韓国 ドラマ マザー あらすじ。 Mother (テレビドラマ)

韓国ドラマ「シークレット・マザー」のあらすじ、キャスト、最新ニュース|wowKorea(ワウコリア)

韓国 ドラマ マザー あらすじ

一致した生活は永久に続くと誰もが信じていた・・。 しかし.. そんなお母さんが突然姿を消してしまう。 もうこれ以上お母さんを抱くことも、ダダをこね甘えることも、町で見かけることすらできない。 事故の事実を葬った、社会的強者の野蛮な行為と、世間の無関心と闘いながら、一生母を恥じていた娘、そのダメな娘が今、一人で世の中に立ち向かおうとしている。 お母さんのそのごつごつした手に、一度だけでも触れることが出来るなら、なんだってやってみせる。 「彼女が消えた」 愛した女を見つけ出すために、自分の全てを投げ出した一人の男の物語 僕にとって、死ぬほど胸が痛む人。 彼女と18年ぶりに桜が舞う道端で再び会った。 町の清掃人になった彼女の手をもう触ることはできないけれど、このまま返したくもなかった。 なのに.. 彼女が突然消えてしまった... 自分のせいで一生を捨てられ身のまま生きてきた彼女を見つけるため、弱者側に立った強者。 どんな手を使ってでも、私が持っている全てを投げ捨ててでも、彼女を探してみせる。 家族がとてつもなく恋しくても、会うことができない人たちがいる。 宅配業であっても、退職して憂鬱に過ごす人であっても、、、または清掃員の仕事であっても、たとえ、いくらみずぼらしい両親や子供だったとしてもその家族がいつもそばにいるということは、世界一、大切な贈り物であり、幸福である。 あらすじ グムボクとイェリョンとイヌの血は繋がっていませんが、同じ屋根の下で家族のように過ごしてきました。 3人の母親は共にシングルマザーで、彼女たちもまた同じ家で助け合って生活してきました。 やがて3人の少年少女は大きくなり、そろそろ社会へ巣立っていく年頃になりました。 そんなとき、平和な暮らしを切り裂く出来事が起こります。 グムボクの母ウンシルとその初恋の相手テジュンが、久しぶりに出会ってしまったのです。 このときから全ての歯車が狂いだし、3人の男女はそれぞれ試練の人生を歩むことに・・。 グムボクは母と連絡がとれなくなり、イェリョンは名前を変え、イヌはなかなかグムボクと一緒になれません。 かつて仲良く助け合って生きていた3人の男女とその母親の絆は、たった一つの出来事と企てによって引き裂かれてしまいました。 しかし、それでもグムボクたちは諦めず、活路を見出すために戦い続けます!またいつか6人が一つになれることを願いながら...。 みどころは、主人公・グムボクの壮絶な人生とラブストーリーです。 運命のいたずらのように容赦なく襲ってくる試練に立ち向かい続ける彼女の生き様。

