ラブライブまとめチャンネル。 ラブライブの声優一般オーディション!アニメのメインキャストになれる!

ラブライブ! #1

ラブライブまとめチャンネル

ラブライブ! のラッピングが施された車両(・ ) 音ノ木坂学院を舞台に活動するスクールアイドルグループ「 (ミューズ)」を主人公としたシリーズ第1作であり、シリーズの人気を確立した作品である。 サンライズから『電撃G's magazine』編集部に美少女系企画の共同制作の提案があり、『G's』サイドから提案した3パターンのうち、サンライズも以前から検討していた「アイドルもの」が採択された後、音楽要素が必要ということから、『G's』が過去に手掛けた『』にも関わったランティスの参画が決まった。 その最高位はランキング167位であった。 こういったワンマンライブやリリースイベントなど担当声優による精力的な活動を通じて、CDもリリース毎に売上を伸ばしていった。 2013年には設定を一新したテレビアニメを放送、翌2014年にテレビアニメ第2期を放送、翌2015年に完結編となる劇場版が公開された。 テレビアニメ化後は女性ファンも増え 、2015年初冬の5thワンマンライブではのスタジアムモードで2日間に渡って開催して延べ7万人以上の観客を動員するに至った 他、第66回NHK紅白歌合戦に出場を果たすなど社会的な認知も上がっていった。 による小説シリーズ「School idol diary」が刊行されたのもこの時期である。 また、『G's』2015年12月号を持って、それまで最長であった『』を抜き、『G's』で最も長く連載している読者参加企画となった。 2015年末のファイナルシングル「」発売、「最後のワンマンライブ」と発表された2016年4月のワンマンライブ開催以降も、『G's』誌上の連載や『』シリーズの展開、出演声優陣の各種イベント出演など、作品・キャラクター・声優の活動は現在も継続中である。 前述のとおり、男性読者の多いアニメ・ゲーム雑誌である『G's』の美少女系企画として始まった本作であるが、ほぼ女性キャラクターのみが登場する作品としては女性ファンの比率が高い印象があり、その理由として、アイドル活動を通してぶつかる様々な壁を努力によって乗り越えて絆を深めていく、いわゆる「」的な青春ドラマの要素が本作にはあり、男女を問わず共感して応援できるコンテンツとして受け入れられたのではないかという点が指摘されている。 また、主人公・穂乃果の実家のモデルとなったなど、コラボレーションは行われていないが、実在の店舗や名所がモデルとなったり劇中に登場したりすることもあり、取り分けテレビアニメに登場した際は、で確かめることができる。 このポイントは、商品に封入されるなどされたトレーディングカードに付属しており、集めることで希少な景品と交換できるものであった。 カード自体も、『G's』の読者投稿コーナーで採用されなければ獲得できないもの、複数の種類からランダムで封入されたものなどがあり、蒐集品の側面を持っていた。 以下、特に断りのない限り、以下の略称を用いる。 ラブライブ! Scool idol diary — 小説• 鴇田アルミによる漫画 — 漫画• および - テレビアニメ• — スクフェス• ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~ — アケフェス、スクフェスAC• ラブライブ! スクールアイドルフェスティバルALL STARS — スクスタ ストーリー 漫画については「」を、テレビアニメについては「」を参照 にある、ごく普通の女子高校の「 音ノ木坂学院(おとのきざかがくいん)」。 地域の人々の想い出に育まれた歴史と伝統あるこの学院も時代の流れには勝てず、3年後に迫る学校統廃合の危機に瀕していた。 そんな中、9人の生徒が立ち上がる。 彼女たちは、自らがアイドルとして活動し、学校の名を世に広め、入学希望者を増やそうと考えたのだ。 今、少女たちと、まだ見ぬファンのみんなで叶える物語=スクールアイドルプロジェクトが始まった。 登場人物 主に基礎設定、複数のメディアで共通する設定を記述する。 各メディア固有の設定は別途記述する。 特記ない限り、付記されたはテレビアニメにおける担当を指し、また声優の付記がないキャラクターは、アニメ・ボイスドラマ等、音声を伴う媒体での台詞が一切ない。 一部のサブキャラクターは、演出により顔の一部が描写されない。 国立音ノ木坂学院 読みは「こくりつおとのきざかがくいん」。 漫画での通称は「音ノ木(オトノキ)」、アニメでは専ら「音ノ木坂学院」と呼ばれる。 高坂穂乃果などが通う、、、という3つの街のはざまにある伝統校。 女子校であり、現在入学希望者は少なく廃校の検討が発表されている。 『G's』では、明治期から始まり、創立115年を数える名門校として、地域ナンバーワンを誇っていた。 制服はテレビアニメが始まるまで統一されておらず、冬服の青のブレザーのみが共通しており、ネクタイやスカート、夏服のワイシャツ等はキャラクターによって色や形が異なっていた。 テレビアニメ開始以降は、テレビアニメに準じている。 テレビアニメでは、1年生は1クラス、2年生は2クラス、3年生は3クラスとなっている。 ネクタイの色は学年ごとに固定されており、1年生は水色、2年生は赤色、3年生は緑色。 部活は同好会でも設立には最低5人必要だが、その後は5人以下になってもいい。 学園祭での講堂の使用はで決めるのが昔から伝統となっている。 上ではとして分類される名称だが、本作ではが設立・運営するに近い性格を持ったとして描写されている。 第1期にて廃校は撤回された。 漫画では、序盤の冬服は『G's』の初期版に準じているが、夏服はテレビアニメに準じた統一パターン(色はモノクロのため不明)となっている。 部活動の新規申請の要件として、最低人数が9人となっている。 本作の主人公グループ。 音ノ木坂学院を入学希望者の減少による廃校から救うため、学校の宣伝を目的として結成されたスクールアイドルグループ。 グループ名の読み「」はに由来する。 またグループ内で3人ずつのミニユニットに分かれての活動もしているが、言及されるのはCD収録のボイスドラマのみで、テレビアニメ、漫画、小説でのミニユニット活動の描写はない。 (活動の詳細はを参照)。 第1回「ラブライブ!」では開催前に棄権、第2回「ラブライブ!」では優勝を果たし、絵里・希・にこの卒業を機に、解散した。 続編となるテレビアニメ版『』では、直接登場することはないものの、主人公グループ・Aqoursの面々が憧れる伝説的な存在として描かれている一方、音ノ木坂に形に残るようなもの(記録や、優勝の記念品)を一切残していないと、現役の生徒に言われている。 漫画『』では、構成は不明だが3人から活動を開始し、第1回「ラブライブ!」で優勝した。 音ノ木坂学院の廃校問題には言及されていない。 『電撃G's magazine』2010年11月号でユニット名公募企画が行なわれるまで、作品タイトルの「ラブライブ! 」をユニット名として、誌面やCDで使用していた。 各メンバーの血液型、身長、スリーサイズ、誕生日、イメージカラー、点呼番号、各メディアでの加入順は「」を参照。 高坂 穂乃果(こうさか ほのか) 声 - 、(英語) 『ラブライブ!』のメイン。 16歳の高校2年生。 一人称は「私」、「穂乃果」。 好きな食べ物はいちご、嫌いな食べ物はピーマン。 何事にも一生懸命な頑張り屋で、非常に社交的であり、初めて会う人にも臆することなく接する。 実家は老舗の和菓子屋「穂むら」 で、たまに店番もしている。 メンバーの名前を呼ぶ時は「ちゃん」付けで呼ぶが、一部メディアでは花陽を「かよちゃん」と呼ぶ。 ミニユニットでは「Printemps」にリーダーとして所属。 家族構成は『電撃G's magazine』では祖母、父親、母親、2つ下の妹の5人暮らし。 他のメディアでは、妹の設定が一部異なる(後述)。 演じる新田は、穂乃果のことを「前を向いているような、それでいて並んでくれているような、ほんとに太陽のような存在だなあってすごく思います」と表現している。 漫画 一年時は剣道部に所属。 学院の廃校が発表された際に、自身が剣道の大会で優勝して話題になればと廃校を回避できるのではないかと考え、張り切って東京都新人大会で優勝するも話題にはならず失敗に終わる。 そんな中でスクールアイドルが人気であることを知り、次の手段として、剣道部を辞めてスクールアイドルグループを結成することを決める。 「ラブライブ! テレビアニメ 物語開始当初は部活には所属していなかった。 祖母と母が音ノ木坂学院の卒業生であり、学院に愛着を持っている。 第2期では絵里の後を継ぎ、生徒会長となる。 スクフェス 基本属性はスマイル属性。 日夜活動を続ける中、スクールアイドルの祭典、スクールアイドルフェスティバルに参加することに。 イベント本番では「タカラモノズ」を披露。 日頃の練習の成果もあって、最高のパフォーマンスをすることができた。 アニメではほとんど描写はなかったが、穂むらの手伝いで忙しい時があり、その時はメンバーに助っ人を頼むこともある。 絢瀬 絵里(あやせ えり) 声 - 、エリカ・リンドベック(英語) 17歳の高校3年生。 一人称は「私」、「エリチカ」。 好きな食べ物はチョコレート、嫌いな食べ物は梅干とのり。 漫画とテレビアニメ第1期、スクフェスでは生徒会長を務める。 何事も楽しむ主義の明るい性格。 今まで本気で物事に取り組んだことはないが、アイドル活動には情熱を燃やしている。 ロシア人の祖母(声 - )を持つで、子どもの頃は「かしこいかわいいエリーチカ」と呼ばれていた。 基本的には常識人で、個性の強いメンバー達のフォロー役に回ることが多い。 メンバーの名前を呼ぶ時は、敬称略で呼ぶ。 ミニユニットでは「BiBi」にリーダーとして所属。 