パナソニック キッチン。 パナソニック/キッチン・Lクラス(エルクラス)を施主支給で激安全国販売中!

パナソニックキッチンの評判(2ch、システム、値段)口コミを解説

パナソニック キッチン

抜群の知名度と、スタイリッシュなデザインが特徴のパナソニックは、50年以上の歴史あるメーカーです。 家電メーカーならではの視点で作られたキッチンは、常に「料理のしやすさ」を追求した機能が充実しています。 パナソニックの技術であるスゴピカ素材を使った「ラクするーシンク」は水アカがついても簡単に落とせます。 また、カウンターとシンクをつなげた「PaPaPaシンク」や、横に並んだコンロ「トリプルワイドIH・ガス」が好評で、調理から片付け、お手入れまで手早くラクにできるように工夫されています。 シリーズはハイグレードの「」から、シンプルな「」まで4シリーズのラインアップ。 その中でもリフォーム向けに開発された「」は、リフォームでの限られたスペースでも柔軟に対応できるように設計されていますので、幅広いニーズに対応できるようになっています。 対象シリーズ:• 作業場として、いろいろものを置いておくカウンター。 どうしてもゴチャゴチャしてしまう…といった不満はないでしょうか? パナソニックの「PaPaPaシンク」は、主婦100人からの声から生まれた シンク一体成型カウンターです。 シンクとカウンターの一体化で、いままでよりもシンクが広く、大きく、自由に使えるようになりました。 作業にあわせて使い分けられる調理スペースは、仮置きスペースを兼ねたシンクです。 濡れたもの、フライパンなど大きなものも置けるので、洗い物がしやすく。 シンクがカウンターのように自由に使え、汚れても水でサッと洗い流せれば、いつでもラクラク清潔に。 調理、水切り、仮置き思いのまま、使い勝手の良いシンクです。 東京都のリフォーム• 2019年11月26日• 総額: 672,000円 キッチンと洗面台を使いやすくお手入れしやすいものに交換• 東京都のリフォーム• 2019年10月03日• 総額: 650,820円 お家のキッチンのサイズに合わせたプラスワンにリフォーム• 埼玉県のリフォーム• 2019年07月17日• 総額: 528,000円 グリーンのシンクを使用し、おしゃれに差がつくキッチンに• 神奈川県のリフォーム• 2019年06月20日• 総額: 860,000円 壁を工事して対面式キッチンの見通しがより良くなりました• 埼玉県のリフォーム• 2019年06月15日• 総額: 488,000円 すみずみまで心地よさを追求したキッチン「シエラ」• 東京都のリフォーム• 2019年05月16日• 総額: 1,500,000円 使い勝手もデザインも良いシステムキッチンに交換しました• 東京都のリフォーム• 2019年03月18日• 総額: 1,136,000円 みんなが使うキッチンやトイレを新しくして快適な事務所に• 東京都のリフォーム• 2019年03月14日• 総額: 1,162,600円 キッチンをアレスタに変えて毎日の料理が楽しくなりました• 兵庫県のリフォーム• 2019年03月01日• 総額: 1,490,300円 木とホーローを組み合わせた、使い勝手の良いキッチンに交換• 兵庫県のリフォーム• 2019年01月19日• 総額: 660,000円 配管スペースを保ち、収納スペースも確保したラクエラに交換• 愛知県のリフォーム• 2018年12月19日• 総額: 116,000円 機能性も美しさも洗練され、こだわりが詰め込まれたキッチンに• 東京都のリフォーム• 2018年12月16日• 総額: 1,391,600円 凹凸の少ないシステムキッチンなら日々のお手入れも簡単です.

