ハンス ライザー。 朝な夕なに

ハンス・ライザー を ドイツ語

ハンス ライザー

プロフィール ・名前:ハンス・トーマス・ライザー( Hans Thomas Reiser) ・生年月日:1963年12月19日 (56歳) ・出身:アメリカ合衆国(カリフォルニア州オークラ ンド) ・職業:コンピュータープログラマー、起業家 ・容疑:ニーナ・ライザー殺害(妻) ・捕まった日:2006年10月10日 アメリカの有名プログラマーでLinuxにおけるジャーナリングファイルシステムの一つであるReiserFS、Reiser4の開発者として知られている。 また、2004年にはこれらのファイルシステムを開発、サポートする会社としてNamesysを立ち上げている。 ハンス・ライザーの生い立ち 彼は13歳のときに中学校を中退している。 日本で言うと不登校だ。 理由は、仲間から常にあざけられ、いじめられていたからです。 そして、2年後の15歳のときにはカリフォルニア大学バークレー校に受け入れられた。 その後、1992年に28歳でコンピュータサイエンスの学士号を取得。 それまで大学に通っていた。 1998年(34歳)にロシア人の女性であるニーナシャラノワと出会い結婚したのが妻のニーナライザー。 なんと妻ニーナは産科医と婦人科医。 また、彼らには2人の子供(12歳のロリーと11歳のニオールライン)がいました。 のちに、2人の子供に母親を殺したとして6,000万ドルを支払うよう命じられています。 ニーナと離婚調停まで至った原因は、価値観の違いから和解できない事や、子供が「父親をほとんど知らない」と述べた。 それは、ハンスが仕事ばかりで家庭を顧みなかったとされている。 この事件の問題点 警察側が事件の証拠や遺体を発見できずにいたこと。 これは紛れもなく彼のIQが勝利したと言えるだろう。 しかし、妻の遺体の隠し場所を教える代わりに減刑するという司法取引に応じた。 妻の死体の場所は、オークランドヒルズにある浅い墓であることが明らかになった。