家族構成は『電撃G's magazine』では弟が2人、テレビアニメではという妹がいる。 漫画・小説でも妹がいるが、名前が亜里沙なのかも、同居しているのかも不明。 演じる南條は、絵里のことを「けっこうしっかりしていて、でも人知れず女の子らしいかわいいところもある」「『絵里だってすごくかわいい部分あるんだから!』とずっと思って演じ続けてきた」と述べている。 漫画 幼い頃からオトノキの学区に住む、穂乃果・ことり・海未の幼馴染で、穂乃果にとって憧れの存在。 穂乃果たちの熱意に感化され、加入。 A-RISEと勝負をすることが決まるまで、彼女たちのパフォーマンスを見たことがなかった。 バレエの経験者で、A-RISEでさえ素人にしか見えないと評した。 ハンバーガーやゲームセンターを知らない世間知らずとして描写される。 小説 日本生まれだが、物心つくころには、父親の仕事の都合で近くの、祖母の故郷に住んでいた。 祖母はオトノキのある街で、ロシア料理店「赤いサラファン」を営む。 母親はロシアに住んでいる。 南 ことり(みなみ ことり) 声 - 、(英語) 16歳の高校2年生。 一人称は「私」、「ことり」。 好きな食べ物はチーズケーキ、嫌いな食べ物はにんにく。 穂乃果の幼馴染で、母親は音ノ木坂学院の理事長。 周囲から天然ボケと言われるドジっ娘で、特にボイスドラマでその傾向が見られる。 アイドル活動に自信はないが、歌ったり踊ったりするのは好き。 服飾とイラストが得意で、ライブの衣装のデザインや製作、ライブ告知のポスターのメンバーの似顔絵イラストを描いている。 また、前頭部の髪が折れ曲がるように盛り上がっており、この部分は、母親の髪形にも表れている。 メンバーの名前を呼ぶ時は「ちゃん」付けで呼んでいるが、一部メディアでは花陽を「かよちゃん」と呼ぶ。 ミニユニットでは「Printemps」に所属。 家族構成は『電撃G's magazine』では姉と妹がいるとされ、小説では一人っ子とされ、漫画・テレビアニメでは言及されていない。 演じる内田は、ことりのことを「ふわっとして甘くて柔らかくてマシュマロみたいな雰囲気の女の子」と表現している。 漫画 穂乃果のスクールアイドル活動の誘いに最初は不安がっていたが、「かわいい服が着放題、作り放題」という穂乃果の誘い文句に心を動かされ、加入。 ライブの衣装デザインや製作、ダンスステップの考案を担当する。 第2期では生徒会に参加した(役職不明)。 髪色が作中で明言されたことはないが、アニメ上の髪色を再現したないしの髪色が非公式に「ことりベージュ」として作品を抜け出した知名度になっている。 小説 生まれつき左足の膝が弱く、5歳の頃にした手術の痕がコンプレックスだったが、穂乃果と海未の計らいで払拭した。 園田 海未(そのだ うみ) 声 - 、キラ・バックランド(英語) 16歳の高校2年生。 一人称は「私」。 好きな食べ物は穂乃果の家のまんじゅう、嫌いな食べ物は炭酸飲料。 穂乃果とことりの幼馴染。 家は曾祖母の代からこの街に住むの であり、そういう家庭環境に育った影響で、常に敬語を用いている。 落ち着いた雰囲気を持つが、勝負事では1番を目指す競争力の高さや気概も持ち合わせている。 PVでは投げキッスをすることが多い。 メンバーの名前を呼ぶ時は、敬称略で呼んでいる。 ミニユニットでは「lily white」にリーダーとして所属。 家族構成は『電撃G's magazine』では歳の離れた弟がいるとされている。 小説では姉がいる。 映画では母親が登場している。 漫画 一年生では、穂乃果と共に部に所属し、アイドル部に所属する際に退部した。 テレビアニメ 部に所属し、アイドル研究部所属後も兼任。 妄想癖の傾向があり、ポエムを描く趣味から、作詞を担当。 第2期では副生徒会長を務めた。 星空 凛(ほしぞら りん) 声 - 、フェイ・マタ(英語) 15歳の高校1年生。 一人称は「凛」。 好きな食べ物はラーメン、嫌いな食べ物はお魚。 ハードルとサッカーを得意とするスポーツ少女。 物事のやり始めが遅く、少し泣き虫だが、元気はあり余っている。 好きな動物は猫で、言葉の語尾に「にゃー」をつける。 ミニユニットでは「lily white」に所属。 家族構成は『電撃G's magazine』では姉が2人いるとされているが、他のメディアでは登場していない。 映画では母親が登場している。 メンバーに対して、花陽は「かよちん」、他は「ちゃん」付けで呼んでいる。 漫画 穂乃果たちの中学時代からの後輩で、穂乃果に妹同然に可愛がられている。 穂乃果が始めたスクールアイドルグループには率先して参加している。 テレビアニメ 花陽とは幼馴染みで親友だが、他のメンバーとは劇中で初対面。 通常は制服の下に着るベストを着ていない。 クールな真姫と引っ込み思案な花陽を持ち前の元気さで引っ張る1年生組のムードメーカーで、気分が高揚すると「テンション上がるニャー!」と叫ぶのが定番。 ダンスが得意。 花陽との出会いやエピソードはよく覚えていないらしいが、よく泣かせてしまっていたらしい。 小さなころに花陽と一緒に仔猫を助けたことがあり、その一件から語尾に「ニャ」をつけるようになり、助けた仔猫も飼う気であったが、猫アレルギーが判明し飼うことができなかった。 西木野 真姫(にしきの まき) 声 - 、ケイトリン・グラス(英語) 15歳の高校1年生。 一人称は「私」。 好きな食べ物はトマト、嫌いな食べ物はみかん。 クールな雰囲気を持つ少女。 総合の院長夫妻を両親に持ち、両親の後を継いでを目指そうと様々な習い事を学んで来た。 彼氏いない歴は15年。 『G's』やボイスドラマなどではややナルシストかつ唯我独尊的な言動が目立つが、漫画やテレビアニメでは周囲に本心を見せないクールな少女として描かれる。 メンバーの呼び方のほとんどが、メディアごとに異なる(後述)。 ミニユニットでは「BiBi」に所属。 家族構成は、全メディアにおいて一人っ子となっている。 漫画 に入学したかったが、両親の勧めで強制的に音ノ木坂学院へ入学。 成績や体裁ばかり気にする両親を「俗物」と嫌悪している。 同じくUTX学園への編入を狙うにこに誘われてスクールアイドルグループへ参加した。 メンバーに対して、凛へは敬称略、花陽へは「かよちん」、絵里へは「エリー」、他のメンバーは「ちゃん」付けで呼んでいる。 作曲を担当。 メンバーに対して、にこへは「ちゃん」付け、他は敬称略で呼んでいる。 指で髪の毛を弄る癖がある。 医師である両親の後を継ぐため音楽活動を諦めるリアリストである一方、サンタクロースが実在していると信じている無垢(悪く言えば常識知らず)な人間でもある。 東條 希(とうじょう のぞみ) 声 - 、ローラ・ポスト(英語) 17歳の高校3年生。 一人称は「ウチ」。 好きな食べ物は焼肉、嫌いな食べ物はキャラメル。 出身ではない が、関西地方の方言を話す。 くじ引きなどでは決して悪い結果にならない強運の持ち主で、占いやスピリチュアルパワーなどに凝っており、特に占いが得意。 ミニユニットでは「lily white」に所属。 漫画 生まれも育ちも秋葉原だが、関西地方の方言を話す。 部員が自身1人の超常現象研究会が廃部の危機になる。 その後、絵里に引き抜かれ、自身の水晶玉占いの結果、メンバーと運命共同体になると出たため、アイドル同好会に統合する形でスクールアイドルグループに加わる。 テレビアニメ 第1期では生徒会副会長を務め、会長の絵里とは親友。 普段は巫女として で手伝いをしている。 英会話が得意。 メンバーに対して、絵里は「えりち」、にこは「にこっち」、他は「ちゃん」付けで呼んでいる。 小説 テレビアニメと同じく両親は転勤族で、1人暮らしをしている。 転勤により様々な地域の言葉が混ざった結果、自然と関西地方の方言で話すようになった。 小さなころから他人には見えないものが色々と見えていたが、成長するにつれて見える頻度が減っている。 小泉 花陽(こいずみ はなよ) 声 - 、ザンザ・ハイン(英語) 15歳の高校1年生。 一人称は「花陽」、「私」。 好きな食べ物は白いごはん、嫌いな食べ物はなし。 聞き上手だが、話しかけるのは苦手な引っ込み思案な少女で、運動や歌はあまり得意でないと自虐的になっているが、持ち前の努力で克服している。 子供好き。 凛とは幼馴染。 ミニユニットでは「Printemps」に所属。 メンバーを「ちゃん」付けで呼んでいる。 家族構成は『電撃G's magazine』では兄が1人いるが、他メディアでは一人っ子。 映画では母親が登場している。 漫画 穂乃果たちの中学時代からの後輩。 凛に半ば強引にスクールアイドルグループに引き込まれ嫌がるが、花陽の膝の擦り傷に、ことりが絆創膏を貼って優しく手当てしてくれる姿に感動してスクールアイドルへの参加を決意する。 花陽までの4人がファーストライブでの初期メンバーとなる。 テレビアニメ 冬制服時にこげ茶色のタイツを着用する。 アイドルの話になると饒舌になるアイドルマニア。 加入前は眼鏡をかけていたが、加入後にコンタクトレンズへと変える。 小説 母親はアイドル候補生だったが、花陽の父親となる男性と出会ったため、アイドルとなることはなかった。 その件がきっかけで、花陽自身は赤ちゃんモデルとして事務所に登録されていたことがある。 凛とは幼稚園からの付き合い。 好きな遊びの違いで一緒に遊ぶことはなかなかなかったが、困ったことがあるとお互いに助け合う仲である。 矢澤 にこ(やざわ にこ) 声 - 、(英語) 17歳の高校3年生。 一人称は「にこ」、「私」。 好きな食べ物はお菓子、嫌いな食べ物は辛いもの。 おしゃれが好きで、色々な衣装を着られると思い、アイドル活動に参加。 9人の中でも突出した派手好きで、踊るのは大好きであるが、歌はいまいち。 漫画・小説では語尾に「ニコ」をつけたり、名前が「矢澤ニコ」と表記されることもある。 ミニユニットでは「BiBi」に所属。 