次の

パナソニックキッチンの価格と特徴|定額のキッチンリフォームならリノコ

パナソニック キッチン

より引用 キッチンリフォームで選んだのはパナソニックのLクラス(L-CLASS)です。 パナソニックは家電のイメージが強いですが、建築材料・住宅設備機器メーカーとしても大手企業で、 「プロ500人が選んだキッチンランキング2018」でもパナソニックのシステムキッチンで一番評判が高いのが 「L-CLASS(Lクラス)」です。 Lクラス(L-CLASS)キッチンのリフォーム費用相場 Lクラスキッチンの値引きも考慮したリフォーム相場は、 壁付けキッチンI型なら工事費込みで価格は 84万円台から。 L型なら工事費込みで価格は 98万円台から。 アイランド型なら工事費込みで価格は 139万円台から。 私たちは料理をしながら家族とコミュニケーションが取りやすい 対面型を希望していたので、工事費込みで 87万円〜 131万円の価格帯になりました。 パナソニックのキッチンのグレードとリフォーム費用相場の違い• リビングステーション V-Style 工事費込み価格 48万円〜• ラクシーナ 工事費込み価格 60万円〜• リフォムス 工事費込み価格 78万円〜• Lクラス 工事費込み価格 84万円〜 「ラクシーナ」と「Lクラスキッチン」の違いは? パナソニックのキッチンは、家電メーカーらしく、グレード別に4商品と多く、細かな機能までカスタマイズできるのが特徴です。 わかりやすく比較するために、スタンダードモデルの「ラクシーナ」とハイグレードモデルの「Lクラス」の違いについてパナソニックショールームのスタッフさんに聞いてみました。 ラクシーナ 中価格帯のスタンダードモデルである「ラクシーナ」は、料理の効率性にこだわっていて、「スキマレスシンク」「トリプルワイドIH・ガスコンロ」「クッキングコンセント」など パナソニックキッチンならではの機能は選択できる。 Lクラス キッチン 最上級の「Lクラス キッチン」は、パナソニックならではの料理の効率性はもちろん、機能性、デザイン性ともに充実しており、家族のコミュニケーションが生まれる暮らしや空間を提案するキッチン。 多彩なコーディネートから自由に選択でき、カウンターの高さも1mmずつ調整できるという自分だけのオーダーメイドキッチンのようです。 パナソニックのLクラスキッチンの特長 Lクラスキッチンは、パナソニックのキッチンのなかでも最上級のハイグレードシステムキッチンです。 家電メーカーならではの近未来的なスタイリッシュで上品なデザインで、100パターンの扉デザインや25パターンのワークトップカウンター(天板)など自分のスタイルに合わせてカスタマイズすることができるので、キッチンというより「インテリア」のようです。 みんなで囲って「いろりダイニング(Irori Dining)」の評判 Lクラスキッチンは単なるキッチンというより、 好きな人と過ごす大切な体験、新しいライフスタイルの提案をコンセプトとしているだけあって、まずインパクトのある特長としては「 いろりダイニング」ですね。 より引用 対面で話しながら料理でき、つくりながらみんなと一緒に食べれる。 調理も食事も向かい合ってみんなで囲炉裏を囲むように楽しめます。 4つの鍋で同時に加熱・保温もできる「マルチワイドIH」は、コンロ手前のスペースが広いので、お皿を置いて盛り付けしやすいですし、床まで距離があるので油やソースが床に飛び散りにくく、トッププレートがフラットなので拭き掃除もしやすいです。 3方向からみんなで使える「ラウンドアクセスシンク」は食後の後片付けもみんなで簡単にできます。 手洗いや水を汲みたい時にいちいちシンクに回りこまなくてもリビング側から水が使えるのはとても便利です! 「いろりダイニング」ならダイニングテーブルが要らないのでリビングを広く使える。 料理をしてる側から配膳できるので、冷めずに美味しく食べれるのはもちろん、家族と会話しながら料理が作れるのは嬉しいです。 さらに、ファンを天井裏に配置した「 静音スリムフード」なら運転中でも静かで会話の邪魔にもなりません。 食後の食器の片付けはシンクが近くて簡単です。 天然石のきらめきと積層感を再現「グラリオカウンター」 天然石を再現した「」は、表面の凸凹感、ガラス質で透明感も再現しています。 