遊戯王うぃき。 【遊戯王】必須・汎用カード一覧まとめ2020 ver.【とりあえず持っておきたい】|初心者でもわかる遊戯王の始め方

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ

遊戯王うぃき

もくじだよっ!• おすすめアニメランキングBEST30!神アニメ・名作ぞろい おすすめアニメを、30位から順にランキング形式で発表していきます。 全24話。 原作は1999年に発売された、泣きゲーブランドKeyが1作目に制作した恋愛アドベンチャーゲームです。 冬の寂しげな雰囲気と、温かな登場人物の掛け合いが絶妙に絡み合う作品です。 ちなみに泣きゲーの有名シナリオライターである麻枝准さんが担当したのは真琴と舞のエピソードで、Clannadが好きな方はそれと似た部類のストーリーなので、ぜひ視聴をお勧めします。 OLM TEAM IWASA制作。 アニメの中では少々マイナーな方かもしれません。 原作は、2002年にAQUAPLUS(現Leaf)から発売されたアドベンチャーゲームです。 平安~戦国時代くらいの古風な世界観にて、主人公のハクオロが一国の主となって活躍していくお話です。 様々な相手とのバトルシーンが見所で、仲間が増えていく話が好きな人には特にマッチしそうです。 うたわれるものを配信しているアニメ視聴サイトは以下の記事をご覧ください! 28位 Working!! c 高津カリノ/スクウェアエニックス・「WORKING!! 」製作委員会 WORKING!! (2期) WORKING!!! ちょっと変わったバイト先で繰り広げられる日常系のアニメとなっています。 原作はヤングガンガン掲載の高津カリノさんによるギャグマンガです。 可愛いキャラ・かっこいいキャラなどかなり魅力的です。 ゆるい気持ちで見れますね。 個人的には佐藤さんの恋模様が描かれている部分が好きです。 かっこよくてクールだけどウブな感じが凄く良いですね。 カードキャプターさくらクロウカード編・さくらカード編・クリアカード編と続いているかなり長めのアニメです。 原作はCLAMPさんによる少女漫画です。 レイアースやツバサクロニクルも手掛けている作家さんです。 NHKで夕方に放送されていただけあり、少々子供向けというか、悪さをしているカードを集めるという簡単なストーリー。 ただ終盤には恋愛要素などもあり、他にも少々危うい描写もありますが、まあ純粋な心であれば気になることはありません。 幼少期に見ていて、そのままオタクになったという人も多いようです。 略称は「このすば」。 原作は暁なつめさん原作のライトノベルです。 もともとは小説家になろうで連載されていたとか。 高校生の佐藤和真(カズマ)が、転生した先で女神と一緒にちょっと変わった冒険?を繰り広げるお話です。 かなりギャグ要素多め。 主人公の自由なキャラが良い感じですね。 略称は「冴えカノ」。 原作は丸戸史明さん原作のライトノベルです。 オタク高校生の安芸倫也が、同人イラストレーターである澤村・スペンサー・英梨々と、ライトノベル作家の霞ヶ丘詩羽と、冴えないヒロインである加藤恵とともにゲーム作りをするというストーリー。 話の展開も面白く、とくにビジュアルノベルなどに興味のあるかたは面白く見れるのではないでしょうか。 中二病の登場人物による学園ラブコメで、かなり評価も高いです。 原作は虎虎さんの書いたライトノベルで、第1回京都アニメーション大賞奨励賞受賞作です。 ギャグとシリアスのバランスが良い感じで、退屈せずに見ることが出来ます。 感動ポイントもそこそこありますよ。 あとヒロインの小鳥遊六花の言動が非常に可愛く描かれています。 (その後、2009年に話数や構成を変えて再アニメ化) 原作は谷川流さん原作のライトノベルです。 当時そのクオリティと、特にEDの「ハレ晴レユカイ」のダンスがかなりのブームになり、一気に京アニの名も広まりました。 ストーリーも面白く、絵も綺麗。 気軽に見れつつシリアスな面もありの名作アニメです。 女の子キャラがみんな可愛いので良いですね。 WHITE FOXだけあって作画のクオリティが非常に高く、キャラが可愛く描かれているのでに若者中心にファンが多いアニメです。 日常系でのんびりと見ることが出来ますので、作業中に流しておくのもおすすめです。 個人的には1期のOP、EDがセンス良くて好きです。 もはや日常系の原点か、古典ともいうべき作品かもしれません。 