次の

韓国ドラマ「マザー~無償の愛」感想 あらすじ 名作とはこのドラマ

韓国 ドラマ マザー あらすじ

そこでスジンは生徒の1人キム・ヘナと出会う。 クラスで育てていたアヒルが死んでしまい、生徒たちに手紙を書かせるが手紙を書こうとしないヘナは「死んだら手紙は読めない。 実際は天国はないし」という。 ヘナはスジンにアヒルの死の秘密を書いたメモを渡す。 ヘナは母親のジャヨンと母親の恋人ソラクとの3人暮らしだったが、日常的に虐待を受けている疑いがあった。 一方、スジンの母親チャ・ヨンシンは有名な女優だがスジンとは10年近く音信不通だった。 ガンであることを宣告されたヨンシンはスジンの行方を捜し始めるも…。 手紙を書こうとしないヘナにスジンはなんというのか?ヘナがスジンに渡したメモには何が書いてあったのか?日本版で芦田愛菜が演じた役を韓国版で演じたのはホ・ユル。 400倍のオーディション倍率を勝ち抜いた子役で、「百想芸術大賞2018」で作品賞と共に、ホ・ユルも新人賞を受賞した。 天才子役として一大子役ブームを巻き起こした芦田愛菜に比べると少々か弱さに欠けているようにもみえるが、回が進むごとにその秀でた演技力も見えてくるのでお楽しみに。 そしてその母ジャヨンを演じたのは、に出演したコ・ソンヒ。 先輩にヘナのことを託して出国しようとするが、忘れ物を届けるために家を訪ねると、ごみ袋に入れられ捨てられているヘナを発見。。 捨てられたヘナを助けるためには、母親と切り離すしかないと考える。 スジンは結局ヘナを誘拐して一緒にアイスランドへ連れていくことを決める。 ヘナが失踪したと見せかけ、2人は密かに空港へ向かう。 バスの中でスジンはヘナに『ユンボク』という新しい名前を与え、自分を母と呼ぶように言うのだった。 一方、警察はいなくなったヘナを公開捜査するように言うが、虐待がばれるのを恐れる母ジャヨンはこれを嫌がる。 ゴミ袋に我が子!?目を覆いたくなる虐待は、絵空事ではない。 このような痛ましい事件は日本でも韓国でもある。 で初の母役に挑戦したイ・ボヨン。 実生活では夫で人気俳優のチソンとの間に2人の子を持つイ・ボヨン。 韓国でも日々報道される児童虐待事件を見て「誰かがやらなくては!」と使命感に駆られて本作の主演を演じることにしたそうだ。 統一して原則ヘナとして記載。 一方、失踪したヘナの行方を追って捜査が始まり、ジャヨンとソラクは虐待の事実が明らかになることを案じていた。 ゲストハウスのオーナーの女から偽造パスポートを買おうとしたスジンだったが、女が臓器売買をしていると知り逃げ出し、結局金だけ取られて終わってしまう。 失意に泣き出すスジン。 だがその時、ヘナがいなくなってしまう。 ヘナを見つけたスジンは、かつて自分が暮らした児童養護施設に向かうのだった。 しかしそこで2人が目にしたのは…。 2人が向かったのはで有名になった春川。 春川に向かう電車の中で、スジンの悲しい生い立ちが回想シーンで流れる。 だが、スジンたちはクララ先生と3人で楽しい生活を始める。 一方、担当刑事のイ・チャングンは相変わらずソラクとジャヨンを疑い捜査を続けているが、ジャヨンがネットで抗議したこともあり世間からの反応は厳しい。 さらに捜査の途中、チャングンはヘナの行動からスジンについて疑問を持ち、調べ始める。 テレビに映る母ジェヨンを見て、母は悲しんでいないことに気づき、幼いながらに『ユンボク』として生きる決心をする。 不安になるスジンをクララ先生が勇気づけ、スジンが施設の前に繋がれていたカギを渡す。 そんな中、つかの間の穏やかな3人での暮らしが壊れてしまう。 クララ先生の親戚が施設を取り壊そうと訪ねてきた。 クララ先生が病院に連れいかれ、スジンとヘナの逃避行は再び始まる。 ジャヨンがイ刑事に最も腹を立てたのが、自分を「オモニ=お母さん」と呼ぶこととは呆れる。 施設でヘナがクララ先生に懐いている様子がほほえましい。 老いたクララ先生を演じたのはでパク・ヒョンシクの祖母役を演じたイェ・スジョン。 ヘナ(ユンボク)失踪事件を担当するイ・チャングン刑事役をでEXO-D. の父で王様役を演じたチョ・ハンチョル。 01スタート 月~金16:00-16:55 再放送 2019. 30-10.