メンバーでは唯一、アニメやMV等で幼少期の姿が描かれなかったが、2018年の『スクールアイドルフェスティバル』の企画で、初めて登場した。 メンバーを「ちゃん」付けで呼ぶ。 2年生まではスクールアイドルを続けようとしたが、3年生になった後でスクールアイドル活動を諦めかけていた。 極端なほど自意識過剰で、第三者の前ではアイドルとして振舞うが、メンバーの前では見栄っ張りの毒舌家としての本性が現れる。 行動が裏目に出るボケ役だが、アイドルという存在に対しては真摯な思いを持つ。 秋葉原のマンション住まいで、漫画や小説のような家庭環境かどうかは言及されていないが、お嬢様育ちの真姫に嫉妬する言動をすることがある。 メンバーに対して、原則敬称略で呼んでいるが、真姫を「真姫ちゃん」と呼ぶこともある。 小説 母子家庭で育ち、経済的に良くない家庭環境に対してコンプレックスを抱いている。 公式プロフィールのバストサイズは「74cm」となっているが、実は3cmごまかしており、実際は「71cm」であることが判明した。 口癖の「にっこにっこにー」の元になったのは幼少期に父親が歌っていた歌であり、父親からもらった笑顔で世界中に笑顔を振りまいて世界で一番幸せなアイドルを目指すと決めている。 メイドカフェでアルバイトをしている。 漫画でも、登場人物の会話で言及されている。 学院(漫画では学院長)。 娘がで働いていることは知らない。 山田 博子(やまだ ひろこ) 声 - テレビアニメ、スクフェスに登場。 音ノ木坂学院の女性。 クレジット表記では「先生」と表記されており、本名は不明であったが、スクフェスで本名が明らかになった。 女性教師(名前不明) 漫画に登場。 元々は希に弱みを握られて超常現象研究会の顧問をしていたが、入学者減少による同好会格が消滅することに伴い、研究会とアイドル部が合併したことにより、アイドル部の顧問となる。 本人は顧問活動に積極的でなく、アイドル部の活動に顔を出している様子はない。 ヒデコ、フミコ、ミカ 声 - (ヒデコ)、(フミコ)、(ミカ) テレビアニメ、スクフェスに登場。 穂乃果の同級生で友人。 ショートヘアの女子がヒデコ、ポニーテールの女子がフミコ、おさげで小柄の女子がミカ。 アルパカ 声 - (オスとメス同時二役) テレビアニメ、スクフェスに登場。 学院で飼われているオスの白いアルパカとメスの茶色いアルパカ。 本作のグッズ等に起用されている、アイコン的存在の一つ。 ことり、花陽には懐いているが、絵里とは相性が悪く、唾を吐きかけている。 上記のほか、担当の男性教師・猪木、担当の男性教師・北村、をすぎた担当の男性教員・ピーターソン(以上、小説)、数学担当の男性教師・安田、古文担当の女性教師・丘野、音楽担当の女性教師・酒井(以上、漫画)が、登場人物によって言及されている。 現在も生徒をたくさん集めている。 その校舎はビルをモデルにしている。 漫画版では「-学園」、テレビアニメ版では「-学院 」と校名が異なり、また漫画版では共学 、テレビアニメ版では女子校と異なっている。 A-RISE(アライズ) 漫画、テレビアニメに登場。 UTX学院の3人組の看板アイドルグループ。 綺羅 ツバサ(きら ツバサ) 声 - 高校3年生。 A-RISEのリーダーとしてセンターポジションを担う少女。 小柄な体型ながらキレのあるダンスをこなす。 おでこがチャームポイント。 統堂 英玲奈(とうどう えれな) 声 - 、(英語) 高校3年生。 大人っぽい雰囲気を持つ長身の少女。 クールなたたずまいから女性ファンが多い。 優木 あんじゅ(ゆうき あんじゅ) 声 - 高校3年生。 分厚いぱっつん前髪に巻き髪という姫ギャル系少女。 甘い小悪魔ボイスが特徴的。 UTX関係者 生徒会長(名前不明) 漫画に登場。 UTXの生徒会長を務める。 オトノキの生徒会長である絵里とは近隣の高校による合同会議等で顔を合わせることが多く、何かと突っかかってくる。 高飛車で、生徒数の少ないオトノキを馬鹿にしている。 絵里のことは多少認めており、彼女がUTXに入学していれば、と思っている。 穂乃果の妹で、姉とは異なる現実的なしっかり者。 漫画 中学2年生。 音ノ木坂が廃校となることから、人気のUTXへ入学したいと考えているが、一方で姉や母が通った音ノ木坂に通いたいとも思っている。 テレビアニメ 中学3年生。 実家ではショートパンツを履いている。 寝る前にを顔に貼るなど美容にもうるさい。 当初はUTX学院を志望校にしていたが、穂乃果達のスクールアイドル活動の影響から、音ノ木坂学院を志望校に変えており、映画では亜里沙と共に音ノ木坂学院に入学している。 穂乃果には時折苦言を呈することもあるが、基本的には仲良し。 絵里の長話に居眠りしてしまうなど根本的には姉に似ている。 穂乃果の母 声 - 漫画、テレビアニメ、劇場版に登場。 屋「穂むら」を夫と共に営む。 音ノ木坂学院の卒業生であり、生徒会長を務めた。 普段は優しいが、和菓子に関しては厳しい。 一方で店番中に和菓子をつまみ食いしていたりなど娘たちに似た部分も見受けられる。 穂乃果の父 テレビアニメ、劇場版に登場。 和菓子屋「穂むら」を営む和菓子職人。 穂乃果のアイドル活動を応援しており、ライブを見に来ることもある。 真姫の母 声 - 漫画、テレビアニメ、劇場版に登場。 総合病院の院長夫人。 漫画 看護師。 夫と共に、真姫の意志を無視して、彼女を音ノ木坂に入学させた。 世間のアイドルをみっともないと思っている。 真姫から「俗物」と嫌悪されている。 テレビアニメ 医者。 娘の真姫に様々な習い事をさせている。 ことりの母とは旧知であるような描写がある。 真姫の父 小説、漫画、劇場版に登場。 他のメディアでも存在は言及されている。 総合病院の院長。 小説 コミカライズでは、眼鏡をかけた男性として描かれる。 妻と同様、娘の真姫に様々な習い事をさせている。 テレビアニメ テレビアニメ2期ではサンタクロースを信じる真姫にサンタからのメッセージを書いていることが言及されている。 劇場版で彼女を空港まで送っている。 絢瀬 亜里沙(あやせ ありさ) 声 - 絵里の妹。 漫画、テレビアニメ、劇場版に登場。 漫画 年齢不明。 絵里の部屋に飾られている写真のみに登場している。 テレビアニメ 中学3年生。 ロシアの暮らしが長いため日本の生活に疎い人物として描かれる。 同学年の雪穂とは親しく、音ノ木坂入学後はスクールアイドルとして、共に活動した。 絵里の両親 漫画で絵里の部屋に飾られている写真のみに登場。 にこの母 声 - テレビアニメ第2期13話(最終回)から登場し、劇場版にも登場。 にこの卒業式にこころ・ここあ・虎太郎を連れて音ノ木坂学院に来ていた。 矢澤 こころ(やざわ こころ) 声 - 徳井青空 にこの妹。 年齢は作中では不明。 テレビアニメ・小説・漫画にて登場。 テレビアニメ 矢澤家の次女。 にこと瓜二つな容姿だか、向かって右側にツーサイドアップをしている。 年上年下関係無しにへと敬語で接する性格 であるが、姉であるにこに対する敬愛感が強く、にこがやっているスクールアイドル活動を応援している。 1アイドル」であり、他の8人はバックダンサーである、というホラ話を信じていた。 小説 ここあとは双子の姉妹関係。 矢澤 ここあ(やざわ ここあ) 声 - 徳井青空 作中での年齢は不明。 テレビアニメ・小説・漫画にて登場。 テレビアニメ 矢澤家の三女。 矢澤姉妹の中では唯一、茶髪のツリ目が特徴。 向かって左側にツーサイドアップをしている。 こころ同様、姉思いな場面があり、「宇宙No. 1アイドル」であるにこと他の8人はバックダンサーである、というホラ話を信じていたり、ライブを成功させるエールを送っている。 小説 こころとは双子の姉妹関係。 矢澤 虎太郎(やざわ こたろう) 声 - 徳井青空 テレビアニメと劇場版 に登場。 矢澤家の長男で末子。 作中での年齢は不明。 のんびりとした性格の為、作中での口数は少ない。 海未の母、花陽の母、凛の母 劇場版に登場。 それぞれ劇中歌「」パートのみの登場。 海未・花陽・凛が描かれた団扇を持っている。 その他の人物 アキバレポーター 声 - テレビアニメに登場。 秋葉原のイベントで実況などを担当する女性レポーター。 第2期第6話において、秋葉原で開かれるスクールアイドルのハロウィンイベントのインタビュアーとして初登場。 次作『』にも登場。 女性シンガー 声 - 劇場版に登場。 海外にて迷子になった穂乃果をホテルまで案内する。 また帰国した穂乃果の前にも現れる。 穂乃果以外のメンバーが認識していない、穂乃果が見た幻想的な風景にも現れるなど、不可思議な存在として描かれている。 読者参加企画 本作品では、『電撃G's magazine』の読者や本作品のファンの投稿や投票によって展開を左右したり、クイズ形式の企画が行なわれた。 本節では代表的な企画を紹介する。 ユニット 本作品に登場するスクールアイドルグループのうち、ヒロイン全員による「」、3人ずつで構成されるミニユニット「Printemps(プランタン)」「BiBi(ビビ)」「lily white(リリー・ホワイト)」のユニット名は、いずれもユーザーからの公募で決定されている他、ミニユニットのメンバー構成は、高坂穂乃果、絢瀬絵里、園田海未をリーダーに据えた3人構成という条件のもと、製作側が提示した5つの構成案から、ユーザーによる投票で最多得票のものが選ばれている(下表参照)。 それぞれのユニットのメンバー構成や発表楽曲は、「」や「」を参照。 一部は実際にテレビアニメ等で使用された。 ラブライ部 G's課外活動 〜のぞまきえり〜 『電撃G's magazine』2011年7月号から2014年5月号まで連載。 『G's』誌上における、本作品のファンページ。 東條希、西木野真姫、絢瀬絵里が担当する。 ユーザーから投稿された文字ネタやイラストを掲載する。 Vol. 10(2012年5月号)からはカラーページだけでなくモノクロページでも展開されるようになった。 