ワイ モバイル 料金 シュミレーション。 ワイモバイルのスマホの平均料金を算出!月々1,480円は本当?

ワイモバイルのスマホの平均料金を算出!月々1,480円は本当?

ワイ モバイル 料金 シュミレーション

最低利用期間・契約解除料 スマホベーシックプランには最低利用期間・契約解除料はありません。 よって、いつ解約しても違約金は取られません。 一方、2019年9月末までにスマホプランを契約した方は最低利用期間と契約解除料(違約金)に注意が必要です。 スマホプランの 最低利用期間は2年間です。 2年後に訪れる更新月(3か月間)以外に解約する場合は、 税抜9,500円の契約解除料(違約金)がかかります。 これはどのような条件の場合に適用されるのでしょうか。 1,480円は2つの割引後の金額 月額1,480円になるのは契約から1年間のみで、以下の条件を満たした場合です。 スマホベーシックプランSを契約• 新規割が適用• これは、定価(2,680円/月)に、契約から7ヶ月間700円/月の割引になる 「新規割」が適用されるからです。 さらに、「」か「」を適用させることで、月額料金が500円/月の割引になります。 これで月々1,480円の完成です。 ただし、ソフトバンク光とのセットでおうち割を適用する場合、月額500円のオプションへ加入が必要です。 ならオプションは不要です。 家族割の場合、500円割引になるのは2回線目からです。 親回線は割引になりませんので注意してください。 ワイモバイルのメリットは下記記事にも詳しくまとめています 詳細: 通信速度はとにかく速い ワイモバイルの最大のメリットは通信速度が速いことです。 正直、格安SIMの通信速度はドコモ・au・ソフトバンクと比べてかなり遅いです。 通常は3Mbps、お昼は0. 5Mbpsくらいが一般的です。 (ドコモはお昼でも40Mbpsとか) しかし、 ワイモバイルの通信速度は非常に快適です。 他から回線を借りて運営するMVNOではなく、自社回線を持つMNOの強みですね。 私も実際に通信速度を計測しましたが、最も回線が混雑する12時半頃でも25Mbpsを超えていました。 詳細: 格安SIMの通信速度が不安な方も、ワイモバイルなら安心だと思います。 おうち割でさらに安く ワイモバイルの大きなメリットのひとつに、光回線である ソフトバンク光とのセット割引「おうち割」の存在が挙げられます。 ワイモバイルのスマホを契約している方が家のネットを「ソフトバンク光」にすると、毎月のスマホ料金が割引になります。 よって、家族3人でプランMを契約していれば、毎月スマホ料金がさらに2,100円安くなります。 もともと安いスマホ料金を更に安くできるのがワイモバイルの魅力です。 詳細記事: ソフトバンクWi-Fiスポット無料 冒頭で解説したとおり、ワイモバイルはソフトバンクやヤフーのグループ会社です。 そのため、 ワイモバイルを契約するだけでソフトバンクやヤフーのサービスを無料または格安で利用できます。 私が考える最大のメリットが、ワイモバイルの契約者は全員、全国の公衆無線LAN 「ソフトバンクWi-Fiスポット」を使えることです。 私も活用していますが、使えるポイントが多く、速度も快適です。 他にも、ヤフープレミアム会員費(月額500円)が無料になったり、雑誌読み放題が無料になったりします。 詳細記事: キャリア決済・キャリアメール ワイモバイルは キャリア決済「ワイモバイルまとめて支払い」が使えます。 キャリア決済とは、WEBサービスや通販などで発生した請求を、スマホ料金とまとめて払う事ができるサービスです。 キャリア決済が使える格安SIMは、ワイモバイル・UQモバイルなどごく一部です。 また、ワイモバイルではキャリアメールも無料で使えます。 キャリアメールとは「~ docomo. jp」「~ softbank. jp」といった、キャリア独自のメールアドレスですが、 ワイモバイルも「~ yahoo. jp」というキャリアメールが使えます。 ちなみに、UQモバイルにもキャリアメールのサービスがありますが、 ワイモバイルは無料なのに対し、UQモバイルは月額200円のオプションサービスです。 特に以下の2点はかなり大きなデメリットですのでよくお読みください。 私はWi-Fi環境下にいる事が多くあまりデータを消費しないのでそこまで困りません。 しかし、月によるデータ容量の変動を吸収できないため、月末になると通信制限がかかっている方は大きなマイナスポイントです。 この点はライバルの「UQモバイル」の方が優れています。 詳細: 大容量データプランがない 最近、3大キャリア・格安スマホを含めたスマホキャリア各社では、30GB・50GBといった大容量データ通信プランができています。 しかし、 ワイモバイルはスマホベーシックプランRの14GBが最大です。 2019年10月まではスマホプランLの21GBが最大でしたが、10月以降は14GBに減りました。 データをガンガン使う方は物足りないかもしれません。 ワイモバイルで得する人・損する人 結局、私が考えるワイモバイルがおすすめな方、おすすめではない方は以下の通りです。 こんな人にYmobileはおすすめ <おすすめの人>• それほどスマホは使わない• かけ放題は不要• 少しでも料金を安くしたい• 頻繁にキャリアを買える• データ繰り越し機能が必須 本記事で解説した通り、 ワイモバイルの料金プランは他社に比べて少々高いです。 「スマホはそれほど使わないので料金を1円でも安くしたい」という方は他の格安SIMのほうがおすすめですね。 また、データ繰り越し機能がないことも欠点です。 似た料金プランのです。 私がワイモバイルを選んだ理由 私がワイモバイルを選んだ理由は大きく「通信速度が快適」「キャリア決済・キャリアメールが使える」「おうち割で料金を下げられる」という3点です。 最大の理由は通信速度です。 私は他社の格安SIMも契約していますが、ワイモバイルの通信速度は本当に快適です。 SNSや動画を見るのにストレスを感じたくない方はワイモバイルにしましょう。 また、個人的に利用しているサービスで「キャリア決済」「キャリアメール」が必須だったことも大きな理由です。 「キャリア決済」「キャリアメール」が必須のサービスは多くありませんが、必要な方はワイモバイルかUQモバイルにしましょう。 光回線とのセット割ができる格安SIMは限られますし、ワイモバイルはセット割による割引額が大きいのもメリットです。

