セリア ファイヤー スターター。 セリアのファイアスターターを買ってみました

【やっと見つけた】セリアのファイアスターター!使い方をご紹介

セリア ファイヤー スターター

前置き 何気なくセリアに行ったら、な、なんと・・・ファイヤースターター(メタルマッチ)が 売っていました。 まさか、ファイヤースターターが100均で買えるとは思っていませんでした。 私も、2年前くらいにネットで似たようなものを購入しましたが、150円くらいしたので100円で買えるのはお得なのでは?(実際は110円だけどね) しか~し、100円のものは火が着かないんでぃないかい! ということで、実際に使ってみましょう。 100均のファイヤースターターを使ってみた。 そうすると、火花が散るので用意していた火口(ほぐち)などに着火するだけです。 ヘラには、鋭利になっている部分と、ギザギザしている部分があり 鋭利な部分は、火花を散らす時に使う場所てす。 ギザギザの部分は、棒を削って粉末を作ることで火花を散らした時に粉末に着火し、火口などに火が着けやすくなります。 また、火口などに着火させる時は、ファイヤースターターを火口に押し当てた状態で 使いましょう。 (火口から出来るだけ近いところで、火花を散らす。 ) 高いところから火花を落としても、火が着きにくい。 ティッシュに着火 まずは火の着きやすいティッシュで試してみます。 えい! 1回擦ったら火が着きました。 さすがティッシュ燃えやすい。 木くずに着火 鉋(かんな)を使ったあとにでた木くずを用意しました。 それでは、えいやー お、火が着きました。 やはりティッシュと違って火が着きにくかったが、何回か擦れば着けることが出来ました。 メモ用紙に着火 最後にメモ用紙を用意。 何回か擦ったのですが火が着かなかった。 ギザギザの部分で棒を削って粉末を作ってから再度挑戦! (粉末を作る時は、棒の先端部分を削ってあげた方がいいかもしれません。 使っていくと、段々と棒の真ん中が減っていき先端の方が太くなる為) そぉい! おおー粉末のおかげで着きましたー。 結構大変でしたが、火を着けることができました。 感想 3つの火口で試しましたが、すべて着火させることが出来たので使えるのではないでしょうか! ネット通販などを見ると500円~2,000円するものが売っていますが100円で手に入るなら、キャンプ初心者の方は1本購入してもいいと思います。 ちょっと上級者気分を味わえる。

次の

セリア「ファイアスターター」をアウトドア好きが大絶賛…使い勝手良すぎ、子どもも大喜び

セリア ファイヤー スターター

ファイヤースターターって何? セリアの商品名は『ファイアスターター』ですが、一般的には『ファイヤースターター』の方がメジャーの様なので、ここからはファイヤースターターと表記します。 ファイヤースターターは火をつけるための器具です。 マグネシウムを削り、そこにマグネシウムと金属(または火打石)を擦り合わせて火花を飛ばし、着火します。 はじめは燃えやすいティッシュペーパーや麻ひもをほぐしたもの(火口)、などに着火させ、徐々に火を大きくしていくそうです。 実際にやってみると火打石よりは、金属の方が擦り合わせやすい感じがしました。 100円ではないけれど、1,000円切る価格でさらにカッコ良くて使いやすそうなファイヤースターターがたくさんありました。 着火前の準備 ティッシュペーパーでも良いのですが、せっかくならと麻ひもを30cm程度にカットして、ほぐしていきます。 よじれをとったと思ったらからまったりと、結構面倒なので、 30cmよりも短くした方がほぐす作業はやりやすそうです。 ふんわりした麻玉? が出来上がりました。 コレは火付きが良さそうです。 このモフモフ麻玉は暇なときにでも黙々と作っておきましょう。 ちなみに、結構カスがひろがるので、新聞紙などを敷いておくことをオススメします。 今回使用した麻紐もセリアのものです。 100円で約70mあるそうなので、1つあればたくさんのふわふわ麻玉が作れそう。 疲れそうですが・・・。 あの小さな種火からいきなり炭に火をつけるのは難しいので、薪よりもさらに小さくて燃えやすい小枝などを用意します。 徐々に火が付きにくいものへ段階を踏む感じです。 ここがつまずきポイントになりそうですね。 事前準備をしっかりしないとダメですね。 早速使ってみよう 開封時、マグネシウムの棒部分には黒いコーティングがされています。 一瞬この黒いのがマグネシウム?! と思ったら違うそうです。 この辺は既に体験された方々のブログを見て知りました。 先輩たち、ありがとうございます! ということで、ガリガリ削っちゃって大丈夫です。 黒いコーティングをきれいに剥がしちゃった方がしっかりマグネシウムを削れるので、むしろ コーティングは剥がすべし。 黒いコーティングがなくなってきたら、いよいよマグネシウムを削ってティッシュや麻のふわふわ玉に乗せます。 スポンサーリンク いよいよ火花を散らします 火花を散らす際のスクレーパーとマグネシウム芯は写真のようにVの字にして、手首のスナップを使い、スクレーパーをシュッとこすり合わせます。 先ほどのマグネシウムを削る ガリガリではなく、シュッとです。 すると火花がバチッと飛びます。 フラットな面でも角でも火花は散っていました。 何度か繰り返すと着火できました!! 思ったよりも簡単でビックリしました。 でも、私よりも夫の方があっという間(3回くらいりのシュッと)に着火できたので、上手い下手があるのかな? 力かな? 慣れなのかな? 悔しいので、私はもうちょっと修行したいと思います。 そして、問題はここから 火を大きくしていく事ですね。 そこがやっぱり 難しそう。 小枝や他にもよく燃えそうなものをたくさん仕込んでおかないと、なかなか火を大きくできないかも。 これも何回か練習が必要かもしれません。 家での実験なので、そこまで挑戦できませんでしたが、次回のキャンプでは頑張りたいと思います。 キャンプもこういうミッションがあると盛り上がりますね。 今回非常に参考になったのがいつも楽しくわかりやすい記事をアップしているです! 動画もあり、体験談のレポなのでとてもわかりやすかったです。 実は失敗のご報告という記事なんですが、これを読んだおかげて私は思ったよりも簡単に着火することができました。 のざるさんありがとうございます!!.

