地震 予想。 地震前兆と予想

京大教授が警告! 20年に首都直下地震の衝撃データ

地震 予想

2 ワースト1(要警戒) 東北エリア 茨城、福島、岩手で震度4〜5 東北エリアは、先の震災の被害が大きかった太平洋側、日本海側ともに異変がみられる。 「太平洋側は東日本大震災で大きく沈降した後、徐々に元に戻ろうと隆起している。 これに対して、日本海側は沈降気味になっている。 隆起する速度に注目すると、宮城県が最も速く、その速度の差が新しいひずみを生んでいる。 隆起が途切れる茨城県、福島県、岩手県のあたりで震度4〜5クラスが起きる可能性がある」(村井氏) さらに「最近いやな現象が起きている」と村井氏。 東京から南に約357キロ離れた伊豆諸島・青ケ島(東京都)の動きを分析した結果、先の震災が起きる前と似た現象があらわれているという。 「東日本大震災の約2カ月前に青ケ島が、高さ変動で約76センチ動いたが、19年11月10日〜16日のデータを見ると、約81センチの動きがあった。 異常さが一致している。 伊豆諸島や小笠原諸島が宮城県沖と連動していると思わせる事例がいくつかあるだけに危険だ」(同) ワースト2(要警戒) 関東エリア 伊豆・小笠原諸島、房総で変動、ひずみ 関東エリアでは、その伊豆諸島や小笠原諸島、千葉県の房総半島に変動がみられる。 「房総半島や伊豆諸島の一部が、水平ベクトルで北東方向を向き、(東京から南に約285キロの)八丈島は北西を向いている。 ベクトルが逆の方向を向く境目には、ひずみがたまりやすい」(村井氏) 震源が房総沖となると大津波を発生させる恐れがあるだけに注意が必要だ。 ワースト3(要警戒) 九州南部エリア 2〜3カ月で大きく変動 「熊本、宮崎、鹿児島などを含む九州南部は、ここ2〜3カ月の間で大きく変動が起きたエリアだ。 高さ変動では、宮崎県と鹿児島県の一部が沈降。 水平方向の動きでは、宮崎県と鹿児島県南部、屋久島、種子島含む地域で非常に大きくなっている」(村井氏) 北信越、沖縄でも変動 要警戒とはいかないまでも、北信越と沖縄も気掛かりという。 「長野県から岐阜県にかけての境目あたりで高さ方向にも、水平方向にも大きい変動があり、無視できない。 沖縄はユーラシアプレートに属し、南東方向に常に水平に動いている。 一方、フィリピン海プレートに属し、(沖縄本島より)東側(約360キロ)にある大東諸島は、北西方向に動き、互いに押し合っていてバランスが拮抗している。 だが、大東島の動きがなくなると、バランスが崩れるため注意した方がいい」(同) とにかく備えだけはしっかりしておきたい。 MEGA地震予測とは 村井氏が立ち上げた地震科学探査機構(JESEA)が実施。 地上約2万キロを周回するGNSS(衛星測位システム)のデータを利用。 国土地理院が公表する全国約1300カ所の電子基準点で、どのような地殻変動が起きているかを観測し、地面が大きく沈むなどの異常変動を突き止めることで巨大地震の発生地域を予測する。 2013年から18年にかけて震度5以上の地震に限ると、発生半年前までに前兆を捕捉できたケースは85. 3%(JESEA調べ)。 分析結果は「MEGA地震予測」(月額380円税込み)で公表中。 jesea. jpで。 JESEAでは、発生可能性の時間的精度を上げるため、宇宙空間で測位衛星から発信された電波が受信局に到達する過程で地震の直前、異常に遅延する現象が起きることに着目、それを検知する地震予知システム(MES)を構築、20年内の実用化を目指している。

