キャッシュレス還元 雑収入。 キャッシュレス決済のキャッシュバックは雑収入

確定申告で要注意! キャッシュレス・ポイント還元の仕訳はどうするの?|Bizpedia

キャッシュレス還元 雑収入

令和元年10月1日より消費税増税。 これに伴ってキャッシュレス還元額の経理処理について、企業側は対応に苦慮している。 そして会社勤めの会社員もきっとすぐに同じ思いをするだろう。 キャッシュレス還付金のなのか、還元額なのか?ポイント還元なのか?? っというわけで、 緊急で記事を書きたかったのだが、10月1日に記事が間に合わなかった。 10月2日 午後14時45分 国税庁電話相談センターへ架電。 結論:還元額を差し引かずに精算可能。 還元額を差し引いて支給し、区分経理する場合は還付額を雑収入などに計上し、不課税売上へ! 質問内容 キャッシュレス還元額についての具体的な処理方法 Q:経費の精算を従業員が立替払いをする場合などにおいて、コンビニなど、即時還元額が差し引かれる場合や、クレジットカード払い時に後日還元される場合など、多様な対応がとられているが、会社の経費精算は、 還元される前の合計額で行ってよいか? A: 原則としてそこまで明確に処理をしなくても問題はない。 従来から、クレジットカードやポイントカードを使用した際に区分して精算していた場合は、そのやり方を続けてほしい。 経産省の方でいろいろ考えているようであるが、現状では、 具体的に特別新しい方針などは出ていない。 キャッシュレス還元において、従業員が若干の利得を得る場合も考えられるものの、カードの会費負担などは個人で行われている場合など、その利得の権利が必ずしも会社にあるとは言い難い。 会社のカードで購入した場合や、会社の電子マネーを利用した際は適切に経理処理をしてほしい。 とのこと。 電話に出られた方も多くは言わなかったが、厳密には言わないけど、経産省が言ってるからぶっちゃけ聞かれたら困るオーラを勝手にに感じ取った。 なお、キャッシュレス還付額そのまま従業員が得ていても。 区分して処理しないないからといって、 税務調査時は特別文句を言われることはないとのこと。 恣意的に調整するようなことだけなければ問題はありません、とのお返事は心持、小さめの声に感じた。 精算書などで申請する場合は、できれば別々に記載してもらえると親切だが、レシートを経理がみて経費精算する中小企業は多いだろう。 これにキャッシュレス還元額を厳密に処理する場合さらに仕訳が煩雑に・・・・なるよね もはや経費精算だけで無駄に工数のかかる作業だが、これこそ最強の労力の無駄遣い。 働き方改革?おいしいのそれ?っとなる瞬間。 さて、大人の事情でテーマを追加して キャッシュレス決済は日本経済に影響を与えるか? これはあくまで主観であるが、大きめの声で言いたいのであえて書かせてもらう。 これはやりたくてもシステム上の問題や、カード会社の審査などの問題、システム導入費が高額な場合で、導入が難しい場合、公平にキャッシュレス還付金として得られるのか?? 利益を受けたくてもハードルが高すぎて、個人商店などは、処理が煩雑なだけでなく、高齢の方などで、キャッシュレス決済などに理解があまりない方が多い。 会計的に言えば、売上=即現金収入が減るわけで、売掛金勘定が増える可能性が高い。 これは、たかだか2%の増税は売上代金の半月分を売掛金にするという、なかなかの金額になる。 特にもともと資金繰りに余裕のある会社ばかりではないため、かなり苦労するだろう。 一消費者では絶対に意識しないが、資金繰り担当者は覚悟した方がいい。 これによって倒産に追い込まれる会社も少なくはないと思う。 加盟店が売上規模が比較的に小さい手数料率が高くなるため、中小企業にとってはダメージがでかい。 顧客に理解を得るためにカード決済手数料と明示して請求することができない(禁止されている)。 なお、販売価格自体をかえることは違法性はない。 顧客の利用するカード会社によっても手数料率も異なることや、独占禁止法の兼ね合いもあり、かなり嫌な予感がする。 中小企業へのカード決済利用料が半強制的に増加する場合、現金・預金の流通が一時的に絞られることになり、消費が落ち込むなどの瞬間的な経済へダメージを与える可能性がたかい。 これは一か月もすれば解消する問題ではなく、経常的に売掛金部分は増加することで、会社の預金や現金を拘束することになり、解消されるものではない。 また、これにより在庫圧縮せざる得ない場合もあり、売れ行きは悪化し、資金力がない企業は倒産に追い込まれるリスクが高い。 もはやいじめのような。 キャッシュレス決済などによる余波はときに個人商店のような小さい会社からダメージを大きくうけ、経済的弱者から先に倒れていく。 被害が大きくなったころようやく対策が引かれ、大企業は被害が大きくなることはなく、中小企業の犠牲の上リスクが小さくもなる。 今回の増税の影響はここに書いてあるだけでは到底すまない事象がまだまだ懸念されている。 リスクの話をすれば書ききれないが、自分の身は自分で守る時代に突入しているようです。 ちなみにフランチャイズ加盟店は、レジ交換に300万円かかり、廃業せざる得ないという記事がでていた。 これは、単なるレジではなく、在庫管理システムと連動したレジのため、もちろんかなりの金額を請求される。 リースを組んでまでレジを買っても、高齢者のオーナーさんはお店をたたむ決断をしたのではないでしょうか。 レジが300万円!たかすぎる!!っというコメントも多くみたが、レジ単品では10万円から30万円程で購入できるが、これが、3台4台になれば当然出費も多い。 さらに在庫管理システムまでシステム負担がある。 これはかなりつらいですね。 文中、キャッシュレス還元額や還付額といった表現がまざっております。 正式な名称があるのかが現在わかってません。 後日更生します。 全国の経理担当者の皆様へ 経費精算の際は、精算表などを添付して精算するようなところは従業者からの請求にご注意ください。 あとから訴求してやり直すなど、非常にやっかりな話になります。 キャッシュレス還元額はただでさえ軽減税率の影響で仕訳が煩雑になるのに加えて忘れがちな論点です。 従業員からすでに鬼電が来ている方もいるかもしれませんが、じっくり対処しましょう。 ちなみに、意味わかんないから全部現金精算で頼む!ってところもあるかもしれませんが、あくまで無視して合計で処理できますので、なるべく節約しましょう。 みんな少しでもお得になれるようであればそれにこしたことはないではありませんか。 最後に一句 法人税 減らして増えた 消費税 軽減税で 負担増.