次の

ハンス・ライザー を ドイツ語

ハンス ライザー

賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身につく。 世界を正しく見る、誰もが身につけておくべき習慣でありスキル、「ファクトフルネス」を解説しよう。 世界で300万部の大ベストセラー! 「名作中の名作。 たとえば、こんな質問だ。 質問 世界の1歳児で、なんらかの予防接種を受けている子供はどのくらいいる? どの質問も、大半の人は正解率が3分の1以下で、ランダムに答えるチンパンジーよりも正解できない。 しかも、専門家、学歴が高い人、社会的な地位がある人ほど正解率が低い。 その理由は、10の本能が引き起こす思い込みにとらわれてしまっているからだ。 いずれも最新の統計データを紹介しながら、世界の正しい見方を紹介している。 これらのテーマは一見、難しくて遠い話に思えるかもしれない。 でも、大丈夫。 著者のハンス・ロスリング氏の説明は面白くてわかりやすいと評判だ。 その証拠に、彼のTEDトークの動画は、累計3500万回も再生されている。 また、本書では数式はひとつも出てこない。 「GDP」より難しい経済用語は出てこないし、「平均」より難しい統計用語も出てこない。 誰にでも、直感的に内容を理解できるように書かれている。 ハンス・ロスリング ハンス・ロスリングは、医師、グローバルヘルスの教授、そして教育者としても著名である。 世界保健機構やユニセフのアドバイザーを務め、スウェーデンで国境なき医師団を立ち上げたほか、ギャップマインダー財団を設立した。 ハンスのTEDトークは延べ3500万回以上も再生されており、タイム誌が選ぶ世界で最も影響力の大きな100人に選ばれた。 2017年に他界したが、人生最後の年は本書の執筆に捧げた。 オーラ・ロスリングとアンナ・ロスリング・ロンランド オーラはハンスの息子で、アンナはその妻。 ギャップマインダー財団の共同創設者。 オーラはギャップマインダー財団で2005年から2007年、2010年から現在までディレクターを務めている。 アンナとオーラが開発した「トレンダライザー」というバブルチャートのツールをグーグルが買収した後は、グーグルでオーラはパブリックデータチームのリーダー、アンナはシニア・ユーザビリティデザイナーを務めた。 2人はともに功績を認められ、さまざまな賞を受賞している。 著者略歴 「BOOK著者紹介情報」より ロスリング,ハンス 1948年にスウェーデンのウプサラで生まれた。 ウプサラ大学で統計学と医学を学び、インドのバンガロールにある聖ヨハネ医科大学で公衆衛生を学んだあと、1976年に医師になった。 1979年から1981年まではモザンビークのナカラで地域担当の医師として働き、それまで知られていなかった神経が麻痺する病気を発見した。 それがコンゾだ。 この病気の調査と研究によって1986年にウプサラ大学から博士号を取得した。 1997年からはストックホルムにあるカロリンスカ医科大学でグローバルヘルスの教授を務めた。 専門は、経済発展と農業と貧困と健康のつながりについての研究だった。 カロリンスカ医科大学で新しい授業科目を開講し、提携研究を立ち上げ、グローバルヘルスについての教科書を共著した。 2005年には、息子のオーラとその妻のアンナと共にギャップマインダー財団を設立。 スウェーデン科学学会の国際分科会メンバーであり、スイスの世界経済フォーラムのグローバル・アジェンダ・ネットワークにも所属していた。 2009年にはフォーリン・ポリシー誌からグローバル思想家100人のひとりに選ばれ、2011年にはファスト・カンパニー誌から世界で最もクリエイティブな100人のひとりに選ばれた。 また2012にはタイム誌が選ぶ世界で最も影響力の大きな100人のひとりになった。 2017年2月7日に他界した。 ロスリング,オーラ 1975年にスウェーデンのフディクスバルで生まれた。 ギャップマインダー財団の共同創立者であり、2005年から2007年までと、2010年から現在まで財団のディレクターを務めている。 ギャップマインダーのチンパンジクイズを開発し、知識不足を体系的に測定するプロジェクトやその認証プロセスを開発した。 データを分析し、ハンスが行うTEDトークや講演の資料をつくってきた。 1999年からは「トレンダライザー」として有名になった動くバブルチャートによるツールを開発してきた。 2007年にグーグルがトレンダライザーを買収し、2007年から2010年までグーグルのパブリックデータ・チームのリーダーを務めた。 その後、ギャップマインダーに戻り、新たな無料教育ツールを開発している。 ロスリング・ロンランド,アンナ 1975年にスウェーデンのファールンで生まれた。 ルンド大学で社会学を学び、ヨーテボリ大学で写真を学んだ。 ギャップマインダーの共同創立者であり、バイス・プレジデントを務めている。 