次の

セリアのファイアスターターを買ってみました

セリア ファイヤー スターター

SISOはタバコを吸わないので、普段、ライターを持ち歩いていません。 また、防災用品の1つとしてライターは有効かと思いますが、放置保管しておくと長期間でガスが抜けてしまうこともあるそうです。 ファイヤースターターで火をつけてハードな気分! もっともらしい購入動機を、冒頭にいろいろ書いてみました。 でも、まあ、ほとんど、好奇心です。 値段も送料込みで160円(amazonを見ていると、130円~200円前後でうろうろしています)、これで 「男の浪漫」が満たされるのであれば、安いものです。 これ、本体の黒い棒部分がマグネシウムでできているみたいです。 金属プレートが付いていますので、恐らく、こっちが火打ち金なんでしょう。 黒い棒はマグネシウムのようで、付属の金属プレートでこすると、黒い棒部分が削れて火花が飛ぶという仕組みのようです。 金属プレートの先端はギザギザになっています。 これは、着火力を高めるために相手側にマグネシウムの粉をかける、という使い方がありますが、このために、棒を削るためのもののようです。 使い方は、マグネシウムの棒の金属板で削り取るようにこすります。 特に方向はありませんが、やり易さから考えて、手前から向こう側へこするのが良いかと思います。 それでは本気モードでバシュッ!とやってみます。 お~、けっこう火花出ます!昼間の明るいところでこれぐらい光りますので、夜ならもっと綺麗かもしれません。 「キャンプ・アウトドア、防災用品」なんて書いてありますが、キャンプではライターやマッチを持って行くでしょうから、マグネシウムファイヤースターターを使うことなんてないと思われます。 でも、防災用品として長期保存しておく場合、経年劣化的な問題もあるでしょうから、1つ備えておいて損はないかもしれません。 また、持っていても使えなければ、いざという時に、スマートダディとして失格です。 そんなわけで、実際に着火してみました。 これが意外や意外、案外、簡単でびっくりしました。 ファイヤースターターで火を起こす方法 ファイヤースターターで火をつける場合、いきなり大きな物に火をつけることはできませんので、まずは、ティッシュペーパーなどの密度が低くて火の付きやすいものに着火します。 後は、新聞紙を細かくしたものなどに火を移し、さらにだんだん大きなものに火を移していくことで木などに着火します。 ということで、ティッシュペーパーに火をつけるところまでやってみました。 やり方は、やんわりと丸めたティッシュペーパーの中にマグネシウム棒を突っ込んでおき、それを火打ち金で抑えておいてマグネシウム棒を引き抜く方向に動かすのをメインとしながら火打ち金も動かして相対速度を稼ぐ、という感じでやってみました。 こする場所は、火打ち金の側面に塗装されていない部分があるので、そことマグネシウム棒をこすり合わせます。 お~、案外、簡単に火が着きました!本当に焚き火とかするのであれば、ここから新聞紙、小枝、薪、という感じで火を大きくしていけばよいですね!何度かやってみましたが、だいたい5~6回でティッシュペーパーに火をつけることができました。 マグネシウム棒と火打ち金をしっかりとこするのがポイントのようです。 上手になったら一発で着火できるようになるかな? ちなみに、火花を飛ばすたびにマグネシウムの棒が削れていきますので、永久に使えるというものではありません。 いろいろなショップが出品しているので値段がころころ変わります。 SISOが購入したのは「ファーストグローバル」というお店でした。 まあ、送料込で150円前後なら買いじゃないでしょうか。 今日の一言二言三言 火打石 役に立つのか わからない ひょっとしたら 役立つかもね 「男の浪漫」以外に何に役立つのかよくわからない一品です。 でも、何が起こるかよくわからない今日この頃です。 そんなわけで、どんなスキルが役に立つのかもわからない今日この頃です。 もしかしたら、何かの役に立つ逸品になるかもしれません。 関連エントリ• SISO-LABオススメエントリ• iPod touch 64GやAndroid携帯の購入を検討して悩んだ挙句、AU版iPhone4S 64G(白ロム無契約)を購入して愛用しています。 AU版白ロムiPhone4SにSIM下駄を使ってIIJmioで3G回線接続して楽しんでいます。 現在、テザリングもできてウハウハです。 箱破損品を格安新品で購入しました。 iOSばっかり触っていたのでいろいろと新鮮。 なかなかどうしてサクサク動きます。 電子書籍リーダーは楽天のkobo Touchを所有しています。 軽さは正義だ!と思います。 ダッチオーブンコンボクッカーが安かったので購入してみたのですが、何かと発見が多く、楽しく料理しています。 落描解説:アウトドアで、魚を釣ってファイヤースターターで焚き火を起こして焼いて食べるなんてシチュエーションは、普通、あり得なかったりしますが、スキルとして「ファイヤースターターで火を起こせる」というのは、あったら楽しいかと思います。

次の