とことん 類語。 自己PRの添削をお願いします。大学生のものです。私の強みは何事もとことんや...

読み込むの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

とことん 類語

「氷山の一角」の意味と由来 「表に現れているのは物事の一部にすぎない」の意味 「氷山の一角」という言葉は「ひょうざんのいっかく」と読みます。 「氷山」は、南極や北極など海に浮かんでいる巨大な氷の塊である「氷山」のことを指しています。 「氷山の一角」とは、「目に見えているのは物事のごく一部」であること、つまり「表に現れているのは物事の一部にすぎない」ことを意味しています。 したがって、表には現れていない私たちから見えないところには、まだまだ大きな物事が潜んでいるということをも示しています。 「氷山の一角」は「氷山が見える割合」に由来する 「氷山の一角」という言葉の意味は、「氷山」が見える「割合」に由来しています。 「氷山」と聞くと海に巨大な氷の塊が浮かんでいる様子をイメージをする方も多いと思いますが、実は海の表面に現れている部分は実際の氷山のごく一部分で、海の中にはもっと大きな氷の塊が隠れています。 海の表面に現れている大きさについては、全体の大きさの7分の1という説もあります。 「氷山の一角」は「実際に見えている氷山の一部」を指している言葉ではないことを覚えておきましょう。 海に浮かんでいる氷山のように、「目に見えている部分だけではないこと」「見えないところには多くが潜んでいること」を意味する言葉となります。 「氷山の一角」の使い方と例文 「氷山の一角」は良い意味では使われないことが多い 「氷山の一角」という言葉は、悪い意味合いで使われることが一般的と言えます。 テレビドラマや映画などで犯罪や事件が発生したときに、「氷山の一角にすぎない」と言うセリフを耳にしたこともあることでしょう。 「他にもっと知識を持っている」「秘めたる能力がある」などの良い意味で「氷山の一角」が使われている場合も見受けらます。 したがって誤用とまでは言い切れませんが「好ましくないことの一部が表に現れている」と明確に定義されている辞典もあることから、悪い意味として使うのに留めるのが無難であると言えます。 「氷山の一角」を使った例文• 待機児童の問題は、少子高齢化が進む現在の日本が抱えている数多くの課題の氷山の一角である。 氷山の一角どころではないほど次々と多くの問題が発覚しており、このままでは取り返しのつかないことになる。 「氷山の一角に過ぎない」を使った例文 「氷山の一角」自体が、「ごく一部に過ぎない」の意味を持っていますが、より意味合いを強めるために「氷山の一角に過ぎない」と使われることも多くあります。 調査の結果、会社の中で不正行為が常態化していることがわかった。 先日発覚した問題はほんの氷山の一角に過ぎない。 今回のエラーは氷山の一角に過ぎないと思われる。 こうなったらとことん調査を行い、これ以上重大なエラーが発生しないよう至急改修を行う必要がある。 「氷山の一角」の類語と対義語 類語「千重の一重」は「多くのうちのごく一部」の意味 「千重の一重」(ちえのひとえ)と言う言葉は、日常生活ではあまり見聞きする機会が少ない言葉かもしれませんが、「氷山の一角」と同じ「多くのうちのごく一部」の意味を持つ類語です。 「氷山の一角」は悪い意味合いで使われることが一般的であるため、「多くのうちのごく一部」を良い意味合いで表現したい場合には「千重の一重」を使うのがよいでしょう。 「片鱗」も「多くのうちのごく一部」の意味を持つ類語 「片鱗」(へんりん)も「氷山の一角」の類語となります。 「片鱗」とは「鱗」(うろこ)の一欠片を指す言葉で、「才能の片鱗をのぞかせる」など、「多くあるうちのごく一部」の意味として使うことができます。 「氷山の一角」の対義語は「一切合切」 「一切合切」(いっさいがっさい)は、「なにもかも全て」の意味を持った「氷山の一角」の対義語となることわざです。 「一切」「合切」の言葉はどちらも「残らず全て」の意味を持っています。 つまり「一切合切」とは、「氷山の一角」のような「目に見えない部分」を残さず、「見えているものが全てである」ことを意味することとなります。 「氷山の一角」の英語表現 「tip of the iceberg」を使うのが適している 「tip of the iceberg」と言うフレーズは、直訳すると「氷山(iceberg)の一角 tip 」となり、慣用句「氷山の一角」と同じ意味として使うことができます。 「just」を前につけて「just the tip of the iceberg」と使うと、「氷山の一角にすぎない」とごく一部であることをより強める意味となります。 「only a small part of」も「氷山の一角」の英語表現 「only a small part of」と言うフレーズも、「氷山の一角」と同じ「物事のごく一部」を表す言葉で、「only a small part of problem」などと使います。 また「part」の部分を「amount」「picece」など他の単語に言い換えて使う事もできます。 まとめ 「氷山の一角」は「表に現れているのは物事の一部にすぎない」の意味を持つ言葉。 巨大な氷山も、実は海の上に見えているのはごく一部であると言うことを例えた慣用句です。 ビジネスにおいてリスクや重大な事故を回避するためには、「氷山の一角」を意識しておくことは重要です。 損害保険会社に勤めていたハインリッヒが提唱した「ハインリッヒの法則」は1つの重大な事故の後ろには多くの事故未満のミスが隠れているというものであり、まさに「氷山の一角」を表していると言えます。