講演者であり、ギャップマインダーの利用者担当リーダーでもある。 また、ギャップマインダーのグラフィックやスライドを作成し、動くバブルチャートのユーザーインターフェースも設計した。 2007年にトレンダライザーがグーグルに買収されたあと、グーグルでシニア・ユーザビリティデザイナーを務めた。 2010年にギャップマインダーに戻り、新しい無料の教育ツールを開発している。 ギャップマインダーでの功績が認められ数々の賞を受けている。 2017年にレジメ・スーパーコミュニケーター賞、金の卵賞、またファスト・カンパニー誌の世界を変えるアイデア賞を受章した。 カーネギーメロン大学でコンピューターサイエンス学士、ヒューマンコンピュータインタラクション修士取得。 卒業後、シリコンバレーのPalantir Technologies社にてプログラマー、Quora社にてデザイナー、EdSurge社にてプログラマーを経験。 現在はフリーランスプログラマーとして活動するかたわら、不定期で実名ブログ「上杉周作」を更新中。 杏林大学外国語学部准教授。 慶応義塾大学文学部・法学部卒業。 電通、スミス・バーニー勤務の後、ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。 モルガン・スタンレー投資銀行を経てクレイ・フィンレイ投資顧問東京支店長を務める。 また、アジア女子大学 バングラデシュ 支援財団の理事も務めている。 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです 世界の全体像を更新したい40代以上の人にはもってこい、の本です。 特に生活レベルを四段階に分けて世界を眺めているのは秀逸なアイディアです。 とても分かりやすく、本をあまり読まない人にもお勧めです。 しかし、何故、評価の星が二つなのか? それは余談が多すぎるのと繰り返しの説明が多すぎるのです。 重要なのは多めに見積もっても、初めの100ページ程度。 日頃、ニュースの裏側や世界について考えている人には、不要と思われます。 本当は星三つぐらいは付けてもいい内容なのですが、この著者の世界観には共感できません。 この本にたびたび「世界はよくなっている」とでてきますが、この場合の「世界」とは「人間社会」のみを限定的に指しているに過ぎません。 自然保護区が陸地の約15%に達したと本書にはありますが、地球上の森林の約50%はすでに失われ、今現在も日本の半分ほどの面積の森林が毎年消失し続けている事実は載っていません。 そして、その半分の面積が砂漠化しています。 トラやパンダ、サイなどの哺乳類は絶滅寸前の危機的状況から改善しつつある、という事実は載っていますが、生物の絶滅のスピードが最小限に見積もっても自然絶滅の100倍以上の速さで進み、急速に生物の多様性が失われているという事実は載っていません。 更に「DDTで死んだ人間はいないのだから、使えばよい。 難民キャンプで蚊が媒介する伝染病を防げるから」と書いていますが、ネオニコチノイド系の農薬によって蜜蜂やトンボが大量死している事実には触れていません。 海洋資源については一言も触れておらず、水温の上昇や乱獲、水質汚染、マイクロプラスチックやバラスト水による生態系の変質などより、年々、悪くなっていることも(意図的に?)無視しています。 海の森林と呼ばれるサンゴ礁の死滅などは全世界的に進行し、もはや壊滅状態です。 約400ページもある本で世界について語っているのに、今、現在も続く大量生産・大量消費の社会(レベル4の生活)について何の懸念も書いていないのは違和感があります。 この本の中に、「あなたには(著者のこと)ビジョンがない」とアフリカの女性に批判されたエピソードが載っています。 正にその通りです。 「このままで、結構いい感じじゃない?」という結論で終わっています。 世界について語っている本なのに、この本にはビジョンがないのは残念としかいいようがありません。 YouTubeで「ハンス ロスリング」と検索すれば 10分ほどで本書のポイントがまとまったものを視聴できる。 そちらをみてから本書に取り組めば、スムーズに理解できるはずだ。 他の多くの方が、詳しくレビューを書いているので 私はこの本の趣旨のみをご紹介する。 本書のテーマはシンプルで 「我々の思い込みの強さは想像以上で その思い込みにより世界をありのままに見れないということ」につきる。 たとえば、3つのうち1つが正解の問題に出会した時。 「人間が何か選択しようとしたとき」の正解率はなんとチンパンジー以下だという。 その理由は、人間がこの世界を認識するときにはかならずバイアス(思い込み)が働くからである。 具体例として、 ・人間は、「良いこと」より「悪いこと」の方が目につきやすい。 (昔を懐かしみ、過去を美化しがち) ・人間は無意識に二極化して考えがちである。 (例、富と貧困、正義と悪など。 ) ・人間はどうしても直線的に考えてしまう傾向がある。 (「このまま人口が増え続けると、世界の人口がパンクする」という思い込みなど) 上記のようなバイアスが紹介される。 おもしろいのは、専門家、学歴が高い人、社会的な地位がある人ほどバイアスに陥りやすいと言うこと。 皮肉にも「俺だけは、正しい」と思い込むのも、これまたバイアスだ。 正しく世界を認識するためのスタートとして とても良いきっかけになるだろう。 万人にオススメしたい。 参考になれば幸いである。 FACTFULNESS ファクトフルネス の肝は「事実に基づいて世界の見方を広げること」にある。 例えば、世界を「先進国か、発展途上国か」と2分し、「世界は分断されている」という思い込みがちである。 しかし、西洋諸国とその他の国々というイメージは、乳幼児死亡率、所得、民主化度合い、医療へのアクセスなどのデータを見れば世界のほとんどが中間にある事実から誤りは自明のことだ。 また、「世界がどんどん悪くなっている」というのは本当だろうか。 貧困にある人は、過去20年で約半分になり、世界の平均寿命は70歳を超える。 奴隷制度、石油流失事故、HIV感染、戦死者、乳幼児の死亡率、児童労働、災害による死者数、飢餓などは減り続け、女性参政権、安全な飲料水、識字率、予防接種などは増え続けている。 物事のポジティブな面よりもネガティブなものに気づきやすい本能が災いしている。 考えずに感じているだけだ。 ネガティブなニュースに気が付くことが大切である。 このように筆者は客観的なデータを掲げ、多くの人が思い込みがちな10の視点を提示する。 具体的には、「世界は分断されている」「世界がどんどん悪くなっている」「世界の人口はひたすら増える」「危険でないことを恐ろしいと考えてしまう」「目の前の数字がいちばん重要」「ひとつの例にすべてがあてはまる」「すべてはあらかじめ決まっている」「世界はひとつの切り口で理解できる」「だれかを責めれば物事は解決する」「いますぐ手を打たないと大変なことになる」という思い込みだ。 しかし、ファクトフルネスを実践し、データや事実にもとづき、世界を読み解き、これら10の思い込みから解放されれば世界を正しく見るスキルが身につく。 そして、行動すれば世界はもっと前に進めるのである。 著作の末尾にファクトフルネスの10のルールが記されているので紹介しよう。 「大半の人がどこにいるのかを探そう「悪いニュースのほうが広まりやすいと覚えておこう」「直線はいつかは曲がることを知ろう」「リスクを計算しよう」「数字を比較しよう」「分類を疑おう」「ゆっくりとした変化でも変化していることを心に留めよう」「ひとつの知識がすべてに応用できないことを覚えておこう」「誰かを責めても問題は解決しないと肝に銘じよう」「小さな一歩を重ねよう」。 筆者の最後の一言、「事実に基づいて世界を見れば、世の中もそれほど悪くないと思えてくる。 これからも世界をよくし続けるために私たちに何ができるかも、そこから見えてくるはずだ」。 至言である。 私は日本経済が華やかし1980年代に東南アジアに駐在し、ジャパンアズナンバーワンを体現するが如く現地にて営業マーケッティング活動を行っていました。 巷には急激な円高に伴う日本人旅行者が溢れ、昨今の中国人の様に爆買いをしていました。 まさに豊かな先進国と貧しい発展途上国の二極化の構図を身を持って経験しました。 その後、日本はバブルが弾け長い景気低迷に入る一方、東南アジア諸国(全てではありませんが)は目覚ましい経済発展を遂げました。 現地に度々出張や旅行で渡航する機会があったので、私の東南アジア観は適切なアップデートがなされているものと信じて疑いませんでした。 しかし二十代の若かりし頃の原体験は強烈で、本書を読んで初めてその呪縛に支配されてきたことに気づかされました。 分断の時代は終わっていたのです。 長い間海外事業に携わり間もなく定年を迎えますが、もっと前に本書に出会えていればと恥ずかしながら思っております。 後進の皆さんには私と同じ轍を踏まないよう本書をお勧めする次第です。 最後に、天国のハンス氏を甦らしたかの様な生き生きとした日本語の語りかけに本書を仕上げてくれた二人の訳者と編集者に心よりの感謝と敬意を表します。 人間の本能を10種類(分析本能、ネガティブ本能、直線本能、恐怖本能、過大視本能、パターン化本能、宿題本能、単純化本能、犯人探し本能、焦り本能)に分類し、それにより世の中の事実が歪んでしまっていることが書かれてました。 そして、それぞれの本能への抑止方法(気づきやアドバイス)が載っています。 データ分析者にとっては当然の事も多々載っていましたが、私の場合は、そういった中でも、本能で判断していて改めなければいけないことがいくつも紹介されていました。 今後はこの本にあるアドバイスを強く意識していくことになりそうです。 とても読みやすい本なので、データ分析者以外の多くの方へ気づきを与えてくれる価値のある一冊だと思います。

