お引き受け くださ り。 「引き受ける」仕事で使う時の敬語は?お礼のメール例文や英語も

お引き受けいただき/いたします/いたしかねます /文例・敬語の使い方・意味

お引き受け くださ り

新着情報• 出版物、DVDのご案内 新刊書籍「ピンチをチャンスに変える運命法則(藤谷泰光著)」 闇の人生を大逆転させて、光の人生を歩むための運命法則 天と繋がりピンチをチャンスに変える方法! 以下のようなピンチを持たれている方に本書をお勧めします。 病気で苦しんでいる人• 引きこもり、鬱、パニック障害、DV等で苦しんでいる人• 人間関係で悩んでおられる人a• 素晴らしいご縁が欲しいい人• 生きることが苦しい、辛いという人• お金の問題で悩んでる人• 人生をもっと明るく、ワクワク、イキイキと幸せを感じ生きていきたい人• 自分も周りの人も幸せにしたい人• 自然との調和をとりながら生きてゆきたい人• 平和な世界を築きたい人.

次の

ワンダーライフ

お引き受け くださ り

社会人として生活していると、さまざまな年代や立場の人と話す機会があります。 一般的に、社会人は敬語で話すことがマナーと言われており、特に目上の人に対しての言葉や話し方には、細心の注意を払う必要があります。 ビジネスシーンでは誤った敬語を使うと、相手に悪い印象を与えたり、信頼関係にヒビが入ったりする危険性もあります。 ですから、言葉の使い方や意味は、正確に理解した上で使う必要があるのです。 さまざまな言葉の意味や使い方を正しく理解し、美しい敬語で話すことができれば、社会人としても胸を張って行動することができるでしょう。 今回は、ビジネスシーンで頻繁に使われる、「引き受ける」という言葉をピックアップして、正しい意味や使い方などをご紹介していきます。 「引き受ける」の意味 早速、今回のテーマである「引き受ける」という言葉について、意味をご紹介していきます。 「引き受ける」という言葉は、ビジネスシーンだけでなく、日常的にも頻繁に使う言葉ですが、正しい意味や使い方について改めて考えてみると、「よく分からない」と感じる方もいらっしゃると予想できます。 また、「引き受けるの意味・使い方を説明するように」と言われた場合、上手く言葉にすることができないという方も、いらっしゃるでしょう。 ですからまずは、「引き受ける」という言葉の意味について、確認していきましょう。 「引き受ける」の言葉としての意味 「引き受ける」という言葉について、「weblio辞書」で意味を確認した所、「責任をもって仕事などを受け持つ。 担当する。 あとを受け継ぐ。 保証人になる。 応対する。 上記の内容から、「引き受ける」という言葉には、上記のような4つの意味やニュアンスが含まれていることになりますが、いずれも日常会話やビジネスシーンで使用されることが多いと言えます。 意味やニュアンスを誤って受け取ってしまうと、会話ややり取りが噛み合わない可能性もある為、会話の際はどのような意味・ニュアンスで使われているのか、読み取ることが大切です。 「引き受ける」の一般的な意味 上記では、単語や言葉としての「引き受ける」の意味をご紹介しましたが、一般的な会話などにおいては、どのような意味やニュアンスで使用されるのか、考察していきます。 一般的に、「引き受ける」は、自分・他人どちらにも使うことができる言葉です。 自分が使う場合は、「私が引き受けます」などのよう、自ら物事を担当する場合に使われることが多いと言えるでしょう。 反対に、他人に対して使う場合は、「あの人に引き受けてもらう」などのように、物事などを人に任せる際に使われたり、依頼の意味合いを含んでいたりすることが多いと予想することができます。 