テンポの良さと、あるあるネタのクオリティは今の作品に全く引けを取りません! オタク系の女の子、泉こなたが主人公なのですが、こんな子が現実にいたら楽しそうだなーと思わずにはいられない作品です。 EDは色々とカオスなのですが、京アニの方たちがほんと楽しそうに作ってるのが分かります。 この時代ならではの感じですね。 ヒーリングアニメとして名高い作品。 OPやEDなども名曲揃いで、牧野由依さんによる「ウンディーネ」や「シンフォニー」、 ROUND TABLE feat. Ninoさんの「Rainbow」と「夏待ち」など癒し効果の高い神曲です。 激しい展開などはないので退屈を感じる人もいるかもしれませんが、見ると穏やかな気持ちになれる作品です。 近未来の宇宙を舞台にしたSF作品で、原作は名作と言われている幸村誠さんによる漫画です。 主人公は、宇宙で働く宇宙ゴミ回収業者(通称デブリ屋)のハチマキ(星野八郎太)。 ハチマキの働くデブリ課に、タナベという新入社員が配属されたことから物語は始まります。 原作と少し違う部分もありますが、主人公の努力、悩みと葛藤、そして再起する姿などかなり良く出来たストーリーです。 STAFF制作のファンタジーアニメ。 原作はヤマグチノボルさんによるライトノベルです。 三銃士が元ネタとされていますが、世界観はハリーポッターに近い感じ。 また、「ゼロの使い魔」原作ラノベの釘宮理恵さんによる読み聞かせサービスもある「」もかなりおすすめです。 ファンタジーの要素をふんだんに詰め込んだ、とにかく楽しいアニメです。 STAFF制作による近未来ファンタジーアニメ。 原作は鎌池和馬さんによるライトノベルです。 ストーリー、作画や音楽もかなり安定した作品。 3期になるとストーリーがかなり意味不明になりましたが、1期と2期は安心しておすすめできます。 主人公が敵の性別や強さに関係なく、男女平等パンチで成敗していく姿は必見です。 少女漫画が原作ながら男性にも女性にも人気であり、百人一首(競技かるた)を題材にしたスポ根アニメとなっています。 原作は末次由紀さんによる少女漫画です。 主人公である綾瀬千早が、転校生である綿谷新と出会い、競技かるたの面白さに気づくことからストーリーが始まっていきます。 幼なじみの真島太一、そして部活動での新入部員たちとともに、大会を勝ち進んでいくという少年漫画に近いストーリーです。 恋愛要素はあるものの少なめで、かなりバランスの良いストーリー。 男女関係なく万人におすすめできます。 ところどころ重めの話はありますが、前向きな登場人物たちとテンポのいいストーリーで、上手く仕上がっています。 登場人物が、心が綺麗なキャラばかりなので非常にほっこりしますね。 原作は花とゆめコミックスの少女漫画なのですが、男性のファンも非常に多い作品です。 恋愛要素は少なく、主に妖怪と人間との心温まるハートフルドラマが描かれています。 ストーリーは一応つながりはあるものの、1話1話で話が完結することも多いです。 キャラの中ではにゃんこ先生が特に人気ですね。 ぬいぐるみやキーホルダーなども街中で多く見かけます。 音楽・演出ともにレベルも高く、男女ともに万人におすすめできるアニメです。 しかし落ち着いた展開が多いので、長く見てると集中力が続かないかもしれませんね。 テレビ東京系で、日曜の朝などに放送されていました。 ワンピースやナルトにも負けないほど、海外でもかなり人気の長編アニメシリーズです。 原作は真島ヒロさんによる少年マガジン連載の漫画です。 魔法や剣のある世界が舞台の王道ファンタジーで、数々の魅力的なキャラたちの絆や信念が、熱いバトルと共に展開されます。 基本的には子供向けにもおすすめな分かりやすいストーリーですが、人の死など重いテーマを含んだシリアスで深い展開もあるのが特徴です。 しかし外伝ながら、本家を上回るほどのしっかりとしたストーリーや音楽で人気を集めました。 1期OPの「only my railgun」はカラオケなどでも人気ですね。 EDの「Dear My Friend -まだ見ぬ未来へ-」もかなり良い曲です。 メインの登場人物が女子4人なので、一見では日常モノの萌えアニメかと思えば、ストーリー終盤にてかなり泣かせてきます。 バトル要素もそこそこ。 アニメーション制作は本家と同じくJ. STAFFですが、作画にもかなり気合い入ってますね。 とある科学の超電磁砲を配信しているアニメ視聴サイトは以下の記事をご覧ください! 12位 プラスティック・メモリーズ C MAGES. アニメーション制作は動画工房。 まず1話目から泣けるというのが珍しいアニメです。 見ようか迷っている方は、ぜひ1話目だけでも見て欲しいですね。 