手紙 切手 の 値段。 封筒の重さ別切手料金一覧表!A4用紙の枚数と重さの目安も!

封筒の切手代・はがきの切手代はいくら?切手の値段や種類についても解説

手紙 切手 の 値段

はがきの切手代は6月1日から値上げされている はがきを郵送したい際、現在の値段がどうなっているかをチェックする必要があります。 というのも、近年の郵便料金は細かく改定される傾向があり、いつまた料金に変化があるかがわからないためです。 2017年6月から「はがき」は62円に値上がり 2017年6月に郵便料金の改定があり、はがきの郵送料金にも影響が出ています。 旧料金は52円でしたが、改定後の料金は62円に見直されて10円の値上がりになっています。 電子メールや各種アプリケーションによるやりとりが拡大していく中で、はがきによるコミュニケーションは減少の傾向があります。 それに伴ってかかる人件費などの見直しと共に、郵便料金の値上げが実行されたということのようです。 2018年用年賀はがきは52円の販売で据え置き ただし例外があり、2018年度の年賀状(2017年末に出す分)についての料金は据え置きということになりました。 通常はがきを使う機会は大きく減少しているものの、年賀状だけを見ればまだまだ習慣として根強く残っていることもあり、据え置きで良いとの判断がなされたのかもしれません。 数枚~数十枚程度であればそれほど打撃はありません。 しかし、年賀状を毎年数百枚~千枚単位で出す人に、10円の値上げはかなり響きます。 この点は英断と言っても良いでしょう。 2018年度分で様子を見ながら、今後を考えるということだと思います。 関連記事「」 通常はがきや私製はがきで年賀状を出すことも可能 この年賀状送付の料金の据え置きは、通常はがきや私製はがきを使った年賀状にも適用されます。 切手を貼る部分の下に赤色・朱色のペンで「年賀」と書く基本的なルールを守ることで52円で送ることができます。 通常はがきについては、余っている旧料金のはがきは使えないということではなく、62円になるように10円切手を貼れば今までと同じように使うことができます。 もし切手代が足りない場合は、差出人のもとに戻されてしまいます。 相手先に届くまで余計な時間がかってしまうので注意しましょう。 懸賞用などにたくさんのストックがある場合でも問題ありません。 通常はがきを出す機会が多いのであれば、10円切手を多少ストックしておくとスムーズかもしれません。 関連記事「」 封筒の切手代は重さで決まる 通常はがきを送る際の料金は基本的に変化がありませんが、封筒を送る際の値段は最終的な重さによって変化します。 定形郵便と定形外郵便 定形内郵便・定形外郵便というカテゴリがあり、そのそれぞれのカテゴリのなかでもさらに細かく料金の設定がしてあるため、印象としてはややこしい面もあります。 封筒を郵送する際の最も安い料金は重さ25gまでの82円となっています。 定形内郵便の限度は重さ50gまでで、こちらは92円の料金です。 重さ25gならA4用紙3枚~5枚送付できる A4サイズ用紙1枚が約4gとされているので、重さ25gなら、3枚~5枚程度までは最低料金で送れることになります。 この試算では、封筒の重さや封を閉じるための糊・シールはもちろん、最後に貼り付ける切手などの重さも考慮しています。 ただしこれはあくまでも定形内料金のケースなので、A4サイズ用紙を折らずに送りたい場合は話が別になります。 50g以上は定形外郵便 50gを超えた郵便物は定形サイズでも定形外郵便として扱われます。 92円分の切手があれば必ず送れると思い込んでいると、想像以上に封筒の重さがかさみ、料金が足りなくなることもあるので注意しましょう。 近年は便箋を手作りしたり、デコレーションを施したり、大きめのクリップでとめるなどの手紙の送り方が流行していることもあり、意外と重さが出るというケースがあります。 重量に自信がない場合は郵便局での計量がおすすめ 92円以内で送付できる定形郵便は、50g以内の重量にする必要があります。 自宅で量るのが面倒くさい場合や、はっきりわからなくて不安という場合は、送りたい封筒を郵便局に持ち込むことできちんとした料金を知ることができます。 もちろん、その場で料金を払うことも可能です。 定形外郵便は120円から A4サイズ用紙を折らずに送りたい場合は定形外郵便で送ることになるので、料金は92円より高くなります。 定形外郵便の最低料金は120円となっていますが、こちらも重さによって料金に変化が出てくるので注意しましょう。 場合によってはレターパック、レターパックライトなどの別形態のサービスのほうが料金が安く済むケースもあります。 郵便局の封書・荷物の送付サービス料金はとても細かく設定されているので、一度サイトで確認してみるのがおすすめです。 関連記事「」 定形外郵便に6月1日から「規格外」「規格内」ができました 郵便局の封筒・荷物の送付にかかる料金が2017年6月に細かく改定され、今までよりもさらにややこしくなりました。 特に、ネットオークションやインターネット通販などで、郵便サービスを頻繁に利用する人は注意が必要です。 ヤフオクでもよく利用される定形外郵便 ネットオークションやインターネット通販でよく利用されるのはおそらく定形外郵便のサービスでしょう。 ハンカチや小さめのタオル、文房具などの購入でいちいち宅配便のサービスを選択していては送料が重くのしかかってくるためです。 