硬くて傷つきにくい、はっ水・はつ油成分もあるので掃除も簡単です。 より引用 実際、Lクラスキッチンの シンク上でスライドできるネットがあるので、ネット上で調理の下ごしらえに使えば、下はシンクなので汚れは気になりません。 ネットなので、野菜の水切り置き場にも使えます。 また、奥行きが広く、正面のラックも横に動かせるので、大きな鍋も洗いやすいです。 奥行きが広いのは、普通のキッチンなら 水栓があるシンク奥のカウンター部分が無いからなのですが、このカウンター部分が無いので汚れがそもそもたまらず、掃除がしやすいです。 シンクも家電のパナソニックらしい効率を極めたキッチンが印象的ですね。 白いスゴピカ素材「シャワー水栓」 水アカが付きにくいスゴピカ素材(有機ガラス系) のシャワー水栓。 白が似合う家電メーカーっぽいデザインですね!水栓はなめらかな形状なので汚れがたまりにくく、普段の拭き掃除もスムーズです。 サラサラワイドシャワーで引き伸ばしてシンクの内側も洗い流せます。 より引用 コードが邪魔にならない「クッキングコンセント」 水タレから差込口を守る屋根カバー付きで、未使用時には差込口は自動で閉じるので、ゴミや料理中の汚れがつまらない。 さすが家電メーカーらしいパナソニックキッチンの「クッキングコンセント」は、差込口が腰より下にあるため、コードが邪魔にならず、カバーもあるので、水がかかることもありません。 今までのキッチンは壁にコンセントの差し込み口があったので、ハンドブレンダーを使うときにコードが垂れ下がって、洗った食器にかかったり、調理中の食材にかかったり邪魔になることもありました。 水滴が差込口にかすることもあって心配になったこともありましたから。 横並びでゆったり料理「トリプルワイドIH・ガス」 横に3口並んだコンロ「 」が評判です。 手前の作業スペースも広くあるので、3品同時に調理をしながら、夫婦や親子、友達と一緒に楽しく料理ができますね。 より引用 さすが、 初めてIHクッキングヒーターを開発した家電メーカー。 料理の効率性を重視した機能が特徴的ですね。 LクラスキッチンのトリプルワイドIHなら、母が夕食の料理をしながら、横で父が晩酌用のつまみを作る。 以前は交代しながら調理していたので、ぶつかり合ってイライラしたり。。。 今では調理の効率がよく、気分もいいので、キッチンでの夫婦の会話も弾んでいる気がします。 手前のスペースも広いので、盛り付けがしやすいという点でも効率的です。 鍋の取手が手前のスペース内におさまるので、キッチンエリアを行き来したときに、鍋の取手がひっかかる心配もありません。 自動で油汚れを吹き飛ばす「ほっとくリーンフード」 排気運転OFF後、ファンが自動的にで高速回転。 この「油トルネード機能」によりファンに付いた油を遠心力で飛ばします。 最後に、吹き飛ばした油は「ラクウォッシュプレート」にたまるので、年に1回洗浄すればOK! より引用 私が選んだ扉カラーは、光沢のある人気色「 」です。 毎日使うキッチンですし、飽きのこない、明るいキッチンが理想的でした。 より引用 同じホワイト系といっても、ツヤツヤな鏡面仕上げ、シックでツヤなしのマットがあり、さらに触ってみた質感も違いますから、Panasonicキッチンショールームで実際に見学した方がよいです。 カウンターも人造大理石で評判の「 」で白に統一し、明るいキッチンを目指しました。 【体験談】「料理の楽しさ」で評判のLクラスキッチンでリフォームしました。 当初のリフォームのテーマ「会話しながら料理できる明るいキッチン」は対面式キッチンを選び、ワークトップと扉カラーに白系かベージュ系を選べばよいわけで、人気色ですからどのキッチンメーカーにもある色です。 限られた予算の中で、次に優先すべきは何か?自分らしいデザインか、末永く使える丈夫さか、掃除のしやすさか、収納力か。 私たちは「料理の楽しさ」を優先し、パナソニックのLクラスキッチンを選びました。 小学生の娘がいるのですが、料理に興味があるらしく、すすんでお手伝いもしてくれます。 今までは限られたキッチンスペース内で場所を譲り合いながら入れ替わり立ち替わり料理をしていました。 