでおすすめなのが「 イブA錠」、他にも「 バファリンルナi」も良いです。 スポンサーリンク お腹の痛みが続く原因や病気のまとめ• お腹の痛みが続く場合は痛みの場所が重要• お腹の痛みが続く原因は消化器系の病気が多い• 女性は卵巣や子宮に原因がある事も• 原因不明の場合は心因性やストレスの可能性も• 痛みが続く時はお腹を温める• 腹痛や下痢には整腸剤が良い• 生理痛や腹痛のみが続く場合は鎮痛剤 お腹の痛み・腹痛が続く時は、 お腹のどの位置が痛いかを、知ることが重要です。 また、腹痛だけでなく、下痢や吐き気等の症状から判断する事ができる場合もあります。 しかし、お腹の痛みが続く時に一番大切なのは、「 病院を受診する事」です。 腹痛が続くということは、内臓のどこかで異変が起きている可能性が高く、体がシグナルを出しているということ。 仕事等でなかなか病院に行けないと、痛みがひどくなって慌てて病院に行く事もあります。 できれば、 痛みがひどくなる前に、必ず病院で診察を受けましょう。 そして病院に行く時に大切なのが、しっかりと「 検査」を受ける事です。 お腹の痛みは、まずは腹部の「 超音波(エコー)検査」を受けると、内臓に異変がないか確認することができます。 またある程度大きな病院であれば、「 CT」「 MRI」で、病気を特定できる可能性が高くなります。 また、大腸に異常がある、腹痛だけでなく下痢が続く場合は「 大腸内視鏡(大腸カメラ)」の検査を受けるのが良いです。 大腸カメラは、前日から下剤を飲む必要があり、大変な検査です。 しかし、何も異常がなければ安心できますし、何か異常が見つかれば、早めに見つかって良かったと思う事ができます。 お腹の痛みが続く場合は、体からのシグナルなので、是非早めに病院を受診しましょう!.

次の

お腹がシクシク痛むときに考えられる原因と対策について解説

お腹 右上 痛い

今回は腹痛の治し方についてご紹介します。 「お腹が痛い」という症状は誰もが一度は感じたことがあるはずですが、意外と対処法をきちんと知っている人は少ないのではないでしょうか。 「そこまで痛くないから大丈夫」「そのうち治まるはず」などと考えてしまいがちです。 しかし、腹痛も体のサインですので、放っておくことはとても危険です。 そこで当記事では• お腹が痛くなる場所• 腹痛の原因• 腹痛の種類と症状• すぐ病院を受診した方がいい腹痛は?• 病院では何科を受診する?• 家庭での腹痛の応急処置• 突然の下痢、便秘や冷えによる腹痛の対処法• 腹痛の予防法や食事について といった内容で、急な激しい腹痛が起こる原因と症状、そして、突然の下痢、便秘や冷えでお腹が痛い時に、すぐ痛みを緩和するにはどのように対処すればいいのかお伝えしていきます。 体内で発生した何かしらの異常を知らせる情報が、まず痛みの自覚症状として起こるとされています。 腹痛の原因も様々です。 胃や腸といった消化器系に起因するものだけでなく、循環器系、泌尿器系、婦人科系などに起因するものもあります。 上腹部でおこる腹痛 胃、十二指腸、胆嚢、膵臓などの痛感神経が集まる心窩部(みぞおち)に痛みを感じることが多いです。 中でも胃痛によるものが多いです。 下腹部でおこる腹痛 下腹部の痛みは腸の病気による原因がほとんどです。 中腹部(へそ周辺)の痛みは腸炎、右下腹部痛では虫垂炎が代表的です。 腸炎の場合には下痢の症状が伴うことが多いです。 左下腹部痛では大腸の病気が疑われます。 さらに、泌尿器系や婦人科系の病気の可能性も考えられます。 (2)ストレス 精神的ストレスだけでなく、エアコンをつけた時などの室内外の温度差による身体的ストレスは自律神経を乱し、胃腸の粘膜を傷つけ腹痛を起こす原因になります。 (3)過敏性腸症候群 過労や精神的不安、過度の緊張によるストレスから便秘や下痢などの便通異常や下腹部に強い痛みがあらわれます。 (4)冷えと下痢 人の体には体内に起きている生命の危機に対して防ごうとする機能、すなわち防衛本能が備わっています。 冷えにより体内の温度が低下すると、内臓の機能も低下し抵抗力も落ちてしまいます。 そこで、体内では腹痛や下痢という症状により体を内側から温めようとする防衛本能が働きます。 まず冷えによる下痢は、下痢をすることで体内から水分を出し、体内で熱を生み出し、熱を保ち、熱が低下しないようにするための防衛本能です。 次に冷えによるお腹の痛みは、「体が冷えていますよ!」という体のサインです。 それぞれの腹痛の特徴を見てみましょう。 内臓性腹痛 胃や腸管などの管腔臓器の収縮、伸展、拡張、痙攣によって発生する痛み。 内臓神経(自律神経)を介して感じる腹痛です。 痛みの部位が明確でなく、間欠的で「なんとなくお腹が痛い」という、鈍痛から激しい痛みまで幅広い痛みを訴えます。 内臓性腹痛の症状としては、悪心や嘔吐、冷や汗を伴うこともあり、ズキズキする痛みです。 体性腹痛 腹腔内臓器の炎症によって壁側腹壁や腸間膜が刺激されて発生する痛み。 知覚神経が刺激されて起こる腹痛です。 「ここが痛い」というように痛みの部位が限定されていて、持続的で刺すような鋭い痛みを訴えます。 体性腹痛の症状としては、一定の時間にわたって持続するうずくような痛みと鋭い痛みを伴います。 また、体を動かすと痛みが強くなることが多いです。 重症化すると、腹膜炎から腹膜刺激症状を認め、重症感染症による敗血症性ショックを起こすため、緊急手術が必要になります。 そこで、すぐに病院を受診した方がいい腹痛の主な症状例をご紹介します。 すぐに病院を受診した方がいい腹痛 ・急激にお腹が痛くなり痛みが持続する腹痛 ・トイレに行っても解消されない激しい腹痛 ・転げまわるような激痛を伴う腹痛 ・お腹の限られた部位の痛みが徐々にお腹全体の痛みへと変わる腹痛 ・食後に激しい吐き気や嘔吐、下痢を伴う腹痛 次の症状などを伴う腹痛の場合も早めに医療機関を受診してください。 ・高熱 ・吐き気や嘔吐 ・出血や下血 ・顔面蒼白 ・頻脈 ひんみゃく ・意識低下 激しい吐き気や嘔吐、下痢を伴う腹痛は食中毒の可能性 激しい吐き気や嘔吐、下痢を伴う腹痛は食中毒の可能性がありますので、抵抗力の弱いお子様やご高齢の方はすぐに医療機関を受診することをおすすめします。 もし腹痛の原因が食中毒である場合、下痢をすることは体がいち早くウイルスや細菌を体の外に排出しようとしている働きなので、むやみに止めてはいけません。 下痢止め薬をむやみに服用せず、医師の診断を受けてください。 病院では何科を受診する? 突然の腹痛が起きた時、「病院では何科にかかるのが良いの?」と、迷ったり分からない事もあります。 特に深夜になると多くの病院は診療を終了しているので、とても不安な気持ちになります。 一般に、腹痛が起きる原因として消化器官の異常が原因であることが多いため、まずは消化器内科を受診するのもよいです。 ただし、腹痛の原因として、内科的要因、外科的処置が必要な場合、婦人科の疾患の場合など、さまざまな臓器の病気が原因となっている可能性もあります。 腹痛の原因に身に覚えがなく、何科を受診すればいいのか全く分からない場合は、総合病院の受付で症状を話して、何科を受診すればいいのか教えてもらのがよいでしょう。 その病院で可能な診察や処置を受けて、さらに治療が必要な場合や原因が分からない場合は、どこを受診すればいいのか聞いたり、紹介状を書いてもらえるはずです。 