次の

ハンス・ライザー (俳優)とは

ハンス ライザー

Contents• 【ハンスライザー】ITの天才による死体なき殺人事件を【世界まる見え】で特集 出典:Wikipedia 2020年4月27日(月)放送の 【世界まる見え! ハンス・ライザーは、 アメリカのカリフォルニア州オークランドで生まれました。 学生時代には、 いじめを経験しており中学校を中退しています。 15歳のときに、 カリフォルニア大学バークレー校に入学。 1992年(28歳)のときに、 コンピューターサイエンス学士号を取得しました。 博士号は教育上の理由で取得しなかったそうです。 社会に出てからは、 コンピューターの分野で偉大な才能を発揮します。 Linuxにおけるジャーナリングファイルシステムの一つであるReiserFS およびReiser4の開発者として有名です。 採用された企業は、 Synopsys、IBM Research、Premenos Corp. 、Accurate Information Systems と名だたる企業名が並びます。 2004年には、 ReiserFSおよび Reiser4のファイルシステムを開発及びサポートする ソフトウェア会社「Namesys」 (カリフォルニアを拠点)を立ち上げました。 ReiserFSは、Linuxカーネルに含まれるシステムです。 起業家として、会社を立ち上げて 代表取締役社長に就任したわけですね。 スポンサードリンク 【ハンスライザー】ITの天才による死体なき殺人事件とは ハンス・ライザーの犯した 「死体なき殺人事件」とは 一体どんな事件なのでしょうか? 1998年にロシア・サンクトぺテルブルクで働いていたハンス。 産婦人科医の ニーナ・シャラノヴァと結婚。 息子ロリー・娘二オールの二人の子宝にも恵まれました。 ところが、 ハンス・ライザーの父親と妻のニーナの間で ハンスが立ち上げた会社のことで、 諍いが起きます。 2004年にはハンスとニーナは別居し、 ニーナより離婚を言い渡されたハンス。 3ヶ月後には、離婚の調停が行われるも 離婚は確定していません。 2004年、裁判所よりハンスに一時的な保護命令が出されました。 2005年には妻の100ヤード(91m)以内への接近を禁じられます。 そんな中で、突如、 2006年9月3日、 妻のニーナさんが失踪します。 妻を殺害した容疑で、 ハンス・ライザーは逮捕されました。 なんと、 被害者である妻の死体および凶器は当時発見されておらず、 目撃者もいない状況であったが、 警察は情況証拠のみで逮捕に踏み切ったのです。 その後、起訴されますが、 何一つ証拠がない中で 異例の裁判となります。 これが 「死体なき殺人事件」と言われる所以です。 2008年4月28日に第一審で有罪判決。 2008年7月7日に妻の遺体の隠し場所を 教えることを条件に減刑する司法取引に応じ、 オークランドヒルズに ニーナの遺体が隠してあることが 発見されました。 それにしても、物的証拠が一切なくても 有罪判決を下せるのですね。 恐ろしい事件でもありますが、驚きました。 スポンサードリンク 【ハンスライザー】ITの天才による死体なき殺人事件の動機 ハンス・ライザーが妻を殺害した動機とは 何だったのでしょうか? ハンス本人の口から語られることについて、 調べたところ見つけることは出来ませんでしたが、 離婚や親権に関して、妻との話し合いが うまく行かなかったからではないかと推測します。 アメリカ人起業家と国際結婚したロシア人女性が、 仕事人間で家庭を顧みない夫とのすれ違いの末、 離婚と子供の親権を巡る諍いからついに殺害される、 と言う経緯が犯罪ドラマ化されているようです。 スポンサードリンク 【ハンスライザー】ITの天才による死体なき殺人事件の現在 ハンス・ライザーの現在ですが、 2008年8月29日に懲役15年が確定し服役していましたが、 2020年1月に仮釈放される予定とのことで、 現在もう仮釈放されて暮らしているのかもしれません。 このハンスの人生は、 2015年に 『サスぺクツ・ダイアリー すり替えられた記憶』として、 映画化されています。

次の