鎌倉 停電。 神奈川県|住所から検索|東京電力パワーグリッド株式会社

緊急・被害状況

鎌倉 停電

は、関東地方を管轄とする大手電力会社です。 お引越しの手続き、電気料金プランの切り替え、停電、各種お問い合わせは最寄りの支店・営業所にてご相談いただけます。 神奈川県鎌倉市のお近くには、以下の事業所もあります。 また停電など緊急時の電話番号は 0120-995-007です。 電話番号が0120もしくは0800から始まるフリーダイヤルの場合は無料で通話することができます。 その場合はフリーダイヤル以外の番号をお試しください。 神奈川県鎌倉市で電気のお申込みをご希望のお客様 にて新たに電気の契約をお申込みご希望の場合 必要な情報は以下になります。 どこでお使いになるか(使用場所)• どなたがお使いになるか(契約名義)• お使いになるご契約メニュー 契約種別• いつからお使いになるか(使用開始希望日)• 契約の大きさ(契約電流・容量・電力)• お使いになる電気器具(契約負荷設備)• 料金のお支払い方法(口座振替・クレジットカード支払い・振込みのいずれか) 東京電力エリア内で東京電力以外にも選べる新しい電気料金プランがあります。 電力自由化によって、地域の大手電力会社()以外の電力会社からも、電気料金プランを選ぶことができるようになりました。 こうした新電力会社のプランは の規制料金よりもお得になる可能性があります。 まずはセレクトラ・ジャパンの電気料金シミュレーションサイトで、電気料金がどれくらい変わるか確認してみましょう。

次の

緊急・被害状況

鎌倉 停電

記録的暴風雨となって首都圏を直撃した台風15号。 9月9日の夜明けから時間が経つほどに倒木、土砂崩れ、建造物の破損・倒壊、そして広範囲な停電の状況が明らかになっていきました。 鎌倉市では、9日朝には東京電力の発表で11,200軒が停電。 10日夜には、神奈川県の停電軒数は千葉県についで多い15,300軒でしたが、そのうち鎌倉市が最多の7,200軒でした。 11日の昼過ぎには、浄明寺4丁目の停電が解消し、同16時には二階堂の400軒ほか1,300軒にまで復旧、同夜、市内の停電は個別の断線等を除いて解消されました。 2日、3日にわたって停電が続いた地域の方たちは、暑いさなか、本当に大変な思いをされたこととお察し致します。 復旧の見通しなどの情報が伝わらなかったことは申し訳ない限りでした。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ この間、鎌倉市が東電から受けた連絡は、9日の段階では「復旧の見込みが立たない」でしたが、10日の朝の段階では「今日中の復旧を目指して作業している」というものでした。 また、東電のホームページの停電情報には、「玉縄1丁目」「雪ノ下1丁目」といった細かい区分で停電軒数が示されており、鎌倉市災害対策本部の停電状況の把握も、このホームページによるものでしたが、実態と合致しない、あるいは更新が遅れる部分がありました。 もう少ししたら復旧するのではないか、という希望的観測による対処ではいけない、停電地域で熱中症等の危険が迫っている、ということが実感されて、冷房を備えた避難スペース(休憩所)の開放や広報車の巡回などに拍車がかかったのは10日になってからでした。 県内最多の停電発生の背景は? 1万軒を超える停電が発生した原因については、今後分析がされることと思いますが、台風の通過ルートに加え、樹林の枝折れ・倒木、倒木を伴う土砂崩れが多数起きたことが決定的だったと思います。 市内全域の倒木は、9月11日の集計で431件 樹林および急傾斜地の管理については、鎌倉市では喫緊の課題と捉えられてきていますが、今回改めて課題の大きさを突きつけられました。 恐ろしいのは長雨による土壌の緩みだけではありませんでした。 暴風の威力を目の当たりにしました(我が家のマンションのオートゲートも暴風で壊れました)。 情報収集・伝達の仕組みづくりが求められる 議会には市の災害対策本部会議の開催状況が逐次伝えられました。 また、停電が長引いたエリアの方からも停電期間の様子を伺いました。 大変問題だと思ったのは、市内の各地域の状況の情報が災害対策本部に集まってくる仕組みが機能していない、ということです。 SNSで情報が飛び交っていても、集約されるべきところに集約されないと、迅速な対処につながりません。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 例えば、 市内に186ある自主防災組織や自治町内会において、地域情報を収集して市に伝える発信者を決め (実際には会長や防災担当理事等の発信者となるべき人は決まっているとしても、それを市側が把握していることが必要)、市はコールセンターとは別のホットライン的な情報収集窓口を設けて (当然、平時においてその情報収集窓口について知らせておく)、地域の発信者からの情報を受け、集まってくる情報を効率的に整理する仕組みを作っておくべきではないでしょうか。 そうした仕組みは双方向のものとなり、市から地域への情報伝達も、地域の「人」を介して行うことができれば、広報車や防災行政無線よりも確度が高まります。 いろいろなことを考えさせられました。

次の

台風15号に伴う停電のため断水が発生します

鎌倉 停電

【4月6日更新】新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、節度ある行動を。 令和元年の台風15号、19号の影響により大きな被害を受けたハイキングコースのうち、葛原岡・大仏ハイキングコースの葛原岡神社から大仏坂までの間については、令和元年度末に復旧工事を完了しました。 この区間については通行可能な状態となってはいますが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、不要不急の外出について自粛をお願いしているところです。 皆様には、その趣旨を踏まえ、節度ある行動をお願いいたします。 なお、葛原岡神社から大仏坂までの間以外の、 市が紹介するハイキングコースについては、引き続き、 通行禁止 です。 ハイキングコースの状況 【4月6日(月曜日)現在】 施設名 状況 市内ハイキングコース <外部リンク>、 <外部リンク>(浄智寺~葛原岡神社)、 <外部リンク> いずれのコースも、倒木等により通行できない箇所が多く、大変危険な状態のため、通行禁止です。 浄智寺~葛原岡神社間については、コース開通に向けて作業は行っていますが、当分の間、 通行禁止です。 【天園】 コース開通に向けて作業は行っていますが、当分の間、 通行禁止です。 詳しくは <外部リンク>をご参照ください。 鎌倉市災害支援寄附を受け付けしています 台風15号による影響は、現在は上記のとおり、ハイキングコースや佐助稲荷神社等にその爪痕を強く残すほか、 一部の施設に影響が残っている状況となっておりますが、当初は市内全域において土砂崩れや倒木、大規模な停電など甚大な被害が発生しました。 これにより、市民生活への多大な影響のみならず、鎌倉を形成するみどりやハイキングコースなど、観光客の皆さんに馴染みの深い場所にも、大きな被害が出ています。 現在、市一丸となって復旧作業に取り組んでおります。 できましたら、一日も早い復興のために、鎌倉を愛する皆さんからの温かいご支援をお願い申し上げます。 <外部リンク>.

次の