主要コーナーは以下の通り。 グッズ開発室 - 『ラブライブ!』にまつわるグッズのアイデアを投稿する。 ギャラリー - 『ラブライブ!』を題材にしたイラストを投稿する。 2013年2月号で終了。 あの娘をプッシュ! 2013年2月号で終了。 愛活日誌 - 『ラブライブ!』のために行なったファン活動報告を投稿する。 2013年2月号で終了。 教えて! 担当メンバーは各回で交代する。 2013年3月号より開始。 2013年3月号より開始。 ラブライ部員の掲示板 - フリートーク。 2013年3月号より開始。 『のぞまきえり』に代わる、新しいファンページ。 主要コーナーは以下の通り。 FAN ART - イラスト投稿。 教えて! School idol diary リクエスト募集 『電撃G's magazine』2014年7月号にて実施。 2017年現在、結果発表等は行われていない。 公式イラストレーターの一人・清瀬赤目によるイラストを用いたグッズ案を公募。 グッズは本誌や姉妹誌の付録、プライズ景品などとして販売された。 結果発表スケジュールは参照。 作詞や衣装などの段階でファンの意見を取り入れ、1曲の楽曲を製作する。 製作された楽曲は「」。 製作の流れは参照。 スクールアイドルクエスト 『電撃G's magazine』2015年9月号から2016年6月号まで連載。 ノベルと連動したクイズ企画で、完全正答するとノベル冒頭の見開きイラストを使用したグッズを景品として貰えた。 投票企画 ここでは、ユーザー投票によって決定したダンスフォーメーションでのポジションやイメージガール、投票によらないポジションやユニット構成等を記載する。 :日本語版• :英語版• :簡体字中国語版• :繁体字中国語版• キャラ撮! 対応するフィーチャーホンのカメラ機能により、キャラクターとの合成写真を撮影出来るアプリケーション。 GPSによるユーザーの位置情報と時間帯によって、撮影出来るキャラクターが変化する。 キャラクターの変化時間は毎時0分・15分・30分・45分。 2010年8月13日からサービス開始。 同年8月15日までは周辺で、アイドル衣装キャラとの撮影可能。 同月16日以降は・・周辺で制服キャラクターとの撮影可能。 同年9月30日以降は全国で制服キャラクターとの撮影が可能になった。 総選挙 全ヒロインを対象とした投票。 投票時期などに関しては。 その他、待受画像、待受画像、着ボイスが配信されている。 漫画 ラブライブ! 『電撃G's magazine』2011年12月号のプレ連載を経て、2012年1月号から2014年5月号まで掲載。 以降は『』に移籍して連載していたが、Vol. 10(2015年3月号)での掲載を最後に編集部都合による休載が続き、その後『電撃G's magazine』に再移籍して2016年3月号より連載を再開。 その後、2017年11月号を最後に長期休載となっている。 あらすじ 国立音ノ木坂学院を閉校の危機から救うため、高坂穂乃果は剣道部の活動に打ち込んでいた。 しかし大会で優勝しても、状況が好転するほど大きな話題にはならなかった。 失意の穂乃果は秋葉原を訪れ、音ノ木の生徒数減少の一因である最新校・UTX学園を目にする。 同校の擁する校内アイドル「A-RISE」に魅了された彼女は、音ノ木の知名度を上げるため、剣道部を辞めて自分もアイドルになると言い出す。 幼なじみの南ことり、後輩の星空凛と彼女に引っ張られてきた小泉花陽がすぐに賛同した。 同じ剣道部だった園田海未は穂乃果の変心を責めたが、彼女が真剣であることを見て取ると、自らも仲間に加わる。 しかし彼女たちにとっての最後のチャンスというべき、全国アイドルクラブコンテスト「ラブライブ!」に参加するためには、9人の部員と顧問をそろえて正式な部活を発足させねばならなかった。 (第1巻) 超常現象研究会の会員を集められなかった東條希が顧問つきで合流し、「ラブライブ!」の優勝者に与えられるUTX学園の無試験編入枠を狙う西木野真姫と矢澤にこが加わったことで、必要な人数はあと1人になった。 一同は絢瀬絵里に期待をかけるが、彼女は生徒会長職の多忙を理由に誘いを断る。 そんな中、近隣校の生徒会による合同会議で音ノ木坂をバカにされた絵里は、学校を救うための行動をしなくていいのかと自問し始める。 期待と不安に胸を膨らませるメンバーだが、アップロードの翌日に待っていたのは、メンバー以外の誰もPVに投票していないという非情な現実だった。 A-RISEの実力を知るにこは、搦め手の勝負方法を提案するが、絵里と穂乃果の考案で「匿名での新曲発表による動画再生数勝負」「学校宣伝パンフレットによる知名度上昇度勝負」「音ノ木坂・UTXの生徒を50名ずつ招いてのステージバトル」の三本勝負を行うこととなる。 その勝負のための新曲を任された真姫だが、知らず知らずにプレッシャーを受け、スランプ状態に陥ってしまう。 (第4巻) 何とかスランプを抜けた真姫が曲を完成させ、作業は作詞担当の海未にバトンタッチされる。 しかし、匿名曲の片方がA-RISEだというネットニュースのせいで、勝負はA-RISEに軍配が上がる。 (第5巻) 書誌情報• (原作)・鴇田アルミ(作画)・室田雄平(キャラクターデザイン) 『ラブライブ!』 KADOKAWA〈〉、既刊5巻(2017年5月27日現在)• 2012年9月27日発売、• 2013年6月27日発売、• 2014年5月27日発売、• 2016年9月27日発売、• 2017年5月27日発売、 ラブライブ! School idol diary シリーズ 後述のを原作とした漫画化作品。 ただし、性格やビジュアル、口調などがテレビアニメに準じている部分もある。 ラブライブ! School idol diary 『電撃G'sコミック』Vol. 1より連載中。 作画:おだまさる。 小説第1期(穂乃果編から絵里編)を原作としている。 書誌情報• 公野櫻子(原作)・おだまさる(作画)・室田雄平(キャラクターデザイン) 『ラブライブ!』 KADOKAWA〈〉、既刊4巻(2017年3月27日現在)• 01 〜穂乃果・ことり・海未〜、2014年9月27日発行、• 02 〜真姫・凛・花陽〜、2015年2月27日発行、• 03 〜希・にこ・絵里〜、2015年8月27日発行、• 04 〜真姫・花陽・ことり・海未・にこ〜、2017年3月27日発行、 ラブライブ! School idol diary セカンドシーズン 『電撃G'sコミック』2016年4月号より連載開始。 作画:柴崎しょうじ。 書誌情報• 公野櫻子(原作)・柴崎しょうじ(作画)・室田雄平(キャラクターデザイン) 『ラブライブ! School idol diary セカンドシーズン』 KADOKAWA〈〉、既刊3巻(2018年3月10日現在)• 1(2019年7月1日発行)より連載開始。 作画:。 『電撃G's magazine』2016年7月号より連載された「Special Edition」(未単行本化)を原作としている。 書誌情報• 公野櫻子(原作)・たかみ裕紀(作画)・室田雄平(キャラクターデザイン)『ラブライブ! School idol diary Special Edition』KADOKAWA〈〉、既刊1巻(2020年6月7日現在)• 製作はどちらも。 PV CDに付属するDVDに収録されたPVは、2D作画との合成アニメーションとなっている。 5 - 6分程度の短いアニメに通常の30分作品以上の予算と手間がかけられており、2Dと3Dを高いレベルで融合させた高品質なものに仕上がっている。 また、このPVでキャラクターたちが披露するダンスをライブイベントのステージ上で担当声優たち自身が実演し、楽曲ごとに異なる各キャラクターのポジションやフォーメーションをも含め、ほぼ完全に再現する点が見どころになっている。 生身では困難とも思えるアニメ劇中の動きを実現させるため、演者たちには一般的なライブ以上に密度の濃い特訓が課せられることもあるという。 続編として2015年6月13日に映画『 』が公開された。 ゲーム コンピュータゲーム 2013年よりサービス開始。 ラブライブ!School idol paradise 用リズムアクションゲーム。 2014年8月28日、「vol. 1 Printemps」「vol. 2 BiBi」「vol. 3 lily white」の3タイトルがより発売。 開発は。 各章の末尾には、日誌を書いたメンバー以外のメンバーから寄せられたコメントが添えられている。 また、いずれも漫画化されている()を参照。 また、がファイナルライブを行った直後に発売された『G's』2016年6月号掲載の予告を経て、翌2016年7月号から2017年9月号まで「Special Edition」(略称「Sid SE」)が連載された。 こちらは2019年現在、未単行本化。 公野櫻子(著)室田雄平、音乃夏、清瀬赤目(イラスト)、KADOKAWA アスキー・メディアワークス• 『ラブライブ! School idol diary 〜高坂穂乃果〜』、2013年5月30日発行、• 『ラブライブ! School idol diary 〜園田海未〜』、2013年6月30日発行、• 『ラブライブ! School idol diary 〜南ことり〜』、2013年7月30日発行、• 『ラブライブ! School idol diary 〜西木野真姫〜』、2013年8月30日発行、• 『ラブライブ! School idol diary 〜小泉花陽〜』、2013年9月30日発行、• 『ラブライブ! School idol diary 〜星空凛〜』、2013年11月30日発行、• 『ラブライブ! School idol diary 〜矢澤にこ〜』、2013年12月27日発行、• 『ラブライブ! School idol diary 〜東條希〜』、2014年1月30日発行、• 『ラブライブ! School idol diary 〜絢瀬絵里〜』、2014年4月5日発行、• 『ラブライブ! School idol diary 〜始まりの新学期〜』、2020年1月30日発行、 コラボレーション 2015年度GT300出場車両(写真左) タイトルや法人名で五十音順に列挙する。 