近年はインターネットを通じた商品の売買が盛んになっていることもあり、郵便局での荷物送付サービスは通常のはがきや手紙の配達に引けを取らない率にまで上がってきていると思われます。 定形外郵便に「規格内」と「規格外」の区分けができた さまざまな送付サービスへの対応水準を維持するため、2017年6月にさまざまな郵便サービスの料金改定がおこなわれました。 その結果、定形外郵便にかかる料金形態が細かくなり、一部値上げと値下げが生じています。 まず、定形外郵便に「規格内」と「規格外」というカテゴリが設けられました。 今までは定形内郵便と定形外郵便というカテゴリだったところに、新しい規格が一つ加えられたようなイメージです。 郵便局は定形外郵便が嫌い? 定形外規格内は長さ34cmまで、幅25cmまで、厚さ3cmまで、重さ1kgまでとなっており、今までの定形外郵便の料金とほぼ変わらない印象です。 定形外規格外は基本的にこれから外れる大きさ・厚みの荷物に対して適用されます。 例えば大きめのポスター、傘などをインターネットで購入して定形外郵便で送ってもらう場合はだいたい定形外規格外になると思われます。 ヤフオクやモバオク・メルカリなどのネットオークションで頻繁にやりとりされる物品の、ほとんどは定形外郵便「規格外」となるでしょう。 恐らく、郵便局はあまりにも数量が増えたこれらの荷物を捌ききれなくなったのでしょう。 値上げの意図には、オークション貨物の締め出しが、かなり明確に現れています。 ヤフオクなどでの料金トラブルに注意 荷物を送付する側は郵便局の料金改定に敏感ですが、送付してもらう側はいつまでも旧料金のイメージで考えてしまう部分があります。 説明してもらうまで分からずに「こんなに送料はかからないはずだ」などの余計なトラブルを招く可能性があります。 もし、定形外郵便で荷物を送付する機会が多い場合は、あらかじめわかりやすいように伝えておくのがスムーズでしょう。 関連記事「」 今回の価格改定でも新しく発行される切手の額面はなし 郵便料金の改定にともない、通常はがきや定形内・定形外郵便にかかる料金にもかなり変化が見られ、新料金で送付するのに必要な切手の額面の種類も変化することになりました。 まず、通常はがきの値段が52円から62円になるのを受けて、旧料金の52円はがきの販売は2017年の5月に終了しています。 今後は62円の通常はがきを、郵便局の窓口やコンビニなどで購入することが可能になります。 52円はがきは62円はがきの出現後すぐ無くなる 一部金券ショップなどであれば旧料金のはがきが残っている可能性もあります。 ただ、そのままでは売りにくいこと、郵便局の窓口に持っていけば切手などとの交換もできることなどから、52円通常はがきはすぐに姿を消すことになるでしょう。 旧料金のはがきがまだたくさん余っているという場合は、貼る切手の枚数にこだわりがないのであれば10円切手を加えることで問題なく送付することができるので安心してください。 料金変更で必要な切手の種類も変わる 定形外郵便の料金にも見直しが入ったことにより、こちらで必要な切手の種類も変化します。 今までの定形外郵便の特徴といえば、長さ・幅・厚みの3辺の合計が90cmに収まっていれば良かったので、厚み自体はそれほど気にすることなく送付できていたことです。 しかし今回の改定によって、定形内規格内という基準が設けられ、厚みに「3cmまで」というルールが導入されました。 さらに長さにも制限が入り、34cmまでというルールに変更されています。 このルールから外れるものは定形外規格外というこれまた新しい基準が適用されることになります。 定形外規格外の料金に適した切手は発売されない 切手の額面に大きな変更が見られるのはおそらくこの定形外規格外の料金に関連した部分でしょう。 定形外規格内の料金は今までの据え置きとなっていますが、定形外規格外に関しては重さによって85円~100円の値上げになっているためです。 定形外規格外の新料金は265円や305円など、やや中途半端な印象の設定もあります。 しかも、適した切手の組み合わせが作りにくく、金券ショップで安く購入するのも難しいでしょう。 なので、正確に料金をはかることや切手の用意が面倒くさい場合は、素直に郵便局の窓口へ持ち込むのが最も簡単・確実な方法となります。 切手を売るなら郵送買取が最も高くなる!? 私のお店も同じで、価格相場としては バラの切手が70%~80%程度、 100枚シートの切手で80%~90%程度となっています。 切手の買取価格は金券ショップによってかなり差がある 切手の買取価格は金券ショップによってかなり違いが出ます。 というのも、多くの金券ショップは切手の買取にそれほど力を入れていないからです。 切手の収集ブームも今は昔 加えて、一時期ブームにもなって切手を収集していた人達がかなり高齢になっていることもあり、プレミア切手などがあっても販売先がないという状況にもなり得ます。 また、外国の切手など、特に中国切手に関しては店員でも価格相場を知らなかったり、評価できなかったりすることが多いため、買取を断られてしまうということも多々あります。 切手買取なら福ちゃんがおすすめ 切手の買取は、力を入れている金券ショップに依頼するのが、最も高く買い取ってもらえます。 切手買取の福ちゃんなら、郵送買取(宅配買取)もやっているので、近くの金券ショップに持ち込む前に一度検討してみるのがおすすめです。 切手の高価買取なら がおすすめです。