そこで採用したいとまず思ったのが、横並びに3口ある「トリプルワイドガス」です。 今までのキッチンは手前にメインの2口と奥に小さな1口があるガスコンロでしたが、大きな鍋やフライパンを置くと、鍋同士がガチガチ当たってしまいます。 また、奥の小さい1口は火力も弱いので、配置や順番を考えながら調理しなくてはなりませんでした。 「トリプルワイドガス」ならば、大きな鍋を3つ並べても当たりません。 手前にスペースがあるので、盛り付けもスムーズ。 手前でまな板をおいて食材を切ることも可能です。 娘と横に並び立ちながら、ストレスなく、効率的に料理をすることができます。 また、手前にスペースがあるため、 鍋の取手がワークトップからはみ出ないため、鍋の取手が腕や服に引っかかって、ヒヤヒヤする心配もなくなりました。 さらに、サイドデッキと臨機応変に可動できるスライドネットで様々な作業が効率的になる「PaPaPaシンク」を選びました。 調理中には食材をおいたり水切りに使ったり、料理後は食器の水切りに使えるので、普段はスライドネットの上に鍋や食器が乗っています。 掃除のしやすさという点でも「トリプルワイドガス」はトッププレートとワークトップの凸凹がなく、「PaPaPaシンク」はシンクとワークトップのつなぎ目がなく、水栓奥の汚れやすいスペースがない形状なので、キッチン全体をさっと拭き取りやすいです。 キッチン全体を普段から簡単に拭き掃除ができ、清潔に保てるところもLクラスキッチンにリフォームして良かったと思っています。 キッチンのリフォーム会社紹介サイトとは? 私がLクラスのキッチンリフォームで利用した「リフォーム会社紹介サイト」とは、その名のとおり、リフォームしたい人の要望に対し、 対応できる最適価格のリフォーム会社を紹介してくれるインターネット上のサービスです。 リフォームしたい人側は通常無料で利用できますが、リフォーム会社側はサイトに対し仲介手数料を支払っています。 そこで心配になるのが、 『仲介手数料の分、キッチンリフォーム費用が高くなるのではないか?』 という点です。 【結論】リフォーム費用は高くなりません。 リフォーム会社にとって 「仲介手数料」は、「広告宣伝費」と同じ位置づけとしているので、お客さんを集めるには必要な経費として扱われます。 なので、リフォーム会社紹介サイトを使う・使わないでキッチンリフォーム費用が変わることはありません。 私がLクラスキッチンで利用したリフォーム会社紹介サイト「」の「」にも価格は高くならないと明言しており、リフォーム会社加盟時にも約束しているそうです。 どんなビジネスでもそうですが、お客さんを集めるには、チラシやCMなど広告を打ったり、営業やテレアポ担当を雇って(もしくは外部委託して)お客さんにアプローチしなければなりません。 そのためには、当然、販売促進費・広告宣伝費といわれる費用や人件費がかかりますから、リフォーム会社紹介サイトはお客さんを集めてきてくれる営業マンですね。 リフォーム会社にとっても、会社紹介サイトはメリットがある リフォームしたい人は、サイトに会社紹介申し込みをする際、予算・要望など条件を登録しますが、リフォーム会社側も同様に、対応できる地域・対応可能な価格帯など登録しています。 サイトを介することで、 リフォーム会社側も対応したいリフォーム案件だけがマッチングされ、通知されるような仕組みなので、集客に無駄がありません。 もし、リフォーム会社にとって対応できない案件を電話で受けた場合、お客様の要望を聞いた上で、丁寧にお断りしなくてはならず、単純に人件費がもったいないですね。。。 サイトを介せば、そもそも対応できないリフォーム案件がリフォーム会社に通知されることはありません。 さらに言うと、家を買ったのは30〜40代だとして、10〜20年経ってから色々故障やライフスタイルが変化してきて「リフォームしたいなあ」となるわけですから、50〜60代になっているでしょうか。 電話をかける方も歳をとっているわけで、ただでさえ初めてで機会も少ないリフォーム、簡潔に要点を伝えられるでしょうか? そう考えると、サイトの申込みフォームから予算やキッチンの要望など必要な項目を入力したほうが、キッチン リフォームしたい人にとっても、リフォーム会社にとっても効率が良いと思いました。 