次の

とことんの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

とことん 類語

全体会議で、社員に対して社内ルールの 周知徹底を図ることが決められた。 会社という大きな組織では、 社員一人一人がルールを守ることが重要になってきます。 一人がルールを破るだけで 会社が大きな損害を受けてしまったなんてことはよくありますよね。 上の例文では、そんな事態を防ぐためにも、 「 社員全員にルールをもれなく伝える」ということを伝えているわけです。 周知徹底は、このように、 何かの情報を隅々まで徹底的に行き渡らせたい時 に使うと考えてください。 周知徹底の語源 次に、この言葉の語源を見ていきましょう。 漢字を見ていくと、 前半を「周知」、後半を「徹底」と分けることができます。 まず前半の「周知」ですが、「 周」という漢字は、 「 あまねく」という意味を持っています。 「あまねく」とは、「 すみずみまで行き届く」という意味です。 「一周」や「周り」という言葉もあるように、 「周」には全体まで行き届かせるという意味があるのです。 このことから、 「 周知」=「知ることがすみずみまで行き届く」という意味になります。 そして、後半の「 徹底」です。 「 徹」という字は訓読みだと「とおす」と読めますが、 その読みの通り「 貫き通す・とことんまで行き届く」という意味を持っています。 夜の間ずっと寝ないで起きておく「徹夜」という言葉もある通り、 「徹」という字は「とことん最後まで貫き通す」という意味があります。 ここから、「徹底」=「 底まで貫き通す」という意味になります。 以上のことから、「周知」+「徹底」を合わさることで、 「すみずみまでとことん知れ渡らせる」 という意味の四字熟語ができあがるわけです。 「周知徹底」は、 「自ら働きかけることで情報を伝えていく」という意味合いがありますが、 「情報拡散」は、「 思わぬところまで情報が散らばり広がっていく」という意味になります。 主にインターネットやSNSなどで、 不特定多数の人に情報が届けられる時に使うことが多いです。 周知徹底の英語 続いて、英語を紹介します。 「周知徹底」を英語にすると、次の3つの言い方があります。 2つの単語を合わせて使うことで、 「周知徹底」と同じ意味を表すことができます。 「known to all」と表記することで、「全てに広く知られている」という意味になります。 では、以下にそれぞれの例文を紹介していきます。 We will thoroughly notify everyone of this information. (私たちは、この情報の周知徹底を図ります。 ) By the rings they will wear, they will be known to all as husband and wife. (指輪を交わして、夫婦であることを全ての人に示します。 ) We wish to promote dissemination of this information. (私たちはこの情報が周知され普及することを願っています。 ) スポンサーリンク 周知徹底の例文・使い方 最後に、「周知徹底」の使い方を例文で見ていきましょう。 これからも、全ての社員に 周知徹底してまいります。 火災時の避難経路の 周知徹底をお願いします。 新入社員には、重要事項を 周知徹底させます。 危険物の取り扱いに関して 周知徹底を促す。 今後はこのようなミスが起こらないように 周知徹底いたします。 新しいシステムの導入に伴い、混乱が起こらないように 周知徹底に努める。 このように、 「周知徹底」はビジネスシーンで広く使うことができる四字熟語です。 社員に対して、大事なこと、伝えないといけないことなどを 行き届かせるような時に使います。 一番良く使うのは、会社のトップあるいは上司から 部下へ用件を伝達するような時ですね。 日常生活で使うこともできなくはないですが、 「ほとんどの場合、ビジネスで使う」と考えて問題ありません。 関連: まとめ 以上、今回の内容をまとめると 「 周知徹底」= 広くすみずみまで、きっちりと知れわたらせること。 「 語源」=すみずみまで知らせて、とことん最後まで貫き通す。 「 類語」=「情報共有・注意喚起・情報拡散」など。 「 英語」=「thoroughly notify」「known to all」「dissemination」 ということでした。 「周知徹底」は、ビジネスをしている人、 特に上級職の人は使いやすい四字熟語です。 ぜひ今後の仕事の際には積極的に使ってみてください。