次の

南海トラフ地震の被害想定:朝日新聞デジタル

地震 予想

三浦半島断層群(みうらはんとうだんそうぐん)は、三浦半島の中・南部及びその周辺海域に発達する活断層群です。 三浦半島断層群は、三浦半島の中・南部及び浦賀水道に分布しており、神奈川県三浦郡葉山町から横須賀市を経て浦賀水道に至る三浦半島断層群主部と、三浦市に位置する三浦半島断層群南部からなります。 衣笠・北武断層帯の確認されている長さは約14kmですが、さらに両側の海域に延びている可能性があり、他のデータをもとに計算により求めると約22km以上の可能性もあります。 武山断層帯の確認されている長さは約11kmですが、さらに両側の海域に延びている可能性があります。 三浦半島断層群南部の確認されている長さは約6kmですが、さらに両側の海域に延びている可能性があります。 断層群主部及び南部は、いずれも右横ずれが卓越する断層帯から構成されます。 なお、1923年大正関東地震の際に、武山断層帯の陸域部の東端付近で、地震断層が出現したことが知られていますが、地震断層が現れた範囲は1km程度とごく短い区間であることから、これは関東地震に付随した活動であり、武山断層帯固有の活動ではないと推定されます。 三浦半島断層群南部の最新活動時期は約2万6千年前以後、約2万2千年前以前であったと推定されますが、その平均的な活動間隔は不明です。 <将来の活動> 断層群主部は、最新活動時と同様に衣笠・北武断層帯と武山断層帯がそれぞれ別々に活動すると推定されるが、全体が一つの区間として同時に活動する可能性もある。 衣笠・北武断層帯と武山断層帯が別々に活動する場合、衣笠・北武断層帯では、少なくともマグニチュードが6.7程度の地震が発生すると推定され、その時のずれの量は1m程度となる可能性がありますが、他のデータをもとに計算により求めると、マグニチュード7.0程度もしくはそれ以上、ずれの量が2m程度もしくはそれ以上となる可能性もあります。 武山断層帯では、マグニチュード6.6程度もしくはそれ以上の地震が発生すると推定され、その時のずれの量は1m程度もしくはそれ以上となる可能性があります。 なお、ここで示した両断層帯で発生する地震の規模及びずれの量の数値は、分布が確認されている範囲の断層長や平均的なずれの速度及び平均活動間隔との関係などをもとに推定したものです。 断層がさらに両側の海域に延びている可能性を考慮して、地震規模及びずれの量がさらに大きくなる可能性を示しました。 断層群主部全体が同時に活動する場合は、衣笠・北武断層帯が単独で活動する場合と同程度もしくはそれ以上の規模の地震が発生すると推定され、全体のずれの量も衣笠・北武断層帯が単独で活動する場合と同程度もしくはそれ以上となる可能性があります。 この場合の長期確率はそれぞれが単独で活動する場合の長期確率を超えることはないと考えられます。 本評価で得られた地震発生の長期確率にはそれぞれ幅がありますが、衣笠・北武断層帯、武山断層帯ともに、今後30年の間に地震が発生する可能性が、我が国の主な活断層の中ではに属することになります。 断層群南部は、全体が一つの区間として活動すると推定され、その際にはマグニチュード6.1程度もしくはそれ以上の地震が発生すると推定され、その時のずれの量は0.5m程度もしくはそれ以上となる可能性があります。 なお、断層群主部と同様に、ここで示した南部で発生する地震の規模及びずれの量の数値は、分布が確認されている範囲の断層長をもとに推定したものです。 断層が両側の海域にさらに延びている可能性があることを考慮して、地震規模及びずれの量がさらに大きくなる可能性を示しました。 断層群南部は、平均活動間隔が不明であるため、最新活動後の経過率及び将来このような地震が発生する長期確率を求めることはできません。 詳しい内容を知りたい方は、「三浦半島断層群の評価」( / (4. 6MB) )をご覧下さい。 6MB) )をご覧下さい。 詳細は、(PDF 1MB)をご覧下さい。 強震動評価 (三浦半島断層群の地震を想定した強震動評価) ( / (6. 8MB) ) 三浦半島断層群で地震が発生した場合の揺れの大きさを計算したものです。 「全国地震動予測地図」 のページです。 地震動予測地図の各種地図の閲覧、数値データ等のダウンロードが可能です。 将来ある特定の地震が発生した際に生じる長周期地震動の揺れの強さや性質を予測した地図です。 内閣府「防災情報のページ」の首都直下地震対策のページです。 活断層評価等• 長期評価 (三浦半島断層群の評価) ( / (4. 6MB) ) 三浦半島断層群の将来の地震発生の可能性についての評価です。 「関東地域の活断層の長期評価」のページです。 関東地域の活断層で発生する地震について、その活動が社会的、経済的に大きな影響を与えると考えられるM6.8以上の地震を主対象として、これまでに行われた調査研究結果等に基づき、長期評価を行いました。 (PDF 1MB) 地震調査委員会は、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震とそれ以後の地殻変動のデータを用いて、全国の主要活断層帯への影響を各断層面にかかる力の変化の度合いに基づき評価し、5つの断層帯について「地震発生確率が高くなっている可能性がある」と判断しました。 活断層調査• 日本全国の活断層(活動セグメント)の分布とそのパラメータ、日本の活断層に関係する文献の書誌データ、文献から採録された調査地点ごとの調査結果データ、地下数十キロメートルまでの地下構造データが収録されています。 国土地理院の活断層図(都市圏活断層図)のページです。 地震活動等• 地震調査委員会による毎月(および臨時)の地震活動の評価です。 各地震活動について、これまでに公表された評価結果をとりまとめたものです。 全国の地震活動の概要と地震に関する基礎知識、そして、日本を北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国及び九州・沖縄に区分し、その地方の地震活動の概要をはじめ、その地域に被害を及ぼす地震のタイプ、これまでに発生した主な被害地震の概要、都道府県別(北海道は地域別)の特徴について書かれています。 気象庁、防災科学技術研究所、大学などの地震観測データに基づく震源・震度に関する情報です。 地震発生のしくみ、地震調査研究推進本部の取組などを解説した各種パンフレットです。 地方自治体等• 銚子地方気象台のページです。 千葉県内に被害を及ぼした主な地震のリスト等を閲覧できます。 東京管区気象台のページです。 関東・中部・北陸地方の地震概況、地震活動図(管区、県別)等、様々な情報が掲載されています。 横浜地方気象台のページです。 神奈川県の主な災害や気象・地震概況等を閲覧できます。 千葉県の「防災・安全・安心」のページです。 地域防災計画や地震被害想定の結果など様々な情報を閲覧できます。 千葉市の防災のページです。 「東京都防災ホームページ」です。 地域防災計画や地震被害想定調査など様々な情報を閲覧できます。 神奈川県の「防災・消防」のページです。 地域防災計画、地震被害想定調査報告書等を閲覧できます。 神奈川県温泉地学研究所のホームページです。 神奈川県内の震源分布図及び地殻変動データを閲覧できます。 横浜市の「防災・災害」のページです。 横浜市の地震情報、ハザードマップ、地域防災計画など、様々な情報を閲覧できます。 川崎市防災情報ポータルサイトです。 相模原市の防災・危機管理情報のページです。