女性の場合には、痛みの他に出血などの症状が伴う場合には、婦人科もある病院を選ぶことをおすすめします。 また、上記の 「すぐに病院を受診した方がいい腹痛」に該当する場合、自力で病院に行けないほど痛みや症状が悪化している場合は我慢し過ぎず、救急車を呼んでください。 医療機関で適切な処置を受けるためのポイント 病院で適切な処置を受けるためにも、腹痛を訴えるポイントをメモなどして医師に伝えましょう。 ・痛む場所 ・痛み方と度合い ・痛みの間隔 ・下痢や嘔吐など腹痛以外の症状 腹痛の症状をできるだけ詳しく伝えることで、受診すべき科目の判断がしやすくなりますし、適切な診断や治療につながります。 なお、上記でご紹介した「すぐに病院を受診した方がいい腹痛」の症状に当てはまらなくても、腹痛が何日も続く場合や繰り返される場合は、早めに病院を受診しましょう。 その2:服薬 医療機関で処方してもらう他に、市販薬を上手く使うことで、いち早く腹痛を抑える対処法もあります。 市販薬購入時は必ず、薬剤師に相談して症状にあった薬を選ぶことをおすすめします。 「ガスター10」は幅広く服用されているブロッカーです。 激しい腹痛の場合や薬を服用しても効果がみられない場合は、すぐに医療機関を受診してください。 ウイルスや細菌による下痢や吐き気を抑える市販薬 もし腹痛の原因がウイルスや細菌などの感染による場合、下痢の症状は体内のウイルスや細菌を体外へ排出する行為であるため、むやみに下痢を止めてはいけません。 市販の下痢止め薬をむやみに服用せず、早めに医師の診断を受けてください。 とは言っても、すぐに病院に行けない状況での激しい下痢や吐き気は辛いものです。 そこで感染性の胃腸炎の場合、ゆるやかな作用で腸の運動を改善する漢方薬や腸内の環境を整える整腸剤などの使用がおすすめです。 【正露丸】大幸薬品株式会社 ゆるやかな作用で腸の運動を改善する薬で、腸内環境を整えることで下痢や軟便を改善する薬です。 吐き気や嘔吐の症状改善にも適しています。 5才以上のお子さまから服用が可能です。 【柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)】ツムラ漢方 風邪の中期以降の症状で、腹痛や吐き気を伴う「お腹にくる風邪」に適しています。 風邪だけでなく、胃腸炎に処方されることもあり、臓器の熱や炎症を鎮め、痛みを緩和する漢方薬として知られています。 体力が中程度又は虚弱気味の人に向いている薬です。 【新ビオフェルミンS錠】大正製薬 腸内環境を整える3種類配の乳酸菌を配合した市販薬です。 錠剤タイプと顆粒タイプがあり、錠剤は5才以上のお子さまから、顆粒は生後3か月を過ぎた赤ちゃんから服用できます。 妊娠中や授乳中の服用も問題ないとされています。 その3:家庭での応急処置 医療機関を受診したら、医師の指示に従います。 薬が出された場合は用法、容量を守り服薬を行います。 症状が治まったからといって、自己判断で服用を中止してはいけません。 ではここで、医療機関を受診する前、受診できない場合の応急処置についてご紹介します。 腹痛の応急処置方法 ・楽な姿勢で安静にする 服装を緩め、楽な姿勢をとり、静かな場所で安静にしましょう。 ・胃痛の症状がある場合は右側を下にして寝る 胃から腸への出口は体の右側にあります。 なので胃痛の症状がある場合は右側を下にして寝ると、食べたものが腸の方へ流れやすくなり消化促進の効果につながります。 ・吐き気や嘔吐の症状がある場合は横向きに寝る 幼い子や高齢の方は仰向けの状態でいると、もし嘔吐した場合に嘔吐物が気道を閉塞してしまう可能性があります。 横向きに寝かせてあげることで嘔吐物を詰まらせないようにしましょう。 ・下痢による脱水予防のため水分を補給する 体内の水分とイオンがバランスよくとれるスポーツドリンクやイオン飲料などがおすすめです。 この時、冷たいものは胃腸を刺激しやすいので、常温のものか少し温めるとよいです。 昔から「お腹が痛い時は温めるといい」と聞きます。 お腹を冷やしたことによる下痢や便秘が原因の腹痛には、お腹を温めるのも効果があります。 ・痛むお腹の場所を手の平で温める 手の平を、お腹の痛む場所にそっと当ててあげるだけでポカポカ温まり楽に感じます。 「手当」といわれるゆえんですね。 ・手の平でおへそ周辺をマッサージする 便やガスがたまってお腹が圧迫されて痛い場合は、手の平でおへそ周辺をゆっくり「の」の字を書くように優しくマッサージすると楽になります。 腹痛の原因がハッキリしない場合では、お腹を温めることは控え、医師の診断を受けてください。 その4:突然の下痢、便秘や冷えによる腹痛の対処法 急にお腹が痛くなった時、すぐトイレに行ける状況であれば、まずトイレに行きましょう。 下痢を伴う突然の腹痛の場合は、体内の毒素を排出しようとする体の防衛本能が働いている可能性があります。 下痢止め薬などを飲み、むやみに下痢を止めてしまうと、体内にある毒素が排出されず健康を害する可能性もあります。 しかしそうは言っても、電車の中だったり、会議中や授業中、出先でトイレが見つからないなど、いつでもトイレに行ける状況ばかりではありません。 そこで、突然の下痢と腹痛でトイレに行けない場合や便秘や冷えによる腹痛の時など、お腹が痛い時にすぐできる対処法をいくつかご紹介します。 ここがポイント! 気持ちを楽にしリッラクスすることで痛みを和らげるための深呼吸です。 息を吸う出す時間は、ご自身が苦しくなく楽にできる秒数で行ってください。 大腸は右外側にあり腸内の流れは時計回りですので、手の平で大きな「の」の字を書くイメージで反時計回りにゆっくり優しく大きくマッサージしましょう。 大腸は右外側にありますので、手の平で大きな「の」の字を書くイメージで時計回りに大腸に沿ってゆっくり大きくマサーッジしましょう。 丹田を温めることで内臓の動きが良くなり、体温も上がりポカポカして、お腹の痛みも少しずつ和らぎます。 冷えによる腹痛や生理痛におすすめです。 また、内臓が温まると腸の活動も促進されますので、便秘の時にもお試しください。 ハンカチなどで包むか衣服の上から使用し、長時間の使用は控えてください。 腹痛や便の状態など、症状に従って消化の良い食事をとるようにしましょう。 食べ物は基本的に温かく、柔らかいものが適しています。 おかゆや煮込みうどん、柔らかく煮た野菜などがおすすめです。 逆に脂肪分の多いものや刺激物、食物繊維の多い野菜類は控えましょう。 なお、下痢の症状がひどい場合の食事は便と同じ柔らかさのものが基本になります。 重湯やおかゆなど、お腹に負担をかけないもので経過観察します。 1日3食を規則正しく、適量を守って食べることが腹痛の予防に大切です。 また日頃から食物繊維を意識してとると便秘予防になります。 エアコンの効いた室内では、上着や膝かけなどで体温調節を行うとよいです。 また、体を内側から冷やさないために冷たい飲み物は控えましょう。 お気に入りの入浴剤でゆっくりお風呂に入る、好きな本を読んだり音楽を聴く、愛猫や愛犬と遊ぶ、寝る前に軽くストレッチを行うなど、1日のうち少しの時間でも簡単にできるストレス解消法を持ちましょう。 まとめ:「腹痛を緩和する6つの対処法」 いかがでしたか?「腹痛の治し方」をテーマにご紹介させていただきました。 最後にもう一度6つの対処法について確認してみましょう。

次の