アルト リコーダー 指 使い。 ソプラノリコーダーとアルトリコーダーの違いとは?

【リコーダーの水洗い方法】お手入れ、洗浄・掃除のやり方【アルトリコーダー】

アルト リコーダー 指 使い

小学校3年生になると、音楽の授業で登場するリコーダー。 うまれつき指や手に欠損がある子どもたちは、 みんなと同じリコーダーは使えるだろうか? 片手で吹けるリコーダーはあるのか? …という不安をかかえています。 みんなと同じリコーダーは難しい。 どうしたらいい? 通常学校で使うリコーダーは、多少形の差はあれど基本は両手で8つの音孔をふさいだり開けたりして音を出します。 しかし手や指の欠損などがあると、どうしても通常のリコーダーでは 出せない音が出てきます。 また、 笛を支えるという動作も必要になってきます。 まずは子ども本人の意思を確認(出せない音があってもいい?どうしたい?)し、まずは 通常のリコーダーを改良して使えないか?ということを確認することが第一です。 ・右手と左手の上下を逆にしてみる ・演奏できるところのみ参加する ・指づかいを変えてみる といった方法が考えられますが、なかには無理にリコーダーに挑戦せず他の楽器に挑戦し参加したよ、というかたもいらっしゃいました。 リコーダーの支え方としては、 ・滑り止めを使用して机の上に置く ・ウエストポーチを使用する こんな手段が考えられますので、お子さんに合わせて試してみて頂けたらと思います。 通常のリコーダーが難しかったり、リコーダの形状が皆と違っていても同じように演奏したい!という場合は、手や指の欠損に対応した改良リコーダーを考えてみましょう。 下記で改良笛を製作している「 トヤマ楽器」と「 YAMAHA」のご紹介をさせて頂きます。 【トヤマ楽器】 一音ずつ筒が輪切りになっているので、指の状態にあわせて、演奏しやすい位置に移動し接着剤で固定して使います。 両手で6本以上指を動かすことが可能であれば、普通のリコーダーとほとんど同じように音を出すことができます。 どこに行けばある? トヤマ楽器・YAMAHAのどちらも、基本的には楽器店などの店舗には常備していません。 問い合わせをすると、住んでいる近くの楽器店にて貸出リコーダーを見ることが可能とのことでした。 親身になって聞いていただけますので、一度お問い合わせをして頂き、直接相談してみるのが良いかと思います。 改良リコーダーは運指表(演奏する際のゆびづかい)は独自のものとなるため、慣れるまで多少時間がかかります。 また、時期によっては貸出リコーダーが出払ってしまう時もあるようなので、早めに連絡しておくと安心です。 ・歌をうたうことも好きだったので、音楽は割と好きでした。 リコーダーだけではないですが、小さいうちから指先をたくさん使う遊びをさせることが大事かな。 というお声もありました。 上記の経験談のように、 ・出せる音だけで参加する ・他の楽器で参加する ・改良リコーダーを使用する など、様々な音楽への参加方法がありますので、一人ひとりにあった方法が見つかり、音楽の時間が少しでも楽しいものになるといいなと思います。 「ふつうって何だろう?」 「多くの人と違うことはかわいそうなこと?」 この絵本を読んで得られる気づきの一つ一つが少しでも多く集まれば、世の中の「驚き」も変化していくと信じています。 この絵本と共に、「初めて会ったとき、どうかびっくりしないでね」そんな気持ちがたくさんの人に届くことを、子どもたちと共に願っています。 少しでもこの絵本に興味をもってくださる方 絵本出版日の先行お知らせ登録をどうぞ宜しくお願いいたします。

次の

【難しい!】どうしてアルトリコーダーって運指が違うの?