次の

切手は余分に貼ってもいいものでしょうか?

手紙 切手 の 値段

切手料金は、送る郵便物の「重さ」と「サイズ」で変わります。 そこで、一般的によく使われる封筒ごとの、切手料金の早見表を作ってみました! 長形3号・洋形2号の封筒の場合 長形3号は、23. 社用封筒なんかでよく見ると思います。 一方、洋形2号は、手紙用の封筒として、百均とかでよく売られている11. 2cmサイズのものです。 円 151〜250g 250? 円 251〜500g 380? 円 501g〜1kg 570? 円 151〜250g 250? 円 251〜500g 380? 円 501g〜1kg 570? 円 3cmより大きい 50g以内 200円 51〜100g 220円 101〜150g 290円 151〜250g 340円 251〜500g 500円 501g〜1kg 700円 1kg〜2kg 1,020円 2kg〜4kg 1,330円 (2019年3月31日現在) 長形3号・洋形2号と角形2号との違いは「サイズ」なんですが、これは「サイズ」や「厚さ」によって「定形郵便物」か「定形外郵便物」に種類が分かれるためです。 例えば、長形3号の封筒の重さを約5g、角形2号の封筒を約16gとすると、A4用紙の枚数ごとの重さの目安はこんな感じになります。 少しの枚数で小さい封筒なら、82円か92円切手を貼る• 小さい封筒でも、枚数が3枚を超えるようなら92円切手を貼ったほうが安心• お読みいただき、ありがとうございました! 関連ページ 郵便物の料金が2017年6月から値上げされました。 たまにしか郵便物を出さない人はうっかり間違えて、以前の料金で出してしまう可能性がありますよね。 そうならないためにも、郵便物の値上げ後の料金表を頭に入れておきましょう。 特に封筒やハガキは利用頻度が高いので、切手代は覚えておくと便利です。 郵便サービスが値上げ!? 代金値上げの時期はいつなの? 郵便サービス全般値上げなの? 今回は、「郵便の代金の値上げ時期、値上げサービス内容」についてまとめました。 なんとこのミニレター、25g未満まで郵送できるのです! こんな便利なミニレターの料金が値上げ? 今回は、郵便書簡の新しい料金と、手持ちの郵便書簡の使い方を説明していきます。 封筒を投函するため、切手を買いにいった時に、非常に困ったことがあります。 「82円切手」と「92円切手」どちらを使うべきなのか。 そこで今回は、「82円切手と92円切手の違い」に迫ってみます。 82円切手で送れるもの、92円切手で送れるものの違いをお教えしましょう。 会社の面接前に、履歴書や経歴書を郵送しなければならない時など、いくらの切手をはればいいのでしょうか? 速達で送るときの料金は? 今回は、「A4サイズの封筒を送る時の切手代」について調べてみました。 履歴書や経歴書をA4サイズの封筒で送るときの料金の目安も、説明していきます。 意図したわけではないけれども、ポスト投函した郵便物の料金が不足していたご経験はありませんか? また、お客様に返信用封筒を入れて何かを送り返してほしいとき、あなたが払うようにしたいときってありますよね。 こういった料金不足の際、どうやって対応すればいいのでしょうか。 一緒に確認していきましょう。 普通郵便は、たくさんの方が使い慣れていると思いますが、簡易書留郵便をいざ使おうと思うと、わからないことが少なくないですよね。 特に、受験予定の学校に願書を出そうと思って返信用封筒を見たら、簡易書留が指定されていて、どうしようかと悩まれる学生さんが多いのではないでしょうか。 そんな時にも困らないように、簡易書留郵便の料金から、送付までのイロハをしっかり確認していきましょう! 