登録したら、たくさんのリフォーム会社から電話がかかってきた?! サイト申込時のフォームに電話番号を入力したということは、もちろん電話はかかってきます。 複数のリフォーム会社から電話が直接かかってきた場合は、「リフォーム会社紹介サイト」ではなく、「リフォーム一括見積もりサイト」に登録したのではないでしょうか? 「リフォーム一括見積もりサイト」は、「紹介」されるのではなく、見積もりする会社を自分で「選ぶ」サイトです。 「スーモ リフォーム」など複数のリフォーム会社にチェックを入れて一括申し込みボタンを入れるサイトが多いです。 近所で既に気になっているリフォーム会社候補が複数あるのでしたら、こういった一括見積もりサイトを利用するのもよいですね。 ただ、各社良い面をアピールしてくるので、素人にはフラットな評価は難しいのではないでしょうか? はじめてのリフォームでしたら、第三者のプロが公平に審査し、クチコミが見れるリフォーム会社紹介サイトをおすすめします。 がみれるのでおすすめです。 悪い評価も正直に掲載されているので、信頼できます。 悪い評価だとしても、誠実に返信コメントしてくれているリフォーム会社も多いので、好印象を持ちます。 登録したら、サイトのコンシェルジュから1本の電話がかかってきた コンシェルジュを名乗る仲介係から電話がかかってきた場合は、サイト上のプログラムを介してリフォーム会社を自動でマッチングするタイプのサイトではなく、コンシェルジュ=人が電話で要望をヒアリングし、おすすめのリフォーム会社を紹介してくれるタイプの紹介サイトです。 申込時に電話番号を入力する時点で、匿名ではなくなりますが、リフォーム会社に直接電話番号が伝わることはないので、営業電話がたくさんかかってくることはありません。 コンシェルジュに要望を言えば、審査済みである程度の質をクリアした会社を紹介してくれるお手軽なサービスですが、コンシェルジュ個人のさじ加減にかかっているわけですし、自分でLクラスのキッチンリフォーム費用、クチコミ評判や施工事例をじっくり比較し、納得した会社を選ぶということもできません。 私が利用した 「」は、住まいの郵便番号から対応可能なリフォーム会社が自動的にマッチングするタイプなので、登録時に電話番号入力不要で、匿名で利用できます。 マッチングに人間のコンシェルジュはいませんが、もちろん、リフォームについて相談したいこと、リフォーム会社に言いにくいことはサイト運営スタッフに相談することはできます。 企業の住所、設立年、保有資格などの会社としての詳細情報はもちろん、なども掲載されており、イメージに近いLクラスのキッチンリフォームの施工事例が検索でき、その会社に依頼することにしました。 もあるので、サイト内でリフォーム会社をじっくり選ぶことができました。 リフォーム会社紹介サイトの共通点と注意点 リフォーム会社紹介サイトをネットで検索していると、似たような謳い文句をアピールしているサイトをたくさんみかけますが、よく見かける共通点を挙げてみると、• 無料で利用できる リフォームしたい人側の利用料金は通常は無料。 リフォーム会社から直接営業電話がこない 人間のコンシェルジュ(仲介担当)を立てているサイトでは、サイト申込み直後にコンシェルジュから電話はあるが、リフォーム会社に直接電話番号が伝わることはない。 審査済みの会社を紹介してくれる 審査内容はサイトによって様々だが、特に「建設業許可」を確認しているかどうかは要チェック。 リフォームは資格がなくても工事できてしまうので、「建設業許可」を持っている会社に依頼したい。 複数社紹介してくれる コンシェルジュがいるタイプのサイトはキッチンの要望やリフォーム会社のスケジュールを鑑みて、至極の1社を紹介してくるサイトもある。 各社のクチコミ評判・施工事例が見れる• 運営期間が短い・工事実績が少ないサイト クチコミ・施工事例の掲載数が少ない。 電話で紹介してくれるコンシェルジュがいるサイト サイト上ではクチコミ・リフォーム価格と施工事例が少ない、または公開されていないことが多い。 工事完成保証付き 万が一、リフォーム会社が工事中に倒産してしまっても、手付金の返金や代替え会社を探して工事を完成してくれるものだが、サイトによって条件は様々なので要確認。 