重すぎず軽すぎず、萌えに走りすぎていない。 比較的、万人におすすめできるアニメではないでしょうか。 スタジオディーン制作。 鬼隠し編のゲームが出た頃に原作者のもとへ偶然にも100通の推察メールが送られ、その中でただ1人のみが核心を突いていたことに由来するそうです。 とある村落で発生した連続怪死・失踪事件の顛末を描いた連作式のミステリーホラー。 最初はかなり雰囲気も怖くて、中学生のころは数話見て諦めた記憶があります笑。 ただし、謎が解き明かされる2期は最高に熱くて面白いです。 巡る惨劇の末、爽快とも言えるラストシーンは必見です。 京都アニメーション制作です。 原作は「key」の長編ゲームで、「Clannadは人生」と名高い作品です。 家族愛を描いており、特に父と子の愛情がテーマだと思っています。 それと便座カバー。 昔PS2で原作をやったんですが、テキストの分量が凄かったです。 シナリオライターである麻枝准さんによる渾身の一作なのが分かりました。 アニメは確かに名作ではあるのですが、アニメオリジナルの風子登場シーンや二期の主題歌、話の取捨選択に納得いかない部分もあったりします。 なので時間があれば原作やるの是非おすすめ。 アニメにない部分もたくさんあって楽しいです。 全25話の学園恋愛アニメです。 結構リアリティのある人間ドラマあり。 原作は竹宮ゆゆこさんによる電撃文庫のライトノベルです。 キャラが良くてストーリーもかなり面白く、テンポも良い。 非常に楽しんで見れるかと思います。 結末はやはり賛否両論はありそうです。 ただそこに至るまでの導線がなかなか秀逸なので、予想していた結末とは違った方も、納得もいきやすいかもしれません。 原作は衛藤ヒロユキさんによる大人気漫画です。 リメイクもされましたが、やはり初代が雰囲気も良いし、何よりテーマ曲も最高なのでおすすめです。 特にEDの「Wind Climbing~風にあそばれて」が有名ですね。 数々の名言もあり、ギャグRPGといえばコレ!というかなり有名な作品。 全45話と長い作品ですが、ぜひ一度視聴してみることをおすすめします。 原作もおすすめです。 魔法陣グルグルを配信しているアニメ視聴サイトは以下の記事をご覧ください! 7位 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 全25話。 とあるひねくれた高校生が、「奉仕部」という部活に入ってからの高校生活を描いた ラブコメディ作品です。 略称は「俺ガイル」。 ちょっと分かりにくい略し方ですね。 なんとなく見始めたアニメでしたが、徐々に面白くなる展開に、一度見終えてからすぐに初めから見返しました。 日常的な話なので楽に見れる反面、考えさせられる話も多いため、思わず何度も見返したくなる作品です。 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 アニメ界に一大ムーヴを巻き起こした、京都アニメーション制作の「けいおん!」。 このアニメでバンドに憧れた人も多いのではないでしょうか。 人気キャラであるあずにゃんタイプのムスタングなど、バカ売れしましたね。 日常系なだけあってのんびりと見れる回が多いのですが、最終回はかなり感動的です。 OP・EDもかなり良く、OPはちょっと電波感が入りつつキャッチー、EDはかっこよく決めています。 劇中でライブに使われている曲も良い曲が多いです。 劇場版も構成など超絶クオリティが高く、京アニの良さがふんだんに詰められたアニメと言えそうです。 略称は「SAO」。 原作は、川原礫さんによる人気ライトノベルです。 やはりゲームの中で死と隣り合わせのサバイバルというのは、ありがちではありますが、かなり燃えるシチュエーションですよね。 設定も上手かったと思います。 序盤のスピード感とハラハラ感は、かなり面白くて爽快でした。 全50話。 サンライズ制作。 世界の3分の1を支配する超大国「神聖ブリタニア帝国」に対し、一人の少年が超能力「ギアス」を用いて戦いを起こす物語です。 ロボットアクション、恋愛、ファンタジー、泣き要素、政治ドラマや学園物といった数々の要素を取りいれており、ある意味では万人に受けるアニメと言えるかもしれません。 制作は東映アニメーション。 全5シーズンの内に、少しですが細田守が演出をしている回もあったりと、感動的な回がいくつもあります。 それぞれのシーズンで「友情」「愛情」「成長」などのテーマでストーリーが進行し、クラスメイトたちや家族の間での人間ドラマがしっかりと描かれています。 