『』(2015年9月1日 - 10月31日、11月1日 - 2016年1月11日) - とのコラボレーションで、1回目は対象曲を総計300万回歌い、2回目はスマートフォンを使って、全国採点GPで総計3000万点を目指す企画を実施。 『』 - 劇中にも実名で登場。 が発売するガチャガチャ「神田明神縁起物」に東條希の絵馬がラインナップされている。 また2015年5月に行われるともコラボレーションを行い、コラボレーションポスターの制作や記念グッズの販売、祭の開催と映画公開を記念したとのコラボレーション企画も実施された。 『』 - が開発・運営するソーシャルゲーム。 コラボイベントを現在開催している。 コラボイベントでは男性主人公(グラン)でもプレイが可能だが、『サンシャイン!! 』と同じく、こちらでも「作中の世界観に合わせ、主人公の性別を女性に変更してコラボイベントをお楽しみいただくことを推奨します。 」と表示されている。 1足につきブロマイド1枚がついてきた。 『』(2016年1月19日 - 3月21日) - ファミリーレストラン『ココス』とのコラボレーションで、対象のコンボセットを注文すると限定グッズがプレゼントされる。 なおこれらのねぶたは同年9月に開催された『2015』各会場でも展示された。 ではPACIFIC RACING TEAM with としてドライバーにD1のレジェンドドライバーを招聘し2014年(NACラブライブ!86 with BRIDE FALKEN))で、2015年はかつての野村の代名詞でもあったER344ドアで参戦。 『』(2015年6月13日) - 劇場版公開記念として、『』の衣装を着たハローキティグッズを劇場版を上映している映画館で販売。 2018年のサンリオとのコラボレーションの詳細は『』を参照。 『』(2014年2月24日 - 3月30日) - ピザハットとのコラボで、ピザハット神田店が期間中「ピザハット音ノ木坂店」となり、配達用バイクがラブライブ!仕様となる。 また、音ノ木坂店で持ち帰ると、特製クリアファイルがプレゼントされるほか、同期間中に開設されるWEB支店からオーダーすると抽選で週替わりでプレゼントが当たる。 『』 - 対象商品を購入することでクリアファイルがもらえるなどのキャンペーンを実施。 またローソン限定で、()のラブライブ!コラボ仕様「たまごとツナ」が発売された。 歴史 号数は『電撃G's magazine』のもの。 2010年7月号 本作の予告を掲載。 2010年8月号 プレストーリー、登場人物紹介(公式サイト掲載のものと同じ)、企画展開説明を掲載。 2010年9月号 プレストーリー第2回「Prologue Story ; 2」、ヒロインからのメッセージ、人気投票開催告知を掲載。 2010年8月13日 - 15日 78にて、ファーストシングル「」夏コミ限定を販売。 携帯サイト『電撃G'sモバイル』にて第1回人気投票を開催(同月31日まで)。 2010年10月号 ファーストシングル発売後のメンバーからのメッセージ、新コスチューム着用メンバーの立ち絵、今後の展開、キャラ撮! 情報を掲載。 2010年11月号 ヒロインの担当を公開。 穂乃果・ことり・希のイラストストーリーを掲載。 グループ名募集企画第1次選考受付開始(同年10月14日まで)。 2010年9月30日 『キャラ撮!』全国サービス開始。 インターネットストリーミング番組『』()に・・・・・がゲスト出演。 2010年12月号 海未・真姫・花陽のイラストストーリーを掲載。 グループ名募集企画第1次選考結果発表、第2次選考告知。 2010年10月30日 『電撃G'sモバイル』特設サイトにて、グループ名募集企画第2次選考投票受付開始(同年11月14日まで)。 2010年11月21日 テレビ番組『』()第204回にて、を除く出演声優8人がコーナー出演。 ニコニコ生放送での出演予告、絵里・凛・にこのイラストストーリーを掲載。 2011年2月号 見開きイラスト、「Snow halation」収録のボイスドラマのワンシーンを再現したイラストノベル、ヒロインからのメッセージを掲載。 第2回総選挙開催告知(12月27日から1月13日まで受付)。 2011年3月号 4ページのイラストノベルを掲載。 3人構成のユニット3組の結成およびユニットシングル3種の発売を発表。 ユニット構成を決定する投票の開催告知(2011年2月1日から同月14日まで受付)。 2011年4月号 3号連続SPECIALグラビア第1弾(矢澤にこ)掲載。 ユニット構成発表。 各ユニットのユニット名募集を告知(2011年3月14日まで受付)。 2011年5月号 各ユニット名およびユニットによるシングルCDの発売日を発表。 3号連続SPECIALグラビア第2弾(南ことり)、国立音ノ木坂学院学園紹介掲載。 2011年6月号 Printemps「Love marginal」特集、3号連続SPECIALグラビア第3弾(東條希)掲載。 誌上ファンクラブ「ラブライ部(仮)」発足告知、投稿受付開始。 2011年5月23日 インターネット番組『ラブライ部 ニコ生課外活動 〜ことほのうみ〜』放送開始。 0を掲載。 2011年5月31日 インターネットラジオ『ラブライ部 ラジオ課外活動 〜にこりんぱな〜』配信開始。 「ラブライ部 G's課外活動 〜のぞまきえり〜」連載開始。 漫画の連載を告知。 2011年8月5 - 14日 秋葉原のキュアメイドカフェにてイベント「ラブライブ!カフェ」を開催。 2011年8月24日 第3回総選挙投票受付開始(同年9月14日まで)。 2011年11月号 第3回総選挙結果発表。 1stライブの告知。 キュアメイドカフェとのコラボレーショングラビア(園田海未)を掲載。 2011年12月号 漫画プレ連載。 1stライブの告知。 2012年1月号 漫画連載開始。 クリスマスガールは絢瀬絵里に決定。 2012年3月号 第4回総選挙の告知。 2012年2月15日 第4回総選挙投票受付開始(同年3月10日まで)。 2012年2月17 - 26日 秋葉原のキュアメイドカフェにてイベント「ラブライブ!カフェ」を開催。 」をで開催。 2012年4月号 デュオ・トリオシングルシリーズの告知。 2012年3月2日 「For smile 韓日友好チャリティーコンサート2012」にPile・飯田・久保が暫定ユニット「KARIP」名義で出演。 2012年5月号 第4回総選挙結果発表。 2012年6月号 西木野真姫(第4回総選挙第3位)特集。 2012年7月号 矢澤にこ(第4回総選挙第2位)特集。 5thシングル告知。 2012年8月号 南ことり(第4回総選挙第1位)特集。 その後も2015年まで4年連続で参加している(詳細は「」を参照)。 デュオ・トリオ曲を含む5曲を歌った。 2012年11月号 テレビアニメ用キャラクターデザイン公開。 「DENGEKI MUSIC LIVE!! 2012年12月号 カバーガールは高坂穂乃果に決定。 2013年1月号 京極尚彦アニメ監督インタビュー。 2013年2月号 『電撃ラブライブ!』刊行予告、冬のイベント物販紹介、『』参戦告知。 2013」を開催。 2013年1月 - 3月 テレビアニメ第1期を放送。 2013年1月25日 - 2月11日 のキュアメイドカフェ、・のWondercafeにてイベント「ラブライブ!カフェ」を開催(Wondercafe 茂原店のみ2月3日まで)。 2013年3月号 カバーガール総選挙の結果により、第1位の穂乃果が表紙のメインとなる。 テレビアニメ第4話までのあらすじ紹介、ダーツガール総選挙の結果によるグラビア(ことり)、によるオリジナル小説刊行などの告知を掲載。 2013年4月号 カバーガール総選挙の結果により、第2位の海未と第3位のにこが表紙のメインとなる。 2013」レポートなどを掲載。 「僕らは今のなかで」「Snow halation」など全3曲を歌った。 漫画は単行本作業のため、休載。 」を開催。 トリを務め、「僕らは今の中で」「僕らのLIVE 君とのLIFE」「夏色えがおで1,2,Jump! 」「No brand girls」を歌った。 2013年8月号 「Next Project」発表。 イラストノベル「secret short cuts」cut 2、小説「School idol diary 〜園田海未〜」の一部を掲載。 「革命ですね?神様!」「スペシャルメドレー(羽は知ってしまったの? ~ 斯くも憂美な日となりて ~ I'll smile for yours ~ コドクの回廊 ~ 閃光Resolution)」を歌った。 2013年9月号 イラストノベル「secret short cuts」cut 3、小説「School idol diary 〜南ことり〜」の一部を掲載。 ユニットシングル特集、3rd ライブレポート、助手席クイーン総選挙ごほうびグラビア、水着フィギュア化決定戦の告知。 2013年10月号 イラストノベル「secret short cuts」cut 4、小説「School idol diary 〜西木野真姫〜」の一部を掲載。 テレビアニメファンディスクの告知。 にいてんごフィギュア化は南ことりに決定。 2013年11月号 小説「School idol diary 〜小泉花陽〜」の一部を掲載。 PS Vitaゲームの告知、コミック連動企画「ラブライブ!」出場ユニット名募集。 水着フィギュア化は絢瀬絵里に決定。 2013年12月号 イラストノベル「secret short cuts」cut 5、小説「School idol diary 〜星空凛〜」の一部を掲載。 