次の

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランを実際に使っている私が徹底解説

ワイ モバイル 料金 シュミレーション

プランS 3GB :2,680円• プランM 9GB :3,680円• プランR 14GB :4,680円 はS・M・Rの3種類で、プランSから順番に1,000円づつ高くなっています。 データ容量は通常3GB、9GB、14GBですが、「データ増量無料キャンペーン」でそれぞれ 4GB、12GB、17GBまで使うことが可能です。 つまり、最安で 1,480円・2,480円・3,480円で使うことができるのです。 ワイモバイル料金を他社と比較 ワイモバイルのスマホプランの料金は3キャリアや他の格安SIM会社の料金と比較して安いのでしょうか。 実際の料金を比較してみましょう。 ドコモとの比較 まずはdocomoの料金プランと比べてみましょう。 表示している本体代金は24回の分割料金です。 単純計算で、5,000円近く安くなる計算です。 年間で比べれば数万円の差が出てきます。 また、かけ放題の時間もワイモバイルのほうが長く、その点でもワイモバイルにメリットがあるといえるでしょう。 docomoの契約で月額料金が高いと感じている方は、ワイモバイルへ乗り換えてみてはいかがでしょうか。 auとの比較 続いてはauです。 表示している本体代金は24回の分割料金です。 ワイモバイルのスマホプランSと比較すると、毎月 3,000円弱お得であることがわかります。 ソフトバンクとの比較 SoftBankでは、2019年9月13日より新プランの発表を予定しています。 契約期間および契約解除料がかからないプランです。 表示している本体代金は24回の分割料金です。 ワイモバイルのスマホプランSと比較すると、毎月 6,000円以上お得であることがわかります。 月額料金自体はワイモバイルのほうが安いのですが、より大容量の高速データ通信を行いたい場合は、SoftBankのほうが快適に使える可能性もあります。 UQ mobileとの比較 出典: 出典: ワイモバイルの料金プランの内容と、それらがキャリアに比べてどれくらいお得なのかがおわかりいただけたかと思います。 続いては特に、ワイモバイルのライバルとして比べられるとの料金を比較していきましょう。 いずれも人気の格安SIM会社ですが、月額料金を抑えながら格安SIMにありがちな通信速度が速い点が評価されています。 格安SIMはキャリア回線の一部を借りるという方法で、回線をユーザーに提供します。 その一部の回線をユーザーで分け合うため月額料金が抑えられる代わりに、キャリアに比べて通信速度が遅くなってしまうというデメリットがありました。 しかし、ワイモバイルもUQ mobileも、ともにキャリアに劣らない通信速度で快適なネット環境が安く手に入ります。 UQ mobileとワイモバイルの料金表を比較してみると以下の通りになります。 mobile ワイモバイル 3GB 1,980円 1,480円 9GB 2,980円 2,280円 21GB 4,980円 3,980円 ワイモバイルとUQ mobileでは、価格面でワイモバイルが勝ります。 ただし、UQ mobileがワイモバイルと異なる点が2つほどあります。 1つは、UQ mobileには「ウルトラギガMAX」という月額6,360円データ容量の上限がないプランがある点。 ここには、国内通話料金も含まれています。 格安SIM会社と比較してしまうと、少々価格が高く感じるかもしれませんが、モバイルルーターを別で契約したり、キャリアと契約したりする場合に比べるととてもお得です。 ちなみに、UQ mobileでは月内で使わなかったデータを翌月に繰り越すこともできます。 これはワイモバイルにはない嬉しいポイントでもあります。 これが適用された場合、うまく組み合わせると、最安1,080円から最大1年間はそのままの料金プランで利用できます。 念の為、UQ mobileと料金を比較してどれくらいお得なのか見ていきましょう。 料金表は以下の通りです。 よって、端末を新規で契約する予定がない方で、とにかく月額料金を抑えたいという方には、ワイモバイルはとてもおすすめできます。 ただし、データの繰り越しができない、容量無制限のプランがないため慎重に選んでいきましょう。 で、より詳しく紹介しています。 [キャンペーン] ワイモバイルデータプランの料金シミュレーション ワイモバイルではタブレットなどデータ通信専用デバイス向けの「 データプラン」も提供しています。 こちらも他のサービスと比べて本当に安く使えるのか、料金シミュレーションをしてみましょう。 シンプルに3つしかないので、月にどのくらいギガを使うかで選ぶことができます。 契約から半年間は、「新規割」で月700円割引されます。 プランSは月額2,680円なので、新規割を適用すると1,980円で利用可能です。 さらに、全ての料金プラン に10分以内の通話かけ放題がついています。 普通10分かけ放題は別料金のオプションとなっていることが多いので、無料でついているのはありがたいですね。 通信制限時は最大128kbpsが一般的ですが、プランMとRのみ最大1Mbpsまで速度が出ます。 最大1Mbpsあれば、YouTubeの標準画質の動画が視聴可能です。 言い換えると、ギガを使い切っても最大1Mbpsで使い放題になるということです。 最大1Mbpsまで出れば色々なことができると思うので、通信制限でイライラすることもなくなりそうですね。 「料金シミュレーション」では、新規・乗り換えなどの希望の手続きと希望プラン・希望機種を選ぶと、 機種代金も含めた毎月の支払い料金がわかります。 どちらも大手キャリアや他の格安SIMプランとの比較などはできませんが、ワイモバイルで実際に支払う金額のイメージがしやすいでしょう。 この記事を読んでワイモバイルに興味がでてきたら、契約をする前に念のため料金シミュレーションをしてみるといいかもしれません。