子供向けと侮ってはいけない作品。 WHITE FOX制作。 ライトノベルが原作であり、王道の異世界転生モノではありますが、なにより死に戻りという設定が面白いです。 エミリアやレムといった魅力あるヒロインも人気の大きな要因。 制作会社が「ごちうさ」でも有名なWHITE FOXなだけあって演出や作画も文句なしの出来です。 魅せるところは魅せる主人公ですが、言動に共感できないシーンなどもあり、中盤にダレてしまう部分があるのがネック。 しかしながら展開の熱さでは他の追随を許さない面白さです。 京都アニメーション制作。 多くの泣きゲーを世に出してきた「key」のゲームが原作であり、感動的なストーリーとして名高い作品です。 2ちゃん発祥の有名な言葉として「Fateは文学、AIRは芸術、CLANNADは人生」という名言があり、音楽やストーリー構成も非常にハイレベル。 OPの「鳥の詩 」や、BGMで流れる「夏影 」はニコニコ動画内でも有名ですね。 作品のテーマは、言うなれば母と子の愛。 前述したClannadは父と子の愛がテーマであり、それと対を成すのがこのAIRと言えなくもありません。 短くまとまっている作品なので無駄な回がなく、半日で一気見できることもポイントです。 刺さる人にはめちゃくちゃ刺さる感動作品。 keyアニメが好きな方には、ぜひとも見てほしいアニメです。 ただしアニメ専門なので、ドラマや洋画は見ることが出来ません。 しかしその分、アニメの作品数は視聴サイトの中でもピカイチ。 アニメが好きで、洋画やドラマには特に興味無い方にはうってつけのサービスです。 無料トライアルも31日間の期間があるのが嬉しいところ。 PS4での視聴はできないようですが、スマートフォン・タブレット・パソコンにしっかり対応しています。 なお、「docomoユーザーしか使えないのでは?」と勘違いする人も多いようですが、特に関係ありませんのでご安心ください。 正直、アニメ見るなら Amazonプライムビデオとdアニメストアのコンビがあれば最強です。 2つ合わせても1,000円以下。 アニメ視聴サイトの中でもかなりお得な料金であり、さらにアマゾンプライムの中のサービスの一つであるため、他にも配達時間の指定など多くのお得な特典が受けられます。 Amazonで買い物を良くする人は、年間プランで入っておいて損は無いかと思われます。 一月当たりワンコイン以下ですからね。 アニメ以外もたくさんの動画がありますが、ただしアニメだけに限れば無料で見れる数はそれほど多いので、見たいアニメが無い場合はdアニメストアなど他の視聴サイトと併用するのがおすすめです。 学生ならもっとお得に プライムスチューデントなら学生の方は月額さらに安くで利用可能で、6ヵ月も無料期間があります。 大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の方が対象です。 海外ドラマや国内ドラマに強いのも魅力なのですが、何よりキッズアニメが多いので、お子様がいる家庭に特におすすめです。 定番の「アンパンマンチャンネル」や、NHK教育の「いないいないばぁっ!」、他にも懐かしの「とっとこハム太郎」などは家族全員で楽しんで見れそうですね。 無料のお試しトライアル期間も2週間ついてきますよ。 世界最速配信アニメ数No1を誇っており、さらにニュース、ドラマ、音楽、スポーツ、オリジナル番組など多彩な番組が楽しめる約20チャンネルを提供するサービスです。 アプリでもかなり普及しており、テレビチャンネルのような独特の仕組みの為、高校生などにもかなり人気の様です。 会員数4000万人超のAmeba(アメーバ)を運営するサイバーエージェントとテレビ朝日が共同で動画配信事業を行っているので安心ですね。 最新アニメの地上波同時放送や、話題の劇場版アニメなどが放送されており、なにより会員登録なしで見れる無料アニメも結構あります! 会員登録なしで見れるアニメサイトは珍しいので、まずはお試しで使ってみるのも非常にお勧めです。 動画のジャンルに比較して、月額料金もそれほど高くありませんね。 まとめ 今回はアニメのおすすめランキングについて書いてみました。 順位はいろいろと迷いましたし、忘れているアニメもあるかもしれません。 今回は総合的に見ておすすめのアニメを書きましたが、次は泣けるアニメランキングやファンタジーなろう系アニメ、日常系のアニメランキングなど書きたいと思います。 今期アニメの話題などであれば、ANICoのへ是非お越しください。