2013年11月24日 トヨタ シティショウケースにて、による公式の販売を記念して「ラブライブ!国立音ノ木坂学院公用車お披露目トークイベント」を開催。 2014年1月号 イラストノベル「secret short cuts」cut 6、小説「School idol diary 〜星空凛〜」の一部を掲載。 6th シングル特集、PS Vitaゲームの情報、水着フィギュア化企画イメージイラストを掲載。 2013年12月13 - 14日 「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ハイスコアチャレンジ in 秋葉原」開催。 2014年2月号 イラストノベル「secret short cuts」cut 7、小説「School idol diary 〜矢澤にこ〜」の一部を掲載。 PS Vitaゲーム特集。 2014年3月号 イラストノベル「secret short cuts」cut 8、小説「School idol diary 〜東條希〜」の一部を掲載。 4th ライブ、PS Vitaゲーム特集。 2014 〜ENDLESS PARADE〜」を開催。 2014年4月号 イラストノベル「secret short cuts」cut 9、小説「School idol diary 〜絢瀬絵里〜」の一部を掲載。 テレビアニメ第2期告知、4th ライブレポート、PS Vitaゲーム特集。 2014年3月20日 - 2014年4月16日 にて、Printempsバージョン、lily whiteバージョン、BiBiバージョンの3種類のラッピング車両を運行。 2014年4月 - 6月 テレビアニメ第2期を放送。 2014年5月号 イラストノベル「secret short cuts」cut 10、小説「School idol diary 〜絢瀬絵里〜」の一部を掲載。 小説続刊の告知、全国スクールアイドルユニット名発表。 2014年6月号 付録として「にいてんご 南ことり」を付属。 2014年7月号 付録として「にいてんご 矢澤にこ」を付属。 2014年8月号 付録として「にいてんご 西木野真姫」を付属。 小説「School idol diary」のスペシャルストーリーを掲載。 新曲CD制作、にいてんごの全員フィギュア化決定を発表。 2014年9月号 小説「School idol diary」のスペシャルストーリーを掲載。 2014年8月28日 用リズムアクションゲーム『ラブライブ!School idol paradise』が、「vol. 1 Printemps」「vol. 2 BiBi」「vol. 3 lily white」の3タイトルで発売。 2014年10月号 付録として「ラブライブ! 投票用シリアルコード」を付属。 2014年11月号 ファンミーティングツアー開催地の発表。 また、の「」ではバックダンサーもつとめた。 2014年12月号 付録としてスマートフォン専用「ラブライブ! 南ことりアラームボイス」を付属。 2015年3月号 付録として『ラブライブ!』にいてんご 高坂穂乃果を付属。 LoveLive! 2015 〜Dream Sensation! 〜」を開催。 )・「START:DASH!! 」(第1期第13話ver. )・「それは僕たちの奇跡」(第2期OPのTVサイズver. )の計3曲を歌った。 前述の3曲ともバックの映像にはそれぞれのバージョンのテレビアニメ本編の映像が使われた。 2015年6月号 付録として『ラブライブ!』チケット収納アルバムを付属。 2015年7月号 付録として『ラブライブ!』にいてんご 絢瀬絵里を付属。 2015年6月 2015年6月8日付のオリコンCDアルバム週間ランキングにて、『』が1位を獲得。 2015年6月13日 劇場版アニメを公開。 」の計3曲(いずれもショートver. )を歌った。 ナレーションはことりの母役の。 紅白直前ver. として、12月29日にも放送。 声優の紅白出場は水樹奈々に続き史上2組目であるという。 2016年2月26日 この日発表された第30回において、『』がアニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤーを、本作関連作品が特別賞を受賞。 2017年9月21日 「」(ビジネスデー)のブシロードブースにて行われたラブライブ! スクールアイドルフェスティバル 新情報発表会ステージにて、新田が登壇。 2017年12月2日 Pileの単独ライブ「Pile Live at Budokan 〜Pile feat. ラブライブ! 〜」がにて開催。 なお『ラブライブ! 』の公式イベントではないため、本作品のホームページ等での宣伝はされなかった。 2018年1月8日 「電撃25周年記念 電撃屋冬まつり in 幕張」にて、『G's』誌上で連載していた「」を1冊にまとめた冊子『HISTORY OF ラブライ部! G's課外活動~のぞまきえり~総集編 電撃屋冬まつり限定特典付き』を先行販売。 2018年5月20日 「スクフェス感謝祭2018~Go! シャンシャンランド~in大阪」内「スクフェスシリーズ新情報発表会ステージ」にて新田、三森、飯田が登壇。 2018年8月5日 「スクフェス感謝祭2018~Go! MCの1人として新田が、ゲストとして徳井、三森、内田、飯田が順次出演した。 2019年4月5日 本作品の公式ホームページを含む、シリーズ全体のウェブサイトが閲覧障害が起こる。 詳しくはを参照。 2019年5月30日 「ラブライブ! シリーズ9周年発表会」開催。 新田が出演。 シリーズ9周年を記念した新企画が発表された。 新田、内田、飯田、Pile、楠田が出演。 2019年8月30日 『ラブライブ!総合マガジン』Vol. 2にて、漫画『ラブライブ! School idol diary セカンドシーズン』の「春色バレンタイン」編(作画:柴崎しょうじ)が連載開始。 脚注 注釈• オリコンランキングの推移はを参照。 に実在する老舗和菓子店「」がモデル。 初期のボイスドラマやライブのパンフレットでのコメント、スクフェスで使用。 一方、サブタイトルで「エリーチカ」を採用したこともあるテレビアニメ版の劇中では、一切使用されていない。 関連書籍では「17年」となっているものもある。 『電撃G's magazine』2010年8月号。 「僕らのLIVE 君とのLIFE」ボイスドラマパートでは「高校2年生」と述べていた。 ラブライブ! 「はじめまして-東條希-」『僕らのLIVE 君とのLIFE』ランティス、2010年。 2015年5月10日に放送された『のぞえりRadioGarden』(第71回)において明かされたによる公式の裏設定。 希役の楠田は同番組で、このために英会話学校に行ったことを明かしている。 第2期ではA-RISEは「UTX高校」と発言している。 真姫曰く「礼儀正しい」、凛曰く「正反対」と言われている。 ただし、台詞はなし。 SUPER GTでは通常英文表記を使用しており、システム上半角の""が使用できず、商標である"LoveLive! "の表記が使用できないため"国立音ノ木坂学院"名となっている。 国際映像(レース中継で使用)での略称は"Otonokizaka 911"。 もとから参戦していたエヴァ初号機 2013 だった個体。 2014年SuperGTでは仕様、D1では仕様となっていたが、2015年は同チームのレースクイーン「パシフィックフェアリーズ」の衣装になっていた。 なお、「Snow halation」以外は歌う曲が決まっておらず、生放送中に「僕らは今のなかで」「START:DASH!! 」「それは僕たちの奇跡」の3曲の中から視聴者の生投票によって歌う曲が決められ、1回目の生投票で「START:DASH!! 」、2回目の生投票で「それは僕たちの奇跡」を歌うことが決まった。 当日はfripSideに専念する形を取った。 「公野櫻子インタビュー」『電撃ラブライブ!3学期』、アスキー・メディアワークス、2013年。 ORICON STYLE. 2015年10月13日閲覧。 オリコン 2013年4月14日、2015年5月8日閲覧。 トランジスタ 2015年2月7日. マイナビニュース. 2015年10月11日閲覧。 2015年10月9日. 2015年10月11日閲覧。 2015年8月7日. リアルサウンド映画部. 株式会社blueprint. 2015年9月22日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2015年1月16日. 2015年9月22日閲覧。 2013年1月22日閲覧。 『電撃G's magazine』2011年1月号、、2010年11月30日。 『電撃G's magazine』2010年11月号、アスキー・メディアワークス、2010年9月30日。 ラブライブ! 「はじめまして-絢瀬絵里-」『』ランティス、2010年。 ラブライブ! 「はじめまして-南ことり-」『僕らのLIVE 君とのLIFE』ランティス、2010年。 2015年9月30日閲覧。 『電撃G's magazine』2010年12月号。 ラブライブ! 「登場人物紹介」『「僕らのLIVE 君とのLIFE」ブックレット』ランティス、2010年。 『電撃G's magazine』2012年6月号。 『電撃G's magazine』2012年8月号、2012年。 インターネットストリーミング番組『とりあえず生中(三杯目)』2010年9月30日配信回。 [ ]• 2013年1月22日閲覧。 ラブライブ! 「はじめまして-小泉花陽-」『僕らのLIVE 君とのLIFE』ランティス、2010年。 2013年1月22日閲覧。 原作・公野櫻子、作画・鴇田アルミ 『ラブライブ!』 