次の

他人と違うことをとことん突き詰める勇気のある人間が突き抜けていく

とことん 類語

人は誰かと同じことで安心感を得る、でも誰かと同じことが自分にとって最適ではないことに関して鈍感である 自分以外の誰かのルール上で生きていくことは時に楽で、時に自分を殺す。 自分の心はNOと言っているのに自分以外の誰かの声を優先しなければ基本的には生きていけない社会構造になっていると僕は思う。 多くの人は他人のルール、いわゆる社会のルールの中で生きていく。 そして多くの人と同じことをすることで人は安心する。 それでみんなハッピーならなんの問題もないと思う。 しかし僕は幸せを感じていない。 会社という組織に入りあたりを見回すと8割の人間は幸せには見えない。 人間は誰かと同じことで安心感を得る生き物であるが、誰かと同じことが自分にとって最適ではないことに関して鈍感な生き物である。 本当にそう思います。 一概に既存の仕組みが悪いわけではない。 今ある会社や組織というのは創業者やトップにとって最適に設計されているわけだからそこで働かせてもらってる僕が文句を言うのは間違っている。 自分が快適じゃない原因は自分にしかない。 自分が快適に過ごせないのは環境に馴染めない自分であり、組織に強制されたり矯正させられることが嫌な自分がいるのであれば、自分にとっての最適を自分をみつけだすしかない。 世の中は既存の仕組みに最適化させるために設計されている。 一般的に世の中で必要とされるスキルや教養を身につける為に教育される。 既存の仕組みの中に身を置くことを躊躇う日々。 世の中の在り方は変わらないけど、自分の在り方は変えることができる。 とことん自分を突き詰めればきっとそこに自由がある。 生きることに意味はない。 そこにあるのはよろこびだけだ。 - いばや通信 — KEI 2016年〆 Keivivito 成功者はみな他人の目を気にしない やのがわかりやすいけれど、彼らの言動や行動に多くの人の批判や非難があった。 いまもなおある。 それも強烈な批判だ。 その批判の内容のほとんどは、一般的におかしい!普通はありえない!ルールを壊すな!といった、世間一般のルールや価値観とは違うから批判しまくるわけです。 それでも他人目線ではなく自分目線を貫き通したからいまの彼らが存在し結果として自分の好きなことで社会に多大な価値をもたらしている。 普通とか世間一般とかではなく、自分がどうしたいかというのを突き詰めてそれに向かって爆走した。 はみ出し者を罵倒する連中も、とことんはみ出して成功を掴み取る人間を崇拝する。 人間なんてそんなもの。 他人と比べたり他人の目を気にする事ほど愚かな事はないという事。 — KEI 2016年〆 Keivivito これからの世の中、何が正しくて何が間違ってるのかわからないからこそ正解は自分で導き出すしかない これから既存のルールが大きく変わる。 求められるスキルも考え方も、もうすでに少しづつ変わってきている。 しかしながら世の中の大半はまだ既存の仕組みに合わせたスキルや情報しか提供してこない。 これから新しい時代が確実にやってきて今ある仕事の在り方も大きく変わるかもしれない。 しかも何が正しくて何が間違ってるのか誰にもわからない。 今、このタイミングでは自分にとっての最適な在り方に近づく為に自分の欲求を追求しなければならないと思う。 多くを犠牲にしてでも大事なのは他人の目が介在しない自分の目で考え生き抜く術にフォーカスするしかない。 走ることは時に受難の享受でもある。 走り続けると苦しみに感謝したくなる時が必ずくる。 苦しみの先に必ず得難い結果があるからこそ人は走り続けるんだろうなぁ。 これは人生と同じなんだなぁ。 — KEI 2016年〆 Keivivito 夕日に照らされて走っているとふっ感じた。 走っていると苦しい瞬間が必ず訪れる。 でも苦しみの先に必ず得難い快感が待っている。 心身ともに得難い快感、気持ちの良い疲労感。 人生も同じ。 苦しい勉強や仕事の先には必ず得難い快感や感情が訪れる。 だから僕たちは走り続ける。 苦しみに感謝!.

次の