次の

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ

遊戯王うぃき

デッキをより良くするためにコメント(何故ここを変えたのか説明するなど)をした上でさらに編集してください。 もし、自分の編集する内容に不安を感じる場合はコメントで議論した上で編集すると良いでしょう。 「ページ利用の際の注意事項」• 質問、意見をする場合には過去に出た話題でないか過去レスを参照すること• 「~は?」「~はいらない」だけではなく根拠や代替案も含めて意見すること• 内容の編集は議論終了後に議論の結果に基づいて行うこと メニュー• デッキ集• デッキ作成• プレイング• その他• 外部リンク• (コナミ公式)• ただし「各デッキの回し方」に回し方のページがある場合はリンクを貼る。 php?

次の

クソゲーオブザイヤー据置Wiki

遊戯王うぃき

プロフィール 誕生日 11月20日 年齢 24歳 星座 身長 175cm 体重 52kg 血液型 O型 好きな食べ物 ・ 嫌いな食べ物 CV 現 人物像 の女デュエリスト。 元で、かつては豪華客船のカジノで働いていた経歴を持つ。 家族に関してはアニメ版では幼少期に両親を事故で亡くし、天涯孤独の身で生きてきた過去が明かされている。 また、幼少期の舞が豪邸の中に一人寂しく佇む様子が描かれている。 性格は高飛車で、ヘソ出し仕様のセクシーな衣装が特徴的。 プライドと気位が強く、仲間など信じない あるいは必要としない 孤高な性格の持ち主だが、決闘者の王国での城之内との戦いを通じて好意を抱く様になり、徐々に遊戯達と親しい関係を築いてゆく。 一度は闇のプレイヤーキラーの闇のフィールド戦術で敗北しスターチップを失うが、遊戯が取り返してくれた事で最初はためらうが、城之内の説得で素直に受け取る事になり、その後海馬とのデュエルで覚悟の差で敗北した遊戯にスターチップを返す。 アニメ版ではがデュエルを申し込むが、実力の差が激しいために彼女を圧倒するものの、最期は彼女の覚悟を認めてわざと敗北した。 本選の1回目では闇遊戯対策に編み出した新たなハーピィ戦術で彼を翻弄するが、デュエルモンスターズにおける最強戦士、の一撃により切り札の『ハーピィズペット竜』を破壊されて、敗北を認めサレンダーした。 決闘者の王国が終了した後は、王国から帰る手立てが無かったが、海馬のヘリに搭乗していた城之内 遊戯達を含め の助けによって、無事に帰路に着いた アニメ版ではそのシーンはない寒ければ。 アニメでは王国編とバトルシティ編の間に位置するDMクエスト編にも登場。 DMクエストのモニターとして参加したが、遊戯たちの事情を知って彼らに協力し、ビッグ5に立ち向かった。 バトルシティ編では予選通過者の1人であるが、の闇のデュエルに苦しめられた。 それを突かれ、闇マリクの拷問コンボで容赦なくライフを削られ続けて精神的に苦しめられる。 最後はの一撃を食らい 城之内と、さらに闇遊戯が盾代わりとなって神の一撃は受けずにすむ 、敗北する。 闇マリクから罰ゲームを受けて人質にされるが、闇マリクが消滅したことで元に戻った。 アニメ版のバトルシティにおけるアンティ・カードは『ハーピィの羽根箒』とされた。 アニメオリジナルのドーマ編では、その後も数多くの大会に参加して連戦連勝した。 しかし遊戯や城之内など、ベスト4に残った実力者に対する嫉妬と闇マリクに受けた罰ゲームの恐怖がトラウマとなって彼女を苦しまれ、突如表れたに勝負を挑まれて敗北し、ドーマに下って王国偏の時のように『ハーピィ』中心のデッキで戦う事になる。 最初に城之内と戦ったときは、迷いによって戸惑ったデュエルに苛立ちを感じたが、伝説の竜のカード、の力で敗北しかけたところでヴァロンに助けられ、中断となる。 ヴァロンから好意を抱かれるが、その好意を受け取る気はない様子。 後にヴァロンが敗北した後は、オレイカルコスの力に飲まれかけて敗北した彼に酷評した後、再び城之内とデュエルをするが、彼は既にヴァロンとのデュエルで力を使い果たしてる為に、彼に勝利した後も後悔を抱く。 