とくダネ 伊藤 アナ 休み。 『とくダネ!』伊藤利尋アナが大失言|エンタMEGA

休養の小倉智昭氏へ「とくダネ」冒頭で視聴者メッセージ 伊藤&山崎アナ「精いっぱい務める」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

とくダネ 伊藤 アナ 休み

4月からフジテレビ系朝の看板情報番組『とくダネ!』に、新しく伊藤利尋アナウンサーがキャスターとして加わることが発表された。 「この数年、メインキャスターの小倉智昭の降板説がささやかれながらも、番組視聴率は、裏の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)や『スッキリ』(日本テレビ系)と横一線。 「1999年から『とくダネ!』のアシスタントを務めている笠井信輔アナです。 笠井アナは、小倉のMCのポジションへの野望がありあり。 夏休みや海外取材などで小倉がスタジオに不在の時は、うれしそうにMC席に座り、普段以上にイキイキと仕事をしていることは有名で、2016年に小倉が膀胱がんの手術のために番組を1週間休むと番組内で報告した際に、『笠井くんの期待に応えられないのは残念ですが、ちゃんと戻ってきます』とイヤミをかましたほどでした」(テレビ雑誌記者) だが、99年から、約20年にもわたって『とくダネ!』に仕えながら、今回、キャスター昇格ならず、7年も後輩の伊藤アナにその座を奪われてしまったのか。 「ネットで笠井アナの名前を検索すると、関連ワードの上位に『うざい』『下手』という単語が出てきますし、『とくダネの笠井アナが嫌いです』といった書き込みばかりがヒットします。 要は、人気がない。 かなりの嫌われ者なのです」(同) では社内での評価は? フジ番組関係者がこう明かしてくれた。 アナウンス技術は壊滅的で、まともにニュース原稿を読ませられないにもかかわらず、常にどこか上から目線。 この数年は、積極的にスタジオ内で自説を振りまきますが、いつもピント外れでウザさが増していて、よく小倉さんをイラつかせていますからね。 有名なのは、番組のエンディングで同番組の公式ブログ『WEBとくダネ!』の話題になったときに、笠井が『文章がおもしろいですよね。 スタジオよりも面白いときがあるんですよ』と発言したこと。 瞬間、小倉さんの顔色が変わり、『何それ、何その言い方!』とブチ切れた瞬間、番組は終了。 CM入りして事なきを得ましたが、あの後番組が続いていたら、放送事故級の雰囲気の悪さを全国に見せつけることになったはずです」 先日は、眞子さまと小室圭さんの結婚のニュースに、眞子さまの「マリッジブルー」だと言いはじめ、スタジオの誰からも賛同を得られずオールスルーされている。 彼が看板番組の主要ポストを任されることは、今後もなさそうだ。

次の

伊藤利尋

とくダネ 伊藤 アナ 休み

海老原優香が『とくダネ!』をわずか降板?わずか半年で? フジテレビにおいて、朝の情報番組として長年続いている 『とくダネ!』が 2018年4月からの新キャストを公表しました。 新キャストを紹介する前に、現在のキャストをご紹介します。 昨年9月末に、 5年間MCを務めた菊川怜さんが卒業することになり 新しく、 新人アナウンサーの海老原優香アナがMCアシスタントとして起用されました。 梅津弥英子アナに代わって、ベテランどころの伊藤利尋アナになったんですね。 そして 今ではどの番組のMCにも引っ張りだこと言っても過言ではないほど 大活躍している山崎夕貴アナが起用されたんですね。 てことは、海老原優香アナは降板ってこと? 10月からのわずか半年で降板って早すぎじゃないですか?! 『とくダネ!』の歴代女性MCは? ちなみに『とくダネ!』で小倉智昭さんとコンビを組んできた 歴代MCの方々をご紹介します。 そんな3人の方とは比較対象にならないほどの短い期間 わずか、 半年!! 海老原優香アナのわずか半年でのMC降板には 何か理由でもあるのでしょうか? 海老原優香への不評が多い理由とは? 海老原優香の短い期間での降板について色々と調べてみました。 大々的に言われているわけではないので実際はわかりませんが 『とくダネ!』においての海老原優香アナの評判が どうやらあまり良くないらしいのです。 むしろ、どちらかと言えば… まさしく、 不評。 なぜ、 海老原優香アナへの不評が多いのでしょうか? 視聴者からの不評 ネット上で言われている不評をまとめてみますと 「下がり眉で、朝からテンションが下がる」 「目つきが悪い」 「原稿を読んでいるだけのように聞こえてやる気がないの?」 「若さが感じられない」 「小倉さんの横に座ってるだけ」 「喋らないし暗い」 「口をとがらせていて機嫌が悪く見える」 と、他にも結構ありましたが大体まとめるとこんな感じでした。 逆に、まとめてみてもこんなにありました 笑 すごい、悪口?! と、一見思いますが視聴者は素直ですからね。 朝の情報番組の顔ともなる女性アナウンサーが 見ていて気分の悪い人だと 番組自体を観たくなくなりますからね。 結局は番組の存続に関わってきてしまいますから こういった意見はかなり重要なことになりますよね。 番組制作側からの不評 先ほどの視聴者側からの不評以外に 実は番組制作側に対しても失礼となるようなことがあったそうです。 昨年12月22日に放送された『とくダネ!』では コメンテーターとして、 横綱審議委員の山内昌之さんと 相撲取材の重鎮とも言える 横野レイコレポーターを招いて 大相撲の問題について話が進んでいたそうです。 そういうのがいま、(報道を)やっている側ですが、どこまで憶測で話していいんだろうかって……」 と発言したのだそうです。 完全に視聴者側の意見の一部ですよね。 現に大相撲に関係する方をコメンテーターに招いて意見を伺う立場において コメンテーターを否定しているともとられかねない 何とも浅はかな意見を言ってしまったようです。 それに対して横審の山内昌之さんは 「海老原さんが憶測とおっしゃったことだけど、憶測というのは根拠がないことを自分の推量や想像で語ることに限りなく近いものが憶測。 そうではなくて、今日の(発言)は報告書という具体的な資料、証拠があって、それを各人が分析しながら、証拠・証言に基づいて発言しているわけ。 ですから、これは憶測ではないんですよ」 と、海老原優香アナに対して厳しく言ったそうです。 んー、ちょっとこれはまずい気がしますね。 このことで番組制作側としても 「大丈夫かな?」と思ったのではないでょうか? (それこそ私の憶測ですが…) こういった海老原優香アナの言動に対しての不評が多いということなんですね。 『とくダネ!』レギュラー大抜擢の後の厳しい現実で 体調などを崩さなければいいのですが…。 今後の海老原優香アナは一体どうなるのでしょうか? 是非とも気持ちを切り替えて活躍して欲しいものです! 最後までお付き合い下さりどうもありがとうございました。 Sponsored Link スポンサードリンク.