手紙を送る場合、たくさん書きすぎて便せんが増えたり、ちょっとした物を中に入れてしまうと、82円切手で郵送できるか、不安になったことがありませんか? そこで、定形内郵便物で郵送できる重さとサイズ、利用できるオプションを紹介します。 ここ最近、フリマプリの利用者が急増したことで、定形外郵便の利用需要も高まってきています。 でも、普通郵便の使い方は小学校で習っても、定形外郵便の取り扱い方法なんていうのは誰も教えてくれませんよね。 そこで、定形外郵便の料金について、一覧表を見ながら、確認していきましょう。 郵便物を送る際、封筒が大きいほど送料も高くなるのか気になる所ですよね。 送料はなるべく安い方が嬉しいですしね。 そこで今回は、郵便物の封筒の大きさと料金の関係について調べてみました。 ゆうパックの元払いと着払いでは料金が違うのか気になる所ですよね。 着払いの方が郵便局員さんは手間がかかるし、料金が高そうな感じがしますが・・。 そこで今回は、ゆうパックの元払いと着払いの料金の違いについて調べてみました。 定形で送れるサイズの封筒に、沢山の便せんやちょっとした小物を入れると、50gを超えてしまったことがあるかと思います。 定型内郵便で送れる中身の目安は、A4コピー用紙ですと5枚までは大丈夫そうです。 封筒のサイズは定形内だけど、料金はどうなるのでしょうか? 定形郵便物のサイズで50g以上になると、どのような扱いになるかと、その場合の料金をご紹介します。 咄嗟に郵便物を出そうとして、切手代に迷った事はありませんか? 私も「82円切手なら家にあるけど、この郵便物の重さだと82円で送れるのかな・・」と心配になった経験があります。 封筒の大きさによっても送料が変わってくるので、ちょっとわかりにくいですよね。 そこで今回は、使う機会の多い82円切手で送る事ができる、郵便物の重さ・サイズについて解説していきます。 文房具店や100円ショップでは、数多くの封筒が売られています。 どの封筒サイズが何円くらいで送れるのでしょうか。 封筒で郵便を送る時の値段の目安や、封筒を使うときの注意点をまとめました。 最近はメール便など便利なサービスが増えましたが、荷物や手紙を送りたいとき、一番簡単に送れるのは郵便です。 代金分の切手を貼ってポスト投函するだけで使える郵便は、窓口へ行ったり時間を気にすることなく利用できて、とても気楽です。 でも、重さや封筒サイズによって代金が変わり、切手の額面が不足してないかと気になることも。 封筒サイズによる郵便代金の変化をまとめました。 はがきって郵便料金62円、ですよね! え、82円?どうして・・・!? はがきとして送れる郵便には大きさや重さに決まりがあるのです。 というわけで、今回ははがきの郵便料金についてご紹介したいと思います! 362円切手が必要なんだけど売ってるの? いいえ。 売ってません。 郵便料金が362円分の場合、複数の切手を組み合わせて貼るしかありません。 というわけで362円になる切手の組み合わせを紹介します! 郵便の切手代が足りておらず、料金不足のハンコが押され、ハガキが添付されてることがあります。 この料金不足は原則10日以内に対応しなければなりません。 これを放置するとどうなるのでしょうか? 郵便を送った後で切手の貼り忘れや切手代が足りないことに気づいた。 この場合出してしまった郵便はどうなるのでしょうか? やってしまったときに相手に迷惑をかけない方法も紹介します。 「料金不足のお知らせ」付きの郵便を受け取った時の対応方法は 不足分の料金を受取人側で払う 受け取り拒否して送り返す と2つの方法があります。 この記事でこの「料金不足のお知らせ」を受けった時の対応方法を解説します。

