山中 伸弥 尾身 茂。 尾身茂氏の経歴が凄い

尾身茂氏 山中伸弥教授 コロナ対談まとめ(後編)

山中 伸弥 尾身 茂

Contents• 尾身茂氏の経歴 尾身茂氏は自治医科大学の名誉教授であると同時に、 現在は新型コロナ対策専門家会議副座長として責任を担っています。 経歴を振り返ると、まず目につくのが 慶応大学の法学部に一旦入学しながら、自治医科大学に入り直していることです。 しかも自治医科大学の1期生です。 法律から医学への転換には、どんな経緯があったのでしょうか。 まずは年代を確認します。 尾身茂(おみしげる) 1949年:6月11日生まれ東京都出身 1965年:(推定)東京教育大学附属駒場高校入学 1967年:同校(後の筑波大学附属駒場高校)時代にAFS交換留学生としてアメリカに留学 1969年:慶應義塾大学法学部入学(1971年まで在学) 1972年:自治医科大学入学 1978年:自治医科大学卒業 1990年:医学博士号を取得(自治医科大学助手時代) 1990年: WHO西太平洋地域事務局に入る 1999年:第5代WHO西太平洋地域事務局長 2013年:WHO総会会長 2014年:地域医療機能推進機構(JCHO)理事長 (* 略歴は当サイトによる独自のまとめで、公式発表ではありません) 筑波大附属駒場高校はご存知の名門校。 その高校時代にアメリカ留学を経験し、後に慶応の法学部に入学していますが、2年間の在学で、自治医科大学に進学。 自治医科大学はご存知の方が多いと思いますが、学費がいったん貸与され、卒業後に指定された病院などに勤務することで免除される私立大学。 その設立が1972年ですから、設立と同時に入学した尾身氏の活躍は、自治医科大学としても誇らしいというか、記念すべきことでしょう。 同大のサイトで、尾身氏の「世界保健機関 WHO 西太平洋事務局長選挙」について呼びかけたページがあります。 このたび自治医科大学教授尾身茂先生 自治医科大学1期生・地域医療振興協会会員 には、世界の保健医療の発展に貢献するために、日本国政府の決定により、世界保健機関 WHO 西太平洋地域事務局長選挙に立候補されました。 尾身茂先生は、昭和53年自治医科大学を卒業後、東京都において伊豆七島を中心とするへき地医療に従事、その後自治医科大学予防生態学助手、厚生省保険局医療課指導監査室特別医療指導監査官を経て、平成2年にWHO西太平洋地域事務局に入られました。 jichi. それが国際政治の力学で中国寄りの今のエチオピア人になった。 それ程の逸材が日本の新型コロナ専門家会議の副座長に鎮座している。 尾身博士は幼いころから非常に実直で真面目なお人柄でだったという。 近頃の新型コロナウイルスに関する報道で、尾身氏の姿を度々お見かけするわけですが、もともとその業績として着目すべき件は、 小児麻痺(ポリオ)の根絶を達成したこと。 小児麻痺という名前自体が、時代の経過とともに耳にすることが少なくなり、現在は予防接種のワクチン名の一つポリオとして知られている傾向があります。 いずれにしてもポリオがなくなったことは、人類の幸福に大きく寄与したことは確かでしょう。 以下はその著書 なお、尾身氏が医者を志したことについては、インタビューで、興味深いコメントがありました。 尾身茂氏が大学受験しようとしたその時は、例の東大紛争のさなかだった模様。 それで東大の受験もなく慶応の法学部に入り、しかし学園紛争のさなかで慶応もストになりました。 当時の学生たちは反権力や反体制を志向し、もし商社マンや外交官等になりたいと言ったら、人民の敵と言われかねない空気があったそうです。 そんな時に医学を志す契機となるある書物に出会い、 医学部を目指すことに・・・ 医学部受験を密かに決心し、両親に話す。 普段おとなしい父親は激怒、何とか母の仲裁で勘当は免れた。 