アルト リコーダー 指 使い

リコーダーの水洗い方法 リコーダーの種類とお手入れ方法について リコーダーは木製リコーダーが発祥になります。 ただし、最近ではメンテナンスが簡単な樹脂製リコーダーが幅広く流通しており、学校で使用する多くがこれに当てはまります。 木製リコーダーと樹脂製リコーダーのお手入れ方法の違いを見ていきましょう。 水洗いして水分が中に残ると、カビが生えたり、変質、ひび割れの原因になります。 木製ならではの音色を損なう危険があるので、水洗いはやめましょう。 お手入れの基本としては、内部に残った水滴を掃除棒で取り除き、しっかり乾燥させることです。 使用後毎回水洗いする必要はありませんが、清潔な状態を保つために定期的に全体を水洗いすると良いでしょう。 ただし、煮沸消毒や熱湯処理はできません。 リコーダーを傷ませ、変形させる可能性があります。 水もしくはぬるま湯で洗うようにしましょう。 汚れが気にならない場合は、掃除棒を使って内部に残った水滴を取り除きましょう。 掃除棒について 学校で使用するリコーダーの多くには付属品として掃除棒が入っています。 掃除棒は先端に小さな穴が開いており、そこにガーゼなどを通して内部を掃除できるものです。 比較的安い値段で販売されていますので、付属されていない場合は購入しましょう。 掃除棒には、主に小学校で使用されるソプラノリコーダー用、中学校などで使用されるアルトリコーダー用に分かれます。 長さや音階を決める穴の数が違ってくるので、リコーダーの種類を確認してから適切な掃除棒を購入するようにしましょう。 菜箸など長細いものにキッチンペーパーやガーゼを巻き付けて使用します。 リコーダー内部の水滴がたくさん残っていると、薄手のキッチンペーパーだと破れたり、破片が中に残ってしまう場合もあります。 掃除後は内部に破片が残っていないか確認をしましょう。 ガーゼがない場合は、綿などの吸収しやすく毛羽が出づらいもので代用しましょう。 基本のお手入れ方法 ここで紹介する方法は木製・樹脂製リコーダーともに基本となるお手入れ方法です。 木製リコーダーは水洗いできませんので、この方法で掃除をします。 こうすることで頭管部内に溜まった水滴が取れやすくなります。 力を入れすぎると傷つき、音色に響きます。 優しく上下させて拭き取りましょう。 グリスを塗ることでつなぎ目がスムーズになるので、リコーダーを傷つけずにすみます。 乾燥したら、ケースにしまいます。 乾燥が不十分だとカビが発生したり、変形やひび割れの原因になります。 注意しましょう。 また、木製のリコーダーはオイルケアすることによって、良い状態を保ち長く使うことができます。 専用のオイルが販売されているので、それを使用するのがオススメです。

次の

私がアルトリコーダーをキライな理由: 旧・老いた犬に芸は仕込めない?

アルト リコーダー 指 使い

小学校の音楽の授業で使ったリコーダーが、今も押し入れの奥で眠っていませんか?日本人なら誰もが一度は演奏したことがある楽器、リコーダーは、昭和34年から学校の音楽教材として使われてきました。 身近でありながら、意外と知らないリコーダーのあれこれをご紹介します。 小学校でリコーダーを習う理由 小学生がランドセルの脇にリコーダーをさして歩く姿をよく見かけます。 今の小学生も習っているんだな、と感慨深いものがありますが、よく考えると不思議ですね。 大人になってもリコーダーを吹いている人はあまり見かけません。 どうして義務教育でリコーダーを習う必要があるのでしょうか? 学習指導要綱で推奨されているから 学校の教育プログラムの指針である学習指導要綱というものがあります。 すべての教科で、この指導要綱に沿って授業が行われているのですが、実はここでリコーダーの指導が推奨されているのです。 3、4年生の授業で使われる楽器は、リコーダーや鍵盤楽器などの中から、学校が選ぶように指導されています。 そういえば、鍵盤ハーモニカも授業でよく使われていますね。 小学校で教材として使われるのは、ソプラノリコーダーという種類です。 小学生にも扱いやすい楽器だから リコーダーが選ばれているのは、楽器の特性も影響しています。 手入れが楽であること、小学生でも扱いやすい大きさであること、プラスチックで生産することができ、比較的安価で手に入ること。 こうした特性が、学校でリコーダーを使う大きな理由となっています。 ひとりにひとつ与えたい楽器があまり高価では困りますし、音楽が苦手な子どもでも演奏しやすいものでなければなりません。 リコーダーはその条件をクリアし、しかも旋律を奏でられる楽器です。 使いやすくて表現の幅が広い教材なのです。 合わせて読みたい リコーダーの選び方 ほとんどの学校では、授業が始まる学年で、指定の業者からリコーダー購入の案内が届きます。 個人で購入する方は少ないと思いますが、「自分も一緒にリコーダーを始めたい!」と購入を考えているなら、選び方には注意してください。 リコーダーには、ジャーマン式とバロック式、二つの種類があります。 小学校の教材はジャーマン式 小学校の教材で使われるのはジャーマン式のリコーダーです。 後述するバロック式とは、指の動かし方に違いがあります。 ジャーマン式では、すべての穴を指でふさぎ、ひとつひとつ指を離していけば「ドレミファソラシ」の音階を吹くことができます。 指のつかい方。 趣味の演奏にはバロック式 一方のバロック式は、運指が違います。 ファの音を出すためには、下から3番目の穴だけをあけて吹きます。 覚えてしまえばどうということもない指使いですが、「下からひとつずつ指を離すんだよ」という指導に比べれば、少々複雑です。 ただ、この運指を覚えてしまえば、他のリコーダーも同じように吹くことができます。 実は、ジャーマン式があるのはソプラノリコーダーだけ。 中学校でよく使われるアルトリコーダーは、バロック式です。 リコーダーには、ソプラニーノ、ソプラノ、テナー、バス、など音階によってさまざまな種類があります。 趣味の演奏に使うなら、すべて同じ運指で演奏できるバロック式がおすすめです。 合わせて読みたい.

次の