次の

「とくダネ!」来年終了へ 小倉智昭が望む後任、笠井信輔アナ起用ならギャラはいくら?

とくダネ 伊藤 アナ 休み

内容は3月の末で仮設住宅から強制的に移動させられる被災者へのインタビューだったのですが、問題視されたのは、笠井アナのありえない行動だったのです。 仮設住宅のインタビュー時は雨が降っていたのですが、笠井アナはずぶ濡れの状態でしかもノックもせずにドアを開けて入り込んだのです。 想像してみてください!人様の自宅に濡れたままの状態で、室内を汚しながら入ってこられたら許せますか? 調子に乗っているのか!配慮が足りない!と言いますか、「人としてどう?」と思ってしまします。 私の子供でも友達の家にお邪魔する時はちゃんと礼儀を守ってますよ。 笠井アナはアナウンサーという立派な仕事をしているちゃんとした大人なのに、こんな常識のない行動は「バカすぎ」といわれるのも仕方ありません。 スポンサーリンク 笠井アナがとくダネ降板しろと言われるのはなぜ? 笠井アナが「とくダネ降板しろ」と言われるのは、上で紹介したバカすぎる行動だけではありませんでした。 東日本大震災の直後の取材である家族に密着した時のことでした。 濡れた車の中にある遺体を発見したのですが. なんとそのままインタビューを続けたというのです。 当時の状況を考えますと非常識!傲慢すぎやしませんか!芸能人の恋愛のスクープではないのですから、もっと考えてから行動すべきでは? 笠井アナは阪神淡路大震災の時のヘリコプター内での報道でも、はしゃいでいると思えるような態度をとっていたようです。 ただでさえ笑っているような顔されてるのだから、「直撃LIVEグッディ!」の安藤優子さんを真似したらどうですか?安藤優子さんなんか面白い話題でも神妙な表情されてますからね。 スポンサーリンク 笠井アナと伊藤利尋アナとの関係は!? 「みんなのニュース」の司会を務めていた伊藤利尋アナが「とくダネ!」のレギュラーに決まり1年以上経ちましたが、当時心配されていたのは笠井アナと伊藤利尋アナの関係性でした。 伊藤利尋アナは「アミーゴ」の愛称で親しまれている人気アナウンサーです。 「めざましテレビ」はもちろんバラエティー番組やスポーツの実況中継などで大・大活躍です。 笠井アナは1987年入社・伊藤利尋アナは1995年入社と笠井アナは8期先輩にあたります。 2018年の4月に伊藤利尋アナが「とくダネ!」で小倉智昭さんと共に司会を務めることになった時はさすがにスタッフの間でもざわついたようです。 番組関係者の意見では伊藤利尋アナに対しては、 「とっさの判断が的確で、場の空気をよんで緩急をつけたコメントができると社内でも引っ張りだこです。 (先輩後輩の関係もあるでしょうし)二人は難しい関係とは言えるでしょう。 スポンサーリンク.

次の