次の

「Y!mobile(ワイモバイル)」の新料金プランはお得? 3つのポイントでチェック【2020年最新版】

ワイ モバイル 料金 シュミレーション

ご契約月は当キャンペーンの割引対象外です。 ご契約後対象外プランへの変更や解約された場合、本キャンペーンの適用外となります。 最大10回線。 「家族割引サービス」と「おうち割 光セット(A)」の併用はできません。 一部、があります。 通話料・メール送信料 通話料 スマートフォン、ケータイ、固定電話(IP電話含む)への国内通話について、下表の料金が適用されます。 10 分以内の通話 無料 10 分超過の通話 20円/30秒(10分超過分のみ)• 1回あたり10分を超える国内通話は、10分超過分において、30秒につき20円の通話料が別途かかります。 「着信転送サービス」における転送先への通話は、ご利用の料金プランに応じた通話料がかかります。 国際ローミング・国際電話(海外への通話)・留守番電話センターへの通話料(再生)やナビダイヤル(0570)・テレドーム(0180)・番号案内(104)などは、当サービスにおける無料通話の対象外です。 (「スーパーだれとでも定額」にご加入の場合は無料となります。 )また、1回あたり16時間を超える通話については、切断させていただく場合があります。 mobileのオンライン料金案内でご確認いただけます。 ・ 事前にワイモバイルの許可なく、電話機を機器や設備に接続して利用すること。 ・ 通信の媒介、転送機能の利用、または他社が提供するサービスへの接続などで通信による直接収入を得る目的で利用すること。 ・ 特定の協定事業者に係る電気通信設備に対し、一方的な発信または機械的な発信により、一定時間内に長時間または多数の通信を一定期間継続するもの。 ・ 通話以外の用途において利用する通信。 ・ 契約者以外の者の用に供され、それが業として行われるものまたは他人の通信を媒介するもの。 詳しくは メール送信料 MMS 0円 SMS 3円/通 詳細は 一般加入電話・公衆電話からの通話料.

次の