また、上記の意味合いの他に、後を継いだり後任となったりした場合にも、「引き受ける」という言葉は会話などで頻繁に使用されます。 「引き受ける」の敬語・謙譲語表現 上記では、単語としての「引き受ける」の意味や、一般的な会話で使われる際のニュアンスについて考察しました。 続いては、「引き受ける」を敬語や謙譲語に言い換える場合、どのように表現すれば良いのか、考察していきます。 目上の人に対して使う場合は、敬語に言い換える必要がありますし、自分が引き受ける場合は、相手によって謙譲語で表現した方が良いケースもあります。 頻繁に使う「引き受ける」という言葉の敬語・謙譲語表現は、社会人であれば覚えておいて損はない表現だと言えるでしょう。 「引き受ける」の敬語表現 「引き受ける」を敬語で表現する場合、「お」を付けて「お引き受け」と表現します。 上司などに対して、自分が仕事や係を引き受けることを宣言する場合は、「私が引き受けます」と表現すると、少々雑であったり丁寧さに掛ける印象を与えたりしてしまいます。 せっかくの宣言が、丁寧さに欠ける印象を与えたり、失礼なイメージとなったりしてしまっては、勿体無いものです。 このような場合は、「私がお引き受け致します」などと言い換え、丁寧な宣言ができるよう、心掛ける必要があります。 また、相手に何かを引き受けてもらいたい場合も、「お引き受け」を使った方が良いと言われています。 「引き受けてもらえないでしょうか?」という表現では、やはり失礼な印象を与えたり、丁寧さに欠けたイメージを与えたりする危険性があります。 このような場合は、「お引き受け頂けないでしょうか?」などと表現すると、より丁寧な言い回しで物事を依頼することができます。 「引き受ける」の謙譲語表現 上記では、「引き受ける」の敬語表現について考察しましたが、続いては謙譲語での表現について考えていきます。 「引き受ける」の謙譲語表現の1つとして、「承る」が挙げられます。 「コトバンク」では、「承る」は「引き受ける意の謙譲語。 謹んでお引き受けする。 ですから、上司などに自分から物事を引き受けることを伝える際は、「私が承ります」などと表現すると、丁寧な印象を与えられるでしょう。 メールで使える!物事を引き受ける際の例文 「引き受ける」という言葉はメジャーな言い回しですが、頻繁に使用することも多くなりがちです。 その為、ビジネスメールなどでは、「引き受ける」を毎回使用してしまい、同じような文章・文面になってしまうこともあるでしょう。 毎回似たような内容や文章でメールなどのやり取りをすることは、マナー違反というわけではありませんが、お互いにマンネリ化してしまう可能性はあります。 上記のようなマンネリ化を防ぐ為には、同義語などを使って、同じような内容をさまざまな言葉で表現すると良いでしょう。 そこで、続いては「引き受ける」の同義語や、同じような意味の別の表現などをご紹介していきます。 「引き受ける」という言葉は、日常的にもよく使う言葉ですが、意味やニュアンスを複数持っている為、相手がどのような意図で使用しているのか、正確に読み取る必要があります。 その為には、「引き受ける」という言葉に含まれている意味やニュアンスを正しく理解しておく必要があります。 また、「引き受ける」と同じような意味を持つ言い回しは、多数存在します。 ビジネスメールなどにおける文章ややり取りのマンネリ化を回避する為にも、同義語や似たような意味の表現は、頭に入れておくことをおすすめします。 「引き受ける」は、多くの人にとって、身近な言葉だと考えられますが、だからこそ意味や使い方について、この機会に確認してみて下さい。 担当する。 ・代わってする。 あとを受け継ぐ。 ・保証する。 保証人になる。 ・ 相手になる。 応対する。 謹んでお引き受けする。