私の利用したリフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」の特徴は?• 無料で利用できる もちろん、工事完了まで無料です。 さらに、紹介依頼申込み特典として、「」。 さらに、マイページから 見積もり依頼ボタンで「」ももらえました。 工事後にクチコミ・評価を入力すると、QUOカードももらえます。 リフォーム会社から直接営業電話がこない 申込時に電話番号の入力は必要ありません。 基本的にはサイト上でのメッセージのやりとりです。 履歴も残るので、複数社とのやりとりはしやすいです。 スマホからの利用も便利で、Lクラスキッチンのを見ながらメッセージできます。 気に入った会社に詳細見積もりをしてもらうため、住まいに現地調査に来てもらう際に、はじめて電話番号が必要になります。 審査済みの会社を紹介してくれる 加盟するには「建設業許可」を持っていることはもちろん、 財務状況も定期的にチェックしているので、会社としての安定感も審査しています。 掲載費さえ払えば掲載できるサイトも横行する中、ここまで踏み込んでチェックするネットのサービスは少ないのではないでしょうか。 複数社紹介してくれる 最大8社紹介してくれます。 私の場合は、数分で3社。 3時間後に見たら、8社埋まっていました。 8社のうち3社はパナソニックから認定を受けた「PanasonicリフォームClub」加盟店でしたので、Lクラスキッチンの知識・工事技術は期待できます。 「PanasonicリフォームClub」に加盟できるということは、リフォーム事業を企業として継続できる体制があり、パナソニックの研修を受けるなど技術力も期待できます。 各社のクチコミ評判・リフォーム価格や施工事例が見れる 施工事例は、希望部位やキーワードで絞り込みできるので、自分のイメージを探しやすいし、価格感もつかみやすい。 クチコミは、なので、より説得力がある。 悪い評価も正直にのっているところが、このサイトの信頼感を増す。 工事完成保証付き 無料サービス。 リフォーム会社と契約後、マイページから 「成約を連絡する」ボタンを押す。 万が一、リフォーム会社がキッチン工事中に倒産してしまっても、手付金の返金や代替え会社を探して工事を完成してくれる。 femto-x-femto.

次の

【パナソニック】システムキッチンのランキングを発表! 口コミも紹介します

パナソニック キッチン

パナソニックのシステムキッチンの種類は? パナソニックのシステムキッチンのラインナップは、4種類あります。 L-クラス• リフォムス• ラクシーナ• Vスタイル L-クラス Lクラスはパナソニックのシステムキッチンの中で最高級クラスのシステムキッチンです。 元々パナソニックは電材メーカーです。 その技術を応用してパナソニックならではの機器が沢山あります。 また、デザイン性も抜群で、誰もが羨むシステムキッチンと言っても言い過ぎではりません。 パナソニックらしいおすすめの機器をご紹介します。 panasonic. 最大で4つ(鍋やフライパン)を加熱することができるので、常にアツアツの料理を食べることができます。 テーブルタイプを選択すれば、そのまま食事をすることもできます。 ご家族やご友人達と焼き肉パーティーや鍋パーティなど楽しい時間が過ごせそうです。 デメリットは、加熱エリアが広いので、熱に弱いものに注意が必要です。 また、LDKの広さがそれなりに確保できないと少し手狭に感じるかもしれません。 これまで、はみ出すからと諦めていた、ワイドパンやオーバル鍋等が使えるので、料理の幅が広がります。 ちなみに、トリプルワイドガスもありますよ! デメリットは、横長になるので、その分の面積が必要になります。 システムキッチンのサイズはある程度の規格寸法が決まっています。 一般家庭の多くが255cmを採用していますが、255cmだと少し手狭に感じるかもしれません。 panasonic. クリナップの洗エールレンジフードは、ぬるま湯で洗うのに対して、「ほっとくクリーンフード」は、高速回転で油を飛ばし、一箇所に集める構造です。 集まった油は、ラクウォッシュプレートに溜まりますが、ラクウォッシュプレートも年に1回だけ食器洗い乾燥機で洗うだけで済みます。 