次の

キャッシュレスのポイント還元の経理処理はどうしたらいいのか?

キャッシュレス還元 雑収入

キャッシュレスポイント還元の仕訳 キャッシュレスポイント還元を受けた際の仕訳について、具体的な仕訳例を示すと、次のようになります(税込経理方式の場合)。 【具体例】 事業で使用する消耗品11,000円(税込み)を店頭で購入した。 【仕訳】 借方 金額 貸方 金額 消耗品費 11,000 現金 10,450 雑収入 550 上記の仕訳のように、借方の消耗品費は、キャッシュレスポイント還元を受ける前の金額(11,000円)で計上し、還元額を雑収入で収益計上することになります。 レジで実際に決済したのは10,450円ですが、これをこのまま費用計上するのではないところがポイントです。 雑収入として仕訳を入力する際、摘要には、「キャッシュレス還元額」などと記載しておきましょう。 還元部分の消費税は「不課税」 上記の仕訳では、キャッシュレスポイント還元により値引きを受けた部分を「雑収入」という勘定科目で計上しました。 キャッシュレスポイント還元の部分は、消費税取引上、 不課税取引に分類されます。 消費税における不課税取引とは、そもそも課税の対象とならない取引のことで、消費税の課税対象の要件である「国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡」等に当たらない取引のことです。 例えば、国外取引、対価を得て行うことに当たらない寄附や贈与、補助金、給与、保険金、出資に対する配当などが、不課税取引になります。 キャッシュレスポイント還元「以外」の仕訳 キャッシュレスポイント還元ではない、通常の還元(たまったポイントを使用した値引きなど)を受けた場合は、次のように仕訳を行います。 【具体例】 上の例と同様に、11,000円の消耗品を購入する際に、5%(550円)の値引きを受けたケースです。 そのため、もともとの還元前の金額と値引きを受けた額が、この仕訳だけからは分からなくなっています。 基本的には、この仕訳で問題ありません。 ただし、もともとの金額と値引きの額を仕訳上からも読み取れるようにするためには、以下のように仕訳を行うことも考えられます。 2行目の仕訳の摘要には、「ポイント使用による値引額」などと記載しておくと分かりやすいでしょう。 まとめ キャッシュレスポイント還元は、2020年6月までの事業であるため、ここで示した仕訳が必要になるのも、その期間のみです。 ちなみに、キャッシュレスポイント還元事業が終了した後、新たに「マイナポイント事業」というものが開始されます。 マイナポイントの概要はこちらの記事で解説しています。

次の

キャッシュレスのポイント還元の経理処理はどうしたらいいのか?

キャッシュレス還元 雑収入

10月の消費税率の引き上げに伴い、キャッシュレス決済のポイント還元が始まりました。 さて、そうしたポイント還元があった場合、経理処理はどうしたらいいのでしょうか? ポイント還元には4種類あります。 ポイントを付与する・・・使っているカードなどにポイントを付与する• 即時充当する・・・商品などを購入したときに購入額にポイントをすぐに充当して差し引く• 引き落とし時に相殺する・・・カードなどの利用額が口座から引き落とされるときにポイント額を控除する• 例を使ってみていきましょう。 ですから、以下のような仕訳になります。 (ちなみに税込み経理処理が前提です。 「現金」は相殺されますから、現金を相殺すると以下のような仕訳になります。 ちなみに、飲み物の購入は「福利厚生費」として処理したとします。 また、処理は税込み経理処理が前提です。 さて、これとの違いとして、お店独自にポイント分を値引きした場合、どうなるのかも考えてみましょう。 つまり、ポイントを引いた後の金額で処理するわけです。 税法的に言うと次のように表現できます。 キャッシュレスポイント還元・・・ポイント還元の控除前の金額を課税仕入れにする お店独自のポイント値引き・・・ポイント控除後の実際支払額を課税仕入れとする キャッシュレスのポイント還元は、別の言い方をすれば、経理処理上は値引きではないということで、ここに経理処理の特徴があるわけです。 上記のキャッシュレスのポイント還元の仕方は、国税庁が公表している「即時充当によるキャッシュレス・消費者還元にかかる消費税の仕入れ税額控除の考え方」によっています。 参考にしていただければ幸いです。

次の