イータイピング スコア。 タイピングってどこからが早いですか?

タイピング

イータイピング スコア

いざ実践!イータイピングをやってみたぞ 「腕試しレベルチェック」をやるよ さて、やってみましょうか。 今回はホームページを開いたら、「腕試しレベルチェック」というのが、 目に入ってきたので、やってみよう。 さあ、やってみるぜ! 結果はこうなった!! ちょっと画像が小さすぎて見にくいですね。 ごめんなさい。 スコアが 323 レベルが fast うーん。 これはいいのか? よくわからない。。。 イータイピングのレベルはこういう意味らしい スコアで 209以上であれば、オフィスワークでは困らないレベルのようですね。 自分のスコアは 323 なので、とりあえずは人よりはタイピングが少し速いってことなんでしょうか。 うーん。 そうなのか。 なんか練習すれば、もっとタイピングの速度を速く出来そうな気がする。。 ということで、もう少しやってみた! 5回目の挑戦 スコアが 348。 称号が Thunder。 ん、なんだか、称号がかっこよくなってきたぞ。 称号が Ninja。 なんか個人的には Thunderの方がよかったな。 まとめ 今回は、イータイピングを使って自分のレベルを測ってみました。 最終的な結果はスコアが 355、称号が Ninja。 称号が Ninjaというのは個人的にはダサいな、と思う。 ということで、新たにスコアを塗り替えるために目標を立ててみたい。 じゃあ、目標はどう設定しようか。 …今のスコアの 1. 5倍ってことで 530に設定しよう! はい。 目標が決まりました。 これから、タイピングの結果について随時報告していこうと思います。 どのようにArusuが成長していくか、親のように暖かく見守ってください。 お楽しみに。 ブログランキングに参加しています 以下の2つのボタンをポチっとしていただけると、他のブロガーさんのブログも見れます。 どうぞ押してください。

次の

イータイピング・マスター1級 スピードよりノーミスが大事

イータイピング スコア

同日にWPM値301. 92自己べスト新記録を達成• WPM値のみ309. 36に記録を更新• 06自己ベスト記録更新• スコアGood! レベル284で自己ベスト新記録• 06で自己べ新記録と、あいなりました~。 06と自己ベ新記録のスコア284のGood! レベル( ランク )でした。 イータイピングのランク( レベル )表は一般公開されている部分と未公開部分が有りますが、全てを合わせると以下の一覧表になります。 次章では、30~40万打鍵ごとに区切ってエタイの500万打鍵から600万打鍵までを解説します。 総入力文字数530万打鍵から560万打鍵まで 上の画像がイータイピングのグラフで560万打鍵までのデータです。 たまに、スコア数が150を切っている時がありますが、100は切っていませんでした。 😄💦 やや不調な中、エタイの総入力文字数530万文字を達成です。 まだまだ精進努力あるのみですね。 😊 エタイ、総入力文字数540万打鍵を達成です。 しかし、今日は疲れがあり、不調ですね。 😃 エタイの総入力文字数も、いつの間にか560万打鍵を越えていましたが、 気づきませんでしたね。 しかし次章で解説します560万打鍵以降で、またもや確定的な「 退行現象 」が、やってくるのです。 スポンサードリンク 560万打鍵から600万打鍵にかけて退行現象! 以下のイータイピングのカルテグラフで、大きな谷が有りますが、ここで確定的な「 退行現象 」が現れています。 e-typingグラフの大きな谷ですが、2月20日には最低ランクであるEレベルを出してしまいました。 👐手が、かじかんで居る訳ではないのに狙ったキーの上に指が乗らなくなっています。 😔3年近くも、3,000万打鍵とか反復練習を積み重ねても、ダメなものはダメなんですね~。 ( 笑 ) なぜか、2月20日は本当に不調で普通にタッチタイピングの練習をしていても空きの指が下に降りて来て勝手に付近のキーに触れてしまい、ミスが連発していました。 まだまだ修行が必要ですね~。 どうにかこうにか、1日で不調の渦から脱出することが出来ましたが、3年近く約3,000万打鍵以上もの反復練習量を積み重ねてもEレベルが出るタイパーって、居ないんじゃないでしょうか? 😊 エタイ総入力文字数も、もう少しで600万打鍵に行きそうです。 600万打鍵に到達する直前には、再びグラフの折れ線が大きく下がっていますが、退化では有りません。 😇しかも今回は全国平均値を下回ってしまいましたが、地道にコツコツと。 アンカーキーとは「 イカリのキー 」を意味しますが、別記事の2. 章で詳しく解説しています。 長年の練習量の割には恐ろしいくらいに上達できません。 「 タッチタイピングは初心者から始めて2週間から1ヶ月くらいでマスターできる 」 ってー定説を根底から覆し、約1,000万打鍵もの反復練習量を1年2ヶ月の歳月をかけて、ようやく「 修得マスター 」できた現実を、この身を以て証明する結果と、あいなりました。 ( 笑 ) キーボードを見ずに文字を入力する「 タッチメソッド 」の反復練習は3年近くも継続しており、概算ですが総入力文字数は約3,000万打鍵前後に。 しかしながら反復練習量が、ほとんど成果に反映されないばかりか、上達が止まる上に一度覚えた各キー配列の位置関係と距離感を指運動が忘れる「 退行現象 」にも悩まされています。 つまり長年に渡って、やってもやってもキー配列の位置と距離感を体が覚えないんですよね。 基本的に手先は不器用ですが、いまだに不慣れな要因は他にも有ると感じています。 タッチタイピング( 旧名ブラインドタッチとも )の練習を本格的に始めたのが、2017年の5月から。 本腰を入れてタッチタイピングの練習を開始してから2019年12月現在で2年半が経ちますが、今後も今だにマスターできていない指運動が自然に動くようになる 「 打鍵の無意識化 」を目指してコツコツと精進努力を継続して参りますよ~。

次の

e

イータイピング スコア

さて…結果は!? よかった~~~!! 無事合格していました!! ていうか、平成18年に2級を受けた時は市販の賞状っぽい感じだったのですが、合格認定証のデザインが変わっていました。 気になるスコア さて、今回の気になるスコアは、 ちょっと字が小さいというか、微妙にピントが合ってなくて見づらくてすいません(苦笑) 単語テストのポイントが 310. 9191(合格ポイント300、WPM:328. 939、間違い文字数4文字) 短文テストのポイントが 429. 6968(合格ポイント340、WPM:446. 1616、間違い文字数7文字) 長文テストのポイントが 457. 6752(合格ポイント360、WPM:470. 726、間違い文字数5文字) でした。 懸念どおり単語テストがネック 短文と長文は特級の合格ライン(短文420ポイント、長文450ポイント)をクリアできているのにも関わらず、単語テストは1級ギリギリ(苦笑) 特に単語テストは入力文字数自体が少ないこともあって、ミスったときの減点の影響が大きい分だけ、つい神経質になっちゃうんですよね。 短文と長文だけみれば、特級合格も可能なスコアなのですが、やっぱり単語テストがネックだな~。 特級の単語テストの合格基準は360ポイントなんだよな…。 939(つまりWPMと同じポイント)にしかならないですしね。 360ポイントを超えるには、ノーミスでも 35. 83秒以内に打ち終わらなければいけないという計算に! これはかなりキツい!つーか現状では絶対ムリ! とりあえず、特級挑戦はまだまだ先の話です。 ここから更なるスコアアップ(=スピードアップ&正確性向上)を目指すには、もう一つ二つほど壁を超えないといけないのかなぁ…。

次の