次の

韓国ドラマ《まぶしくて

韓国 ドラマ マザー あらすじ

最終回が決定的に違った そして、韓国版のMother マザー と日本版のMotherの 決定的な違いは最終回でした。 女性が捕まり、女の子が養護施設に行った後、女の子が女性に電話を掛けて、日本版でも有名なあの名セリフ 「私をもう一度誘拐して!」 と涙を流しながら、お願いし、一人で会いに行くところまでは同じなのですが・・・ 日本のMotherでは、松雪泰子演じる女性が、女の子を施設に戻すのですが、その際に手紙を渡し、また12年後に会おうという思いを伝えます。 そして、韓国版のMother マザー でも、スジンは、自分に会いに来たヘナを一度は施設に戻します。 しかし、2年の月日が経つ中で、スジンは「ヘナを何とか養子として迎えることは出来ないか」と考えるようになるのです。 そして、弁護士に相談して、法的にヘナを養子として迎える方法を見つけます。 さらにメディア関係の仕事をしている友人を通じて、事件に到った経緯とヘナに対する思いをテレビで伝え、世論を味方に付けていきます。 そんな彼女の懸命な努力が実って、 スジンはヘナを正式に養子として迎えること成功し、ハッピーエンドを迎えるのでした。 韓国版のMotherの価値観 ドラマの中で、ヘナを養子として迎えようと努力していたスジンは、スジンの行為に反感を持っていた施設の女性に、こんなセリフを言います。 「一度、母になったら、その子を忘れることは出来ないんです。 」 もちろん、そういった思いは日本でも共通していると思うのですが・・・ 韓国では、 感情が既存のルールの枠を超えてしまう時があります。 韓国版のMotherでも、• スジンは誘拐犯だからヘナに会ってもいけない• でもスジンとヘナがお互いを思う心は本物• じゃあ、何とか二人が親子になれる道を見つけよう という方向に話は進んで行きます。 日本の場合だと、会えないというルールがあれば、そのルールを守りながら、それでもいつか会おうという強い気持ちは持ち続ける人が多いです。 でも、この韓国版のMother マザー を作った人も含めて、多くの韓国人達は、そういうやり方は理解できないのかもしれません。 決して、どちらの考え方が良いという話ではなく、 これが文化の違いなんだと思います。 韓国でマザーがリメークされた背景 実際、リメークという話を聞くと、興ざめする人も多いかもしれません。 ただ、韓国版のMother マザー は、 ドラマとしては非常に見応えがありましたし、妻も毎回ウルウル泣いていました。 実は、Mother マザー が韓国でリメークされたというのは、韓国のある事情があったからだと言われています。 その事情とは、 最近の韓国は、家族内の虐待や事件が非常に増えているという現実です。 そういった社会に家族の絆とは何か、問いかけるドラマが必要だったというのです。 韓国では、整形文化が発達し、外見に異常にこだわる人達がどんどん増えています。 しかし、その一方で、 心のあり方を軽視する人が増えているのではないかと危惧する気持ちが個人的にはあります。 日本でも児童虐待が増える社会に警鐘を鳴らすような形で、Motherが作られたと思うのですが、こういったメッセージ性の強いドラマは、世界中でどんどんリメークされたらいいんじゃないかなと思います。 ちなみに、韓国では、「いま、会いにゆきます」のリメーク版が公開されようとしていますが、このドラマも家族の絆を描いたものですよね。 最近、韓国は日本のリメーク多いなーと思いつつも、その中で日本の文化が良い意味で伝わればいいのかもしれません。 はじめまして。 最近、ケンさんのブログをみつけて、とても楽しく拝見しました。 私は、子どもさん相手 主に発達障害児 に仕事をしていたこともあり、こういうドラマに興味があります。 話はそれるのですが、何年か前に、韓国人研究者の有名な論文をみて、私もそう感じていた!と思ったことがあります。 その研究は、高陽市をフィールドにしたものですが、38人に1人の割合で、自閉症スペクトラムの児童がいた。 という内容でした。 ふと、韓国での特別支援教育はどうなのかな?とも思ったことがあります。 実際、こちらでも、クラスに、2、3人いる感覚です。 教育とは、良い学校に入る。 お利口さんをつくる。 ことではなく、その子その子の個性を認め伸ばし、人格を育むことじゃないかなぁ。 などと思います。 児童養護施設に縁があったことがありますが、虐待を受けた子どもは成長していく過程で様々な困難を抱えます。 マザー というドラマの話題から、韓国や日本の子ども達を取り巻く状況はどうかな。 と思いました。 ただ、特別支援教育を行っているような学校は、それでほど数が多くないので、バスで通ったりしているのが現状のようです。 あと、少し話がそれますが、日本だと日本語の出来ない外国人の子供が学校に来ると、担当の先生が別途ついたりして下さいますが、韓国の学校ではそういったフォローは一切ありません。 日本だと、学校の先生が、勉強を教えるだけでなく、部活の指導や、体育祭、文化祭、合唱コンクールなどいろいろな面でやることがたくさんありますが、韓国の学校の先生は、勉強を教えることに特化している印象があります。 ですから教育という観点から見れば、私は日本の子供たちの方が、韓国の子供たちよりも恵まれた環境にあるのかなあって思います。

次の