1巻 アスキー・メディアワークス、17頁。 』第1号。 『電撃G's magazine』2011年8月号。 『電撃G's magazine』2013年7月号。 『電撃G's magazine』2012年5月号。 『電撃G's magazine』2013年1月号。 2013年7月22日閲覧。 『電撃G's magazine』2013年8月号、p. 『電撃G's magazine』2013年10月号、p. 148• 『電撃G's magazine』2013年11月号、p. 『電撃G's magazine』2014年1月号、p. - 電撃オンライン、2013年12月27日、2014年6月12日閲覧。 - 電撃オンライン、2014年1月31日、2014年6月12日閲覧。 - ローソン、2014年4月5日閲覧。 2014年5月26日閲覧。 - バンダイ、2014年8月29日閲覧。 - セガ、2014年9月30日閲覧。 (2015年5月18日時点の) - Amazon. jp、2015年5月18日閲覧。 2017年12月11日閲覧。 『俺嫁コレクション』2012 Merch(SONY MAGAZINES ANNEX 550号)、、2012年3月28日、82頁。。 『』Vol. 1(M-ON! ANNEX 559号)、、2012年10月9日、38-39頁。。 2012年11月30日閲覧。 ラブライブ!公式. 2012年11月30日閲覧。 『電撃G's magazine』2014年4月号、p. KADOKAWA. 2015年7月27日時点のよりアーカイブ。 2018年10月29日閲覧。 電撃G's magazine. com. KADOKAWA 2019年5月30日. 2019年5月31日閲覧。 2018年9月2日閲覧。 2015年8月10日閲覧。 2018年9月2日閲覧。 『電撃G's magazine』2012年10月号。 アキバ経済新聞 2014年12月25日、2015年1月2日閲覧。 2014年12月31日、2015年1月2日閲覧。 1UP情報局. 2018年9月2日閲覧。 Social Game Info() 2019年3月9日配信• 2018年9月2日閲覧。 2018年9月2日閲覧。 2018年9月2日閲覧。 2015年9月21日、同11月26日閲覧。 ,PACIFIC広報ブログ,2014年3月22日• 2018年9月2日閲覧。 2018年9月2日閲覧。 2018年9月2日閲覧。 ねとらぼ 2014年2月14日. 2014年2月14日閲覧。 2018年9月2日閲覧。 2010年11月19日閲覧。 サンライズ. 2011年5月18日. 2012年12月1日閲覧。 『電撃G's magazine』2012年5月号。 2014 〜ENDLESS PARADE〜 パンフレット』p. 2013年1月26日閲覧。 2014 〜ENDLESS PARADE〜 パンフレット』p. 2013年5月30日閲覧。 『リスアニ! 』2013 Jul. Vol. 14(M-ON! ANNEX 通巻570号)、エムオン・エンタテインメント、pp. 176 - 177。 2014 〜ENDLESS PARADE〜 パンフレット』p. 2014年1月5日閲覧。 2014年1月5日閲覧。 2014年1月5日閲覧。 2014年3月28日閲覧。 ORICON STYLE. 2015年12月28日. 2016年1月1日閲覧。 ORICON STYLE. 2015年12月31日. 2016年1月1日閲覧。 ,サンケイスポーツ,2015年11月27日• ,毎日新聞デジタル,2016年2月27日• ,アニメ!アニメ!,2016年2月27日 参考文献 詳細は「」、「」、および「」を参照• 『電撃G's magazine』2010年7月号 - 最新号、 KADOKAWA アスキー・メディアワークス• 『ラブライブ!ファーストファンブック』アスキー・メディアワークス - コミックマーケット82の「夏コミセット2012」初出。 通販・イベント・一部法人専売。 通販・イベント・一部法人専売。 『電撃ラブライブ!』アスキー・メディアワークス - 増刊の雑誌。 2013年1月より全3巻で刊行。 『ラブライブ!コミックアンソロジー』アスキー・メディアワークス〈電撃コミックスEX〉、2013年6月。 『ラブライブ!パーフェクトビジュアルコレクション 〜Smile〜』アスキー・メディアワークス、2013年7月。 『ラブライブ!パーフェクトビジュアルコレクション 〜Dream〜』アスキー・メディアワークス、2013年7月。 『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル 公式ガイドブック』アスキー・メディアワークス、2013年7月。 『』2013 Aug. Vol. 1「『ラブライブ!』音楽大全」〈M-ON! ANNEX 通巻571号〉、エムオン・エンタテインメント、2013年8月。 『ラブライブ! Official compilation book』KADOKAWA - コミックマーケット85の「冬コミセット2013」初出。 通販・イベント・一部法人専売。 『』2014年8月号、 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (Aqours)•

次の

ラブライブの声優一般オーディション!アニメのメインキャストになれる!

ラブライブまとめチャンネル

段取りでは、かおりんの呼び込みで「ともり国」の国王であらせられる「ともりる」こと楠木さんが登場する……という手はずだったのだが、なんとなく配信が始まり、なんとなく楠木さんもトークに加わり、という具合にのっけからグダグ……いやアットホームなノリで展開。 プライベートでも仲良しなおふたりだけあって、かつてないほどリラックスした雰囲気の国王に、王国民も思わずニヤニヤが止まらない。 また、お互いが国王ということもあり、国民たちのコメントも草を生やす(笑っている様子を表現する「wwww」というコメント)代わりに、植物のアイコン「おハーブ」を流すという感じで、どことなく番組全体にロイヤルな雰囲気が漂っている気がしなくもないが気のせいかもしれない。 そんな感じで、開幕から盛りだくさんな第3回配信だが、そのほかにも新企画「目安箱」コーナーが今回よりスタート。 王国民の自由な質問・要望・提案に、かおりんがなんでも答えていくというコーナーなのだが、ここでは「疲れた時の対処法」について語り合うことに。 そこで疲れをごまかすための手段として、目をカッと見開くともりる、思い切り白目をむくかおりんと放送事故寸前の変顔が世界に向けて発信された。 そしてここで大事件が発生! なんと突如、楠木さんのマイクが音を拾わなくなってしまったのだ。 声が発せない楠木さんの動きに対して、かおりんがアテレコを行うというウルトラCな演出を即興で行い場を乗り切ろうとするふたり。 完全にアドリブな展開なのだが、かおりんの声とともりるの身ぶり手ぶりを交えたアクションは、見事にシンクロ。 かおりんのセリフとともりるの唇の動きも違和感がなく、ここに声優の職人技を見たような気がする。 そのほか、かおりんのマイクに声を乗せるべく、ともりるは翌日の仕事に影響が出そうなくらい声を張り上げたり、別企画のために用意されていたダミーヘッドマイクを代用品として使用したりと、生ならではの筋書きのないドラマが次々と展開。 まったく着地点の見えない配信に、誰もが固唾をのんで見守り続けた。 ちなみにダミーヘッドマイクとは、人間の頭部を模した形状のマイクで、立ち位置によって音の聞こえ方がリアルに変わっていくという特殊なマイクである。 結果的に、楠木さんが耳元でささやいてくれる……、というずいぶんと耳が幸せになる配信になったのは、怪我の功名といったところだろうか。 このあたりはぜひヘッドホンを使って番組を視聴していただきたい。 ともあれ最終的に楠木さんにはハンドマイクが用意され、事態はひとまず収束した。 その後は国民の面白コメントを読み上げて、相手を笑わせた方が勝ちという「にらめっこ対決」が行われた。 箸が転がってもおかしい感じのともり王に対し、かおりん国王のポーカーフェイスぶりがいかんなく発揮される名勝負となった。 また、1位が3つ並ぶという結果に終わった国民投票だが、どれが一つに決めねばならないということで、楠木さんも一票投じることに。 その結果、番組のラストに「かおりん国王エンディングソング」をアドリブで披露することが決定した。 芸人顔負け! ドッキリ企画にかおりん絶叫! ドタバタ続きということもあって実に50分弱という長尺となってしまった前半パート。 それに続いて配信された有料の後半パートでは、いろんなメーカーの「うすしお味のポテトチップス」を食べ比べて、商品を当てるという「ききお菓子」に挑戦。 さらにダミーヘッドのそばで食べることで、ASMR動画的な楽しみ方もできるという、一粒で二度おいしい企画となった。 耳元で響くポテチの音と、脳に直接語り掛けてくるようなかおりん&ともりるの音声はまさに一生モノのお宝! これはお金を払ってでも聞いておくべきサウンドだ。 前田佳織里 」でお便りを読んだり、ピンチでも動じずずっと明るく対応してくださったのが印象に残ってます! 初ゲストでたくさんの試練が迫りすまない……という気持ちと、「本当にともり、ありがとう!! 頼りになるよー!」という気持ちでいっぱいなので、次会った時は感謝の気持ちを込めてなにか奢らせてほしいなと思います(笑)。 次またお呼びさせていただく際は、カラオケ大会やともりの得意分野やりたいことをわいわい存分にやりたいですね! またなにより国王へのドッキリには本当にびっくりしました……(笑)。 また王国に遊びにいきたいので、ご招待いただけるように日々がんばります! その時はおみやげに、私お勧めのおつまみをお持ちしますねっ!.