次の

封筒の重さによる切手の料金の目安は紙が何枚までか知ってますか

手紙 切手 の 値段

郵便料金一覧(2019年10月1日改定~) 定形郵便物 25g以内 84円 50g以内 94円 定形外郵便物 規格内 規格外 50g以内 120円 200円 100g以内 140円 220円 150g以内 210円 300円 250g以内 250円 350円 500g以内 390円 510円 1kg以内 580円 710円 2kg以内 な し 1040円 4kg以内 1350円 通常はがき 63円 往復はがき 126円 年賀はがき 63円 表面に「年賀」と朱記 (私製でもよい) 郵便局でサイズや重さを量ってもらうのが一番確実なのですが、郵便局に行かずに郵便ポストへ投函する際は、重さを量り、重さに合わせた料金相当の切手を貼って投函しましょう。 料金も変更があったりしますので、料金を知りたい場合はまず郵便物のサイズと重さを量り、郵便のホームページなどで料金を調べてみましょう。 郵便局で使用しているはかりは、0. 1g単位の表示となっています。 ですから、重さが0. 1gオーバーでもだめと言うことになります。 ご自宅、あるいは職場に0. 1グラム単位で表示される計量器のない場合はご注意を。 「関連サイト」 スポンサーリンク 切手の購入は近くて便利なコンビニで買えます!! コンビニは街角にたくさんあります。 ただ、 「どこのお店でも各種切手を買えるのだろうか?」 不安になってしまいますね。 基本的には以下の、 ・セブンイレブン ・ローソン ・ファミリーマート ・サークルK ・デイリーヤマザキ ・ポプラ ・ミニストップ などの大手コンビニでは間違いなく販売しています。 ただ、一部個人商店がオーナーになったコンビニなどでは、取り扱いのないお店もあるようです。 以下のサイトで分かりやすくまとめています。 お店の中を探し回ったけど、切手が見つからなかった方 切手は陳列棚に置いていないので、店内を探しても見つかりません。 切手はレジのカウンターの中に保管してあります。 購入の際は、店員さんに切手をくださいと伝えましょう。 速達で送ると切手の料金は? 手紙を速達で送りたい場合は、郵便料金の他に別途 速達料金 が掛かります。 この速達料金は定形郵便物・定形外郵便物問わず、重さにより料金が変わります。 速達を利用する場合の料金一覧です。 速達を利用する場合の料金一覧(2019年10月1日改定~) 種 類 重 さ 通常料金 速達料金 合計料金 定形郵便 25g以内 84円 290円 374円 50g以内 94円 290円 384円 定形外郵便 (規格内) 50g以内 120円 290円 410円 100g以内 140円 290円 430円 150g以内 210円 290円 500円 250g以内 250円 290円 540円 500g以内 390円 390円 780円 1kg以内 580円 390円 970円 定形外郵便 (規格外) 50g以内 200円 290円 490円 100g以内 220円 290円 510円 150g以内 300円 290円 590円 250g以内 350円 290円 640円 500g以内 510円 390円 900円 1kg以内 710円 390円 1100円 2kg以内 1040円 660円 1700円 4kg以内 1350円 660円 2010円 通常はがき 63円 290円 353円 さて封筒を速達で送る場合の注意点ですが この速達の場合には目印として、封筒の横幅の2/3ぐらいの長さを目安に「赤い線」を表示してください。 