次の

気象庁|南海トラフ地震について

地震 予想

発表する内容は、地震が発生した場所や、震度4以上の揺れが予想された地域名称などです。 震度4以上と予想された地域まで含めて発表するのは、震度を予想する際の誤差のため実際には5弱である可能性があることと、震源域の断層運動の進行により、しばらく後に5弱となる可能性があるというふたつの理由によります。 猶予時間については、気象庁から発表する対象地域の最小単位が、都道府県を3~4つに分割した程度の広がりを持ち、その中でも場所によってかなり異なるものであるため、発表いたしません。 また、緊急地震速報(警報)における続報の発表は、次の通りです。 緊急地震速報(予報)が従来の地震情報と異なる点はその迅速性です。 気象庁は緊急地震速報(予報)として下図のように地震を検知してから数秒~1分程度の間に数回 5~10回程度 発表します。 第1報は迅速性を優先し、その後提供する情報の精度は徐々に高くなっていきます。 ほぼ精度が安定したと考えられる時点で最終報を発表し、その地震に対する緊急地震速報の提供を終了します。 島嶼部など観測点密度の低い地域では、実際の地震であってもキャンセル報を発信する場合があります。 なお、この場合には、キャンセル報の発信までに30秒程度かかることがあります。 なお、緊急地震速報(予報)の処理手法等については、[PDF形式: 1,829KB]をご覧ください。 ) 緊急地震速報に係る法律上の規定 注)ここでは、地震動の警報及び特別警報は緊急地震速報(警報)、地震動の予報は緊急地震速報(予報)と必要に応じて読み替えてください。 気象庁による地震動の予報及び警報の実施 気象庁は、発生した断層運動による地震動(以下では単に「地震動」といいます。 )の一般の利用に適合する予報及び警報をしなければなりません。 気象庁以外の者に対する地震動の予報の業務の許可 気象庁以外の者が地震動の予報の業務を行おうとする場合は、気象庁長官の許可を受けなければなりません。 気象庁以外の者による地震動の警報の制限 気象庁以外の者は、地震動の警報をしてはなりません。 地震動の警報の伝達 気象庁は地震動の警報をした場合、直ちに政令で指定された機関(現在は日本放送協会になります。 )に通知しなければなりません。 通知された日本放送協会は直ちに警報を放送しなければなりません。 また、地震動の予報の業務の許可を受けた者は、気象庁が発表する地震動の警報の迅速な伝達に努めなければなりません。 また、気象業務法及び国土交通省設置法の一部を改正する法律(平成25年法律第23号)の施行(平成25年8月30日)に伴い、新たに「特別警報」が規定されました。 気象庁は、 予想される現象が特に異常であるため重大な災害の起こるおそれが著しく大きい場合として気象庁が定める基準に該当する場合に、その旨を示して地震動の一般に利用に適合する警報(「特別警報」のことです。 )をしなければなりません。 この「気象庁が定める基準」は、「震度6弱以上の大きさの地震動が予想される場合」となります(平成25年気象庁告示第7号)。 緊急地震速報と地震動の特別警報、警報及び予報との関係.

次の