次の

楠木ともりもゲスト出演!前田佳織里公式チャンネル第3回レポ

ラブライブまとめチャンネル

1期・2期と分かれていますが二つで一つの物語です。 メンバー1人1人がとても個性的でカワイイですしそんなメンバーが集まっていく話も時間をかけて描かれていてとても好感がもてます。 そしてスクールアイドルというオリジナリティ溢れる設定もとてもイイ!! 職業としてのアイドルではなく部活としてのアイドルだからこそこんなにもイキイキとした作品になったと思います。 OP,EDを含めて作品中で歌われている曲もスバラシイの一言に尽きます!! ラスト3話はマジで泣けます!! 涙腺の弱い人はハンカチのご用意を!! 今更何か言う必要はないかもしれませんが、一言でいうと、もう一度青春を取り戻せるアニメです。 魅力的なキャラクター達が歌って踊る、また、それまでの努力と挫折・・・ 忘れかけていた青春がよみがえってきて、まるで彼女達を見守っている一番近い存在のような気分になれます。 ライブ終了後にあらためて見直して「ただいま」という気分になってしまいましたw フレッシュで直球的な、良くありそうな歌詞とメロディもありますが、それでも心に響いてしまう。 2015年はラブライブにとって記念すべき年であったに違いない。 5月にリリースされたベストアルバムは、オリコン週間ランキング初登場1位を獲得、11月には、紅白歌合戦に出場することが決定した。 ここまでのプロジェクトに育て上げたキャストや関係者には敬意を表するほかない。 放映当時、私は1話を視聴後すぐに、その面白さを実感した。 特に、キャラクターそれぞれの個性がよく描き分けられていた。 お金持ちツンデレチョロキャラの西木野真姫や徹底したプロ意識だが少しイタイ矢澤にこの2人は、その最たる例である。 面白かった。 アイドル物にふさわしく楽曲は名曲揃いですし、本作が何故人気があるのか今なら非常に良くわかります。 しかしながら、ところどころ差し挟まれるシリアスストーリーには辟易するばかりだ。 特に最終盤の海外留学騒動は、相変わらず花田十輝の悪癖が出ている。 それはどういうことかというと、「誰でもいい」というストーリーになってしまっていることだ。 正直、海外留学するなら誰が行ってもよく、海外に身内がいる絢瀬絵里などの方がむしろ自然だったはずだ。 強いて言えば幼馴染という設定を使いたいなら園田海未でも充分に成立する。 それぞれのキャラクター性を描くことができていないのに、このようなシリアスストーリーを入れても、平坦に話を追っているだけの層には届くまい。 惜しむらくは、変に持ち上げられており「自分の中のキャラクター像」を確立してしまっているファンが多いことだが…。 本来それは作中から与えられるべきものである。 踊りを描くアニメは動きが激しくて作るのは困難とおもいますが、ショートとはいえまるまるステージが描かれているのは驚きです。 他のアイドルアニメで不満に感じていたことが、このアニメで解消されすっかりラブライブにはまってしまいました。 もちろんアニメのキャラも個性的でアニメの中での歌声や仕草が忘れられません。 はまってまだ一月ですが、ブルーレイやCDを購入してしまいました。 ストーリーも一気見出来るほど面白いので、初めて見る方はこの機会にラブライブプロジェクトにはまってください。 AKB0088のアニメも好きですがリアルAKBは好きではありません。 最後の穂乃果の崩れ方がなければ満点でしたが、あれはひどかった・・・アイマスでもはるかが崩れたけど、はるかはみんなのことを思って崩れた。 でも穂乃果は自分のことしか考えてなくて崩れた・・・いくら未熟とはいっても性格の悪さが出た未熟っぷりはいただけません。 各種ランキングでも上位に入らない理由がわかるというか。 わがままで自分勝手と開き直ってたけど、それで許されていいの? うみが殴ってなかったらあそこで見るのをやめたと思う。 ことりと海未とまきちゃんとえりとにこが好きですね。 誰かを幸せな気持ちにするということは、誰かを思いやることという基本を中心の穂乃果が体現できなかったのがマイナス、ほかの子たちはそれができてた上でのすれ違いや意地っ張りなので満点。 で、差し引きハート3です。 曲は良いです! 2作目まで見終わっての感想です。 人気があるのは知っていたけど、作風の先入観で視聴する気にならず。 しかし、他に見るものなかったし、1作目が見放題だったので見てみました。 結果、2作目を購入してまで一気見してしまいました。 道中も最後も、こんなに清々しい気持ちになれる作品は珍しいと思います。 鬱展開なく、ここまで心を振られたことに作品の素晴らしさを感じます。 また、高く評価した作品に対し、続きを見たいと思っていない自分に驚きです。 おそらく、作品としての幕の引き方に充分満足したからだと思います。 人気があることに深く納得しました。 (無理に探し出さない限り)私にはこの作品の欠点が思い当りません。 感想として賞賛しかありません。 正統派の青春ドラマでした。 最近サンライズが取り組んでいるアイドルものです。 私は、ずっと美少女ゲーム原作の何かをアニメ化したとのだと思い込んでました。 そのせいで敬遠していたのですが、勿体無かった。 これも頭一つ飛びぬけている優秀な作品でした。 しかし、タイトルと紹介記事だけ読むと誤解しますよね。 中身はP. Worksテーストですが、ややギャグよりのバランス。 アイカツよりも大人向けですね。 ダンスシーンにはやはりCGが使われていますが、アップではアニメとして書き込まれていて見ごたえがあります。 盛り上がってそのまま綺麗なダンスに繋がるので嬉しいです。 ただ相当良い話が続くので13話では物足りないですね。 作品と比較すると、あちらは完成度が高くて文学のような印象。 こちらはTVアニメの老舗のサンライズらしさが随所に感じられました。 長期化してもずっと楽しめると思えます。 大変お勧めです。 アイドルマスターに似てるかなと思いましたが、 こちらはこちらで違った面白さがあって、10話まで は楽しく見れました。 キャラも可愛く個性的で、仲間になり結束を深めていく 過程も一クールという短い尺の中でよく作られていたと 思います。 ただ、11話から取ってつけたようなシリアス展開が始まり 正直後味悪かったです。 主人公が一人で突っ走って空回りして失敗して全て放り出し て逃げる。 この手の展開というのは良くありますが、果たしてこの作品に 必要だったのか。 仮にやるにしてももう少し話を練りこんで 欲しかった。 結局、最後はこれだけ自分勝手したのにほとんど咎められるこ と無く出戻りして、再スタートで幕を閉じたのを見てモヤモヤした 気持ちになりました。 がんばって観せることも商品だ。 自分はがんばっているはずなのに。 そう思う人が増えてるだろう現代、共感度もより増しているかもしれない。 ごく普通の話として。 観えないがんはりは、空気と同様、存在してても認識されない。 見えないがんばりは、聞こえない音と同じで存在しない。 あたりまえに気づかずに生きている。 でもたとえば 宅〇便で遠くにトラック止めて、わざわざ走って運んで観せたりする。 デカいカートや配送用の自転車で人通りの多い場所を配達して、地球にやさしいエコ配をアピールして観せたりしている。 最初は7人しか客がいなかったけれど、がんばってトップになりました、なんてアイドルグループの話もある。 そうやって、がんばりを、造って宣伝して飾り立てて、見えるように置いてあげると、 なんの疑問も抱かずにたやすく感動したりするから、人の心って不思議だ。 実によく心を捉える造りをしたアニメだと思う。 中学のとき、音楽の得意な女の子が二人で作詞作曲し、歌っていました。 あれがスクールアイドルの芽なのかなと思います。 高校生なら、振り付けや衣装までタッチできるでしょう。 毎日の練習がネックになるか。 アドバイスできる先生は皆無なはずです。 テレビ芸能にみられるアイドルの形は、歌から踊り、衣装まで専門の担当者がいます。 でも、スクールアイドルは全部自分達で作るのですよね。 それだけ大きいし、別次元の苦労があるでしょう。 例えば、プロ野球より甲子園の方が感動したり、高級レストランの味より恋人が一生懸命作った料理の方がおいしかったりする。 技術は拙くても、プロには出せないものってある。 中学のときに聞いた二人の歌は、テレビの歌手やアイドルなど比較にならないくらい心に残りました。 高校生料理が人気なのも、要素としては近いですね。 今後はネットもありますし、実際に出てきそうです。

次の