その後は彼の『ヘルモスの爪』を持ち、ラフェールに勝負を挑むも敗北してしまう 舞が「ドーマの力もオレイカルコスの力も、もう必要ない」と言っている事からラフェールがオレイカルコスの結界を使用した事になる。 最終的に、オレイカルコスから開放されて回復するが、KCグランプリには参加しなかった。 ちなみにKCグランプリ編以降は城之内とは会っていない。 最終回エピローグではヴィヴィアンとのタッグで迷宮兄弟とデュエルを行っていた。 城之内との関係 彼女と最も関係が大きいのは彼である。 最初は遊戯の腰巾着としてみていたが、敗北してしまい彼の存在が気にくわないでいる。 を使って彼に城之内を倒させようと考えたが、逆に城之内が『』のカードを手に入れてしまうきっかけを作った。 闇のプレイヤーキラーで奪われたスターチップを遊戯が取り返したが、最初は受け取る気はなかった。 しかし城之内の説得により、本選で彼等と戦う決意を抱いてスターチップを受け取った。 本選敗北後、キースによって参加証カードを盗まれた城之内に自らの参加証カードを渡す。 バトルシティでもアニメオリジナルはアニメ版のバトルシティ編において登場したオリジナルキャラクターマグナムとの戦いでも彼から声援を受ける。 城之内がバトルシティでリシドと対戦した際、レプリカのラーの翼神竜が原因で神の逆鱗を受けてしまい昏睡状態になった時、原作では城之内の夢に出てきたのは遊戯と仲間達だけだったが、アニメ版では舞も登場している。 さらに、闇マリクの罰ゲームを受けて昏睡状態となった彼女の為にと、城之内はマリクを倒す決意を抱く。 ドーマ編では城之内を超える意思を強く持ち、彼を倒す事ばかりを考えていた。 だが、3回目のデュエルでオレイカルコスの呪縛から開放されたが、彼を倒した事で強い後悔を抱き、ケジメとしてドーマを倒す決意を抱いた。 デュエリストとしての実力 女デュエリストとしてはトップ級の実力であり、王国偏ではベスト4まで残り、バトルシティ編でもイシズと共にベスト8まで残る。 その戦術性はを上回り、王国編決勝戦ではを窮地に追いつめる程である。 しかし、一方ではカードに数種類のをつけ、その匂いによってカードを識別する「香水戦術 アロマ・タクティクス 」というを用いており、王国編ではそういった面で決闘を有利に進めていた。 ちなみにこの戦術は城之内に看破され、それ以来は使用していない。 ドーマ編ではドーマの力によりさらにパワーアップして、ペガサスをも倒した。 使用デッキ 主に「」を中心としている。 王国偏では、仲間を信じない一心で1人で戦う信念を込めてるのか『ハーピィ』系モンスター以外のカードを入れていない。 しかしバトルシティ編では「」等のをモチーフとしたカードを好んで使用する。 王国編ではをあらゆるカードで徹底的に強化する戦術を得意としており、バトルシティでは、アマゾネス系サポートカードも入れていた。 だがドーマ編では再びハーピィ・レディ中心のデッキに戻され、その強さは以前よりはるかに高くなっている。 と呼ばれるが多いのは、本人によれば 自分が全然じゃないかららしい。 使用カード紹介 舞の代表すべきカードであり、女性的印象が最も高いモンスター。 さまざまな装備カードにより大幅に強化される活躍を見せた。 『万華鏡ー華麗なる分身ー』の効果で三姉妹に分裂したハーピィ・レディの姿。 これらのカードコンボで、『ハーピィズペット竜』を強化させたり、『ラーの翼神竜』の3体分の生け贄に捧げたり、また『ハーピィ・レディー鳳凰の陣ー』でのカウント数を増やすなど、さまざまなコンボを披露した。 OCG版では3姉妹の姿が1枚のカードとして扱われている。 アニメ版にのみ使用した『ハーピィ・レディ』のリメイク版カード。 攻撃力1800と元祖のより高い。 元々の攻撃力1300と低い欠点を補える為にと使用していた可能性が高い。 ハーピィ・レディの忠実な僕にして舞の切り札。 彼女が使用するモンスターの中での唯一の最上級モンスターである。 関連イラスト.

次の