医学部受験の勉強を始めて数カ月後の秋、全国紙の一面トップの「自治医科大学、翌春1期性を募集」の記事が目に入った。 日本の「地域医療のメッカ」を目指すという。 「地域医療」という言葉の響きが魅力的だった。 しかも学費は無料だという。 両親にこれ以上経済的に迷惑をかけるわけにはいかなかった。 第一志望を自治医科と決めた。 トイレと睡眠時間以外の猛勉強。 運よく合格。 jichi. html より) この記事を読んで、進路を大転換した尾身氏の気持ちが伝わってきました。 日本の医療を進める力の一歩が、一人の青年のなかで生まれていたのですね。 尾身茂氏がコロナ関連で重責 連日の報道で、「新型コロナ対策専門家会議副座長」という名称が流れます。 実際は、聞き取れないというかコロナ関係だという印象に、一般人には伝わるのですが。 その名の通り、新型コロナに対して対策する 専門家会議があり、尾身茂氏がその副座長という役割です。 ちなみに座長は誰かというと、国立感染症研究所長の脇田隆字氏になります。 ところで参議院予算委員会では、2020年3月10日に中央公聴会にて、「2人の専門家」から意見を聴取しました。 その時の一人が 尾身茂氏で、自民党が推薦した人物。 もう一人が立憲民主党などが推薦した上昌弘氏(医療ガバナンス研究所理事長)でした。 二人の見解の相違は多少なりともあるわけですが、尾身氏が述べた点は以下になります(3月10日時点)。 ・日本の現状は爆発的感染拡大には進んでいない。 ・これから取るべき基本戦略として、社会経済機能への影響を最小限にしながら効果を最大限にするバランスの取れた方法がよい。 ・3本柱として「早期のクラスター潰し」、医療体制の充実強化による「重症化防止」、感染拡大防止に向けた「市民一般の行動変容」が重要。 そしてこれらから 感染拡大のスピードを抑えられる可能性もあることを氏はコメントしました。 3月20日の今現在、スピード云々については容易に言えないテーマですが、イタリアなど世界で起きていいる爆発的な感染者数増加に比べると、日本の現状はなんとか持ちこたえているとも言われます。 <必見!動画> 新型コロナ対策緊急対談 山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所所長) 尾身茂(新型コロナウイルス感染症対策専門家会議 副座長) — アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 vG2AZlCr4F3hx6Y もちろん、コロナ問題が早期に安全に解決することは現在、まさに人類の願いとなっています。 心配しすぎず安心しすぎず、できるだけ正しい方法で協力しあっていきたいものです。 なお、現在の立場として尾身茂氏は地域医療機能推進機構理事長という役割でもあります。 尾身茂氏の評判 尾身茂氏はこのように、 WHOでの経験も豊かで、対策専門家会議での責任を全うしようとしています。 尾身茂氏の評判云々はこんな時勢ですから、たまたま言葉としても探されているようです。 iPS細胞の山中教授が「日本が取るべき新型コロナ対策」について、専門家会議副座長の尾身茂氏に緊急インタビューされました。 ・対策のゴールは「コロナによる死亡者を減らすこと」 ・そのためには、感染者数のピークを遅く&少なくし、医療機関のパンクを防ぐこと — しきな ゆか🇺🇸米国在住 教育研究員 shikinayuka しかし、日々新しい情報が伝えられる昨今、活躍中の方のことを確かな根拠もないまま、あれこれ言う場合ではないですね。 ネット上には政治的な意図から、いろんなコメントが流れるのですがーー。 尾身氏だけではありませんが、この難しい課題に専門家の方々の活躍を切に期待しています。