次の

引き受けるの謙譲語は?依頼を受けるや受諾や承諾の敬語のメールも

お引き受け くださ り

「引き受ける」ってどういう意味? 「引き受ける」は「責任を持つ」こと 「引き受ける」には「責任を持って(仕事などを)担当する」とか、「負担する・承諾する・受け継ぐ・交代する」といった意味があります。 たとえば、「身元を引き受ける」といえばその人の身元保証人になるということで、「役員を引き受けた」は「任期中は役員として働くことを承諾した」という意味になります。 引き受ける人のことを「引き受け手(ひきうけて)」と呼ぶこともあり、「だれも引き受け手がいない」のように使います。 類語は「受け持つ・承諾する」 「引き受ける」の類語には、「承諾する・受諾する・承知する」のほか、「受け合う・肩代わりする・受け持つ」などがあります。 「二つ返事(ふたつへんじ)で引き受ける」という言い方がありますが、これは「はいはい」と快く引き受けるようすを表す表現で、「二つ返事」だけでも「引き受ける・快諾する」という意味で通じます。 英語では「undertake」 「引き受ける」と同じ意味をもつ英語表現には次のようなものがあります。 undertake(引き受ける・請け負う) I will undertake the work. (その仕事、引き受けましょう) Will you undertake the work? (仕事を引き受けてくれますか?) I wish you to undertake some duties for me. (あなたに業務を代行してほしい)• accept(受諾する・引き受ける) I would be delighted to accept. (彼はそれに納得しない)• take on(仕事などを引き受ける・受注する) Take on some work. (仕事を請ける) Please take on that payment. (支払いはあなたが負担してください) 「引き受ける」を敬語にすると? 相手への依頼やお礼は「お~ください」 相手に引き受けて欲しいときの「依頼」や、引き受けてもらったときの「お礼」には「引き受ける」に「お~ください」を付けて丁寧語にすればビジネスシーンでも使えます。 ただし、目上の方に対して「引き受けてください」を使うと場合によっては不躾な印象になるため、できるだけ「お願いします」「ご承諾ください」などの表現に変えましょう。 相手に「引き受けてください」と依頼する場合 「お引き受けください・お引き受けいただけませんでしょうか」としたり、類語を使って婉曲に「ご承諾ください」「お受けください」と表現します。 相手に「引き受けてもらった」ことへのお礼 「快くお引き受け下さり(引き受けて頂き)感謝します」「ご快諾(ご承諾)いただきありがとうございます」となります。 役職や仕事を引き受けるなら謙譲語で 自分自身が役職や業務を依頼された場合には、相手の依頼を受け入れる側の立場であることに注意して不遜な印象にならないよう注意して「お引き受けいたします」と謙遜表現を使います。 「引き受ける」という表現に抵抗があるなら「承知いたしました・承りました」と言い換えましょう。 「よろこんでお受けします」と感情を乗せると積極的に取り組む姿勢を表現でき、「微力ながら引き継がせて頂きます」と依頼された内容を具体的に付け加えることで、意欲を表現することができます。 ただし「引き受けさせていただきます」という言い方は、責任を伴う「引き受ける」と「~させていただく(謙譲)」のバランスが悪いため、「引き受ける」を使うなら「いたします」と言い切ったほうがスマートです。 「引き受ける」を使ったビジネスメール例文 最後に、自分が「引き受ける」場合と「相手に依頼する」場合のメール例文をそれぞれ紹介します。 目上の方に何らかの役割をお願いするときにはメールや手紙ではなく、直接出向いて口頭で依頼するのがマナーです。 それが不可能な場合はひとこと断りを入れましょう。 自分が引き受けるとき• 承知いたしました。 その時間帯でしたらいつでもお受けすることができます。 この度のご提案、まことにありがとうございます。 私のような者でよろしければ喜んでお引き受けいたします。 微力ではございますが、少しでもお役に立てれば幸いと存じます。 甚だ力不足とは存じますが、今回の大役をお受けしたいと考えております。 今回に限りお引き受けしますが、次回はご容赦くださいませ。 恐れ入りますが、当方ではお受けいたしかねます。 相手に引き受けてもらうとき• ご多忙の折たいへん恐れ入りますが、〇〇係をお引き受けいただくことになりました。 お忙しいこととは存じますが、次週の司会進行役をお引き受け願えませんでしょうか。 無理なお願いとは承知の上で、お聞き入れ賜りたくお願い申し上げる次第です。 急な申し出につきご迷惑とは存じますが、何卒お引き受けいただきますようお願い申し上げます。 引き受けてもらったお礼の例文• 先日は突然の申し出にもかかわらず、ご快諾いただきまして心より感謝申し上げます。 その節は、無理なお願いを快くお引き受けいただき誠にありがとうございました。 まとめ 「引き受ける」には自分の意志で責任を負担する・受け持つという意味合いがあり、目上に対して使うと僭越で失礼になることもあります。 自分が引き受ける場合には過度にへりくだることなく、適切な敬語を使うようにしましょう。

次の