赤い線の場所ですが、縦長の郵便物なら表面の「右上部」に、横長の郵便物でしたら「右側部」に表示します。 100円ショップなどで速達スタンプを売っていますが、速達郵便と分かれば、手書きでも問題ありません。 参考に、はがきの場合ですとこんな感じです 因みに速達は通常の郵送よりも半日から1日早く届けるサービスですが、時間指定などはできません。 時間指定が必要な場合は、別途配達日指定サービスを利用すると良いでしょう。 時間帯指定の他にも、平日・休日の指定もできますよ。 「関連サイト」 郵便料金が不足した場合はどうなるの?還付不能郵便物とは ところで、郵便ポストに投函した郵便物が、戻ってくるケースがあります。 これは送ろうとした郵便物の郵便料金が不足している為でして、主に重さに必要な料金が不足している事が原因と言えるでしょう。 また、戻ってきた郵便物には貼り紙があり 料金不足の説明やその不足金額が記載されています。 なお、郵便物が戻ってくるこの様なケースですが 『差出人の方が、投函されたポストの近隣の住所』 であるときに送り返されます。 (後ほど体験談として紹介をしております) これは速達の場合も同様です。 そして、不足分の料金は郵便局としては 受取人から集金する事になっています。 これではお相手に大変な失礼をしてしまう事になりますね。 ですから、自分で調べた郵便料金に自信のない場合は、ポストに投函する前に少し多めの料金分の切手を貼って送るのも対策として良いでしょう。 なお、受取人は受け取りを拒否(不足分支払拒否)する事ができます。 その場合には料金不足という理由で、差出人に戻ってきます。 還付不能郵便物とは? 受取拒否や宛先不明などで差出人に郵便物を届けようにも、差出人の住所氏名が書いてなかった場合には、 還付不能郵便物として郵便局で保管されます。 保管期間は 3ヵ月です。 保管期間経過後は廃棄されます。 スポンサーリンク 料金不足の実際の体験談(料金不足の封書が配達された) 私自身の体験がありますので画像とともにご紹介しておきます。 料金が不足の封書が配達されてきました。 不足金額は2円と書かれています。 左が表、右が裏になります。 (コピーしたものを並べています) 裏面の内容 画像でもお分かりいただけると思いますが、 受取人が、以下のどちらかの方法で不足分の料金を払って郵便物を受けとることができます。 ・はがきの切手貼付欄に不足分の切手を貼って投函する。 ・はがきを郵便局へ持って行き不足分の料金を支払う。 もし、郵便物を受け取りたくない場合でしたら、 「この郵便物は、料金が不足しているので受け取りません」 などと記入した紙に押印、またはサインをしたものを貼り付けポストに投函すればよいことになっています。 注意したいのは、この受け取り拒否の場合ですが 開封前でないといけません。 さて体験して分かったことなのですが、 不足分と同額の切手が手元にあれば、それをはがきに貼り付け最寄りのポストへ投函でよいのですが、 もし切手がなければわざわざ郵便局へ足を運ばなければなりません。 それと、不足の事情を差出人へ言うべきなのかも悩むところです。 今回の例では不足額が小さいのでさほど気にするほどでもありませんが、迷惑には違いありません。 郵便物の料金にはくれぐれも注意したいものですね。

次の