次の

新型コロナウイルスに対する知識を持とう

山中 伸弥 尾身 茂

動画の長さは56分。 私は1. 5倍速で見ました。 山中先生が新型コロナウイルスについて解説しているのでは ありません。 誤解なきよう。 山中先生は司会進行&解説者という立場です。 素人にも理解できるように、山中先生が一段も二段もレベルを落として専門家である尾身氏に質問してくれます。 そしてまた、専門家の回答をわかりやすくおさらいしてくれます。 ありがたいことです。 そういった姿勢(一般の人に分かりやすく伝えたい)が本当に素敵だし素晴らしいと思います。 個人的には、インフルエンザの違いが分かりやすかったですが、クラスターについては・・・イマイチ分かったような分からないような(>_<)アホですみません。 もう一度、見直してみます。 クラスターとは集団感染のことだと思うのですが、集団感染を引き起こす人のこともクラスターと言っている(?)ように受け取れたので少し分かりづらかったです。 また、人に移す患者さんとそうではない患者さんの違いはまだはっきりとは分からないそうです。 そういうところもモヤモヤする要因です。 「季節性インフルエンザのように4月には収束するのか?」という一般市民が知りたがっているであろう質問には、専門家からの直接のはっきりした回答はありませんでした。

次の

山中伸弥教授が抱く新型コロナウイルスへの“二つの危機感”<サワコの朝>(ザテレビジョン)

山中 伸弥 尾身 茂

という感じでした。 長時間の対談ですから全部ご覧になるのは大変だと思いますので、自分なりに要旨を纏めてみました。 新型コロナウイルスは 感染しても80%の人は軽症であり、さらに 他人に感染させることも無い。 インフルエンザ等の従来の風邪の場合には、感染者のほぼ100%が他人に感染を起こさせるが、新型コロナウイルスは、どうした訳か5人の内4人の割合で、自らは感染しているのに他者に感染させることはない。 しかし、残りの一人(20%の人)だけが複数の人に感染させる力を持つ。 感染者の中で特に高齢者のような体力の弱くなっている人が重篤化してお亡くなりになるケースがほとんど。 また、この感染力を持つ20%の人たちには、自らは発症しないか軽症の方がいて、こうした人たちが各地へ散らばり「人の多く集まる密集されたイベント」などに行くことによって一度に多くの感染者を生み出す。 これがクラスターである。 すでに日本人の多くは感染している可能性がある。 かと言って必ずしも発症するとは限らない。 小・中・高校生に急遽、休校を要請したのは、これら若い人たちは体力があるため、もしも発症していても程度が軽く済んでしまうため、感染に気付かない可能性が高く、その内の20%が他への感染力を持つので、その分母を減らすために休校の要請をした。 効果は十分に出ていると考えている。 重篤化してしまう方の特徴としては、なんといっても高齢者のように基礎体力の弱まっている方が、新型ウイルスがトリガーになって呼吸困難などの症状を引き起こした場合である。 ただし、この新型コロナウイルスは直接、肺の機能に影響を及ぼして呼吸機能に急激な悪化をさせることが有る。 (呼吸困難になり死に至る)• 今現在の対処は、爆発的な感染者それも発症者を抑えるために、小中高校などの休校要請を主に、感染者の大きな集団を作らないで、発症者の爆発的増加を低く抑え込み、でき得れば低い水準値のまま移行させる、あるいは緩やかなカーブでの増加に留めおくことが対策になる。 既に発症し、治癒した人から免疫力を持った血液を提供してもらい、それをワクチンのように摂取することも考えうるが、日本人全員にワクチンを提供するには、それに見合う免疫力を持った血液を持つ人が多く必要だが、今のところそうした人は少人数である。 このように考えてくると、むやみに検査をして感染者をあぶり出しても、その内の20%の人だけが2次感染者を生み出す可能性があるが、この中にも発症していないケースもあり、現実的には検査する意味が低い。 ( 感染者=発症者ではないことを認識しないといけない)• これらを踏まえるとまだまだ長い期間の対策が必要になる可能性が高い。 しかし、必要以上に怖がる必要はなく従来のように必要な時に必要な対策をしていれば、感染の大爆発には至らないと思う。 (手洗いとか、人の多いところに行くにはマスク着用という事ですね。 最近の報道では感染者数だけでなく、クラスター発生地を報道していますが、それが何を意味するのか、何なのかの認識が不足した状態で発信しているだけにとどまっているように思います。 正しい知見に基づいた情報でなければ、それはゴミ以下の毒になりかねないことを知ってほしいと思います。 追伸 ホリエモンの動画も分かり易かったので、一緒に掲げておきます。

次の