平成は何年まであったっけ。 オリンピックは何年ごと?開催年月はいつ?東京オリンピックの日程も!

昭和と平成、大正と昭和の境目

平成は何年まであったっけ

2019年の確定申告を済ませていない方の確定申告代行も受け付けています。 今回の申告では、コロナウィルスの感染拡大防止の見地より、ほとんどの方に関しては期限後申告をしても罰金や利息がかからないでしょう。 網羅的にポイントを記載した資料もウェブセミナー参加者にはお配りいたします。 副業をされていて、会社に知られたくないという方々全員に見て欲しい、そんなセミナー内容、配布資料に仕上がりました(皆さんの所得を知る税理士だからこそわかる儲かる副業もセミナーで紹介しております)。 ご興味がおありの方は、是非下記のページをご覧くださいませ。 消費税は平成元年の4月からスタート。 当時は3%でした。 その後、97年(平成9年)の4月に5%へ、2014年(平成26年)の4月に8%へ引き上げられました。 平成 西暦 消費税率 平成元年 1989年 3%(4月1日以降) 平成2年 1990年 3% 平成3年 1991年 3% 平成4年 1992年 3% 平成5年 1993年 3% 平成6年 1994年 3% 平成7年 1995年 3% 平成8年 1996年 3% 平成9年 1997年 3%(3月31日まで) 5%(4月1日以降) 平成10年 1998年 5% 平成11年 1999年 5% 平成12年 2000年 5% 平成13年 2001年 5% 平成14年 2002年 5% 平成15年 2003年 5% 平成16年 2004年 5% 平成17年 2005年 5% 平成18年 2006年 5% 平成19年 2007年 5% 平成20年 2008年 5% 平成21年 2009年 5% 平成22年 2010年 5% 平成23年 2011年 5% 平成24年 2012年 5% 平成25年 2013年 5% 平成26年 2014年 5%(3月31日まで) 8%(4月1日以降) 平成27年 2015年 8% 平成28年 2016年 8% 平成29年 2017年 8% 平成30年 2018年 8% 令和元年 2019年 8%(9月30日まで) 10%(10月1日以降) 令和2年 2020年 10% 更に、令和元年10月には消費税は10%へと引き上げられました。 同時に軽減税率も導入されています。 消費税は将来的には更に上がることが予想されますが、事業を経営されている方は、上がるタイミングでの価格変更などを慎重に行う必要があります。 普段の税金の申告ではあまり意識することはないかと思います。 所得税の申告で消費税を意識するときは主に2つあると思います。 ひとつめは課税事業者の方が過去分の申告(修正申告)場合、 もうひとつは持ち家を事業用にする場合、 代表的な例としては持ち家を貸し出す時の不動産所得の計算のときだと思います。 不動産所得の申告は当事務所でも確定申告の代行を承っておりますので、よろしければご依頼ください。 料金は47,000円~となります。 (別途、消費税を頂戴します。

次の

2019年度 平成31年度 令和元年度 どれを使う?

平成は何年まであったっけ

令和って万葉集から来ているんだって。 これは日本の元号が始まって以来初の事ですごいことなんだあ。 日本の元号って中国から来ているんだ。 中国って漢文とかあるよね、その漢文由来の二文字の言葉を探して元号としてたんだよ。 でも万葉集って日本の書物で奈良時代末期に成立した日本最古の和歌集なんだ。 しかも和歌は全て漢字で書かれているんだ。 だから、元号を持ってくるときにはちょうどよかったんだろうね。 令和はまだ始まってまもないけど西暦が共通に使われるようになってきているとはいえ、 日本に住んでいる限り就職や進学、会社などで使うことはおおいだろうし、ちゃんと覚えておいたほうがいいことは多いはず。 四の五の言わずに、西暦からレイワと令和で覚えちゃった方がいいよ。 あと、元号ってそもそも天皇が変わると変更されるってイメージがあるけど, これ間違いね。 もしそうだとすると、例えば、江戸時代があるから江戸天皇とかいることになるけど聞いたことないよね。 天皇が即位されると変更される場合もあるけど、基本的には時代の変わり目に元号は変わるんだ。 明確な定義はないけど、近年では明治とか大正とか昭和とか天皇が即位されたときに代わることが多かったってこと。 大体これは70年とか50年とかその辺だから時代が大きく変わるくらいの時間なんだ。 だから何がいいたいのかというと、 要は元号ってのは時代の節目だからそこからまた時代が変わるんだーなんて考えて生活の中に溶け込んでいかせたらいいなって思います。

次の

今日は平成何年?

平成は何年まであったっけ

和暦を調べる 和暦を調べるだけなら、iPhoneでもMacでもAppleの純正日本語入力で簡単に調べられます。 例えば、「ことし」と入力すると、西暦と和暦で変換候補が表示されます。 「来年」「去年・昨年」「再来年」「一昨年」などでも同様に、西暦と和暦が変換候補に表示されます。 日付も変換できる Appleの日本語入力では、日付も簡単に入力できます。 「きょう」と入力すると、下記の様な変換候補が表示されます。 「明日」「明後日」「昨日」「一昨日」など、数日程度の範囲なら変換できます。 7桁の数字で住所に変換 郵便番号の7桁を数字で入力すると、その住所が変換候補として表示されます。 3桁目と4桁目の間のハイフンはあってもなくてもOK! 自宅や職場の住所を入力する必要ができたとき、郵便番号だけで完了するのは楽ちんですな。 4桁の数字で時刻に変換 4桁の数字を入力すると、時刻が変換候補に表示されます。 時間を入力する機会ってけっこうありますので、この技を覚えておくと便利です。 できない変換 こういった便利機能ってサードパーティ製品にありがちですが、今や純正日本語入力で可能なんですね。 ただ、あまり遠い未来や過去については変換できません。 「いつかご」みたいに入力して、何月何日と変換してくれたり、「さんねんご」で平成何年と変換されたらさらに便利なんですけどね。 そこまで気が利いた変換はサードパーティ製品に期待ということでしょうか。 変換を巧く使いましょう Macではの様に、サードパーティ製品よりも純正ソフトを使いたいと思うほどApple製日本語入力が便利だったりします。 個人的な唯一の不満は、5. 5インチの大画面だとフリック入力のキーボードが大きすぎて不便だという事ですね。 したりにする事である程度解消されますが、キーボードのサイズを4インチ画面のものと同じ位に変更できたら完璧ですな。

次の