ラウンドアクセスシンク• スキマレスシンク• シャワー水栓• panasonic. panasonic. panasonic. panasonic. panasonic. panasonic. そんなリフォムスですが、注文住宅に採用するケースもあります。 リフォムスは、間口を10mm単位で調整することができます。 注文住宅を建てるとき、基本的には、910モジュールかメーターモジュールで建築しますが、時には変則的な間取りになることもあります。 部屋がでっぱていたり、変形していた場合に、規制サイズでは、大きすぎたり、小さすぎたりするので、そんな場合には、リフォムスを配置すれば見た目もスッキに設置することができます。 また、リフォムスという名前なので、リフォーム専用の商品と思われがちですが、中身を見てみるとLクラスに負けず劣らずの優れものなのです。 Lクラスと同じように、• ほっとくリーンフード• マルチワイドIH• PaPaPaシンク• スリムセンサー水栓• トリプルワイドガス• ラクするーシンク• 等など をオプションで選ぶことができます。 見た目もおしゃれでおすすめのキッチンです。 リフォムスと聞いたら、リフォーム用で若干安いのかと勘違いされる方も多いようですが、下手したら(オプション次第)Lクラスよりも高額になってしまったというパターンもあるのでご注意下さい。 panasonic. panasonic. panasonic. panasonic. panasonic. 注文住宅ではラクシーナを採用したという人も多いのではないでしょうか? Lクラスやリフォムスはどちらかと言えば、高価格帯のキッチンですが、ラクシーナはミドルクラスのキッチンなので、手が出ない程ではありません。 だからといって、ラクシーナがつまらない商品という事はありません。 個人的には、コスパはラクシーナが一番良いのではないかと考えています。 panasonic. panasonic. panasonic. panasonic. ランクで言うと、クリナップのラクエラやタカラスタンダードのりフィットと同等レベルの商品と考えてOKです。 Vスタイルで選択できるオプションは、• ほっとくリーンフード• マルチワイドIH• スリムセンサー水栓• 等など クッキングコンセントが付けられないのが残念ですが、基本的な装備は備えていますので、予算を抑えたい方におすすめのキッチンです。 私の友人の自宅にもVスタイルがありましたが、見た目はどこの高級キッチンかな?と思う程にデザイン性が高いと思います。 収納力や使い勝手は若干劣るものの、十分魅力のある良いキッチンだと思います。 panasonic. panasonic. panasonic. panasonic. クリナップはステンレス、タカラスタンダードはホーロー、ウッドワンは無垢材です。 パナソニックのシステムキッチンは、木製キャビネットで作られています。 木製キャビネットだからといって、劇的に劣るとかいう話しではありませんが、商品の特徴という点では少し印象が薄いのかなぁという感覚です。 現に築20年前後の家を見ても木製キャビネットのキッチンは現役で活躍しています。 パナソニックのシステムキッチンを気に入っているけど、デメリットが無いのか調べないと不安という人は、特別心配する必要はないと思います。 設備を選ばれる時は自己選択自己責任でお願いします。 パナソニックとステンレスのクリナップやホーローのタカラスタンダードと悩んでいるという人は、徹底的に調べて決断するべきです。 ショールームへ足を運び、スタッフへ気になる事は全て聞いて比べて下さい。 正直な話し、どのメーカーのキッチンが良いのかは、お施主様によって異なります。 つまり、各メーカーの特徴を解説することはできるが、各々のメーカーには長所も短所もあるという事になります。 無責任のようですが、最終的な判断はご自身又はご家族で決める必要があるのです。 まとめ いかがだったでしょうか? パナソニックは床材、建具材、外壁(ケイミュー)、照明、水回り等などを扱う総合メーカーです。 お部屋を簡単におしゃれにしたいとお考えの方は、総合メーカーでトータルコーディネートをするのも一つの手です。 パナソニックは見ていてワクワクするような商品が多いメーカーです。

次の